みなさんのおかげです

俺「誰だ、パールコードはダート超強そうなんて
  言ったド素人は!?」

弟子「おめぇだよ!!!」



マリーンカップ 結果
1着 ホワイトフーガ → 俺○弟子◎
2着 ララベル → 弟子▲
3着 リンダリンダ → 俺&弟子▲


俺「南関ナメんじゃねぇ。」
弟「どあほう。」
俺「いやはや、おはずかしいですね。あれだけのタンカ切っておいてパールコード5着ですって。」
弟「そもそも師匠自身が的外れな予想ばっかりするんだから、自信を持つようなことがあってはいけないのだ。」
俺「そのとおりでやんす!!」
弟「・・・キャラがおかしくなってる。」
俺「蓋を開けてみればホワイトフーガが貫禄の勝利、つーか今日の流れだよなぁ。外枠祭りだよ。」
弟「ほとんどのレースで7枠か8枠が絡んでいたんですね・・・」
俺「距離が延びる程それが顕著だったみたい。それにしたってララベルには驚いたよ、あの馬体増は成長なの?」
弟「プラス25kgで馬体重567㎏・・・女の子なんですよね?」
俺「ほうまんなのである。」
弟「それで先行して2着に残しちゃうんだから、改めてスゴイ馬ですね。ビックリしました。」
俺「荒山厩舎はスゴイね。こうなったら勝ってもらいたかったところではあったけど、ホワイトフーガの手綱取ったエビちゃんは
  こないだの阪神牝馬Sで100連敗という絶不調だったワケだ。こういう舞台で仕切り直してくれて嬉しいよ。」
弟「エージェントの関係で騎乗数もガクンと落ちちゃった蛯名騎手、がんばってほしいです。」
俺「古豪侮るなかれってコンビの意地だね。ワンミリオンスは出負けとナイターと斤量が響いたか思いもがけぬ敗戦になった。
  経験値の差が出たかな。」
弟「上位4頭はナイター経験が豊富な馬達ですから、関係してくるかもしれませんね。まぁララベルの馬体重にはびっくりしま
  したけど・・・」
俺「パールコードは経験値上位の争いには加われない結果になっちゃったな、素質で何とかなるかなと思ったんだけど。」
弟「良かったですねぇ、ムチャをせずに済んで。」
俺「デシちゃんにはお礼を言わねばなるまい。ありがたう。」
弟「いえいえ、これに懲りてあぶない賭け方はしないで頂きたいものです。」
俺「じゃあお礼に(モソモソ)」
弟「・・・何をしてるんだ。」


俺「いや、好きなだけブチ込んでもらおうと…」
弟「どうあってもソッチ方面に転ぶんだな!?」



俺「デシちゃんのおかげでブチ込まずに済んだのです。もしもこれでパールコードが勝ってたらデシちゃんにブチ込んでやろう
  と思っていたのですが、デシちゃんの言う通りになったのでブチ込んで頂きたく思いまして。」
弟「どっちにしろブチ込んだりブチ込まれたりしたいんですね。」
俺「そういうことですね♥」
弟「でも、恐らくなんですけど、ボクだけじゃ師匠は止められなかったのだと思います。なんだかんだ言っても自分の予想には
  多少なりとも自信を持って賭けているのでしょう?昨日の予想を聞く限りでは相当パールコードの単勝に自信を持っていた
  様に思えるのですが。」
俺「何せ帝王賞でも本命打ってたって言っちゃったからな。」
弟「そう考えると、ボクだけがブレーキになったんじゃないと思うのです。」
俺「ふむ・・・確かにそれはあるかもしれない。」


その1:ざくろさんの作為的なおにぎり

弟「ある程度の予想はつきましたよね、コレ。多分ざくろさんはパールコードをおにぎりにしてくるだろうって。」
俺「可能性は非常に高かったと思います。」
弟「しかしですね、確かにざくろさんはパールコードをおにぎりにしましたけど、そこには師匠にブチ込ませようとする意図
  があった。」
俺「丸出しで言っちゃってますからね。」


…おや?ぶち込むか?(笑)


弟「コレが逆に、師匠の警戒心を煽ったのです。パールコードをおにぎりにすれば師匠はブチ込むだろう、そういうざくろ
  さんの意図が見えた時点で、師匠はブレーキをかけた。」
俺「・・・あるかもしれない。」
弟「いや、きっとそうなんですよ。こうやって師匠が大張りをするかもしれないって空気を出したら、常連読者さん達は煽って
  賭けさせようとするのです。他の読者さんもざくろさんのおにぎりに呼応して、師匠の予想を煽ってました。」
俺「そう言われると逆に、そうしたくなくなる部分はあります。」
弟「そうでしょう。そこに更に追い打ちをかけたのがニコフさんです。」


その2:ニコフさんの本命もパールコード
  

弟「ある意味、トドメです。」
俺「トドメですね。」



弟「ニコフさんに悪意はありません。単純に本命だったのでしょう。」
俺「そうだね、ニコフさんは悪意の無い邪悪の化身ですからタチが悪い。」
弟「名前からしてダート走りそうって意味が解りません。」
俺「お前は本当にニコフさんに風当たりが強いよね。」

弟「ここで完全に師匠の気持ちが揺らいだハズです。」
俺「確かにイヤだったよ。」
弟「それでもまぁ、自分の予想には変わりないですからね。他人の予想と一緒だからなんだってタイプの師匠にとって悩みの
  タネにはなりつつも、あまり予想を変えるという方向には向かなかったと思います。」
俺「うん・・・それで変えてハズしても悔しいしさ・・・変えるって言っても、やっぱり当初の予想は残っちゃうし・・・」
弟「こんな二人の予想を見た後、師匠は何をしましたか?」
俺「ツイッターでパールコードを検索、果たしてこの馬のダート挑戦に対してどういう意見が多いのか参考にしてしまおうと
  思いました。」
弟「どうでしたか?」


その3:賛否は圧倒的に否


俺「そうだろうとは思ってたけど・・・」
弟「結構ヒドく書かれたましたね。」


俺「『買うヤツは競馬って言葉知ってんのか』くらいに言われてました・・・結構たくさん、そう言われてました・・・」
弟「まぁ、初ダート戦の馬はそう言われるパターン多いけどね。」
俺「どうやら当たり前だった様です、パールコード切り。切りというか、切るとも言われず印も打たれずってパターンも結構
  ありましたね。レース後も得意気に『切って正解』とか言う人すら居ないレベル。」
弟「人気にはなってたけどねー・・・」
俺「あまりに前向きな意見が少なくてビックリしたよ、ホントに。俺の見る目がおかしかったのか。」
弟「そういうことになっちゃうかもね。」
俺「5着で『あんなに走るとは』とか言われたんだぞ。」
弟「メンタルボッコボコになりますね。」

俺「・・・『切って正解』じゃなくて、馬券外に消えてるのに『あんなに走るとは』って言われたんだぞ。」
弟「それはレース後のことになりますけど、レース前にそこまで言われてるのを目の当たりにしちゃうとねぇ。」
俺「まぁ、最終的には自分の中の基準で、こりゃブチ込めないぞって決めたんだけど・・・」



その4: 



弟「色々重なった挙句にコレでは。」
俺「それでも予想を変える気にはなれなかった・・・」


弟「遠征戦だから危惧してた部分ではあったんですよね。」
俺「まず、こうだったらパールコードはヤバいって思ってた部分の一つが馬場。昨日ずっと雨が降っていたから不良馬場は
  予測していたんだけど、水たまりが残ってるレベルだと逆にヤバイ。泥はねが激しいダートになったら能力云々は言って
  いられなくなる。でも、そこはクリアになってたんだよな。」
弟「馬場を見た時はまだブチ込みしようと思ってたんだね。」
俺「むしろこの馬場なら、くらいに思ってたねぇ。」
弟「でも馬体重見てガックリきたと。」
俺「初のダート戦でそりゃないだろうと。これまでは何とかなってきたけど、遠征戦だからってこの馬体重になってしまっては
  多分ダメだ。それこそララベル程じゃないにしても増えててほしかったんだよ。」
弟「・・・ブチ込まない決め手はパールコード自身が与えてくれたのですね。」


俺「うん、おかげで3万円の散財で済んだ。」
弟「ブチ込んでるんじゃねーか!!」



俺「ブチ込むってのはこういう金額じゃないよ、本当はもっとガツンといこうとしてたんだよ。おっかないだろう。」
弟「その割にレース後は、まるで馬券取ったかの様に振る舞ってましたよね・・・」
俺「そりゃーまぁ、イタいにはイタいけど、本来賭けるつもりだった額に比べれば全然だったし・・・」
弟「・・・」

俺「その賭けなかった金額分、勝ったつもりになれたので。」
弟「ポジティヴっていうかバカだよ、バカ!!」


俺「物は考え様です。」
弟「実際には単に3万円スッたってコトでしょーが・・・」
俺「いいや。」
弟「なんか隠し玉でもあるのか?」


俺「最終で更にヤケドを広げてやったぜ。」
弟「得意気に言うなよ!!」



俺「それでも当初に使うつもりだったお金に比べたら全然大したことはないのです。一応、そうやって用意したお金は無く
  なってしまうかもしれないモノだと覚悟しているので。」
弟「おっかねぇよ、この人・・・」
俺「まぁ、普段の賭け金に比べれば遥かに大ヤケドだったんですけどね・・・いつも小銭で遊んでるんだし。」
弟「ちょっとは懲りたでしょう、大損ですよ、大損!!」
俺「やっぱりこういう勝負でハズすとね、しばらくほとぼりを冷まそうとは思う。」
弟「・・・師匠自身がこの程度で済んだと思っているのならいいですけど。」
俺「・・・反省します。」
弟「でも、様々な意見があって、それを受けて被害が小さくなったのは事実なんですよね?ボクの意見だけじゃなくて。」
俺「そうだねぇ。」
弟「じゃあ師匠、そんな皆さんにお礼をしなければいけませんよ。ボクにだけじゃなくて。」
俺「・・・どゆこと?」


弟「皆さんに何かをブチ込まれるべきでしょう、
  ボクにだけじゃなくて。」

俺「やだああああああ!!!」

弟「おマタを出しなさい。
  ボクにだけじゃなくて。」

俺「そういうプレイは
  やだあああああああ!!!」






※助かりました(助かってない)



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/13 00:35 ] 結果 | TB(0) | CM(5)

全部持って行った女

俺「やってられませんわ!!」
弟子「うううううう・・・」



桜花賞 結果
1着 レーヌミノル → 俺◎
2着 リスグラシュー → 弟子▲
3着 ソウルスターリング → 俺切った 弟子◎


俺「どうしてレーヌミノル本命でハズしてんの、俺。」
弟「それはね師匠、2着と3着を選べていないからです。あとアエロリットとの二頭軸であり、単複抑えてないからです。」
俺「ノリさん後方過ぎるよぉ!!最後いい脚で来てるのに!!」
弟「4着がカラクレナイで5着がアエロリットでしょ、いい線は行ってるんだけどねぇ。」
俺「ユタカさんとルメールさんに馬券たたき割られた。」
弟「この2頭は人気どころです、馬券を割られたという表現はおかしいのである。」
俺「じゃあノリさんが来てくれなかったのだ。」
弟「なかよしになったんじゃなかったんですか?」


レース後のコメント
5着 アエロリット 横山典 「僕にしかわからない感覚なんですが、まだまだ乙女ですね」



俺「こんな人とどうコミュニケーションを取れと。」
弟「ノリさんはスゴイなぁ。」



俺「すごいコメントだ。何一つ無駄が無い上に何もわからない。」
弟「むう、責められません。だってノリさんにしかわからないのですから。」
俺「まぁ、ソウルスターリングがレーヌミノルに出し抜かれて追いつけなくなりそうな手応えになってから結構粘ったからな。
  馬場が合わないってキメ打ちは悪くなかったけど、それでも残せるんだから強いよ。」
弟「やっぱり馬場状態の影響は大きく出ていると。」
俺「リスグラシューはどうなのかよく解らなかった。良馬場の方がいいって思ってただけに、この馬にはヤラれたって感じが
  強いなぁ。でも、レーヌミノルの勝因もソウルスターリングの敗因も、大きい部分は馬場にあると見ていいんじゃない?」
弟「あとはどっちに向かうかですよね、この桜花賞内で。」
俺「NHKマイルかオークスな。普通に考えたらソウルスターリングはNHKマイルかなぁと思うけど、オークスも面白いんじゃ
  ないの。個人的にはウオッカに似たようなイメージ持ってるのよね、この馬。怖いのは早熟の可能性かな。」
弟「お、負けたレース見て尚そういうこと言う。」
俺「馬場だって走ってみなけりゃ解らない部分あるし、距離もまた然り。プロなら馬体である程度の判断はできるかもしれない
  けれど、素人の俺はそういう風に考えちゃうね。マイルまでに縛っちゃうのはどうかなーと。」
弟「もしもオークスやダービーで通用したら、そっちの方が可能性が広がりますもんね。」
俺「NHKマイルでも面白いのは間違いないんだけどね。」
弟「要するに、師匠の中で今回の桜花賞は馬単体の能力で考えるとノーカン?」
俺「ノーカンってのも失礼だろうけど、実力馬が馬場に力を奪われ、レーヌミノルと池添騎手はここ一番のレースをしたって
  見栄えはどうしても拭えないでしょう。」
弟「手痛い予想になってしまいましたねぇ、レーヌミノルの為に雨が降ったとまで言ってたのに。」


レース後のコメント
5着 アエロリット 横山典 「僕にしかわからない感覚なんですが、まだまだ乙女ですね」



俺「乙女心を読めなかった俺が悪いんだ・・・」
弟「ノリさんにしか解らないモノ、読みようがないですよ・・・」


俺「ふう・・・」
弟「まぁまぁ。NZTと桜花賞で苦い思いをしてしまったかもしれませんが、師匠の予想は悪くなかったのですよ。」
俺「予想がイイ線いってる、それじゃ余計にダメでしょーが。その方がハズした時に悔しいんだよ。」
弟「確かにね・・・」
俺「だからこの週は疲れたよ・・・スルーしてなかったら当てられていたであろうNZT、レーヌミノルが読めたのに相手選びを
  間違えた桜花賞・・・」
弟「荒んじゃダメだよ。」
俺「そう、こういうことが続くと荒んでしまいます。」


弟「3000万ヤラれた人も居るんですよ。」
俺「元気がもらえますね。」



弟「卑屈である。」
俺「ご存知の通りです。でもまぁ、こういう賭け方する人こそ道楽だからねぇ。生々しいのはやっぱり数十万とかだよ。」
弟「だろうねぇ・・・」
俺「馬主さんだってそういうものでしょ。億超える金出して活躍しないまま終わっちゃってもまた新しい馬を買うんだから。
  金額がここまでハネ上がると親近感がないよな。多分当人は『あーハズレちゃったー』程度なんじゃないか?」
弟「そうであって頂きたいですよ、深刻になるようなコトじゃない方がいいもん。」
俺「いやー、俺は深刻なことになってて頂きたいが。」
弟「クソ外道ですね。」

俺「だから、そこまで考えるとあんまし癒しにはならないのだよ。ざまあみろにならないだろう。」
弟「こんなオトナになっちゃダメだよ、みんな!!」
俺「しかし、今の俺は全く荒んでなんかいないぞ。確かに馬券では悔しい思いをしたが、桜花賞には癒しもあったのだ。」
弟「癒し?」


俺「ミヤビちゃんのおうんこ様事件だ。」
弟「そこには触れないであげてよぉ!!」



俺「あんな話聞かされたらもう、癒されるしかないじゃないか!!」
弟「アドマイヤミヤビのことはそっとしておいてあげよう!?ねっ!?」
俺「ああ、なんてかわいいのでしょう、ミヤビちゃんは!!」
弟「そうだね!!かわいいね!!もうそれ以上言わなくていいからね!!」


【悲報】アドマイヤミヤビ、うんこ中にゲートが開いて死亡


俺「ゲートの中でおトイレしてたらゲートが開いてしまうなんて…」
弟「やめたげてよぉぉぉ!!!」



俺「皆、許してあげて!!ミヤビちゃんは2番人気だったけど、そういうことがあって実力が出せなかったんだよ!!」
弟「ふぐぅぅ、ミヤビちゃん・・・何してるんだよぉ!!」
俺「何してるかって?うんこだよ!!」
弟「そういうコト言ってるんじゃねぇんだよぉ!!」

俺「今までと違う人が乗ったから緊張しちゃったんだね!!かわいいけどかわいそうなミヤビちゃん!!」
弟「それはそれでデムーロ騎手が不憫である・・・」
俺「ノリさんなら理解できる乙女心がそこにはある。まず鞍上がデムーロ騎手になった緊張は大きいだろう。」
弟「マジメに分析しなくていいんだよ!!」
俺「俺にはノリさんが何を言おうとしているのかは解らないが、ミヤビちゃんの乙女心は解る。鞍上がテン乗りの騎手な上に
  こうなってしまっては・・・デシちゃんにはミヤビちゃんがなんでゲートの中でうんこしちゃったか解るかい?」
弟「わかんねぇよ!!」
俺「ふふ、乙女じゃないね。きっとこういうことですよ!!」



ミヤビちゃんったら・・・ →  



俺「解る!!解るぞミヤビちゃん!!」
弟「わかんねぇよぉ!!!」


俺「パドックや輪乗りでは気付かなかったんだな。」
弟「うう・・・」
俺「この乙女の純情に、俺の荒んだ心がどれだけ癒されたか・・・」
弟「かわいそうだよ!!もう言ってあげるなよ!!」
俺「女のコワイところでもあるよね。男子諸君も注意しなきゃいけないんだぞ。」
弟「どこがコワイのさ!?」

俺「俺だってねぇ、自分の隣で知らない女にスキな殿方が
  またがってたらショックでうんこしますよ。」

弟「うんこうんこうっせぇんだよ!!」


俺「俄然応援したくなったぞ、ミヤビちゃんを。」
弟「ええ、応援してあげてください。そしてもうこの話は忘れて差し上げましょう!!」
俺「あれ?ひょっとしてなんだけどさ。」
弟「何かまだミヤビちゃんを辱めるおつもりか!?」


横山典 「僕にしかわからない感覚なんですが、まだまだ乙女ですね」


俺「これはアエロリットのことではなくミヤビちゃん
  のことなのでは・・・」

弟「繋げんじゃねぇぇ!!!」







※いやされました 



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/09 23:14 ] 結果 | TB(0) | CM(9)

もう祝えない


タンスにゴンゴン2





俺&弟子
「ざくーろさんが♪ クラウンカップの予想を
 当てました♪」




タンスにシャダイさん



クラウンカップ!

他馬からしたらなんで出てくんのさ…てとこでしょう。

クラシックで勝ち負けする可能性のある馬をこういう形で使ってくるわけで、『東京ダービー』に目標を置いてるなら
使ってこないハズ。

おそらくは『距離不安』が考えられ、最大の目標を『羽田盃』にロックオン。
その流れで取れるものは取っておこうと。(笑)
また、状態面を上げる意味もあるでしょう。

流石に斤量差があるとは言え足元を掬われる面子でもないでしょう。

◎ローズジュレップ
◯ブルーマネー
▲ラッキーモンキー
△セイジーニアス
△クラールハーモニー


相手は素直にブルーマネー。

この手の重賞で穴を空けるのがパイロ産駒。

川崎実績あるクラールハーモニーまで。

三連複
◎→◯▲△△

三連単
◎→◯→▲△△


[ 2017/04/05 07:09 ] ざくろ



クラウンカップ 結果
1着 ローズジュレップ → ざくろさん◎
2着 セイジーニアス → ざくろさん△
3着 ラッキーモンキー → ざくろさん▲


ざくろさん 三連複SMAAAASH!!!
配当25330円!!!






↓そして、どうやらこの予想は・・・
ざくろさん新記録





俺&弟子
「あー知りとーなかった♪
 知りとーなかった♪
 知りとーなかったよ♪」





弟子
「ゴンゴン♪
 ゴン♪
 ゴンゴンゴンゴン♪
 ゴン ゴン ゴン♪
 (グサグサグサグサグサ
  グサグサグサグサグサ)」






おいしいよ!!!!!





元ネタ















↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/06 00:37 ] 結果 | TB(0) | CM(9)

やっぱり変な馬

俺「俺はねぇ、楽しかったです。」
弟子「そりゃー、あれだけ気持ちよく逃げてくれれば本命にした方としては本望でしょう。」
俺「あれだけ離した逃げで前半1000mのラップが割と遅かった時は、これは残るぞって思ったんだけどなぁ・・・」
弟「直線向いて割とすぐ失速しちゃいましたね・・・」


俺「やっぱり遠征減りしてたみたいだし、ざくろ
  さんまで本命打っちゃったらそうなるか。」

弟「頑張ったよ、マルターズアポジーは・・・」



俺「馬体増減の激しい馬ではあるけど、520㎏って過去最低体重なんだよな。返し馬も固かった。」
弟「やっぱりローカルか関東で持ち味出せるのかな、雰囲気に飲まれちゃったかもしれないし修行中だね。」
俺「追っかけていい馬だと思うよ。どんな相手でもとりあえずハナに立つってスタンスの純正逃げ馬は、今の競馬に必要な
  存在だろ。G1レース参戦もいい経験になってる、惨敗を引きずらないタイプだからまた応援したいな。」
弟「血統渋いもんね、師匠はこういう馬がお好きです。」
俺「おかげさまで結果的にキタサンブラックのペースメーカーみたいな叩かれ方もしちゃってるんだけどな。」
弟「流れを掴みました、流石はユタカさんとキタサンブラックです!!」


大阪杯 結果
1着 キタサンブラック → 俺○弟子◎
2着 ステファノス → 弟子▲
3着 ヤマカツエース → 俺▲


俺「新G1を増やしグランドスラムを阻止しようと
  するJRAを嘲笑うユタカさんはスバラシイな。」

弟「そういうワケでもないでしょうに・・・」


俺「難なく、と言った感じの勝ち方だったねぇ。」
弟「全く距離も問題ナシでしたね。」
俺「マルターズアポジーを早目に捕まえにいった辺りでもう盤石、あの流れで普通にこの馬が力を出せるなら負かせられる
  馬はいないぞってユタカさんの自信に満ち溢れた手綱でした。」
弟「流石は年度代表馬、ここは通過点なのです!!」
俺「なんでもサブちゃん、キタサンブラックの年内引退を撤回したそうじゃないか。」
弟「この段階でそういうコト言っちゃうか。ちょっと気が早い様な気もするけど、どうなのかな。」
俺「ここから先の活躍次第でいいと思うんだけどねぇ、だって今年の初戦だったんだよ?」
弟「ですよねぇ。」

俺「『なんだ、まだやれるじゃん』って言ってるみたいでしょ。」
弟「キタサンブラックが勝った時って、師匠のテンションが
  若干おかしくなりますよね。」


俺「・・・本当にねぇ、変な馬なんですよ。キタサンブラックって。」
弟「強いのは間違いないのです。」
俺「そうです、キタサンブラックは強いです。もうそこに異論を言わない様にしましょう!!うん!!」
弟「そうした方がいいでしょう!!」


俺「じゃあ周りがだらしねぇんだ!!」
弟「そういうことでもない!!」



俺「ね、こうなるんですよ。キタサンブラックが勝つと何故かこうなるんです。」
弟「本当に不服そうになるんだよね・・・」
俺「このコンビがキライとか言ってるんじゃないですよ、いい馬です。この良血馬だらけの競馬界で非常に渋い血統で頑張って
  るんだから本当にスゴイよね。むしろ馬自体は大好きさ。」
弟「3歳の頃は結構本命打ってましたもんね。」
俺「スプリングSでは三連単で万馬券も取らせてもらいましたよ、菊花賞は馬券は取れなかったけど凄く嬉しかった!!」
弟「それが最近では妙な見方に・・・」
俺「昨年の春の天皇賞辺りから、物凄いラッキーホースに見えてきちゃってるんだよ。このレースからだろ、キタサンブラック
  が内枠を引きまくってるのって。」
弟「昨年は6回走って1枠4回だもんね・・・」
俺「レースに逆境を感じないんだよね、最近。まず昨年のG1レースで散々言ってたでしょ、天皇賞はゴールドアクターがイレ
  込んで不発し、それをマークしていた馬達もろとも伸びず。何せ残ったのがキタサンブラックとカレンミロティックだったろ、
  このレースで強さはなかなか感じられないよ。」
弟「よく言ってたのがタイムですけど。」
俺「うん、キタサンブラックが勝ったレースは歴代の同じレースと比べると遅いゴールタイムになるんだ。そういう点では今年の
  大阪杯はいいタイムでゴールしてたね。天皇賞やジャパンカップの時とは違う見栄えにはなってる。」
弟「ふむ。」
俺「競馬場も距離も選ばない万能さは本当に凄いものがあるし、この大阪杯も強い勝ち方だったし、本当なら文句を言っては
  いけないレベルに到達している馬なんだよ。」
弟「そ、そうですよ、うん・・・」


俺「戦ってる感じが無いのは何故!?」
弟「やっぱりこうなった・・・」



俺「そう見えるだけなのかな!?皆はちゃんとキタサンブラックに勝とうとしているんだけど、俺がそういう風に見えないだけ
  なのかな!?」
弟「どうなのでしょう・・・今回なんかは逃げ馬も揃っていたワケですし・・・」
俺「先手を叩けばいいってだけの馬じゃないのはもう解ってるでしょ、コレはある意味サトノダイヤモンドとゴールドアクターが
  居ない有馬記念
じゃないか。別にハナを奪われてもキタサンブラックは何の意にも介さないよ。」
弟「マルターズアポジーとロードヴァンドールが引っ張れば流れが速くなると、後方待機組が判断してたとか。」
俺「その流れならば前が止まり、キタサンブラックも差せると思ったと。」
弟「結果的にそこまで速いペースにはならなかったってコトなんじゃないかな?」

俺「つまり周りがだらしねぇと!!」
弟「そうじゃないと思います・・・」


俺「・・・ある意味面白いよ。もちろんね、他陣営だって勝負しに来てるワケです。勝つための算段を練ってレースに出ている
  んだし、キタサンブラックを潰そうとしたらこっちが潰れちゃうって考えもあるでしょう。そこは重々承知しているのよ、皆は
  勝つ為にレースに出ているのだ。」
弟「どの陣営だって自分のレースをまず考えるでしょう、キタサンブラックに無理につっかけることが自滅に繋がるのならば、
  そういうことはしないんですよ。」
俺「先行馬だから余計に勝負を仕掛けにくいのは解るよ。でもこうなると本当に勝負してくれるのがサトノダイヤモンドだけに
  なっちゃうでしょ、ゴールドアクターが持ち直し効けばいいけど。」
弟「まず、長距離戦で『激しい先行争い』が無くなってきてるからねぇ・・・」
俺「それなのよね。変な話、マルターズアポジーが通用しなかったというのが正論だとは思うけど、マルターズアポジーが
  不発だった
って言い方もできちゃうと思うんだ。贔屓目過ぎるかもしんないけどさ。」
弟「あのペースならば踏ん張りが効いたであろう状況だけど、思いのほかアッサリ沈んでしまったと。」
俺「ああいうタイプは交わされたらオシマイだよ、エイシンヒカリも同じでしょ。相手がキタサンブラックだから、どこまで交わさ
  れずに粘れたかってだけの話かもしれないけど、それにしたって後続が呑気に見えちゃうんだよな。」
弟「少なくともキタサンブラックが自滅する様なレースをするとは思えませんからね。」
俺「気性も良さそうだしなー、それでも圧倒的な何かを未だに感じさせない、飄々とした佇まいをしてるんだもん。恐らく未だに
  この馬は言うほど強くないって言い張る人は少なくないと思うよ。」
弟「そうなのかなぁ?」
俺「オッズに現れてるよ、強豪ライバルとの関係もあるけどこの馬、単勝オッズで突き抜けた人気になったのって昨年の京都
  大賞典の1.8倍くらいだろ。今回が2.4倍、二番人気がマカヒキの3.4倍。」
弟「未知の対決への期待でしょうね。」
俺「お前自身、昨日の予想で言ってたじゃないか。2000mでどこまで信じていいのかって。相変わらずそういう部分がある馬
  なんだよな。で、この距離ならばマカヒキのキレが通用すると判断したくなる。キタサンブラックはそう思っちゃう馬なのよ。」
弟「それがつまり・・・」

俺「やっぱり勝つ時が、そこまで強く見えねぇんだよなぁ・・・」
弟「相変わらずその印象は変わらないんだな・・・」


俺「あくまで個人的な意見ですよ。今日のレースでキタサンブラックはやっぱり強いなぁ!!って思った人には水を差す
  物言いになっちゃってゴメン!!」
弟「2着になったステファノスは勝負しに来てたんじゃないのかな?」
俺「うん、そうだね。キタサンブラックをマークして一緒に動いていったし、積極的な騎乗が功を奏しての2着だと思う。」
弟「ふむ、そうですね。一番いいレースをしてました。」
俺「この馬だって勝ちきれないけど力はあるからナメられないんだよな。ある意味、今日の先行策は賭けでもあったと思う。
  これで不発ならば叩かれる騎乗だよ。」
弟「やはりなかなかそういうチャレンジはできないでしょう、実際にこの大阪杯は前残りとは言えない結果ですもの。」
俺「まぁ、キタサンブラック以外の先行馬は人気薄が固まってたからな。3~5着は後方組だし。」
弟「あまりケチをつけるのはよくないのです。」
俺「他の馬もやるだけのことはやったのだな。自分の競馬をしようとしたけど、流れが合わなかったのだ。」
弟「なんか引っかかりが未だにある言い方だなぁ・・・」
俺「こういうことにしよう。」



こうなのだ →  



俺「うーむ、それなら潰しにいくのは大変。」
弟「キタサンブラックは愉快な馬なのですね・・・」


俺「なんにしろ、強いのは間違いないんだけど、それを妙に感じないってのは不思議な部分だとも思える。前にも言ったけど
  敗戦の時の方が強さを感じるんだもん、変な馬だよ。」
弟「楽をさせてもらってる様に見えるというのは、キタサンブラックに関して師匠が前から感じていた上手さになるんじゃない
  のかな?未だに強さ以上にそれを感じるってことなのでは。」
俺「それもあるだろうね、やっぱりこのコンビの落ち着きようは特筆すべき点だもの。」
弟「ちなみにサトノダイヤモンドはやっぱり強いと感じる馬になるんですか?」
俺「うん。サトノダイヤモンドは真っ当に強い馬だと思う。天皇賞はこの2頭の一騎打ちムードが強まりそうだけど、ここでもし
  キタサンブラックがサトノダイヤモンド相手に強い勝ち方したら改めて見直すだろうな。」
弟「ボクは有馬記念のリベンジをしてほしいな。」


俺「いやぁ~、今日のレース見ると・・・うん、
  いやぁ~どうかなぁ~・・・」

弟「実はキライなんじゃないの・・・?」







※なかなか珍しいタイプだと思うよ、こういう馬



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/03 00:47 ] 結果 | TB(0) | CM(11)

コムスメの逆襲

俺「あのコムスメめ・・・!!」
弟子「門別様が完全に二代目
  コムスメになられた。」



俺「くっそぉぉぉ・・・!!」
弟「・・・同じ手段は何度も通じないんですよ。」
俺「取ったって思ったのにぃぃぃ・・・」
弟「おかしいですね、どう思います?皆さん。」
俺「・・・」
弟「京浜盃、師匠の本命はカンムルでした。おかしいですね、カンムルは優勝争いに加われていません。なのに師匠は取った
  と思ったそうです。カンムル絡みの予想しかしていなかったのに、おかしいですね。」
俺「いやー門別様に6着に沈められるとは・・・」
弟「この期に及んでごまかそうとするんじゃない。」

俺「この幼女同盟め・・・」
弟「フフン、ボクは門別様の味方です。」
俺「・・・」
弟「そして、ウソツキの敵なのです。」
俺「ウソツキじゃないもん、俺。」
弟「ウソツキじゃん。」

俺「そうしないと門別様相手に馬券取れないんだもん。」
弟「大井まで門別様になってしまった。」


俺「ええ、そうですよ!!昨日の予想は門別様をたぶらかす為のワナです!!」
弟「ホレ見ろ。解ってたけどネ。」
俺「お前まさか門別様に密告したんじゃないだろうな!?同じ幼女同士のよしみで!!」
弟「ボク幼女じゃないし。それにボクだってハズれてるんですよ。」
俺「ははぁん、カモフラージュか。」
弟「どういう疑い受けてるんだろう・・・」
俺「だって、あとちょっとだったんだぞ?あんなハズれ方あんまりだよ!!」
弟「門別様もお気付きなのです、師匠のワナに。もう今までの様にはいきませんよ。」

俺「それじゃ馬券が取れなくなってしまうではないか!!」
弟「ふはははは、ざまぁみろですよ!!」


俺「ふぐぅぅ・・・!!」
弟「大体ねぇ、そんなワナを仕掛けて馬券を取ろうという魂胆が邪悪なんですよ。それに道営出身馬が全て門別様の手先だと
  言うのなら、南関どころか地方全体で影響してきますよ。」
俺「俺は地方競馬を当てられなくなってしまうのか・・・!!」
弟「そうじゃなくてさぁ・・・」
俺「いいか?京浜盃の俺の予想はこうだったな。」


◎カンムル
○ローズジュレップ
○ヒガシウィルウィン
▲ピンクドッグウッド

三連単◎1着→○2,3着→▲3着



弟「建前の予想ですね。」
俺「この予想を受けての門別様と、観戦してる俺のイメージがこんな感じだ。」


~イメージです~

俺「よおし京浜盃のお時間だ、頼むぞカンムル&金沢の人!!」

門別様「ううむ、こやつめ・・・予想とは言え道営をバカにしおって!!目にもの見せてくれようぞ!!」

俺「ぬおう!!ピンクドッグウッドの好スタートだぁ!!ローズジュレップも行ったぞう!!」

門別様「ふっふっふ、わらわが育んだ女王ピンクドッグウッドを予想したコトは褒めて遣わそう。しかし・・・」

俺「ああ、カンムルはちょっと後ろ過ぎるなあ!!本当に大丈夫かなあ!!」


門別様「それ故、貴様はタテ目を食らうことに
  なるのじゃ!!」



俺「わあぁ、ローズジュレップよりピンクドッグウッドが前に出た!!ヒガシウィルウィンも外から来た!!」

門別様「あはははは!!どうじゃ!!わらわを甘く見るからこうなるのじゃ、苦しむがよい!!」

俺「なんてこった、タテ目の門別様ワンツースリーだ!!これはくやしい!!」

門別様「・・・なんか白々しいな、この者。」

俺「あああああカンムル来ないよー!!」

門別様「・・・(俺の予想を確認してる)」

俺「残り150mじゃ届かないよー!!」

門別様「・・・あ。」


俺「・・・そのままっ(ボソッ)」


門別様「あ゛-っ!!ストップ!!
 ローズジュレップストップ!!」

俺「み゛ぃぃいいいいい!?」



門別様「・・・」

俺「・・・」

門別様「・・・ど、どうじゃ!?」


京浜盃 結果
1着 ヒガシウィルウィン → 俺○弟子▲
2着 ピンクドッグウッド → 俺▲
3着 ブラウンレガート → 俺切った 弟子▲
4着 ローズジュレップ → 俺○弟子◎



門別様のしわざ



↓この俺の結果を見て、門別様がこうなるんです
喜ぶ門別様


~イメージおわり~


俺「なんて品の無い・・・!!」
弟「勝手な印象を与えられる門別様。」



俺「こんな感じだったろ、明らかにあのコムスメが手を下していただろ!?」
弟「・・・なんで門別様が自分のところの出身馬のワンツースリーを阻止しちゃうんだよ。」

俺「俺に馬券取らせない為だよ!!」
弟「そういうスケールの比較にはならないと思います。」



実際に購入した馬券
◎ローズジュレップ
◎ヒガシウィルウィン
▲カンムル
▲ピンクドッグウッド

三連単◎1,2着→▲3着 三連複◎2頭から



俺「俺に馬券を与えない為にはローズジュレップをも止めてしまう。門別様は恐るべきコムスメなのだ。」
弟「なんという被害妄想でしょう。」
俺「おのれコムスメめ・・・(カチャカチャ)」
弟「何をしようとしているんです?」


俺「コムスメのエロ絵を描こうと
  しているのです。」

弟「逮捕します。」



俺「俺にイジワルするコムスメのいやらしい姿を世間にバラ撒いてやるのだ!!」
弟「どういう八つ当たりですか!?そんなことしたらその手の法律に引っかかってしまいます!!」
俺「なんでそんなにお前はコムスメの肩を持つのだ!?お前もコムスメだからか!?」
弟「肩を持ってるワケでもないし、ボクはコムスメじゃないし!!」


俺「コムスメ同士のカラミにして
  やる・・・(カチャカチャ)」

弟「もうおまわりさんを呼ぼう。」



俺「コムスメ同士のエロ絵を大募集。」
弟「するんじゃねぇ。」
俺「くそぅ、コムスメめ・・・こんなコトでは南関クラシック戦、どうやって予想すりゃいいんだよ!!」
弟「普通でいいと思うんだけどなぁ・・・」
俺「今年の南関クラシック戦は、俺とコムスメが血で血を洗う対決になってしまうのさ!!」
弟「毎回あんな予想を聞かされる方の身にもなって頂きたいのですが。」


俺「でも、血で血を洗うって言っても、コムスメの
  マクがどうとか、そういう意味じゃ・・・」

弟「師匠は門別様が好きなんだなぁ。」






※かわいいからな

喜ぶ門別様

↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/22 23:52 ] 結果 | TB(0) | CM(3)