全部持って行った女

俺「やってられませんわ!!」
弟子「うううううう・・・」



桜花賞 結果
1着 レーヌミノル → 俺◎
2着 リスグラシュー → 弟子▲
3着 ソウルスターリング → 俺切った 弟子◎


俺「どうしてレーヌミノル本命でハズしてんの、俺。」
弟「それはね師匠、2着と3着を選べていないからです。あとアエロリットとの二頭軸であり、単複抑えてないからです。」
俺「ノリさん後方過ぎるよぉ!!最後いい脚で来てるのに!!」
弟「4着がカラクレナイで5着がアエロリットでしょ、いい線は行ってるんだけどねぇ。」
俺「ユタカさんとルメールさんに馬券たたき割られた。」
弟「この2頭は人気どころです、馬券を割られたという表現はおかしいのである。」
俺「じゃあノリさんが来てくれなかったのだ。」
弟「なかよしになったんじゃなかったんですか?」


レース後のコメント
5着 アエロリット 横山典 「僕にしかわからない感覚なんですが、まだまだ乙女ですね」



俺「こんな人とどうコミュニケーションを取れと。」
弟「ノリさんはスゴイなぁ。」



俺「すごいコメントだ。何一つ無駄が無い上に何もわからない。」
弟「むう、責められません。だってノリさんにしかわからないのですから。」
俺「まぁ、ソウルスターリングがレーヌミノルに出し抜かれて追いつけなくなりそうな手応えになってから結構粘ったからな。
  馬場が合わないってキメ打ちは悪くなかったけど、それでも残せるんだから強いよ。」
弟「やっぱり馬場状態の影響は大きく出ていると。」
俺「リスグラシューはどうなのかよく解らなかった。良馬場の方がいいって思ってただけに、この馬にはヤラれたって感じが
  強いなぁ。でも、レーヌミノルの勝因もソウルスターリングの敗因も、大きい部分は馬場にあると見ていいんじゃない?」
弟「あとはどっちに向かうかですよね、この桜花賞内で。」
俺「NHKマイルかオークスな。普通に考えたらソウルスターリングはNHKマイルかなぁと思うけど、オークスも面白いんじゃ
  ないの。個人的にはウオッカに似たようなイメージ持ってるのよね、この馬。怖いのは早熟の可能性かな。」
弟「お、負けたレース見て尚そういうこと言う。」
俺「馬場だって走ってみなけりゃ解らない部分あるし、距離もまた然り。プロなら馬体である程度の判断はできるかもしれない
  けれど、素人の俺はそういう風に考えちゃうね。マイルまでに縛っちゃうのはどうかなーと。」
弟「もしもオークスやダービーで通用したら、そっちの方が可能性が広がりますもんね。」
俺「NHKマイルでも面白いのは間違いないんだけどね。」
弟「要するに、師匠の中で今回の桜花賞は馬単体の能力で考えるとノーカン?」
俺「ノーカンってのも失礼だろうけど、実力馬が馬場に力を奪われ、レーヌミノルと池添騎手はここ一番のレースをしたって
  見栄えはどうしても拭えないでしょう。」
弟「手痛い予想になってしまいましたねぇ、レーヌミノルの為に雨が降ったとまで言ってたのに。」


レース後のコメント
5着 アエロリット 横山典 「僕にしかわからない感覚なんですが、まだまだ乙女ですね」



俺「乙女心を読めなかった俺が悪いんだ・・・」
弟「ノリさんにしか解らないモノ、読みようがないですよ・・・」


俺「ふう・・・」
弟「まぁまぁ。NZTと桜花賞で苦い思いをしてしまったかもしれませんが、師匠の予想は悪くなかったのですよ。」
俺「予想がイイ線いってる、それじゃ余計にダメでしょーが。その方がハズした時に悔しいんだよ。」
弟「確かにね・・・」
俺「だからこの週は疲れたよ・・・スルーしてなかったら当てられていたであろうNZT、レーヌミノルが読めたのに相手選びを
  間違えた桜花賞・・・」
弟「荒んじゃダメだよ。」
俺「そう、こういうことが続くと荒んでしまいます。」


弟「3000万ヤラれた人も居るんですよ。」
俺「元気がもらえますね。」



弟「卑屈である。」
俺「ご存知の通りです。でもまぁ、こういう賭け方する人こそ道楽だからねぇ。生々しいのはやっぱり数十万とかだよ。」
弟「だろうねぇ・・・」
俺「馬主さんだってそういうものでしょ。億超える金出して活躍しないまま終わっちゃってもまた新しい馬を買うんだから。
  金額がここまでハネ上がると親近感がないよな。多分当人は『あーハズレちゃったー』程度なんじゃないか?」
弟「そうであって頂きたいですよ、深刻になるようなコトじゃない方がいいもん。」
俺「いやー、俺は深刻なことになってて頂きたいが。」
弟「クソ外道ですね。」

俺「だから、そこまで考えるとあんまし癒しにはならないのだよ。ざまあみろにならないだろう。」
弟「こんなオトナになっちゃダメだよ、みんな!!」
俺「しかし、今の俺は全く荒んでなんかいないぞ。確かに馬券では悔しい思いをしたが、桜花賞には癒しもあったのだ。」
弟「癒し?」


俺「ミヤビちゃんのおうんこ様事件だ。」
弟「そこには触れないであげてよぉ!!」



俺「あんな話聞かされたらもう、癒されるしかないじゃないか!!」
弟「アドマイヤミヤビのことはそっとしておいてあげよう!?ねっ!?」
俺「ああ、なんてかわいいのでしょう、ミヤビちゃんは!!」
弟「そうだね!!かわいいね!!もうそれ以上言わなくていいからね!!」


【悲報】アドマイヤミヤビ、うんこ中にゲートが開いて死亡


俺「ゲートの中でおトイレしてたらゲートが開いてしまうなんて…」
弟「やめたげてよぉぉぉ!!!」



俺「皆、許してあげて!!ミヤビちゃんは2番人気だったけど、そういうことがあって実力が出せなかったんだよ!!」
弟「ふぐぅぅ、ミヤビちゃん・・・何してるんだよぉ!!」
俺「何してるかって?うんこだよ!!」
弟「そういうコト言ってるんじゃねぇんだよぉ!!」

俺「今までと違う人が乗ったから緊張しちゃったんだね!!かわいいけどかわいそうなミヤビちゃん!!」
弟「それはそれでデムーロ騎手が不憫である・・・」
俺「ノリさんなら理解できる乙女心がそこにはある。まず鞍上がデムーロ騎手になった緊張は大きいだろう。」
弟「マジメに分析しなくていいんだよ!!」
俺「俺にはノリさんが何を言おうとしているのかは解らないが、ミヤビちゃんの乙女心は解る。鞍上がテン乗りの騎手な上に
  こうなってしまっては・・・デシちゃんにはミヤビちゃんがなんでゲートの中でうんこしちゃったか解るかい?」
弟「わかんねぇよ!!」
俺「ふふ、乙女じゃないね。きっとこういうことですよ!!」



ミヤビちゃんったら・・・ →  



俺「解る!!解るぞミヤビちゃん!!」
弟「わかんねぇよぉ!!!」


俺「パドックや輪乗りでは気付かなかったんだな。」
弟「うう・・・」
俺「この乙女の純情に、俺の荒んだ心がどれだけ癒されたか・・・」
弟「かわいそうだよ!!もう言ってあげるなよ!!」
俺「女のコワイところでもあるよね。男子諸君も注意しなきゃいけないんだぞ。」
弟「どこがコワイのさ!?」

俺「俺だってねぇ、自分の隣で知らない女にスキな殿方が
  またがってたらショックでうんこしますよ。」

弟「うんこうんこうっせぇんだよ!!」


俺「俄然応援したくなったぞ、ミヤビちゃんを。」
弟「ええ、応援してあげてください。そしてもうこの話は忘れて差し上げましょう!!」
俺「あれ?ひょっとしてなんだけどさ。」
弟「何かまだミヤビちゃんを辱めるおつもりか!?」


横山典 「僕にしかわからない感覚なんですが、まだまだ乙女ですね」


俺「これはアエロリットのことではなくミヤビちゃん
  のことなのでは・・・」

弟「繋げんじゃねぇぇ!!!」







※いやされました 



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/09 23:14 ] 結果 | TB(0) | CM(9)

桜花賞の予想

★発狂


俺「ジョーストリクトリィィィ!!
  ひしだきゅううううん!!」

弟子「あーあ・・・」



俺「どうして!!どうしてこうなってしまうの!!」
弟「本当に間の悪い・・・」
俺「何故!!よりによって全く予想ができなかったこの土曜日に!!ジョーストリクトリとひしだきゅんが!!」
弟「びっくりですよ。勝っちゃうんだもん。出走することは知ってたんでしょう?」
俺「おおよ!!ジョーストリクトリとマンカストラップが同枠
  だって知ってムラムラしてたさ!!」

弟「なんでこの2頭を同じ枠に入れた、JRA。」

俺「ひしだきゅんのメイソンジュニアも居たのか!!」
弟「えー・・・結局のところ、師匠は馬券を買っていなかったのですね。」
俺「あい。」
弟「うむ。」


NZT 結果
1着 ジョーストリクトリ
2着 メイソンジュニア


俺「ファルコンSの本命対抗じゃねーか!!」
弟「やっぱ師匠はスゴイなぁ。」



俺「ふぐっ・・・馬連で29320円・・・こないだのざくろさんを簡単に抜かせられたのに・・・!!」
弟「金曜は飲み会で予想できず、土曜日はちょっと立て込んでて馬券購入を諦めちゃったんだよね。」
俺「予想やってたら、まず馬連とワイドは買ってたと思います・・・」
弟「うん、そこは納得致しましょう。後出しも何も、師匠はこの馬券を買っていただろうなって理解できます。」
俺「あのね、もしも買っていたら黙ってます。スルーします。あえて言いません。買えなかったから騒いでるのだよ!!」
弟「そういう人です。この人は予想を見せてない馬券は黙ってます。たまにこぼれるけども。」
俺「仕事がうらめしい・・・こんなビッグなネタ馬券を取りこぼしてしまうとは・・・」
弟「師匠、考え方を変えるのです。」
俺「どういうことでしょう?」


弟「師匠が買ってたら、この結果になっていません。」
俺「なるほど。アタマいいな。」



弟「・・・もう、そう思うしかないでしょう。よりによって師匠が買ってない時だからこそ、この結果が生まれたのです。」
俺「競馬の神様はイジワルなんだね。」
弟「このタイミングもまたイジワルですよね。ざくろさんがこのブログの最高オッズを叩き出した直後に、師匠が予想していたら
  選んでいたであろう2頭の馬連でそのオッズを超えてくるという。ならばこう考えてください。」
俺「次はなんだろう。」


弟「おいしいですね。」
俺「おいしいねぇ。」



弟「そう!!結果的に師匠は今、非常においしいんですよ!!やったじゃん!!」
俺「エンターテイナー冥利につきますね!!」
弟「やっぱ持ってるねぇ、師匠!!」
俺「どーだ、スゴイだろう!!」
弟「すごいすごい!!」


俺「納得できるかぁ!!!」
弟「ですよねー・・・」



俺「大体、その理屈通りならば俺は未来永劫ずーっと馬券を当てられないってコトになるだろーが。」
弟「まぁ、今回のはタイミングですね。ドンピシャ過ぎてるんです、いつぞやの折笠騎手と一緒です。」
俺「・・・来週の浦和で頼むぞって言ったら翌日に勝ったんだよな、あれもまたよりによってだよね・・・」
弟「そういう時こそですよ。もう開き直って『楽しんで頂けたかな?』ってノリを貫くべきです。周囲はここぞとばかりに師匠を
  小バカにしてくるでしょう、『それも計算の内さ!!』ぐらいに振る舞えばいいんですよ。」
俺「確かにその方がカッコイイか。うん。」
弟「過ぎたコトなんですよ、もう。でも結果的には何も損はしていないワケです。だから、買ってたらこの結果になってなかった
  と思っておくのが一番。それが今回はおいしいと思っておくのが一番なんですよ。そう思えばお得です。」
俺「デシちゃんはおりこうだな。物は言いようだ。」
弟「さぁ、日曜は桜花賞ですから。土曜日に散々エンターテイナーっぷりを披露しちゃったんです、ここはフザけずに当てて
  しまってよろしいのではないでしょうか。」
俺「よぉし、がんばるぞう。」


★当てにいくから 桜花賞


俺「まずソウルスターリングとアドマイヤミヤビを
  切ろう。」

弟「やめろこのエンターテイナー!!」



俺「俺はいたってマジメだぞ。」
弟「ドコがだ!!」
俺「なんかソウルスターリングの単勝にかなりの大口入ってオッズがおかしなことになってるらしいな。雨馬場の3歳牝馬戦で
  やっていいことじゃないと思うんだけど。」
弟「・・・3000万円とか言ってましたね。」
俺「ハズレちまえよ。」
弟「そういうヒガミ根性を惜しげもなく披露するな。」

俺「そりゃね、強いですよーソウルスターリングは。知ってる知ってる。馬場状態でケチ付けていい馬ではないかもしれない。」
弟「そうですよぉ、師匠だって言ってたでしょ?ソウルスターリング、ファンディーナ、アドマイヤミヤビは皐月賞に出てても
  牡馬を圧倒するんじゃないかって。」
俺「そうは言ってもだよ、やっぱりこの雨による馬場悪化は影響しても不思議じゃないんだよ。土曜の阪神牝馬Sは馬場の
  割にマトモな時計でミッキークイーンが勝利したけど、基本的にはステイゴールド産駒が好きそうな馬場状態だった。」
弟「マンボ姐さん、雨の中でのラストランになっちゃいましたねぇ。」
俺「今までよく頑張ったねぇ。7歳で小牧騎手初騎乗って、ダコールの初重賞やヒットくんの目黒記念と同じだからちょっと期待
  してたんだけどやっぱ厳しかったか。でも最後まで走り抜けました、本当にお疲れ様!!」
弟「まずはゆっくり休んで、次はお母さんとして頑張ってください!!」
俺「桜花賞までに簡単には馬場回復しないだろ。未明まで雨が残って日中ひょっとしたら晴れるかもって予報だし。」
弟「稍重まで戻るかどうかって感じか。ひょっとしたら更に悪くなる可能性もあるんだよなぁ・・・」
俺「良馬場、あるいはそこまで時計に影響しない程度の稍重なら人気2頭でいたしかたない。そういう馬場なら決着が付いて
  いるも同然だ、でも重馬場となると見方を変えてもいいだろう?」
弟「そういう想定であっても、その2頭の強さは変わらないと思うんだけどなぁ。」
俺「確かにソウルスターリングは血統的に見たら馬場に全然問題ないよ。父フランケルはサドラーズウェルズ系、日本でも
  重馬場ならサドラーズ系を狙いたくなる。母方も重厚な血統でスタミナが補われている感じするし。でもフランケル自身が
  馬場悪い時にちょっとパフォーマンス落としてたんだよね。」
弟「つっても無敗なんでしょ、フランケルって。」
俺「・・・まぁ正直、落とし穴を見つけようとするだけ無駄な印象はある。」
弟「ホレ見ろ。」
俺「でも言わせてもらえば、ここは先日の阪神大賞典や、こなれた中央馬が揃ったダートグレード戦よりも波乱があっておかし
  くない舞台に見えるんだよね。もちろん結果はガッチガチかもしれないけど、個人的には遊びをガンガン入れられる。単純
  に3歳牝馬戦ってだけで、そこまで信頼度を高くしていいものなのかなって気はするんだよ。」
弟「まー、かなり人気が偏ってますからねー。しょうがないとも思えるけど。」
俺「人気になるであろう馬のアラ探しも予想には重要なファクターだ。俺は見つけたぞ、ソウルスターリングの最大の不安。」
弟「おぉ、聞かせて頂きましょう。」




ソウルスターリングは危険だ →  




俺「これはあぶない!!」
弟「むりやりだ!!」



俺「いやいや、大事なことです。芝G1勝ってないんです。」
弟「たまたまだろぉが!!」
俺「あくまで重馬場想定ではあるんだけど、アドマイヤミヤビもソウルスターリング意識し過ぎるとマズイ気がするし人気両頭
  共倒れってパターンは鞍上がこの2人だからこそ考えられるものだ。デムルメはワンツーも多いけど、人気上位2頭の時に
  揃って沈むパターンも多いんだよ。ならば2頭共切ってしまおうって判断。」
弟「セットじゃねぇんだから・・・」
俺「じゃあどうするかって?こうするのさ。」


◎レーヌミノル
◎アエロリット



弟「あの、エンターテイナーさん・・・?」
俺「これは当たりそうだねぇ!!」



弟「・・・レーヌミノルってもう、完全に決着ついちゃってるイメージしかないぞ。」
俺「そこがミソ。気性的な問題からか、直線に向くとすぐ先頭に立ちたがるようになってきたこの馬を、果たして誰が警戒するか
  ってハナシなんだよな。今までは潰しに来られる対象だったけど、ここでは人気2頭に注意が集まったら早仕掛けで出し抜き
  可能なのだよ。これを見逃さないのがノリさんのアエロリット。」
弟「ノリさん・・・」
俺「まず馬場悪化を望んじゃってる部分はあるが、この2頭は稍重レベルなら狙っていく。どちらも父、母父共に重い芝が
  好きそうなんだよな。レーヌミノルなんて母父タイキシャトルだもん、誰の為に雨が降ったというならこの馬の為だぞ。」
弟「全体的にハイレベルですし、確かにこの2頭も強いとは思いますけど・・・」
俺「ソウルスターリングのパフォーマンスは確かにスゴイ。でも未だに気性的な危うさはあると思えちゃうんだよな。噂話の
  域を脱しない話だけどルメール騎手、オークスはアドマイヤミヤビの方に乗りたいとかワガママ言ったって。」
弟「ひでぇ・・・」
俺「ソースは東スポ。」
弟「噂話の域を脱しない話だ。」

俺「要するに、コレが噂話でないとするならば距離に難がある。それは多分、スタミナ面より気性なんじゃないかなと判断する。
  もしも慣れない緩い馬場で気が悪い面を出してしまい、尚且つ走りが馬場に合わなかったら・・・仮定ではあるけど、まだ
  そういうイメージをしてしまってもいい段階にあるのが春の3歳牝馬戦なんだよ。」
弟「ダイナミックな仮説を作られましたね。」


◎レーヌミノル
◎アエロリット
▲カラクレナイ
△馬場次第で考える

三連複◎2頭から 馬連ワイド◎同士



俺「阪神は9~11Rと芝レースが続くだろ。ここは参考にすべきだ、それ次第ではやっぱり人気2頭に逆らえなくなるかも。」
弟「きたねぇなぁ。最初に切るって言ったじゃん。」

俺「最終的には『妙味クソ食らえ』って言ってるかもしれない。」
弟「だからそれ言っちゃダメなんだってば!!」


俺「カラクレナイは馬体があまりシュッとしてないんだよね。だからパンとした馬場よりも多少パワーを要するくらいが合って
  いそう。まずこの3頭は抑えることにしよう、あとは当日。重い馬場ならゴールドケープも面白そう。」
弟「ソウルスターリングもアドマイヤミヤビも結局買うかもしれないワケだ。」
俺「レースとして面白いのは2強対決なんだけど、ちょっとヒネくれてみたかったのだ。でもどっちにしろ1,2番人気のデムルメ
  ワンツーってのはなかなか無いパターンにも思えるぞ。それがあるとしたら勝ってるのがデムーロ騎手っぽい。」
弟「うわ、それなんか解る。ありがちなヤツだ。でもボクはソウルスターリングを信じてるのでねぇ・・・」


弟子予想
◎ソウルスターリング
○アドマイヤミヤビ
▲ライジングリーズン
▲リスグラシュー
▲ミスパンテール

三連単◎→○→▲ ◎→▲→○



弟「どうしてもこの2頭が強いと思えます。マイルであることを考えたら、せいぜいアドマイヤミヤビが取りこぼしの3着になる
  くらいなのかなぁって。」
俺「この距離ならばソウルスターリング信頼と。」
弟「まず勝ち方がスゴイもの、こうなったらバケモノであってほしいですよ。マイルの桜花賞でつまずくワケにはいきません。」
俺「同じフランケル産駒のミスエルテは?」
弟「最内引いちゃったのがちょっと・・・いっそのことスタート悪くなっちゃった方が位置が良くなるんじゃないかとか考えちゃう
  時点で予想からはハズしちゃいました。」
俺「おいおい、クールイズビューティーをバカにしてんのか?」
弟「だからそういうコト言うと自滅するハメになるんだって!!」

俺「まぁ、まずは春のクラシック開幕ってことでね。俺の予想はアレですけど面白い春になればいいなって思います。」
弟「始まりましたねぇ、中央クラシック戦!!」


俺「とりあえず俺は、あの3000万が砕け散れば、
  桜花賞はそれで満足なんですけどね。」

弟「最低だよね、コイツ。」




★おまけ


俺「グランドナショナルがありますよ。」
弟「全人馬無事をひたすら祈る時間です!!」




管理人本命 

THE last samuri

やっぱり前に応援してた馬がもう一度出てくるだけでウレシイものです。



弟子本命

サンダーアンドローゼス

名前かっこいい!!名前かっこいいから強いよ!!





※25:15スタートです(もう時間無いじゃん)



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/04/09 00:55 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(5)