桜花賞の予想

★発狂


俺「ジョーストリクトリィィィ!!
  ひしだきゅううううん!!」

弟子「あーあ・・・」



俺「どうして!!どうしてこうなってしまうの!!」
弟「本当に間の悪い・・・」
俺「何故!!よりによって全く予想ができなかったこの土曜日に!!ジョーストリクトリとひしだきゅんが!!」
弟「びっくりですよ。勝っちゃうんだもん。出走することは知ってたんでしょう?」
俺「おおよ!!ジョーストリクトリとマンカストラップが同枠
  だって知ってムラムラしてたさ!!」

弟「なんでこの2頭を同じ枠に入れた、JRA。」

俺「ひしだきゅんのメイソンジュニアも居たのか!!」
弟「えー・・・結局のところ、師匠は馬券を買っていなかったのですね。」
俺「あい。」
弟「うむ。」


NZT 結果
1着 ジョーストリクトリ
2着 メイソンジュニア


俺「ファルコンSの本命対抗じゃねーか!!」
弟「やっぱ師匠はスゴイなぁ。」



俺「ふぐっ・・・馬連で29320円・・・こないだのざくろさんを簡単に抜かせられたのに・・・!!」
弟「金曜は飲み会で予想できず、土曜日はちょっと立て込んでて馬券購入を諦めちゃったんだよね。」
俺「予想やってたら、まず馬連とワイドは買ってたと思います・・・」
弟「うん、そこは納得致しましょう。後出しも何も、師匠はこの馬券を買っていただろうなって理解できます。」
俺「あのね、もしも買っていたら黙ってます。スルーします。あえて言いません。買えなかったから騒いでるのだよ!!」
弟「そういう人です。この人は予想を見せてない馬券は黙ってます。たまにこぼれるけども。」
俺「仕事がうらめしい・・・こんなビッグなネタ馬券を取りこぼしてしまうとは・・・」
弟「師匠、考え方を変えるのです。」
俺「どういうことでしょう?」


弟「師匠が買ってたら、この結果になっていません。」
俺「なるほど。アタマいいな。」



弟「・・・もう、そう思うしかないでしょう。よりによって師匠が買ってない時だからこそ、この結果が生まれたのです。」
俺「競馬の神様はイジワルなんだね。」
弟「このタイミングもまたイジワルですよね。ざくろさんがこのブログの最高オッズを叩き出した直後に、師匠が予想していたら
  選んでいたであろう2頭の馬連でそのオッズを超えてくるという。ならばこう考えてください。」
俺「次はなんだろう。」


弟「おいしいですね。」
俺「おいしいねぇ。」



弟「そう!!結果的に師匠は今、非常においしいんですよ!!やったじゃん!!」
俺「エンターテイナー冥利につきますね!!」
弟「やっぱ持ってるねぇ、師匠!!」
俺「どーだ、スゴイだろう!!」
弟「すごいすごい!!」


俺「納得できるかぁ!!!」
弟「ですよねー・・・」



俺「大体、その理屈通りならば俺は未来永劫ずーっと馬券を当てられないってコトになるだろーが。」
弟「まぁ、今回のはタイミングですね。ドンピシャ過ぎてるんです、いつぞやの折笠騎手と一緒です。」
俺「・・・来週の浦和で頼むぞって言ったら翌日に勝ったんだよな、あれもまたよりによってだよね・・・」
弟「そういう時こそですよ。もう開き直って『楽しんで頂けたかな?』ってノリを貫くべきです。周囲はここぞとばかりに師匠を
  小バカにしてくるでしょう、『それも計算の内さ!!』ぐらいに振る舞えばいいんですよ。」
俺「確かにその方がカッコイイか。うん。」
弟「過ぎたコトなんですよ、もう。でも結果的には何も損はしていないワケです。だから、買ってたらこの結果になってなかった
  と思っておくのが一番。それが今回はおいしいと思っておくのが一番なんですよ。そう思えばお得です。」
俺「デシちゃんはおりこうだな。物は言いようだ。」
弟「さぁ、日曜は桜花賞ですから。土曜日に散々エンターテイナーっぷりを披露しちゃったんです、ここはフザけずに当てて
  しまってよろしいのではないでしょうか。」
俺「よぉし、がんばるぞう。」


★当てにいくから 桜花賞


俺「まずソウルスターリングとアドマイヤミヤビを
  切ろう。」

弟「やめろこのエンターテイナー!!」



俺「俺はいたってマジメだぞ。」
弟「ドコがだ!!」
俺「なんかソウルスターリングの単勝にかなりの大口入ってオッズがおかしなことになってるらしいな。雨馬場の3歳牝馬戦で
  やっていいことじゃないと思うんだけど。」
弟「・・・3000万円とか言ってましたね。」
俺「ハズレちまえよ。」
弟「そういうヒガミ根性を惜しげもなく披露するな。」

俺「そりゃね、強いですよーソウルスターリングは。知ってる知ってる。馬場状態でケチ付けていい馬ではないかもしれない。」
弟「そうですよぉ、師匠だって言ってたでしょ?ソウルスターリング、ファンディーナ、アドマイヤミヤビは皐月賞に出てても
  牡馬を圧倒するんじゃないかって。」
俺「そうは言ってもだよ、やっぱりこの雨による馬場悪化は影響しても不思議じゃないんだよ。土曜の阪神牝馬Sは馬場の
  割にマトモな時計でミッキークイーンが勝利したけど、基本的にはステイゴールド産駒が好きそうな馬場状態だった。」
弟「マンボ姐さん、雨の中でのラストランになっちゃいましたねぇ。」
俺「今までよく頑張ったねぇ。7歳で小牧騎手初騎乗って、ダコールの初重賞やヒットくんの目黒記念と同じだからちょっと期待
  してたんだけどやっぱ厳しかったか。でも最後まで走り抜けました、本当にお疲れ様!!」
弟「まずはゆっくり休んで、次はお母さんとして頑張ってください!!」
俺「桜花賞までに簡単には馬場回復しないだろ。未明まで雨が残って日中ひょっとしたら晴れるかもって予報だし。」
弟「稍重まで戻るかどうかって感じか。ひょっとしたら更に悪くなる可能性もあるんだよなぁ・・・」
俺「良馬場、あるいはそこまで時計に影響しない程度の稍重なら人気2頭でいたしかたない。そういう馬場なら決着が付いて
  いるも同然だ、でも重馬場となると見方を変えてもいいだろう?」
弟「そういう想定であっても、その2頭の強さは変わらないと思うんだけどなぁ。」
俺「確かにソウルスターリングは血統的に見たら馬場に全然問題ないよ。父フランケルはサドラーズウェルズ系、日本でも
  重馬場ならサドラーズ系を狙いたくなる。母方も重厚な血統でスタミナが補われている感じするし。でもフランケル自身が
  馬場悪い時にちょっとパフォーマンス落としてたんだよね。」
弟「つっても無敗なんでしょ、フランケルって。」
俺「・・・まぁ正直、落とし穴を見つけようとするだけ無駄な印象はある。」
弟「ホレ見ろ。」
俺「でも言わせてもらえば、ここは先日の阪神大賞典や、こなれた中央馬が揃ったダートグレード戦よりも波乱があっておかし
  くない舞台に見えるんだよね。もちろん結果はガッチガチかもしれないけど、個人的には遊びをガンガン入れられる。単純
  に3歳牝馬戦ってだけで、そこまで信頼度を高くしていいものなのかなって気はするんだよ。」
弟「まー、かなり人気が偏ってますからねー。しょうがないとも思えるけど。」
俺「人気になるであろう馬のアラ探しも予想には重要なファクターだ。俺は見つけたぞ、ソウルスターリングの最大の不安。」
弟「おぉ、聞かせて頂きましょう。」




ソウルスターリングは危険だ →  




俺「これはあぶない!!」
弟「むりやりだ!!」



俺「いやいや、大事なことです。芝G1勝ってないんです。」
弟「たまたまだろぉが!!」
俺「あくまで重馬場想定ではあるんだけど、アドマイヤミヤビもソウルスターリング意識し過ぎるとマズイ気がするし人気両頭
  共倒れってパターンは鞍上がこの2人だからこそ考えられるものだ。デムルメはワンツーも多いけど、人気上位2頭の時に
  揃って沈むパターンも多いんだよ。ならば2頭共切ってしまおうって判断。」
弟「セットじゃねぇんだから・・・」
俺「じゃあどうするかって?こうするのさ。」


◎レーヌミノル
◎アエロリット



弟「あの、エンターテイナーさん・・・?」
俺「これは当たりそうだねぇ!!」



弟「・・・レーヌミノルってもう、完全に決着ついちゃってるイメージしかないぞ。」
俺「そこがミソ。気性的な問題からか、直線に向くとすぐ先頭に立ちたがるようになってきたこの馬を、果たして誰が警戒するか
  ってハナシなんだよな。今までは潰しに来られる対象だったけど、ここでは人気2頭に注意が集まったら早仕掛けで出し抜き
  可能なのだよ。これを見逃さないのがノリさんのアエロリット。」
弟「ノリさん・・・」
俺「まず馬場悪化を望んじゃってる部分はあるが、この2頭は稍重レベルなら狙っていく。どちらも父、母父共に重い芝が
  好きそうなんだよな。レーヌミノルなんて母父タイキシャトルだもん、誰の為に雨が降ったというならこの馬の為だぞ。」
弟「全体的にハイレベルですし、確かにこの2頭も強いとは思いますけど・・・」
俺「ソウルスターリングのパフォーマンスは確かにスゴイ。でも未だに気性的な危うさはあると思えちゃうんだよな。噂話の
  域を脱しない話だけどルメール騎手、オークスはアドマイヤミヤビの方に乗りたいとかワガママ言ったって。」
弟「ひでぇ・・・」
俺「ソースは東スポ。」
弟「噂話の域を脱しない話だ。」

俺「要するに、コレが噂話でないとするならば距離に難がある。それは多分、スタミナ面より気性なんじゃないかなと判断する。
  もしも慣れない緩い馬場で気が悪い面を出してしまい、尚且つ走りが馬場に合わなかったら・・・仮定ではあるけど、まだ
  そういうイメージをしてしまってもいい段階にあるのが春の3歳牝馬戦なんだよ。」
弟「ダイナミックな仮説を作られましたね。」


◎レーヌミノル
◎アエロリット
▲カラクレナイ
△馬場次第で考える

三連複◎2頭から 馬連ワイド◎同士



俺「阪神は9~11Rと芝レースが続くだろ。ここは参考にすべきだ、それ次第ではやっぱり人気2頭に逆らえなくなるかも。」
弟「きたねぇなぁ。最初に切るって言ったじゃん。」

俺「最終的には『妙味クソ食らえ』って言ってるかもしれない。」
弟「だからそれ言っちゃダメなんだってば!!」


俺「カラクレナイは馬体があまりシュッとしてないんだよね。だからパンとした馬場よりも多少パワーを要するくらいが合って
  いそう。まずこの3頭は抑えることにしよう、あとは当日。重い馬場ならゴールドケープも面白そう。」
弟「ソウルスターリングもアドマイヤミヤビも結局買うかもしれないワケだ。」
俺「レースとして面白いのは2強対決なんだけど、ちょっとヒネくれてみたかったのだ。でもどっちにしろ1,2番人気のデムルメ
  ワンツーってのはなかなか無いパターンにも思えるぞ。それがあるとしたら勝ってるのがデムーロ騎手っぽい。」
弟「うわ、それなんか解る。ありがちなヤツだ。でもボクはソウルスターリングを信じてるのでねぇ・・・」


弟子予想
◎ソウルスターリング
○アドマイヤミヤビ
▲ライジングリーズン
▲リスグラシュー
▲ミスパンテール

三連単◎→○→▲ ◎→▲→○



弟「どうしてもこの2頭が強いと思えます。マイルであることを考えたら、せいぜいアドマイヤミヤビが取りこぼしの3着になる
  くらいなのかなぁって。」
俺「この距離ならばソウルスターリング信頼と。」
弟「まず勝ち方がスゴイもの、こうなったらバケモノであってほしいですよ。マイルの桜花賞でつまずくワケにはいきません。」
俺「同じフランケル産駒のミスエルテは?」
弟「最内引いちゃったのがちょっと・・・いっそのことスタート悪くなっちゃった方が位置が良くなるんじゃないかとか考えちゃう
  時点で予想からはハズしちゃいました。」
俺「おいおい、クールイズビューティーをバカにしてんのか?」
弟「だからそういうコト言うと自滅するハメになるんだって!!」

俺「まぁ、まずは春のクラシック開幕ってことでね。俺の予想はアレですけど面白い春になればいいなって思います。」
弟「始まりましたねぇ、中央クラシック戦!!」


俺「とりあえず俺は、あの3000万が砕け散れば、
  桜花賞はそれで満足なんですけどね。」

弟「最低だよね、コイツ。」




★おまけ


俺「グランドナショナルがありますよ。」
弟「全人馬無事をひたすら祈る時間です!!」




管理人本命 

THE last samuri

やっぱり前に応援してた馬がもう一度出てくるだけでウレシイものです。



弟子本命

サンダーアンドローゼス

名前かっこいい!!名前かっこいいから強いよ!!





※25:15スタートです(もう時間無いじゃん)



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/09 00:55 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(5)

大阪杯の予想

弟子「んふー♥んふふー♥」


俺「ダコールが引退した後はちょっと元気無かったけど、また大好きになれる馬ができて良かったねぇ。」


弟「んーふ♥」


俺「・・・それにしてもお前は本当にこういう顔の馬が好きだよね。」


弟「かわいいのです♥」


俺「デシちゃんは今、ネットでロジチャリスの画像を愛でております。」
弟「かわいいし馬券も当てさせてくれました♥ なんていい子なロジチャリス♥」


ダービー卿CT 結果
1着 ロジチャリス → 俺○弟子◎
2着 キャンベルジュニア → 俺切った 弟子○
3着 グランシルク → 俺&弟子▲

弟子 馬連&三連複HIT♥
馬連配当2070円 三連複配当2100円





俺「・・・5着まで予想できてたな、今回。」
弟「一番安い組み合わせにはなってしまいましたが仕方ありません。ロジチャリスが勝ってボクもウレシイ!!」
俺「というわけでデシちゃんは以前からロジチャリスが大好きでしたが、このダービー卿CTでより一層好きになれた様です。
  ロジチャリスとメイクアップのお顔が好きなんだよね?」
弟「メイクアップもかわいいね♥」


俺「かわいいっつーか・・・イビツだと思うんだけど・・・」
弟「かわいいのです!!!」



俺「・・・まぁ、そういうわけで。もしも現地写真なんか撮影されてる方で、この2頭を撮られた方などいらっしゃったら弟子に
  くれてやってくれませんか。」
弟「ほしい♥」

俺「多分おもらしして喜びますので。」
弟「おもらしません。」


俺「しかし稍重馬場ではあったけどキレイに勝ったね、やっぱ内側から先行すると強いな。」
弟「正直に言っちゃうと、もっと強い馬が相手になるであろうレースでも馬場と枠の恩恵がないとキビしいかな・・・って見栄え
  ではありますね。」
俺「素直な印象だね、確かにそういうレースだと思うよ。ペースも落ち着いてたし。でも、そういう部分を味方にできればもっと
  強い相手になってもイケそうとも言える。安田記念に向かうのかな。」
弟「いきなりG1の話になるとドキドキしてしまいます。」
俺「短距離路線はスプリントもマイルも混迷だろ。ほぼグレーターロンドン次第だよ、もしもグレーターロンドンが本番に出な
  かったら、あるいは本番で負けたならって考えると、割とどんな馬でも勝者として想像できるよ。」
弟「確かにそれはあるな・・・」
俺「今のマイルは出走できるだけで可能性が持てちゃう舞台、ロジチャリスは安田記念に出走できる可能性を大きくする賞金
  加算ができた。逆にグレーターロンドンは登録次第で除外の可能性が大きくなってしまった。この差がデカイんだよな。」
弟「いつぞやのビッグアーサーみたいな状況になるかもしれないんですね。」
俺「グレーターロンドンはディープ産駒だけど、生産者も所有者も・・・」
弟「しぃー。師匠しぃー。」


冷めてるシャダイさん


俺「なんか見てるよぉ・・・」
弟「目を合わせちゃダメですよ、ヤラれますよ・・・」




★シャダイさんは気にするな G1格上げの大阪杯です

俺「G1になっての立ち位置が微妙とは言いつつ、結構豪華なメンツになったらなったで楽しくなってしまうのが競馬ファンの
  悲しいトコロ。面白そうなメンツのレースになったな。」
弟「だからその分、ドバイ組が案外だったとも思えるのですが・・・ヴィブロスは勝ったけど、日本代表と言うにはちょっとまだ
  信用しきれない部分が大きかったじゃないですか。」
俺「分散っつーより大阪杯に寄っちゃったよね。それはなんとなくイメージしてた通りになっちゃった部分かな。」
弟「まず年度代表馬がここに出てきちゃいましたからね。キタサンブラックとユタカさん、本年度初戦です!!」
俺「もうナメたこと言えなくなってきたな、キタサンブラック。」
弟「サトノダイヤモンドが順調な滑り出しをキメた後で、はずかしいレースはできないでしょう。ゴールドアクターは日経賞で
  案外なレースをしてしまいましたが・・・」
俺「大阪杯は2000m戦だから、ジャパンカップや有馬記念とはペースが変わってくる。一応、キタサンブラック自身も阪神では
  勝利してないし、疑う余地は充分なのよね。」
弟「ナメたこと言えないとか言っておいて、結局疑うんじゃないか・・・まぁボクとしては好都合ですけどね!!」

俺「デシちゃんの本命のユタカさんかぁ・・・」
弟「それ本当にヤメてください!!」


俺「そうは言っても、という話ですよ。一番の不安要素はお前の本命。」
弟「この野郎・・・!!」
俺「この出馬表を見てごらん。やっぱり芝の中距離らしい血統馬が揃ってるんだよ、14頭中ディープ産駒が5頭、キングカメ
  ハメハ産駒が4頭、この錚々たる良血軍団相手に戦う姿はかっこいいし応援したくなるって。」
弟「そうですね、血統的な渋さは相当なものがあります。」
俺「このディープ軍団、キンカメ軍団を従えて、速さの求められる中距離で堂々と勝利するところを見たいのさ。」
弟「うう・・・結局師匠もキタサンブラック本命ってコトなのか・・・」


俺「マルターズアポジーが!!」
弟「!!!!!!!!!!」



冷めてるシャダイさん


弟「・・・何言ってんの、この子って顔してますよ。」
俺「顔じゃない、おめめだ。」
弟「そ、そうじゃなくてですねぇ・・・マルターズアポジーですか!?」
俺「そう、マルターズアポジーだ。この馬の中距離の速力は本物だと思う。日曜は多分良馬場に回復するだろう、簡単には
  止まらないハズだ。」
弟「確かにここのところ好調ですよ、でも勝ってるのはあくまでローカル重賞なんですよ?阪神を走るのも初めてだし・・・」
俺「それこそこの馬は当初、ダービー卿CTと大阪杯を両睨みしてたんだよね。この馬を管理する堀井厩舎はざくろさん風
  言わせてもらえば内弁慶、関東かローカルでしかロクに馬を走らせない厩舎だ。関西遠征自体が珍しすぎる。」
弟「つまり、そこを強気と捉えたってコト・・・?」
俺「だからと言って、それだけでは強気になれないよ。むしろ不安でしかない。人によってはキタサンブラックのペースを作る
  役割の為だけに関西遠征してきたんじゃないかって見方もしてるし、ある意味それも納得できる。そもそもこの馬に逃げ
  残りを望むのは安易でもある、成績が両極端だからな。」
弟「ふむ、ならば何故この馬を本命に?」

俺「日曜は『鉄血のオルフェンズ』の最終回なんだよ。」
弟「どうしていきなり変なごまかし方したの!?」


俺「寂しいじゃないか、毎週の楽しみだったのだよ。」
弟「もうついていけない・・・」
俺「まぁ、最終回が近づくにつれ、今まで広げたフラグの回収が
  やたら雑になったという声をよく聞くけども・・・」

弟「この話、ちゃんと大阪杯に戻ってくるの!?」

俺「途中の盛り上がりが良かったから余計にそう言われちゃうんです。果たしてどんな最終回になるのだろう・・・」
弟「あの・・・」
俺「この流れで鉄華団のハッピーエンドは無いよねぇ、難しいでしょう?そう思うだろう、デシちゃん。」
弟「あの、師匠。読んで下さってる競馬好きの方々がポカンとしていますよ。ボクには解る。」


俺「鉄血のオルフェンズというのはだねぇ、」
弟「説明しなくていいよ!!」



俺「ガンダムっすよ、ガンダム。最新のガンダムっす。」
弟「そうです、ガンダムです!!そしてボクらは今まで大阪杯の予想をしていたハズです、何故ガンダムになった!?」
俺「俺はサイン予想ってのが正直好きではないのだが・・・実はその、鉄血のオルフェンズの最終回の日というのがキモに
  なるのだ。」
弟「サイン予想なの!?」


俺「まず、マルターズアポジーと武士沢騎手は
  鉄血ファンなんですね。」

弟「こんな師匠らしい師匠、久々ですよ!!」



俺「鉄血のオルフェンズは2015年10月から2016年3月にかけて1期が放送され、2016年10月から2期が放送されてます。その
  間にこのコンビがテレビ放送のある日曜に走ると有馬記念以外は勝利しているんですよ。土曜日だと負けます。」
弟「どういうデータを収集してるんだよぉ・・・!!」
俺「さすがに有馬記念は距離が長かったかな、でも4角までは先頭守ってたからね。」
弟「あまりにも屁理屈が過ぎているとしか思えないんですけど!?」
俺「そしていよいよ最終回の日、マルターズアポジー&武士沢騎手が大阪杯に挑むのです!!」
弟「うう・・・頭が悪くなってきそうだ・・・」
俺「でも、何故マルターズアポジーが鉄血放送日に強いのか?実はそこに理由があるのです。デシちゃん、鉄血では毎回の
  予告を各キャラが入れ替わりでやってますよね。最終回の予告は誰がやってましたか?」
弟「・・・クーデリアさんです。」
俺「そう、とってもおキレイなクーちゃんです!!そしてクーちゃんは鉄血において非常に重要なキャラ、だからこそ最終回の
  予告をやっているのですね。」
弟「何の話をしているのか解らなくなってきました・・・」
俺「そんなクーちゃんとマルターズアポジーがねぇ、まさかねぇ・・・」



繋がったぞ →  



俺「我ながらスバラシイ発見ですよ!!」
弟「繋がってねぇよ!!」



俺「しかも最終回のカギは鉄華団が逃げられるかどうか、どれだけ生き残れるかという部分。彼らの命運はマルターズ
  アポジーの逃げにかかっているのだ、そしてマルターズアポジーは逃げ切っちゃうんですよ!!」
弟「最早サインと言うにも強引過ぎるぞ、コレ・・・そうなったら武士沢騎手はどうなるのさ?何か関係あんの?」
俺「武士沢と三日月って、漢字三文字でそっくりだよね。」
弟「漢字三文字ってだけでそっくりって言う人、初めて見たよ。」



◎マルターズアポジー
○キタサンブラック
▲ミッキーロケット
▲ヤマカツエース

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から 馬単◎→○ 馬連◎○ 単◎



弟「なんだよ、この買い方・・・!!」
俺「キタサンブラックにとって有馬記念のマルターズアポジーはペースメーカーみたいなものだったけど、ここでも簡単に交わ
  せると思ってくれていれば、ロードヴァンドールも含めて無理には追わないだろう。後続の視線はキタサンブラックに集中
  して更に前を行く馬への警戒は薄れる。でもロードヴァンドールは少々足りない気がするね。」
弟「前が残ると言ってもキタサンブラックがマルターズアポジーを捕まえられないとか・・・」
俺「普通に強いんだよ、マルターズアポジーが。割とマジメに武士沢騎手の初G1のチャンスだと思う。」
弟「しかもマカヒキサトノクラウン切ってるし。」
俺「京都記念組で見直したいのは出遅れたミッキーロケットの方。和田騎手も最内枠でもう同じ後手を踏むわけにはいかない
  だろう。神戸新聞杯でサトノダイヤモンドに迫ったことを考えたら阪神良馬場ならこっちだ。大体なんでマカヒキにルメール
  騎手をまた乗せてるんだ、一番複雑なコンビじゃないか。」
弟「乗り替わってハナ差でダービー持っていかれて、凱旋門賞では大敗したコンビか・・・」
俺「G2の大阪杯ならまだしも、G1の大阪杯で輝くとは思えない相性の悪さがあると思ってさー。」
弟「フランスでは2戦のスパンの短さが原因と言われてました。キタサンブラックに対しての脅威はこの馬だと思うよ。」


弟子予想
◎キタサンブラック
○マカヒキ
▲ステファノス
▲サトノクラウン
▲アンビシャス

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から



弟「大阪杯というレースはディープ産駒がやたら強いんです。ステファノスアンビシャスも強豪と戦い合った経験者、ここ
  ならば初G1も夢じゃないハズ。でも基本はユタカさんの押し切り勝ちを想定します。」
俺「三連複を抑える辺りが弱気に見えるんだが・・・」
弟「やっぱりここまでの成績を積み重ねていても、キタサンブラックで2000mってのはちょっと不安なんだよね。どうしても速力
  という部分でこういう距離が庭の馬に分がある様な気がして。」
俺「本命対抗は人気通りっぽいね、波乱は起こりにくいと踏むか。」
弟「あ、師匠!!大変なことに気付いてしまいました!!」
俺「どうした、デシちゃん!!」

弟「マカヒキとミカヅキってそっくりじゃないですか!?」
俺「鉄血最終回どうなるんだろ・・・」








※本当にどうまとめるんだろ・・・


↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/02 01:58 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(9)

ダービー卿CTの予想

★この時期はよくあること

俺「急なんだよ、いきなり呼ばれるんだもん。」
弟子「だからといって律儀に行っちゃうんだもん、断りなさいよ。」
俺「それもどうかと思うんだよね。」
弟「送別会ねぇ・・・でもなんで前もって言ってくれないんだろうね。」
俺「前もって解らなかったからかな?」
弟「どういう状態だ、それは・・・」


俺「急な強制解雇とか。」
弟「そんな人の送別会はしません。」



俺「一次会を社内の人間同士でやった後の二次会から呼ばれるんだよ、それで呼んだら来るかな?ってノリで向こうが連絡
  してくるんだろ。」
弟「だから、なんでそれでヒョイヒョイ出掛けちゃうのかと言ってるんです。そもそもねぇ、こないだの送別会に関しては謎なん
  ですよ。本当に何故行ったのか解らないよ。」
俺「まったく知らねぇヤツの送別会に行ってきたんだぜ。」
弟「呼ばれる理由も行く理由も解らないよ。」

俺「誰だアレは。」
弟「行ってその場でソレを聞く人なんて居ませんよ。」
俺「行く前に聞いたんだよ、『誰の送別会?』って。そしたら『来ればわかるよ』って言われてさ。行ったら知らない人だった。」
弟「ここからが更にヒドイのです。」

俺「呼んだヤツに『誰?』って聞いたら『さぁ』って言われた。」
弟「お前ら何しにいったんだよ。」


俺「俺とは全く関係ない部署の方で。俺を呼んだヤツとは仲がいいんだけど、ソイツも彼とはほとんど面識なくて。」
弟「要は社内行事だったんでしょー、あそこも結構大きいから、そういうことがあってもおかしくない。」
俺「それで、アイツがとりあえず誰か二次会に知り合い呼んじゃえってノリで俺に連絡してきたんだな。」
弟「ハタ迷惑な方です・・・」
俺「でもアイツ結構エライんだよ。」
弟「だから当人とあまり関係ない部署の方の送別会にも顔を出してたんでしょ。師匠は全然関係ないじゃん。」


俺「辞める方と名刺交換してきたよ。」
弟「何の役に立つんだ。」



俺「まぁ、そういう時期ですからね。呼ばれたら顔を出せる時なら出しておくのが吉。」
弟「そうは言ってもムチャクチャなのです。付き合いが良すぎるのも困りモノですよ。」
俺「チッチッチ・・・解ってないなぁ、デシちゃんさんは。こういう時に顔を出しておくことで、次に繋がるんですよ。」
弟「次も何も辞められる方と繋がっても次にはならないでしょうが。」
俺「ここで狙うのはお仕事じゃないのだ。」
弟「違うの?」
俺「知らねぇ人の送別会に無理矢理呼ばれて参加したんですよ。ぶっちゃけ行きたくないですよ、そんなもん。」
弟「うん、行く理由もないです。」


俺「そこまでしたんだから、『新人歓迎会にも必ず
  呼べ』って釘を刺しやすくなるでしょう。」




成人式



弟「この人を?」
俺「よぶのです。」




★エイプリルフールです ダービー卿CT

俺「エイプリルフールですよ。」
弟「師匠の大嫌いな、面倒くさいウソが多発する日です。」

俺「もういいよ、俺もウソつくよ。」
弟「なんでそうなるんだよ!?」


俺「ハイハイ、ウソついていい日だそうです。皆さんもウソをついてみてはいかがでしょうか。楽しいみたいですよ。」
弟「・・・相当、毎年面倒な思いをされている様で。」
俺「面倒なんだよ。誰だよ、こんなつまんねぇ儀式を定着させたバカは。新年度早々なんでバカになんなきゃいけないんだ。」
弟「辛辣だなぁ・・・」
俺「でも減ったよ、俺に対するエイプリルフールのウソメール。」
弟「それはおめでたいじゃないですか。」
俺「実際に顔合わた時に舌打ちしまくってたら減ったよ。」
弟「ウソどころか付き合いも減りそうなんですが。」

俺「ウソがめんどくさい方はお試しあれ。」
弟「・・・さっきご自分もウソをついてやるみたいなコトを言ってましたが。」
俺「おお、そうだ。ウソをつきましょう。」
弟「ウソをつくって言いながらウソ言ったら、全く意味が無い気がしますけど。」



ウソです →  



俺「コレでどうだ。」
弟「そこでウソを言うのか・・・」



俺「ウソなのでご安心ください。」
弟「んなもん言われなくても解ります。」
俺「でもコレでアクセス伸びたら、あのページ見てるヤツらは
  相当なバカばっかりだということになるよね。」

弟「そういう発想をするんじゃありません!!」

俺「ウソなのにね!!」
弟「せめて予想はウソのないものにしてくださいよね、ただでさえここ最近の予想で怪しいコトばっかりしてるんだから・・・」

俺「予想でウソついて後出しで当てたって言い
  張るとか、無様にも程があるんじゃないか?」

弟「自分の胸に色々聞いてみろよ!!」


俺「ウソは所詮ウソですからね、何より自分が虚しくなるようなウソはついちゃいけないのである。」
弟「さっきのウソは相当虚しいと思います・・・」
俺「さて!!予想はマジメにやりますよ、そうそう何度もウソついてばかりいられないからね。土曜中山のダービー卿CTで
  ございます。」
弟「本当にちゃんとやってよね。」
俺「俺が今までに不真面目な予想をしたことがあるかい?」
弟「もう・・・なんか、もういいです・・・」

俺「では予想していきましょう。中山の芝マイル戦で、当初の予定ではここにグレーターロンドンってバケモンが出走する
  ハズだったんだけど回避になっちゃったんだよね。出てきたら抜けた一番人気になってただろう。」
弟「この馬のレースはデタラメだって師匠言ってたもんね。」
俺「本当に蹄葉炎だったのかってくらい強い勝ち方するんだよ。安田記念に直行するらしいけど賞金大丈夫なのかなぁ。」
弟「注目の一頭の回避は残念ですけど、そのせいもあって大混戦な感じがしますね。」
俺「おまけに雨だし、ハンデだって影響してくる。近走実績を見るか、血統を重視するか、ハンデで選ぶか、コース適性を
  考えるか。予想要素が広がる一戦になったね。」
弟「中山で渋った馬場想定だからかステイゴールド産駒が人気になってきそうですね。グランシルクとか。」
俺「タイプの違うステイゴールド産駒2頭、追い込みのグランシルクに逃げ先行のマイネルアウラートね。確かに中山マイル
  での実績もあるし、血統的に雨馬場にも対応できそうだ。」
弟「抜きんでた存在ではないかもしれないけど、やっぱり抑えたくはなるね。」
俺「そうは言ってもこの2頭、良馬場でしか勝ってないのよ。特にマイネルアウラートの方は馬場が渋ると良くないって印象
  すらある。予想に残すならグランシルクかな。」
弟「混戦の中で人気にはなりそうだけど切れない一頭になるか。まぁしょうがないですよね。」
俺「混戦にはなりそうだけど極端な荒れ方はしなさそうに見えるよ。人気も割れるだろうけど、単勝で言えば20倍台未満の馬
  同士で決着するんじゃないかな?穴馬が極端すぎる感じ。」
弟「それ、充分波乱になってると思いますよ・・・」
俺「三連単配当が100万とかにはならないと思うよ。三連単当て
  ても俺の累計回収率は4700%にはならないと思うよ。」

弟「一度でも当ててからそういうことは言ってください。」

俺「こういうレースで狙いたいのはやっぱり連複系、無理して連単系にする必要もないでしょう。そうなると軸にしたいのは
  勝つ馬というよりも連に来そうな馬になる。」
弟「ってことは、ちょっと人気薄なタイプを狙ってそうですね。」
俺「うん、近走は全然だけど血統一発でダンツプリウス。ブライアンズタイム産駒は状況的に狙いたくなるし、中山マイルも
  得意としているコースだ。前走の負け方は悪いけど見直す手で考える。」


◎ダンツプリウス
○ロジチャリス
▲グランシルク
▲ロイカバード

三連複◎○から 馬連◎から



俺「相手は絞ってこの3頭、ロジチャリスは内側の枠に入れたらインを先行できるハズ。内2頭も邪魔にならなそうで展開は
  向くんじゃないかな、対抗筆頭だ。」
弟「キャンベルジュニアを選んでないんですね。」
俺「強いと思うよ、キャンベルジュニア。でもこの馬も良馬場の方がいいと思うんだよなぁ、気性も難しい部分ありそうだし、
  馬場が合わないってだけで競馬しなくなりそう。」
弟「そしてまたノリさんがいらっしゃるのですが・・・前走ポツンのロイカバード、大丈夫なんですかね?」
俺「ああ、勝つ番だ。」
弟「シレっと言われるとすっげぇ腹立つ。」



弟子予想
◎ロジチャリス
○キャンベルジュニア
▲グランシルク
▲ダイワリベラル
▲マイネルアウラート

三連複◎○から 馬連◎から



弟「マイネルアウラートとダイワリベラルの出方次第って部分もありますけど前の方が残ると見ますね。ロジチャリスの見解に
  関しては師匠とほぼ一緒、この枠なら内側で先行してくれるでしょう。」
俺「へぇ、ロジチャリスを軸にしたか。」
弟「いいですか、師匠。」
俺「なんでしょう。」

弟「何より、ロジチャリスのお顔は非常にかわいいのです♥」
俺「こういう顔の馬、好きだっけな・・・」


弟「やはりメイクアップとロジチャリスのお顔はいいものです、ああいう流星ダイスキ♥」
俺「・・・ああいうの、かわいいって言っていいのかな?」
弟「かわいいじゃないですか!!スバラシイとも言えるでしょう、芸術ですよ!!」
俺「そういえば、前にこういう話をした時にお前、ハート型の流星に果てしない媚びを感じるとか言ってたけどさ。それなら
  サトノダイヤモンドのダイヤ型はどうなるの?」


弟「正直出来過ぎで好きじゃないですね。」
俺「要するに整ってない顔が好きなんだろ。」






※俺もおもしろい顔だとは思うけど(ごめんねロジチャリス)



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/01 01:58 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(4)

ざくろさんの予想コーナー

ハイ、こんにちは!! 管理人のTILTOWAITです!!

みんなは土曜の競馬はどうだったかな?


アタイは爆穴大てキビヘヴェオッ(ブシャッ)
(3/25 午前2時に書いております)



・・・あー


というわけで!!今日の深夜はドバイミーティングー!!イエーイ!!

なんですが・・・まぁ、毎日見てくれてる方はご存知でしょうけど、今日は仕事関係の飲み会でして・・・

うう、予想したかったなぁ・・・


でも!!私たちにはこのお方がおりますよね!!



zakuro.jpg



そう!!ざくろさんです!!


本日は我々の代打として、あのざくろさんが予想をしてくれるんですよ!!本当にありがたうございます!!

ざくろさん、ドバイも日曜も全勝目指してがんばってね!!


では、ざくろさんのコメント予想ラインナップです♥


・ざくろさんのドバイターフ予想
・ざくろさんのドバイシーマクラシック予想
・ざくろさんのドバイワールドカップ予想
・ざくろさんのマーチS予想
・ざくろさんの高松宮記念予想
・ざくろさんの大相撲春場所予想
・ざくろさんの選抜高校野球予想
・ざくろさんの天気予報
・ざくろさんの株価予想
・ざくろさんの森友学園問題考察
・ざくろさんのお料理教室
・ざくろさんの歌謡ショー
・ざくろさんのストリップショー
・ざくろさんをさがせ

etc・・・



なんて豪華なのでしょう!!
こんなにやってくれるなんて!!



その他にも読者さんとのふれあいコーナーとして、


『ざくろさんへの質問』
『ざくろさんへの要望』



も、受け付けてくれるそうですよ!!なんておやさしい!!


ではざくろさん、



張り切って本日一日、
よろしくお願いいたします♥





[ 2017/03/25 17:00 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(36)

毎日杯と日経賞の予想

俺「ドバイかぁ~・・・」
弟子「いいなぁ~・・・」



※当ブログ管理人はドバイ予想及び日曜予想はできません、ざくろさんにお願いしてあります


俺「でも、なんとか見れるようにしたいですねぇ~・・・」
弟「ターフから後はなんとかなりそうじゃないですか?」
俺「そうなの!!」
弟「朗報というか・・・」

俺「酔うとめんどくせぇヤツがインフルでブッ倒れたの!!」
弟「あまりにも直球過ぎてフォローできねぇ。」


俺「アイツがブッ倒れたのは大きいよ!!大体アイツが飲み会を長引かせるんだから!!」
弟「喜んでいいものなのかどうかってトコではありますけどね・・・」
俺「今日に関しては朗報でしょう!!」
弟「今日に関してはね。」


俺「月曜のことは考えるな!!」
弟「責任者でしょ、あの人・・・」



俺「アイツが月曜までにインフルを治せばいいんだ。」
弟「無理があると思う。」
俺「ちなみにもう資料関係は届いております。アイツの不在を想定したお仕事内容ですね。」
弟「それならば安心です。」
俺「中身を見て吐血する勢いです!!」
弟「やっぱり負担が丸ごと来たか・・・」

俺「・・・詳しくは言えないけどさ、俺はサポートで入ってるのね。そこのメインをいきなり頼まれましても!!」
弟「師匠は頼りになるなぁ。」
俺「まぁ、いつもやってるお仕事だからなんとかなるし、こういうのも初めてじゃないんだけどさ。問題があるの。」
弟「問題がありますね、かなりの大問題です。」

俺「えらいひとがくるの!!アイツ逃げたんじゃねぇの!?」
弟「本音が出ちゃってるよ。」


俺「えらいひとはこわいじゃないか!!だってえらいんだぞ!!」
弟「・・・なんとなくニュアンスで察してあげてください。えらいひとが来るんです、大変なんです。」
俺「しかもこのタイミングで!!」
弟「・・・責任者やるハズだった人がインフルでブッ倒れた時に、よりによってですよね。」
俺「そこじゃないよ!!」
弟「あれ、違った?」


俺「選挙結果次第でえらいひとのテンションが」
弟「それ以上はアウトだ。」



俺「アイツは何か察しやがったんだ、アイツはそういうトコで鼻が利くヤツなんだ!!」
弟「そっか、関係してくるか、日曜の選挙・・・」
俺「面倒な方向の結果になると感じたアイツは、大好きな飲み会を蹴ってまでインフルになったんじゃねぇの!?」
弟「深読みし過ぎなのでは・・・」

俺「えらいことになったえらいひとの相手はイヤだぞ!!」
弟「もうやめよう、色々勘ぐられちゃうぞ。」


俺「せめて週末は何もかも忘れたい・・・現実逃避したい・・・」
弟「ドバイ予想はレース時間に戻って来れたら、日曜重賞はブログではなくツイッターでやることになるでしょう。ここでの
  予想はざくろさんのコメント欄予想をお送り致しますのでお楽しみに。」


俺「いいなぁ、ざくろさんは!!」
弟「うらやましいなぁ!!」



★でも今週は土曜も面白いね まず混戦3歳牡馬の毎日杯です

俺「こないだファンディーナが凄い勝ち方をして、この馬なら皐月賞でいいんじゃねーのなんて話をしたけどさ。ある意味、
  皐月賞のトライアルではないけどこのレースが一番面白そうに思える。」
弟「小頭数だけど結構濃いメンツですね。今年の毎日杯は。」
俺「面白いねー、経験豊富な馬と、実績不足だけど可能性のありそうな馬を絞って出した様なメンツで。」
弟「皐月賞に向けての最後の切符、出られればどんな馬でもチャンスありそうなだけに、伏兵も燃えるでしょうね。」
俺「で、人気になりそうなのがきさらぎ賞では重馬場に泣いた印象のサトノアーサー、シンザン記念では重馬場と不利の
  ダブルパンチを食らったアルアイン、良血クリアザトラックのディープ産駒3頭かな。」
弟「土曜は良馬場をキープできそうですからねぇ。でも、うーん・・・どこまで信じればいいものか・・・」
俺「小頭数なだけにペース落としたらスローから団子状態の瞬発力勝負になるだろう、そうなったらこの3頭は絡んでくると
  考えていい。で、先行する中にトラストが居るとなると簡単な前残りにもならないだろうな。警戒されるだろうし。」
弟「あら、師匠はトラスト本命じゃないんですか?」


俺「だってトラストよりコスモスの方が強いんだろ。
  つくし特別3着のコスモスの方が。」

弟「総帥、コイツです。」



俺「・・・びっくりしますわ。なんかそんな気はしなくもなかったけど。」
弟「コスモス、普通に負けてましたね・・・」
俺「いや、でもトラスト本命なんだよ。確かにキレ負けしそうだけど、この馬は見てて楽しいし成長力もありそうだ。トラストと
  コスモスのデビュー戦を見比べても、単純に最初から強そうだなって思えたのはトラストの方だし。」
弟「トラストがお好きなのですね♥」
俺「そもそも、なんで総帥は『コスモスの方を英ダービーに出す』なんて言い出したのか。しかもトラストが札幌2歳Sを勝った
  直後に言ったんだぞ。この時、コスモスはまだ未出走だったろ。」
弟「アレは結構引きました、せっかくトラストが勝ったというのに何を言い出すのかと・・・」
俺「まぁ、後付けではあるんだけどさ。要はトラストをやっぱり国内で走らせたいっていう口実なんじゃないのかな?」
弟「ふむ。」
俺「ね。」


弟「最初から言うなよ。」
俺「総帥に厳しいデシちゃん。」



弟「師匠だって総帥をオモチャにしてるじゃないか。ボクは華代子さんをしょんぼりさせたあの件を忘れてないのだ。」
俺「結局のところ全ての発言がパフォーマンスなんだよな、もうちょい責任持って言葉を選んでほしいところではあるけど。」
弟「そうです!!」
俺「でも俺としては元々トラストを高評価してるワケで。まだ完成途上だと思うけど、この血統で並みいる良血を抑え込む
  様を見てみたいとも思ってるし。」
弟「さっきの展開の話はどうなるんです?」
俺「そこまで解っててスローに落とすまいとしそうな馬が逃げようとするだろう、テイエムヒッタマゲが直線勝負しようとする
  ワケがないじゃないか。タメて逃げてどうにかなる馬じゃないぞ。」
弟「確かにね、まず逃げられるかどうかが怪しいもんなぁ。」

俺「それにトラストがケンカを売ります。」
弟「ダメじゃないか・・・」


俺「なんか鞍上が丹内騎手ってだけでナメてもらえそうな気がするんだよな、そうなると結構いいペースで逃げれるんじゃない
  のかと思ってさ。テイエムヒッタマゲと逃げたら尚更警戒薄くなるでしょ。」
弟「トラストって結構気難しそうな馬じゃないですか、かかる癖もあるし。ここで柴田大知騎手から手替わりってどうなの?」
俺「丹内はたんないなんて言われる丹内騎手ではあるが、ここでこそって部分でもあるんだよ。面白い特徴がある。総帥の
  お抱え騎手ではあるが主戦ってイメージは薄いよね。柴田大知騎手か松岡騎手の方が格上っぽく見えるっしょ。」
弟「失礼ではありますが、正直そういう印象は否めませんね・・・」
俺「確かにここまでJRA重賞は2勝しかしていない。でも、こういう印象は結構強いんだよ。」



丹内騎手って →  



弟「なんかいやらしいなぁ!!」
俺「結構当てはまるぞ、勝ち鞍見ると。」



◎トラスト
○クリアザトラック
▲サトノアーサー
▲プラチナムバレット

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から



俺「前に行く馬が簡単には止まらないタイプだと思うんだ、特にトラストとクリアザトラックとプラチナムバレットは簡単に差せ
  ない脚を持ってると思う。そこにサトノアーサーがどういうタイミングで仕掛けてくるかがポイントなんじゃないかな。」
弟「サトノアーサーは前走で実力があるって見せてくれたと思いますよ。負けはしたけど最後はしっかり伸びてる。」
俺「あのレースも小頭数だったし、同じ様にどっしり構え過ぎて逃げを許すなんてことはしないだろうな。そこが逆に怖くもある
  気がする、先行馬の流れで脚を早く使い過ぎると案外・・・ってパターンもあると思うんだよねぇ。」
弟「過信は禁物ってタイプかもしれませんが・・・」


弟子予想
◎サトノアーサー
○クリアザトラック
▲アルアイン
▲トラスト
▲ガンサリュート

三連単◎→○→▲ 馬単◎から



弟「ディープ三頭を本線で。スローの団子状態は避けられない気がするんですよね、直線に向いてからの末脚はサトノアー
  サーが一枚上だと信じて単軸です。」
俺「毎週メインでヤラかすことはないだろうからな、クールイズビューティーも。」
弟「クールイズビューティーか・・・」
俺「今年まだ中央重賞勝ってないし、結構勢いよく人気馬飛ばし
  てるけど、それでもクールイズビューティーだからな。」

弟「それのドコがクールイズビューティーなのでしょう・・・」




★へぇぇ、フルゲート初めてなんだ!! 日経賞です

俺「気にしてなかったけど日経賞が16頭フルゲートで行われるのは初めてなんだって。」
弟「そうだったんだ、なんか意外ですねぇ。」
俺「でね、日経賞ってレースは頭数が多いと荒れることも多いらしい。そこでフルゲートってことは・・・?」
弟「むむう、ひょっとしたら大波乱か!?」

俺「よぉし、ここは思い切って!!」
弟「わぁい!!師匠が凄い予想をするぞ!!」




◎ゴールドアクター



俺「普通に。」
弟「普通だ。」



俺「・・・そんなジンクスに流されるか。古馬長距離3強はサトノダイヤモンド、キタサンブラック、そしてゴールドアクターだ。
  東西でスクリーンヒーロー産駒だ。」
弟「逆らいなさいよ。」
俺「そうも言ってられないでしょ、この相手にこのコースで。」
弟「そもそもこの馬も師匠は高評価なんだもんなぁ・・・スクリーンヒーロー産駒がお好きですね、モーリス然り。」
俺「うん、結構スキだね。走りに力強さがあるタイプが多くて古馬になってからも伸びがあるし、応援のし甲斐がある産駒が
  多いよ。グァンチャーレだって面白いし。」
弟「まぁ、ここで逆らうワケにはいかないと。」
俺「最近はイレ込みが怖いけど、中山ならば遠征ないし大丈夫だと思うねぇ。逃げ馬も居てくれるし、その逃げ馬はキタサン
  ブラックとは全然違うんだから。」
弟「相手をどう選んでるかだよなぁ、師匠の場合。」
俺「サトノダイヤモンドは別格として、やっぱりこのコースってディープ産駒嫌いたくなるんだよなぁ。ディーマジェスティって
  中山に強いディープ産駒に思えるけど、ちょっと勝った環境が特殊だろ?」
弟「そうなんだよね、皐月賞は大外出遅れハイペース、セントライト記念はメンツが上位3頭以外のレベルに疑いがかかる。
  あのレースの後に準オープンで好走した馬は居たけど、やっぱり上位3頭以外は重賞級とは言いにくいんだよね。」
俺「ちょっと判断に悩む馬だよ、このコース自体はエビちゃんがお好きな条件なんだけど切っちゃいたいな。」
弟「やっぱり相手で変化球投げてくる気だ。」


◎ゴールドアクター
○ミライヘノツバサ
○ツクバアズマオー
▲レインボーライン

三連単◎1着→○2,3着→▲3着 馬単◎から



俺「ステイゴールドだろ。」
弟「直球だった・・・」



俺「逃げるのはヤマカツライデンだろ、この馬が単騎ならちょっと怖かったけどミライヘノツバサはこの馬を射程に置いて運ぶ
  んじゃないか。ゴールドアクターはそれらを可愛がる形。」
弟「ミライヘノツバサかぁ、AJCCで頑張ってたもんね。」
俺「正直あのレース見て成長してるって実感した。悲しい出来事があったレースだったけど、この馬の走りは評価するよ。中山
  巧者だけにここも当然狙ってきてのローテだろうし、ゴールドアクターに可愛がってもらえれば直線も粘れるハズ。対抗の
  本線はどっちかって言ったらこの馬かな。」
弟「ツクバアズマオーも中山巧者だね。」
俺「中山記念からってローテが渋いな。あんまり見ないよ、どんだけ中山に執着してるんだろって思うくらい拘ってるね。」
弟「2000m前後の距離が得意な印象あって、ちょっと2500mは長いかなって気がするんだけど。」
俺「実際にこういう距離で勝ててないけど、その時とは戦歴が違うからね。オールカマーくらい走れれば全然イケそうだ。」
弟「で、妥当な感じでレインボーラインか。本当に本命以外ステイゴールド系なんだな。」

俺「これでマイネルメダリスト来たら泣く。」
弟「あんまり総帥を挑発しないで下さい。」



弟子予想
◎ゴールドアクター
◎シャケトラ
▲ジュンヴァルカン
▲レインボーライン

三連単◎1,2着→▲3着 三連複◎2頭から 馬連◎同士



弟「シャケトラは通用すると思います。関東初遠征になるけど、それだけ自信アリってことでしょう。田辺騎手も中山はお得意
  なのだ、上手くエスコートしてくれるハズ。」
俺「ゴールドアクター以外は関西馬で狙ってきたか。」
弟「ミライヘノツバサも魅力十分なんだけど、鞍上がちょっと・・・」

俺「ちょっと何?毛がどうしたって?」
弟「そういうことは言ってない!!」


俺「なんたる失礼であろうか。」
弟「ボクは何も言ってない。ただちょっとと言っただけなのである。」
俺「まぁね・・・だから内田騎手のジュンヴァルカンなのね。」
弟「友道厩舎の長距離馬の仕上げ具合が凄くいいんですよ、今年になって2400m戦を落としてないって凄いでしょ?」
俺「おおー、そうなの?それはイイ発見だな。」
弟「阪神大賞典のシュヴァルグランもいいレースしたし、ここも勝つのは難しいかもしれないけど戦えるのでは。」
俺「悪くない読みだなぁ、その厩舎の方向性みたいなの。ちょっと面白そうだ。」
弟「まずここでバシッと当てて、夜の飲み会は早々に退散させて頂きドバイに備えたいですね。」
俺「そうできるといいねぇ・・・」
弟「というわけで。」


俺「ざくろさん、あとは任せた。」
弟「ざくろさんがんばれ!!」






※土曜の夕方くらいに自動更新かけとくからね♥



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/25 01:53 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(4)