菊花賞の予想

俺「コレは参った。」
弟子「ボクも軽く見てましたね。」


富士S 結果
1着 ダノンプラチナ
2着 サトノアラジン → 俺◎弟子〇
3着 ロゴタイプ → 俺&弟子▲


俺「ダノンプラチナ復活おめでたう!!」
弟「いきなり来るとは思ってなかったよ!!」


俺「馬連を阻まれる結果にはなったけど、復帰初戦でサトノアラジンとの末脚勝負で勝つとはね。予想で気にも止めていなかった
  だけにむしろ謝りたくなったわ。」
弟「ボクもです、ビックリしましたよ!!」
俺「他の3歳組がイマイチな結果に終わってしまった中で久々の実戦で勝利か、皐月賞での大敗以降じっくり調整してきた結果が
  実ったってコトかな。」
弟「蛯名騎手、重賞勝つの久々ですね。」
俺「それこそ去年の朝日杯をダノンプラチナで勝って以来だよ。」
弟「そうか、今年重賞勝ってなかったっけ。」
俺「ここで一気にマイルCSも勝利って可能性が出てきたね、斤量が軽かったとは言えイイ内容の勝利だと思うよ。ロゴタイプ
  結構頑張ってはいたけどなー・・・」
弟「トップハンデで3着ですから立派なモノでしょう。」
俺「そうなんだけど、それでもやっぱり勝ちに届かない辺りが今のこの馬なんだよな。上手いレースはできるんだけど決め手に
  欠ける。京都でどう考えるか迷うなぁ。」
弟「師匠はロゴちゃんに対して最近悲観的ですねー・・・」
俺「ヒットくんモーリスという馬は未知が大きい。ロゴちゃんは堅実派なだけに全体像がしっかり見えちゃうんだよ。」
弟「なるほど・・・なんとなく解る。」
俺「伸びしろって部分は期待しにくい。ローエングリンも5歳からスランプに陥ったからな。でも、ローエングリンはそこから何度か
  復活劇を演じているからね、ここから走る距離の路線を整えて浮き足立ったローテを組まずにレース続ければ、ひょっとしたら
  またG1勝てるかもって思って見守るしかないかな。」
弟「復活を信じたいですね、ところで師匠。」
俺「なんでしょう。」


おいしいよ!!!!!


弟「やはり元に戻る気は無いと。」
俺「当たり前でしょう。」



弟「・・・ココでハズせば元に戻ってくれるかなぁって思っていたんだけど。」
俺「残念でした、菊花賞次第です。」
弟「ふぐぅ・・・ちょっとくさくなってきてるんだけど・・・」
俺「アタりそうでしょう。」
弟「迷惑なのですが。」

俺「アタったらデシちゃんにおこづかいをあげよう。
  そういう予想をしたのだ。」

弟「アテてください、ユッケさん!!」


俺「ゲンキンなヤツめ・・・」
弟「アタったらおこづかいがもらえる、ハズれたら師匠がくさったおにくじゃなくなる。なぁんだ、いいことばっかりだ♥」

俺「アタったらずっとユッケです。」
弟「解りました、おこづかいをもらったら捨てます。」


俺「・・・」
弟「ボクかしこい♥」



★クラシック最終戦 菊花賞

俺「牝馬の方はミッキークイーンが秋華賞で二冠、牡馬は逆に二冠馬ドゥラメンテが不在という対照的な見栄えだね。」
弟「そんな状況で行われる菊花賞、どういうレースになるのか見当が付きにくいですよ。」
俺「中心視する馬によるよねぇ。」
弟「師匠がユッケ運を無駄にしない様、ボクがやさしさを見せてあげましょう♥」
俺「ふぇ?」

弟「多分ニコフさんはリアルスティール切りですね。」
俺「さすがはデシちゃん!!やさしいね!!」


弟「コレで余計な予想をしなくていいでしょう。」
俺「スバラシイ!!」
弟「まぁ、確かに3000mという距離でこの馬に重い印打てるかって言われるとね。ボクも考えちゃうけど無印にはできないな。」
俺「エピファネイアの時とは状況が違うからねぇ。でも俺も切れないんだよな。」
弟「・・・師匠も切ってくると踏んでいたんだけど。」
俺「阪神2400mより京都というだけで印象は変わる。前走骨折明けでディープ鬼門コースにしては頑張ったからな、距離に対する
  不安も大きいけれど、それはどの馬も一緒だと見たらハズせない。」
弟「世代トップクラスの馬であることに違いはないと。」
俺「本命打ちにくいのは間違いないけどね。ある意味、ここでこの馬を本命にして当てる人は、予想する側として見たら最高に
  カッコいいだろ。大体こういうレースって変な攻め方したくなるものだからな。」
弟「オッズ的に中穴と言われる辺りに本命を打つか・・・」
俺「あるいはリアファル本命って人が多いだろうね。」
弟「芝に移って無敗、スタミナ勝負には文句ナシと言える血統、先手を取れる強み、そこにルメール騎手ですもんねぇ。」
俺「その言いっぷりでは、お前はこの馬が本命か。」
弟「外枠になっちゃったけど、ここはこの馬が残るんじゃないかなぁと思いますね。」


俺「喜べ。俺は切ってやる。」
弟「わぁい!!わぁい!!」



俺「先ほど俺の代わりにニコフさんの切り馬予想をしてくれたごほうびだ。」
弟「本命カブリになるのではと心配してましたが、切っちゃうんですか。」
俺「リアルスティールに印打ててリアファルに印打てない理由はズバリ京都の良馬場だ。やはり最後の平坦区間ではスタミナより
  キレが欲しい。勝ち方が強かったと言っても2400mになってから最も遅いタイムの神戸新聞杯はアテにできないよ。」
弟「でも、そもそもスタミナで自慢できそうな馬となると、この馬ぐらいになるんじゃないですか?」
俺「スタミナでどうにかなるレースにはならないだろ。この馬が大逃げすりゃハナシは別だけど、ルメール騎手がそういうことをする
  とは思えないぞ。恐らく超スローでの温存勝負だ、そこからの末脚ではこの馬に分が悪い。」
弟「先行馬は揃ってますけどね。」
俺「こういう時に誰がどうするか。そこを予測してみなさい。」
弟「誰がどうするか・・・」


俺「ノリさんがヒャッハーするだろう。」
弟「!!!!!!!!!!!!」

俺「そんでそのままゴールだ。」
弟「!!!!!!!!!!!!」




◎ミュゼエイリアン



俺「・・・名前的にG1馬のニオイのカケラもないけども。」
弟「おまけにノリさん本命って、ユッケだからってアンタねぇ・・・」
俺「まぁ、神戸新聞杯だけじゃなくセントライト記念の方も時計としては低レベルだ。でも、このコンビのまま菊花賞に来たら本命に
  しようというのは、結構前から考えていたことだよ。枠が逃げタイプの馬の中では一番内に入れたのは好材料だ。」
弟「どうして?勝ったキタサンブラックじゃないの?」
俺「ここではキタサンブラックは▲。ミュゼエイリアンと比較したらスタミナが不安だ、ただしダービーの時の様なお仕事をノリさん
  がしないと考えると、立ち回りの上手い馬だけにひょっこり食い込むかなって期待は持ってる。」
弟「・・・お仕事?」

俺「ダービーの時、このコンビは先行潰しをシャダイ
  さんに任されていたんじゃないか?」


弟「出た、シャダイさん・・・」
俺「ドゥラメンテの二冠の演出材料だ、キタサンブラックとスピリッツミノルをまとめて潰して尚且つペースを上げる。あの時は、
  まさかこの馬が出ムチを入れてまでハナを奪いに来るとは誰も思ってなかっただろ?」
弟「うん、確かにそれまで逃げ馬という印象は無かった。」
俺「そのおかげで1~4着をサンデーレーシングとサトノの勝負服、つまりはシャダイ軍団でまとめ上げられたのだ。それはつまり
  シャダイさん的にミュゼエイリアンがそれまで捨て駒だったことも意味している。でも今回はこのコンビでフツーに勝ちを狙って
  くるんじゃないかねぇ。」
弟「・・・なんで?」
俺「あのダービーで、そんなレースしながらも先行組の中では10着でも2番手だ。異様に粘ってたコメートが復帰しないのが残念
  過ぎる。そしてセントライト記念は2着、ここでミュゼエイリアンとノリさんに託されるお仕事は、他の馬を潰すことではなく勝つ
  ことになるのだ。大体同型にキャロットのリアファルが居るんだから、そんな役割が与えられるハズもないし。」
弟「そういう部分を見てきたか・・・!!」
俺「出ムチ入れなくてもセントライトじゃ先行できたし。」
弟「でも、それなら『リアファルの邪魔だけはするなよ』って指示も出そうじゃん。気持ちよく逃げさせてくれとか。」
俺「むう。」



シャダイさん「ノリちゃん、リアファルの邪魔はしちゃダメだからね!!」
ノリさん「わかりました!!」
シャダイさん「よし!!ほどほどにがんばるのだ、ノリちゃん!!」
ノリさん「ヒャッハ――――!!」
シャダイさん「おい。ノリちゃん。」




俺「こうだな。自分が気持ちよくなる。」
弟「ノリさん、アホの子にされてるよ。」


俺「悪意なきイタズラ、そして勝利。我が天敵ノリさんに、このアタるユッケが力を与えようぞ。」
弟「その流れでリアファルが残らないってのは、果たしてどうなんだろうか・・・」
俺「簡単に言ってしまえば前が崩れる流れにはなるんだよ、崩れたとしても残す位置でノリさんがヒャッハーしてるという想定。」
弟「大逃げ大前提って大胆な予想ですね・・・」
俺「番手ポジションはスローだ、そこでキタサンブラックが早めにリアファルを交わす様なカタチになれば理想的。基本的には
  末脚が生きる状況と馬場を予想しています。」


◎ミュゼエイリアン
〇リアルスティール
▲キタサンブラック
△アルバートドッグ
△タガノエスプレッソ

三連単◎→〇→▲△ 三連複◎〇から 馬連◎から〇▲



俺「〇をどの馬にするか迷ったんだ。」
弟「三連単を組むか、オイ・・・」


俺「迷った末にリアルスティール。距離はともかくとして、という感じだな。」
弟「なんだこの△は・・・そりゃこのメンツの中で言えばキタサンブラックかリアルスティールが〇になるだろーが・・・」
俺「そうね、〇で迷ったのはキタサンブラックだ。血統的な距離不安や初の遠征の不安、中山巧者だけに京都が合うのかという
  不安は確かに大きいんだけど、セントライト記念でこの馬は明らかに太かっただろ?」
弟「馬体重は大きく増えてましたね。」
俺「お腹がぽゆんぽゆんしてたぞ。それなのに勝っちゃったんだから、能力面ではナメられないぞと。まぁ不安点の多さから割引
  してリアルスティールを上に見たけど。とりあえずこのコンビはもうミュゼエイリアンとケンカするのは懲りてるし、距離とメンツを
  考えたら逃げ馬を見る格好で先行するだろう。リアファルに好き勝手させないレースを期待したい。」
弟「そんでアルバートドッグと・・・タガノエスプレッソってアンタ、明らかに菱田騎手ってだけでしょーが・・・」
俺「違う。」
弟「じゃあなんで?」


俺「京都ってだけで選んだ。」
弟「大差ないわ!!」



俺「タガノエスプレッソは京都無敗だぞ。」
弟「2歳の時のハナシでしょうが、今はクラシック組とほぼ決着が付いたカタチでの出走なんですよ!?」
俺「京都じゃ戦ってないだろ。それに今年のブラックタイド産駒は曲者が豊作だ、先述したダービー5着のコメートもそうだ。今年の
  牡馬クラシックでは必ずブラックタイド産駒が掲示板に顔を出している。今回はこの馬かもしれないぞ。」
弟「まぁ、なんというか・・・アルバートドッグ以外は全部クラシック経験組で固めたワケですね。」
俺「うん、そこ重要。結局別路線組って斤量慣れしてないんだよな、スティーグリッツが人気になりそうだけど、この馬は過去に
  背負った斤量の最大が55kg。ましてや前4走が54kgで、ここで3kg増やして3000m走れって言われてもさ。」
弟「なるほど・・・」
俺「それで勝っちゃう馬も居るんだけどさ。デルタブルースがそういうタイプだった。でもこの馬もその前には56kg背負ってるし、
  青葉賞も走ってるし、見栄えがちょっと違うかな。」
弟「それで言ったらセントライト記念3着のジュンツバサは?父ステイゴールドで穴人気しそうだけど。」


俺「俺は石橋騎手よりひしだきゅんの方がスキ。」
弟「結局ソレなんだろ。」



弟子予想
◎リアファル
〇サトノラーゼン
〇リアルスティール
▲レッドソロモン
▲ジュンツバサ

三連複◎〇から 馬連◎から



俺「本命対抗は固めだけど・・・お前こそ▲で遊んでるじゃないか。」
弟「ユタカさんです。ユタカさんは、あんなスキャンダルを起こしておきながら土曜の京都で3勝しちゃう男なのです。」
俺「1Rからいきなりだもんな・・・しかしレッドソロモンか。面白い馬ではあるけど、土曜のユタカさんが勝利に導いたのは、いずれも
  そこそこの人気馬だったんだぞ。レッドソロモンは穴馬だろう。」
弟「だからいいのです。」
俺「だからいい?」


弟「ユタカさんで穴馬というコトは、つまりアナが
  穴で、アナだということです。」

俺「自覚無いかもしんないけど、お前の発言は
  かなり失礼で下品なことになってるぞ。」



弟「勝って勝利ジョッキーインタビューでまさかの弁明とか、大いに有り得るハナシですよね。」
俺「役者過ぎるだろ・・・」
弟「優勝したらまず、レッドソロモンの印象とか聞かれるでしょう。」
俺「・・・そうだね。」


弟「『美しい馬で、乗り味も良く・・・』とか言うんで
  しょうか・・・ふぐっ」

俺「自分で皮肉言った挙句に泣くとかヤメてくれま
  せんか!?」







※さぁ、ヒャッハーするのだノリさん!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!



[ 2015/10/25 00:54 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(7)

(ΦωΦ)フフフ…

既に弟子ちゃんのハズレは見えておるw

やはりリアルスティールを来る方向を読んだかw
1/2の賭けではあったがリアファルを切りました・・・・

ねぇ師匠、やっぱミュゼエイリアン怖いよね?
[ 2015/10/25 01:36 ] [ 編集 ]

つーかよー・・・通さんの予想なんとか言ってくれ。ほんと白ゴリラ並(アルピノ?白い珍種?)1番人気から切り、2番切り、3番切りw ほんと博打してるわ
あの予想見て、昨日の予想が外れたからおかしくなってるの?
博打嫌いじゃないけど、ありゃ無茶だぜw まぁ菊花賞は、「見て楽しむわ」
100円だけ買うかw 100円だけ養分w
[ 2015/10/25 07:05 ] [ 編集 ]

弟子ちゃんは無邪気のようでドス黒い(;-_-)

ほほう…師匠はそんなトコ攻めてきましたか…
そうですか…(;-_-)

典さんとは相性悪いでしょうに…(;-_-)

そこ狙うなら後で後悔するんじゃないすかね?


『単勝で良かった…』と(笑)
[ 2015/10/25 07:18 ] [ 編集 ]

菊花賞

師匠さん、弟子さんおはようございます。
難解な菊花賞ですね。
前日一番人気がリアファル。なんか、物語ってますね。
芝2戦2勝で強いですが、なんか、無理に作っている気が。
ルメール騎手、昨日、最終でゲートに挟まってしまったみたいですが
大丈夫なんでしょうか?
特に情報が無いから大丈夫かな。
うーん、師匠さんのおっしゃるとおり、くさいのはスクリーンヒーロー産駒の
ミュゼエイリアンですがなんかG1には足りない気が。
意外と、ディープ産駒の菊花賞馬が誕生するかなと思ってます。
ではグッドラック。
[ 2015/10/25 08:55 ] [ 編集 ]

オゥ~攻めましたねぇ

でもヒャッハーーー♪あり得るんですよねぇ

弟子ちゃんのユタカさんは有りなんですよねぇ

何だかんだ言いながらこの10年で京都芝3000mは

1/2以上の確立で3着内に入ってますからね

話変わりますが昨日、川原騎手がテレビに出てて初めて

顔としゃべり方を見聞きしましたが

中々面白かったです

着てたスーツも色んな意味で面白かったしね

以前、書いたダッシュ心斎橋が提供してた番組なんですけど

全国14場(確かこう言ってたはず)の馬券が買えると言っていたので

南関も買えるようです

館内2000人収容って言ってたのでかなり大きそうですね

機会があれば買いに行ってみようかな?
[ 2015/10/25 10:42 ] [ 編集 ]

トウカイトリックさんも喜んでいるでしょう

ピロシキ・タムラ騎手に長距離の走り方を教えたトウカイトリック師匠。
内側で抑えて抑えて最後にどーん!
10歳でステイヤーズステークスを勝った時のようでした。
オーナーさん念願のまつりの熱唱。
今日はいい競馬が見られました。

寝坊してTCKお客様感謝デーに行かれずふてくされていたことは忘れます。
[ 2015/10/25 23:20 ] [ 編集 ]

『師匠の本命がノリさんではありませんように』という、私の願いは脆くも崩れさりました。頭を抱えましたね…、密かに狙ってたんですけどねぇ…、こうなったらもうお手上げですよ。ノリさんと師匠の愛をまざまざ見せつけられてしまいましたね、マジで勘弁してつかぁさい。もはやアタるどころか有害物質と化しつつある腐ったユッケでは、誰も近寄ってくれないのかもしれませんね。


最近、師匠がニコフさんみたいなハズし方してて、ニコフさんが師匠みたいなハズし方してますね。
[ 2015/10/25 23:41 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1036-502ed084