清々しく惨敗しましたので、全然関係ない部分に当たり散らします

俺「いやー・・・」
弟子「ふぐぅぅ・・・」


天皇賞秋 結果
1着 ラブリーデイ → 俺&弟子〇
2着 ステファノス
3着 イスラボニータ


俺「かすりもしなかったねぇ・・・」
弟「だこおおおおおおおおお・・・」



俺「まさかエイシンヒカリが普通にハナを譲るとはねぇ・・・」
弟「だこおおおおおおおおおお・・・」
俺「その、ハナを譲ったクラレント相手に根負けするとはねぇ・・・」
弟「だこおおおおおおおおおお・・・」
俺「走ってる最中はかかってる感じも無かったから、番手からでも競馬できるんであれば、そのまま直線で伸びた方が先の見える
  レースになると思ったけど、やっぱりこの馬は逃げなきゃハナシにならないのかもねぇ・・・」
弟「だこおおおおおおおおおお・・・」
俺「とにかく、勝ったラブリーデイの強さが目立ったレースだってねぇ・・・フタを開けてみれば1強だったねぇ・・・」
弟「だこおおおおおおおおおお・・・」
俺「今年の使い込みや、久しぶりの左回りに関わる不安なんか全然感じさせなかったねぇ・・・」
弟「だこおおおおおおおおおお・・・」
俺「浜中騎手は代打の役割をきっちりこなしたねぇ、コレ、川田騎手は結構悔しがってるんじゃないかねぇ・・・」
弟「だこおおおおおおおおおお・・・」
俺「・・・」
弟「だこおおおおおおおおおお・・・」


俺「お前、今日はずっとソレ?」
弟「だこおおおおおおおおお・・・」



俺「ダコールは残念だったけど頑張ってたよ、初のG1挑戦でこれだけのメンツが集まっていたんだからしょうがないって。」
弟「ふぐぅ・・・だこぅ・・・」
俺「もう少し上の着順は取れたかなぁーって気はしないでもないけどな。」
弟「あの不利さえ無ければ・・・」
俺「あの不利もそんな影響はしてないと思うけどね。」

弟「あの、菱田騎手とラストインパクトによる不利
  さえ無ければ・・・!!」

俺「ひしだきゅんをワルモノにするな!!」


弟「あれさえ無ければ掲示板は・・・」
俺「不利があったのは確かだけど、着順に大きな差は出なかったと思うぞ。」
弟「ふぐぅ・・・」
俺「それに、悪いのはひしだきゅんではない。」
弟「ゑ?」


俺「悪いのは細江さんだ。」
弟「凄いファウルボールが飛んできた。」



俺「あの淫乱毒毛虫女め・・・アイツのせいでひしだきゅんがおかしくなってしまったのだ・・・」
弟「唐突にそんな急ハンドル切られても・・・細江さんが菱田騎手に一体何をしたというのです?」
俺「ひしだきゅんはね、とってもキレイな子なのです。見た目も心も美しい。」
弟「そ、そうですか・・・」
俺「それが故にデリケートでもあるのです。取り扱いには細心の注意を払わなければいけないのです。」
弟「う、うん・・・なんかコワイね。」


俺「なのにあのノーパン女はだなぁ・・・」
弟「間違ってはいない。」



俺「そこは肯定しちゃうんだね・・・」
弟「時々ノーパンですからね。そんなイヤラしいノーパンの細江さんが、ひょっとして菱田騎手にイヤラしいことを?」
俺「お前は知らないかもしれんが、細江さんは実はアサヒ芸能で競馬のコラムを書いてるのだ。」
弟「アサヒ芸能ですか。それはイヤラしい雑誌ですか。」
俺「イヤラしいと言うか、芸能ゴシップ誌だよ。」
弟「ふむ。」


俺「そこの風俗コーナーで細江さんが競馬コラムを
  書いているのだが。」

弟「イヤな予感しかしない。」



俺「かなりエゲツない下ネタも織り交ぜておりましてね。」
弟「細江さんはそういう人だったのか・・・通りでノーパンの頻度が高いワケですね・・・!!」


俺「『スポーツ界でハーフの選手が流行っていることからボルトとの
  セッ〇スを想像したけど、行為も出産も痛くて耐えられなさそう
  だから、個人的にはガトリン』とか言ってる。」

弟「やめて頂きたい・・・!!」



俺「そんな細江さんのコラムをひしだきゅんが読んでしまったのだ。純粋無垢なひしだきゅんには信じられなかった、大先輩であり
  女性騎手の第一人者として知られる細江さんが、そんなエッチいコラムを書いてるだなんて。」
弟「うう・・・」
俺「そこで、ひしだきゅんは思い切って聞いたのだ。あのコラムは本当に細江さんが書いているんですか?って。」
弟「なんという流れなのでしょう・・・」
俺「その結果がコレだ。」


[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「純粋な菱田騎手からとある質問が‥‥!?」


俺「このノーパン女め・・・!!」
弟「なのでア~ル。」



俺「こんな記事見たらひしだきゅんがフルフルしてしまうだろ!?かわいそうに!!」
弟「細江さん・・・意外なくらい振り切ってるのね・・・」
俺「重賞レースになると、フジの中継で細江さんがパドックに立つことがあるだろう。それもたまにノーパンでだ。」
弟「ええ。たまにノーパンなのです。ボクには解る。」

俺「そこでひしだきゅんがチラリと細江さんに目をやると、きっと
  このノーパン女は獲物を狙う目で舌なめずりしてるんだ!!」


弟「・・・」
俺「あぶない!!このままでは正体を晒した細江さんにひしだきゅんが食べられてしまう!!」
弟「・・・」
俺「なんとかしなければならない!!」
弟「・・・具体的になんとかって?」


俺「先手を取るしか。」
弟「師匠も細江さんと大差ない。」



俺「細江さんに食べられちゃう前に、俺が食べちゃえばいいんだ!!そうすればひしだきゅんは大丈夫なのだ!!」
弟「大丈夫じゃないです・・・」
俺「今日だって細江さんがドコから襲いかかってくるか解らないって感じで、ビクビクしながら騎乗したからこうなっちゃったんだよ。
  その不安は取り除いて差し上げなければ!!」
弟「だから、それが師匠にできるんですか?もしそうだとしても、そこで師匠に何ができるってものでもないでしょーが。」


俺「できるかできないかじゃねぇんだよ、
  
そうしたいんだよ!!!!!」

弟「細江さんよりタチ悪くなってどうする!?」



俺「間接的ではあるが、天皇賞でダコールが不利を被ってしまったのは、決してひしだきゅん単体の責任ではなくて、細江さんの
  いやらしい魔手がひしだきゅんに伸びたからなのでア~ル。」
弟「菱田騎手を擁護したい気持ちは解りますが、だからと言って細江さんに責任をカブせないでくださいよ。」
俺「む、お前はイヤラシイのがキライなのだろう?だったら細江さんは俺との共通の敵ということになるだろう。ダコールにイジワル
  したのも細江さんが原因なんだぞ。」
弟「だったら師匠もボクの敵じゃん。いやらしいもん。」
俺「つまり、俺と細江さんの共通の敵がデシちゃんでもあるのか。」
弟「どうしてそうなった・・・」
俺「なるほど、名案を思いついた。」
弟「イヤな予感。」


俺「俺が細江さんと手を組めば。」
弟「最低のコンビを結成するんじゃない!!」



俺「そうすればいいんだ。二人でそうすればいいんだ。」
弟「頭が痛くなってきた・・・」
俺「細江さんとなかよくしよう。俺のカンチガイだ、細江さんは敵ではなく同類なのだ。」
弟「同類なのは合っているのかもしれませんけどねぇ・・・」


俺「ひしだきゅんをふたりでなかよくたべよう。」
弟「菱田騎手を再起不能にするおつもりか!?」



俺「デシちゃんも仲間に入れてあげよう。みんなでひしだきゅんをたべよう。」
弟「イヤです!!そんな汁女軍団になんか入りたくないです!!」


俺「じゃあおまえをたべよう。」
弟「お前らはボクの敵だ!!」



俺「今ここに、素晴らしいデュオが誕生した。それを予感してのラブリーデイの勝利なのかもしれない。改めておめでたう、そして
  ありがたう、ラブリーデイ!!」
弟「・・・なんだかラブリーデイがイヤラシイ単語にしか見えなくなってきた。」
俺「俺と細江さんのコンビ名はラブリーデイに決定。」
弟「邪悪なモノに変化させるんじゃねぇよ!!」

俺「待っていろ、ひしだきゅん。ラブリーデイがキミをオトナにしてやる。」
弟「なんで天皇賞の結果をロクに振り返らずにこんな話の流れになったんだよう・・・」
俺「元はと言えばお前がダコールの敗因をひしだきゅんに求めたのが悪いんじゃないか。」
弟「そうなっちゃうのか・・・」
俺「ま、何より今年の天皇賞は11月1日というサイレンススズカの命日。ここでこういうバカ話ができるのも、今年の天皇賞を全馬
  無事に駆け抜けられたからだ。ペルーサも頑張ったよなぁ。」
弟「7着だね!!本当にまた重賞が勝てるかもって思えるよ!!」
俺「しかし、クライマックスへの本番と見ればまだ始まったばかり。ここから先も天皇賞同様にいいレースが見れるといいな。」
弟「そうだねぇ。」


俺「そして立て続けに行われる地方競馬の祭典、
  JBCが火曜日に待ち構えております・・・」

弟「昨年は二人揃って全敗しましたね・・・」



俺「今年は全勝したいものですね・・・」
弟「ここで全敗すると気持ち的にキツいんだよなぁ・・・」







※明日もう予想になるのか・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2015/11/01 23:41 ] 結果 | TB(0) | CM(4)

明日も

師匠さん、弟子さんおはようございます。
天皇賞は残念でした。
軸馬が惨敗ですとそんなものですよね。
でも、全馬無事でゴール。本当になによりです。
ラブリーデイはJC、有馬の王道路線にいくのかな。そのときに主戦は川田君に戻るのかな。
まあ、馬が騎手を選ばないので、いい馬ですね。
明日はJBC。
予想楽しみにしてます。
では、グッドラック。
[ 2015/11/02 05:51 ] [ 編集 ]

銀河一のコンビ

う~む細江さんがあんなキャラだったとは・・・

この20年ぐらいの間に何があったんだろう

お二人がタッグを組めば

シェリル・ランンカに負けないくらいの最強タッグ

ライオンのように貪り喰われる菱田君

原型とどめる事でけへんやろなぁ

JBCの予想&記事頑張ってください!
[ 2015/11/02 08:36 ] [ 編集 ]

明日のJBCは…

トゥインクル開催ではなく、日中にやるんですね。発走時刻を間違えない様にしないとならんな。

今晩はJBCの3つのレースの予想をして、明日のレース後にはマイルグランプリの予想ですな?
マイルグランプリも好メンバーが揃ったレースですので、JBCの結果の如何に拘らずキッチリと予想される事を期待しておりまするw
[ 2015/11/02 09:35 ] [ 編集 ]

黒マク汁巨●乳と淫●乱毒毛虫ババァの超過激派コンビの結成ですか…。新たな極悪同盟の誕生ですね…。どおりでおかしいと思ったんです。『ホソジュンの穴』というコーナーをイキイキと嬉しそうにやってましたからね。やっぱり師匠と同じ変態科に属していたんだと納得した次第です。お二人が組むとなんか強烈なオイニーを発しそうですねぇ…。もちろん地上波ではモザイク処理が必要になると思います。競争馬のラブリーデイは重賞勝ちを重ねていますが、スケベコンビのラブリーデイは怒濤の勢いで性犯罪を積み重ねていきそうですね…。本当に恐ろしい怪物を見た気がします。どうかお二人が五郎丸選手のルーティーンキックで地の果てまで飛ばされますように。

菱田きゅん…、かなり制裁が多いんですよねぇ。たぶん夜の騎乗は荒々しいと思われますね。ちなみに私は、ヨシトミ先生みたいな騎乗です。
[ 2015/11/03 00:00 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1042-577bfa5a