オリィはどう思っているのでしょう

★今週は浦和開催です

弟子「そう言えば、浦和競馬場で日曜日にジャパンカップの予想やったって話があったけど。」
俺「うん。」
弟「折笠騎手の予想ってどうだったんですかね?」


俺「うふふふふふ♥」
弟「!?」



俺「俺も大いに気になっていた部分ではあったのだが、ツイートでもその時には発見できなくてね。」
弟「レース前に知ることはできなかったと。」
俺「そうなんだよ、でもやっぱり知りたいよね?」
弟「気にはなりますよ、あんなこと教えられたら。」
俺「さすがはオリィフリークのデシちゃん、オリィのことが知りたくてたまらないのですね。」
弟「そういうことではありませんけど。」
俺「親切な読者さんに恵まれてアタイはシアワセです、浦和競馬場に行った方なのかな?なんとオリィの予想を教えて下さった
  方がいるのですよ、コメントで。」
弟「おお!!それはスバラシイですね!!」


俺「もしかして教団の方かな?」
弟「即刻その頭巾を脱いで下さい!!」



俺「ハンドルネームが記名されていないので匿名希望さんとさせて頂きましょう、ありがたう!!匿名希望さん!!」
弟「ありがたう!!」
俺「ではまず、ジャパンカップの結果を馬番込みでおさらいしましょうか。」


1着 15番 ショウナンパンドラ
2着 6番 ラストインパクト
3着 1番 ラブリーデイ



俺「この様な決着でしたね。」
弟「うんうん、いいレースでした。ヒットくんは残念だったけど。」
俺「この着順のミソは2着のラストインパクトと3着のラブリーデイ。ここを連単系の馬券で当てるのが難しい結果であり、あとは
  ヒモにラストインパクトを抜擢できるかどうかがカギになる。ショウナンパンドラは印を打ちやすい存在であり、その強弱は
  連複系の予想であればどう打っても構わないっていう感じ。単軸に据えられればカッコイイ予想になる馬だね。」
弟「なんとなく解るかも。」
俺「強気にラブリーデイ本命で連軸or単軸にしたり、ラストインパクトを拾い逃したりしてハズしたパターンの方は結構多かったん
  じゃないかな?お前もそういう感じの予想だったもんな。」
弟「くっ・・・ボクに対する嫌味にしか聞こえないぞ・・・!!」
俺「こういう時に名手はどうするか。人というのは欲深く、より高いオッズを求め、それで当てれば格好が付くという勘違いをする
  悲しい生き物だ。だから基本的にある買い方を邪道とする。だから、あまり予想では聞かないんだよね。こういう買い方。」
弟「買い方・・・狙い方の話ですよね。そうなるとボックス?確かに軸要素が無くなる買い方で本命もヒモも無くなっちゃうからね、
  小馬鹿にされやすい買い目です。」
俺「オリィは堂々としたものです。」
弟「!!」
俺「オリィは三連複6頭のボックス予想をしたようです・・・」
弟「折笠騎手、G1でボックス予想はある意味カッコイイぞ!!」

俺「とは言ってもだ、ラストインパクトは結構拾いにくいよね。ここを拾えるかどうかが馬券師オリィの資質に関わってくるだろ。」
弟「そうですね、単勝オッズで言えば7番人気の馬でしたからね、ラストインパクトは。」
俺「だがな、オリィを侮ってはいけないのだ。やはり彼は馬の背中を知る者だ、見る目は持っているのだ。」
弟「ゴクリ・・・」
俺「俺はな、やっぱ騎手ってスゲーなって思ったよ。こういう無心な予想って言えばいいのかな?馬を一番身近に感じている人が
  する予想は面白いよ。」
弟「前置きはいいですから、折笠騎手の予想を教えてよ!!」
俺「うふふ、デシちゃんはせっかちだなぁ♥」
弟「まぁ、折笠騎手にラストインパクトは選べないでしょうけど・・・」
俺「お前、オリィをナメ過ぎだぞ。俺はな、オリィやっぱかっけぇなぁ・・・って、今この話をしてるんだぞ。」
弟「なんですと・・・?」


折笠騎手の予想
折笠騎手の推奨買い目は、1,6,8,14,17,18の3連複6頭BOX、20点だったよ。
by 匿名希望さん



俺「かっけぇだろ!!」
弟「ショウナンパンドラ抜けのボックス・・・」



俺「しかも6頭中3頭が外国馬なんだよ!!」
弟「ダイナミックですね。」
俺「日本の競馬なんかブッ倒されればいいというメッセージ性も
  この予想には含まれていると思われ・・・」

弟「若干生々しく感じるので、そういうことは言わないで下さい。」

俺「日本の牝馬を嫌い、海外騎手騎乗馬を選んでいるところも奥深い。」
弟「色々な想像を張り巡らせないで下さい。」
俺「この予想だけで、かなりなデストロイ感が伝わってくる。さすがはオリィと言えよう。」
弟「土曜にチャンピオンシップ準決勝でレッズがガンバに敗れ、破壊的になっていたのかもしれないね・・・」
俺「あの試合の後には残念なコトもあったなぁ。」
弟「ああいうニュース聞くとガッカリしちゃいますよねー。」


レッズサポの男子高校生が、ガンバ大阪のパトリック選手に対し
人種差別的なツイートをし、海外ジャーナリストを巻き込む問題にまで発展



俺「レッズは前にも横断幕で差別事件起こしてるからな。」
弟「今回のは、よりによって当人へのリプライで送っちゃった辺りがねぇ・・・高校生とは言え出しゃばり過ぎましたね。」
俺「遠くからヤジるのと本質は一緒だけど、形に残って問題提議材料になっちゃうものだからねぇ。」
弟「でもレッズサポの件は、こう言っちゃなんだけど今に始まったことじゃないって印象強いんですよね。」
俺「自ら教団のイケニエになりに進むとは、殊勝な心がけだ。」
弟「そんなもんになるつもりは毛頭ございません。」

俺「教団=レッズサポだぞ、レッズをディスるとイケニエになるんだぞ。」
弟「大体師匠だって知ってるでしょうが、このJリーグ関連の仕事してる知り合いが居るんだから。」
俺「ぶっちゃけ俺も携わったことあるしな。」
弟「その方の話聞いて、やはりレッズ戦は異質であると思いましたもん。」
俺「まぁ、俺もイケニエになるつもりは無いが・・・正直に言おう。」
弟「!?」


俺「アイツら品が無ぇ。」
弟「!!!!!!!!!!」



俺「もちろん、全員が全員そうだって言ってるワケじゃない。ただ、何を勘違いしたかどうか知らんがフーリガンみたいな種族が
  サポ内で目立つのは断トツでレッズだ。」
弟「い、いいんですか!?そこまで言っちゃって!?」
俺「要するに、そういう先輩サポを見てるからこういう高校生サポが出てくるんだろーが。」
弟「確かにそうかもしれませんけどねぇ。」
俺「ジュビロのホーム戦でエコパスタジアムでの運営の仕切りやってたヤツが知人に居るよな、お前も知ってるだろ?」
弟「知ってますし、その方の話が記憶に残ってて。でも、もう結構前のハナシなんですよね、あの話。」


俺「レッズ戦の時だけは警備増員するって話か?」
弟「堂々と言ってしまった・・・」



俺「厳戒態勢なんだもん、団幕ルールとか破られまくるし、注意すると凄まれるし、何するか解らないし。俺も経験あるし。」
弟「ひええ・・・」
俺「ここまで言っちゃったからにはだな、今回の問題も合わせてレッズサポには知ってもらいたいことってのがある。」
弟「・・・ゴクリ」


俺「お前らのコトを怖がって、ユニフォーム着ずにアウェー側でレッズ
  応援してるサポーターって少なくないんだぞ!!」

弟「!!!!!!!!!!!!」



俺「俺も対応したことあるんだよ、お母さんと子供のお客さんだった。レッズ側の席のチケット出して『こわいのであっち側の席に
  移動させてもらえませんでしょうか』って言われた時は目が点になったわ。」
弟「そ、そんなことが・・・」
俺「鹿島も一時期は結構サポーターが激しい印象あったけどな、こんなのがザラなのレッズぐらいだ。何で一緒に応援してくれる
  同士までビビらせてるんだよ、しかも親子連れを。」
弟「・・・どうしてレッズがそうなっちゃったんですかね?」
俺「成り上がりのチームだからな、Jリーグ創立当初からのチームだけど最初は弱かったんだ。そこから這い上がってきたという
  誇りみたいなのが、サポーターの中で歪んできちゃったんじゃねーか?」
弟「ふむ・・・」
俺「今でこそ常に上位争いする素晴らしいチームだけど、そういう時代もあったんだよ。」
弟「サッカーに限らず、スポーツに野次や怒号はつきものですけど、なんというか度が過ぎちゃうとねぇ。」


俺「ちゃんとしてくれよオリィ!!」
弟「どうしてここで折笠騎手が。」



俺「オリィは重鎮レッズサポだろ。それでいて自身もアスリートでありファンサービスも手厚い人なんだよ。だったらこういうことで
  レッズがまたも取りだたされるのは悲しいことだろう。」
弟「うん、折笠騎手はきっとこういうニュースは聞きたくなかったでしょうね。」
俺「それならばオリィにレッズサポの背筋を矯正してもらうのがいいんじゃないの?」
弟「騎手として頑張って頂きたいのですが・・・」

俺「ゑ!?なんだって!?」
弟「なんでもありません・・・」


俺「オリィの七夕の短冊は毎年見てるだろう、彼の願いは自身の勝利ではなくレッズの勝利なのだ。しかし、ただ優勝することを
  望むのは違うだろう、あくまでレッズサポーターで良かったと思えるカタチでないと栄冠は輝かない。」
弟「そうだよね、汚名を着させられたら例え優勝したとしてもスッキリしないです。」
俺「それがサポーターを起因するものだとしたら、サポーター内で解決するのが最善。他チームのサポにレッズサポは恥知らず
  と言われている現状は簡単には回復できないぞ。例え高校生のイタズラだとしてもだ。」
弟「それによって今度は自分たちが差別対象になる可能性だってあるもんね。」

俺「無ぇよ、そんなことすんのレッズサポぐらいだ。」
弟「その発言が立派に差別だと思います・・・」


俺「こんな風に俺ごときに言われりゃ悔しくもなるだろ。」
弟「そういう意味での発言なんですか、ホントに。」
俺「とにかく何度もハズカシイ問題起こしてくれるなって言いたくもなるよ、こないだの横山和生騎手のムチ問題みたいに確実に
  ここから先でそういう面をチェックされる側になったんだぞ。世間的に間違ったことをして、自分達の居場所を息苦しくして、
  更には仲間同士で分裂することだって考えられるワケだ。傍から見りゃ何がしたいんだコイツらって風にすら見えるわ。」
弟「いいこと一つもないもんね。」
俺「直情的な部分が強いサポーターが多いのは、強さを求めるチームだからとも言える。だったらもっとドッシリしようや。」
弟「そうだね、でも・・・」
俺「でも?」


教団


弟「この頭巾被って差別問題の件を話しても、
  全く説得力持たせられないですよね・・・」

俺「Oh・・・」







★おまけ


俺「ふぃー・・・」
弟「師匠。」
俺「んー?」



弟「浦和に当たり散らしたことで、清水J2降格&
  磐田昇格のショックは和らぎましたか?」

俺「しみぃずエスパゥッ!!!」






※やわらぎません

おりバナー2

↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!



[ 2015/12/01 00:40 ] 酷評 | TB(0) | CM(2)

野球もサッカーも現役時代を知ってる監督がほとんどになってきたなぁ

レッズだけに『朱に交われば赤くなる』ってことですね。
・・・・・失礼しました。。

清水の降格はホント悔しいなぁ。
好きだった枝村選手が渡り鳥になってから少しずつ下へ落ちてきた気が・・・
気のせいかな?
ジュビロは名波さんでJ1でも暴れそうだし、清水もここは勝つサッカーをしてくれそうな巧さんか魅せるサッカーをしてくれそうな澤登さんで!

と思ってたらもう決まってたのね…
何はともあれ、健太さんのガンバのように一年で昇格、そして即、優勝を!!
[ 2015/12/01 02:14 ] [ 編集 ]

相撲ブログが終わったと思ったら

サッカーブログに変わりましたね

まぁ直情的になるファン心理も判らなくもないけど

○○至上主義みたいなのは嫌いです

スポーツはどんな物であっても相手あっての物

その相手を認められない人間は

本当にそのスポーツ(チーム)が好きとは思えない

まっ、騒動を起こしたガキに全体をみる余裕はなかったんでしょうけどねf^_^;
[ 2015/12/01 11:46 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1067-f9ef7bc6