京都大賞典と南部杯の予想

俺「理屈は良かったんだがなぁぁぁ・・・」


毎日王冠 結果
1着 エイシンヒカリ → 俺&弟子〇
2着 ディサイファ → 俺切った 弟子〇
3着 イスラボニータ
4着 ダノンシャーク → 俺◎


弟子「あんな熱いキスなんかするから・・・♥」
俺「悶々とさせてしまったか。」


弟「展開読み違えたね、エイシンヒカリの二番手に付けたのがディサイファじゃなくてグランデッツァヴァンセンヌっていう。」
俺「社台の勝負服が固まってエイシンヒカリを追っかける展開とはねー。」
弟「ユタカさんの逃げは解っていたことなんですが、結局あの流れは誰もエイシンヒカリに圧力をかけられなかったと見ていいの
  かな?」
俺「他陣営は大逃げも頭にあったと思う。そうなるとどこかで誰かが捕まえに行かないとならないんだけど、案外普通に逃げた
  だろう?そうなると逆に無理をする必要がなくなる。」
弟「そういうメンバーだもんねー。」
俺「ある意味ユタカさんの奇策とも言えるよ、俺はああいう逃げは想像してなかった。もうちょい離した逃げをすると思ったんだけど
  普通にエイシンヒカリを制御した逃げになった。その結果、誰にも競られない状況になったんだな。」
弟「さすがはユタカさんです!!」
俺「いやぁ・・・それにしても地味~に悔しいな・・・ゴール100m前くらいまではワイドはもらったと思っていたんだけど・・・」
弟「外に出して結構イイ脚で伸びてきてたもんね、ダノンシャーク。58kgでよく頑張ったよ。」
俺「最後の一伸びの差はその斤量かもなぁ。俺が仕事をして潰れると見ていたディサイファにニの脚を使われるとは・・・」
弟「掲示板には入ってきたね。」
俺「完璧な予想をお届け致しました。皆様おめでたうございます。」

弟「まぁ、なんというかそれ以外の部分がね。イスラボニータはなんとなく復調の兆しがあったのかなって見れるけど。」
俺「その他の上がり馬や実績馬の面々が案外な着順に終わっているのは、やはり叩き初戦であるということとペースにあると
  思えるね。一番中途半端になっちゃった位置がエイシンヒカリの直後の位置、余分に前半で脚を使っただけになってしまった。
  その更に後ろに付けていたのが2~5着に来てて、最後方集団は伸びても話にならない位置取りになっていた。」
弟「ってことは巻き返しもあると?スピルバーグなんかは気になるところですけど。」
俺「本数走ってないものの、今年使ったレースが不良馬場の大阪杯と英国遠征で、そこからの復帰で58kg背負わされたら無理が
  できないのも頷ける。最後の直線だけレースに参加したって感じに見えたから、変わってくる可能性はあると思うね。天皇賞
  への切符がかかっていたエイシンヒカリに比べればお気楽なものだ。」
弟「なるほど、そういう部分も関わっていたかもしれないですね。」
俺「しかし・・・これでエイシンヒカリは天皇賞秋に大腕を振って参戦できるんだな。」
弟「むう、おめでたいじゃないか!!」
俺「おめでたいか?」
弟「ユタカさんのカッコイイ逃げが天皇賞でも見れる。うれしいじゃないか。」

俺「ダコール出れなくなるかもしんないぞ。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!」


俺「結構賞金抱えた馬が多いからな、登録頭数によっては除外になるかもしんないぞ。」
弟「ふぐっ・・・それはイヤです!!だこーも出て欲しいよぉ!!」
俺「これで京都大賞典をサウンズオブアース辺りに勝たれて、それで天皇賞に向かわれたらほぼアウトだろ。」
弟「阻止せねばなるまい!!」

俺「俺は雨男が居ない方がいいけど。」
弟「雨はだこぉのせいじゃないもん!!」


俺「さぁ、天皇賞への道が険しくなってきたぞ。この京都大賞典も当然影響してくる。早速予想に移ろう。」
弟「くそぅ、イラナイ情報でボクを惑わすとは!!」



★本番直結率は低いけど、ここもまた重要なレース 京都大賞典

俺「晴れてG1馬の仲間入りを果たしたラブリーデイの秋初戦だね。」
弟「曰くの残る宝塚記念ではありましたが、オールカマーでショウナンパンドラヌーヴォレコルトがワンツー決めてるんだから、
  やはりG1はG1なんでしょう。」
俺「最近一気に安定性が出てきたよね。俺もあの宝塚記念は疑った目で見ているんだけど、ラブリーデイに関しては真っ当に
  勝っていたと思う。」
弟「ええー・・・」
俺「なんだよ。」
弟「ダブル本命はイヤだなぁ・・・」


俺「そんなラブリーデイはバッサリ切るよ!!
  皆様おめでたうございます♥」

弟「イヤッフェ――――――イ♥」



俺「・・・」
弟「フォ―――ウ、フォ―――――――――ウ!!」
俺「とてもうれしそうだね。」
弟「師匠!!さすがは師匠です!!ダイスキ!!」
俺「えぇー・・・だって本命にできるかぁ?確かに力は付けてきてるけどさぁ。」
弟「今年に入り重賞4勝してるんですよ、軌道に乗ったと見るのが妥当でしょう。」
俺「開幕週の京都で距離2400mって、この馬にとってどうなのかなぁ。」
弟「まぁ、多少は長い気もしますけどね。」
俺「長いっつーか・・・この馬は高速決着が苦手でしょうが。」
弟「そういうイメージなんですか?」
俺「いい上がりは持ってないだろ。確かにこの馬は京都記念を勝ってるけれど、このレースだって宝塚記念同様に疑念の目を
  向けられるレースだしな。キズナハープスターが不発だったレースだ。」
弟「問題のあるレースで勝ってるのか・・・」
俺「そういう状況での立ち回りの上手さと、中山や阪神の坂を得意とするパワーが持ち味である馬に、いかにもスローな流れに
  なりそうなメンバーでのキレ上がり勝負ができるかどうかって考えると、どうしても切りたくなるわ。日曜にビッグアーサー
  オパールSでレコードタイで走っちゃう様な馬場はこの馬には合ってない。」
弟「おおぅ・・・」
俺「同じ理由で嫌いたいのがワンアンドオンリー。この馬も京都に合った馬ではないと判断する。」
弟「要は、師匠はコースに合っているであろう馬で予想を組み立ててるんだね。」
俺「そゆこと。だからかもしれないんだけど、このレースは秋のG1に繋がらないのかなと思えるんだ。環境としては特殊だ。予想
  としては実に簡単、京都が好きな馬を選んで順番つけただけだ。」


◎フーラブライド
◎ラキシス
▲ニューダイナスティ
▲レコンダイト
▲カレンミロティック
▲サウンズオブアース

三連複◎2頭から 馬連◎同士



俺「ホイできたー!!」
弟「順番おかしくないか・・・」



俺「何言ってんだよ、京都2400mっつったらフーラブライド姐さんおウチみたいなもんでしょーが。」
弟「フーラブライド姐さん・・・」
俺「昨年はスパン空けて7着だったけど、今年は8月に得意というわけでもない洋芝札幌戦を挟んでの挑戦。得意舞台を狙って
  万全なのですよ、姐さんは。」
弟「確かに京都2400mの成績がいいですけど・・・メンバー的な問題はどうなんだろう?それこそラブリーデイと見比べると、この
  馬もまた高速決着はどうなんだろうって見え方するんだけど。」
俺「それは確かに言えるんだよね。キメ手に欠ける部分は確かにあるから、正直スローになるとキビしいのはラブリーデイと一緒
  だったりする。先行するであろう2頭の枠に挟まれてるのは、そういった意味でプラスだよ。」
弟「ニューダイナスティカレンミロティックですか。」
俺「この2頭について行ってラブリーデイより前で競馬できればしめたもの。斤量が大きく距離の心配を抱えたラブリーデイが前を
  捕まえられない流れを想定する。堂々とレースができるのはラキシスだろうね、ユタカさんが二日連続メイン勝利っていうのが
  アリかどうかではあるけど、札幌記念のレースっぷりを見るからには普通にレースできそうだ。」
弟「ボクはラブリーデイだと思うけどねぇ。」


弟子予想
◎ラブリーデイ
〇サウンズオブアース
▲ワンアンドオンリー
▲カレンミロティック
▲ラキシス

三連単◎→〇→▲ 三連複◎〇から



弟「このメンツで3着より下ってコトはないでしょう。京都コースにだってしぶとさは必要ですし。」
俺「まぁ、実力面ではトップだからな。俺が苦手と思ってる部分を苦にしなければアッサリ勝っちゃうかも。」
弟「サウンズオブアースには2着でお願いしたい。」
俺「・・・ダコールの話を引きずってるのね。」

弟「後の天皇賞馬のジャマはしないで頂きたい。」
俺「大きく出たものだね・・・」


弟「月曜はテナンゴくんも走りますよねー。」
俺「そうだね、オルフェーヴル・メモリアルだけど勝っちゃっていいぞ!!テナンゴくん!!」
弟「頑張るのだ、テナンゴくん!!」
俺「そして中央が終わったら今度は盛岡だ、マイルチャンピオンシップ南部杯でございます。」



★中央の後は盛岡で南部杯!!

俺「先日の日テレ盃では実績馬2頭が自身のペースに飲まれるという結果になり、ダート戦線に不穏な影を落としたけど。」
弟「ここはどうかな。まぁ、あんまし大きな波乱は考えにくいか。」
俺「ハッキリ言って扱いをどうするかの焦点になるのはハッピースプリントだよ。二番目にワンダーアキュート。それを考えた上で
  ベストウォーリアをどの着順に置くかになるだろうね。」
弟「馬券に絡む確率が一番高いであろう馬がベストウォーリアだということですね。」
俺「まぁ、ハッピースプリントを応援しますけどね。」
弟「本命にしますか、ここでも。」

俺「言っておきますと、ハッピースプリントとワンダーアキュートは
  2頭とも馬券に絡まない可能性もありますな。」

弟「!!!!!!!!!!!!」


俺「妙味がお好きな方は、この2頭を嫌ってみてもヨロシイかと思われます。」
弟「え、えええ!?ここで、このメンバーで、その2頭を切る予想とかできるワケ!?」
俺「俺はそうしないけどねぇ、この2頭の不安要素は結構大きいと思うよ。それならば内に入った中央3騎と大外のダブルスター
  あるいは地元のナムラタイタンって考え方は充分アリだと思う。ポアゾンブラックだってアリでしょ」
弟「そんなに不安が大きいですかね・・・?」
俺「要するにハッピーもワンダーも決まりきった相手との対戦成績になるだろ。ダートグレード専門な部分があって、おまけに久々
  なんだよ。ひょっとしたらマイルで内側3頭にスピード負けするんじゃないかって可能性、少なくないと思うね。」
弟「おお・・・そう言われると怖くなってくる・・・」

俺「その上でベストウォーリアも一着取れるかどうか
  怪しいと思うぞ。」


弟「・・・この3頭がまとめて沈むとか、有り得ることなんでしょうか?」
俺「無くはない。内3頭の三連複とか充分面白みがあると思う。盛岡ってコースは良馬場でも時計が速いんだ、それだけ消耗が
  少ないコース。あまりマイルって距離に固執するとスプリンターにヤラれるぞ。」
弟「有力と見られる馬が内側と外側に集まってますけど・・・」
俺「そこもいやらしい部分だよね。外側はかなりダッシュ付けないと先手は取りにくくなる。まぁ多分、ハナは内側の中央組に
  譲って下げた隊列を取るんだろうけど、あまりエーシンビートロン辺りに主導権は取らせたくないだろう。」
弟「ポケットからスタートの長い向正面の直線での争い、激しくなりそうですね・・・」
俺「また内側がよりによってスプリンターで固まってるのがなぁ。この枠順は悪魔が決めたのかって感じだ。あっさりエーシンビー
  トロンが先手を取ればペースは案外落ち着くかもしれない。それは内側のメンバーにとってはチャンスだよ。」
弟「距離が伸びても消耗が少なくなるのか。」
俺「荒れる可能性は充分にあると思うね。軽く見られている感じのスプリント組の台頭。」
弟「おおお・・・」
俺「ここまで言った上で、俺はそれでもハッピースプリントに期待したいという予想をしています。もう成長力に期待するしかない、
  帝王賞から使わずにぶっつけで遠征戦に挑んできたローテを期待の方向に捉えるよ。」


◎ハッピースプリント
◎ダブルスター
〇ベストウォーリア
▲タガノトネール
▲ワンダーアキュート

三連単◎→〇→◎▲



弟「トリッキーなコトしやがった!!」
俺「ベストウォーリア2着付けだ!!」


弟「しかもハッピーと同列にダブルスターだと・・・!?」
俺「近走で一番いいメンツと戦ってきているこの馬が、このメンバー相手に距離短縮したところでペースについていけなくなるとは
  思えないね!!スタミナにも問題無いし鞍上は地元の関本騎手だ、3コーナーからの下り坂で一気に前を捉える騎乗ができ
  ればチャンス充分と見た。」
弟「ここでこういう予想をしてくるとは思わなかった・・・」
俺「ベストウォーリアかワンダーアキュートに勝たれたらもう参ったというコトで。」
弟「ワンダーアキュート、もう一花いけませんかね?確かにもう9歳終盤だし、前走はかなり差を付けられての大敗でしたが。」
俺「大きく負けたと思ったら、次のレースでいきなり勝つってパターンは何度もある。面白いコト言っちゃうとだね、この馬はここ2年
  で走った中で、コパノリッキーとホッコータルマエのどちらも居ないレースの場合は必ず勝ってるんだ。」
弟「マジで?」
俺「僅か2戦ではあるけどね。一昨年の日テレ盃と今年のかしわ記念。」
弟「頑張ってほしいから、そのジンクスも味方にして本命にしよう。」


弟子予想
◎ワンダーアキュート
〇ベストウォーリア
▲ハッピースプリント
△タガノトネール
△アドマイヤロイヤル

三連単◎→〇→▲△ ◎→▲→〇



俺「そうきましたか。」
弟「ハッピーが2着の場合はベストウォーリアが3着のパターンだけでいいかなって。」
俺「お互いベストウォーリアの勝ちはナシという、妙味に踊らされた予想ですね。」
弟「そういうワケじゃないんですけど・・・」


俺「そんな我々の予想を優しくブッ壊してくれそうだよね、
  
いっくんさんって。」
弟「可能性大ですね・・・」




俺「・・・いっくんさんの画像をぺろぺろしてみましょうか。」
弟「・・・馬券圏外に消える可能性もあるので、ヤメた方がいいと思います。」







※ちょうどよくぺろぺろしておこう・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!



[ 2015/10/11 23:56 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(5)

レース回顧の記事にて
師匠が誰の写真をどのくらい「ぺろぺろorちゅー」したかを記録して行って
適切な「ぺろぺろorちゅー」を探しましょう
[ 2015/10/12 01:48 ] [ 編集 ]

毎日王冠は大方予想通りの展開やったんやけどなぁ

ヴァンセンヌもグランデッツァも

最後に脚が無かった・・・

京都大賞典は・・・

レース前に終わった(-_-;)

ほぼTILさんと同じ(≧▽≦)

◎ラキシス〇フーラブライドとなったんですけど

(3連複2点かぶってます)

仲良し馬券獲れるかなぁ

南部杯は今から馬柱見ますけど

名前の挙がっていた馬だけで言うと

やっぱりベストウォーリアからかな?
[ 2015/10/12 10:05 ] [ 編集 ]

本日

師匠さん、弟子さんおはようございます。
本日は、京都大賞典、南部杯、オリフェーブルメモリアルと目白押しですね。
昨日の毎日王冠は、終わってみればの結果。ステファノスとかも延びなかったですね。
まあ、エイシンヒカリ君が快勝して天皇賞は相当盛り上がるのでは?
今日は逆に堅い気がします。
では、グッドラック
[ 2015/10/12 10:21 ] [ 編集 ]

パドックの観客をザワつかせた

エイシンヒカリさん!
大暴れしたものの途中から落ち着きました。
とにかくおめでとうございます!

京都は調教で一生懸命走っていたサウンズオブアースとカレンミロティック。
南部杯は調子まだまだらしいですがハッピースプリントを。

競馬日和です
[ 2015/10/12 14:25 ] [ 編集 ]

弟子ちゃん、京都大賞典完全的中おめでとうございます。さすが信頼と実績が違いますね。それに比べて師匠…、いつにも増して神懸かってますね…。師匠が切ったディサイファやラブリーデイに勝ち負けされ、挙げ句の果てにはいっくんさんに弄ばれる始末。師匠ってさぁ…、いつもどんな悪いことしてるのでしょうか。日頃の行いが相当悪いように見受けられますが…。


※いっくんさんを陥れるには、まずエビちゃんや岩田騎手みたいにネタとして扱えるような画像を探すところから始めてみましょう。
[ 2015/10/12 22:46 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1028-0aa19871