スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ダービーを勝つ為に」

俺「ルメール騎手ってね、本当にヒドイんだよ!!」
弟子「ルメール騎手とロッカフェスタが来なかったからって、そんなコト言っちゃダメです。」


セントライト記念 結果
1着 キタサンブラック → 俺◎
2着 ミュゼエイリアン → 俺▲
3着 ジュンツバサ


俺「この際、予想内容が悔しい結果に終わったってのはどうでもいい。とにかくルメール騎手がヒドイの!!」
弟「馬券ハズしてイラついてるんじゃないんですか?」
俺「もう馬券ハズしたことなんてどうでもよくなるくらいにヒドイんだもん!!」
弟「一体何をしたんだ、ルメール騎手・・・」


◎ロッカフェスタ = 最下位


俺「敬老の日に『やりましたぞ母上』って・・・
  人の母親を老人呼ばわりしやがって!!」

弟「深い。」



俺「俺はね、馬体重発表された時にキタサンブラックがプラス12kgってのを見て、もう諦めたの。テレビで見ても実際お腹周りに
  余裕があった。後ろから映したらケツよりお腹に幅があったくらいだ。ロッカフェスタは特に問題無く見えた。だから、事前に
  馬券を買っちゃってあったけど、こりゃキタサンブラックがどれだけ頑張れるかなーって、半ば諦めながら見てたの。」
弟「それも切ないね、結果的にそのキタサンブラックが勝っちゃってるんだから。」
俺「キタサンブラックは好きな馬だ、今回の勝利も非常にウレシイ。おまけにノリさんから漂う大穴のニオイも感じることができた
  からね、ミュゼエイリアンを狙えて良かった。」
弟「つまりは、師匠にとってはダメだって諦めていたキタサンブラックが好戦できた時点で当たった様なモノだったと。」

俺「ルメールが失礼かつ要らん気遣いしやがって・・・」
弟「関係無いと思います。」

俺「・・・単純に未知の部分がまるごとマイナスだった感じだなぁ、ロッカフェスタ。終始フガフガしてたわ、前に行けない時点で
  ゲームオーバーだったわ。」
弟「展開の読みは当たってたのにねー。買い方失敗だね、ざまぁ。」
俺「テメェ・・・」
弟「ああも師匠の読み通りに伸びないサトノラーゼンブライトエンブレムを見ることになるとはなぁ・・・」
俺「だからまぁ、相変わらずキタサンブラック強いなぁって感じには見えないレースだったよ。その代わりレースが上手い。あんま
  京都でガチのスピード&スタミナ勝負には向いてない気もするけど、今回見た目に余裕があった中での勝利だから、菊花賞
  でも予想外な走りを見れるかもなぁ。」
弟「距離が伸びるのはどうなんだろう?」
俺「そういう面で見るとミュゼエイリアンがこのままノリさん鞍上で向かうことになるって考えたらコワイ一頭だと思う。速力には
  欠けるけど、持久力はいいもの持ってそうだ。キタサンブラックはなんとなくバランスオブゲームみたいな存在になりそうなん
  だよなー。」
弟「G2コレクターだ。」
俺「それこそ次の日曜に登場するロゴタイプ。この馬も似たようなものなんだよね、ズバ抜けた速力を持ってないけど、レースを
  器用に立ち回れて周囲を出し抜く様な競馬をするっていう。ロゴは朝日杯と皐月賞を制したけど、これって中山でこなせる
  距離の数少ないG1をものにしたって感じに見えるよ。」
弟「中山の古馬G1はスプリンターズと有馬記念で、マイルや中距離が無いからなー・・・」
俺「府中や京都だとワザ以上に力になるからな。キタサンブラックはワザの馬だと思うよ。」
弟「ステイヤーらしいステイヤーが不在の状況なら、立ち回りの上手さで最後の一冠を奪い去るシーンが見れたりして。」
俺「可能性はあると思う。ダービーでボロ負けしたのが教訓になってるのなら、息を抜いたいい走りができるかもな。」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


俺「さて三日間開催が終わりましたが・・・この間に残念なニュースがいくつかありました。」
弟「はい・・・」
俺「まずは訃報だね・・・」

・オルフェーヴル、ドリームジャーニーの全妹 エストソルシエール(2歳) 蹄葉炎で安楽死
・JDD2着、レパードS1着、ダート期待の新星クロスクリーガー 大腸炎で急死


俺「これから先を担うはずだった若い2頭の訃報が相次いで報じられました。」
弟「やるせないね・・・」
俺「エストソルシエールはオリエンタルアートとステイゴールドの黄金血統で初めて誕生した牝馬。8月から闘病していたそうだが
  良化せず、記事を見る限りでは相当痛そうな症状が出てしまったらしい・・・」
弟「お父さんとお母さんが亡くなった年に、両親を追ってしまうなんて。」
俺「クロスクリーガーも同じだよ、父のアドマイヤオーラが今年の3月に亡くなっていたんだから。」
弟「なんか、その時期に後藤騎手も含めて集中してましたよね、悲しいニュース。」
俺「連鎖するんだよなぁ、何故か解らないけど。」
弟「クロスクリーガーは本当に残念だよ・・・古馬と戦うところを見たかったな。」
俺「JDDの予想の時にアドマイヤオーラの不運を語ったけど、クロスクリーガーはもっと不運な最期になってしまった。馬主さんは
  本当にショックだろうな、彼ともう一頭の2歳馬しか所有していない。こういう個人オーナーさんの夢を体現してくれる馬には、
  これからも頑張ってほしかったんだけど・・・」
弟「早すぎますよね・・・」
俺「クロスクリーガーのオーナーさんの所有するもう一頭の馬もアドマイヤオーラ産駒なんだよ。クロスドルージュっていうの。」
弟「おお。アドマイヤオーラが好きなんですかね?」
俺「かもしれないね。同じ勝負服の弟分はダート新馬戦で3着。ひょっとしたら兄貴分の様になれるかもしれない。」
弟「頑張ってほしいな。」
俺「そして、今1歳のオリエンタルアートとステイゴールドの最後の仔も牝馬だ。ターフを走らずにこの世を去ってしまったお姉
  ちゃんの分まで頑張ってくれるといいね。」
弟「無事にデビューしてほしいです。」


俺「若くしてこの世を去った2頭に、合掌・・・」
弟「合掌・・・」


俺「・・・訃報はイヤだね、大往生ならまだしも、こういう若い子のこととなると本当に切なくなる。」
弟「うん、残念です・・・」
俺「そしてもう一つ、訃報ではないにしても、今の競馬界にとって大きな損失とも言えるニュースがありましたね・・・」


★2013年ダービー馬 キズナ 屈腱炎発症で引退へ

弟「キズナぁぁぁ・・・」
俺「本当にファンの多い馬だったな。引退の報せが流れた時、ツイッターでは彼の引退を惜しむ声で溢れたよ。」
弟「ボクも大好きな馬だったよ。」


俺「俺はネタ馬としてよく扱ってたが・・・」
弟「蹴られてきなよ。」



俺「今回の引退に関しても『キズナ復帰断念、引退へ』って文字見て『縁起でもねぇよ』と。」
弟「怒られるわ・・・」
俺「だって名前がキズナなんだぞ?」
弟「師匠はそのネタが好きですね。」

俺「キズナが届かないとか、切なくて切なくて・・・」
弟「引退の時ぐらいネタっぽさを封印してくれ。」


俺「訃報もあったし、あんまし湿っぽくしない方がいいかなって思ってね。」
弟「そうは言っても円満な引退じゃないんですから。」
俺「屈腱炎だもんねぇ・・・天皇賞で復帰予定だったのに。あのカッコイイ馬体はもうレースで見れないんだな。」
弟「ユタカさんとのコンビと言えば、現代で言えばキズナだったのです・・・」
俺「名前の通り、色々な絆が彼にはかかっていたからな・・・」
弟「震災復興のメインテーマをその名にし、それに恥じない活躍をしてきたと思うよ。」
俺「ダービーを勝つのが宿命付けられていた様な印象すらあるよ。」
弟「そうですね、きっとそれがキズナの役目だったんです。」
俺「後聞きではあるんだが、あのダービーの前にユタカさんは、元々手綱を取っていた佐藤哲三元騎手の入院先へ赴いて、彼に
  『キズナでダービー勝つよ』って約束していたんだって。」
弟「キズナですね。」
俺「まぁ俺はヒネくれて、『キズナって名前で武豊でダービー勝つなんて出来過ぎだ』って、あのダービーではキズナをバッサリ
  切っちゃったのを覚えているけど、今になって考えてもあのダービーはキズナが勝って本当に良かったって思えるよ。」
弟「かっこよかったよ!!」
俺「個人的にはロンシャンの2戦に驚かされたけどな。あのロンシャンの芝で海外の同期をまとめて差し切ったニエル賞、同じ
  日本から挑戦したオルフェーヴルにケンカ売る様なレースをした凱旋門賞、いずれもこんなレースもできるのか!?って
  ビックリさせられた。」
弟「その後に故障に泣かされなければ・・・」
俺「つくづくそう思うよなー、天皇賞後の骨折で歯車が狂ってしまった印象は否めない。」
弟「なんというか、キズナにしろ翌年のワンアンドオンリーにしろ、ダービーという役目を背負って走っていた印象あるんだよね。」
俺「ワンアンドオンリーのお誕生日フラグはなかなか壮絶だったからな。」
弟「結局、G1レースで言えばダービーの1勝だけに終わっちゃったけれど、なんというかキズナはただのG1一勝馬って感じじゃ
  無いと思えるんですよね。」
俺「うん、ダービー馬の中でも結構特別な存在だった。でも、それが何でかって言われると、ハッキリ答えられないんだよ。」
弟「ふむ・・・」
俺「そこを考えると、やっぱりキズナって名前なのかなって思うんだわ。そしてお前が言う通り、その名前でダービー勝利という
  役目を果たした馬だからこそ、人の心に焼き付いたんだろうね。」

弟「うん、キズナがもしもウマモドキって名前
  だったらって考えると、凄くイヤです。」

俺「ウマモドキでもいいじゃないか。」


弟「でもね、キズナがダービー優勝したってだけで終わるサクセスストーリーだけじゃないところも含めて、キズナの良いところ
  だったと思うの。確かにディープインパクトみたいな無類の強さを持っていても人気にはなるだろうけど、愛され方が違って
  くるんじゃないかな。」
俺「まぁな。もどかしさも含めてのキズナなのかもしれないね。」
弟「なんというか、無敗馬ってワケでもないし、追い込みという不器用な脚質だから負けてもおかしくないって考えやすい存在
  だって冷静になると思い返せるんだけど・・・なんか負けた時にショック大きかったんだよなー、ダービー以降は。」
俺「ああ解る。ユタカさんも結構自信マンマンにレース前コメントしてたし。」
弟「それもキズナだったからなのかなって思うの。」

俺「ウマモドキではそうはならないと。」
弟「自分で言っておいて申し訳ないけど、ウマモドキはもう忘れて
  下さい。」


俺「俺の作り上げた名馬をバカにするな。」
弟「ダビスタの話でしょうが・・・」
俺「しかし、そうやって考えると不思議な魅力持った馬なんだよな。」
弟「ボクは彼が、苦難にまみれながらも6歳まで走ったからこそ愛されているんだと思うな。輝かしいだけじゃない頑張りがあって
  こそのキズナなんだと思います。」
俺「そうだな、成功一辺倒じゃないからこそのキズナなのかも。」
弟「今度はキズナの産駒がキズナの絆を受け継ぐのです。」
俺「まるでキズナがオウマタイムの様ですね。」

弟「ちゃかさないで頂きたい。」
俺「スンマセン。」
弟「走る姿が見れなくなるのは残念だけど、今は本当にお疲れ様って言いたいです。キズナのダービーからは本当に多くの人が
  元気をもらえたに違いない。お礼も言わなきゃね。」
俺「ターフからビッグネームが居なくなるのは寂しいけれど、夢が繋がっていくのが競馬の魅力だ。これからは種牡馬として、父
  譲りの末脚を持った子を送り出してくれることを願おう。」
弟「ありがたう、キズナ!!そして安心して引退して下さい!!」
俺「安心・・・?」


弟「ノースヒルズの看板はだこーが受け継いだ!!」
俺「いいや、ヒットくんだ!!」



弟「・・・だこーだ。同じディープインパクトの産駒であるだこーだ。」
俺「バァカ、ヒットくんに決まってるだろぉが。ノースヒルズっつっても勝負服一緒なのはヒットくんなんだよ、前田晋二氏がオーナー
  なんだからな。同じディープインパクト産駒ならティルなのーの方だ。」
弟「だこーだ。何せ文字数が近い。」
俺「そんなもん理由になるかバァカバァカ。」
弟「キズナとヒットくんでは比較対象にならない!!だこーだ!!」
俺「ダコールはもっと比較対象にならないだろうが、バァカ!!」

弟「フーッ・・・フーッ・・・だこぉぉ・・・」
俺「・・・不毛な争いをしてしまった。そしてワンアンドオンリーがちょっと不憫になってしまった。」
弟「・・・まぁ、キズナだけに好きな馬に繋げて考えてしまうワケであります。」
俺「そうね、オールカマーでは世代クラシックウイナー唯一の現役になってしまったロゴタイプが走る。キズナの分まで頑張って
  走ってくれるだろう。」
弟「キズナが残したキズナがいっぱいあるのだ。」
俺「それじゃ今一度、あの大団円になったダービーを見て今日はお別れしましょう。ありがたう、そしてお疲れ様、キズナ!!」







俺「やべぇ笑っちまう(ブフゥ)」
弟「青嶋ァァァァ!!!!!」



俺「ディープインパクト産駒タケユタカ・・・高低差200mの坂・・・・そして・・・イヌッ(ブッフフゥ)」
弟「・・・・・」







※お疲れ様でした、キズナ!!
 そして若い2頭に今一度、合掌・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!



[ 2015/09/22 01:12 ] その他 | TB(0) | CM(4)

合唱

師匠さん、弟子さんこんばんは。
若い産駒2頭の予後不良はかなり切ないですね。
仕方が無いことですが・・・
キズナも引退。
まあ、早熟やマイラーではなどの疑いがかけられていて
それを払拭するため秋に結果をという矢先に引退。
ただ、残念ですが秋に復活できない可能性を考えると
引退もいい潮時だったかも。

天皇賞でヒット君に負けるキズナとかみたくなかったですし。
ではでは。
[ 2015/09/22 02:00 ] [ 編集 ]

キズナは最初から『華』があったわけではない?気がするんですよね。

ダービーに繋がるまでのドラマが『キズナ』に華を与えた感じ。
この馬名でダービーを制すれば盛り上らないわけがない!
見た目も格好いいしね。
個人的には『凱旋門賞挑戦』がターニングポイントだったのかなぁとも感じてます。
凱旋門での好走には驚いたけれど、日本に専念してたら面白かったろうなぁと思ってまして…。

ダービー後、『東京2400m』での走りを見れなかったのは残念の一言。

ディープ産句の正統後継者であるのは間違いないでしょう。

まぁ自分は『エピ派』なんでエピの引退のがショックだったんですけどね(照)
[ 2015/09/22 08:36 ] [ 編集 ]

若い2騎は残念でしたねぇ

後、ユーセイトップランも亡くなりましたし寂しいもんです

個人的には後藤騎手でなく松永幹コンビが頭に残ってるんですけどね

キズナのダービーはおいらも同じ理由で切ったなぁ(^^;)

話変わりますがここの常連コメンテーター2トップは流石ですね

セントライト記念の◎が同じでした( ̄▽ ̄)
[ 2015/09/22 21:15 ] [ 編集 ]

私もひねくれ者なので、ダービーではキズナは無印でした。キズナが白帽、だこぉは赤帽、ティルなのーはオレンジ帽、そしてピンク帽のキン×タマ産駒…と天皇賞秋で見てみたかったですね。エストソルシエール…残念です。まだデビューしてないのにファンの多い馬でした。アビーさんを思い出すので蹄葉炎はキライです。

とりあえず、フムフムメモーンじゃなくて良かったと心から安堵しています。師匠にはこれからもノリさん、フミオさん、門別、そして弟子ちゃんとの絆を繋げていってほしいですね。
[ 2015/09/22 23:58 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1009-ed8506ab











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。