天皇賞秋の予想

テナ1


テナンゴくん「やりました!!」
俺&弟子「おめでたう、テナンゴくん!!」



我らがケツァルテナンゴくんが、見事準オープンの八坂Sを勝利、オープンに戻ってきました!!

テナンゴくん祝勝



弟「すごいすごい、テナンゴくんすごい!!」
俺「いいメンバー相手に勝ったなぁ!!」
テ「ぎりぎりでした、かててよかったです!!」
俺「これでまたオープンクラスに戻って来れるね、重賞の予想にも顔を出してよね。」
テ「はい、がんばります。でもきょうのけっかも、かつことはできたけどあぶなかったし、2さいのこたちとタイムがあまりかわらない
  レースでしたから、いっぱいはんせいしなきゃならないですよ。」
弟「真面目だ・・・」
俺「まぁ、今はそんなに固く考えなくていいよ。」
テ「わかりました。」
弟「でもコレで晴れてオープン入りだよ、テナンゴくんが出たいレースに向けて頑張ってくれるといいな。」
テ「でたいレースあります。」
俺「おっ、じゃあそのレースに向けて頑張ろう。ちなみにどのレース?」


テナ2


テ「ダービーです。」
俺&弟子「・・・・・」



俺「あの・・・テナンゴくん?それは俺に対するイヤミなのか、それとも本気で言ってるのかと。」
弟「ダービーは3歳じゃないと出られないんだよ・・・もうダービー過ぎちゃったから、テナンゴくんは出られないんだよ・・・」
テ「ああ、そうだった・・・わすれていました・・・」
俺「なんだ、忘れちゃってたのか。そうだね、そのダービーまで目標に頑張ってきたのに出られなかったんだもんね・・・」
弟「ダービーだけがG1じゃないぞ、テナンゴくん。」
テ「ほかのレースには、まだくわしくないんです。ダービーいがいはあんまりかんがえていなかったです。」
俺「走りながら覚えて、それで考えていけばいいと思うよ。とりあえずテナンゴくんの印象は中距離だからなー、宝塚記念とか秋の
  天皇賞とかに出られるといいなー。」
弟「うん、日曜日が秋の天皇賞なんだよ。」


テナ2


テ「じゃあでます。」
俺「焦らなくていいから・・・」



弟「じっくりいこうよ、テナンゴくん・・・」
テ「ごめんなさい、おりあいをかいてしまいました。」
俺「ウマいこと言ってる・・・とりあえず今日は本当にお疲れ様!!カッコ良かったよ!!」
弟「うん、今日はしっかり休んで。またカッコいいテナンゴくんを見せてね!!」
テ「わかりました、おうえんありがとうございました。それではおやすみなさい!!」


俺「いやー、テナンゴくんは立派だね。」
弟「なんでレース後に律儀にここに来ちゃうんでしょーか・・・」
俺「当人も嬉しかったんだろう。俺も嬉しかったし。お前だってスワンS当てて嬉しかっただろ。」


スワンS 結果
1着 アルビアーノ → 俺切った 弟子◎
2着 フィエロ → 俺◎弟子〇
3着 オメガヴェンデッタ → 弟子▲

弟子 三連複&馬連HIT 三連複配当2710円 馬連配当910円


弟「・・・素直に喜べない事故があったから、ちょっと複雑です。」
俺「福永騎手の落馬な・・・リアルタイムで見ていたワケじゃないし、ケガの具合を知ったのが先だったんだけど、映像で見たら
  本当に危ない落馬だったからね・・・」
弟「ああいうシーンは怖いよ・・・」
俺「当時に遡ってツイート見たら、やっぱり騒然としてたもんな。皆レース結果どころじゃなかった。ケガの状況が解るまでは、
  皆当たっててもハシャげないって感じでさ。」
弟「そうなりますよ、福永騎手が憎まれっ子な一面を持ってるとは言え、あんな事故は誰も望んでません。」
俺「福永騎手の怪我がはっきりした後に落ち着いてレースを見返して、アルビアーノが予想外のレースをしていたことに気付か
  されたって人も居たみたいだな。」
弟「ホラ、やっぱり強いぞ、アルビアーノちゃん。差しでも競馬できちゃうんだぞ。」
俺「ちゃんとした好タイムでの完勝だったから参った。フィエロは・・・まぁ不憫な馬ですね。」
弟「・・・やっぱり、当たっても皆が無事なレースじゃないとスッキリしないです。」
俺「幸いローブティサージュも軽い外傷で、福永騎手も神経に関わる怪我ではなかったとの事です。それでも今年の復帰は無理
  っぽいね、しっかり治して戻ってきてほしいな。」
弟「無事であってこそですよ・・・」
俺「日曜は晴れ舞台、天皇賞秋。改めて全人馬の無事を祈りながら、良いレースを期待しよう。」
弟「フス。」
俺「・・・」



★弟子の夢は、そして予想はどうなるか 天皇賞秋

俺「さぁ、いよいよ天皇賞です。」
弟「フスーッ!! フスーッ!!」
俺「・・・エンジンが温まってきたようです。」
弟「フスフスフスフスフスフス!!」
俺「しかしまぁ、なんでここでこういうイイ枠を引きますかね。ヒットくんと変わって頂きたいものです。」
弟「フス!!」
俺「一時は日曜に雨の予報が出てさすがだなーと思いましたが、どうやら雨天は回避できる模様ですね。やはり天皇賞は良馬場
  が好ましい、マイルの雨馬場は結構スキだけど2000mの方がマイルよりもスピード勝負って感じがするのよね。」
弟「フスン!!フスススン!!」
俺「弟子の本命が解っているというのは気楽です、こうなれば俺は気を遣う必要もなくこの馬を選べます。」
弟「フス!?」
俺「ええ、危険な人気馬筆頭です。」
弟「プスプスプスプス・・・プスーン」
俺「・・・アイドリングが止まった。」
弟「あの・・・師匠?」
俺「・・・普通にしゃべった。」


弟「ボクの本命はユタカさんなのですが。」
俺「!!!!!!!!!!!!!!!」



弟「あの・・・もしかして・・・」
俺「ちょ、ちょっと待てよ!!おかしいだろ!?」
弟「ユタカさんなのです。」


俺「ダコールは!?!?」
弟「だこーは本命にはできませんよ!!」



俺「オイ・・・超展開になってるぞ、オイ・・・」
弟「もちろん応援します、単複も買います、でも予想で本命にできる子ではないんです!!応援の本命ではあるけれど、予想の
  上ではこの舞台でだこーに本命は打てないんです!!」
俺「地に足の着いたコトを抜かしやがって・・・」
弟「確かにここまで、だこーが天皇賞に出られることを喜び、きっと勝つだろうと言ってきました。それは決してウソの気持ちでは
  ありません。でも、それはあくまで希望であり、予想ではないのです。」
俺「いいのかよ、ソレで!?」
弟「・・・師匠がヒットくんに向ける期待と希望、それとボクがだこーに向けるものの大きさは違うのかもしれません。以前、師匠は
  ヒットくんは未知の部分が大きいから推し続けると言っていたじゃないですか。それ、なんとなく解るんです。確かにヒットくん
  って、ハマった時の爆発力みたいなのがあるから。」
俺「・・・」
弟「そしてこの前の富士S、師匠は大好きなロゴタイプを堅実派なだけに全体像がもう見えてる感じだと評したじゃないですか。
  ボクがだこーに向けてる視線は、そっちに近いのかもしれません・・・」
俺「うう、デシちゃん・・・」
弟「でも!!やっぱり大好きなだこーなのでもちろん応援します!!応援と予想は別なので、単複を握り締めて精一杯叫ばせて
  頂く所存であります。予想にも組み込んでるよ!!」
俺「・・・まぁ確かにね、ここでダコールに本命を打つってのは蛮勇にも程がある予想になるよな。」
弟「掲示板に入れば充分というのが正直なトコロです。もちろん勝ったらお祭りです!!」
俺「しかし・・・さっきお前、ユタカさん本命って言った?」
弟「師匠・・・気遣い無く危険な人気馬筆頭を狙うって言ってましたよね?」
俺「まぁ、ユタカさんと言っても吉田豊騎手かもしれませんし。」
弟「危険な人気馬筆頭ってのは、川田騎手から浜中騎手に乗り替りになるラブリーデイのことですね、解ります。」




俺&弟子◎エイシンヒカリ




俺「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
弟「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



俺「・・・お前はてっきりダコール本命でだこーだこー言いまくるものだとばかり思っていたんだが。」
弟「・・・ボクは真っ先に師匠が切ってくるであろうと本命打ったんですが。」
俺「どうすんだよ、コレ。エイシンヒカリ本命って人達、ここ見て卒倒するぞ。」
弟「いやいや、逆に考えちゃいましょう。」
俺「逆にって、どういうことだよ。」

弟「エイシンヒカリ切りの方々は大喜びです。」
俺「腹が立ちますね。」


弟「結構居ると思いますけど。とても危ない人気馬ですからね。」
俺「そりゃそうだろうけどね、特にここの読者さんは人気馬嫌う傾向があるからな。」
弟「むしろ師匠が本命打つのが意外です、ここのところ意外性高過ぎじゃないですか?」
俺「コワイよねぇ、この馬に本命打つのは度胸が要るよ。逃げ切りが至難の業である府中2000m、枠は奇数番、ここまで1800m戦
  を多用して2000mは久々で58kg背負うのは初めて。」
弟「いくら過去に敗戦は一度とは言え、その敗戦は大敗ですし。問題児っぷりも露呈されていて、この成績でも堅実な印象が全く
  持てないです。」
俺「そこまで理解した上で本命としちゃいました。」
弟「ユタカさんですから。」

俺「スキャンダル野郎がスキャンダルな勝ち方を
  見せてくれると信じまして。」

弟「スキャンダル野郎って言うな!!」


俺「まずそのユタカさんだよな。まぁ、一応勝ちに行く競馬というか、この馬のカタチの競馬はしてくると思う。」
弟「この馬のカタチって要するに逃げでしょ。」
俺「そうです、エイシンヒカリは逃げるでしょう。そうしないとならない馬です。」
弟「やっぱりそうなりますよね。」
俺「でも多分、ユタカさんはあんまし勝てると思ってないだろ。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!」

俺「人気の一角にはなるだろうけどこれだけ不安要素が固まった馬だ。勢いでここまで来た感は否めないし、負けても開き直って
  いい存在だ。もとより天皇賞秋で逃げ切りを決めることが無謀とも言えるんだからな。」
弟「人気馬ではあるが、負けてもジョッキーは責められない・・・そう言えるかもしれませんね。」
俺「陣営もユタカさんもトーンは低め。そりゃそーだよ、管理する坂口厩舎は90年のエイシンサニーしかG1勝利がない。そこに
  山ほどあるエイシンヒカリ自身が抱える問題点が付くワケだ、ここで強気なビッグマウスなんか繰り出せるワケがない。」
弟「確かにね。」
俺「更にユタカさんにとって、天皇賞で確固たる逃げ馬に乗るということは、ちょっとした恐怖もあるだろう。」
弟「98年の11月1日・・・サイレンススズカだね・・・」
俺「重ね合わせるにはかなりキャラクターが違うのだけど、同じ様に問題児な逃げ馬には変わりない。だからこそユタカさんは
  エイシンヒカリのリミッターが解除できない、ユタカさんが乗るエイシンヒカリは特攻みたいな逃げをせずに実績を叩き出した
  けれど、それは恐らく本来のエイシンヒカリではない。1000m通過が59秒台の1800m戦をする馬じゃないんだ。」
弟「じゃあこの天皇賞で本来のエイシンヒカリが見れると。」
俺「逆だ、ここも突き放した逃げにはならないだろう。」
弟「それじゃキビしいのでは。」

俺「逆にカレンミロティックが異様に控える可能性はある。」
弟「異様に控えるって何・・・」

俺「・・・不謹慎かつ失礼なハナシではあるが、エイシンヒカリを本命にする上での最大の理由とも言えたのがカレンミロティック
  福永騎手ってコンビだったんだよな。ここで吉田騎手に変わったことで若干怖さが出てきてしまったが、当初の福永騎手予定と
  プランは変わっていないと見て予想しよう。」
弟「どういうことだろう・・・?」
俺「福永騎手鞍上って時点で、カレンミロティックはエイシンヒカリへの鈴付け役ではないと考える。そこは吉田騎手になっても
  変わらないハズ。ただ先行馬の鞍上としては、吉田騎手の方が遠慮無く自分で動いていける分、厄介にはなるな。」
弟「つまり、同じ先行で厄介になりそうなカレンミロティックは、全く厄介ではないと。」
俺「いい目くらましなんだよ、他の馬のペース基準になるのはカレンミロティックの方。そのカレンミロティックを突き放して逃げる
  ことができれば、極端なハイペースではなくともリードを築いた逃げが打てる。高速馬場でもこの馬は前半1000m通過に1分
  以上かけてるんだから、1秒以上のリードは無理にならないレベルで付けられるハズなのね。」
弟「そういう意味では札幌記念で先行して勝ったディサイファが怖いんですけど。結構なラップ持ってるよ。」
俺「それでもまずはカレンを行かせるんじゃないの。逃げるであろう馬は見て走りたいタイプだし。」


◎エイシンヒカリ
〇ラブリーデイ
▲ディサイファ
▲ダコール
▲スピルバーグ

三連単◎→〇→▲ 馬単◎から



俺「乗り替りは気になるけどラブリーデイは本来逆らっちゃいけない相手。京都大賞典の内容を見ると左回り云々言う気が失せる
  くらいだ。もうここはカレンミロティックのかく乱と、京都大賞典馬が天皇賞に勝てないというジンクスを武器にするしかない。」
弟「おお・・・ここでも人気2頭が主軸になるとは・・・」
俺「・・・ぶっちゃけディサイファは選びたくなかったんだが切れなかった。」
弟「・・・なんで?狙いやすいじゃん。」

俺「狙いやすすぎる・・・!!」
弟「どういうことかなあ。」


俺「札幌記念から毎日王冠と好戦を続けた馬が1番枠に入ってるんだぞ!?おまけに危険な感じの逃げ馬と、久々に府中を走る
  馬が人気を分けあってる状況でこの馬は確実に3番人気以下になるんだ。」
弟「・・・それが?」
俺「『人気2頭がアヤシイ中、ワタシの本命はディサイファです』って
  言う奴は雨後のタケノコより多いわ!!目に見えるわ!!」

弟「このエンターテイナー根性。」
俺「一般的だわ!!なんも面白くないんだわ!!やいやい言われんでも知っとるわ!!当たりゃそこそこ格好が付くオッズだろ
  うしハズしてもダメージ少ないっていう、オッズの上で人気の2頭と違った、印を打つ上での一番人気が多分この馬!!」
弟「・・・」

俺「ああヤダ!!ディサイファに印打ってドヤ顔するヤツ!!
  つまんねぇコト言ってウケてると思ってるのと同じだよ!!」

弟「毎日王冠の恨みでもあるのか。」


俺「・・・まぁ、印回しちゃったんだけどな。結局。」
弟「同列にだこー入れてきたの・・・?」
俺「侮れないよ、前走の馬体の増え方考えたらトップハンデで本当に良く頑張ってると思うもの。ここで絞れているのが条件には
  なるけど、枠もいいし掲示板と言わずに勝負できてもおかしくない。ノースヒルズ勢の中じゃ一番狙いたいと思える。」
弟「そう言ってもらえるのは心強いですけど、三浦騎手なんですよ?」


俺「処女やんよ。」
弟「来る気がしなくなった。」



弟子予想
◎エイシンヒカリ
〇サトノクラウン
〇ラブリーデイ
▲ショウナンパンドラ
☆だこー

三連複◎〇から 馬連◎から ☆単複



弟「確かにエイシンヒカリからいくなら思い切って単軸かな、とも思ったんですけど。なんか意外に2着もありそうな気がして。」
俺「おおおおお、お前・・・」
弟「えぇえ、なんかイヤなコト言うつもりですかぁ・・・?」

俺「ディサイファ切るとか男らし過ぎねぇか!?」
弟「四位騎手がイレ込みそうなので。」


俺「・・・なんだそのカオティックな理屈は。」
弟「絶好条件が様々なカタチで重なったディサイファだけに、久々のG1勝利を意識した四位騎手がイレ込んでしまうのだ。」
俺「なんという大胆な発想。」
弟「いや、なんというか・・・G1になるとってタイプの馬に思えるんですよね。」


俺「皆も見習えよ、このふにゃっとした理由だけで
  絶好のディサイファを切るデシちゃんを!!」

弟「やめてくれよぉ!!」



俺「・・・とにかく、年末に向けて最も競馬が盛り上がるシーズンの開幕とも言える天皇賞。ヒットくんが出られなかったのは残念
  だけど、弟子が大好きなダコールも走るし、久しぶりの勝利から久しぶりのG1の舞台に戻ってきたペルーサさんもいる。」
弟「ペルーサさんも応援したいです!!」
俺「11月1日の天皇賞、そう言われるとどうしても思い出してしまう、サイレンススズカの最期・・・あんな結末は誰も望んでいない
  でしょ。土曜の福永騎手の落馬だってそうだ。サイレンススズカには、天国から皆を守ってもらいたいと願います。決してこの
  日付が因縁の日にならないように。」
弟「皆がちゃんと帰ってきてくれないと。悲しいのはイヤです。」
俺「我々もレース前には必ず、馬券を当てること以上に祈ってる。今年の11月1日はいいレースだったと手放しで言える様に、
  皆もターフを走る彼らに祈って、応援してあげてほしいな。」
弟「そうですね!!見たいのはいいレースですから!!」



俺&弟子「皆無事に!!!!!」






※一番大事なのはソコですからね!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!


[ 2015/11/01 02:04 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(8)

福永君

師匠さん、弟子さんこんばんは。
テナンゴ君勝利おめでとうございます。
昨日はメインで福永君落馬。ちょっとショックでした。
一番スピードが乗るところでの落馬ですので・・・
落馬の後、意識などはあり不幸中の幸いで一安心ですが・・・
せっかくのリーディングもこれでたぶんだめですが、完全に治してから復帰してほしいものです。
天皇賞秋は師匠さん、弟子さん仲良く、エイシンヒカリが本命。
初G1、初重量など課題が多い、抜けてない1番人気。
ここで、勝っちゃうのも平成の楯男、武さんぽいですがどうなりますか。
自分の本命は違いますが、こういうときは怖い気がします。
では、グッドラック
[ 2015/11/01 03:11 ] [ 編集 ]

何ぃ!?

弟子ちゃんの本命が『だこー』じゃないだと!?

ありえん!(#`皿´)

『厳しい』と思ってもここで『本命』にしてこそ弟子ちゃんらしさと言うもの!

天気サイコー!枠抜群!『本命』でもおかしくない状況は揃ってるでしょう!

師匠と組んで『エイシンヒカリ潰し』を企むなら堂々と『本命』にした方がよかばい!(#`皿´)

師匠もねー!
そんだけ『ディサイファ本命』の人をコケにしておいて『押さえる』とかヘタレか!(#`皿´)

最内とか罠だがや(笑)

ここは◎アンビシャスでしょう♪ドヤ

テナンゴ君、勝利おめでとう。
師匠に『騙され』てはいけません。


『ダービー』には出られます。


4月頃に『中山競馬場』で行われるから『ダービー』を目指すのです!キリッ
[ 2015/11/01 06:49 ] [ 編集 ]

ひしだきゅんは?
菱田の馬、意外と悪くないんじゃない?
デムーロやルメールが鞍上だったら単勝15倍ぐらいになってる気がする。
お師匠さんが菱田の馬を軽視するわけないから、しっかり検討した上でやっぱり無印なのかな?
ここじゃさすがに厳しいか・・・。
[ 2015/11/01 08:16 ] [ 編集 ]

おめでたう!!!!!

弟子ちゃんお見事!!!

テナンゴ君よく頑張った!!!

で、天皇賞の予想が・・・

え~っ(@_@)と思いました

二人そろってエイシンヒカリだと!?

まぁ私は◎ではないんでショックはありませんが

弟子ちゃんんの”ふにゃ”とした意見は判ります(≧▽≦)

札幌記念からの直行やったら◎もあり得たけど

毎日王冠使って好走したんが余計な気がする

でもヘタレなんで印は回しましたが(照)

弟子ちゃんの執念で雨降らないようになったと思ってるのに

だこーが◎じゃなかったんが一番の衝撃でしたねぇ

オカルト馬券的には11月1日に行われた天皇賞では

パピプペポの付く馬が優勝してるってのがあったなぁ

今年の該当馬は4頭

さてこれも続くのか?

あっ!?弟子ちゃんに密告

ニコフさんがだこーをネタ馬扱いしてたよ~

ユッケorハンバーグの具材になるんかなぁ(≧▽≦)
[ 2015/11/01 08:36 ] [ 編集 ]

テナンゴくんおめでとう!
ししょーも言ってた通りかなり骨のあるメンバーだった中での勝利は素晴らしかった!
面子見てビビッて複勝しか買えなかった私を許して。

弟子ちゃんもおめでとう、秋は本当に好調ですね!


んで、天皇賞~♪
エイシンピカリ君があっさり逃げ切るパターンは十分ある思います。私は強いと思ってますし。
でも人気も考えてその場合はほぼ諦めます。
◎ラブリーデイ
○ショウナンパンドラ
▲スピルバーグ
△サトノクラウン
☆エイシンヒカリ
宝塚の2頭は勝っても勝っても人気になりませんが、強いと思うんですよ、単純に。ショウナンPはデビューから追っかけてるので思い入れもあります。
後は斤量恩恵あり、底の見えていないサトノクラウンとスピルバーグの復活を。
4頭BOXで上位2頭厚めと、エイシンヒカリの単勝だけ別に買います。

問題は、この本命対抗▲まで、ヒロシ=マツモトともろっかぶりなんだよなぁ・・・orz
競馬予想TV見てて鼻水でそうになりましたわ。
[ 2015/11/01 10:35 ] [ 編集 ]

ブチコ2着になってましたね

今年のメンバー見てもやっぱりヒットくんにもチャンス十分あった気がして残念ですね

そして僕も◎エイシンヒカリと○ラブリーデイは安定なのかなと思っています
そこからイスラボニータとダコールを3着で買おうかなと思ったんですが
ヴァンセンヌの母フラワーパークなんですね、好きだったのでこれも加えて
3連単3点でいこうと思います
[ 2015/11/01 15:19 ] [ 編集 ]

シャダイさんが勝つ番なのです!!(キリッ)。師匠は、チームノースヒルズに何か悪いことでもしたのでしょうか?好スタートを決めて行く気を見せたクラレントを横目に、スキャンダル野郎…あっさり引きましたね。これ…、ノースヒルズ陣営から逃げ指令が出されてたんじゃないかと妄想しています。キズナを引き取ったシャダイさんに恩を返すためにエイシンヒカリを潰す役を課し、あわよくばワンアンドオンリーとだこぉがかっさらうというスンポーだったのではないかと…。ユタカさんがあっさり引いたのでスローペースにはなりましたが、田辺騎手は引く気ないように思えましたし…。ヨーイドンだとちょっと厳しかったですね。あと、エイシンヒカリから買う人はディサイファも買えると思いますよ?

それにしても金子オーナーはスゴいですね。ステーキ奢ってくんねーかなー?

余談ですが、弟子ちゃんの心の友サングレアルちゃんがカップ数を上げていましたね。なんか弟子ちゃんがかわいそう…。
[ 2015/11/01 22:32 ] [ 編集 ]

皆無事で良かった!

なんで二千メートルのレースにクラレント?と思っていたので、
クラレントが馬券にからむことしか考えられずにいました。
途中まで大熱狂。
お二人の本命を潰したかたちになりましたが…

先日の毎日王冠のパドックでも大暴れしていたエイシンヒカリさんですが、
今日は本馬場入りを嫌がって抵抗していました。
何か走りたくない理由があったのかもしれないです。
[ 2015/11/01 22:41 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1041-5d62a3b7