川崎クラウンカップの予想

★某社の新入社員歓迎会の二次会に誘われましたよ♥


俺「触らせろよぉぉぉ!!!」
弟子「はい、何事も無かった様です。」



俺「おおおおお!!!おおおおおお!!!」
弟「この様に、どうやら何もさせてもらえなかった様です。よかったですね。」
俺「あんまりだぁ!!ごちそうを目の前に延々と『待て』を強要される柴犬の気持ちがよく解ったよぉ!!」
弟「何故に柴犬限定。」
俺「何のために行ったのか、何のために呼ばれたのか!!」
弟「・・・普通に新入社員さんの歓迎会だったんでしょ。」
俺「俺を呼んだ時点で覚悟をしてもらわないと!!」
弟「解りました。各社様、もうコイツ呼ばないで下さい。」

俺「ああああああううううううう!!」
弟「・・・えーとですね、どうやら新入社員さんに近づこうとするとブロックされたらしいです。」
俺「すげぇんだよ!!まるでバスケだよ!!ディーフェンスだよ、ショーホクだよ!!」
弟「それはそれはスラムダンクでしたね。」
俺「アレがやりたくて俺を呼んだんだ、アイツらは!!バスケがしたいんですよ!!」
弟「そうですか、ところでどうでしたか、新入社員さんは。」


俺「おいしそうでした!!」
弟「本当に何も無くて良かった。」



俺「触るくらいイイでしょ!?たべるわけじゃないのに!!」
弟「ダメです。伝染りますから。」
俺「俺だってね、常識人なのです!!そういう場でいきなり何かするなんてコトはしないんですよ!!別に普通にごあいさつ
  くらいさせてくれたっていいじゃないですか!!」
弟「・・・本当に危険人物扱いされてたんですね。」
俺「見知った連中の動きがSPみたいになってたんだけど!!」
弟「新入社員歓迎会じゃなくて侵入者in歓迎会ですね。」

俺「うまいぞ、デシちゃん。ごほうびにたべてあげようか。」
弟「溜まったうっ憤をボクにぶつけようとしないでくれませんか。」
俺「もうね、アイドルの握手会もビックリですよ!!名刺交換済ませたら話もさせずに『はいはい、チルさんこっちへ』って
  移動させられちゃったんだぞ!?その後に再度アタックかけようとしたらディーフェンスですよ!!」
弟「アタックって言ってるヤツにディフェンスかけるのは当たり前のことです。」

俺「『はえたたき』されたんだぞ!!」
弟「スラムダンクごっこ楽しそうだね。」


俺「結局おじさん達の相手ですよ!!普段からよく顔を合わす新鮮味ゼロのおじさん達の!!」
弟「師匠を呼んだのは、その普段からよく顔を合わす新鮮味ゼロのおじさんなんでしょ。」
俺「そうだよ!!」
弟「要するに、よく顔を合わす新鮮味ゼロのおじさん達が師匠を呼びたかったんですね。歓迎会は関係なく。」
俺「うれしくねぇよ!!」

弟「よく顔を合わす新鮮味ゼロのおじさん達と
  いやらしいことをすればいいのでは?」

俺「お前、いきなり怖いこと言うなよ!!」


弟「そっか、師匠ショタコンだもんね。おじさんはイヤか。」
俺「そう、ショタコンなのでお前なんとかしろ。」
弟「ボクはショタでもロリでもありませんから。あと何とかする気も毛頭ございません。」
俺「よしわかった(ポチポチ)」
弟「どこに電話してるのです?」


俺「ロリコンのおじさん達を呼んでお前をなんとか
  させるんだ。」

弟「すぐ電話切って!!!」




★ロリコンのおじさん達が来る前にクラウンカップ予想

俺「大丈夫、呼んでないから。」
弟「変に欲求不満を募らせた挙句におそろしいことをしようとするな!!」
俺「しかし俺にはいつでもそういう準備があることを忘れてはいけない。」
弟「どういう脅迫だ・・・」

俺「お前は常にハァハァしたロリコンのおじさん達の熱視線を
  浴びているのだ、それを忘れるな。」

弟「それならあの会社の仕事には行きません。」


俺「さて、じゃあ競馬予想でもして落ち着きましょう。」
弟「そうしてください。」
俺「中央では春のG1連戦になりますが、南関はゴールデンウィークからがG1、S1シリーズ。4月一杯はS3戦と交流重賞の
  Jpn3戦になるんですね。中央レースの合間にはちょうどいい感じのテンションになります。」
弟「クラウンカップって羽田盃のトライアルレースなんですよね。」
俺「そうだよ。」
弟「でも、このレースの勝ち馬って過去を見直しても羽田盃で全然だし、本番への参考になりにくいメンバーになることが多い
  印象が強いんですけど。」
俺「実際ここ数年はそうだよな。一応、8年前以前になるとクラシック直結率の高いレースになっているんだけど、交流重賞が
  激化してからは補欠レースみたいな感じになっちゃってるんだよね。」
弟「だから、こういう馬が出てくると『アレ?』って思っちゃうんだけど・・・」
俺「ローズジュレップだよね。俺も『ここに?』って思ったもん。」
弟「どういうことでしょう?」
俺「どういうことって?」
弟「だから、京浜盃では敗れたものの、この馬は兵庫JGを勝利していて賞金は確保できてるから羽田盃に出れないワケじゃ
  ないんでしょ。京浜盃から中1週でこのレース使うってどういう意味があるのかなぁと。」
俺「京浜盃で落鉄があったらしいな、この馬。それが原因で直線失速したのなら馬券的に悔しいけども。」
弟「・・・落鉄があったならダメージも心配でしょ、尚更中1週でレースに出てくる理由が解らないよ。斤量だって背負わされる
  んでしょう。」
俺「うーん、理由ね。」



理由 →  



弟「いや、まぁ、うん・・・だからと言ってはと思うけど。」
俺「気にする程のことじゃないんでないの。」


弟「・・・たまにありますよね、小久保厩舎ってこういうの。」
俺「無理使いではないと思うけどねぇ。トーセンセラヴィのことがあったばかりだから、こういうクラスでは余計に気を遣うハズ
  だし特に問題はないと思うけど。斤量だって酷量とは言えない57㎏でしょ。」
弟「うーん、違和感あるよね。こういうクラスの馬がここに出ることに。」
俺「怪しんでもいい部分だとも思うよ、小久保厩舎と吉原騎手のコンビもあまりよろしくない。でも、俺には文句つけたところで
  っていうメンバー構成だと思えるんだよねぇ。」
弟「そうなんですよねぇ・・・」
俺「むしろこんな使い方して変なレースさせちゃいけない馬でしょ。俺はそう見るけど。」
弟「ふむ、逆らわないのか。」


俺「でもサヴァアルジャンはいいよね。」
弟「サヴァアルジャン!!」



俺「ニューイヤーカップでは内枠の利があったにしろ、ヒガシウィルウィンを筆頭とする京浜盃上位組とそこそこ渡り合えた
  からな。マイルの持ち時計もこの中じゃ上位だし、馬体を増やして世代上位と戦ってきた経験値は高い。」
弟「師匠はサヴァアルジャンがお好きなのですね!!」
俺「いいね、サヴァアルジャンは!!」
弟「いいですよね、サヴァアルジャン!!」


俺&弟子
「サヴァアルジャン!!!」



◎ローズジュレップ
◎サヴァアルジャン
▲ブルーマネー

三連単◎1,2着→▲3着 三連複 うまふく◎同士



俺「順丁度で言えばサヴァアルジャンとブルーマネーの2頭が良好に見える。サヴァアルジャンはニューイヤーCから間隔を
  設けているけど、その分の成長に期待していいと思うよ。A1クラスのタマモホルンの胸を借りて追い切りも消化してるし、
  斤量差を考えたら普通にローズジュレップに勝っちゃうかもと期待しているのだ。」
弟「なんと!!サヴァアルジャンが!!」
俺「そう、サヴァアルジャンが勝っちゃうかもしれないのだ!!」


俺&弟子
「サヴァアルジャン!!!」



弟「楽しいね、サヴァアルジャンは!!」
俺「うふふ、デシちゃんもニューイヤーカップからサヴァアルジャンがダイスキなんだね!!」
弟「ボクにもサヴァアルジャンの良さが解ってきたのです!!」
俺「ならばどうだい、一緒にサヴァアルジャンしてみないかい?」


弟子予想
◎ローズジュレップ
○バンドオンザラン
○ブルーマネー
▲ナルカミ

三連単◎1着→○2,3着→▲3着 うまふく◎から○



弟「サヴァアルジャン!!」
俺「やっぱり狙わないんだ・・・」






※サヴァアルジャン!!!!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/05 00:53 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(9)

浦和 桜花賞の予想

★桜花賞かー


俺「真冬だよね・・・」
弟子「しゃむいよぉ!!」



俺「ちらほら咲きそうになってたんだけどな、桜。」
弟「全然ですよ!!だってこんなにしゃむいんですよ!?咲きかけてたのにまた止まっちゃったのだ!!」
俺「今週寒かったからなー・・・今日なんて雪でも降りそうな天気だったし。」
弟「ちょっと暖かくなったって思ったのに、また冬が来てしまいましたねぇ。ヤダなぁ・・・」
俺「デシちゃんは寒いのが苦手なんですよ。」
弟「しゃむいのきらい!!」

俺「確かに貧乳って、なんか寒そうだよな。」
弟「おおそうか、じゃあおっぱい触らせろよ。」


俺「・・・なんでそうなる。」
弟「オメェのおっぱい暖かそうだな!!ボクのと違ってさ!!」
俺「あったかいよ。」
弟「堂々と言い切ってくれますね・・・」
俺「お前さっき、俺におっぱい触らせろって言ったけどな。面白い記事をさっき見つけたんだよ。」
弟「面白い記事。」
俺「デシちゃんはおっぱい大きくしたいんだよな。」
弟「どうしてこういう流れになったんだ・・・でも、大きくできるものならしたいですね。」
俺「そしてお前は寒がりである、そう考えると合点がいくのだ。」


冷えと貧乳は、深く関係している


俺「なら触るべきはお前の胸だ。」
弟「なんてこった!!自滅だ!!」


俺「冷え性だからお前はおっぱいがちっちゃいのだ。寒ければ寒い程おっぱいが縮むぞ。」
弟「そうだったのか・・・ボクのおっぱいが小さいのは寒がりが原因だったのか・・・」
俺「ならばどうすればいい?」
弟「・・・」


俺「いじくって温めるしかないだろ。」
弟「いじくらなくてもいいです。」



俺「今日の寒気で桜のつぼみみたいに縮こまってるお前のおっぱいは、温めれば花が咲くってことだろ。」
弟「スバラシイ情報ですね。解りました、自分でやるから大丈夫です。」
俺「遠慮しなくていいよ。自分でやると加減しちゃうだろ。」
弟「イヤです。いやらしいことされたくないし。」

俺「ヤケドするくらいこすってやるよ。」
弟「趣旨が完全に違ってきてる。」


俺「でも冷え性の改善がバストアップに効くってのはマジっぽいね。今更感は強いけど。」
弟「寒いのに強くなって、更におっぱいがでっかくなるとはスバラシイじゃないか。よし、ちょっと調べて実践してみよう。」
俺「冷え性ってなかなか治らないんだろ。自分のチカラだけでなんとかなるもんかね?そこまで本気になるんだったら病院や
  美容関係にあたってみてもいい気がするんだけど。」
弟「それも正論ではありますけど・・・なんとか我慢はできるレベルだったから放置しちゃってたんですよね。でもそれでおっぱい
  が大きくのなるというなら話は別、本腰を入れる必要があるのです。どれどれ・・・あ、これとかそれっぽい。」
俺「方法あったか。」
弟「えーっと、リンパの流れを良くするマッサージってのがあって・・・」


俺「やってやんよ。乳首いじりゃいいんだろ。」
弟「全然違うわ!!!!!」



俺「そうすりゃ体がポカポカするんだろ。リンパだろ。知ってる知ってる。」
弟「適当なコト言ってるんじゃねぇ!!アンタはただイヤラシイことがしたいだけだろ!?」
俺「とんでもない。お困りのデシちゃんの治療の為ですよ。ポカポカにしてあげますよ。」
弟「もういいです!!自分でやれる内容みたいだし、師匠の手は借りませんから!!」


俺「開花させてやりますよ。」
弟「意味がもうコワイわ!!」



俺「ひとまず、デシちゃんを開花させる前に桜花賞で満開の馬券を取ってご覧にいれましょう。結構クセのあるレースだか
  らね、そのクセを予想に反映せねばなりません。」
弟「うううう、なんなんだこの流れは・・・」


★セオリーはやっぱり重要なのか? 南関牝馬クラシック第一戦、桜花賞

俺「いいですか、このレースには無視できないセオリーがございます。」
弟「セオリーと言いますか、ファクターと言いますか、とにかく重要な部分ですよね。」
俺「もったいぶる必要もありませんね。浦和マイルはポケットからスタートしていきなりコーナーがある。その為、内枠が有利で
  あり、外枠が不利になるコース
です。」
弟「ふむ、そうなのです。」

俺「得意気に言う事じゃありません。バカでも解ります。」
弟「誰にどんなケンカ売ってるんですか。」


俺「ドヤ顔して言うことじゃありません。ドヤ顔するだけバカにしか見えないのです。」
弟「誰がいつドヤ顔したっていうのだ・・・」
俺「実際に過去成績見れば一目瞭然ですよ、内枠から先行した馬の馬券圏内率は異様に高い。特に1枠は馬券に絡む率が
  高く、過去実績を度外視しても1枠は抑えておけというのが浦和マイルの常識みたいなものです。」
弟「逆に、オレンジ枠とピンク枠は馬券に全然絡めないんですよね。」
俺「何を知ったかぶってるんだ、当たり前だろ。」
弟「知ったかぶって言ったワケじゃないのに・・・」

俺「これはねぇ、騎手も当然の如く解ってることなんですよ。もう浦和マイルというコースで内枠に入ったら思い切りよく行く
  のが吉であると。そうやって内側が積極的に出たら外枠に入った馬は無理を強いられる。」
弟「最初のコーナーでの位置の取り合いが厳しくなるのですね。」
俺「また、よりによって今回は馬場が渋いまま本番になりそうでしょ。かなり激しいスタートになりそうだから、余計に外が厳しい
  格好になりそうだ。初速で強引に外から先団に行こうとすると内外の有利不利が更に大きくなるんだよ。」
弟「それだけ外枠から先行するのが厳しいコースなんですね・・・」
俺「府中2000mよりも枠順の有利不利が大きいコースだよ。現実に月曜のメインの浦和マイル戦、1~3枠の順番通りに決着
  しちゃってるんだもん。」
弟「小回りだからなぁ、枠と出脚がレースを思い切り左右するんだね。」


俺「ね。バカでも解るよね。」
弟「だから誰に対してケンカ売ってるの!?」



俺「そんな、バカでも解る浦和マイル戦、桜花賞。」
弟「ナメ腐ってるなぁ・・・」
俺「だからと言ってじゃあ内枠買っておけばいいんだってならないのが今年の面々。何せ直結率の高いユングフラウ賞の
  1,2着が7枠に入ってしまった。能力から枠の有利不利を足し算やら引き算して、このレースがどうなるかをイメージする
  必要がありますな。」
弟「ふむ。」
俺「面白いことに、過去にユングフラウ賞の1,2着が揃って外枠に入ったことがないんだな。だから内枠有利を過信するのも
  よろしくないんだ。結局は浦和巧者がいい枠に入ってたんじゃないかと見てもいい。」
弟「枠を取るか、実績を取るか。まぁ両方が組み合わさっていればそれがベストと。」
俺「そうなるとバカでも目に付くのがスターインパルスだ。」
弟「今日は荒々しいのですね。」
  
俺「もう腹が立つくらい解りやすいね、単勝1.2倍くらいなんじゃない?それくらいのオッズになるでしょ。」
弟「・・・なんでユングフラウ賞で4着だった馬がそんなオッズになるんだ。」
俺「小久保厩舎はなぜか地元浦和の桜花賞を未だに勝っていない。それは苦手とかいうことではなく多分、あまり牝馬に
  関して巡り合わせがなく積極的に狙って来なかったからだろ。今年はアンジュジョリーとの2頭出し、初の桜花賞制覇に
  向けて狙ってきている感は強い。」
弟「小久保厩舎の2頭ではアンジュジョリーよりも、やっぱりスターインパルス?」
俺「先行できるサウスヴィグラス産駒が内枠に入ったんだ、桜花賞はこれだけで充分なのだよ。」
弟「でもさぁ・・・その、あんじょ」


俺「しかも鞍上が石崎駿。」
弟「自爆したぞコイツ・・・」



俺「ここで石崎駿を信じずにドコで信じるんだって状況ですよ。やりましたね、桜花賞は石崎駿です。おめでたうございます。」
弟「なんかもう・・・ヤケクソにしか思えないんですけど・・・」
俺「アナタハァ イシザキシュンヲォ シンジマスカァ?」
弟「もう自暴自棄になってるんでしょ!?」

俺「単勝1.2倍の石崎駿です。」
弟「そんなオッズにはなりませんし、発言がいちいち地雷にしかなってませんよ!!」
俺「地雷なのは重々承知だ。」
弟「じゃあもうやめましょう、そういうことを言うのは。とりあえず師匠はスターインパルス本命ってことで・・・」


俺「石崎駿なんか本命にしねぇよ。」
弟「もう好きなようにして!!」



俺「いいかい、確かに浦和マイルのセオリーで言えばもうスターインパルスは切れませんよ。」
弟「切りはしないんだ・・・」
俺「石崎駿はちょっとだけ信じます。」
弟「お茶を濁しよった。」
俺「しかしですね、この局面で真に信じるべきは石崎駿ではないのです。良い状況が揃っているからと言って、それだけで
  本命にできるものではありません。」
弟「ふむ。まぁ、能力的に見れば枠だけで逆転できるとは言えないかもしれませんからね。」
俺「何故なら石崎駿だからです。」
弟「勝たせたいのか勝たせたくないのかどっちだ。」

俺「結局のところヤバイのはアップトゥユーって存在なのだよ。この馬の速力はナメられない、しかも鞍上が血気盛んな道営
  の阿部龍騎手。このコンビの特徴は相手を叩き潰す様な競馬なんだよね。浦和マイルの乗り方だって慣れてないだろう
  から、とにかく出脚で前を追おうとするのは目に見えている。そうなるとスターインパルスはマズイんだよ。」
弟「おそらくどちらも人気になるでしょうけど、そのままゴールって可能性は?」
俺「それもあるし潰し合いになる可能性もあると思う。石崎騎手にしろ阿部騎手にしろ老練さはないからね。でも単純に馬の
  能力で考えたらアップトゥユーの方を上に見れるし、この馬が無茶をしたらスターインパルスの方が潰れると考える。」
弟「枠の有利不利より馬の能力で考えるとそうなるのか・・・」
俺「枠順も確かに重要なレースだけど、それだけで決まるレースでもないと思うね。ここで信じるべきはコレですよ。」



信じよ →  



弟「どれだけ地雷を用意してるんですか!?」
俺「実際もう何を信じればいいのか解らない。」



◎シェアハッピー
○アップトゥユー
▲ガロ
▲スターインパルス

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から うまふく◎から



俺「3年前にシャークファングで勝利した矢野騎手と4番枠から出るシェアハッピーのコンビが本命だ。前走は終始外を回ら
  され距離のロスがかなり大きくなった。出脚もモッサリしてたし見直す部分がかなり大きい。」
弟「確かにピンクドッグウッドもこのレースから巻き返してるんだよなぁぁぁ・・・」
俺「シェアハッピーもステップオブダンスも出脚の良くない好位追走型だ。こういうタイプこそ枠による差が出る、外枠から出て
  延々外を回らされる可能性が高いステップオブダンスは切り。アップトゥユーとスターインパルスがケンカしたら突っ込んで
  来れるのがシェアハッピーと最内のガロだ。柏木騎手は今開催の浦和で乗れてるし、馬自体も末脚はいい。」
弟「・・・今日は騙しはないのですね?」
俺「人聞きが悪いね、何のコトだよ?騙しって。」
弟「京浜盃の時みたいなヤツですよ。」


俺「おう?おう。」
弟「はっきりしろ。」



弟子予想
◎アップトゥユー
○スターインパルス
○ステップオブダンス
▲グラスサファイヤ
▲ゴーフューチャー

三連複◎○から うまふく◎から



弟「ボクは枠をガン無視します、確かに少なからず影響はあるんでしょうけど外からアップトゥユーが行くとなると落ち着いた
  ペースにはならないと思うよ。馬力を信じたらステップオブダンス、ペース次第でスターインパルス。アップトゥユーはまず
  どんな状況になっても残り目と見ます。」
俺「うわ出た、▲で攻めるパターンだ・・・」
弟「ハイラップ戦になったらグラスサファイヤの差しが侮れない。東京2歳優駿牝馬で、そしてユングフラウ賞で見せた末脚は
  ハイレベルなレースでこそ炸裂するのでしょう。あとは当初の評価と全く違う成績になってしまったゴーフューチャー。まだ
  見直していいハズです、佐藤厩舎の社台生産馬に吉原騎手という部分に勝負感があるんですよね。」
俺「なかなかイヤラシイ予想をしてきたな、確かにここの吉原騎手抜擢は怪しんでいい部分だ。」
弟「スアデラの妹なんだよ。デビュー2戦は強かったし、何かの拍子に目を覚ませば走れてもおかしくないと思うんだ。」
俺「面白い読みだ・・・しかし、二人して気になる馬を切っちゃってるな。これ結構ヤバイな。」
弟「アンジュジョリーですよね、小久保厩舎の元道営馬・・・あの、わざわざそういうことを言うって、なんか意味あるの?」


俺「ん?ううん。」
弟「お前また何かヤラかしてるだろ!?」



俺「門別様も冷え性な上に寒いところにいらっしゃるからおっぱいちっちゃいのかな・・・(ボソッ)」
弟「余計な妄想しないでください・・・」





※門別様もあたためてあげたい



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/29 01:24 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(9)

京浜盃の予想

★うう

俺「今週末なんだよね、ドバイミーティング。」
弟子「そうなんですよ。」
俺「・・・」
弟「・・・」
俺「・・・えっと、日本時間で土曜の深夜になるんだっけ?」
弟「そうなんですよ。」
俺「・・・」
弟「・・・」
俺「デシちゃん、一応各レースの時間を調べてもらえるかな?」
弟「かしこまりました。」


ゴドルフィンマイル G2 ダート1600m 日本からカフジテイクが出走 日本時間25日 20:45発走予定
UAEダービー G2 ダート1900m 日本からエピカリス、アディラートが出走 日本時間25日 22:25発走予定
ドバイゴールデンシャヒーン G1 ダート1200m 日本からディオスコリダーが出走 日本時間25日 23:35発走予定
ドバイターフ G1 芝1800m 日本からリアルスティール、ヴィブロスが出走  日本時間26日 0:30発走予定
ドバイシーマクラシック G1 芝2400m 日本からサウンズオブアースが出走 日本時間26日 1:05発走予定
ドバイワールドカップ G1 ダート2000m 日本からアポロケンタッキー、アウォーディー、ゴールドドリーム、ラニが出走
日本時間26日 1:45発走予定



俺「むう。」
弟「いかがでしょう。」
俺「・・・」
弟「・・・」


俺「微妙だなぁぁぁぁぁ・・・」
弟「あうあうあうあうあう・・・」



※今年も25日に飲み会が入っております・・・



俺「去年も予想やれなかったんだよなぁ、時期的にしょうがないことではあるんだけど・・・」
弟「今年もかよぉぉぉ・・・」
俺「メインの3レースは見れると思うけど結構微妙でもあるな。一昨年までやってた実況更新みたいなのは確実にムリ。」
弟「なんとしても早く帰れるようにせねば。」
俺「そうは言っても、自分達で早めに切り上げられたら何の苦労もないのだよ。一応の区切りがどんな時間になるかが鍵。」
弟「むううう、こんな飲み会よりドバイの方が大切なのです!!今年のドバイは馬券も買えるし!!」
俺「ターフとシーマクラシックとワールドカップは発売するんだよなぁ・・・まぁ、とりあえず土曜の夜、我々はいつも通りの予想が
  できません。それは言い切っておこう。」
弟「ううううう・・・」


zakuro.jpg



俺「ただし、ざくろさんの予想はあります。」
弟「そうだ!!ボクらにはざくろさんが居た!!」



俺「去年同様、年末とドバイの顔はざくろさんと決まっているのです。」
弟「ざくろさんが居てよかったね、師匠!!」
俺「よかった、本当によかった!!」


弟「ざくろさんがドバイターフ、シーマクラシック、ワールドカップと
  日本のマーチS、高松宮記念の予想をしてくれるんだね!!」

俺「そうだよデシちゃん!!すごいね!!」



弟「すごいね、ざくろさん!!全部当たるとイイね!!」
俺「おいおい、ざくろさんだぞ?失礼なことを言ってはいけないな。全部当たるに決まっているじゃないか♪
弟「そっかぁ!!ざくろさんだもんね!!」
俺「ひょっとしたらざくろさん自身が高松宮記念を勝っちゃうかもしれないぞ。」
弟「ほほう、それはどういう意味でしょう?」


俺「メラグラーナはイタリア語で、ざくろさんのことなんだ。」
弟「わああ、今週末はざくろまみれだね!!」



俺「ドバイ予想も全勝!!高松宮記念も優勝!!どうだい?ざくろさんはスバラシイだろう!!」
弟「ざくろさんカッコイイ!!ざくろさんが居てよかった!!」
俺「多分ざくろさんは大相撲も予想するぞ!!」
弟「すごぉい!!ざくろさんはなんでもできるんだ!!」

俺「というわけで、土曜日はざくろさんの予想でお楽しみください。我々は飲み会からの帰宅次第ですね、戻って来れても
  多分ツイッター予想でお茶を濁しているでしょう。」
弟「・・・いいのかな、茶番で盛り上げようとしたものの毎年こんなんで。」
俺「コレでやってくれないざくろさんじゃないよ。」
弟「・・・ここまでやっておいてですけど、師匠はざくろさんをアテにし過ぎです。」


俺「じゃあ土曜の夜は、予約更新で『ざくろさんの
  予想コーナー』として記事用意しとくから。」

弟「がんばろうぜ、ざくろさん。」




★さぁ、南関はクラシックの実質1冠目、京浜盃です

俺「このレースってS2だけど、実質南関の牡馬三冠って京浜盃、羽田盃、東京ダービーだよね。」
弟「ジャパンダートダービーはちょっと違うか、対中央戦になるし。」
俺「ここで各ステップレース組も集約されるから弥生賞やスプリングSとも違うじゃん。本番に向けての本番って感じ。」
弟「そうだね、一旦はここに集まるんだよね。」


俺「あれ、コスモスがいない。」
弟「やめてさしあげろ。」



俺「コスモスはどこに。イギリスか。」
弟「・・・自分でこないだ言ってただろ、金曜日のつくし特別だって。」
俺「南関クラシック第一冠はつくし特別だったのか。」
弟「もうコスモスから離れてあげてよ・・・!!」

俺「2歳の内に南関重賞に挑戦しとくべきだったよな、京浜盃にも登録してたけど賞金順で完全にアウトだもん。」
弟「まぁ、ここならばって見方ができますからね。」
俺「正直言って居たら面白い一頭になったハズだよ。話題性あるし、色々言っても南関生え抜きではあるでしょ。ここのところ
  元道営、元中央が優勢なクラシック戦線、コスモスは生え抜きの中から戦える一頭になれたかもしれない。」
弟「今年も元道営が優勢でしょうか?」
俺「ミサイルマンを信じるかどうか、ブラウンレガートが元道営に通用するかどうか、マルヒロナッツオーをどう見るか。純正
  南関組で見れるのはこの3頭だけど、通用するとしたらミサイルマンくらいなんじゃねーのか?」
弟「一番収拾に悩む馬ですよね、久々だし・・・」
俺「実際、このパターンは良くないんだよ。結局ミサイルマンだってこういうレベルの馬達とはレースしてないんだから。俺は
  切りの一手だと判断するけどね、期待はしてるけど予想では狙いにくい。」
弟「ってことは元道営と元中央で固まる予想ってコトか・・・」
俺「一枚下のクラスだって元道営に圧倒されちゃってるんだもん。こないだブラウンレガートが勝ったクラシックトライアルで
  あまり差のない2着だったクラキングスなんか、道営時代にトップメンバーになれなかった馬なんだぞ。」
弟「でもブラウンレガートはニューイヤーカップでヒガシウィルウィンにアタマ差の2着だよ。」
俺「浦和1600mの1枠でも負けてしまったって言うべきだ、そこは。」
弟「おきびしいのですね・・・」
俺「バリスコアが取消なのはイタイな・・・狙いたい馬でオッズ上げてくれそうなの、この馬くらいだったからなぁ。」
弟「そうなると、ミサイルマン抜きではあるけど固い予想になってそうですね。ローズジュレップ、ヒガシウィルウィン辺りが
  中心になりそうだ。」
俺「固めではあるけど、一応ここからはある点を踏まえての予想になります。」



踏まえてください →  



俺「いいかな?」
弟「・・・ゑ?ゑ?」


俺「・・・いやぁ、ここはカンムルっすよ!!」
弟「また茶番が始まった!!」



俺「中央で1勝、小久保厩舎に来て雲取賞を勝ったカンムルでいいんじゃないですかねぇ!!」
弟「うう・・・頭が痛くなってくる・・・」
俺「うーん、ローズジュレップも強そうだなぁ、ヒガシウィルウィンも大崩れはしないだろうし・・・」
弟「・・・」


俺「でも元中央のカンムルが、あんなコムスメである門別様の
  手下にヤラれるワケがないのです!!」

弟「もぉなんかヤダ!!」



俺「このコムスメめ、南関にまで俺を邪魔しに来やがってるんだ。」
弟「門別様が一体何をしたっていうの!?門別様は今、お休みされているんですよ!?」
俺「道営から南関に来てるタイムビヨンド。知ってるな。」
弟「・・・金盃で師匠が本命にして、馬体重が絞れずに負けてしまい、結果物凄く痛いタテ目になってしまったんですよね。」


俺「買ってない火曜メインで勝ちやがった・・・」
弟「さすが門別様だぁ!!」



俺「コレもう完全に居るでしょ、門別様。大井に来てるでしょ。バカにしてるでしょ。タイムビヨンドはコムスメの刺客でしょ。」
弟「それでこうなってるのか・・・」
俺「カンムルっすよ、カンムル。元道営で2歳女王になったピンクドッグウッドから吉原騎手を奪ったカンムルっすよ。1着に
  固定しちゃっていいんですよ。」
弟「ふぐうう・・・門別様、気をしっかり持ってください・・・!!」

俺「へ?門別様のワンツー!?ないないないない!!」
弟「それ以上門別様を挑発するなぁぁぁ!!」



◎カンムル
○ローズジュレップ
○ヒガシウィルウィン
▲ピンクドッグウッド

三連単◎1着→○2,3着→▲3着



俺「まぁカンムル圧勝でしょうね、ローズジュレップとヒガシウィル
  ウィンのワンツーなんてあるワケがありません!!」

弟「畳みかけるんじゃねぇ!!」



弟子予想
◎ローズジュレップ
◎ミサイルマン
▲ブラウンレガート、カンムル、マルヒロナッツオー、ヒガシウィルウィン、ソッサスブレイ

三連複◎2頭から うまふく◎同士



俺「・・・また随分な狙い方したもんだね。」
弟「ボクはミサイルマンに賭けてみる方向で。通用するのならローズジュレップといい勝負になってもらいたいです。」
俺「南関生え抜き有力候補を全部入れてきたか、いいね。そしてソッサスブレイとは。」
弟「北海道2歳優駿の惨敗があったからこその南関3連勝だと思いますよ、道営時代にはヒガシウィルウィンの2着にもなった
  ことがあるんです。決して弱い馬ではないのだ。」
俺「なるほど、渋い門別様に目を付けたものだね。」
弟「なんだよ、渋い門別様って・・・」


俺「でもここはカンムルです!!」
弟「もう解ったからやめて!!」






※カンムル1着!!門別様ウェーイ!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/22 01:42 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(6)

フジノウェーブ記念の予想

★ごぶさたです

俺「なんか急に間隔空けちゃってスンマセンっした。」
弟子「あ!!」
俺「どうしたのかな、デシちゃん。」

弟「アサガエリフナムシさんだ!!すごーい!!」
俺「やあ、アサガエリフナムシだよ。」


弟「うるせぇボケ。」
俺「なんておっかないのでしょう。」
弟「まぁ、なんと言いますか・・・一度は理由を持った間隔だったけど、流れでそのまま更新しなかった感じなんですよねー。」
俺「そうなのよね、まいっか的な。」
弟「このまま更新しないんじゃねぇか、この人って思ったもん。」
俺「たかだか一週間だろ?大げさだよ。一応は理由あるんだし。」
弟「餃子作りと飲み会とアサガエリフナムシ。」
俺「部屋とワイシャツと私みたい。」

弟「全然違います。」
俺「その合間には時間設けられたんだけど、やっぱ疲れちゃっててさー。そういう時は競馬予想もロクにできねぇんだって。雑談
  考える余力もないし。」
弟「師匠は確かにお疲れでしたね。3月のアタマってこんなだっけ?」
俺「お前は確定申告で疲れてたでしょ。溜めこんでたんだから。」
弟「と言うより2月がおかしかった。ヒマな2月はドコに行ってしまったのでしょう、月末なんか繁忙期みたいになってたぞ。それで
  確定申告が思うように進められなくてこうなっちゃったんだ。」
俺「その時期に競馬関係でも色々なニュースがあったでしょ。趣味の部分の精神的疲労と仕事関係の普通の疲労が重なっちゃ
  って、結構しんどかったのは間違いないよ。」
弟「うん、そうですねぇ・・・」
俺「これが3月になって最初の更新になっちゃってるんだから。」


弟「爆誕祭やってないですよ。」
俺「いいんだ、いいんだよ、
  もういいんだ・・・」



弟「折笠騎手、元気してるかな?」
俺「もう浦和にオリィは居ないのだ、新潟で新たな人生を歩み始めているのだ。」
弟「猫背の金子騎手も引退です、こういう時期なんですよね。やっぱり寂しいと疲れちゃうんだな。」
俺「ホワイトマズルの訃報やジュエラーの引退もあった。そういうニュースを立て続けに見ると、どうしてもね。」
弟「うん、寂しいね・・・」
俺「まー、なるべくは通常通りに更新したいところだけど、競馬関連の話題はともかくとして、仕事関係でのこの流れはちょっと
  続きそうなんだよね。別に飽きたってワケじゃないから心配しないでほしい、やりたいのにやれないの。」

弟「コレだからアサガエリフナムシさんは・・・」
俺「そういう意味じゃありませんから。」


弟「やりたいのにやれないアサガエリフナムシさんは、とってもおツライのです。皆も解ってあげる様に。」
俺「そこをピンポイントで引っ張るんじゃない!!」
弟「一応、これで一旦はヤマ場を超えたことになるのかな?」
俺「毎週末に飲み会入ってるけどね・・・」
弟「肝心な時でしょ、週末は。」
俺「思うようにいかない部分は多くなってくるだろうなぁ。でも競馬的にも盛り上がって来る季節だ、とにかくここのスタンスは無理
  せずに競馬を楽しめることが重要。バランス取りながら続けていこう。」
弟「無理矢理楽しもうとするのもよろしくないですからね。」
俺「やっぱり、イヤってワケじゃないけど、好きなことなのに妙に力が入らない時ってあるじゃん。それが先週だったんだよな。ここ
  を更新するにはまず俺自身が競馬とブログを楽しめる状態じゃないといけないのだ。」
弟「ボクは大丈夫ですよ。この間に学びましたから。」


俺「何でも凄い、楽しいと思える『サーバルちゃんの極意』を、俺の
  デシちゃんに教え込んだ某社社員を俺は許さない。」

弟「わーい!!たーのしー!!」








俺「それはポジティヴとは言えない、脳が溶けていると言うのだ・・・」
弟「とけてる!!すごーい!!」



★久々の予想がこういうレースになるとは フジノウェーブ記念

俺「というわけでフジノウェーブ記念。この名前になって4年目ですね。」
弟「もうそんなになるのかぁ、仙人様が懐かしいよ。」
俺「その名に相応しい勝者が生まれているレースだと思うよ。昨年はソルテがこのレースを制して次のかしわ記念で2着、続く
  さきたま杯を優勝して地方年度代表馬になった。」
弟「凄いですよねぇ、ソルテくん。こんな凄い馬になるとは思ってなかったもの。」
俺「そんなソルテくんが今年もこのレースから始動するのだが・・・」
弟「む、いきなり不安そうな。年度代表馬だぞ。」
俺「いや、あのね、ソルテくんがこのレースに出るのは知ってたんだけどさ。日曜日に出走馬と枠順が決定したんですよ、この
  レースの。」
弟「うん。」
俺「それまで他の出走馬がどんなメンツか知らなかったんだな。」
弟「うんうん。」
俺「・・・すげぇアバンギャルドな出馬表になってるよな。」
弟「大変ですね。オウマタイムとケイアイレオーネが居ますよ。」

俺「大井1400m戦でいいんだよな・・・なんでここにケイアイレオーネが居るんだ・・・」
弟「タイムズアローも場違いな感じしますね・・・」
俺「来週にダイオライト記念あるのに、なんでこの2頭がこっちに居るのかと。交流重賞を嫌ったのかなぁ?」
弟「うーん、そうとしか思えませんよねぇ。弱気なレース選択に思える。でもここにはソルテが居るんだし、どう捉えたものか。」
俺「いや、確かにケイアイレオーネみたいな大型馬って距離を縮めて結果出すパターン多いんだよ。血統的にはモーニン
  アジアエクスプレスと同じヘニーヒューズの産駒で、基本的にはパワータイプのマイラー傾向だし。」
弟「確かにマイル以下だと大きく崩れてないんだよね。」
俺「・・・そうは言っても、ここ最近使ってきてた距離、そして大井1400mでこの枠。中央馬相手に先行してきた速力はあるにしても、
  この距離でこの枠に入って果たしてこなせるかって言われたらシンドイとしか思えないよ。」
弟「大井1400mはポケットからスタートしていきなりキツめのコーナーがありますからね、先行馬には辛い枠だ。」
俺「大体ソルテが2年前に大外枠で先行させてもらえず轟沈したんだ、この枠で先行策を図るのは至難だろう。だからと言って
  下げて直線勝負に出れる馬でもないんじゃないか?ケイアイレオーネは好きな馬だけどここは厳しいと見るね。」
弟「むう、やっぱり師匠はソルテくんだ。」


俺「ソルテも大井じゃヤベェんだよなぁ・・・」
弟「ゑゑゑゑゑ!?」



俺「年度代表馬の称号を得た上で地方馬同士のレースに出てきたんだから、当然ハズカシイ結果は出せない。それでも周囲が
  この馬を潰しやすい状況が整ってる、ゴーディーとかすげー厄介な存在。」
弟「・・・ハナに立たせまいとすれば叶う状況ってことですか。」
俺「まずソルテ自体が大井に関してはイマイチ。勝つ場合のパフォーマンスも他場とは全然違うんだよ、そこは当然の様に他陣営
  だって見ているハズ。おまけに今回は初の59㎏だし、つけ入るスキが充分にあるんだ。」
弟「枠や斤量が不利になるのは考えられますね、この状況だと。」
俺「もちろん切れないし、色々言っても軸向きだとは思う。でもねぇ、この環境下では馬券圏外に消えても不思議ではないんだ。
  むしろソルテ切りの予想も全然アリだと思う。そして負けても悲観するものでもない、負ける理由は揃ってると言っていい。」
弟「むう、好きな馬なのにドライだ。」
俺「好きな馬だからこそ盲目にならなければ見えてしまう短所だってある。環境下に加え流れが悪い。」
弟「流れって言っても、ここまで交流重賞を4連戦でしょ。度外視すべきでは?」
俺「まぁそうとも言えるんだけどさー・・・」



ソルテの非常に悪い印象 →  



弟「マジで・・・?」
俺「見りゃ解るよ。」



弟「・・・ホントだ。」
俺「だからこそ昨年のJBCスプリントは勝ってもらいたかったんだよ、勝ち負けが交互になる分にはこの馬のパターンだ。」
弟「なるほど・・・確かに2着が続いちゃった時期もあったねぇ。」
俺「ここまで不安を連ねてきたけど、それでもやっぱり切るワケにはいかない。でも思い切って軸にしない方向で考えてみる。」
弟「そうなるってーと・・・ケイアイレオーネ切ってソルテ本命じゃないってことは・・・」
俺「ああ、そうだ。」
弟「・・・」


俺「オウマタイムだ。」
弟「・・・・・・・・・・・・」



俺「何故黙る。」
弟「無謀でしょう・・・」
俺「ようやく動ける体になってきたんじゃない?ここで最内&左海騎手の確保は相当デカいよ。流石に勝ちきれるかどうかって
  言われたらキビしいけれど、ソルテが状況的に狙いにくいと言うならばオウマタイムは状況的に狙いたくなる馬。ワイドの軸
  って感じだね。」
弟「ああ、3着狙いなら、持ち直しての一変を考えたらあるかもしれないですね。」
俺「それにこのレースはフジノウェーブ記念なんだよ?」
弟「何か関係が。」


俺「つまり、オウマタイムじゃないか。」
弟「言いたいだけだよね?」



◎オウマタイム
○ソルテ
▲ブラックレッグ
▲ドレッドノート

三連複◎○から ワイド◎から▲ 複◎



俺「もちろん希望としてはソルテに年度代表馬の意地を見せてもらって、昨年以上のかしわ記念を迎えてもらいたいところ。不利
  な状況でもそこに泣きを求めたくはない。だけどここは予想をするならこうだね。」
弟「冷静なんだかウケ狙ってるんだか・・・」
俺「好きな馬が同じレースにたくさん出ると困っちゃうね。おまけでオウマタイム、ソルテ、ケイアイレオーネの三連複も買っとこ。」
弟「ブラックレッグもスキでしょ、師匠。」
俺「そうなんだよー、この馬カッコイイんだよねー♥」
弟「真っ黒で大きな馬体で、前髪だけが白くて、それが走る度にパヤパヤするんですよねー♥」
俺「そうそう♥」


弟「ソルテとブラックレッグとケイアイレオーネの
  三連複ってありそうですよねー♥」

俺「やめろおおおおおお!!」



弟子予想
◎ソルテ
○サトノタイガー
○ケイアイレオーネ
▲ブラックレッグ、サクラレグナム、コンドルダンス

三連複◎○から 



弟「・・・その一点くらい抑えりゃいいじゃないですか。ボクはカブってほしくないけど。」
俺「むう、お前は結局ソルテくん本命と。」
弟「師匠の言う通り単で買いたくない感じはしますね、でもまず馬券圏内はハズさないだろうと。で、師匠が嫌ったケイアイレオ
  -ネは先行しなくてもイケると思うんですよね。大井なら末脚活きますよ、フミオさんの怒涛の手綱をナメてはいけない。あと
  距離と枠で好条件って言うならサトノタイガーになるでしょう。9歳だけど元気です。」
俺「9歳多いよなぁ。16頭中6頭が9歳だけど、それぞれが皆好戦できても全くおかしくない。俺の選んでるドレッドノートも9歳だ。」
弟「元気なのは良いコトです。」
俺「フジノウェーブ自身が8~11歳で4連覇してるんだもんね。」


弟「つまり、ソルテくんが11歳まで連覇し続けたら
  6連覇になるんですね。」

俺「あり得るかもしれないからコワイんですけど。」




★つーわけで

俺「まぁ、間隔空いちゃいましたが今週末はヒットくんも今年初戦を迎えますし、ちょっとこのブログは今までよりものんびりとする
  可能性が高くなりますけど、競馬自体は今まで通り楽しんでいく所存です。」
弟「日曜日はちゃんと休日になってますから。ブログで予想やんなくても大体競馬見てますよ。」
俺「そういう時はツイッターでギャーギャー言ってる場合が多いんで、そっちで一緒に楽しんで頂ければと思います。」


弟「ただしツイッター予想はノーカウントです。」
俺「弥生賞の三連複が当たったヨ♥」






※以上、ごぶさた予想でした。またぼちぼちやっていきます。



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/08 00:47 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(4)

金盃の予想

弟子「師匠。」
俺「なんでしょう。」

弟「まだ餃子のニオイが手に残ってますよ。」
俺「おいしそうだろ。なめていいぞ。」


弟「なめません・・・」
俺「バレンタインなんかダイキライだ。」
弟「でも間に合ってよかったね。皆様喜んでおられた。」


俺「徹夜しちゃった。」
弟「バレンタインに餃子作りで徹夜。」



俺「破壊力あるな。」
弟「せめてチョコ作りで徹夜したいものですね。」
俺「そうだな、愛する者の為においしくてキレイなチョコレートを作ろうとして、味に満足できなかったり、カタチが上手く整わなかっ
  たりして苦悩して、頭を掻きむしり、眠い目をこすりながら朝方ようやく完成、腫れた目を潤ませながら愛する者にチョコを
  渡す・・・そういう徹夜ならバレンタインらしくて良い。」
弟「わぁ、少女マンガみたい。」


俺「無心でTOOLを聞きながら、とにかく数多くの
  餃子を作っての徹夜だ。」

弟「ケイオティックです。かっこいいです。」



俺「かっこいいか。ならば俺の手をなめろ。おいしいぞ。」
弟「なめません・・・」
俺「あの時の俺の気持ちなんて、誰にも解らないんだ。」
弟「大変だったんだね、師匠・・・」

俺「TOOLの『THE GRUDGE』の絶叫パートで、餃子のヒダ作りを
  加速させると、とてもたのしいきぶんになるんだ。」

弟「もうやめて、もう餃子を作らなくていいの!!」



TOOL 「THE GRUDGE」 絶叫パートは6:55から 『マ゛――――――』と叫びながら餃子を作りましょう





俺「つらかった。」
弟「お疲れ様でした・・・」
俺「・・・大体なんで手伝ってくんないの、君。手伝ってくれたらもっと早く終わったかもしんないのに。」
弟「足手まといになるのはゴメンなのです。」
俺「それっぽく言ってるけど、単純にイヤだったんだろ。」

弟「朝早かったし。」
俺「それは俺も同じだ。」
弟「餃子を作ると、なかなかニオイが取れなくなってしまいますし。」
俺「そうだな、現実、俺は未だに手がクサイままだ。」
弟「二人してクサかったら大変じゃないですか。だから・・・」


俺「もういい、黙れ(ムギュー)」
弟「もがぁ!!もがぁぁ!!」



俺「どうだデシちゃん、これが餃子のニオイだ。食欲をそそるだろう(ムギュー)」
弟「もごぉおぉ・・・もがおう!!」
俺「こうやって口をふさぐとハッキリにおうだろう。これが徹夜で餃子を作り続けた者の手だ、ふとした拍子に自分の手を顔に
  近づけると、自分の手のニオイにげんなりしてしまうのだ(ムギュー)」
弟「ごえんあはぁい・・・ごえんあはぁい!!」


俺「そうだ、デシちゃんにこのクサイ手でいやらしい
  ことをしてやろうか(ムギュー)」

弟「んおおおおおお!!んおおおおおお!!」



俺「ドコをニラとニンニクのニオイにしてほしいんだ、言ってごらん(ムギュー)」
弟「もごぉ・・・ひゃめてぐらはぁい!!」
俺「刺激物だからな、ヒリヒリしてキモチイイかもしれない。やってみる価値アリだね(ムギュー)」
弟「んおおおう・・・ふぐっ・・・うごぅ・・・」

俺「そうやって出したお前の『しる』で新しい餃子を作ろう(ムギュー)」
弟「んおんおん!!んおんおん!!」


俺「・・・まったく。」
弟「ひっく・・・ひっく・・・」
俺「まー、安請け合いしちゃった俺が悪いかもしんないけどさー、今度こういうことになっちゃったら手伝ってよね。」
弟「ふぁい・・・」
俺「んー・・・(モゾモゾ)」
弟「・・・何やってるんですか?」

俺「自分で試してる。ヒリヒリしないな。」
弟「本当に申し訳ありませんでした!!」




★こんなアタイにどうかご慈悲を 金盃です

俺「バレンタインは終わった。もう何も怖くない。」
弟「がんばってください。」
俺「大井ではダート最長距離の重賞、金盃でございます。」
弟「毎度の如く、このレースはなんというか、丁度いいメンバーで固まるんですよね・・・」
俺「また距離が距離だけに実績をアテにしにくいんだよな。過去の長距離勝利経験があんまり参考にできなかったりするし。」
弟「昨年のジャルディーノの勝利を考えると、同じ様な見栄えなのがレイディルアレナってことになるんだよねぇ。」
俺「昨年こうだったからって考え方はどうだろうな。」
弟「あら。」
俺「まぁ、切れない一頭ではある。昨年覇者のジャルディーノと同厩で、ジャルディーノは今年57㎏での出走。そういう観点で昨年
  同じルートでこのレースを制した経験があるとするなら、今年はこっちが上かな。」
弟「斤量も54㎏、長距離では重要な部分ですね。」
俺「でも失礼な話、最近の坂井騎手って重賞で本命打ちにくいんだよな・・・」
弟「それは確かに失礼ですね。」
俺「人気薄でこそって印象があるでしょ、それでいて連を取りに来るような。良く言えば飄々としてるんだけど、悪く言えばギラギラ
  してない感じなのよね。ここは多分勝ちに来る競馬してきそうなんだけど、そういう時は裏目に出ちゃうというか。」
弟「長距離ならば飄々としているくらいが丁度いいのでは?」
俺「それも言えるんだよな。そんなレイディルアレナと全く逆な感じの不安があるのがオリオンザジャパンでしょ。」
弟「こっちはギラギラしてますか。」
俺「ギラギラし過ぎてるでしょー、中央からの転厩初戦で鞍上は若手の笹川騎手ですよ。」
弟「中央成績で考えたら、転厩してくるのがオカシイ一頭ですもんねぇ。」
俺「こういう馬は狙ってきてるワケですよ、でもどう転ぶかわからない。重賞の前にワンクッション欲しいところなんだけどな。」
弟「ふむ。」
俺「でもやっぱり切りにくい。圧勝するかもしれないし。」
弟「煮え切らないねぇ。」
俺「ただし、この2頭が馬券内に同居するかって言われたらNOだと思うのよ。どっちかが絡むんじゃないかと。それならば勝つ馬を
  考えずに連軸を探す方向で組み立てたいな。」
弟「ヒモを本命にするって考え方ですね。」
俺「そうなるとユーロビートなのかなぁ・・・って思ったんだけど、これまた最近の吉原騎手が不調なのでねぇ。」
弟「騎手判断に左右されてるなぁ。」

俺「中央でとんでもねぇ出遅れして、ツイッターの
  TLが『金沢帰れ』で埋まるし。」

弟「吉原騎手、ヨシオで最下位でしたよね・・・」


俺「いやいや、それでもユーロビートの方がこの舞台では見直しが充分だ。軸向きなのはこの馬だとは思う。」
弟「名古屋グランプリで大敗したと言っても、遠征戦と小回りコースがまず苦手ですからね。大井の良馬場ならば、というのは解り
  ますね。」
俺「でも、ここは追いかけてる馬からもうワンチャンスを狙いたい。本命はタイムビヨンドにします。」


◎タイムビヨンド(馬体重要チェック)
○ウマノジョー
○ユーロビート
▲レイディルアレナ
▲オリオンザジャパン

三連複◎○から ワイド◎から○



弟「前走結構派手に負けちゃってますが・・・」
俺「実際のところ、狙っちゃいけない条件の方が揃っているんだよね。まずこの馬は南関転厩するとダメ。毎年朝倉厩舎に来て
  南関戦を走ってるが一度も勝ててない。堂山厩舎の時とは別の馬みたいだ。」
弟「その結果が前走ってコトになるでしょう。じゃあ全然ダメじゃないか。」
俺「騎手もベストは五十嵐騎手、手替わりもあまりよろしくないね。クイーン賞で狙えたのは堂山厩舎と鞍上五十嵐騎手で挑戦
  できたからと言っていいくらいだ。」
弟「切り要素がかなり確実なモノに聞こえるんだけど、それでも本命にする理由は?」
俺「まず単純に、これまでとは馬が違うって部分。オヤコダカに勝った道営記念は伊達じゃないんだ。その前の2年とは能力に
  段違いの差があると見ていい。そうじゃなきゃクイーン賞で3着になんかなれないよ。」
弟「でも実際、前走であれだけ大きく負けちゃっているんじゃ・・・」
俺「その敗因、転厩以外にも求めることができるし、その時に敗戦にも触れているんだよ。TCK女王盃の予想の時だ。」
弟「ああ、そういえば言ってたなぁ。」
俺「まずTCK女王盃に出てこなかった時点で、転厩後にそういうレースに出す自信が持てない出来だったと考える。実際に馬体も
  かなり増えちゃってただろ、前走。」
弟「11㎏増は大きいですね。」
俺「馬体が絞れてることが必須条件になるけど、そこをクリアしていれば今回は本来のチカラを出せると思います。前走の敗因の
  一つが今回の勝因になるのだ。」



今回狙う理由 →  



弟「ただし、それで本当にさっき言ってた狙っちゃいけない条件が裏返るかってトコでしょう。」
俺「そこは馬自体の地力を信頼するよ、この馬は今年の牝馬交流重賞を賑わしてくれる馬だと思ってるんだ。」
弟「おお、大きく出ましたね・・・」


俺「それに門別様は俺となかよしなんだよ。」
弟「ああ、これダメなヤツだ。」



俺「門別様がね、餃子に苦しめられたアタイにご慈悲をくださるの!!門別様がバレンタインプレゼントをくれるの!!」
弟「ああ、台無しだ・・・そういうこと言っちゃダメなんだってば・・・」
俺「相手で面白そうなのは距離伸ばしても良さそうな軽量のウマノジョー。道中のペースが遅くなりそうな長距離戦ならポジション
  取りもそこまで後ろにはならないだろう。良馬場想定ならば好時計も出してるし通用してもおかしくない。中央でラブバレット
  共に果敢に先行した山本騎手、ここでも魅せてくれるでしょう。」
弟「しかし、そういう騎手読みをしていながら森騎手、真島騎手を狙わないのはいかがなものかと。」
俺「そこは単純に馬の方を見てのことだよ。クラージュドールは距離伸ばしていいとは思えないし、ジャルディーノは斤量が昨年
  とは違う。」
弟「ふむ、無謀な気もしますがね。ボクは軸向きだと思いますよ、クラージュドール。」


弟子予想
◎クラージュドール
○レイディルアレナ
○ユーロビート
▲ジャルディーノ
▲オリオンザジャパン
▲ストゥディウム

三連複◎○から



俺「ちょっと待て。石崎駿が居るじゃないか。」
弟「ええ、だからいいですか、信じないで下さい。」


俺「確かに去年の東京記念で、まさかの大逃げから2着に粘り込んだけれども。」
弟「そうです。アレの再現を狙います、つーか長距離なら見直せるのではないでしょうか。」
俺「そうか、見直せるのなら信じよう。」
弟「信じないで下さいと言っているのです!!」

俺「うう、門別様と石崎駿・・・俺はどっちを信じればいいのだ・・・」
弟「門別様を信じるんでしょーが、本命がタイムビヨンドなんだし・・・」
俺「そう。門別様はなかよし。石崎駿はなかよしじゃないの。」
弟「そうそう、それでいいのです。師匠がそうすれば門別様も石崎騎手も、師匠の予想とは真逆の結果を用意してくれます。」
俺「そっかぁ。」
弟「するとなんとボクの予想が当たっちゃうのです♪」


俺「ふーん(ムギュー)」
弟「もがあああ!!くふぁい!!」
俺「待ってて門別様、当ててくれたら処女の『しる』
  入り餃子お供えするから(ムギュー)」

弟「んおおおおおおお!!!」








※しばらく餃子作りたくない



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/02/15 02:22 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(8)