京浜盃の予想

★うう

俺「今週末なんだよね、ドバイミーティング。」
弟子「そうなんですよ。」
俺「・・・」
弟「・・・」
俺「・・・えっと、日本時間で土曜の深夜になるんだっけ?」
弟「そうなんですよ。」
俺「・・・」
弟「・・・」
俺「デシちゃん、一応各レースの時間を調べてもらえるかな?」
弟「かしこまりました。」


ゴドルフィンマイル G2 ダート1600m 日本からカフジテイクが出走 日本時間25日 20:45発走予定
UAEダービー G2 ダート1900m 日本からエピカリス、アディラートが出走 日本時間25日 22:25発走予定
ドバイゴールデンシャヒーン G1 ダート1200m 日本からディオスコリダーが出走 日本時間25日 23:35発走予定
ドバイターフ G1 芝1800m 日本からリアルスティール、ヴィブロスが出走  日本時間26日 0:30発走予定
ドバイシーマクラシック G1 芝2400m 日本からサウンズオブアースが出走 日本時間26日 1:05発走予定
ドバイワールドカップ G1 ダート2000m 日本からアポロケンタッキー、アウォーディー、ゴールドドリーム、ラニが出走
日本時間26日 1:45発走予定



俺「むう。」
弟「いかがでしょう。」
俺「・・・」
弟「・・・」


俺「微妙だなぁぁぁぁぁ・・・」
弟「あうあうあうあうあう・・・」



※今年も25日に飲み会が入っております・・・



俺「去年も予想やれなかったんだよなぁ、時期的にしょうがないことではあるんだけど・・・」
弟「今年もかよぉぉぉ・・・」
俺「メインの3レースは見れると思うけど結構微妙でもあるな。一昨年までやってた実況更新みたいなのは確実にムリ。」
弟「なんとしても早く帰れるようにせねば。」
俺「そうは言っても、自分達で早めに切り上げられたら何の苦労もないのだよ。一応の区切りがどんな時間になるかが鍵。」
弟「むううう、こんな飲み会よりドバイの方が大切なのです!!今年のドバイは馬券も買えるし!!」
俺「ターフとシーマクラシックとワールドカップは発売するんだよなぁ・・・まぁ、とりあえず土曜の夜、我々はいつも通りの予想が
  できません。それは言い切っておこう。」
弟「ううううう・・・」


zakuro.jpg



俺「ただし、ざくろさんの予想はあります。」
弟「そうだ!!ボクらにはざくろさんが居た!!」



俺「去年同様、年末とドバイの顔はざくろさんと決まっているのです。」
弟「ざくろさんが居てよかったね、師匠!!」
俺「よかった、本当によかった!!」


弟「ざくろさんがドバイターフ、シーマクラシック、ワールドカップと
  日本のマーチS、高松宮記念の予想をしてくれるんだね!!」

俺「そうだよデシちゃん!!すごいね!!」



弟「すごいね、ざくろさん!!全部当たるとイイね!!」
俺「おいおい、ざくろさんだぞ?失礼なことを言ってはいけないな。全部当たるに決まっているじゃないか♪
弟「そっかぁ!!ざくろさんだもんね!!」
俺「ひょっとしたらざくろさん自身が高松宮記念を勝っちゃうかもしれないぞ。」
弟「ほほう、それはどういう意味でしょう?」


俺「メラグラーナはイタリア語で、ざくろさんのことなんだ。」
弟「わああ、今週末はざくろまみれだね!!」



俺「ドバイ予想も全勝!!高松宮記念も優勝!!どうだい?ざくろさんはスバラシイだろう!!」
弟「ざくろさんカッコイイ!!ざくろさんが居てよかった!!」
俺「多分ざくろさんは大相撲も予想するぞ!!」
弟「すごぉい!!ざくろさんはなんでもできるんだ!!」

俺「というわけで、土曜日はざくろさんの予想でお楽しみください。我々は飲み会からの帰宅次第ですね、戻って来れても
  多分ツイッター予想でお茶を濁しているでしょう。」
弟「・・・いいのかな、茶番で盛り上げようとしたものの毎年こんなんで。」
俺「コレでやってくれないざくろさんじゃないよ。」
弟「・・・ここまでやっておいてですけど、師匠はざくろさんをアテにし過ぎです。」


俺「じゃあ土曜の夜は、予約更新で『ざくろさんの
  予想コーナー』として記事用意しとくから。」

弟「がんばろうぜ、ざくろさん。」




★さぁ、南関はクラシックの実質1冠目、京浜盃です

俺「このレースってS2だけど、実質南関の牡馬三冠って京浜盃、羽田盃、東京ダービーだよね。」
弟「ジャパンダートダービーはちょっと違うか、対中央戦になるし。」
俺「ここで各ステップレース組も集約されるから弥生賞やスプリングSとも違うじゃん。本番に向けての本番って感じ。」
弟「そうだね、一旦はここに集まるんだよね。」


俺「あれ、コスモスがいない。」
弟「やめてさしあげろ。」



俺「コスモスはどこに。イギリスか。」
弟「・・・自分でこないだ言ってただろ、金曜日のつくし特別だって。」
俺「南関クラシック第一冠はつくし特別だったのか。」
弟「もうコスモスから離れてあげてよ・・・!!」

俺「2歳の内に南関重賞に挑戦しとくべきだったよな、京浜盃にも登録してたけど賞金順で完全にアウトだもん。」
弟「まぁ、ここならばって見方ができますからね。」
俺「正直言って居たら面白い一頭になったハズだよ。話題性あるし、色々言っても南関生え抜きではあるでしょ。ここのところ
  元道営、元中央が優勢なクラシック戦線、コスモスは生え抜きの中から戦える一頭になれたかもしれない。」
弟「今年も元道営が優勢でしょうか?」
俺「ミサイルマンを信じるかどうか、ブラウンレガートが元道営に通用するかどうか、マルヒロナッツオーをどう見るか。純正
  南関組で見れるのはこの3頭だけど、通用するとしたらミサイルマンくらいなんじゃねーのか?」
弟「一番収拾に悩む馬ですよね、久々だし・・・」
俺「実際、このパターンは良くないんだよ。結局ミサイルマンだってこういうレベルの馬達とはレースしてないんだから。俺は
  切りの一手だと判断するけどね、期待はしてるけど予想では狙いにくい。」
弟「ってことは元道営と元中央で固まる予想ってコトか・・・」
俺「一枚下のクラスだって元道営に圧倒されちゃってるんだもん。こないだブラウンレガートが勝ったクラシックトライアルで
  あまり差のない2着だったクラキングスなんか、道営時代にトップメンバーになれなかった馬なんだぞ。」
弟「でもブラウンレガートはニューイヤーカップでヒガシウィルウィンにアタマ差の2着だよ。」
俺「浦和1600mの1枠でも負けてしまったって言うべきだ、そこは。」
弟「おきびしいのですね・・・」
俺「バリスコアが取消なのはイタイな・・・狙いたい馬でオッズ上げてくれそうなの、この馬くらいだったからなぁ。」
弟「そうなると、ミサイルマン抜きではあるけど固い予想になってそうですね。ローズジュレップ、ヒガシウィルウィン辺りが
  中心になりそうだ。」
俺「固めではあるけど、一応ここからはある点を踏まえての予想になります。」



踏まえてください →  



俺「いいかな?」
弟「・・・ゑ?ゑ?」


俺「・・・いやぁ、ここはカンムルっすよ!!」
弟「また茶番が始まった!!」



俺「中央で1勝、小久保厩舎に来て雲取賞を勝ったカンムルでいいんじゃないですかねぇ!!」
弟「うう・・・頭が痛くなってくる・・・」
俺「うーん、ローズジュレップも強そうだなぁ、ヒガシウィルウィンも大崩れはしないだろうし・・・」
弟「・・・」


俺「でも元中央のカンムルが、あんなコムスメである門別様の
  手下にヤラれるワケがないのです!!」

弟「もぉなんかヤダ!!」



俺「このコムスメめ、南関にまで俺を邪魔しに来やがってるんだ。」
弟「門別様が一体何をしたっていうの!?門別様は今、お休みされているんですよ!?」
俺「道営から南関に来てるタイムビヨンド。知ってるな。」
弟「・・・金盃で師匠が本命にして、馬体重が絞れずに負けてしまい、結果物凄く痛いタテ目になってしまったんですよね。」


俺「買ってない火曜メインで勝ちやがった・・・」
弟「さすが門別様だぁ!!」



俺「コレもう完全に居るでしょ、門別様。大井に来てるでしょ。バカにしてるでしょ。タイムビヨンドはコムスメの刺客でしょ。」
弟「それでこうなってるのか・・・」
俺「カンムルっすよ、カンムル。元道営で2歳女王になったピンクドッグウッドから吉原騎手を奪ったカンムルっすよ。1着に
  固定しちゃっていいんですよ。」
弟「ふぐうう・・・門別様、気をしっかり持ってください・・・!!」

俺「へ?門別様のワンツー!?ないないないない!!」
弟「それ以上門別様を挑発するなぁぁぁ!!」



◎カンムル
○ローズジュレップ
○ヒガシウィルウィン
▲ピンクドッグウッド

三連単◎1着→○2,3着→▲3着



俺「まぁカンムル圧勝でしょうね、ローズジュレップとヒガシウィル
  ウィンのワンツーなんてあるワケがありません!!」

弟「畳みかけるんじゃねぇ!!」



弟子予想
◎ローズジュレップ
◎ミサイルマン
▲ブラウンレガート、カンムル、マルヒロナッツオー、ヒガシウィルウィン、ソッサスブレイ

三連複◎2頭から うまふく◎同士



俺「・・・また随分な狙い方したもんだね。」
弟「ボクはミサイルマンに賭けてみる方向で。通用するのならローズジュレップといい勝負になってもらいたいです。」
俺「南関生え抜き有力候補を全部入れてきたか、いいね。そしてソッサスブレイとは。」
弟「北海道2歳優駿の惨敗があったからこその南関3連勝だと思いますよ、道営時代にはヒガシウィルウィンの2着にもなった
  ことがあるんです。決して弱い馬ではないのだ。」
俺「なるほど、渋い門別様に目を付けたものだね。」
弟「なんだよ、渋い門別様って・・・」


俺「でもここはカンムルです!!」
弟「もう解ったからやめて!!」






※カンムル1着!!門別様ウェーイ!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/22 01:42 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(6)

フジノウェーブ記念の予想

★ごぶさたです

俺「なんか急に間隔空けちゃってスンマセンっした。」
弟子「あ!!」
俺「どうしたのかな、デシちゃん。」

弟「アサガエリフナムシさんだ!!すごーい!!」
俺「やあ、アサガエリフナムシだよ。」


弟「うるせぇボケ。」
俺「なんておっかないのでしょう。」
弟「まぁ、なんと言いますか・・・一度は理由を持った間隔だったけど、流れでそのまま更新しなかった感じなんですよねー。」
俺「そうなのよね、まいっか的な。」
弟「このまま更新しないんじゃねぇか、この人って思ったもん。」
俺「たかだか一週間だろ?大げさだよ。一応は理由あるんだし。」
弟「餃子作りと飲み会とアサガエリフナムシ。」
俺「部屋とワイシャツと私みたい。」

弟「全然違います。」
俺「その合間には時間設けられたんだけど、やっぱ疲れちゃっててさー。そういう時は競馬予想もロクにできねぇんだって。雑談
  考える余力もないし。」
弟「師匠は確かにお疲れでしたね。3月のアタマってこんなだっけ?」
俺「お前は確定申告で疲れてたでしょ。溜めこんでたんだから。」
弟「と言うより2月がおかしかった。ヒマな2月はドコに行ってしまったのでしょう、月末なんか繁忙期みたいになってたぞ。それで
  確定申告が思うように進められなくてこうなっちゃったんだ。」
俺「その時期に競馬関係でも色々なニュースがあったでしょ。趣味の部分の精神的疲労と仕事関係の普通の疲労が重なっちゃ
  って、結構しんどかったのは間違いないよ。」
弟「うん、そうですねぇ・・・」
俺「これが3月になって最初の更新になっちゃってるんだから。」


弟「爆誕祭やってないですよ。」
俺「いいんだ、いいんだよ、
  もういいんだ・・・」



弟「折笠騎手、元気してるかな?」
俺「もう浦和にオリィは居ないのだ、新潟で新たな人生を歩み始めているのだ。」
弟「猫背の金子騎手も引退です、こういう時期なんですよね。やっぱり寂しいと疲れちゃうんだな。」
俺「ホワイトマズルの訃報やジュエラーの引退もあった。そういうニュースを立て続けに見ると、どうしてもね。」
弟「うん、寂しいね・・・」
俺「まー、なるべくは通常通りに更新したいところだけど、競馬関連の話題はともかくとして、仕事関係でのこの流れはちょっと
  続きそうなんだよね。別に飽きたってワケじゃないから心配しないでほしい、やりたいのにやれないの。」

弟「コレだからアサガエリフナムシさんは・・・」
俺「そういう意味じゃありませんから。」


弟「やりたいのにやれないアサガエリフナムシさんは、とってもおツライのです。皆も解ってあげる様に。」
俺「そこをピンポイントで引っ張るんじゃない!!」
弟「一応、これで一旦はヤマ場を超えたことになるのかな?」
俺「毎週末に飲み会入ってるけどね・・・」
弟「肝心な時でしょ、週末は。」
俺「思うようにいかない部分は多くなってくるだろうなぁ。でも競馬的にも盛り上がって来る季節だ、とにかくここのスタンスは無理
  せずに競馬を楽しめることが重要。バランス取りながら続けていこう。」
弟「無理矢理楽しもうとするのもよろしくないですからね。」
俺「やっぱり、イヤってワケじゃないけど、好きなことなのに妙に力が入らない時ってあるじゃん。それが先週だったんだよな。ここ
  を更新するにはまず俺自身が競馬とブログを楽しめる状態じゃないといけないのだ。」
弟「ボクは大丈夫ですよ。この間に学びましたから。」


俺「何でも凄い、楽しいと思える『サーバルちゃんの極意』を、俺の
  デシちゃんに教え込んだ某社社員を俺は許さない。」

弟「わーい!!たーのしー!!」








俺「それはポジティヴとは言えない、脳が溶けていると言うのだ・・・」
弟「とけてる!!すごーい!!」



★久々の予想がこういうレースになるとは フジノウェーブ記念

俺「というわけでフジノウェーブ記念。この名前になって4年目ですね。」
弟「もうそんなになるのかぁ、仙人様が懐かしいよ。」
俺「その名に相応しい勝者が生まれているレースだと思うよ。昨年はソルテがこのレースを制して次のかしわ記念で2着、続く
  さきたま杯を優勝して地方年度代表馬になった。」
弟「凄いですよねぇ、ソルテくん。こんな凄い馬になるとは思ってなかったもの。」
俺「そんなソルテくんが今年もこのレースから始動するのだが・・・」
弟「む、いきなり不安そうな。年度代表馬だぞ。」
俺「いや、あのね、ソルテくんがこのレースに出るのは知ってたんだけどさ。日曜日に出走馬と枠順が決定したんですよ、この
  レースの。」
弟「うん。」
俺「それまで他の出走馬がどんなメンツか知らなかったんだな。」
弟「うんうん。」
俺「・・・すげぇアバンギャルドな出馬表になってるよな。」
弟「大変ですね。オウマタイムとケイアイレオーネが居ますよ。」

俺「大井1400m戦でいいんだよな・・・なんでここにケイアイレオーネが居るんだ・・・」
弟「タイムズアローも場違いな感じしますね・・・」
俺「来週にダイオライト記念あるのに、なんでこの2頭がこっちに居るのかと。交流重賞を嫌ったのかなぁ?」
弟「うーん、そうとしか思えませんよねぇ。弱気なレース選択に思える。でもここにはソルテが居るんだし、どう捉えたものか。」
俺「いや、確かにケイアイレオーネみたいな大型馬って距離を縮めて結果出すパターン多いんだよ。血統的にはモーニン
  アジアエクスプレスと同じヘニーヒューズの産駒で、基本的にはパワータイプのマイラー傾向だし。」
弟「確かにマイル以下だと大きく崩れてないんだよね。」
俺「・・・そうは言っても、ここ最近使ってきてた距離、そして大井1400mでこの枠。中央馬相手に先行してきた速力はあるにしても、
  この距離でこの枠に入って果たしてこなせるかって言われたらシンドイとしか思えないよ。」
弟「大井1400mはポケットからスタートしていきなりキツめのコーナーがありますからね、先行馬には辛い枠だ。」
俺「大体ソルテが2年前に大外枠で先行させてもらえず轟沈したんだ、この枠で先行策を図るのは至難だろう。だからと言って
  下げて直線勝負に出れる馬でもないんじゃないか?ケイアイレオーネは好きな馬だけどここは厳しいと見るね。」
弟「むう、やっぱり師匠はソルテくんだ。」


俺「ソルテも大井じゃヤベェんだよなぁ・・・」
弟「ゑゑゑゑゑ!?」



俺「年度代表馬の称号を得た上で地方馬同士のレースに出てきたんだから、当然ハズカシイ結果は出せない。それでも周囲が
  この馬を潰しやすい状況が整ってる、ゴーディーとかすげー厄介な存在。」
弟「・・・ハナに立たせまいとすれば叶う状況ってことですか。」
俺「まずソルテ自体が大井に関してはイマイチ。勝つ場合のパフォーマンスも他場とは全然違うんだよ、そこは当然の様に他陣営
  だって見ているハズ。おまけに今回は初の59㎏だし、つけ入るスキが充分にあるんだ。」
弟「枠や斤量が不利になるのは考えられますね、この状況だと。」
俺「もちろん切れないし、色々言っても軸向きだとは思う。でもねぇ、この環境下では馬券圏外に消えても不思議ではないんだ。
  むしろソルテ切りの予想も全然アリだと思う。そして負けても悲観するものでもない、負ける理由は揃ってると言っていい。」
弟「むう、好きな馬なのにドライだ。」
俺「好きな馬だからこそ盲目にならなければ見えてしまう短所だってある。環境下に加え流れが悪い。」
弟「流れって言っても、ここまで交流重賞を4連戦でしょ。度外視すべきでは?」
俺「まぁそうとも言えるんだけどさー・・・」



ソルテの非常に悪い印象 →  



弟「マジで・・・?」
俺「見りゃ解るよ。」



弟「・・・ホントだ。」
俺「だからこそ昨年のJBCスプリントは勝ってもらいたかったんだよ、勝ち負けが交互になる分にはこの馬のパターンだ。」
弟「なるほど・・・確かに2着が続いちゃった時期もあったねぇ。」
俺「ここまで不安を連ねてきたけど、それでもやっぱり切るワケにはいかない。でも思い切って軸にしない方向で考えてみる。」
弟「そうなるってーと・・・ケイアイレオーネ切ってソルテ本命じゃないってことは・・・」
俺「ああ、そうだ。」
弟「・・・」


俺「オウマタイムだ。」
弟「・・・・・・・・・・・・」



俺「何故黙る。」
弟「無謀でしょう・・・」
俺「ようやく動ける体になってきたんじゃない?ここで最内&左海騎手の確保は相当デカいよ。流石に勝ちきれるかどうかって
  言われたらキビしいけれど、ソルテが状況的に狙いにくいと言うならばオウマタイムは状況的に狙いたくなる馬。ワイドの軸
  って感じだね。」
弟「ああ、3着狙いなら、持ち直しての一変を考えたらあるかもしれないですね。」
俺「それにこのレースはフジノウェーブ記念なんだよ?」
弟「何か関係が。」


俺「つまり、オウマタイムじゃないか。」
弟「言いたいだけだよね?」



◎オウマタイム
○ソルテ
▲ブラックレッグ
▲ドレッドノート

三連複◎○から ワイド◎から▲ 複◎



俺「もちろん希望としてはソルテに年度代表馬の意地を見せてもらって、昨年以上のかしわ記念を迎えてもらいたいところ。不利
  な状況でもそこに泣きを求めたくはない。だけどここは予想をするならこうだね。」
弟「冷静なんだかウケ狙ってるんだか・・・」
俺「好きな馬が同じレースにたくさん出ると困っちゃうね。おまけでオウマタイム、ソルテ、ケイアイレオーネの三連複も買っとこ。」
弟「ブラックレッグもスキでしょ、師匠。」
俺「そうなんだよー、この馬カッコイイんだよねー♥」
弟「真っ黒で大きな馬体で、前髪だけが白くて、それが走る度にパヤパヤするんですよねー♥」
俺「そうそう♥」


弟「ソルテとブラックレッグとケイアイレオーネの
  三連複ってありそうですよねー♥」

俺「やめろおおおおおお!!」



弟子予想
◎ソルテ
○サトノタイガー
○ケイアイレオーネ
▲ブラックレッグ、サクラレグナム、コンドルダンス

三連複◎○から 



弟「・・・その一点くらい抑えりゃいいじゃないですか。ボクはカブってほしくないけど。」
俺「むう、お前は結局ソルテくん本命と。」
弟「師匠の言う通り単で買いたくない感じはしますね、でもまず馬券圏内はハズさないだろうと。で、師匠が嫌ったケイアイレオ
  -ネは先行しなくてもイケると思うんですよね。大井なら末脚活きますよ、フミオさんの怒涛の手綱をナメてはいけない。あと
  距離と枠で好条件って言うならサトノタイガーになるでしょう。9歳だけど元気です。」
俺「9歳多いよなぁ。16頭中6頭が9歳だけど、それぞれが皆好戦できても全くおかしくない。俺の選んでるドレッドノートも9歳だ。」
弟「元気なのは良いコトです。」
俺「フジノウェーブ自身が8~11歳で4連覇してるんだもんね。」


弟「つまり、ソルテくんが11歳まで連覇し続けたら
  6連覇になるんですね。」

俺「あり得るかもしれないからコワイんですけど。」




★つーわけで

俺「まぁ、間隔空いちゃいましたが今週末はヒットくんも今年初戦を迎えますし、ちょっとこのブログは今までよりものんびりとする
  可能性が高くなりますけど、競馬自体は今まで通り楽しんでいく所存です。」
弟「日曜日はちゃんと休日になってますから。ブログで予想やんなくても大体競馬見てますよ。」
俺「そういう時はツイッターでギャーギャー言ってる場合が多いんで、そっちで一緒に楽しんで頂ければと思います。」


弟「ただしツイッター予想はノーカウントです。」
俺「弥生賞の三連複が当たったヨ♥」






※以上、ごぶさた予想でした。またぼちぼちやっていきます。



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/08 00:47 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(4)

金盃の予想

弟子「師匠。」
俺「なんでしょう。」

弟「まだ餃子のニオイが手に残ってますよ。」
俺「おいしそうだろ。なめていいぞ。」


弟「なめません・・・」
俺「バレンタインなんかダイキライだ。」
弟「でも間に合ってよかったね。皆様喜んでおられた。」


俺「徹夜しちゃった。」
弟「バレンタインに餃子作りで徹夜。」



俺「破壊力あるな。」
弟「せめてチョコ作りで徹夜したいものですね。」
俺「そうだな、愛する者の為においしくてキレイなチョコレートを作ろうとして、味に満足できなかったり、カタチが上手く整わなかっ
  たりして苦悩して、頭を掻きむしり、眠い目をこすりながら朝方ようやく完成、腫れた目を潤ませながら愛する者にチョコを
  渡す・・・そういう徹夜ならバレンタインらしくて良い。」
弟「わぁ、少女マンガみたい。」


俺「無心でTOOLを聞きながら、とにかく数多くの
  餃子を作っての徹夜だ。」

弟「ケイオティックです。かっこいいです。」



俺「かっこいいか。ならば俺の手をなめろ。おいしいぞ。」
弟「なめません・・・」
俺「あの時の俺の気持ちなんて、誰にも解らないんだ。」
弟「大変だったんだね、師匠・・・」

俺「TOOLの『THE GRUDGE』の絶叫パートで、餃子のヒダ作りを
  加速させると、とてもたのしいきぶんになるんだ。」

弟「もうやめて、もう餃子を作らなくていいの!!」



TOOL 「THE GRUDGE」 絶叫パートは6:55から 『マ゛――――――』と叫びながら餃子を作りましょう





俺「つらかった。」
弟「お疲れ様でした・・・」
俺「・・・大体なんで手伝ってくんないの、君。手伝ってくれたらもっと早く終わったかもしんないのに。」
弟「足手まといになるのはゴメンなのです。」
俺「それっぽく言ってるけど、単純にイヤだったんだろ。」

弟「朝早かったし。」
俺「それは俺も同じだ。」
弟「餃子を作ると、なかなかニオイが取れなくなってしまいますし。」
俺「そうだな、現実、俺は未だに手がクサイままだ。」
弟「二人してクサかったら大変じゃないですか。だから・・・」


俺「もういい、黙れ(ムギュー)」
弟「もがぁ!!もがぁぁ!!」



俺「どうだデシちゃん、これが餃子のニオイだ。食欲をそそるだろう(ムギュー)」
弟「もごぉおぉ・・・もがおう!!」
俺「こうやって口をふさぐとハッキリにおうだろう。これが徹夜で餃子を作り続けた者の手だ、ふとした拍子に自分の手を顔に
  近づけると、自分の手のニオイにげんなりしてしまうのだ(ムギュー)」
弟「ごえんあはぁい・・・ごえんあはぁい!!」


俺「そうだ、デシちゃんにこのクサイ手でいやらしい
  ことをしてやろうか(ムギュー)」

弟「んおおおおおお!!んおおおおおお!!」



俺「ドコをニラとニンニクのニオイにしてほしいんだ、言ってごらん(ムギュー)」
弟「もごぉ・・・ひゃめてぐらはぁい!!」
俺「刺激物だからな、ヒリヒリしてキモチイイかもしれない。やってみる価値アリだね(ムギュー)」
弟「んおおおう・・・ふぐっ・・・うごぅ・・・」

俺「そうやって出したお前の『しる』で新しい餃子を作ろう(ムギュー)」
弟「んおんおん!!んおんおん!!」


俺「・・・まったく。」
弟「ひっく・・・ひっく・・・」
俺「まー、安請け合いしちゃった俺が悪いかもしんないけどさー、今度こういうことになっちゃったら手伝ってよね。」
弟「ふぁい・・・」
俺「んー・・・(モゾモゾ)」
弟「・・・何やってるんですか?」

俺「自分で試してる。ヒリヒリしないな。」
弟「本当に申し訳ありませんでした!!」




★こんなアタイにどうかご慈悲を 金盃です

俺「バレンタインは終わった。もう何も怖くない。」
弟「がんばってください。」
俺「大井ではダート最長距離の重賞、金盃でございます。」
弟「毎度の如く、このレースはなんというか、丁度いいメンバーで固まるんですよね・・・」
俺「また距離が距離だけに実績をアテにしにくいんだよな。過去の長距離勝利経験があんまり参考にできなかったりするし。」
弟「昨年のジャルディーノの勝利を考えると、同じ様な見栄えなのがレイディルアレナってことになるんだよねぇ。」
俺「昨年こうだったからって考え方はどうだろうな。」
弟「あら。」
俺「まぁ、切れない一頭ではある。昨年覇者のジャルディーノと同厩で、ジャルディーノは今年57㎏での出走。そういう観点で昨年
  同じルートでこのレースを制した経験があるとするなら、今年はこっちが上かな。」
弟「斤量も54㎏、長距離では重要な部分ですね。」
俺「でも失礼な話、最近の坂井騎手って重賞で本命打ちにくいんだよな・・・」
弟「それは確かに失礼ですね。」
俺「人気薄でこそって印象があるでしょ、それでいて連を取りに来るような。良く言えば飄々としてるんだけど、悪く言えばギラギラ
  してない感じなのよね。ここは多分勝ちに来る競馬してきそうなんだけど、そういう時は裏目に出ちゃうというか。」
弟「長距離ならば飄々としているくらいが丁度いいのでは?」
俺「それも言えるんだよな。そんなレイディルアレナと全く逆な感じの不安があるのがオリオンザジャパンでしょ。」
弟「こっちはギラギラしてますか。」
俺「ギラギラし過ぎてるでしょー、中央からの転厩初戦で鞍上は若手の笹川騎手ですよ。」
弟「中央成績で考えたら、転厩してくるのがオカシイ一頭ですもんねぇ。」
俺「こういう馬は狙ってきてるワケですよ、でもどう転ぶかわからない。重賞の前にワンクッション欲しいところなんだけどな。」
弟「ふむ。」
俺「でもやっぱり切りにくい。圧勝するかもしれないし。」
弟「煮え切らないねぇ。」
俺「ただし、この2頭が馬券内に同居するかって言われたらNOだと思うのよ。どっちかが絡むんじゃないかと。それならば勝つ馬を
  考えずに連軸を探す方向で組み立てたいな。」
弟「ヒモを本命にするって考え方ですね。」
俺「そうなるとユーロビートなのかなぁ・・・って思ったんだけど、これまた最近の吉原騎手が不調なのでねぇ。」
弟「騎手判断に左右されてるなぁ。」

俺「中央でとんでもねぇ出遅れして、ツイッターの
  TLが『金沢帰れ』で埋まるし。」

弟「吉原騎手、ヨシオで最下位でしたよね・・・」


俺「いやいや、それでもユーロビートの方がこの舞台では見直しが充分だ。軸向きなのはこの馬だとは思う。」
弟「名古屋グランプリで大敗したと言っても、遠征戦と小回りコースがまず苦手ですからね。大井の良馬場ならば、というのは解り
  ますね。」
俺「でも、ここは追いかけてる馬からもうワンチャンスを狙いたい。本命はタイムビヨンドにします。」


◎タイムビヨンド(馬体重要チェック)
○ウマノジョー
○ユーロビート
▲レイディルアレナ
▲オリオンザジャパン

三連複◎○から ワイド◎から○



弟「前走結構派手に負けちゃってますが・・・」
俺「実際のところ、狙っちゃいけない条件の方が揃っているんだよね。まずこの馬は南関転厩するとダメ。毎年朝倉厩舎に来て
  南関戦を走ってるが一度も勝ててない。堂山厩舎の時とは別の馬みたいだ。」
弟「その結果が前走ってコトになるでしょう。じゃあ全然ダメじゃないか。」
俺「騎手もベストは五十嵐騎手、手替わりもあまりよろしくないね。クイーン賞で狙えたのは堂山厩舎と鞍上五十嵐騎手で挑戦
  できたからと言っていいくらいだ。」
弟「切り要素がかなり確実なモノに聞こえるんだけど、それでも本命にする理由は?」
俺「まず単純に、これまでとは馬が違うって部分。オヤコダカに勝った道営記念は伊達じゃないんだ。その前の2年とは能力に
  段違いの差があると見ていい。そうじゃなきゃクイーン賞で3着になんかなれないよ。」
弟「でも実際、前走であれだけ大きく負けちゃっているんじゃ・・・」
俺「その敗因、転厩以外にも求めることができるし、その時に敗戦にも触れているんだよ。TCK女王盃の予想の時だ。」
弟「ああ、そういえば言ってたなぁ。」
俺「まずTCK女王盃に出てこなかった時点で、転厩後にそういうレースに出す自信が持てない出来だったと考える。実際に馬体も
  かなり増えちゃってただろ、前走。」
弟「11㎏増は大きいですね。」
俺「馬体が絞れてることが必須条件になるけど、そこをクリアしていれば今回は本来のチカラを出せると思います。前走の敗因の
  一つが今回の勝因になるのだ。」



今回狙う理由 →  



弟「ただし、それで本当にさっき言ってた狙っちゃいけない条件が裏返るかってトコでしょう。」
俺「そこは馬自体の地力を信頼するよ、この馬は今年の牝馬交流重賞を賑わしてくれる馬だと思ってるんだ。」
弟「おお、大きく出ましたね・・・」


俺「それに門別様は俺となかよしなんだよ。」
弟「ああ、これダメなヤツだ。」



俺「門別様がね、餃子に苦しめられたアタイにご慈悲をくださるの!!門別様がバレンタインプレゼントをくれるの!!」
弟「ああ、台無しだ・・・そういうこと言っちゃダメなんだってば・・・」
俺「相手で面白そうなのは距離伸ばしても良さそうな軽量のウマノジョー。道中のペースが遅くなりそうな長距離戦ならポジション
  取りもそこまで後ろにはならないだろう。良馬場想定ならば好時計も出してるし通用してもおかしくない。中央でラブバレット
  共に果敢に先行した山本騎手、ここでも魅せてくれるでしょう。」
弟「しかし、そういう騎手読みをしていながら森騎手、真島騎手を狙わないのはいかがなものかと。」
俺「そこは単純に馬の方を見てのことだよ。クラージュドールは距離伸ばしていいとは思えないし、ジャルディーノは斤量が昨年
  とは違う。」
弟「ふむ、無謀な気もしますがね。ボクは軸向きだと思いますよ、クラージュドール。」


弟子予想
◎クラージュドール
○レイディルアレナ
○ユーロビート
▲ジャルディーノ
▲オリオンザジャパン
▲ストゥディウム

三連複◎○から



俺「ちょっと待て。石崎駿が居るじゃないか。」
弟「ええ、だからいいですか、信じないで下さい。」


俺「確かに去年の東京記念で、まさかの大逃げから2着に粘り込んだけれども。」
弟「そうです。アレの再現を狙います、つーか長距離なら見直せるのではないでしょうか。」
俺「そうか、見直せるのなら信じよう。」
弟「信じないで下さいと言っているのです!!」

俺「うう、門別様と石崎駿・・・俺はどっちを信じればいいのだ・・・」
弟「門別様を信じるんでしょーが、本命がタイムビヨンドなんだし・・・」
俺「そう。門別様はなかよし。石崎駿はなかよしじゃないの。」
弟「そうそう、それでいいのです。師匠がそうすれば門別様も石崎騎手も、師匠の予想とは真逆の結果を用意してくれます。」
俺「そっかぁ。」
弟「するとなんとボクの予想が当たっちゃうのです♪」


俺「ふーん(ムギュー)」
弟「もがあああ!!くふぁい!!」
俺「待ってて門別様、当ててくれたら処女の『しる』
  入り餃子お供えするから(ムギュー)」

弟「んおおおおおおお!!!」








※しばらく餃子作りたくない



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/02/15 02:22 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(8)

報知グランプリカップの予想

★アンケートやってまーす、どうぞご協力くださいまし♪





俺「ケツアゴホントキライ!!」
弟子「どうどうどう。」



佐賀記念 結果
1着 ロンドンタウン → 俺&弟子◎
2着 タムロミラクル → 俺切った 弟子◎
3着 ストロングサウザー →俺&弟子▲

弟子 三連単HIT!! 配当1900円

俺「ふぐっ・・・ふぐっ・・・」
弟「師匠は敵を作り過ぎなのです。あんなにデムーロ騎手を煽るからこうなっちゃうんだ。」
俺「うううう・・・」
弟「カツゲキキトキトは頑張ったよ、差のあまり無い4着だもの。名古屋グランプリで勝ったストロングサウザー相手に負けちゃった
  のは悔しいけど、この距離でここまで戦えたら今度こそって思えるし。」
俺「キトキトがんばった!!」
弟「そう。名古屋の生んだ地方代表だよ、師匠の予想はハズれてしまって、デムーロ騎手のタムロミラクルが2着に来たけど、キト
  キトだって頑張ってくれたのだ。4着でも立派だと思いますよ。」


俺「ざくろさんのせいだ!!」
弟「どうどうどう。」



俺「ざくろさんがケツアゴをおにぎりにするからだ!!」
弟「・・・ホント、師匠とざくろさんの予想の切り馬って、カブると大体来るよね。」
俺「ちがうもん!!ざくろさんのせいだもん!!あとケツアゴホントキライ!!」
弟「デムーロ騎手、完全にケツアゴ呼ばわりされる様になっちゃった。でもね、師匠。デムーロ騎手は師匠にいい思い出だって沢山
  くれたでしょう?朝日杯と皐月賞を制した大好きなロゴタイプの鞍上は誰ですか?エリザベス女王杯で万馬券をくれたクイーン
  ズリング
の鞍上は誰ですか?」


俺「ケツアゴだ!!!!!」
弟「デムーロ騎手です。」



俺「・・・」
弟「そういうことです。いちいちこういう場面で特定の好き嫌いを作るのは良くないことです。ただでさえ師匠はなんとなく騎手相性
  の良し悪しが激しく映るんですから。ノリさんとか福永騎手とか三浦騎手とか石崎駿騎手とか。その上デムーロ騎手まで相性
  悪く見たら予想に凄く影響しちゃうぞ。」
俺「ふぐぅ・・・」

弟「とりあえずノリさんはマジでガチっぽいけど。」
俺「ノリさんとなかよくなりたいのに!!」


弟「とにかく落ち着いてください、今週は火曜水曜と地方重賞開催なんですから。今日も予想ですよ。」
俺「ふぐっ・・・ふぐっ・・・」
弟「しょうがないなぁ。そんな師匠にイイ言葉をお送りしましょう。これで元気を出してください。」
俺「元気が出る言葉・・・?」


弟「クールイズビューティー。」
俺「クールイズビューティー。」



※クールイズビューティーな動画です




弟「そんなにいちいち取り乱してはいけませんよ、師匠ともあろう者が。クールにいきましょう。」
俺「そうだね!!クールイズビューティーだね!!」
弟「こんなことはサラリと流さねば。川田騎手とロンドンタウンの勝ち方をご覧なさい、後続の争いが完全に他人事です。こういう
  姿勢は敗者であっても重要、次を見据えてクールにいきましょう。」
俺「そうだね!!クールイズビューティーだね!!」
弟「物分かりのいい師匠で助かります。では気を取り直して報知グランプリ・・・」


俺「だからクールイズビューティーって何!?
  怪我の治りも早いって関係あるの!?」

弟「デジャヴだなぁ・・・」




★騎手関係入り乱れ、ここをどう見る?報知GC

俺「よし、気を取り直してクールにいこう。南関ファンは腕が鳴るでしょー、ここの予想は。」
弟「なかなかの混戦模様になりそうなレースですね。いいレベルバランスだ。」
俺「このメンツでの船橋1800m戦、一筋縄ではいかなそうですねー♪」
弟「たのしそう。」
俺「こういうレースは予想が楽しいな。正直そこまでのハイレベル戦ってワケじゃないんだけど考え方が色々できるレースだよ。」
弟「馬の能力以外に、色々と見なければならない部分が多い出馬表になってますね。」
俺「まず騎手の配置が気になっちゃうよな。」
弟「お手馬からの乗り替わり、結構気になる感じになってますねぇ・・・」
俺「特に真島騎手と森騎手が面白いことになってる。ここでの森騎手のコンドルダンスへの手戻り、真島騎手はタイムズアロー
  イッシンドウタイの両天秤で、ここではイッシンドウタイに騎乗することになったと。」
弟「それによってエンパイアペガサスには古巣岩手から村上騎手が、タイムズアローには調教パートナーの西村騎手が騎乗する
  状況になっていますね。」
俺「この辺の馬は絡んできそうな能力馬だけに、鞍上との兼ね合いも考えたくなるよね。」
弟「どう見るべきなんでしょうか・・・やはりこの2人の南関トップジョッキーが鞍上になったコンドルダンスとイッシンドウタイを重く
  見た方がいいのかなぁ・・・?」


俺「その逆でいいんじゃねーか。」
弟「つまり、逆の逆でいいと。」



俺「俺の本命は昨年の岩手ダービー馬、エンパイアペガサスですね。前走が不本意過ぎる、こういうレベル同士であってこその
  馬でしょう。そういうこともあって元主戦の村上騎手を呼び寄せたんだと思うし。」
弟「なるほど、そういう見方をしましたか。」
俺「この馬に関しては森騎手が降ろされたんだと思うよ、昨年の南関リーディングジョッキーに対して失礼な物言いになっちゃう
  けど、それだけ前走の敗戦が不本意に思えたんだろう。最初からハナに立っていい馬ではないんだ。」
弟「前走は出脚が良すぎたと。」
俺「枠が最内だったから尚更だよな、外から他の出方を伺いながらレースした方がいい感じの馬だから外枠歓迎だよ。」
弟「つまり、コンドルダンスと森騎手のコンビは、手戻りと言うよりエンパイアペガサスを降ろされたからだと言いたいんですね。
  じゃあイッシンドウタイとタイムズアローも同じ感じってこと?」
俺「違うだろうね。先約がイッシンドウタイであり、西村騎手は栄冠賞の時と同様に代打だろう。ここで騎手サイドがどっちを取った
  かと考えるのはナシ、あくまで予約順と見る。」
弟「ふむふむ。」
俺「だからイッシンドウタイは切りにくい。厩舎も好調だし、中央時代を考えるとここは抜けてると見てもいいくらいだよ。コンドルダ
  ンスはちょっと1800mじゃ狙いにくい感じだと思うけど。」
弟「ああ、やっぱり切れないですよね。」


俺「でもイッシンドウタイも切っちゃう。」
弟「クールイズビューティー。」



俺「・・・関係なくない?」
弟「師匠、思い出した方がいいですよ。それはクールではない。つまりビューティーでもない。」
俺「まぁ気持ちは解らなくもないけどな。一見して実力が抜けてる様には見えるワケだ、JBCクラシックではあの中央勢相手に先行
  できる速力を見せた。そう考えると移籍後3戦目で地方馬同士であれば勝負になると見れる。」
弟「そうなのです。前走負けてると言っても相手が相手ですよ。」
俺「でも、どうしても俺にはこう見えるんだよなぁ・・・」



イッシンドウタイは・・・ →  



俺「金盃じゃないのもおかしい気がするし・・・」
弟「クールイズビューティー。」



俺「・・・明らかに言いたいだけだよね?」
弟「いえ、そこまで考えてるならクールイズビューティーです。気付かせる為ではなく称えているのです。」
俺「ここと来週の金盃との兼ね合いって結構大事だと思うのよ。賞金全然違うんだよ?そりゃ確かにこのレースはダイオライト記念
  のトライアルレースにもなるんだけど、普通に考えて強気になるのであれば金盃でいいと思うんだよね。」
弟「このレース選択が弱気だってことか・・・」
俺「こっちに矛先向けた時点で怪しいんだよ、この馬に関しては特にそういう印象を持つね。だからこそJBCで狙ってみたんだよ。
  以前に移籍直後のユーロビートに向けてた目線と同じ。それなら昨年覇者と古巣の手戻り2頭を狙いたい。」


◎エンパイアペガサス
○タイムズアロー
▲ポイントプラス
▲アサヤケ

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から うまふく◎○



俺「チバテレ盃組で狙ってみるか、引き続き左海騎手のポイントプラスと引き続き吉原騎手のアサヤケ。エンパイアペガサスを
  高く見てるからこの2頭にも魅力を感じるのよね。」
弟「タイムズアロー以外は南関重賞常連じゃない馬で攻めるとは。」
俺「ちょっとチャレンジャーな感じになっちゃったかな・・・」


弟「クールイズビューティー。」
俺「壊れたオモチャみたいだよ、お前。」



弟子予想
◎コンドルダンス
○イッシンドウタイ
○タイムズアロー
▲モンサンカノープス
▲エンパイアペガサス

三連複◎○から ワイド◎から○



弟「ここは連単系で攻めないのがクールイズビューティー。」
俺「お前は森騎手とコンドルダンスで攻めたか。」
弟「このコンビだからこその船橋勝負になると思いますよ。まずマイルの持ち時計は一級品ですからね、確かに距離には不安が
  あるけどこのコンビならカバーできるハズ。相手は人気どころになるだろうけど重賞常連が一枚上なんじゃないかな。」
俺「重賞常連って、イッシンドウタイとエンパイアペガサスは南関に来てそこまで戦歴積んでないぞ。」


弟「クールイズビューティー。」
俺「何でもそれで押し切るのやめてくんない?」






※そう、クールイズビューティーだ(これ二度目)



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/02/08 02:00 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(2)

浦和 ニューイヤーカップの予想

弟子「・・・・・」
俺「・・・落ち込むなって言う方が無理だよな。」
弟「はい・・・」
俺「この負け方はなぁ・・・」


日経新春杯 結果
1着 ミッキーロケット → 俺○弟子▲
2着 シャケトラ → 俺切った 弟子○
3着 モンドインテロ → 俺◎

9歳初戦のダコールは、先頭から3.2秒離された13着に終わりました・・・


弟「悲しいよぉ・・・だこーはこんな負け方する馬じゃないんだよ。」
俺「12着のテイエムナナヒカリからの8馬身差というのが大きいな、着順よりも着差がねぇ・・・」
弟「大丈夫なのかな・・・」
俺「無責任に『次は大丈夫だろう』なんて言えないよ、この負け方は本当にダコールらしくない負け方だもの。」
弟「うう・・・」
俺「でも原因を求めることもできる。まず馬体重がこの時期絞れない馬で、前走から更にプラス体重で出てきた時点でイヤな感じ
  ではあった。そこにこのイレギュラー開催での2日延期と、その間の厳しい寒さに荒れた馬場。ただでさえ条件が全盛を過ぎた
  ダコールにとっては厳しいものになったんだから、敗戦は致し方無い。この状況下でのトップハンデも結果的に応えた。」
弟「でも、今まで58㎏でも頑張れていたんだよ?」
俺「そこに関してはイヤラシイ邪推もできる。まず今回の58㎏ってハンデ、納得できるものじゃないだろ?」
弟「そうですね。昨年後半の成績を考えるとちょっと背負わされ過ぎだと思う。」
俺「一応、昨年前半は58㎏でもいい成績を残せていた。でも結局昨年は勝てずに迎えた今年初戦にまた58㎏を背負うことになり
  このレースでこの結果だ。」
弟「うん・・・」
俺「恐らく次に走るとしたら小倉大賞典、いつものローテだろうな。」
弟「次があるのかどうか、不安になっちゃうレースだったよ。」

俺「ここで馬体が絞れて、ハンデ軽くなったら計算通りって筋書きも
  考えていいと思うんだよ。」

弟「汚い。この大人汚い。」


俺「流石に9歳となると考えなくちゃならないし、今回は策を煙にまける状況だった。要するにトップハンデで開催がズレたから大敗
  したって見栄えが可能だろ。まぁワザとあんな大敗はしないと思うけど無理をさせなかった可能性はある。」
弟「あるかなぁ、そういうこと。」
俺「・・・ぶっちゃけ、そういう風に考えないとダコールに対してポジティヴになれない敗戦だと思うのよ。でも俺としては見方次第で
  ノーカン扱いでもいいレースになると思うよ。問題は次にどんなレースをするかだ、流石に次も着差が大きいとフォローしきれ
  ないよ。」
弟「だこー・・・まだ頑張れるよね?無理もしてほしくないけど・・・」
俺「そこは俺に聞くな、デシちゃんが自分で決めるんだ。大体お前にダコールを見限れるワケがないと俺は思っている。」
弟「もちろん走り続ける限りは応援し続けます。」
俺「だろ。ならば予想としても本命を打ち続けるか、あるいは予想とは別の部分でダコールはとにかく応援するか、そういうスタンス
  を選ぶことになる。俺が前にヒットくんで本命だけど軸じゃないって言ったみたいに。」


弟「それは卑怯です。」
俺「漢らしいなぁ・・・」



弟「それではだこーにシツレイなのだ、来ないと思って本命を打つべきではないのだ。」
俺「そっか。まぁ、それが予想する時の気持ちとしては清々しいだろうからな。」
弟「でも、一応は今日の敗戦を経ても、師匠の邪推のおかげで少し前向きになることができました。まずは次のレースを期待する
  ことにします。」
俺「そうやって結局、次こそは次こそはってなっちゃうんだけどね。好きになった馬はそうなっちゃうよ、しょうがないって。」
弟「まぁ、どうしてもそうなっちゃいますよね。師匠のヒットくんも同じだもんね。」


俺「オリィもそうだよ。」
弟「同じにしていいのかな・・・」



俺「でも勝てなかったよ・・・」
弟「2着だったんでしょ!!新年早々スバラシイじゃないか!!」
俺「単勝だけしか買ってなかったから、お年玉もらえなかったよ・・・」
弟「師匠も師匠で漢らしい買い方したもんですね・・・」

俺「まぁ、オリィの場合は流石に毎騎乗全てオリィ軸の予想馬券なんか買ってたら死んじゃうので、鞍を選んで用法と容量を守り
  購入することをオススメしますけど。」

弟「ああ、オクスリとオリカサって似てるね。」
俺「デシちゃんが元気になったので予想に移りますね。」




★南関もクラシックへの道のりがスタート ニューイヤーカップです

俺「浦和では3歳重賞第一弾、ニューイヤーカップが行われます。」
弟「師匠は確か昨年に、今年の2歳は南関生え抜きには目ぼしい馬が居ないって言ってたけど、相変わらずその印象のまま?」
俺「うーむ、総帥に引っかき回された感が大きく、その中で目立った存在と言えばミサイルマンぐらいなんだよね。」
弟「ここも元道営だったり中央だったり、移籍馬が多いですね。」
俺「有力な感じがするのはそっちだよなー。まず元道営だよ、全日本2歳優駿で掲示板入りしたのも道営だし、東京2歳優駿牝馬
  なんか1~3着が元道営だもの。」
弟「圧倒してるんですね・・・」
俺「まずその中でも筆頭になるのがヒガシウィルウィンだろ。この馬は人気でも切れないよ、この中では実力が光り過ぎだ。」
弟「全日本2歳優駿4着、その前の北海道2歳優駿ではエピカリスに大きく離されはしたものの2着を死守してますからね、地方勢
  ではトップになるのは間違いない。」
俺「ここ2戦は中央相手に消極策の差し戦法でこの結果だからな。今回はもっと前に来るハズ、それでいて逃げなくてもレースが
  できる器用な脚質持ってるから崩れるイメージは沸かない。森騎手抜擢も心強くまず本命。」
弟「まぁボクも軸はこの馬なんですが・・・カブっちゃったか・・・」
俺「いいんじゃない?金杯のエアスピネルはダブル本命で勝ったぞ。今年はこういう流れなのでしょう。」

弟「前向きになれますね。でもなんかヤダ。」
俺「カブっていきましょう!!」


弟「最近の師匠はなぜかボクと本命がカブるとウレシそうにするんだよな・・・」
俺「なかよし!!」
弟「ま、最近師匠の本命は確かに調子いいし。この馬なら大丈夫かなって印象だからいいか。」
俺「そうですよ!!デシちゃんとなかよし、ウレシイ!!」
弟「でも気持ち悪いんだよなぁ・・・」


俺「なかよしになりましょう!!」
弟「あ、欲求不満だった。どっか行け。」



俺「ツレないなぁ。喜べよ、好調な俺と予想が同じなんだぞ。」
弟「調子に乗りやがって。」
俺「でも、問題はここから先なんだよね。確かに元道営が実力上位な見栄えではあるんだけど、いざヒガシウィルウィン以外の元
  道営組を見るとあれれ?ってなる。」
弟「ん、確かにそういう印象ですね。アンジュジョリーは良さげだけど。」
俺「小久保軍団3頭出しの一頭だな。」
弟「そうそう小久保厩舎。元道営に浦和の名伯楽、ここでは逆らえないでしょう。」
俺「アンジュジョリーはいいね、小久保軍団の中では。」
弟「何その含みのある言い方。他の小久保厩舎軍団はスターインパルスと中央から転厩してきたカンムルか、うーむ、どっちも
  怖いと思うけど。」
俺「その2頭は買わない。石崎駿は信じてるけど。」
弟「変な釘の刺し方をするんじゃない、フラグになるぞ。」

俺「石崎騎手も吉原騎手も、小久保厩舎側がメインレースで勝負する時の騎手ってイメージしないんだよな。なんで左海騎手が
  居ないのさ。」
弟「ありゃ、そう言えば左海さんが居ない。」
俺「気になって見てみたけど、この日の小久保厩舎の出走馬は大体岡部騎手が手綱取ってるんだよな。そこを見ちゃうとまず
  アンジュジョリーは怖くなってくる。左海騎手は単純に騎乗が無いだけだった。で、吉原騎手は翌日に3つ小久保厩舎所属の
  馬に騎乗している
。」
弟「ほほう。」
俺「岡部騎手と吉原騎手、その双方の小久保厩舎の騎乗馬を見比べると面白いんだが・・・」



こんな印象ですよ、マジで →  



弟「どうしてそんなことに!?」
俺「さぁ。わからないなぁ。」



弟「なんていやらしい物の見方をするんだ、アンタは・・・!!」
俺「パッと見の印象だけどそうなんだもん。そうなるとカンムルも中央勝利あるし大崩れしてないけど、果たしてどうなの?って
  思えちゃうワケさ。」
弟「おっかねぇよぉ、おっかねぇよぉ・・・」
俺「コレ言った通りになっちゃうと色々ヤバいね。なんとも新年早々汚らしい予想をしていることになる。」
弟「うわぁ・・・」

俺「実際火曜の最終で1番人気でシンガリ負けしてるしさぁ・・・」
弟「やめろおおおおおおおおおおおおお!!」



◎サヴァアルジャン
◎ヒガシウィルウィン
▲ブラウンレガート、アンジュジョリー、バンドオンザラン、リアルファイト

三連複◎2頭から うまふくワイド◎同士



俺「今年初の2頭軸予想で。浦和は先行有利と言ってもかなり前傾になりそうなメンバー、最内のフミオさんのブラウンレガート
  くらいしか残り目は見ません。サヴァアルジャンはいいレース経験積んでいて同厩の先輩フォクスホールと印象が近い。
  走るごとに強くなってる感じするよ、この馬。」
弟「サヴァアルジャン!!」
俺「・・・どうしたの?」

弟「サヴァアルジャンですか!!」
俺「・・・響きが気に入ったらしい。」


弟「いいですね!!サヴァアルジャン!!」
俺「どうです、サヴァアルジャンでなかよしになりませんか、デシちゃん。」


弟子予想
◎ヒガシウィルウィン
○アンジュジョリー
▲ブラウンレガート
▲サイバーエレキング
▲カンムル

三連複◎○から うまふく◎から



弟「サヴァアルジャン!!」
俺「言いたいだけなんですね・・・」






※弟子のツボが謎



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/01/18 01:17 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(4)