フィリーズレビューと中山牝馬Sの予想

★解せねぇ

俺「ヤマカツエースは強かった、かなり安定感が出てきたねー。」
弟子「有馬記念で4着に来てますし、今年はひょっとしたらG1に届くかもしれないね。」
俺「金鯱賞変則連覇っつーのも妙な記録だな。4ヶ月前に勝ってるレースだぞ。」
弟「大阪杯のステップとしてお引っ越ししたからこうなっちゃったんだよね。こういう連覇はなかなかできないでしょう。」
俺「そうだねぇ。」
弟「ですねぇ。」
俺「ふぅ・・・」
弟「・・・」


金鯱賞 結果
1着 ヤマカツエース → 俺▲弟子◎
2着 ロードヴァンドール
3着 スズカデヴィアス

13着 ヒットザターゲット


俺「ヒットくぅーん・・・」
弟「ダメでしたねぇ・・・」



俺「まーた最後方追走になっちゃって・・・」
弟「正に昨日、師匠が言っていた保守策を取ってしまいましたね。古川騎手も。」
俺「セオリー通りなのは構わない、インじゃなきゃ走らないと考えるのは当たり前だ。でも、そのセオリーに従って惨敗を繰り返し
  ちゃってるんだから、もうちょいなんとかならないのかと思うんだけどねー・・・」
弟「このペースであの位置では勝負することもできませんでしたね・・・」
俺「なんというか、コレで『9歳だからしょうがない』って言われるのもシャクなんだよなぁ。」
弟「師匠はまだヒットくんにも光明があるとお考えなのですね。」
俺「当たり前だ、諦めてなんかいないよ。ひょっとしたらここで大敗しちゃったら引退かもしれないと考えていたけど、この負け方で
  引退させられたくはないね。」
弟「ヒットくんは好走条件の縛りが多いんだよね、次は状況が好転してくれたらいいね。」
俺「今日もワケの解らない日本語だけは作ってくれたからな。」
弟「・・・なんですか、それは。」


俺「ヒストリカルを差したんだ。」
弟「なるほど、混乱する。」



俺「ヒストリカルを差すなんて日本語はありませんからね。ヒストリカルより後ろでレースして、ヒストリカルより前でゴールできる
  馬なんて滅多にいないんですよ。上がり3Fだけは最速でしたよ。」
弟「ムチャクチャだな・・・」
俺「どうせこういうレースするなら鞍上ノリさんって手段もアリなんじゃないかと思うよ、これで3戦連続で最後方からの競馬をして
  いるんだよ。ならばいっそのこと上手い奇策を打ってくれる人に手綱を取らせてみてはどうなんだろうかと。」
弟「おお、ヒットくんの鞍上に天敵ノリさんを推すとは・・・」

俺「でも、せっかく最内引いたのにポツンとかしそうでもある。」
弟「見える・・・白いお帽子をかぶったノリさんとヒットくんがポツン
  している姿が・・・!!」


俺「縁起でもない。」
弟「大阪杯に向かうのかなぁ、ヒットくん。次こそは良馬場の内枠が欲しいですねぇ。」
俺「良馬場は必須条件だろうけど、枠順で周囲のモチベーションが下がっちゃう感じに映るのはどうにかしてほしいよ。結局イン
  に執着して最後方まで下げてたらこの3戦と一緒になるだろ。今日の古川騎手だってスタート直後は押しながらインへの入れ
  所を探ったけど叶わず、結局下げてインを取る選択をした。あそこでちょっと脚使っちゃってるんだもん。」
弟「それならばそのまま付けたポジションでレース進めれば良かったかもしれないんだ。」
俺「あくまで『かもしれない』になっちゃうし、そういうポジションだとヒットくんが気分を損ねちゃう可能性もある。でも、あまり
  にも同じことを何度も繰り返してる風に見えちゃうんだよな。」
弟「まぁ、こういう結果の割に師匠が前向きで良かったです。もっと落ち込んじゃうかと。」


俺「だって、あのヒストリカルを差したんだよ。」
弟「解りましたから・・・」



★日曜は牝馬重賞2戦 まずはハイレベルな3歳牝馬路線のフィリーズレビュー

俺「完全に主役はソウルスターリングになってるけどな。」
弟「チューリップ賞も難なく勝利、怪物牝馬ですね。距離がどうなのかなって不安はあるだろうけど、桜花賞はこの馬の1強に
  なるんじゃないでしょうか。」
俺「昨年メジャーエンブレムが阪神JF、クイーンCと圧勝して桜花賞で4着に敗れてるけれど、やっぱり逃げ馬特有の不安が
  あったからなぁ。ソウルスターリングはレース運びも上手くて、そういう不安が無い。」
弟「ちょっと別路線組で彼女の対抗馬を探すのも難しい気がする。同じフランケル産駒のミスエルテがどこまで巻き返せるか
  ってくらいじゃないですかね?」
俺「ここもソウルスターリングと決着付けられているレーヌミノルが人気になるだろうからねぇ。」
弟「うん、多分この馬がここは有力と見ていいでしょう。」
俺「確かに堅実な成績は残してるけど使い過ぎなんじゃねーか?なんか凄く焦ってる様なローテに見えるんだけど。」
弟「そうですかね?」
俺「正直言ってここに出てくるとは思わなかった。小倉2歳Sを勝ってて京王杯で2着と、賞金的には足りてるだろ。クイーンCと
  フィリーズレビューの1ヶ月スパンで出てきていい馬じゃないって。」
弟「ふむ・・・」
俺「まずクイーンCの内容がちょっとな。逃げ打ったでしょ、この馬。行きたがるクセが付いててもおかしくない。それでいて3着に
  残せそうなところで急に失速して4着、あまりいい負け方じゃないと思うぞ。俺は嫌う方向で予想を組む。」
弟「いきなりシレっと人気どころを切ってきましたね・・・」
俺「アルミューテンベルカプリも結構飛ばしてきそうだし、今のレーヌミノルだと危なそうじゃないか?」
弟「逃げグセがついてた場合でしょう。その2頭を見ながらレースできれば問題ないでしょう。」
俺「つーか、このレース荒れそうじゃねーか?レーヌミノル疑ったら力関係がメッチャクチャに見えてきたんだけど。」
弟「確かに人気通りってワケにはいかなそうですけど・・・」
俺「うん、ここは攻めていいレースだ。」


◎アカカ


弟「響きだけで選んだだろ、貴様。」
俺「アカカ!!」



弟「何者なんだ、アカカ・・・」
俺「いや、マジメにアカカだから。アカカはマジだから。」
弟「その言いっぷりが既にマジメでもマジでもないんですけど。」
俺「アカカァ!!」

弟「・・・まぁ、過去のレース見ると人気が妙に高いのは気になりますが。」
俺「素質馬として見られていた1頭だよ。未勝利戦の勝ちっぷりがなかなかおかしいと評判。」
弟「どこでどう評判になってるんだ。」


俺「アカカはねぇ、蛇行しながら走るの。」
弟「あぶないからやめてくれ!!」



俺「蛇行しながら5馬身も突き離すスゴイ馬、それがアカカ。しかし、未勝利脱出した後に骨折しちゃってさ。」
弟「ああ、骨折明けの2戦が前2走なのか・・・」
俺「さっきレーヌミノルのローテにケチを付けたけど、この馬のローテもなかなかヘビーだろ。骨折明け初戦から中一週で2戦目、
  その2戦目から今度は中2週で重賞だよ。でもこれは強気に見えるじゃん。」
弟「骨折休養明けだけど密度の高いローテに勝負感アリと見るワケですね。」
俺「前2走は度外視、今度こそマトモに走れば能力的には通用する。何せ、あの音無厩舎の管理馬なんですよ!!」
弟「・・・今まで一度も音無先生のコトを『あの』なんて言ったコトないでしょーが。」


『あの』音無厩舎だぞ!! →  


俺「これはもう信じるしかないね!!」
弟「しつこいんだよ!!!」



◎アカカ
○シグルーン
▲ヤマカツグレース
▲カラクレナイ

3連複◎○から 馬連◎から 複◎



俺「先行組はちぐはぐな位置取りの消耗戦になりそう、シグルーンはそれを見てレースするだろう。馬体重がカギにはなるけど
  新馬戦ではカデナを負かした馬、ポテンシャルは高いと見る。あとは金鯱賞を勝ったヤマカツエースの妹ヤマカツグレース
  この時期のハービンジャー産駒は巻き返しができる。そして連勝中のカラクレナイだ。」
弟「なかなか無茶をしましたね、レーヌミノルどころかジューヌエコールも切ってるとか・・・」
俺「騎手配置が変だよね、このレース。なんでこの馬ふくながじゃねーのさ。」
弟「そういえばそうだなぁ・・・」
俺「中山牝馬Sとの絡みもあるだろうけど、ここのメンバー内での騎手移動は結構珍妙だと思う。」

弟「師匠の予想も騎手が珍妙になってますよ。」
俺「松若騎手、藤岡康太騎手、国分優作騎手で決まったら地球が
  爆発するぜ。」



弟子予想
◎レーヌミノル
○ジューヌエコール
○ゴールドケープ
○カラクレナイ

三連複 馬連◎軸



弟「ボクはレーヌミノルを信頼した予想にしますけど・・・師匠はそれで本当にいいの?」
俺「アカカ!!」
弟「いや、そうじゃなくて。」
俺「なに?」

弟「菱田騎手は買わなくていいのかと・・・」
俺「ひしだきゅんおっかねぇんだよなぁ・・・」




★こっちも激戦模様なんだけど 中山牝馬S

俺「中山でこのメンツって、かなり予想に難航しそうだね。」
弟「4歳組をどう扱うかがカギになりそうだ。」
俺「こっちも逃げたそうな馬が多いんだよなー、展開がどうなるか見えにくい。シャルールのノリさんがどう出るかねぇ。」
弟「ユタカさんのトーセンビクトリーも行きそうだけど、まずはプリメラアスールが先手なんでしょうね。」
俺「ノリさんとユタカさんに石川騎手がつっつき回されるのか。」
弟「なんかイヤな構図をイメージしないで下さい。」

俺「ここも予想をヒネろうと思ったんだけど、やっぱりマジックタイムはハズせないんだよねぇ。」
弟「ルメール騎手との相性もバツグンだし、成績も安定してますからね。」
俺「で、パールコードは単純に強いと思ってるんで本命。人気2頭が主軸になっちゃった。」
弟「こういうレースらしからぬ予想をしましたね。」
俺「波乱起きても全然不思議じゃないんだけど、個人的にはそこで食い込むであろう穴馬が選びにくいんだよな。」
弟「ふむ。」

俺「多分荒れるぞ、このレース。」
弟「人気2頭を軸にして言うコトじゃねぇよ。」



◎パールコード
○マジックタイム
▲クインズミラーグロ
▲フロンテアクイーン

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から 馬連◎○



俺「こっちはお茶濁しで。どーも荒れそうに見えてもこの2頭になっちゃう。」
弟「・・・さっきフィリーズレビューでおかしな予想したから、馬柱見る目がダメになっちゃってるんじゃないですか?」


俺「アカカのどこがおかしい!!」
弟「色々おかしいよ!!」



弟子予想
◎マジックタイム
○ビッシュ
○パールコード
▲トーセンビクトリー
▲ヒルノマテーラ
▲フロンテアクイーン

三連複◎○から



弟「マジックタイムvs4歳って構図で考えてます。ビッシュはディープ産駒だけど中山巧者、戸崎騎手もようやく先週重賞勝って
  軌道に乗ったんじゃないかな。まぁ、人気になるであろう3頭の内、3着内に必ず2頭は入ってくるだろうって見方ですね。」
俺「で、○のどちらか一頭が消えるとしたらってのが▲か。トーセンビクトリーはユタカさんだからだろうがヒルノマテーラは結構
  渋い選択じゃないか。」
弟「忘れた頃に・・・って感じですかね。エリザベス女王杯で穴党の支持を集めた様に、その前走のカシオペアSの末脚が強く
  印象に残ってるんです。馬場が良くて54㎏なら見直してもいいと思う。」
俺「なるほどなるほど。」
弟「また『牝馬予想の弟子』の異名を取り戻したいものです。最近牝馬戦もあまり当たらなくなっちゃってるし・・・」
俺「ここで当てて来週に繋げたいところだよねー。」
弟「そうなのです。」


俺「俺も『アカカ師匠』になって来週を迎えたいよ。」
弟「アフリカ辺りのインチキ宗教の教祖みたい。」






※次回はアカカ師匠になった私をお見せできるでしょう



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/12 02:10 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(5)