ダイオライト記念の予想

★ご唱和ください


俺&弟子
「えう―――!!!!!!!」



黒船賞 結果
1着 ブラゾンドゥリス → 俺◎弟子▲
2着 キングズガード → 俺▲弟子○
3着 グレイスフルリープ → 弟子▲


俺「えう・・・えう・・・」
弟「えうう・・・」
俺「えうー・・・えうえうっ!!」
弟「えうえうえうえう・・・?」
俺「えうっ!!」


1着 ブラゾンドゥリス → 俺◎弟子▲ ざくろさん○
2着 キングズガード → 俺▲弟子○ ざくろさんのおにぎり
3着 グレイスフルリープ → 弟子▲ ざくろさん◎


俺「げほっげほっぶぇっほ!!」
弟「ぐふぉっぶふぉおほっ!!」



俺「けふっ・・・あぶないところだった・・・ざくろさんのおにぎりが無かったら我々はヤバかったな・・・!!」
弟「正常な意識を失うところでした、ざくろさんさまさまですね・・・!!」
俺「ここでもしざくろさんに予想を当てられていたらと考えるとゾッとしますね。」
弟「恐らくすべての会話が『えうー』になるという、放送事故を起こしてしまっていたでしょう。」
俺「しかしトウケイタイガー本命はちょっと無謀かなとは思いつつも第4コーナーは燃えたね・・・」
弟「手応え充分で中央勢と共に直線を向きましたからね、そこからの末脚勝負で劣ってしまったけど見せ場充分でした。」
俺「・・・直線でインを突いた時点で『げっ』とは思ったけど。」
弟「なんで?」
俺「高知や佐賀のレース見てて『なんで皆、内ラチから離れてレースしてるんだろう?』って思ったコトないか?」
弟「ああ、そういえば皆ラチから離れてレースしてる。」
俺「あれ、内ラチ沿いは砂が深くなっててスピード出ないし消耗するからなんだよ。結局内で構えてて行き場が他に無かった
  からインを狙うしかなかったんだけど、あの手応えなら外に出せていればひょっとしたら・・・って思っちゃうな。」
弟「ニシケンモノノフもそれで伸びなかったのかな・・・」

俺「お前が本命にしたノリさんなんて、あんなもんだよ。」
弟「ざくろさんがおにぎりにしていれば!!」


俺「今回は俺もノリさんにヤラれた、ニシケンモノノフがトウケイタイガーにとってかなり邪魔になっちまったんだ・・・」
弟「なるほど、競馬場によってそういうことがあるんですね。確かに外側の馬の伸びが良かったもの。」
俺「勝ったブラゾンドゥリスなんて手応えが終始必死だったろ。結構な差が内と外であるんだよね、高知と佐賀は。」
弟「でも、そう考えるとトウケイタイガーはかなり見込みのある馬ということになりますね。」
俺「走ってはいけないコース取りをして負けたからな、川原騎手はやっちまったねぇ・・・でも園田でなら巻き返しできそうだ。」
弟「・・・今回はボクらもざくろさんもハズしてしまいましたね。」
俺「ざくろさんがよりによってのおにぎりを披露してくれたからな・・・ある意味、最も面白い結果になってるのがざくろさんだ。」
弟「3着のグレイスフルリープが本命なんだもんなぁ。」


俺「そういうことに関しては、我々の負けだ。」
弟「ああ、くやしいなあ。」



俺「・・・次は負けないぞ。」
弟「真っ当な意味でお願いしますよ、エンターテイナーとして勝とうとしなくていいですからね。」


★昨年はエンターテイナー全開だったが今年こそは!!ダイオライト記念です

俺「もうドラゲナイはさすがに古いか、やめとこう。」
弟「やめておいてください・・・」
俺「さぁ、お馴染みのダート長距離の交流重賞ダイオライト記念。船橋2400mですよ。」
弟「ざくろさんが、ボクらがどんな予想をするか予想するというナメた行為をしているのです。」
俺「その上で予想を先出しするという暴挙、なんてじゃあくなくだものなんでしょう!!」
弟「コレがざくろさんの予想ですね。」


◎クリソライト
◯ユーロビート
▲マイネルバイカ
△マイネルトゥラン
△クラージュドール

三連単◎→◯▲→◯▲△△  馬単◎→◯
おにぎり = グレナディアーズ



弟「・・・」
俺「・・・」


弟「おにぎりが弱気だ・・・」
俺「おにぎりで逃げるなんて最低だな・・・」



弟「・・・クリソライトと同じ音無厩舎所属で、オーナーも同じキャロットのグレナディアーズですか。」
俺「鞍上はデムーロ兄貴ですね、ダートの長距離ならばまず疑いたくなる鞍上ですね。」
弟「このおにぎりは食べてはいけないおにぎりでしょう。」
俺「それが妥当でしょうね。そして、ざくろさんが『我々がこう予想するだろう』と予想した内容がコレです。」


弟子 ◎クリソライト ○マイネルトゥラン
俺 ◎クリソライト ◎ユーロビート



弟「・・・」
俺「どうでしょう、デシちゃんさん。」


弟「ううううううううう・・・」
俺「ざくろさん、デシちゃんさんに勝利です。」



弟「ユタカさんなのです・・・」
俺「割と固めに予想するデシちゃんがどう予想するか見抜いた様です。まぁでもクリソライト本命は解りやすいもんな、お前の
  場合は。」
弟「三連覇できるでしょう。人気にもなるでしょうけど逆らうことはできませんよ、マイネルトゥランと先行し合っての一騎打ちが
  濃厚なのでは?」
俺「そこなんだよねー・・・」
弟「どこさ。」
俺「マイネル軍団に関してはざくろさんも触れてるけどさ、マイネルバイカもマイネルトゥランも逃げ先行型なワケさ。で、この
  2頭は確実にクリソライトをターゲットにしたレースをするんじゃないかと思うんだよね。」
弟「十分に考えられるシナリオですね、この3頭が先行するって考えると。」
俺「で、多分マイネルバイカが露払いをするだろうってざくろさんの考えは当たっていると思う。マイネルバイカでクリソライトを
  牽制してマイネルトゥランで仕留める、そういう考えはあってもおかしくないものだ。」
弟「ふむ、それでもクリソライトは大丈夫なのです。何故ならユタカさんだからです。」
俺「クリソライト・・・本当に大丈夫なのかね?」
弟「む、師匠はそんな誰でも思いつく戦法にクリソライトとユタカさんが屈すると思ってるんですか?おバカさんですね、ざくろ
  さんの予想に逆らおうという魂胆が見え見えです。」

俺「いや、切っちゃってるんだよ。クリソライト。」
弟「そこまで逆らわなくてもいいじゃないか!!」


俺「三連覇が掛かってるから、当然ナメた仕上げはしてないだろうけど。」
弟「流石にここで切るのは無茶にも程がありますよ、この中では抜けた存在と見てもいいんですよ!?距離にも不安は無いし、
  勝つのを疑うならまだしも切ってしまうのはやり過ぎなのです!!」
俺「不安要素は鞍上なんだ。」
弟「ユタカさんをバカにしたらボクが許さない!!」

俺「ユタカさん自身、このレースはかなりお得意だよね。そしてクリソライトとも手が合っている。普通に考えたら崩れないだろう、
  それは確かに理屈通りだよ。ユタカさんが不安というワケじゃないんだ。」
弟「でも鞍上が不安要素なんだろ!?」
俺「ユタカさんが不安なのではなく、ココが不安なんだよな・・・」



クリソライトの不安 →  



俺「結構こういう節があるんだよねぇ・・・」
弟「!!!!!!!!!!!!!!」


俺「リターンってよく言うけど、それがあまりにも少ないんだ。」
弟「確かに浦和記念は見事な騎乗でした・・・」
俺「馬の力の引き出し方が、ちょっと他の騎手と違う感じがあった。成績見ると結構スゴイもの、よくこういう馬を走らせるなぁって
  思う瞬間も多かった。浦和記念もそうなんだよ。」
弟「JBC惨敗からの巻き返しですからねぇ。」
俺「その後に邪魔されるのが目に見えてるレースでユタカさんだろ、妙に引っかかるんだよねぇ。あんまり素直に先行してもいい
  結果になるような気がしないんだよ。ユタカさんってあんまりセコいレースしないじゃん。」
弟「受けて立つようなレースをすると思います・・・」
俺「そうなると、ペースはこの距離でもユルくなくなる。ひょっとしたらマイネル軍団と出入りの激しいレースをしてしまうかもしれ
  ないだろ、そうなるとだ。」


◎グレナディアーズ


俺「保険が生きてしまうワケだ。」
弟「コイツおにぎり拾ったあああああ!!!」


俺「意図があるとしたら枠埋めか保険だろ、この馬の存在って。で、鞍上がデムーロ騎手であることを考えたら単なる枠埋めでは
  ないんだよ。クリソライトがヤバい時には台頭する様に仕組まれた保険、それがこの馬なんじゃないか。」
弟「うわぁぁぁ、最低に最低重ねてきたよ、この人!!」
俺「そして相手だが、地方馬では確かにユーロビートに目が行く。でも何度も言ってる様にこの馬、勝ちにくると妙な脆さを出す
  んだよな、だから連勝できないんだ。出入りの激しい先行を想定したら勝ちに来るユーロビートもそれに巻き込まれる。」
弟「す、すげぇ変な予想になってそう・・・」
俺「中央馬ではグレナディアーズ、そして前で残せそうなマイネルトゥランを選ぶ。そして・・・」


◎グレナディアーズ
○ウマノジョー
▲キープインタッチ
▲マイネルトゥラン

三連複◎○から 馬連◎から ワイド◎○



俺「距離の目星がついて今度こそ強気なレースをするであろう山本
  騎手のウマノジョーと、転厩2戦目のキープインタッチで。」

弟「攻め過ぎなんじゃねぇの!?」


俺「別にざくろさんの予想に抗ってるワケじゃないんだよ。おにぎりを拾ったワケでもないのだ。」
弟「とりあえず、色々考えたんだってコトは解りました・・・」
俺「ウマノジョーには金盃で悔しい思いをさせられた、対抗の印を打ったのに本命が沈んでタテ目食らっちゃったからな・・・でも、
  この馬の2着は実力通りだと思うよ。キックバックをまともに食らいながら馬群の真ん中突っ込んできたでしょ。」
弟「あれにはビックリしましたけどね・・・」
俺「前傾ペースになれば末脚が生きる、船橋は初めてだけど思い切って連続抜擢。キープインタッチも金盃で一回矢野騎手が
  騎乗して変わってくると考えれば、好戦できてもおかしくないんじゃないかと見れる。」
弟「それならせめてクラージュドールでしょ、前走派手に出遅れて3着ですよ。」
俺「あれ、むしろ出遅れたから突っ込んできた様に見えるぞ。普通に出てたら逆にどうなったかって見栄えだ。」
弟「・・・本当にこういう予想なんですね。」
俺「こういう時だからこそ攻めの姿勢を崩してはいけないのだ。」

弟「おにぎり拾うのって攻めなんですか?」
俺「だから拾ったワケじゃねぇってば!!」



弟子予想
◎クリソライト
○マイネルトゥラン
▲クラージュドール
▲マイネルバイカ
▲ユーロビート

三連単◎→○→▲ ◎→▲→○から



弟「ならばボクは素直にいくまで。ユタカさんとクリソライトの3連覇なのです。」
俺「ヤベェな、コレ。デシちゃんとざくろさんのダブル的中も考えられるじゃねーか。」
弟「かわいそうな師匠、多分明日には皆から『無茶しやがって』と言われていることでしょう。」


俺「二人が当てたら俺、今度こそ『えうー』しか言え
  なくなっちゃうんだろうな・・・」

弟「ブログの危機だ。」






※さぁ、勝負だ!!ざくろさん!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/15 02:12 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(10)

黒船賞の予想

★ホワイトデーです


弟子「今年は大漁の予感がしますね。」
俺「随分と俺の弟子らしい発言を堂々としたな。」



弟「今年はボクも各方面に充分な撒き餌をしましたからね・・・」
俺「撒き餌って言うんじゃない。」
弟「師匠だって、ホワイトデーがあるからバレンタインデーに媚びを売るんでしょう?」
俺「人聞きの悪い直球を投げないでくれませんか。」
弟「見返りを求めての行為でしょう。師匠が慈愛で他人に施しを与えるなど考えられません。」


俺「何言ってんですか、慈愛しかありませんよ。」
弟「おっかないんですけど。」



俺「儀式的にそういう日があるんだから。いい機会じゃん、バレンタインで日ごろのお付き合いの感謝を返してるんです。」
弟「なんか腹立つな、腹黒いこと考えてるクセに。」
俺「別にホワイトデーに何か欲しくてバレンタインやってるんじゃないもん。」
弟「ホントにぃ?」


俺「バレンタインに何か与えなくても、あの犬共は
  俺になんかくれるだろうし。」

弟「邪悪な自意識が丸出しになってますよ。」



俺「だから見返りを求めてバレンタインでお菓子配ってるんじゃないの。」
弟「でもその割には徹夜して餃子作ってたじゃないか。」
俺「アレは報酬があるんだから。プレゼントじゃねぇんだよ。」
弟「お仕事ならばしょうがありませんね。」

俺「黙ってても酒は来るぞ。」
弟「毎年それはお約束になってますけど。」
俺「まぁ、お前の場合は俺とちょっと違うからな。でも相手だって見返り求めてバレンタインにお菓子もらったなんて思いたくない
  だろーが、そんなこと堂々と言っちゃダメだよ。」
弟「そういう暗黙の了解みたいなものを殿方は察していると思ったのですが。」
俺「ぶっちゃけると聞かれたよ、『弟子ちゃんに何返せば喜ぶんですか?』って。」
弟「おお!!」

俺「キャットフードって言っておいた。」
弟「りくちゃんのごはんじゃないか!!」


俺「やったな、多分キャットフードたくさんもらえるぞ。」
弟「それで助かるのは師匠じゃないか!!こんちくしょう!!」
俺「そう言えばバレンタインにお前、ざくろさんにチュウしてたじゃないか。チュウというより食っちゃってたけど。」
弟「おかげでヒドイ目に合わされました。今週はその復讐をするのです。」
俺「それはそれとして、せっかくだからざくろさんに何かリクエストしてみるとかどう?チュウしたんだから。」


弟「爆発してください。」
俺「ざくろさんはチュウされて食われた挙句、ヒドイ
  言いがかりをされて爆発するのか。壮絶だな。」



弟「ざくろさんは黒船賞とダイオライト記念で爆発すればいいのです。それで世界は平和になるのだ。」
俺「今週もおにぎりに注目ですね・・・では地方ダートグレード二連戦です。」



★高知唯一のダートグレード戦 黒船賞

俺「飛ばしがちになっちゃう他地区ダートグレード、見逃さない様に気を付けねば。」
弟「特に高知のダートグレード戦は貴重ですからね。」
俺「高知は特に最近、地元馬に元気無いからなぁ・・・有望な若駒も出てこないし、他地区とちょっと差があるよ。」
弟「地方ダービーウィークからも外れちゃってますからねぇ。」
俺「高知でもダービーあるんだよ。黒潮ダービー。でも賞金額は地方ダービーの中でも最低の1着100万、地方競馬の中でも
  賞金が低い高知競馬でスターホースの出現を望むのは難しいんだろうなぁ・・・」
弟「そう考えると本当にグランシュヴァリエって凄かったんですね。元中央馬とは言え、高知所属になってからあれだけ活躍
  できていたなんて。」
俺「グランシュヴァリエ産駒で高知の怪物とか誕生したらロマンあるんだけどねー。」
弟「たいようのマキバオーの舞台ですから、なんとか頑張ってもらいたいです。ああいう馬が本当に出てくればいいんだけど。」
俺「高知からドバイ、凱旋門賞かぁ・・・そうなると高知に限らずだけどな。」


弟「そう言えばコスモス・・・」
俺「デシちゃん、それは禁句だ。」



弟「ごめんなさい総帥。」
俺「総帥に謝るんじゃない・・・」
弟「地方馬によるダートグレード競走の優勝ってだけで快挙になるんだから、いきなり高みを求めちゃいけませんよね。」
俺「この黒船賞も、せめて南関勢でも居れば・・・って感じだよ。園田勢と高知勢じゃなぁ・・・中央中心だろうね。」
弟「やっぱりそうですよねぇ・・・」
俺「中でも地方戦の常連になってきたニシケンモノノフがフェブラリーSで5着なんて成績の後にここに来られて、そこまで斤量
  背負ってないとなると逆らいにくいだろう。」
弟「確かに、実績と対戦相手が抜けているからね。実績だけで言えばドリームバレンチノが断トツだけど・・・」
俺「毎回悩まされるよな、この馬には。9歳にして地方交流戦ではまだ重鎮の貫禄がある。10歳初戦でもこのメンツならばって
  思っちゃうよ。」
弟「前走だって59.5㎏で飛んできたもんなー、無理使いしてるローテじゃないし斤量背負わされてもレース選んでる感じするし、
  何より南関以外の地方戦での強さが目立つからねぇ・・・」
俺「でもこの黒船賞は勝ってないんだよね。今年で4度目の挑戦になるけど昨年は4着と成績を下げた。ちょいと勝つのは難しい
  かなとは思うけど、本当に扱いに困る。」
弟「勢いで言えばニシケンモノノフ筆頭、続くのがキングズガード、ブラゾンドゥリス、そこにドリームバレンチノをどうするかって
  予想になると思います。」
俺「そうだねぇ。」


◎トウケイタイガー


弟「言ってるコトと予想がメチャクチャなのは今に
  始まったことじゃないけどさぁ・・・」

俺「いいですねぇ、トウケイタイガー。」


弟「・・・中央馬メインじゃなかったのか。」
俺「この馬とブラゾンドゥリスの二頭軸にしようかな。」
弟「・・・園田じゃ強いみたいですけど、それでも一度敗戦してるとなると中央相手では足りないんじゃないの?ここで戦うには
  地方馬同士で軽く圧倒しててもらわないと難しいでしょう。斤量も差が無いんだし。」
俺「前々走は相手をナメ過ぎた。5頭立ての短距離戦で出負けしてペースが上がらず、実質最後の200mだけでレースしたような
  感じだ。上がり3Fが36.8秒って、そこだけで見たら中央馬並みだろ。でも相手も同じ脚使ってるんだから。」
弟「だったらその相手だったエルウェーオージャにも評価があってもおかしくないのでは。」
俺「だからナメたレースしたから負けたんだって。ここだとそういうワケにもいかないでしょーが、相手が相手なんだから。」
弟「キビしいと思うんだけどなぁ・・・元中央とは言え、1000万下に上がるのがやっとだったみたいだし・・・」

俺「大丈夫だよ、ソルテの全弟だし。」
弟「!!!!!!!!!!!!!」


俺「全弟って言っても、大体そういう馬は兄弟で似ないものなんですけどね。トウケイタイガーとソルテも全然似てない。」
弟「ソルテくんの弟なのか・・・でも似てないのか・・・」
俺「ソルテみたいなマッシヴな馬体じゃないからな。でもタイムパラドックス産駒によく見られる晩成傾向はあると思う。この馬も
  どんどん馬体が大きくなってるからね、前走はちょっとした覚醒感があるし。」
弟「好きな馬の全弟というのは確かに期待したくなるね。なるほど、そこが推し材料だったか。」
俺「まぁ、それもあるけど最大の推し材料は他にある。」
弟「伺いましょう。」

俺「ダートグレード競走の川原正一騎手は、
  黙って抑えておいた方がいい。」


弟「ほほう・・・確かに最近はそういう印象が強いですけど。」
俺「最近って、ホント最近の印象で言ってるだろ。ローズジュレップケイティブレイブで去年勝ってるもんな。」
弟「う、うん。」
俺「川原騎手自身、確かに他地区馬の助っ人騎乗で結果を出す部分はある。トウケイタイガーは園田のお手馬だから、この
  パターンの例外になるかもしれない。でも、それにしたってこの成績は凄いと思うよ。」


川原正一騎手のダートグレード競走 ここ3年の成績 【2.3.1.6】


俺「競馬場を選ばずでコレだよ。」
弟「貪欲なのか!?」



俺「掲示板率も高いよ、出走履歴の数と騎乗馬で考えたらかなりのハイスコアだ。」
弟「賞金掛かると強くなるのか、凄いな・・・」
俺「今回わざわざ遠征してダートグレードに出るのも川原騎手の進言があったのならって考えれば、こういう相手でも通用すると
  いう判断があったからと思える。中央馬相手の騎乗がとにかく上手いんだな。」
弟「でも結構なお歳ですよね、川原騎手って。」
俺「えーっと、いくつだっけ・・・あ゛。」
弟「・・・どうしました?」



あ゛ →  



俺「こ、これは見つけちゃいましたね・・・」
弟「うきゃああああああああああ!!!」



◎トウケイタイガー
◎ブラゾンドゥリス
▲ニシケンモノノフ
▲キングズガード

三連単◎1,2着→▲3着 三連複◎2頭から



俺「ニシケンモノノフって、相手を決め込んだレースで強さを見せる馬だと思うんだよな。最近になって先行する様になったけど
  この馬を負かすことができれば勝ちってタイプの先行馬が欲しい場面、中央組が好位タイプだとどうなのかなって気がする。
  ブラゾンドゥリスも前に行くだろうけど、この枠ならモノノフの出方を伺ったレースをしてくれそうだ。」
弟「トウケイタイガーも最内枠から前に行くんじゃないですか?」
俺「ノリさんはこの馬をマークする様な競馬はしないだろう、好きなようにさせてもらえると思うぞ。」
弟「むう、師匠に中途半端な印を打たれたノリさんはどう出るのだろう。」
俺「ノリさんは俺となかよしになったのでね♥」
弟「弥生賞、2着と3着が逆なら三連単当たってたんでしょ。」
俺「なかよし過ぎて、ノリさんも頑張り過ぎちゃったのさ・・・」



弟子予想
◎ニシケンモノノフ
○キングズガード
▲グレイスフルリープ
▲ドリームバレンチノ
▲ブラゾンドゥリス

三連単◎→○→▲ ◎→▲→○



弟「また頑張り過ぎちゃうんじゃないですか?」
俺「ほどほどに頑張ろうぜ、ノリさん・・・」



弟「ボクもノリさんとなかよしになりたいものです。」
俺「ノリさんとなかよしになるのは大変なんだぞ。」
弟「そうだ、ホワイトデーのざくろさんのお返しのリクエスト思いついた。」
俺「え、ここで?」


弟「ざくろさん、ノリさんをおにぎりにして♥」
俺「やめろおおおおおおおお!!!!!」



弟「のりおにぎり(ボソッ)」
俺「それは普通のおにぎりだな・・・」






※ざくろさん、言う事聞かなくていいからね。さっき「爆発しろ」って言ったんだよ、コイツ。



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/14 01:34 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(6)

佐賀記念の予想

★アンケートやってまーす、どうぞご協力くださいまし♪





★スペシャルウィークが種牡馬引退だそうで・・・

俺「なんとなくまだ早いだろって思っちゃったけど、もうスペシャルウィークも22歳なんだよな。」
弟子「98年のダービー馬ですからね。」
俺「なんつーか、毛色といい立ち姿といい、俺の中ではサンデーサイレンス産駒と言えばこの馬って印象なんだよなー。」
弟「ディープインパクトじゃないんだ。」
俺「サンデーサイレンス自身が青黒い馬体だったから、どうしても外見ではフジキセキかスペシャルウィークかマンハッタンカフェに
  面影が見えるんだよな。中でもスペシャルウィークは線がシュッとしててキレイで気品があった。」
弟「いずれも素晴らしい産駒を多く送り出してくれましたよねー、これからはゆっくり余生を過ごして頂きたい。でも後継種牡馬が
  どうなるんだろうなって感じになっちゃいましたねぇ・・・」
俺「牝馬産駒は大活躍したんだけどね。シーザリオとかブエナビスタとか。牡馬は結構かわいそうな子が多かったんだよなぁ、
  こないだ引退したトーホウジャッカルも現役晩年は菊花賞馬の面影無くなっちゃったし、ゴルトブリッツは現役中に病死して
  しまった。トーホウジャッカルは種牡馬入りしたけど、まずお相手に恵まれるかどうかだよねぇ。」
弟「むう、あとはリーチザクラウンか・・・こないだのシンザン記念で産駒のキョウヘイが優勝しましたけど、期待できるのかな?」
俺「リーチザクラウンはスペシャルウィークの最も期待できる後継でしょ。実績も出してるし、その実績を買ってシャダイさんが半分
  権利を取得して昨年早々に社台ファームに移動したんだから。」
弟「でもリーチザクラウンってG1レース勝てなかったでしょ。」
俺「デシちゃんは解ってないなぁ。」
弟「まぁ、現役成績がそのまま種牡馬成績になるワケではないでしょうけど・・・」


俺「リーチザクラウンは、現役時代に本気で走った
  ことが一度も無いんだよ。」

弟「いや、それ師匠が勝手に言ってるだけでしょ。」



俺「リーチザクラウンこそ、サンデーサイレンスの血を最も色濃く残している孫だろうが。あのシュッとした青黒い馬体。」
弟「確かにかっこいい馬でしたけど。」
俺「あんな馬体であんな成績なワケがないじゃないか。」
弟「ねぇ、ホメてるの?けなしているの?」

俺「俺が思うに、リーチザクラウンが本気で走っていればレコード連発で他の馬が戦意喪失していたであろうと考えるのだが。」
弟「なんかヒットくんの言い分みたいになってますよ。」
俺「なんか、パーツの一つ一つが長くて、すげーかっこいいんだよ。G1未勝利で終わってるのが不思議なんだ。つまり、現役時代
  のリーチザクラウンは全く本気を出していなかったと推測されるのである。」
弟「そこまで言うのなら聞きますが、なぜリーチザクラウンは本気を出していなかったのですか?」


俺「かったるかったんだろう。」
弟「その性格、遺伝したら最悪ですね。」



俺「いちいちだるそうにレースで走ってたよな、あの馬。お父さんのマジメさを見習ってもらいたかった。」
弟「なんか無茶苦茶言ってますけど、要は運動神経は凄い物を持ってたと師匠は考えているワケですね。」
俺「うん、だから種牡馬としてもイイ産駒は出るんじゃないかと。性格さえ似なければね。」
弟「・・・気性って結構大事でしょうが。遺伝もするし。」
俺「そこは隔世遺伝で、スペシャルウィークのマジメさを引き出してくれればいいのだ。スペシャルウィークの性格を持ったリーチ
  ザクラウンなんて考えたら、そりゃもうとんでもないスーパーホースですよ!!」
弟「まぁ、そうなってくれたらスペシャルウィークにとっても喜ばしいことなんでしょうけど・・・」
俺「リーチザクラウンもトーホウジャッカルも産駒に恵まれるといいんだけどな。スペシャルウィークの系譜は残してもらいたいよ。」
弟「そう願って、ひとまずはスペシャルウィークの引退をねぎらいましょう。今までお疲れ様でした!!」
俺「これからはのんびりと過ごして、どうか長生きしてくださいね。お疲れ様でした!!」



★信じるべきは中央馬か、名古屋の星か 佐賀記念

俺「今年の交流重賞は例年と雰囲気が違うなぁ。」
弟「中央馬の顔ぶれがガラリと変わりましたね。」
俺「今年の佐賀記念は中央馬4頭で内3頭が地方初挑戦、こうなると中央組を疑いたくもなるけれど、川崎記念も結局は上位を
  中央組が独占。牡馬のレースだとなかなか風穴空けるのは難しいよねぇ。」
弟「やっぱりそれだけの差があるんだね・・・」
俺「このレースも川崎記念同様に中央馬ワンツースリーが続いているんだ。そこまで強力な感じがしない面々であっても、迎え
  打つ地方馬が南関戦とレベルが違う。基本的には中央を中心に組むべきレースだよ。」
弟「そうは言っても期待したくなる馬が今回は居るでしょう。」
俺「そうだね、カツゲキキトキトはこのメンツで過去の実績を考えると、今回は強気のレースをしてもらいたいし通用できるんじゃ
  ないかって思えるよ。」
弟「本命打つのはどうかなって思うけどさ。」
俺「本命打ちやすいのはロンドンタウンになるかな。」
弟「近走で目立つのはこの馬になっちゃいますね。」

俺「とりあえずクールイズビューティーで。」
弟「生中みたいなクールイズビューティー。」


俺「佐賀戦と言えばクールイズビューティー。一番狙いやすい馬に一番狙いやすい騎手が組み合わさってしまった、これは流石に
  切れませんよ。」
弟「ふーむ、やっぱりそう見るか。今回は無茶な予想はしなさそうですね。」
俺「このメンツじゃ無茶できませんって。」
弟「そうなりますか。」
俺「佐賀代表のキョウワカイザーだって、昨年ちょっと期待してたけど結局中央馬に手も足も出なかった。ここで地方馬を狙うと
  してもカツゲキキトキト以外は手が出せない、実質中央4頭vsカツゲキキトキトって構図だろ。つまり1~5番人気だよ。」
弟「どこまでカツゲキキトキトを有力視するか、あとは中央馬の順位付けって感じの予想になるんですね。」
俺「ここは大畑騎手、拾うレースではなくて勝ちに来てもらいたいね。この馬の交流戦に向けてのローテらしい前走1400m、名古屋
  グランプリの前もそうだったけど似た距離で仮想レースするのではなく、完全に実戦調教と言った感じでペースが緩まない短
  距離を使ってきた。この使い方はいいよ、ここに臨む準備してきたって感じで。」
弟「名古屋グランプリでは離されての3着だけど、相手がこことは大分違いますからね。」
俺「ここにケイティブレイブアムールブリエが居たら、その2頭のうまふく1倍台になるんじゃないの。そう考えたらここは相手も
  見劣るし距離でも攻めた騎乗ができるハズ。ロンドンタウンとの2頭軸で挑もう。」


◎ロンドンタウン
◎カツゲキキトキト
▲ストロングサウザー
▲ミッキーヘネシー

三連単◎1,2着→▲3着 三連複◎2頭から うまふく◎同士



弟「ほら、また変なことになった。」
俺「俺がいつ変なことをしたと言うのだ。」


弟「・・・中央馬vsカツゲキキトキトじゃなかったのか、おい。」
俺「ミッキーヘネシーね。最近、この馬は追っかけたくなるのよ。」
弟「ちょっとした怖さは確かにありますよ、南関オープンで全然戦えてるし、交流重賞での連戦を経て強くなったよね。」
俺「そうだぞ、なめられない一頭だ。」
弟「でも小回りな佐賀コースで、この馬は出脚が良くない追い込み馬なんですよ。ここで中央馬に立ち回り一つでスキを狙っても
  ちょっと前に届く気がしないんだけど・・・」

俺「おめぇジュキヤのことナメてんだろ。」
弟「ジュキヤ。」


俺「このコンビ、すげー応援したくなるな。手も合ってるし思い切りがいい。」
弟「ジュキヤ。」
俺「畑中騎手の場合は直線まで我慢させる競馬でなんとか掲示板に乗ろうというスタイルでこの馬の手綱を取っていた。しかし、
  ジュキヤはこの馬で勝とうとする競馬をどんな相手でも見せてくれる。多分、直線向いた時点でお察しの位置になる様な競馬
  はしないだろう。」
弟「ジュキヤ。」
俺「流石に勝つのを望めるメンツではないけど、見方によってはカツゲキキトキトに先着しても不思議ではないのだ。」
弟「ジュキヤ。」


俺「おめぇバカにしてんだろ!?」
弟「だって師匠がジュキヤとか言うから。」



俺「・・・中央組の2番手は意味不明な成績を残すストロングカイザーで。良馬場の方がいいだろうけど経験値はあるからな、連覇
  は当然考えてるだろうから仕上げてくるだろう。ポカやらかしたらミッキーヘネシーという算段で。」
弟「えーと、あと中央組は2頭居るんですけど。」
俺「リッカルドはこういうメンツで激走するんじゃないかって怖さはあるんだよなぁ。先行するにも苦にならなそうだし。でも単純に
  鞍上と手が合ってないままココで巻き返せるのかって部分を重く見た。北村騎手自身も地方慣れしてないしな。」
弟「一応ちゃんとした理由を持ってハズしてるんですね。タムロミラクルは?」

俺「ディープ産駒でダート2000mでデムーロ騎手
  って、そんな大三元アガれないわ。」

弟「期待通りの返答ありがたうございます。」


俺「中島アナにいじくり回されるがいい。」
弟「いやー、ここでこの馬切っちゃうのはマズイ気がしますよ。この馬とロンドンタウンが現状で安定勢力と見れますけど。」
俺「まぁ確かに、厩舎としては過去に佐賀のサマーチャンピオンを制していて、川崎記念の優勝経験もある西園厩舎。厩舎の地方
  経験値の高さはこういうところで重要だ。デムーロ騎手だって佐賀記念は勝ててはいないもののレース経験はあるし過去には
  連対もしている。」
弟「ふむ。尚更切れないね。」
俺「それでもここは持論を押す。ディープ産駒、ダート中距離、いずれもデムーロ騎手には不得意なものなのだ。馬自体も佐賀が
  合う様には思えないな。それにデムーロ騎手には今週はおとなしくしてもらわなければ。」
弟「なんだよ、おとなしくって・・・」



おとなしくしなさい →  



弟「もうそこから離れようよ!!」
俺「フフッ、ちっともスッキリしなかったぜ・・・」



弟「大体それでボクは日曜日の予想を台無しにしてしまったのだぞ。」
俺「あの時はまだ元気だったんだよ、デムーロ騎手も。今はペチャンコですよ。」
弟「だから同一人物じゃないんだってば・・・」

俺「トランザムスターにトランザムされますよ。」
弟「最早作品も違ってるんですけど。」



弟子予想
◎タムロミラクル
◎ロンドンタウン
▲リッカルド
▲カツゲキキトキト
▲ストロングサウザー

三連単◎1,2着→▲3着



俺「うわー、当たりそうだねぇ。」
弟「なんか腹立つなぁ・・・」
俺「でも三連単でいいのか、コレ。三連複だと当然オッズは低くなっちゃうけども。」
弟「実力関係がイマイチはっきりしない面々ではあるけど、中央戦での安定感はここで重視できるんじゃないですかね?まずこの
  2頭だろうなって思ったのでコレで行きます。」
俺「安全策取った方がいいと思うけどなぁ。ま、佐賀はレースも楽しみだけど実況も華ですからね。今年はどんな中島節が飛び
  出すかな。」
弟「うんうん、そこも確かに楽しみです。クールイズビューティーってまた聞けるかな。」


俺「デムーロ騎手、ケツアゴって呼ばれないかな。」
弟「だからもうやめましょうよ・・・」







※ジュキヤも中島アナにいじってもらって来なさい



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/02/07 00:14 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(6)

川崎記念の予想

弟子「師匠。」
俺「・・・」



おりぃ・・・



弟「そろそろ着替えられては・・・」
俺「しばらくこのままでいさせて・・・」


弟「さみしいね。凄く応援してたもんね。」
俺「昨日しっかりお礼とエール贈って、すっきり送り出したつもりなのに、日をまたいだ今になってまたさみしくなっちゃった・・・」
弟「師匠、しっかり。今日は川崎記念だよ。」
俺「心配してくれるのはいいんだけどさぁ、デシちゃんよ。」
弟「はい。」



みかぽん教



俺「その格好何。」
弟「んんー?」



俺「・・・オリィが南関を去った日に、なんで教団服をそんな邪悪な感じにカスタマイズしやがった。」
弟「邪悪ではない、帰って来られるのだ。折笠騎手の引退はさみしいけれど、代わりにあのお方が帰って来られるのだ。ううむ、
  なんて世界はよくできているのでしょう。」
俺「さっきも言ったろ、気が早いよ。」
弟「帰って来られるのだ!!」


★公式ソースは無いものの、どうやら御神本元騎手が「一次試験を合格した」との情報が出回っております


俺「二次まであるんだぞ。」
弟「大丈夫!!帰って来られるのだ!!」
俺「大体、公式的じゃない情報だからあまり言いたくないんだけど。一応競馬関係の方のツイートが出所ではあるけどさ。こういう
  のはNARとか南関が公式発表してから取り扱うべきオハナシだよ。常識的に考えてよ。」
弟「真っ当に怒られてしまった・・・でも帰って来てほしいんだもん!!」
俺「このタイミングだって不吉なんだぞ。オリィの引退と同時にみかぽんさん復帰の兆しとか。」
弟「・・・それのドコが不吉なんだよ。」
俺「言い伝えにある通りだ、まずオリィは神なのである。」
弟「ドコの誰が作ったどんな言い伝えでしょうね。」

俺「神が去り、結界を失った南関は邪神に蹂躙され・・・」
弟「そうか、お前は戦争がしたいのだな。」


俺「おお、おそろしいおそろしい・・・あの言い伝えの通りじゃ・・・!!」
弟「いい加減にしてください!!そりゃまぁ、確かに現時点で気が早かったのは謝りますけど、戻って来られることをもう少し期待
  してくれたっていいんじゃないですか!?」

俺「そもそも何の一次試験だ?そこを誰も口に出してないのが。」
弟「おめぇブッ飛ばすぞマジで!!」


俺「世の中には様々な一次試験がありますからね。」
弟「コノ野郎・・・」
俺「まぁ、コレはまだウワサ話として見た方がいい。信憑性は高いけど、ちゃんと公式発表されてから取り扱うべき話題だと思う。
  オリィの話は新聞が出所だから扱えたんだよ。」
弟「・・・うん、わかった。」

俺「俺だって戻ってきてほしいよ、いじれる材料には。」
弟「よろしい。ならば戦争だ。」




★色々な動乱がありますが、今日は川崎記念でございます

俺「オリィの引退、みかぽんさん復帰説、波乱のニオイが南関に漂っているぜ。」
弟「もういい加減にしろ!!」
俺「まぁ、川崎記念ってレースは基本的に波乱を求めちゃいけないレースなんだけどな。」
弟「そういう印象が特に強いレースですよね、このレース・・・」


俺「何せ過去10年での三連単の払い戻しの最高オッズが32.2倍
  という、低配当が当たり前のレースなのよ。」

弟「そこまで固かったのか・・・」



俺「三連単が10倍未満の決着も少なくない、1~3番人気で決着することが非常に多いレースなんだな。俺は一昨年の砂入替え
  の時にホッコータルマエを疑うというチャレンジを仕掛けたけど、結局ここも固い決着になった。」
弟「波乱の要素は今回ちょっとありそうだと思うけど。」
俺「うん、解る。中央組を疑いたくなるんだよな。中央出走6頭の内、4頭が地方未経験って状況だもの。しかもその4頭は重賞を
  勝ってるワケでもなんでもないという、低調にも見える中央メンバー構成だ。」
弟「そうなんですよねぇ、それでも中央決着が濃厚な感じだと思うのですが・・・特に地方経験のある2頭は馬券圏内は固いと思い
  ますよ。サウンドトゥルーケイティブレイブね。」
俺「またお前はユタカさんだろ。」
弟「ユタカさんですね、ケイティブレイブもこのメンツなら逃げられるでしょう。」
俺「確かにこの2頭を軸に中央馬へと流すのが吉って感じするよねぇ。」
弟「今年も固いのかな、やっぱり。この2頭は当然人気上位でしょうし、そこから中央馬に流せばまず配当は低いでしょうね。」
俺「ねぇ。」
弟「なに?」


俺「ユタカさん切っていい?」
弟「どぉぞどぉぞどぉぞどぉぞ♥」



俺「うーん、ケイティブレイブって馬がイマイチ信用できねぇんだよなぁ、相変わらず。」
弟「そうですか!!それはかしこいね、師匠!!」

俺「・・・すげーバカにされてる気がする。」
弟「すげーバカかしこいですねぇ、師匠は!!」


俺「サウンドトゥルーは本命ですよ。盤石と言っていいでしょ、もう流れも関係なくレースできるし良馬場想定で外枠引き当てたら
  まず前目に付けることを意識してレースするハズ。大野騎手のペース読みも上手だし、アウォーディー不在のここで負ける
  ワケにはいかないって騎乗してくるでしょ。」
弟「東京大賞典でも前目に来ましたからね、あの時はビックリした。」
俺「届かないってコトはないと思うんだよ、ケイティブレイブ相手に。それだけ終いの脚に差があると見えるんだよなぁ、確実に届く
  位置に付けてレースすると思うけど。」
弟「・・・師匠、結構ケイティブレイブを疑って見てますよね。」
俺「裏路線では堅実な走りを見せてるけど、ここは相手が違うと思うぞ。ペースはこの馬が作ることになってもおかしくないだろう
  けど、決め手の面では果たしてどうか。そもそも2000m超のレースのタイムは見劣ると言っていいもの。」
弟「何をおっしゃいますやら。東海Sで強い勝ち方をしたグレンツェントと好勝負できてるんですよ。」


俺「グレンツェントは俺がノリさん切ったから勝てたんだよ。」
弟「説得力があるなあ。」



俺「大体あの東海Sだっておかしなレースだったじゃないか。他の有力馬は総崩れで2~5着が2ケタ人気っていう。」
弟「大波乱でしたね、そう言えば・・・」
俺「それでもグレンツェントは確かにいい走りを見せてるよ、でもこの世代の他はどうだ?未だに見え方が変わらないよ。ケイティ
  ブレイブは古馬相手にダートグレードで好戦できてるけど相手を考えたらさぁ・・・クリソライトは全盛期には程遠いし、アムール
  ブリエ
はスタミナ自慢だけど瞬発力不足の代名詞だった。ストロングサウザーに至ってはワケが解らない。」
弟「大丈夫だよ、伸びしろあるもん。4歳なんだよ。」
俺「まぁ、血統的には成長力ありそうだけどさ。アドマイヤマックス産駒は一旦頭打ちになる感じの子が多いけど、母父がサクラ
  ローレルってところはしぶとい成長を補助しそうだし。でも瞬発力が突然目覚めるって血統でもないだろ。」
弟「速さはいらない。スタミナで押し切るのだ。」
俺「そのスタミナでアムールブリエに劣ってしまったじゃないか。」

弟「戦争がしたいのなら、戦争がしたいと言え。」
俺「なんでここでソレが出てくるんだ。」


弟「ああ言えばこう言うのだから、ホントにもう。」
俺「いーじゃねーか、俺がユタカさんとケイティブレイブを切るのはお前にとって好都合なんだろ。」
弟「そうですけどね。」
俺「この川崎記念ってレースに強いて特徴を求めるならば、TCK女王盃同様に昼間のレースって部分になるんじゃないの。実際
  このレース、地方戦初挑戦の中央馬が結構活躍できるレースだぞ。勝つには至ってないけどムスカテール、ランフォルセ
  初の地方挑戦で2着に来ている。地方キャリア無視してもいいかもな。」
弟「まぁ、アポロケンタッキーが東京大賞典勝ってるのを考えたら、そういう部分もあるのかなって思えるけど・・・」
俺「アポロケンタッキーはレース後に規制薬物が検出されてケチが付いてしまったけど、アレって競走能力に関係する薬物では
  なかったんだろ。話によると鎮痛剤ってことだから、そんなもん使ってまでレースに出すんじゃねぇってことでしょ。」
弟「どこか痛めてるのに勝ったって考えるとスゴイよね。」
俺「そのアポロケンタッキーを基軸に新勢力を考えたら、グレンツェントも強豪の一角になる。ならばここではどの馬が該当するか
  と言ったら・・・」


◎ミツバ
◎サウンドトゥルー
▲ケイアイレオーネ
▲オールブラッシュ

三連単◎1,2着→▲3着  三連複◎2頭から



俺「・・・あれ?」
弟「・・・・・・・・」



俺「おや、ノリさんだ。こんにちは。」
弟「こんにちはじゃねぇ・・・」
俺「とってもユカイなノリさんとミツバのコンビですね。左回りもお好きな様です。よかったですね。」
弟「グレンツェントの時にあんな話をしてココで本命って、当てるつもりで言ってる気が一つもしないんですけど。」
俺「まぁ、この馬は何気に非常にお強いですし、ノリさんもチャンスだと思って騎乗してくるでしょう。よかったですね。」


弟「よかったですねって、読者さんに言ってるんですか?」
俺「ね。よかったですね。」



弟「ちゃんと予想してこうなったんなら別に文句は言いませんけどねぇ、どうしても師匠がノリさんを推すとフザけてる様にしか見え
  なくなっちゃうんですよ。」
俺「失敬な。確かにミツバは川崎初挑戦だし、地方戦のノリさんほど信じにくいものはないさ。でも、この馬のポテンシャル考えた
  ら重賞で通用するレベルだし、正直言って能力だけならこの2頭に思えるから推してるんだぞ。」
弟「ならいいんだけどさぁ・・・」
俺「それにな、俺にはミツバとノリさんというユカイなコンビを推せるとっておきの理由がある。」
弟「ユカイかどうかは関係ありませんけど、とっておきと言うなら一応聞かせて頂きましょう。」



とっておきだぞ →  



弟「やかましいんだよ!!!」
俺「大丈夫。俺は大丈夫。こりないから。」



弟「こっそり相手にケイアイレオーネくんとかブチ込んでるし・・・」
俺「レオーネくんとフミオさんもまたユカイなコンビですよね。」
弟「ハッピースプリントじゃないんだね、ここは。」
俺「今回はハッピーも怖いんだよな。かなり持ち直してるみたいだし、この馬に馬券割られるなら本望だよ。でもケイアイレオーネ
  の方を取ったのはまず枠。この枠ならばフミオさん、思い切りよく乗ってくれるだろ。中央で良かった時みたいな雰囲気がまた
  出てきてるし、積極策に出てくれればペース次第で連対もあるんじゃないかぐらいに見てる。」
弟「まったく・・・ユタカさんを切ってノリさんを組み込んでる時点で師匠の予想はおかしいとしか思えないのだ。」


弟子予想
◎ケイティブレイブ
○サウンドトゥルー
▲ミツバ
▲オールブラッシュ
▲バスタータイプ

三連単◎→○→▲ ◎→▲→○



弟「サウンドトゥルーは確かに強いでしょうけど、ここはユタカさんとケイティブレイブの押し切り勝ちを期待します。成長力に期待
  しますよ。」
俺「欲にとらわれず中央で固めたのは賢いと思うけど、俺はケイティブレイブの完全一着固定は頂けないなぁ。せめて抑えるなら
  三連複にした方がいいんじゃないの?」
弟「何せ今のボクとユタカさんには勢いがありますのでね♥」


みかぽん教


俺「・・・その格好で言うセリフじゃねぇよな。」
弟「あ゛。」







※こんなヒドイ弟子に天罰を与えてくれ、オリィ



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/02/01 01:49 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(6)

TCK女王盃の予想

★もう1月も後半になりましたね


俺「あああああああ『BEST BOUT』の準備が全然
  できねえええええええ!!!!!」



※『BEST BOUT』 = 管理人の独断と偏見で、昨年の素晴らしかったレースをベスト10方式で決める毎年の恒例企画です

弟子「恒例行事なのに。」
俺「時間が作れねぇんだよ、あのネタは準備が必要なの!!」
弟「そうですね、師匠がアレをやるには熟考した上でレースを選抜し、そのレースを見直したりしなきゃなんないし。」
俺「できることなら考える上でも色々な候補レースを見直したいし。」
弟「その時間が無いと。」
俺「そーなんだよ、雑にやっちゃいけないネタだしさー。」
弟「でもベスト5くらいは決まってるんじゃないの?」


俺「おう。有馬記念、ダービー、チャンピオンズC、
  香港カップ、菊花賞の内のドレかだ。」

弟「5分の5が出てますが。」



俺「しまった!!」
弟「何やってんですか。」
俺「おのれデシちゃん、謀ったな!!」
弟「ボクはベスト5は決まってるかどうか聞いただけでしょ、どのレースかなんて一言も聞いてないぞ!!」

俺「こうやってネタバレを誘発して、恒例企画をやらない方向に
  持っていくつもりだな!!なんとヒレツな!!」

弟「ははあん、そんなコト考えてるんだァ。」


俺「俺はそんなこと考えてない。デシちゃんがそうさせようとしてるのです。皆の衆、だまされてはいけない。」
弟「なんでボクのせいにされてるんだ、師匠が面倒になって逃げだそうとしてるんじゃないか。」
俺「いやいや、俺はちゃーんとやろうとしているのに、デシちゃんが台無しにしようとしているのです。これはよくない。」
弟「じゃあやるんだね。ならボクはもう何も聞きません。」


俺「何か聞けよ!!!!!」
弟「オメェはザルか何かか。」



俺「えー・・・しばらくお待ちください。」
弟「急かしてるワケじゃないんだから。やるならちゃんとやるべきネタですからね、じっくりと仕込んだ方がいいんじゃないの。」
俺「じっくり。」
弟「そうです、じっくり。」

俺「じっくりと夏までに。」
弟「どうあっても逃げようとしてるんだな。」




★夏までにはやろうと思います 大井ではTCK女王盃です

俺「さて、BEST BOUTはさておき。」
弟「さておかれたぞ・・・」
俺「寒風吹きすさぶ中、大井ではTCK女王盃が行われますね。大井だけどこの時期はナイターじゃないから要注意です。」
弟「交流の牝馬重賞は固く収まるのが定石。ここも固そうだね。」
俺「よく考えたら中央馬にとって昼間開催の大井中距離って、地方挑戦には最適だよな。」
弟「ん?なんで?」
俺「まずナイターではないことが大きい。それで地方競馬場の中では大箱と言える広さがあるし、南関で唯一の右回りコース。
  中央でも右回りの方が多いし、環境はナイターじゃないってだけで中央に大分近くなる。」
弟「んん、言われてみればそうですね。」
俺「この広さが生きるのが中距離で、短距離になると案外と他の競馬場とは差が小さくなるだろ。」
弟「例えば中央馬にとって厄介な地方コースって言うと?」
俺「浦和なんじゃないのか。小回りの左回りって結構特殊だ、だから地方馬にもチャンスが大きい。浦和コースは騎手の得意さも
  大きく関わってくると思うね。前にも言ったけど浦和の戸崎騎手は鬼。」
弟「ふむふむ。」
俺「南関以外の地方競馬場は門別以外は一環して小回りだし、その門別はナイターしか存在せず輸送も大変。そう考えるとこの
  TCK女王盃ってレースは、条件的には中央馬寄りなレースなのかなーと思う。」
弟「・・・そうでなくても、中央優勢って見栄えは最初からだと思いますが。」
俺「と、ここまで振っておいてなんですけど。」
弟「?」


俺「今回荒れそうじゃないか。」
弟「うわぁ、師匠が壊れた。」



俺「荒れそうですねぇ。」
弟「いや、あのねぇ。こういうレースで波乱予想するのはどうかと思うのですが。」
俺「そう?」
弟「絶対的な存在が居るんですよ、連覇を狙うホワイトフーガが。この馬が恐らく抜けた人気を背負う事になるでしょうけど、多分
  ここはその人気通りに勝ち負けするでしょうが。」
俺「ホワイトフーガは強いからな。」
弟「そうですよ。そりゃ斤量は58㎏と見込まれましたけど、過去にスパーキングレディーカップで克服済みです。波乱予想をすると
  言ってもこの馬の連対を考えてから相手を組み立てていくことになるんじゃないの?」
俺「じゃあとんでもねぇこと言いますね。」
弟「ゑ。」

俺「58㎏だからホワイトフーガ切ります。」
弟「皆さまおめでたうございます。」


俺「強いけど58㎏じゃなぁ。流石に周りとの斤量差あり過ぎでしょ。」
弟「・・・人の話聞いてたんですか。川崎で58㎏背負って完勝した経験あるんですよ。」
俺「でもレディスプレリュードでは57㎏で負けちゃってるよ。」
弟「・・・負けちゃってるって言っても2着でしょうが。トーコーヴィーナスと同着だったけど。」
俺「ほぉら、おっかない。」
弟「そこが揚げ足取りのポイントに果たしてなるのかどうかと・・・」
俺「水曜日も晴れだよね。多分良馬場だろう。」
弟「58㎏で勝ったスパーキングレディーカップだって良馬場だぞ。あれだろ、パッサパサの良馬場だと斤量が響くとか言うんだろ。
  前例があるならその意見も形無しなのですよ。」
俺「まぁ確かにそうだねぇ。でも今週の大井開催見たか?」
弟「え?いや・・・見てないけど・・・」

俺「砂煙の立ち方、尋常じゃねぇぞ。」

弟「・・・それだけ乾燥したダートって言いたいのか。」
俺「そういうこと。コーナー曲がって直線向く時とか画面後方真っ白くなるんだぞ。かなり乾いてる上にどうも砂が深く感じるんだ、
  あくまで見た目の話になっちゃうけどさ。でも昨年のTCK女王盃もこんな感じの砂質ではあった。」
弟「なんだ、馬場はこなせるってことじゃん。」
俺「でも昨年は56㎏だったんだよ。それで、この点を踏まえてもしかしてと思って今週のレース結果を見直してみて思ったんだけ
  どさ、どうもこういう傾向があるのではないかと。」



今週の大井の傾向 →  



俺「月曜と火曜のメイン、こんな感じなんだけど。」
弟「イヤな発見をしないでくれませんか!?」


俺「月曜メインでタイムビヨンドが、牡馬相手で馬体重ガッツリ増えてたとは言えここまで負けるかなぁ?って思ってたんだよ。」
弟「クイーン賞で3着に来たタイムビヨンドですか・・・」
俺「月曜のガーネット賞では5着。相手はクイーン賞とは全然違うんだよ。それで火曜日は桃花賞で東京2歳優駿牝馬では2着に
  なったアップトゥユーが断然の人気背負って4着。」
弟「うげっ・・・」
俺「その原因がコレなんじゃないかと。そうなるとホワイトフーガ、今回は抜けた斤量がキツいのではないかと予想できるワケ。」
弟「だからと言って切っちゃうのはいかがなものか。それでも好戦はしてくるでしょうが。」
俺「こういう傾向を気にしなければ断然の本命打ちたい馬だよ、普通は勝ち負けで考えるべき馬でしょう。しかしこの部分と予想
  冒頭で言った部分を組み合わせたら、思い切った予想をしてもいいのかなと。」
弟「冒頭で言ってた部分って、中央馬が挑戦するには昼間開催の大井は最適だって話ですか?」
俺「そう。以上の要素を組み合わせて予想した結果、こうなりました。」


◎ハナズリベンジ
○タマノブリュネット
▲マイティティー
▲トーセンセラヴィ

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から うまふくワイド◎○



弟「オメェ真面目にやれよ!?」
俺「俺はいつも真面目だよ!!」



弟「ハナズリベンジってアンタねぇ・・・中央時代に準オープンにも上がれなかった馬じゃないか・・・」
俺「中央からの転厩初戦、ここを54㎏で走れるのは大きい。厩舎自体も乗っているからな、先日のニューイヤーカップで2着に
  なったブラウンレガートを管理する阪本厩舎だ。」
弟「・・・地力不足でしょ。」
俺「だからそこを補うのが斤量と昼間の大井なんだってば。大井の馬場で調教積んでるんだから更に差が埋まるぞ。鞍上が今
  開催で乗れてる矢野騎手というのも心強いじゃないか。」
弟「・・・」
俺「そんな頭がオカシイ人を見る様な目で俺を見るな。」
弟「うん、頭がオカシイ人を見てるんですよ。」

俺「実は相手が悩みどころだったのだ、マイティティータマノブリュネット。マイティティーは前走であれだけ負けてるのにまた
  地方戦に出てきてるワケだよ。確かに走りは軽く馬場は合ってなさそうだけど、昼間の右回りってだけで見直せちゃうのかも
  しれない。でもタマノブリュネットの方がローテがあからさまにここ狙いだし馬場も合いそうだから、こっちを上に見た。」
弟「まぁ、タマノブリュネットは解りますよ。ルメール騎手から真島騎手への変更になっちゃったけど・・・」
俺「悲しい落馬事故だったからな・・・ルメール騎手は大事なくて良かった。」
弟「うん・・・」
俺「一応、さっきの自分の理屈で考えたら距離も斤量も過去最大になってしまうワンミリオンスは戸崎騎手であっても切りと見る。
  タイニーダンサーも56㎏は初めて。トーセンセラヴィはそういった面で前走から斤量減だから浮上させたけど、この馬の場合
  は前走勝ってるからと言っても大井はやっぱ不安だな。結構危なかったもん。」
弟「こういうレースで師匠がこういう予想してくるとは。」
俺「一時期に比べて戦力が固定されなくなってるから、牝馬の交流重賞は予想の幅を持たせる必要が出てきちゃったな。しばらく
  ブチ込む様なレースはできないかもしれない。代わりにこういう予想が可能になったと思う。」
弟「レディスプレリュードもトーコーヴィーナスが来て波乱になりましたからねぇ・・・でもここでのホワイトフーガ切りは流石に無謀
  だと思うぞ。」


弟子予想
◎ホワイトフーガ
○タマノブリュネット
▲マイティティー
▲トーセンセラヴィ
▲ワンミリオンス

三連単◎→○→▲ ◎→▲→○



弟「この斤量でも女王の座は譲らない。そもそもスタミナには自信があるんですよ、こういう馬場でこそというレースを見せてくれる
  のではないでしょうか。タマノブリュネットが3着内は固いと見て三連単を組みます。」
俺「・・・お前、不調だから三連単はしばらく狙わないって言ってなかったっけ?」


弟「ニューイヤーカップでうまふく当ててますから。」
俺「ガミったうまふくで解禁していいのか。」
弟「牝馬予想の弟子とはボクのことです。」
俺「やめろ。イヤな予感しかしない。」







※BEST BOUTは夏までにはなんとか



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/01/25 00:26 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(4)