宝塚記念の・・・

俺「おかしいな。おかしいな。」
弟子「師匠、やめてください・・・」
俺「こんなにもお願いしているのに。」
弟「師匠ぉぉぉ・・・」


俺「何度更新押しても降水確率が下がらないよ。」
弟「痛々しいよぉ!!」



俺「なんで土曜日まで晴れてたのに日曜日は雨になっちゃうの?ヒットくんは雨馬場がキライなんだよ。」
弟「師匠、涙目じゃないですか。」

俺「これじゃまるでダコールじゃないか。」
弟「引退しただこーを引き合いに出すな!!」


俺「もうね、紙面の厩舎コメントでも公言されてるんだよ。雨だと走らないって。更に少頭数とは言え外枠、昨年の京都
  大賞典も少頭数の外枠だったけど、あの時は強気になれた。他が割と先行タイプ多めだったから出しながらでもラチ
  沿いにつけられると思ったから。でも今回は差し追い込みタイプが多めのメンツの外枠なの。」
弟「きびしいね、ヒットくん・・・」
俺「雨の馬場で、ラチに執着しようと下げたら最後方しかない。そして多分最後方のままレース終わっちゃうよ。」
弟「大好きなヒットくんだからこそ、今回の状況が最悪だと見えるのですね。」
俺「ひょっとしたら雨が降った時点でレースを捨てる可能性だってある。今までの印象、多分間違ってないと思うの。内枠と
  良馬場、この得意条件が揃わなければチャンスはないと陣営は判断してるんじゃないかって印象。今回は多分、その
  両方が揃わないの。そしたらもう無理をしないの。」
弟「うう・・・」
俺「応援してる俺も思う、この環境で無理をする必要は無いって。でも、そうしてチャンスを待てる年齢でもないの。」
弟「ヒットくん、かわいそうだね・・・」
俺「今回の宝塚記念、ヒットくんの陣営は勝負かけてきたと思う。紙面パドックで馬体はピッカピカに光ってたし、初めての
  ブリンカー着用で変化を求めてきた。テン乗りでもリーディング上位の川田騎手を確保できたし、いい流れは作って
  くれた。でも、環境で全部がダメになっちゃうのがヒットくんなの・・・」
弟「でも!!あきらめちゃいけないんじゃないでしょうか!?レースに出る以上は応援せねば!!」
俺「希望はあるよ。」
弟「そんな悲しい目で言うセリフじゃないですよね、それ。」


俺「最後方まで下げて、ブリンカーに見せかけた
  波動砲を発射すれば…」

弟「物騒なコト言うな!!」



俺「ブリンカーの効果でラチ沿いでなくてもレースができるようになるかもしれない、と考えることはできる。でもブリンカーの
  効果で重馬場をこなせるようになるなんてコトはね、普通に考えたらないの。」
弟「師匠ぉぉ・・・」
俺「あえて言いましょう。」
弟「!?」

俺「今回のヒットくんはオススメできません…」
弟「それは皆知ってますから!!ビックリさせんな!!」


俺「今回も皆にヒットくんをオススメしたかったのですが、さすがにキビしいです。」
弟「要するに、皆さんにはオススメしないけど師匠はヒットくんを応援するんですよね!?」
俺「もちろん。」
弟「ならよし!!」
俺「でもね、以前やったパターンだけど、本命にするけど軸にはできないの。ここは予想と応援を別に考えざるを得ない。」
弟「しかたないよね・・・それは認めましょう。」
俺「この馬を見続けてるから、なんとなく解る。もしも最後方に下げたらレースを捨てて次に持ち越そうって魂胆だろう。変に
  無理をせずにダメージを残さず次を信じた方がいい、それはそれで妥当な判断だ。可能性を求めるならブリンカー着用
  での外差し、あるいは先行。スタートで出して行くか行かないかで決まる。」
弟「・・・」
俺「出して行った場合は、どういう結果になろうと引退の可能性が高い。そういう仕上げに映るよ。個人的にはどっちでも
  納得する。とにかく雨が強まらないことを願うばかりだけど…結構降っちゃいそうだねぇ。」
弟「雨雲が九州から北上してますからねぇ、大阪は午前中にこの雨雲の範囲内になりそうです。ニュースで見ていた限り
  では小雨では済みそうにありませんね。」
俺「うう、ほぼ無理ゲーだ・・・今までの結果で苦手だと解っている状況が揃い過ぎている、そこに今までと違う要素が
  加わったとしても裏返せるとは思えない・・・でも、応援するにはそこに望みを託すしかないんだな・・・」
弟「ブリンカーと川田騎手ですね・・・」
俺「単複と、三連複一点にヒットくんを絡めます。予想ではその相手2頭が軸になるよ。」
弟「雨天予報、少頭数の宝塚記念。どんなレースになるんですかね。」


★VSキタサンブラック 少数精鋭の宝塚記念

俺「何しろこの雨予報だよ、梅雨前線の幕開けがこの日曜日に本州全土を襲うという、あまりにも無情な現実。」
弟「せめてもう一日遅れてくれていればねぇ。」
俺「土曜の阪神メインでは屈腱炎から立ち直ったシルバーステートが直線で流しながらレコードタイの時計を叩き出す
  馬場。この馬場が欲しかったんだよ、俺は・・・!!」
弟「この雨が馬場にどれだけの影響を及ぼすか、ですね。」
俺「もう目に見えてるさ、この日の芝レースは宝塚記念に至るまで5Rある。序盤は多分内側有利、それが後半にかけて
  どこまで外有利になるか。そういう馬場の荒れ方次第になってくるだろう、最終週の阪神はそういう馬場なんだ。」
弟「どういうこと?」
俺「急仕上げのG1用馬場だよ、速い時計での勝負を見越した芝を作ってある。先週から阪神の馬場は速い時計が出てた
  からね、この宝塚記念に向けて作られた馬場が降雨でどれだけ崩されるか。」
弟「キタサンブラックにとってはどうなるのかな、雨。」
俺「敵でも味方でもないと思うなぁ。」
弟「有利にも不利にも働かないということですか。」
俺「枠も久しぶりに外になったけど、そこまで気にする必要はないと思う。さっきも言ったけど先行馬が少ないからね、出脚
  の良さは定評があるから、気にするべきなのはゴールドアクターの出方次第。」
弟「ここで負けたら凱旋門賞とか言っていられなくなりますからね。」
俺「もうキタサンブラック自体に不安はない、変な疑い方もできない。でも不安なのは、今お前が言ったソコ。」
弟「どこだ。」

俺「サブちゃん、欧州遠征に対しノリ悪過ぎじゃね?」
弟「!!!!!!!!!!!!」


俺「なーんか、世論がキタサンブラックの凱旋門賞挑戦を煽るから、それに仕方なく付き合ってるって感じするよ。昨年
  終えた時には国内専念って言ってたんだよ。それが天皇賞のレコード勝ちを受けてこの馬ならってムードになって、
  じゃあ登録しましょうかって流れで凱旋門賞への参戦表明して、その国内最終前哨戦が宝塚なワケさ。」
弟「師匠はキタサンブラックのアラを探すのがお好きな様ですね・・・!!」
俺「ここで負けたら白紙になるのが明白だ。しかも負けて言い訳できる状況も揃った、枠と天気だ。ここで負けても仕方が
  ない上に、欧州遠征を見直す機会にもなる。邪推になるけど、ここで勝ったら欧州遠征待ったナシになるでしょう。」
弟「本来ならココで勝ってイザという舞台を、そういう風に見るのですか!?ヒドイです!!」
俺「ここをどう見るかだよ、本気で凱旋門賞を見据えているのならむしろ勝たなきゃならない一戦。凱旋門賞に対して逃げ腰
  ならば捨てるべき一戦。この二つは予想する側からして見たら、共にあり得るから悩ましいの。」
弟「ならば師匠はキタサンブラックの凱旋門賞参戦に対し反対派ってことか。」

俺「こういう馬が凱旋門賞勝ったらイイねぇ。」
弟「アンタの頭ん中どうなってんだよ!?」


俺「イイねぇイイねぇ、鞍上は間違いなくユタカさんだ。父はブラックタイドで母父はサクラバクシンオーという渋い血統、
  生産牧場はヤナガワ牧場、そして馬主がサブちゃん。キタサンブラックはこれまでに凱旋門賞へ挑戦した馬達とは
  異質ですよね。こういう馬が世界を屈服させるのが競馬のロマン!!」
弟「読めねぇ、コイツの頭の中が読めねぇ・・・!!」
俺「妙な手心を加えない限りは好勝負必至でしょ。ぶっちゃけ前走のレコードにはビックリしたよ、それまでの印象は遅い
  時計でこそ輝く馬だと思ってたからな。ここでレコード出したからと言って良馬場専用機だなんて見方はできないし、
  馬場が渋っても逆にその方がいいんじゃないのって考えられちゃう。敵でも味方でもないってのはそういう意味だ。」
弟「雨も関係ナシと見ますか。」


俺「良馬場ならヒットくんが…」
弟「泣くなよ。」



俺「・・・ただし、さっき言った不安は割と本気でね。そうなると考えられるのが全力で宝塚記念を勝っても欧州遠征に出る
  意味もないって、オーナーの意向があったりするんじゃないかなーと。」
弟「究極の仕上げではないかもしれないってコトか。」
俺「遠征を見越したが故の仕上げと見れば、そういう勘ぐりも可能。当然優勝候補筆頭だ、もう疑わない。でも、付け入る
  スキはあると思う。キタサンブラックにとって雨は敵でも味方でもないけど、恐らく味方になるであろう馬は居るよ。そう
  いう馬がチャンスをモノにする可能性、考えてもいいんじゃないかな。」
弟「そうなるとサトノクラウンですか。この前の入場曲ネタでも雨が降ったらチャンスが大きくなるだろうって言ってたし。」


俺「雨だからってサトノクラウン狙うのは安易だ。
  100万人中90万人がする予想だ。」

弟「万人いらなくね?」



俺「恐らく複勝元返しだよ。複勝オッズはキタサンブラックより安くなるんじゃね?」
弟「出たその言い方・・・」
俺「でもねぇ、馬場が悪いのが得意だと言っても、だからと言って阪神イマイチのこの馬を本命にできるかと言えば無理。
  3着候補にはちょうどいいけどね。」
弟「じゃあ阪神無敗のシャケトラはどうです?」

俺「んだよシャケトラって。ふざけんじゃねぇよ。
  おさかなでもくわえてろよ。」

弟「入場曲の話が完全に吹き飛んでる。」


俺「阪神なら・・・ってノリで出てきてるだろ、この馬。それまで軽い斤量ばっかり背負ってたのに、いきなりG1で58㎏を
  2戦連続で背負わせて雨の中走らすとか可哀相じゃねーか?」
弟「うわぁお。」
俺「シャケトラはバッサリいかせてもらう。このキャリアでこの環境はキツいと見た。角居厩舎はこういうローテでも結果を
  出せる厩舎ではあるが、古馬長距離路線に関して言えばもうちょいじっくり構えた方がいいんじゃないのかな。」
弟「そうなるとまさか・・・師匠はこの馬もお好きなようですけど・・・」
俺「いいことをおしえてあげよう。」
弟「いいことじゃない予感。」


俺「今年の俺とノリさんはなかよしなんだ。」
弟「ほおら、ねっ!!」



◎ヒットくん
○ゴールドアクター
○キタサンブラック
▲シュヴァルグラン
▲サトノクラウン

◎単複 三連複◎○○ 三連単○1,2着→▲3着 馬連○同士



俺「実質的な軸はゴールドアクターとキタサンブラックだ、ゴールドアクターは阪神初参戦だけど、多分京都より合うだろうし
  渋い馬場も得意そうだ。何よりこういう中途半端な距離が合うタイプだろう、ここならキタサンに勝てる!!」
弟「またノリさん軸にしやがった・・・!!」
俺「天皇賞は出遅れて後方にずっと待機するハメになった。この枠ならばノリさんはヤル気になる、俺は知ってるんだぞ、
  今年のノリさんはヤル気マンマンさ!!キタサンキラーの能力を思う存分発揮するがいい!!」
弟「でもゴールドアクターは確かに不気味なんですよねぇ・・・師匠スキだよね、この馬。」
俺「かっこいいよ、ゴールドアクター。ここのところ残念な結果が続いてるし、もうキタサンブラックとの勝負付けは済んで
  しまっている印象もあるけれど、まだ雨天での勝負はしていない。雨がどの馬に味方してるかって言ったらこの馬で
  しかないと思うのだ。」
弟「そして先述のサトノクラウンにシュヴァルグランですか。」
俺「スタミナと速さのバランスがいいのがシュヴァルグランだけど、ちょっと渋い馬場でどうかってトコロが今は未知だな。
  で、馬場が渋ければサトノクラウン。ここは安易でいい。アンバランスな2頭を3着候補にします。」
弟「ふむ、ヒットくん以外はなかなかあり得る。」

俺「でも三連単とかいらねぇからヒットくんに勝ってほしい!!」
弟「今日一番素直な意見でしょ、それ。」


俺「同じ勝負服のライバル、クラレントは屈腱炎で引退しちゃったよ。怪我で引退した盟友にこういう言い方は悪いが、彼は
  ヒットくんの総賞金を追い抜いて勝ち逃げしてしまったのだ。負けたまま終わるワケにはいかないぞ!!」
弟「そうか、クラレント引退しちゃったんだった・・・彼も長いこと頑張りましたね。」
俺「クラレントの分までヒットくんには頑張ってもらいたい。思えばクラレントが2着になった京王杯SC、あのレースで彼は苦手
  と思われた重馬場で頑張ったんだよ。ヒットくんも馬場が緩いからってワガママ言っちゃダメなんだよ!!」
弟「ヒットくん、辛い戦いになるけど頑張ってくれるといいね。」


俺「で、お前はどうせユタカさんだろ!?」
弟「ユタカさんです!!」




弟子予想
◎キタサンブラック
○シュヴァルグラン
○シャケトラ
○ミッキークイーン

三連単◎1着→○2,3着




俺「やっぱりそうなるか。相手がなかなかだけど。」
弟「ミッキークイーンに頑張ってほしいな、紅一点です。」
俺「ここに挑んできた心意気は認めざるを得ない。どういうレースを組み立ててくるかな。」
弟「・・・いよいよ上半期の総決算ですね。天気はあいにくなことになりそうですけど、とにかく皆無事に駆け抜けてほしい。」
俺「そうだね、まずはそれを願うばかりだ。」
弟「師匠は色々予想もしたけど、結局ずっとヒットくんを見てるんだろうね。」
俺「この際、大きなことは望まないよ。でもビックリさせてくれたら嬉しいな。」
弟「ビックリさせてくれるかもしれないよ。」


俺「やっぱりブリンカーに何らかの兵器が。」
弟「だからそれは失格だ。」






※せめて雨よ、おとなしく降ってくれ



[ 2017/06/25 02:50 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(5)

日曜日の色々予想

★今日は海外、地方と合わせて重賞4つもあるのね


俺「面倒だな。」
弟子「唐突ですね。」



俺「これだけジャンルがバラバラな4つのレースを予想をいっぺんにやったら大変じゃないか。」
弟「えーと、朝にベルモントSがあって、府中ではエプソムC、阪神ではマーメイドS、そして水沢でダービーシリーズの岩手
  ダービーダイヤモンドカップですか。」
俺「もりもりしているなぁ。」
弟「ボク、海外と水沢はよくわかんない。エピカリスもスクラッチしちゃったんでしょ。」
俺「まー、ベルモントSは余計に手出ししない方がいいレースかもしんないけどね。」
弟「エピカリスが出ないんじゃなぁ・・・」
俺「よし。」
弟「何かいい案が?」
俺「役割を分けよう、俺がベルモントSと岩手ダービーの予想やるから、デシちゃんは中央2重賞の予想をしなさい。」
弟「ふむ、まぁ道理としては通りますね。でもそれでいいの?」
俺「最近中央は馬券当てさせてくれないから、これでいい。」
弟「中央から逃げてるだけじゃないか。」

俺「4つもお互いで予想やったら長引いちゃうだろ。」
弟「でも、役割を分けたところで結局一緒の様な気がするけど。師匠が予想やってる時にボクはどうしていればいいの?」


俺「はだかでおどってろ。」
弟「じゃあボクが予想してる時は師匠、はだかで
  正座しててくださいね。」



俺「・・・基本はいつも通りだよ、相槌を打つなりツッコミ入れるなりしててくれればいい。」
弟「分ける意味無いんじゃね?」
俺「そうでもないでしょ。1つのレースに2人の予想があるか無いかで結構短縮できると思うよ。対談しながらにはなるけど
  中身は軽くなるハズ。」
弟「そうかなぁ。」
俺「じゃあまず俺の方から。ベルモントSの予想をやっていきまーす。」


★暗雲渦巻く米三冠目 ベルモントS

俺「もうご存知だと思いますが、日本から出走を予定していたエピカリスは右前脚の異常により獣医師からの出走ストップが
  かかってしまいました。その前から脚元の不安が報じられていたからねぇ、残念ではあるけどエピカリスのことを考えれば
  正しい判断でしょう。」
弟「痛み止めを使っているってニュースが出た時点でやめた方がいいのではって声が多かったもんね・・・」
俺「クラブ馬だからなかなか厳しい判断だと思うよ、遠征費って会員も負担してるんだから。」
弟「マジで!?」
俺「実際キレてる出資者も居るらしい。まぁこの件に関してゴチャゴチャ言うのはやめといた方がいいだろう。」
弟「そうですねぇ・・・」
俺「そのクラブ関係やJRAでの馬券売上にも関わってくることだから、強行的に出てきちゃうのかなぁって思ってたけれど、
  このスクラッチはエピカリスの将来の為の正解だと考えた方がいいだろうな。出資者の方に言わせれば俺の意見なんて
  他人事にしか聞こえないだろうけど、俺は正直ホッとしている。」
弟「でもこうなると購入意義ってモノが薄れちゃうよね。」
俺「だから、エピカリスの応援ができなくなっちゃった時点で静観するのが妥当ではある。」
弟「ふむ、確かに。」

俺「でも頑なに今まで日本馬が出た海外レースで
  日本馬に本命打たなかった俺には関係ない。」

弟「そう言えばそうだったねぇ・・・」


俺「まず当初の時点で米2冠戦の勝者とUAEダービーでエピカリスと激闘を演じたサンダースノーが出走せず、その後に
  米2冠戦で好戦を演じたクラシックエンパイアが出走回避、そしてエピカリスというこの流れ自体がもうカオスだよね。」
弟「グッチャグチャなんですね。」
俺「米3冠は確かにハードなんだよ、そのトドメを刺す様な長距離レースがこのベルモントS。昨年この3冠レースに全て
  出走して徐々に着順を上げていったラニは偉い馬ですよ、マジで。」
弟「ラニがんばったもんね。」
俺「で、こういう状況が生まれてしまったからには、レースに出走できる各陣営はより一層に最後の一冠への執着が強まる
  だろうなと予想できるワケだ。卑屈ではあるけどチャンスが日に日に大きくなっていくようなモノでしょう。こうなったら
  むしろヒネる必要はない、本命は三冠皆勤のルッキンアットリーでいい。」


◎ルッキンアットリー
○ツイステッドトム、シニアインベストメント、マルチプライヤー、パッチ

馬連◎から



俺「普通に考えたら無理せずケンタッキーDから直行した組に目が行くけど、アイリッシュウォークライにしろタップリット
  しろ、いずれもそのケンタッキーDでの印象が悪いんだよな。ルッキンアットリーはケンタッキーDの時は人気薄だった
  馬だけど結構強い見栄えの2着。仕掛けのタイミングがなかなかカッコイイんだよね、この馬。」
弟「パッチはケンタッキーDからの参戦で、尚且つそのレースで最も負けちゃってる馬ですけど・・・」
俺「この馬は応援してあげて。左目を病気で失ってしまったんだ、なのにこんな頑張れてるんだからすごいよ。正直言って
  成績見る限りは厳しいけど、エピカリスが取消になった今、最もこのレースで応援したいのはこの馬なんだ。」
弟「すごいなぁ、パッチ。名前もかわいいし応援したくなりますね。」
俺「出る以上はチャンスがあると思って抜擢。もしも勝っちゃったら伝説的な名馬になれるだろうねー。」
弟「ボクも応援しよう、単複だ。」
俺「じゃあベルモントSの予想は以上、次はデシちゃんの番です。」


★中央はG3が二つ エプソムCとマーメイドSです

弟「じゃあマーメイドSからやります。」
俺「どうぞ。」


弟子予想
◎トーセンビクトリー
○クインズミラーグロ
○マキシマムドパリ
▲ローズウィスパー
▲ビッシュ

三連複◎○から 馬連◎から○



弟「ユタカさんです。」
俺「他に何か言う事ないのか!?」



弟「だってトーセンビクトリーはユタカさんなので。」
俺「そうですけれども。」
弟「えーと、じゃあ相手の説明をします。」
俺「お願いします。」

弟「クインズミラーグロとマキシマムドパリは
  ですね、つよいです。」

俺「なんで予想任せたら語彙力失ったの?」


弟「・・・いざ一人で予想してみると、何を言ったらいいのかわからなくなってしまいました。」
俺「まあカワイイ。」
弟「普段掛け合いでやってるから、いつも通りみたいにできないと止まってしまうのです。おかしいなぁ・・・」
俺「じゃあ俺が何か聞けばいいのかな?」
弟「そうして下さると助かるかもしれない。」
俺「じゃあねぇ、えーと・・・」
弟「・・・」
俺「・・・」
弟「・・・」


俺「…何を聞けばいいの?」
弟「ほぉら、こうなるでしょ。」



俺「おかしなものです、デシちゃんに主導権を与えたら俺まで何もできなくなりました。」
弟「ふしぎ!!」
俺「お前の予想がペラッペラ過ぎるから、何をどう突っ込んでいいかが解らないんだよぉ。」
弟「じゃあエプソムCをがんばります。」
俺「がんばってください。」
弟「よぉし、がんばるぞ。えーと、えーと・・・」


弟子予想
◎アストラエンブレム
単勝



弟「ごべんなざい!!」
俺「泣くな、デシちゃん!!もういい!!」



弟「ふぐっ・・・いざ一人で予想をしてみたら、なんだか何も出てこなくなってしまいました・・・!!」
俺「お互いで色々と言い合わないと何も出てこないってコト、珍しくないからな。」
弟「ふぐぅ・・・」
俺「俺は一人で予想する分には困らないけど、お前はそういうの苦手かもしんないね。」
弟「そうかもしれない。」
俺「でも予想なんて自分の考えが立ってなければいけないものだからな、そんなコトじゃダメなんだぞ。とりあえず中央の
  予想はもうコレでいいだろう、俺が岩手ダービーで手本を見せてやりましょう。」


★混戦ですね、絶対的存在不在の岩手ダービー

俺「ベンテンコゾウが北海優駿を制覇したけど、抜けてたのがこの馬だっただけに今年の岩手ダービーは低調な見栄えに
  なっちゃいましたね。そうなるとまず目に付くのが、ここまで10戦連続連対中のキングジャガー、そのキングジャガーと
  好勝負を演じているサンエイリシャールの2頭。この2頭をどこまで信用できるかが、この岩手ダービーの予想のカギに
  なるかもしれないね。実際、この2頭と未対戦の馬も少なくないから、力関係を堅実さで判断しちゃうのもどうなのかなー
  って印象の出馬表だと思います。他地区からの移籍馬も多く、その馬達が岩手に来て勝てているので、岩手そのものの
  レベルを考えたらベンテンコゾウだけが強かったと考えることもできちゃうのです。」


弟「ベラッベラとよく喋れますねぇ!?」
俺「その言い方ムカつくんだけど。」



弟「さすがは師匠、普段からいやらしい妄想をしてるだけのことはある。」
俺「ほめられました!!」
弟「では続きをどうぞ。」
俺「はい。まずこの中で気になっちゃうのが牝馬達です、門別で2勝を挙げ移籍してきたダンストンレガーメ、名古屋では
  東海ダービー2着のサンタンパを撃破したこともある元中央のグラマシー、門別と大井を渡り歩き岩手転入初戦の芝
  レースを勝ったソーディスイズラヴ、この辺りは岩手所属馬との力関係が非常に曖昧。3頭とも小柄ながら結構面白い
  レースができるので予想に組み込む価値はあると思います。あとは移籍初戦になるハドソンホーネット、やはり南関
  船橋で3勝を挙げている実績はここで光って見えるね。キングジャガーも大井に移籍してたことがあって、そこで3戦して
  3連対だからやっぱりここでは強いのかなって見栄えだけど、その大井での対戦相手を見るとちょっと不安になる。
  2月にキングジャガーを負かしているアメリカンマックス、その前走でソーディスイズラヴに完敗してるんだ。こうやって
  見ると堅実に見える2頭がちょっと疑わしく思えてきちゃうんだな。」


弟「Zzz・・・」
俺「寝たらいたずらするぞ。」



弟「んーふ、もうおなかいっぱいです・・・」
俺「それはありがちな夢か、それとも俺の予想に対するイヤミか。」


弟「後者です。」
俺「ああもういいよ!!」



◎グラマシー
◎サンエイリシャール
▲ダンストンレガーメ、キングジャガー、ハドソンホーネット、ソーディスイズラヴ

三連複◎2頭から



俺「結局、ここまで挙げた馬を全て織り込んでの予想。軸はグラマシーとサンエイリシャールね、キングジャガーは同型
  との兼ね合いに怖い面がありそうだし、その同型に未対戦の相手が多いとなると余計に不安だ。グラマシーは前を
  つつく形でレースをして、それを見ながらサンエイリシャールという隊列を想定してみます。」
弟「わぁー。すごーい。」
俺「テメぇ・・・さっき自分一人で予想できなくて泣いてたクセに、なんて口ぶりだ。」
弟「やっぱりお話しながら予想した方が盛り上がりはしますよねぇ・・・」
俺「そりゃそーだよね。意見のぶつけ合いになるんだから、そっちの方が独り言みたいな予想より白熱するよ。」
弟「ちなみに師匠は今回のベルモントSと岩手ダービーの自信はいかほどに?」
俺「ベルモントSはあんまし自信ないなぁ、やっぱり海外戦って解らないよ。岩手ダービーはちょっと楽しみだな、オッズが
  どうなるかも読めてないし。お前はあんな予想だったけど自信あるの?」


弟「うん。アストラエンブレムの単勝は結構自信
  ありますよ。」

俺「よりによって一番何も考えてない予想が
  なんで自信アリになるんだろう・・・」





※ベルモントS、馬券どんだけ売れるのかな・・・



[ 2017/06/11 01:57 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(7)

安田記念の予想

俺「さすがはデシちゃんが本命にしなかったユタカさん!!」
弟子「そういうことを言わないで下さい!!」



鳴尾記念 結果
1着 ステイインシアトル → 俺▲弟子○
2着 スマートレイアー → 俺○弟子◎
3着 マイネルフロスト → 俺○

弟子 馬連アタリ 配当850円


俺「タテ目食らっちゃった。」
弟「ふふん、ボクはユタカさんで馬券が取れたから満足です♪」
俺「あの馬場でスローに落として逃げられたらこうなるよなぁ、阪神2600m戦でレコード出たんだろ。そんな馬場で行われた
  重賞競走にしては遅いタイムでの決着だし。」
弟「でも、2番手走ってたミュゼエイリアンは失速しちゃったじゃないか。」
俺「馬体が減ってチャカついてたなー、過去最低の馬体重ではやっぱり厳しいよ。と言うより、ステイインシアトル以外は
  みんなかかり気味だった。こないだのダービーのダンビュライトの騎乗を責めたのが通じたのかな?」
弟「まぁ、ステイインシアトルはハナに行ってもいい馬なんですけどね。」
俺「先行した馬のジョッキー見ると面白いよね。先頭がユタカさん、二番手が松山騎手、三番手が丹内騎手。どっかで見た
  ことないですか?」
弟「うわぁ・・・ダービーに似てる。先頭がノリさんかユタカさんかの差だ。」
俺「結局、まだこの2人はノリさんやユタカさんにケンカ売れないんだろうね。こういうベテランジョッキーがハナに立つと
  威圧感が出るんだろうなぁ。」
弟「そうですねぇ、ユタカさんの逃げは邪魔しにくいだろうなぁ。」
俺「今回は誰が『番手の騎手が消極的』って言ったのかな。」
弟「テメェ、ユタカさんをオモチャにするんじゃねぇ。」

俺「デムーロ騎手が勝った馬は楽だったと申している模様です。言ってそうだね。」
弟「スマートレイアーか、惜しかったもんねぇ。」
俺「こうなってくると安田記念は果たしてどうなるのか。状況や結果は違えど展開が同じ様になったダービーと鳴尾記念、
  その流れが安田記念に連結する可能性もある。」
弟「なんとなくスローになりそうなメンバーではありますが・・・」


★ペースを作るのは誰だ 安田記念

俺「そうなんだよな、テンから速く走る馬が居ないのよ。しかもロゴタイプが外枠に入っちゃったから、こうなると出たなりで
  ハナに立つというパターンは考えにくい。ましてや昨年は出し抜く様な逃げ切りだからな、同じ作戦を田辺騎手が取る
  とは思えないよ。」
弟「でも、外枠でもロゴちゃんが行く可能性って高いんじゃないの?」
俺「高いねー、それが今年の場合は行かされちゃうになっちゃう。マークのきつい先行になると振り切りにくいだろうな。
  できることならプレッシャーを与える側になりたいんだけどねぇ。」
弟「ほほう、それは師匠の望むところではないのか。」
俺「サンライズメジャークラレントなんかが引っ張ってくれるといいんだけどなー、ディサイファじゃ初速が足りないだろうし。
  でも今挙げたどの馬が先頭に立ってもハイペースになるとは思えないよな。」
弟「ですねぇ。」
俺「それでいて馬群もバラけなさそうなんだよな。ペース読みの上手な騎手がどのタイミングで仕掛けるか、という部分に
  なると・・・」


弟「またルメール騎手か。」
俺「そう思っちゃうよなぁ。」



弟「前走で久々の勝利を挙げたイスラボニータ、ここでも有力視できますもんね。」
俺「何せ堅実だからね。全体的にバランスのいいパラメータを持った馬だと思う。ここのところの歯痒い成績だって前走の
  勝利で帳消しにできるもんな。」
弟「香港馬はどうなんでしょう、コンテントメントビューティーオンリー。どちらも当地のトップマイラーで鞍上も強力だよ。」
俺「軽視できる存在ではない。ヘタすりゃワンツーもありそうだ、この2頭のワイドは面白そうだから買っておく。でも予想の
  上では切っちゃってるね、普通に考えたらチャンピオンズマイルでこのタイムの馬には手を出しちゃダメ。期待するなら
  馬よりも騎手って考えで狙うべきところだと思うよ。」
弟「モレイラ騎手はこわいですね、パートン騎手も・・・」
俺「ま、良馬場でスローの瞬発力勝負になったら日本勢に軍配上がるんじゃないかな。モレイラ騎手のペース読みも脅威
  だから早目の仕掛けも考えておいた方がいいだろうけど。」
弟「ヴィブロスのドバイターフ、ネオリアリズムのQE2世カップ、そして昨年の札幌での無双っぷり・・・あれを思い出すと
  切るに切れない存在ですよ・・・」
俺「こういうレースだからこそ日本人ジョッキーに頑張ってもらいたいぞ。」
弟「むう、確かに。」


俺「ふくながとかな。」
弟「その平仮名呼びはやめろ。」




◎ふくなが



弟「馬名にしろ!!」
俺「おっといけねぇ。」



◎グレーターロンドン


俺「直前まで怪しい感じだったグレーターロンドン、この馬とふくながのコンビを本命にしてしまいました。」
弟「意外過ぎる・・・」
俺「なんで?強いよ、この馬。」
弟「そりゃ知ってますよ、でもこの馬は脚に不安があって2週前の追い切りをパスしたんでしょう。しかも今回が初の重賞、
  ここまでの5連勝のパフォーマンスが凄かったのは承知してますが相手が違うんですよ。斤量だって初の58㎏だし。」
俺「うん。」
弟「うんじゃなくて・・・大体鞍上だって共に5連勝した田辺騎手から福永騎手に変わってしまっているじゃないですか。」
俺「そりゃそうだよ、ロゴタイプは登録すれば出走が確実な馬。対してグレーターロンドンは賞金が少なく除外の可能性も
  低くなかったし爪の不安も大きかった。田辺騎手だって確約に従うしかないだろう。」
弟「その乗り替わり、大丈夫なの?」


俺「あぁ!?ふくながをバカにしてんのか!?」
弟「アンタが一番失礼だ!!」



俺「ふくなが向きの馬だぞ、グレーターロンドンは。」
弟「向き不向きがあるんですか・・・」
俺「そうだ、展開を読む必要がなく、外にブン回せば豪脚が
  炸裂しちゃうんだからな。」

弟「オメェが一番福永騎手をコケにしてるんじゃねーか!!」

俺「デタラメな馬だと思いますよ、ホントに。特に前走の東風S、クソが付く程遅いペースで最後方から追い込んで勝つ
  とか非常識だ。タイムはヒドイけどとんでもないものを見たと思った。アレだよ、モーリスのスピカSの時と同じ。」
弟「おお、モーリスが出てきた・・・」
俺「そもそもだな、本当に不安があったら出てきちゃダメな馬なんだよ。前にちょこっとだけ触れたけど忘れたか?」
弟「何をですか?」


俺「この馬、蹄葉炎だったんだぞ。」
弟「あ・・・」



俺「そこから立ち直ってここまで来た、本当に僅かでも不安があるならレースに使うことができないんだ。再発してしまう
  恐れもあるし、もしそうなったら大問題になってしまう。経歴を考えると凄まじくデリケートな馬なんだ、屈腱炎よりも
  何倍もこわいんだよ。この馬の命に直接関わることなんだからね。」
弟「爪の不安というのも、過去の蹄葉炎の影響なのかもしれないんですね・・・」
俺「恐らく、ここに出てくるだけでも他馬と比べて細心の注意をはらってるハズなんだ。悲しいよな、これだけの鬼脚を
  本来であればもっと前から魅せてくれてたであろう馬が、重い病に苦しめられていたなんてさ。」
弟「応援したくなりますね。」
俺「だからこそ、レースに出てくる以上は万全以上に万全にしなければならない。だからあれだけのパフォーマンスを
  見せてくれるんだと思う。不安要素は確かに大きいよ、でも出てくる以上は信じたくなっちゃう馬なんだよな。」


◎グレーターロンドン
○アンビシャス
▲イスラボニータ
▲ロゴタイプ
▲ステファノス

三連単◎→○→▲ 馬連◎から 単◎



弟「師匠の気持ちはよくわかった。」
俺「わかっていただけたか。」

弟「でもこの買い方はどうかと思います!!」
俺「おかしいな、ノリさんをG1で切れないんだ。」


弟「G1レースで福永騎手とノリさんの馬券なんか師匠が取ったらエライことになります!!」
俺「弥生賞は当てたのだ。」
弟「それだってエライことなんです!!」
俺「何も起きませんでしたよ。」

弟「しかも馬は2頭ともディープ産駒・・・アンビシャスは確かにどんな状況でもこわい馬ですけど・・・」
俺「内枠で一番不気味なのアンビシャスだろ、どう出るか全然予想つかない。ある意味、ここに居るだけで変な主導権を
  持ってる感じすらあるぞ。」
弟「マイル走るの久々なんですよ・・・?」
俺「それでもし先行なんかされてみろ、周囲が慌てるぞ。ペースを混乱させたらノリさんの術中だ。」


弟「ポツンだと思うのですが…」
俺「そしたらグレーターロンドンと一緒に来てくれや。」



弟子予想
◎イスラボニータ
○エアスピネル
○ステファノス
▲コンテントメント、レッドファルクス、グレーターロンドン、ロジチャリス

三連複◎○から (あとロジチャリス単複)



弟「ちょっとさきたま杯からリズムが狂った感じのあるルメール騎手ですが、イスラボニータは馬券圏内だろうと。相手は
  ユタカさんのエアスピネル、大外だけど良馬場ならこちらも馬券圏内が期待できそうなステファノス。ヒモはちょっと
  いつもより広げてみました、ロジチャリスがんばれ!!」
俺「またユタカさんがセコい扱いに。」
弟「ふふん、鳴尾記念パターンでいいのです。でも実は心の本命がロジチャリス、頑張ってほしいな。」
俺「ほんと、ペース次第なレースだと思うよ。ひょっとしたらロジチャリスが逃げるなんてこともあるかも。」
弟「出る以上はチャンスを掴んで頂きたいです。時計で見たらキビしいのは承知の上で応援します。」
俺「こう見えて結構混戦だと思うんだよなぁ、クラレントも正直こわい。この馬、良馬場の方が絶対的に合ってるハズなのに
  前走稍重で頑張ったからね。府中も得意なんだよなぁ。」
弟「応援したい馬がたくさん居ると困っちゃうね。」
俺「そうだね、予想が決めきれないよ。俺もぶっちゃけスゲー悩んだし。まぁ、その中でも心情的にグレーターロンドンに
  肩入れさせてもらった感じだ。これでずっと応援してたロゴちゃんが連覇したら皮肉だねぇ、だから馬連なんだけど。」
弟「こういう時に限ってそういうことが起こるものなんですよ。」


俺「説得力あるなぁ。」
弟「だこおおおおおおお!!」





※さぁ春G1最終戦です、とにかく皆無事にゴールして下さい!!



[ 2017/06/04 01:52 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(1)

鳴尾記念の予想

★北海優駿のハナシですが(しつこい)

俺「デシちゃん聞いてくれ、物凄いタレコミだ。」
弟子「どんなタレコミですか?」
俺「北海道二冠馬となったベンテンコゾウの件だ。」
弟「ふむ、ベンテンコゾウがどうしましたか。」
俺「ショタロリだのなんだと言っていたが、俺は間違っていたらしい。」
弟「ええ、間違っています。」
俺「通りすがりの馬主さんからこんな情報を頂いたのだ。」


弁天小僧(ピクシブ百科事典より引用)
⇒「弁天小僧菊之助」の略称。江戸時代から日本を代表する「変身女装美少年」キャラ

・・・

体育倉庫でのショタロリどころか、他にもいろいろな要素が混じってますねw



俺「ベンテンコゾウ、男の娘だった。」
弟「解りました。以上でこの話は終わりにしましょう。」


俺「そーかそーか、弁天様は女神様だもんな。なのにコゾウってのは確かにおかしい。」
弟「そうですね、よかったですね。終わりにしましょう。」
俺「そうなると昨日の解釈とは全然違ったものになるね。」
弟「そうですか、間違えてましたか、そうですか。でもこの辺でもう終わりにしましょう。」


俺「グッチョグチョの門別様を男の娘が舐め回し
  突き抜けた、ロリ百合もどきだったワケだ。」

弟「終われ。」



俺「深い。コレは深いぞ、デシちゃん。単なるショタロリとはレベルが違う。この北海優駿で一冊の官能小説が書けても
  おかしくない話になってきた。」
弟「どうしてこの話を引っ張ろうとするの!?通りすがりの馬主さんもなんてことするんだ、こんな話を持ち込んだら師匠が
  フンスフンスしちゃうに決まってるだろ!?」
俺「フンスフンス!!」
弟「ホレ見ろ!!あぶない人だ!!」
俺「門別様は無警戒だったのだ、ベンテンコゾウのことを女の子だと思っていたのだ!!」
弟「うう・・・」

俺「しかしデシちゃんはベンテンコゾウが男の娘だと知っていた
  上で門別様を陥れた!!」

弟「ボクを巻き込むんじゃねぇよ!!」


俺「ヒドイ!!なんてヒドイことをするんだ、デシちゃん!!」
弟「もうやめてくれ!!そのピンク脳の登場人物にボクを加えないでくれ!!」
俺「禁断の百合の園と化した体育倉庫、蕩け合う三人のロリ、しかしベンテンコゾウは女の子ではなかった。グッチョグチョに
  なった門別様の前で、彼がとうとう正体を明かす!!」


門別様「え・・・それ、何・・・?」
ベンテンコゾウ「うふふ、おちん○んを見るのは初めて?」
弟子「ボクは初めてです!!」



俺「この様に!!!!!」
弟「見たことぐらいあるもん。」



俺「・・・見栄を張るんじゃない。どうせ実物じゃないんだろ。」
弟「あるもん。」
俺「・・・」
弟「あるもん。見たこと。」
俺「あー、アレだ、どうせ子供のだろ。そういうシチュエーションじゃなく、プールとかでフルチンの子供を見たとか。あるいは
  人間じゃなくて別の動物の・・・」


弟「あるもん。大人の…」
俺「よぉし、鳴尾記念の予想をしましょう!!」




★すんませんでした、競馬予想をします

俺「さぁ、鳴尾記念だよ!!がんばろう!!」


弟「どうしてボクが大人の…」
俺「阪神芝2000m、10頭立てですよ!!」



弟「なぜしゃべらせない。」
俺「もういい、解った、その話からは離れよう。俺が悪かった。」
弟「師匠はボクを子ども扱いし過ぎなのだ。」
俺「解ったから、俺が悪かったから!!でもこの話は今しなくてもいい、皆に聞いてもらう必要はないんだ、ね?」
弟「・・・」

俺「予想の後でじっくり聞いてやるから!!」
弟「それはそれで何かされそうで怖い。」


俺「ハイ、落ち着きました。この話は以上です。」
弟「元はと言えば師匠がベンテンコゾウの話をいやらしくするからいけないんだ。」
俺「ハイ、鳴尾記念!!切り替えていきましょう!!」
弟「まったくもう・・・」
俺「土曜の中央予想するのって、かなり久々なんじゃないかな?ここしばらくはやってなかったよね。」
弟「そうですねぇ、週末が結構大変だったけどようやく解放されたもんね。」
俺「日曜は安田記念、ここに向けて弾みをつけたいところだけど、なかなか難しい10頭立てのレースになったなぁ。」
弟「ふむ、結構微妙なラインの馬達が集まった感じです。スマートレイアーが近走実績では最上位になるかな。」
俺「そんな感じだな、あとはいかにもG3ならばって面々。そこに、絶好調男ルメール騎手に復活のバンドワゴン。」
弟「バンドワゴン、前走はインを突いて差し切りなんだよね。どうしても逃げのイメージが強くて意外だった。」
俺「かなり展開に悩むメンツだよな。バンドワゴンが前走みたいなレースをするか、あるいは以前の様な先行をしてくる
  のか、どの馬がどんな作戦に出てもおかしくない。」
弟「割と自在性のある馬が揃ってますからね。」
俺「でも先行したいであろう馬がほとんどではあるね。」
弟「その割にはハイペースにならなそうですね。少頭数だし折り合い合戦になりそうな感じがする。」
俺「逃げるのはユタカさんのステイインシアトルかな。あるいは内からマイネルフロストか。スタートが良ければスマート
  レイアーが行く可能性もあるし、まさかのバンドワゴンの逃げもあり得ると思う。」
弟「隊列はバラけない気がしますね。」
俺「いや、案外おかしなことになるかもしれない。外にスマートレイアーとステイインシアトルが入ってるとなると、この2頭が
  ハナを主張したらテンの入りは速くなるかも。阪神は開幕週だし、前目に付けたい馬が殺到する可能性もある。」
弟「ああ、開幕週か。」
俺「道中が激しくなることは考えにくいけど、ここでの先手争いは結構カギになりそうだな。あんまり後方組には手を伸ばし
  たくないかも。」
弟「まとめにくいメンツだなぁ。やっぱり軸にするならスマートレイアーかな?」
俺「一番無難だと思う。でもデムーロ騎手なんだよなぁ・・・」
弟「出た、師匠のデムーロ兄貴に対する熱いバッシング。」
俺「結構イイ線いってるコト言っちゃうよ。」
弟「言ってみなさい。」


俺「少頭数戦だと、なんか頼りねぇんだよ。」
弟「うわぁ…なんか解る…」



俺「そもそも逃げのイメージはあまりないだろ、ペースを掴むのは得意だけど作るのは苦手って感じ。頭数が少ないと
  判断ミスをしちゃう印象なんだよな。」
弟「実際、少頭数で人気馬に騎乗して取りこぼしてる印象は強いですね・・・」
俺「じっくりし過ぎちゃうというか。」
弟「じゃあ、こういう場合は思い切りよく行けちゃうユタカさんなんかが合いそうじゃないか。」
俺「まぁ、少頭数に弱くはないんだよな。実際のところ、少頭数に強いジョッキーとか居るのかって言われると困るものでは
  あるんだ。強いて言えば戸崎騎手か田辺騎手になるんだけど、ここには居ないし。ただデムーロ騎手に関して言えば、
  そういう節が強く感じられるってこと。」
弟「ルメール騎手は?」
俺「堅実な方だね、バンドワゴンをどう見るかだろうな。ここまでデムーロ兄貴の不安撒き散らしといてだけど、俺はバンド
  ワゴンよりスマートレイアーを上に見る。ただし本命は打たない。」
弟「ふむ、その2頭が人気になるんでしょうけど・・・」


◎ミュゼエイリアン
○スマートレイアー
○マイネルフロスト
▲バンドワゴン
▲ステイインシアトル

三連複◎○から ワイド◎から○



俺「本命はアルアイン松山だ。」
弟「マンションの名前ですか?」


俺「まずミュゼエイリアンがいい。去勢してから2戦消化したけど良くなってる風に見えるよ、だからわざわざ阪神に遠征して
  きたんじゃないのか?毎日杯で勝利してるし。」
弟「なかなか攻めたところを狙いましたね・・・」
俺「とりあえずマイル戦の速度に対応できたのなら距離を伸ばしてもイケるだろう。そしてここ2戦の鞍上よりは輝いて見えて
  しまうアルアイン松山。」
弟「アルアイン松山。」
俺「アルアイン松山は8頭立ての毎日杯をアルアインで制した。」
弟「アルアインが何だか解らなくなってくるからやめろ。」

俺「10頭立てのデイリー杯でボンセルヴィーソを2着にしたこともあるボンセルヴィーソ松山。」
弟「いちいち付けなくてもいいんだよ。」
俺「対抗は芦毛の2頭、マイネルフロストってよく戦績を見返すと丹内騎手が3度騎乗して2連対なのよね。今まで一度も
  連続騎乗したことがなかったけど、ここも鞍上務めてるのは大きい。スマートレイアーはゴチャゴチャ言ったところで
  阪神の良馬場じゃ切れない一頭でしょう。」
弟「少頭数ならではの波乱かぁ・・・イメージするのが難しいけど、結構あることですよねぇ。」
俺「そういうパターンになってもおかしくないメンツだと思うね。」
弟「でも、スマートレイアーは軸向きだと思うんですよね。さっきの師匠の意見が多少不安ではありますけど。」


弟子予想
◎スマートレイアー
○ステイインシアトル
▲ラストインパクト
▲バンドワゴン
▲デニムアンドルビー

三連複◎○から 馬連◎から



弟「隊列が長くならなければ後方勢にもチャンスはあると思います。バンドワゴンは出方次第だけどディープ2頭のキレも
  良馬場なら生きるハズ。ラストインパクトは最内からロスなく運べれば。デニムアンドルビーにも頑張ってほしいな。」
俺「ユタカさんに対する印がセコいことになってますね。」
弟「正直に言えばねー、デムーロ騎手とスマートレイアーのコンビに負けたくないハズですよ、ユタカさんは。でもねー、
  ステイインシアトルも京都でいい時計出してるし阪神2000mでもイケるとも思うんですけど・・・」
俺「ステイインシアトルとユタカさんは手が合ってるんだよな。」
弟「それでもやっぱり戦績を見るとスマートレイアーを軸にしたくなりますよ。この2年は牡馬相手にも通用してるし、G1
  レース以外は馬券圏内を確保し続けてるんだから。」
俺「牝馬同士とは言えG1でも掲示板確保し続けてるもんね。」
弟「そうです、レース経験値が違うのだ。そういった意味ではデニムアンドルビーも強いんです。」
俺「牝馬ワンツーもあり得るか・・・」
弟「それを希望しますね。どちらも7歳で、こないだ同期のマンボ姐さんは引退してしまいましたが頑張り続けてますから
  応援したいです。」

俺「今日は熟女予想なのね。ロリのくせに。」
弟「ロリじゃねぇし。おちん○ん見たことだって
  あるし。」





※・・・じゃあ事情聴取しましょう



[ 2017/06/03 01:38 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(5)

目黒記念と九州ダービー栄城賞の予想

★さぁダービーですが、先日お伝えした通りです


俺&弟子「やんねえよ。」


俺「いや、やるけど見せねえよ。」
弟「また去年と同じくですか?」
俺「一応、当たった場合に後出しになるのはイヤだから、レース直前に印だけでもツイートしようかな。」


弟「あたんねえよ。」
俺「わかんねえよ。」



弟「そんなワケで、日本ダービーの予想はどうやらレース直前になるそうです。」
俺「でもお前の予想はなんとなく読まれちゃうんじゃないの?」
弟「なんで?」
俺「本命をダンビュライトにするんだろ、悩んでたみたいだけど白帽のユタカさんは無敵なんだろ。」
弟「うう・・・」
俺「図星。」

弟「ユタカさん、ごめんなさい…ダンビュライトは▲です…」
俺「あああああああああああ。」


弟「確かにダンビュライトはいい内容で皐月賞3着、低評価を覆す走りを見せてくれました・・・でも、どうしても勝利を狙える
  様には思えないんだよぉ・・・!!」
俺「あーあ。デシちゃんあーあ。」
弟「本命は別の馬です。」

俺「ダンビュライトをナメんなよ、てめぇ。」
弟「ああああああああああああああ」


俺「俺から言わせればだ、皐月賞の3着でようやく掌返す連中とは一緒にされたくない思いだ。あの時に3着に来て結構
  驚いてた人多かっただろ、俺はこの馬を推してたんだよ。複勝買ってなかったのは痛恨ですよ・・・」
弟「師匠は皐月賞の対抗一番手にダンビュライトを挙げてましたもんね。」
俺「この馬に関して言えば、きさらぎ賞、弥生賞の3着でちょっと決着ついちゃったって誰もが思ったんだろ。俺の中では
  朝日杯から弥生賞までの3戦で異常に成長したって見方ができたから皐月賞で対抗打てたんだよ。今のこの馬、一度
  負けた相手には二度と負けないって感じがするんだよね。」
弟「朝日杯の時はまだ完成度が低いって印象だったんでしょ。」
俺「あの時と比べたら脱皮したって印象すらあるもん。晩成っぽい血筋なんだろうなと思ってはいたけど年越してから
  一気にキタね。これでユタカさん続投で1番枠なんだろ?皐月賞の着順もあってそこそこの人気になると思うと、俺は
  悔しくてしょうがないんだよ。『皐月賞では軽く見てただろーが、お前ら』って。」
弟「・・・」


俺「というわけでね。」
弟「予想を伏せる意味とは。」



俺「例によってではありますが、日本ダービーでは自分の予想を楽しんでもらいたいワケです。我々の予想ではなく。」
弟「そういうことだそうです。」
俺「このレースぐらいは予想自慢の人にただ乗っかるだけじゃなくて、どうか自分で予想をイチから組み立ててほしい。
  ここはそういう予想自慢な場所じゃないけれど、あまり人に影響したくないという気持ちで予想を伏せさせてもらい
  ます。あんまし意味はないかもしれないけどね。」
弟「意味ないよ、だって予想言っちゃってる様なモノだもん。」
俺「いやぁ、わっかんねぇよぉ。全然違うかもしんないぞぉ。」

弟「それはそれで意味がおかしくなると思う・・・」
俺「さて、ダービーの予想は見せませんが、日曜日は他にも重要なレースがあるんです。これも毎年のことだけど府中最終の
  目黒記念、そして地方競馬ダービーの初戦である九州ダービー栄城賞、この二つのレースの予想をしましょう。」
弟「目黒記念の師匠の本命はもう決まってるんでしょうけどね。」
俺「個人的にはダービーよりも大事なレースです。」


★4度目の目黒記念、9歳馬ヒットくんの挑戦

弟「ヒットくんですね。」
俺「もちろんヒットくんです。」
弟「でもこの枠は・・・」

俺「どんだけシャダイさんはヒットくんを恐れているのか。」
弟「そういうことなんでしょうか・・・」


俺「悲しすぎる・・・昨年から9番より内の枠に入れてもらえないとはどういうことだ・・・」
弟「オレンジ帽が多いですよねぇ・・・」
俺「それでも応援したいよ、相性のいいレースなのは間違いないんだから。」
弟「4年連続の出走で掲示板をハズしたことがないレース、この目黒記念では内側の枠じゃなくても頑張ってますね。
  勝ったのは1枠だった時だけど。」
俺「ひょっとしたら、ここがラストランかもしれないしな。」
弟「どうしてそんな悲しいことを言うんですか?」
俺「ダコールのパターンを考えると、得意舞台でもしもダメなら引退って考えがあるんじゃないかなって。ダコールは小倉
  大賞典でそれまで確実に3着以内に来ていたんだ、そのレースで大敗を喫してしまい引退になっただろう。」
弟「だこー・・・」
俺「それとヒットくんの目黒記念は一緒なんだよ。」
弟「確かにカブりますね・・・ノースヒルズの考えにあるかもしれない部分ですね。大体もう9歳なんだし。」
俺「ただこの枠だ。」
弟「うーむ。」
俺「ひょっとしたらここで大敗しても、良馬場で内枠引くまで
  引退しないかもしれない。」

弟「得意な条件が揃ってこそのヒットくんだもんね。」

俺「ここで負けても全部枠のせいにできます。」
弟「もう周知されてるもんね、ヒットくんが内枠巧者だって。やっぱりこの枠になっちゃったってことは下げるしかないのかな、
  ここまでも外枠が多かったけど頑なに下げてラチ沿いを確保するレースしてるよ。」
俺「恐らくはそうなるだろうな、思い切って前に出してレースしてほしいって希望もあるけど、ここまでのレース見てるとそこ
  までしてラチ沿いにつけなければいけないんだってことになる。」
弟「ラチ沿いを走れなくても前に出るって作戦は完全にナシなんですね。」
俺「内側も差し馬ばっかりだから前に出してもワンチャンスあると思うんだけどなぁ、このメンツ。出しながらラチ沿い取れ
  ればいいんだけど、そもそも出脚がいい馬ではないし、それで外を回らされてしまうというリスク考えたら多分やんない。」
弟「難しい子ですね、ヒットくんは・・・」
俺「だから、ここは他力本願になるけどメイショウカドマツ頼みになるんだよね。」
弟「おめでたいカドマツ、前走で久々の復帰ですね。この馬も故障さえしなければ長距離戦線を賑わす一頭になれたんだ
  ろうなー、でもよく戻ってきてくれました!!」
俺「そう、よく戻って来てくれた。そしてよく目黒記念に出てきてくれた。一昨年の目黒記念、レースを引っ張ったのはこの
  カドマツ、そして勝者はヒットくんなのだ。」
弟「おお。」

俺「おめでたいカドマツがおめでたい逃げを
  打てば、おめでたいレースになるのだ。」

弟「おめでたい逃げとは一体。」


俺「おめでたいレースをしろ、カドマツ!!」
弟「まぁ、スタート切れば間違いなくハナに行くのはカドマツなんでしょうね。単騎での大逃げも考えられる。」
俺「問題はそれに続く隊列がどうなるかだよなぁ、単騎で離しての先頭になって、中団馬群が縦長になるとヒットくんは
  全然届かねーよって位置になってしまうだろう。カドマツに食らいついた団子状態で直線向くのが理想なんだけど。」
弟「2番手どの馬かなぁ?」
俺「マイネルサージュハッピーモーメント辺りが前に行くだろうけど、断然コワイのがワンアンドオンリーだな。」
弟「田辺騎手の負傷でノリさんとのコンビがダービーデイに復活・・・フラグビンビンだよねぇ。」
俺「それに今年のノリさん、重賞競走で結構先行するんだよな。できれば前に行ってもらいたいね、このコンビが前に行けば
  先行への警戒が強くなって馬群自体も前に出るだろう。でも単純にこのコンビ自体が恐ろしい。」
弟「ですよね、ここで勝ったらドラマだ。」
俺「ノースヒルズ的に勝たせたいのはこの馬なんだろうなぁ・・・つーか、この布陣おかしくね?」
弟「ノースヒルズの布陣ですか。」
俺「ダービーデイの復活が望まれるワンアンドオンリー、得意レースで一発を狙うヒットくん。」
弟「うん。」
  

俺「そしてラニユタカ。」
弟「変な名前にするな。」



俺「なぜラニユタカがここに。」
弟「芝でどうなんだろうか・・・あまりいいとは思えないけど・・・」
俺「この3頭を鞍上で見ると、正直ヒットくんはどうなのかなぁって思えてしまうワケだ。確かに大野騎手とのコンビでは重賞
  勝利の経験があるけど、やはりノリさんとユタカさんという東西の二大巨頭が同門の二頭に騎乗してるとなると、あまり
  いいイメージはできないんだな。」
弟「まぁ、枠順の時点でネガティヴになっちゃうのは解るけど、そこまで悲観的にならなくても。本命なんでしょう?」
俺「そうだね、自信を持って応援したい。枠は悪いがいい流れも生まれている。」
弟「おお、それでこそ師匠です。で、いい流れって何?」


俺「クラレントに総賞金抜かれちゃったんだ。」
弟「どういうことだよ!?」



俺「同じ勝負服の古豪クラレント、先日の京王杯SCで2着と頑張りました。この馬も立派だよねぇ。」
弟「頑張ったね、クラレント!!」
俺「この激走でヒットくんの総賞金はクラレントに抜かされてしまったのだ。実はこの2頭には妙な因果関係があるのよ、
  好走時期が物凄くカブるんだ。」
弟「・・・成績見ると本当だから困る。」
俺「クラレントは8歳、ヒットくんは9歳。ヒットくんにとっては生意気な後輩なのだ。同じ勝負服の現役馬では賞金王争いを
  し続けているこの2頭、抜かれたら抜き返さねばなるまい。これはヒットくんにとって最大の起爆剤なのだよ。」
弟「いくら抜かれちゃったの?」


俺「40万。」
弟「掲示板で逆転できるね。」



◎ヒットくん
○ウムブルフ
○ワンアンドオンリー
○メイショウカドマツ

ワイド◎から 枠連1-7 7-7 7-8 ◎単複



弟「なんか珍しいことになってる。」
俺「外枠にステキななかよしグループができてるよね。メイショウカドマツにムスカテール、レコンダイトという古豪揃い。
  その中にヒットくんとワンアンドオンリーもいるワケです。正直言って狙いたい馬が皆外枠に入った出馬表を見た時は
  ブッ倒れるかと思いました。」
弟「だから枠連とワイドなのか・・・単複は買ってるけど、これじゃヒットくんがちょっとかわいそうなのでは?」
俺「もちろん勝ってほしいと願ってる。でももう9歳だ、この目黒記念出走でヒットくんは連続重賞出走回数が35回になり
  ナイスネイチャを抜いて新記録になる。ここまで頑張ってこれただけでもスゴイことだからね、今はもう勝利を願うって
  ことよりも、とにかく無事に頑張ってくれればそれでいいって気持ちが強いな。」
弟「勝ったら師匠泣いちゃうでしょうね。」
俺「泣いちゃうだろうなぁ・・・また泣かせてくれよ、ヒットくん!!」
弟「ボクも応援しますよ、予想じゃ切っちゃってるけど・・・だこーの分まで頑張ってもらいたいな!!」

俺「とにかくクラレントを抜こう!!」
弟「いい目標があって良かったですね・・・」



弟子予想
◎モンドインテロ
○サラトガスピリット
○カフジプリンス
▲ヴォルシェーブ、アルター、ワンアンドオンリー

三連複◎○から



俺「なかなかイヤラシイ予想をしたものだね・・・」
弟「走ってきたレースと内容、そしてこの枠を考えたらモンドインテロが掲示板に入る可能性が最も高いと思いました。勝ち
  切れない部分も強いから三連複で。基本は内目の枠の馬で組み立てましたね。」
俺「ヒットくんがいない。かなしい。」
弟「予想と応援とは別です、ちゃんと応援しますよ。一番勝ってほしいのはヒットくんなんだけど、どうしても予想上では印を
  打てないんですよ。」
俺「まぁ確かにね、ここまで2ケタ着順を積み重ねてしまったし、外枠に入ってしまっては希望も持ちにくいよ。普通は切る
  だろうな。俺も買い方は抑えてるし、やっぱり今までと見え方は違うもの。」
弟「師匠はそこを踏まえた上で本命打って応援してるんですから。勝てる様になる理屈も見つけてさ。」
俺「しかし意外だな、ダービーでユタカさんを本命にしなかったのならここでラニを狙ってくるかと思ってたんだけど。」

弟「予想と応援とは別なんです・・・」
俺「まずちゃんと走るかどうかだもんな・・・」


弟「目黒記念はノースヒルズの勝負服に注目ですね、色んな意味で。」
俺「俺にとっては大事な思い出のレース、今でも一昨年の目黒記念の映像はよく見るんだ、元気がもらえる。」
弟「あの時みたいになるといいですね。」
俺「9歳のヒットくんにもう一度なんて贅沢は言えないけど、もしできるのなら・・・ダービーよりも夢を見ちゃうレースだね。
  頑張ってほしいな。」
弟「応援しましょう!!だこーもきっと応援してくれてます!!」

俺「クラレントは応援してくれねぇんだろうな…」
弟「その方がヒットくんも燃えると思います!!」



★そして地方ダービーシリーズ開幕 第一戦は佐賀の栄城賞

俺「日本ダービーってことは地方競馬もダービーシーズン。今年はダービーウィークからダービーシリーズと改め、
  6/20までに渡って各地方のダービーが行われるのです。」
弟「おお、それじゃこれまでとレース密度が違うのか。ありがたい。」
俺「昨年まではここから毎日ダービーの予想してたからなぁ、ハズし倒すとやつれちゃうのよね、連日だと。」
弟「どのような開催日程になっているのでしょう。」
俺「こちらをご覧ください。」


ダービーシリーズ2017 特設ページ


弟「なんか多くなってませんか。」
俺「結局殺す気なんです。」



弟「あれ・・・8会場だっけ・・・?」
俺「これまでダービーウィークに組み込まれていなかった高知と、新設された金沢のダービーが仲間入りしました。」
弟「なんてことだ。」
俺「ダービーウィークならぬダービー月間になったのだ、飛び飛びなのも結構ツライものがあるぞ。」
弟「でも連日よりはいいんじゃないの?このスケジュールだと結構予想できそうだよ。」
俺「要するに殺す気なんでしょう。」
弟「当てることをちょっとは考えてください。」

俺「さて、そんなダービーシリーズの初戦はいつも通り佐賀、九州ダービー栄城賞ですね。中島アナの実況でダービー
  シリーズは開幕するんだ。」
弟「3年前だっけ、とんでもない荒れ方したの。」
俺「うん、あの時は絶対的な存在が居なかったからな。そこからの2年は当地の雄が制し、割と平穏な配当になってる。
  多分今年もそこまでの波乱は起きないと思うよ。」
弟「佐賀で無敗のスーパーマックス、この馬が断然の一番人気になるんでしょうね。」
俺「確実にそうなるでしょう、多分勝つと思う。でも、佐賀でこんなに強く映る馬が南関戦ではアッサリ負けてしまっていた
  時は切なくなったものだよ。」
弟「それだけのレベル差があるんだねぇ。」
俺「その南関勢が中央から転厩初戦のキャプテンキングに羽田盃を持っていかれたのだから諸行無常よのう。」
弟「誰なんですか、それは。でも、そういう格差があると解ったとしても、スーパーマックス本命は揺るがないんですね。」
俺「本命は揺るがないけど、勝てる可能性のある馬は居る。前走でスーパーマックスの2着だったビーザライトな。俺は
  この2頭を軸にしよう。」
弟「勝てる可能性があるって、前走1秒差ですよ。結構な着差付けられてるから勝負済みと見ていいんじゃないの?」
俺「それこそこの馬はキャプテンキングみたいなもの。道営でデビューして大井を走り、前走が佐賀転厩初戦なんだ。
  そして大井で走ってた頃の戦績で言えばスーパーマックスと差がない。」
弟「なるほど、でも気になるのが鞍上です。前走は佐賀の重鎮、山口勲騎手でしょ。今回は竹吉騎手になってる。」
俺「そこよね、俺も気になった。山口騎手がハクユウロゼに乗るのは仕方ない、元々こっちの主戦だからね。気になるのは
  この手替わりでビーザライトは大丈夫なのか、騎手レベルはガクンと落ちるのではないかって点だ。」
弟「失礼ではありますが、全くその通りの印象です。」
俺「そこで調べてみた、竹吉騎手はビーザライトを管理する山田厩舎の所属騎手で山口騎手は東厩舎所属だ。ならば
  山田厩舎の馬での山口騎手の成績はどうなのか。」
弟「ふむ。」

俺「結構コロコロ転がってた。」
弟「表現なんとかなんないの。」


俺「佐賀は山口騎手買っておけば当たるって言われるくらい、山口騎手まみれの戦績になる日もある。そんな中にあって
  山田厩舎と山口騎手の相性は決して良いと言えない戦績を残してるんだ。」
弟「なるほど・・・」
俺「竹吉騎手は山口騎手と比べ確かに頼りない印象もある。でも、それこそ3年前の大波乱でブービー人気のテッドを2着に
  連れてきたのが竹吉騎手なんだよ。ここまでは手綱に恵まれなかった感もある、今年はかなりチャンスなんじゃない?
  厩舎的にも勝たせたいって意欲が強いと思うな。」


◎スーパーマックス
◎ビーザライト
▲ロトスキャンダル、オヒナサマ、ハクユウロゼ

三連単◎1,2着→▲3着



俺「3番手候補筆頭は牝馬2頭だとは思うんだけど、侮りがたしはロトスキャンダル。スーパーマックスに打ち負かされて
  意気消沈したような成績が続いていたけど持ち直してきたね、出せるタイムも上がってきたし3着ならば。そしてここも
  昨年同様、真島大輔騎手だからという理由を適用させてもらおう。」
弟「ふーむ、スーパーマックス以外は正直わからない。」
俺「ならば騎手で選ぶといい。佐賀はそれで当てられる。」
弟「わかった。」


弟子予想
◎スーパーマックス
○ハクユウロゼ
○ガブリキック
▲ロトスキャンダル

三連単◎1着→○2,3着→▲3着



弟「ホントだ!!あたりそう!!」
俺「あたりそうだ・・・」



弟「師匠、ありがたうございます。あたりそうです。」
俺「まだ当たってないからね。」
弟「あたるといいな。」
俺「お互い、当ててダービーデイを締めくくりたいものだね。そしてダービーが終わったらこのブログは5周年だよ。」
弟「そういうことになるか・・・」
俺「おめでたく、その日を迎えたいよね。」


弟「毎年こんなコト言ってるけど、結局こんな
  コトを5年もダラダラと続けていたのか…」

俺「5周年って、なんか重いよな…」







※おめでたく5周年を迎えるぞ!!



[ 2017/05/28 00:47 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(3)