スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒船賞の予想

★ホワイトデーです


弟子「今年は大漁の予感がしますね。」
俺「随分と俺の弟子らしい発言を堂々としたな。」



弟「今年はボクも各方面に充分な撒き餌をしましたからね・・・」
俺「撒き餌って言うんじゃない。」
弟「師匠だって、ホワイトデーがあるからバレンタインデーに媚びを売るんでしょう?」
俺「人聞きの悪い直球を投げないでくれませんか。」
弟「見返りを求めての行為でしょう。師匠が慈愛で他人に施しを与えるなど考えられません。」


俺「何言ってんですか、慈愛しかありませんよ。」
弟「おっかないんですけど。」



俺「儀式的にそういう日があるんだから。いい機会じゃん、バレンタインで日ごろのお付き合いの感謝を返してるんです。」
弟「なんか腹立つな、腹黒いこと考えてるクセに。」
俺「別にホワイトデーに何か欲しくてバレンタインやってるんじゃないもん。」
弟「ホントにぃ?」


俺「バレンタインに何か与えなくても、あの犬共は
  俺になんかくれるだろうし。」

弟「邪悪な自意識が丸出しになってますよ。」



俺「だから見返りを求めてバレンタインでお菓子配ってるんじゃないの。」
弟「でもその割には徹夜して餃子作ってたじゃないか。」
俺「アレは報酬があるんだから。プレゼントじゃねぇんだよ。」
弟「お仕事ならばしょうがありませんね。」

俺「黙ってても酒は来るぞ。」
弟「毎年それはお約束になってますけど。」
俺「まぁ、お前の場合は俺とちょっと違うからな。でも相手だって見返り求めてバレンタインにお菓子もらったなんて思いたくない
  だろーが、そんなこと堂々と言っちゃダメだよ。」
弟「そういう暗黙の了解みたいなものを殿方は察していると思ったのですが。」
俺「ぶっちゃけると聞かれたよ、『弟子ちゃんに何返せば喜ぶんですか?』って。」
弟「おお!!」

俺「キャットフードって言っておいた。」
弟「りくちゃんのごはんじゃないか!!」


俺「やったな、多分キャットフードたくさんもらえるぞ。」
弟「それで助かるのは師匠じゃないか!!こんちくしょう!!」
俺「そう言えばバレンタインにお前、ざくろさんにチュウしてたじゃないか。チュウというより食っちゃってたけど。」
弟「おかげでヒドイ目に合わされました。今週はその復讐をするのです。」
俺「それはそれとして、せっかくだからざくろさんに何かリクエストしてみるとかどう?チュウしたんだから。」


弟「爆発してください。」
俺「ざくろさんはチュウされて食われた挙句、ヒドイ
  言いがかりをされて爆発するのか。壮絶だな。」



弟「ざくろさんは黒船賞とダイオライト記念で爆発すればいいのです。それで世界は平和になるのだ。」
俺「今週もおにぎりに注目ですね・・・では地方ダートグレード二連戦です。」



★高知唯一のダートグレード戦 黒船賞

俺「飛ばしがちになっちゃう他地区ダートグレード、見逃さない様に気を付けねば。」
弟「特に高知のダートグレード戦は貴重ですからね。」
俺「高知は特に最近、地元馬に元気無いからなぁ・・・有望な若駒も出てこないし、他地区とちょっと差があるよ。」
弟「地方ダービーウィークからも外れちゃってますからねぇ。」
俺「高知でもダービーあるんだよ。黒潮ダービー。でも賞金額は地方ダービーの中でも最低の1着100万、地方競馬の中でも
  賞金が低い高知競馬でスターホースの出現を望むのは難しいんだろうなぁ・・・」
弟「そう考えると本当にグランシュヴァリエって凄かったんですね。元中央馬とは言え、高知所属になってからあれだけ活躍
  できていたなんて。」
俺「グランシュヴァリエ産駒で高知の怪物とか誕生したらロマンあるんだけどねー。」
弟「たいようのマキバオーの舞台ですから、なんとか頑張ってもらいたいです。ああいう馬が本当に出てくればいいんだけど。」
俺「高知からドバイ、凱旋門賞かぁ・・・そうなると高知に限らずだけどな。」


弟「そう言えばコスモス・・・」
俺「デシちゃん、それは禁句だ。」



弟「ごめんなさい総帥。」
俺「総帥に謝るんじゃない・・・」
弟「地方馬によるダートグレード競走の優勝ってだけで快挙になるんだから、いきなり高みを求めちゃいけませんよね。」
俺「この黒船賞も、せめて南関勢でも居れば・・・って感じだよ。園田勢と高知勢じゃなぁ・・・中央中心だろうね。」
弟「やっぱりそうですよねぇ・・・」
俺「中でも地方戦の常連になってきたニシケンモノノフがフェブラリーSで5着なんて成績の後にここに来られて、そこまで斤量
  背負ってないとなると逆らいにくいだろう。」
弟「確かに、実績と対戦相手が抜けているからね。実績だけで言えばドリームバレンチノが断トツだけど・・・」
俺「毎回悩まされるよな、この馬には。9歳にして地方交流戦ではまだ重鎮の貫禄がある。10歳初戦でもこのメンツならばって
  思っちゃうよ。」
弟「前走だって59.5㎏で飛んできたもんなー、無理使いしてるローテじゃないし斤量背負わされてもレース選んでる感じするし、
  何より南関以外の地方戦での強さが目立つからねぇ・・・」
俺「でもこの黒船賞は勝ってないんだよね。今年で4度目の挑戦になるけど昨年は4着と成績を下げた。ちょいと勝つのは難しい
  かなとは思うけど、本当に扱いに困る。」
弟「勢いで言えばニシケンモノノフ筆頭、続くのがキングズガード、ブラゾンドゥリス、そこにドリームバレンチノをどうするかって
  予想になると思います。」
俺「そうだねぇ。」


◎トウケイタイガー


弟「言ってるコトと予想がメチャクチャなのは今に
  始まったことじゃないけどさぁ・・・」

俺「いいですねぇ、トウケイタイガー。」


弟「・・・中央馬メインじゃなかったのか。」
俺「この馬とブラゾンドゥリスの二頭軸にしようかな。」
弟「・・・園田じゃ強いみたいですけど、それでも一度敗戦してるとなると中央相手では足りないんじゃないの?ここで戦うには
  地方馬同士で軽く圧倒しててもらわないと難しいでしょう。斤量も差が無いんだし。」
俺「前々走は相手をナメ過ぎた。5頭立ての短距離戦で出負けしてペースが上がらず、実質最後の200mだけでレースしたような
  感じだ。上がり3Fが36.8秒って、そこだけで見たら中央馬並みだろ。でも相手も同じ脚使ってるんだから。」
弟「だったらその相手だったエルウェーオージャにも評価があってもおかしくないのでは。」
俺「だからナメたレースしたから負けたんだって。ここだとそういうワケにもいかないでしょーが、相手が相手なんだから。」
弟「キビしいと思うんだけどなぁ・・・元中央とは言え、1000万下に上がるのがやっとだったみたいだし・・・」

俺「大丈夫だよ、ソルテの全弟だし。」
弟「!!!!!!!!!!!!!」


俺「全弟って言っても、大体そういう馬は兄弟で似ないものなんですけどね。トウケイタイガーとソルテも全然似てない。」
弟「ソルテくんの弟なのか・・・でも似てないのか・・・」
俺「ソルテみたいなマッシヴな馬体じゃないからな。でもタイムパラドックス産駒によく見られる晩成傾向はあると思う。この馬も
  どんどん馬体が大きくなってるからね、前走はちょっとした覚醒感があるし。」
弟「好きな馬の全弟というのは確かに期待したくなるね。なるほど、そこが推し材料だったか。」
俺「まぁ、それもあるけど最大の推し材料は他にある。」
弟「伺いましょう。」

俺「ダートグレード競走の川原正一騎手は、
  黙って抑えておいた方がいい。」


弟「ほほう・・・確かに最近はそういう印象が強いですけど。」
俺「最近って、ホント最近の印象で言ってるだろ。ローズジュレップケイティブレイブで去年勝ってるもんな。」
弟「う、うん。」
俺「川原騎手自身、確かに他地区馬の助っ人騎乗で結果を出す部分はある。トウケイタイガーは園田のお手馬だから、この
  パターンの例外になるかもしれない。でも、それにしたってこの成績は凄いと思うよ。」


川原正一騎手のダートグレード競走 ここ3年の成績 【2.3.1.6】


俺「競馬場を選ばずでコレだよ。」
弟「貪欲なのか!?」



俺「掲示板率も高いよ、出走履歴の数と騎乗馬で考えたらかなりのハイスコアだ。」
弟「賞金掛かると強くなるのか、凄いな・・・」
俺「今回わざわざ遠征してダートグレードに出るのも川原騎手の進言があったのならって考えれば、こういう相手でも通用すると
  いう判断があったからと思える。中央馬相手の騎乗がとにかく上手いんだな。」
弟「でも結構なお歳ですよね、川原騎手って。」
俺「えーっと、いくつだっけ・・・あ゛。」
弟「・・・どうしました?」



あ゛ →  



俺「こ、これは見つけちゃいましたね・・・」
弟「うきゃああああああああああ!!!」



◎トウケイタイガー
◎ブラゾンドゥリス
▲ニシケンモノノフ
▲キングズガード

三連単◎1,2着→▲3着 三連複◎2頭から



俺「ニシケンモノノフって、相手を決め込んだレースで強さを見せる馬だと思うんだよな。最近になって先行する様になったけど
  この馬を負かすことができれば勝ちってタイプの先行馬が欲しい場面、中央組が好位タイプだとどうなのかなって気がする。
  ブラゾンドゥリスも前に行くだろうけど、この枠ならモノノフの出方を伺ったレースをしてくれそうだ。」
弟「トウケイタイガーも最内枠から前に行くんじゃないですか?」
俺「ノリさんはこの馬をマークする様な競馬はしないだろう、好きなようにさせてもらえると思うぞ。」
弟「むう、師匠に中途半端な印を打たれたノリさんはどう出るのだろう。」
俺「ノリさんは俺となかよしになったのでね♥」
弟「弥生賞、2着と3着が逆なら三連単当たってたんでしょ。」
俺「なかよし過ぎて、ノリさんも頑張り過ぎちゃったのさ・・・」



弟子予想
◎ニシケンモノノフ
○キングズガード
▲グレイスフルリープ
▲ドリームバレンチノ
▲ブラゾンドゥリス

三連単◎→○→▲ ◎→▲→○



弟「また頑張り過ぎちゃうんじゃないですか?」
俺「ほどほどに頑張ろうぜ、ノリさん・・・」



弟「ボクもノリさんとなかよしになりたいものです。」
俺「ノリさんとなかよしになるのは大変なんだぞ。」
弟「そうだ、ホワイトデーのざくろさんのお返しのリクエスト思いついた。」
俺「え、ここで?」


弟「ざくろさん、ノリさんをおにぎりにして♥」
俺「やめろおおおおおおおお!!!!!」



弟「のりおにぎり(ボソッ)」
俺「それは普通のおにぎりだな・・・」






※ざくろさん、言う事聞かなくていいからね。さっき「爆発しろ」って言ったんだよ、コイツ。



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

スポンサーサイト
[ 2017/03/14 01:34 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(6)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。