平和賞の予想

★観たい映画があります

俺「今週末は久々に映画館に行ってみようかなぁ。」
弟子「観たい映画があるんですか?」
俺「うん。」

弟「スターシップトゥルーパーズに新作でも?」
俺「俺が映画観たいって言うと何故その映画になるワケ?」


※スターシップトゥルーパーズ(1作目)
俺が風邪をひくと観る映画。安いキャラが巨大昆虫相手にポコポコ殺されていく様が痛快。
オチもひどくて、見ると疲れが取れる。ポテチとコーラが非常に合う映画だ。


弟「師匠と言えばこの映画。」
俺「あまりセットで印象付けられたくはないね、好きなのは間違いないけど。」
弟「おバカなSF系の、人がいっぱい死ぬヤツが好きなんですよね。」
俺「人のことをなんだと思ってるんだ・・・」
弟「でも、最近じゃ師匠が映画に興味持つのは珍しいな。」
俺「原作が大好きな物語だから、かなり興味を惹かれてるんだよね。伊坂幸太郎先生の『グラスホッパー』。」
弟「グラスホッパーってバッタのことだよね。」
俺「あら、よく知ってるのね。」

弟「大量のバッタが安いキャラをムシャムシャ食べちゃうSF映画か。」
俺「なんでもそう思うのヤメてくんない?」


※グラスホッパー
2004年に出版された伊坂幸太郎作品。三人の登場人物の異なる場面からのスタートが、最終的に一つの点に
繋がっていく。そのスピード感と目まぐるしくも緊張感のある展開に、休み時間とかに読んでてドコで一旦読むのを
やめようかと躊躇することもありました。そんなの、今まで本を読んでて初めてだったなぁ。
この本から伊坂ファンになりました。

映画「グラスホッパー」公式ページ


弟「おバカなSFじゃないだと・・・」
俺「俺=おバカなSFになっちゃうのかよ・・・」
弟「しかも生田斗真さん主演とか、師匠っぽくないぞ・・・」
俺「キャスティングはしっかりし過ぎちゃってる感じがあるのよね。でも生田さんは案外、この物語の鈴木ってハマリ役かも。ちと
  気になるのが蝉という役回りをHey!Say!JUMPの山田くんでいいのかと。」
弟「セミ。」
俺「キレキレの若い殺し屋のニックネームなのね。ちょっとブッ飛んでる感じの。ルックスがいい印象のキャラじゃねぇんだよな。」
弟「ちょっと小奇麗過ぎちゃうか。」


俺「いっそのことジャニーズでもNEWS手越だったら
  『振り切ってるなぁ、オイ!!』になるけど。」

弟「イェ――――――イ。」



俺「・・・どうしてもイッテQの印象になっちゃうのね。」
弟「手越くんと言えば、あの立木さんの毒々しいナレーションです。実に愉快。」
俺「いや、そういう印象あるからこそ狂人っぽい面が出せたら生きるキャラクターかもしんないじゃん。」
弟「手越くんは狂人でしょう。まともではないです。」
俺「お前はNEWSファンを敵に回す気か。」

弟「まぁ、たまには映画もいいかもしれないですね。」
俺「日曜日に競馬見終わったら映画行っちゃうか。」
弟「・・・だまされませんよ。」
俺「なんだよ、騙すって・・・」


弟「映画を見終えてキュンキュンしてるボクに
  イヤラシイことをするつもりでしょう。」

俺「この映画のドコにそんな要素があるんだ。」




★2歳戦だけど 船橋の平和賞

俺「門別じゃないし、鎌倉記念は当てられたのでいいのではないでしょうか。」
弟「調子に乗ってるだけでしょ。」
俺「気になる部分があったから触れておきたいレースなのよ。」
弟「気になる部分?」
俺「その鎌倉記念で2着だったアンサンブルライフが出てるのね。」
弟「おお、フミオさんにダービーを勝たせてくれる子だ。」


俺「それが今回、フミオさんから左海騎手になってるのな。」
弟「なんですって!?!?」



俺「深い意味は無いだろ、恐らくはサブノクロヒョウの方が平和賞の先約だったってだけで。アンサンブルライフも鎌倉記念を
  勝利していれば平和賞に出ていなかったんじゃないの。」
弟「おおお・・・」
俺「それでもフミオさんにしてみれば、ここで左海騎手に絶好の騎乗されてアンサンブルライフを取られちゃうなんてことにもなり
  かねない。」
弟「うう・・・フミオさんはイヤな状況になってしまったのですね。」
俺「サブノクロヒョウはハイセイコー記念で5着、これは鎌倉記念の1週前のレースだね。恐らくここですぐに平和賞での騎乗も
  予約されたんだろう。そして翌週にアンサンブルライフで敗戦、多分ここでフミオさんは平和賞のことなんか考えてはいない
  状況だったハズだ。でも割とすぐにこの馬が平和賞に向かうとアナウンスされてたから、レース後すぐに決めた感じ。」
弟「なるほど。」
俺「こんな感じだったんだろうな・・・」


10/14 ハイセイコー記念レース後

阪本調教師「フミオさん、お疲れさまでした。」
フミオさん「あうっ!!」
阪本調教師「展開もあったけどラクテとの差も前走より縮まって、5着とは言え先が見える内容でしたよ。」
フミオさん「あうっ!!」
阪本調教師「次は11月の平和賞に向かうつもりですが、また騎乗お願いしますね。」
フミオさん「あうっ!!」


10/21 鎌倉記念レース後

小久保調教師「負けちゃいましたねー、フミオさーん・・・」
フミオさん「あうー・・・」
小久保調教師「ちょっとまだ馬が幼いですね、気性面で相手に軍配が上がった感じかな。」
フミオさん「あうー・・・」
小久保調教師「でも大丈夫ですよ、フミオさんはこの馬でダービーを勝ちたいんですよね。」
フミオさん「あうっ!!」
小久保調教師「私も昨年豪語してしまいましたからね、フミオさんをダービージョッキーにすると!!」
フミオさん「あうっ!!」
小久保調教師「お互い、この馬でダービーを目指していきましょうか!!」
フミオさん「あうっ!!」

小久保調教師「つきましては次走を平和賞に・・・」
フミオさん「あうー!!あぁーうぅー!!」




俺「うう・・・かわいそうなフミオさん・・・!!」
弟「師匠のイメージするフミオさんの方が、違う
  意味でかわいそうなことになってます!!」


俺「きっとこんな感じだったんだ・・・」
弟「なんでフミオさんは『あう』しか言えないんですか!?」
俺「お前には解らんだろうがな。」
弟「な、何がですか・・・」

俺「老いというのは恐ろしいものなんだぞ。」
弟「失礼を極めようとしてるのか。」


俺「戦績でスケジュール変わってくるからなぁ、いくらフミオさんがアンサンブルライフを気に入ったと言っても、優先すべきトコロは
  ちゃんとしないといけない。そういうことでの乗り替りだと思うよ。」
弟「ですよね、フミオさんが降ろされちゃったワケじゃないですよね!!」
俺「小久保先生も、そういう面で熱いものを持ってる人だし。案外『ダービーでは絶対この馬に騎乗して下さい!!』って予約を
  してたりするかも。」
弟「おお、それは面白いかも。先の先の更に先の騎乗依頼だね。」
俺「アレだけのことを言わせちゃった馬だからなぁ、これでもしもアンサンブルライフがダービーに駒を進めて背中に居るのが違う
  人だったら・・・なんて、考えたくもないだろ?」
弟「うん、その通りです!!」


俺「また今野騎手とかさぁ。」
弟「いやああああああ!!」



俺「・・・その悲鳴は今野騎手に対して非常にアレだと思うんだけど。」
弟「そこは自重して頂きたいものですね・・・!!」
俺「しかし、フミオさんも大きいこと言っちゃったものだよね。例えそれがジョークだとしても、『この馬でダービー勝てなきゃ騎手を
  やめる』って言っちゃった以上、もう来年のダービーはこの馬で挑むって宣言しちゃった様なものだろ。」
弟「そこまで言わしめる存在ってことでしょう。」
俺「2歳のこの時点でだよ?」
弟「超ベテランのフミオさんがそう言うのですから。そして、さっき師匠が言っていた通り、小久保先生は必ずフミオさんにダービー
  でのアンサンブルライフ騎乗の約束をしていると思います。」
俺「それはいいんだけどさ。」
弟「ふぇ?」


俺「・・・もっと可能性の高い馬にここから先で
  出会ったら、フミオさんどうすんの。」

弟「いやいやいやいやぁぁぁ!!」



俺「そうなったら完全にフミオさんはあうあう言うぞ。」
弟「あうあうは言いません!!」
俺「南関で素質の高い馬は、得てして2歳から活躍できる馬が多いからね。その可能性は低いんだけどさ。」
弟「師匠はイヤなことをすぐ考えるよね!!」
俺「だってさー、低いとは言っても無くはないことじゃん。それでもあんなコト言っちゃったばっかりにアンサンブルライフに乗らな
  きゃなんないんだぞ。」
弟「アンサンブルライフが強いから、フミオさんはああいう風に言ったの!!大丈夫なの!!」


俺「まぁ平和賞は勝つ番だから本命なんだけどさぁ。」
弟「師匠のイジワル!!!!!」



◎グランユニヴェール
◎アンサンブルライフ
▲ワイヤトゥワイヤー
▲モリデンルンバ

三連単◎1,2着→▲3着



俺「不良馬場ならアンサンブルライフは強いんだろうが、ああいう不器用さ見せられるとちょっと不安にはなるな。一応の安定感
  で言えばグランユニヴェールの方が崩れは無さそう。」
弟「そういうコトを言って、予想ではフミオさんを切っちゃってるし・・・!!」
俺「いいじゃん、ここはダービーじゃないんだぞ。」
弟「薄情者の師匠はフミオさんにお仕置きされちゃえばいいんだ!!」


弟子予想
◎サブノクロヒョウ
単複



弟「勝っちゃえ、フミオさん!!」
俺「・・・お前こそ、それでいいのかと。」
弟「ゑ!?」


俺「もしサブノクロヒョウがアンサンブルライフに勝ったら、ダービーで
  フミオさんが騎乗するのはサブノクロヒョウになるかもな。」

弟「いやああああああああ!!」



俺「まぁ、それで勝てれば何の問題もないけど。」
弟「そうなったらアンサンブルライフと小久保先生が不憫なことになりますね・・・」







※左海騎手で続投し続けるシナリオはアウトだろう・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2015/11/11 00:12 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(5)

巨大カマドウマ映画は、シリーズ全部見ました。

1のラスボスは女性器でしたな。

2も3も酷いですよ(いい意味で)。

CGアニメ版もチープで良かったな。
[ 2015/11/11 07:12 ] [ 編集 ]

『死んでるみたいに生きていたくない』

グラスホッパーおもしろそう。
蝉と岩西の掛け合いとか関係が好きだなー。
原作読むけど映画化されたものは1個も見たことないんだよな。
一体どんな作品に仕上がってるのでしょうか!?

弟子ちゃん、キュンキュンしちゃってください♪
[ 2015/11/11 10:47 ] [ 編集 ]

今、結果見て‘当たってふ!?

’と思って再びきてみたら…

おしい!(^。^;)

多分‘あうっ!’だけで会話させたレジェンドのお怒りかと…

※年配者はお喋り好き多いですよ~

B級映画の中には見ると

‘くだらねぇ(≧∇≦)’と思いながらはまる奴がありますね

斗真君は演技上手いし男前やし結構好きなんで

グラスホッパー見に行くかも

と、その前にパソコンがアウトだす…

マルウェアって奴の感染と同じく状態

データが飛ぶのをあきらめリカバリーしようとしたら…

CDが無い…

しばらく復旧しそうにないっす

恐るべし津汁の感染力
[ 2015/11/11 21:30 ] [ 編集 ]

あぅっ!

文男さん…
[ 2015/11/11 22:50 ] [ 編集 ]

柴田政人調教師のことを思い出しました
彼はそのくらいの気持ちで挑んでいるって後半の発言がカットされて一人歩きしたのが真相でしたが、的場騎手はほんとに今年だめだったらやめちゃうんですかね…
[ 2015/11/12 00:07 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1050-e11a2326