チャンピオンズカップの予想

俺「だっるぅぅぅぅぅぅぅぅぅい・・・」
弟子「こんな予定にしちゃうからですよ。」



※水木金と3日連続で飲み会でした。
 セッ〇スはしてないよ!!ほめてね!!



俺「予定組んだの俺じゃねーもん、取引先様だもん。」
弟「毎年のことながら、その取引先様達はなんで忘年会を集中させるのでしょう・・・皆さん知り合い同士なんでしょ?」
俺「『良いお年を』って言って解散して、次の日にほぼ同じ面々と顔を合わせるという謎のやり取り。お約束ですね。」
弟「ズラしてくれよ、マジで・・・」
俺「同じ様な業種の集まりだから、空いてる日も似ちゃうんだよ。」
弟「そういうことなんでしょうかね?」


俺「あるいはバカなんだよ。」
弟「怒っているね。」



俺「なぁにが『さすがに三日連続はしんどいねー!!』だよ、そうしたのお前らだぞ!?」
弟「ダメですよ、お客様にそんなことを言っては!!」
俺「アイツらの中の3分の1は今日も忘年会してるらしいが。しかも
  宿泊抑えず名古屋にまで行って夜通し飲むらしい。」

弟「・・・バカなのかもしれない。」

俺「サイボーグみたいな人達なんだから。こっちは人間なんだぞ、お前らと違ってか弱いんだぞ!!」
弟「面と向かって言ってみたいよね。」
俺「言ってるけどね、言っても『またまたぁ♪』って流されちゃうんだよ。」
弟「ありゃー・・・確かに師匠も付き合いの席では強いもん、自分でか弱いって言ってもそうなっちゃうかな。」


俺「各週でそれを繰り返すんだぞ。」
弟「来週は金土ですね。」



俺「今に始まったコトじゃないけど12月はキツいなぁ。そして相変わらず新年会には頑なに変更しないという・・・」
弟「去年ボヤいてたね、なんで忙しい12月に忘年会をやって、少し落ち着いた1月に新年会をやらないのかと。」
俺「恒例化してるから変更したくないんだろうけどさぁ、実際問題そうした方が明らかによくねーか!?」
弟「確かに。なんでそうしないんでしょうね。」


俺「やっぱバカなんだよ!!」
弟「師匠、お客様ですよ。」



俺「断らない俺も俺だけどさー・・・関わり合いのある複数の会社の忘年会が連続してる中で、その中の一つしか参加しないって
  なるとカドが立つだろぉ?必然的に3連続したら全部出なきゃならなくなっちゃうでしょ。」
弟「お付き合いも大変なのです。」
俺「お前も結構タフになったよねぇ。」
弟「ボクだってしっかり疲れてますよぉ・・・」

俺「『まいにちおさしみ!!あきましたね!!』って、完全に脳が停止
  してる発言だよね。」

弟「そういうことを言わないでよぉ!!」

俺「逆噴射するとこだったわ、やはり飲みの席でのデシちゃんには破壊力がある。保護者としてヒヤヒヤモノですよ。」
弟「お酒飲みすぎると思ったことがそのまま口から出てしまう部分は治さねば・・・」
俺「そんだけ疲れてるってコトかもしれないな。それこそああいう席で風邪拾わない様にしないとなぁ。」
弟「そうですねぇ。弱ってるとなると引きやすくなっちゃうでしょうし。」
俺「とりあえず3連続ってのはここから先のスケジュールには無い、早くも師走の大きなヤマ場の一つは乗り越えた。油断せずに
  頑張ろう。」
弟「あの、師匠。」
俺「なんだね?」
弟「突発的なの入れないで下さいね。去年はそれにかなり苦しめられましたから。」


俺「スケジュールは生き物です。予定は変更する
  場合もありますのでご了承ください。」

弟「南関魂のマネでごまかすなよ。」




★古豪健在?群雄割拠?世代交代?それとも・・・野望の交錯点、チャンピオンズカップ

俺「先日の浦和記念ではハッピースプリントが快勝したねぇ。」
弟「素晴らしい!!久々の勝利はG1ではなかったものの中央交流戦、ここは東京大賞典に繋がる大きな一歩です!!」
俺「南関、いや地方代表としての期待を背負う若武者が望みを持たせてくれる内容で勝利したことは本当に喜ばしいです。」
弟「そして2着は昨年覇者のサミットストーン!!南関ワンツーだ!!」
俺「侮れねーよな、昨年ノーステッキで制したレースなんだから。昨年の勢いが陰ったかの様に思えた今年の内容を覆す力走、
  実にお見事です。」

弟「そしてドコフクカゼはドコへ!!」
俺「出遅れて4着でした・・・」


弟「このコースじゃ加速できず終いでしたね・・・なんかワイドバッハの黒船賞みたいになってました。」
俺「やっぱこういうコースで差し馬狙う場合は、鞍上が元地方ジョッキーじゃなきゃダメなのかもしれない。」
弟「しかし、こういう結果を見るとやっぱり中央トップクラスの馬は強いんだなって実感しますよ。この浦和記念では中央での近走
  実績が目立っていたドコフクカゼが一番人気してましたけど、この内容ですからね。」
俺「3着に来ていたソリタリーキングも8歳で、そういうトップの面々とは完全に勝負が付いちゃってる感じではあるからな。」
弟「そう考えるとこのチャンピオンズカップも実績上位は疑いにくいと思うのです。」
俺「ホッコータルマエコパノリッキーね。」
弟「そういうことです、あとはそこにノンコノユメなどの初対戦組をどう組み込むか。」
俺「うーん・・・」
弟「またなんか普通とは違うこと考えてるっぽい。」
俺「普通とは違うっつーか・・・」
弟「それがかっこいいと思ったら大間違いなんですよ。」
俺「マイノリティになりたいワケじゃないんですけど。」

弟「師匠自身がよく言ってるでしょう、穴狙えばいいってものではないって。ここで両横綱たる2頭を軽く見るのは危険です。」
俺「そうなのかなぁ?確かにホッコータルマエは前走よりもいい状態で出てくるんだろうけど。」
弟「コパノリッキーもですよ、前走は仕上がりに不安を残しながらの快勝って言ってたじゃないですか。」
俺「不良馬場と言っても水が浮く様な状態ではない、晴れた大井でのJBCクラシックであの内容だろ・・・?」
弟「強かったじゃん。」


俺「どちらからも絶対王者感が薄れてる気がする
  のは、俺の気のせいなんだろうか?」

弟「はぁい皆さん!!バカに拍手!!」



俺「バカ・・・」
弟「イェーイ、バカ!!ヒュー!!」
俺「いや、あのね・・・こう言っちゃナンだけども、あの代わり映えがしない交流重賞メンバーの中にあって、オープン特別をつい
  最近勝ったばかりのサウンドトゥルーにこうも続けて好戦されちゃうとさぁ。」
弟「この馬も強くなってるということでしょう。」
俺「要は追いつかれたとも言えるだろう?こういう馬が実績持った古豪に追いついて来てるんだ。」
弟「強豪達は最初からここが目標なんじゃないですかね。ホッコータルマエなんかは東京大賞典も視野に入れてるでしょうし。」
俺「確かにJBCはそこまで本気じゃなかったかもしれないけど、今年のホッコータルマエは圧倒的な様を見せてる感じがしないん
  だよね。川崎記念も帝王賞も着差は僅かだったでしょ。」
弟「ほほう、そうきましたか。」
俺「去年のこの馬は突き抜けていただろ。終わってみればやっぱりこの馬に勝てるのはコパノリッキーだけなんじゃないかって
  レースをしていた印象だけど、今年は違うと思う。」
弟「でも事実、ホッコータルマエが負けてるレースの勝者は昨年からコパノリッキーで決まってますよ。ドバイ以外は。」
俺「そのコパノリッキーもJBCでは相当軽く見られてたろ、実際。日テレ盃の大敗が印象深くて、行かせてもいいだろって感じの
  流れで楽に逃げられたから勝てた。クリソライトも同じ鐵を踏みたくなかっただろうからプレッシャーかけなかったじゃん。」
弟「まぁ、あっさりとした逃げではありましたね。」
俺「これでまた簡単には逃がしてはいけないコパノリッキーに戻ったんだよね。特にタルマエの視点でそうなる。」
弟「なるほど。」
俺「でも現実はそこにコーリンベリークリノスターオーという、速い先行馬が加わってきての流れになるだろ。そこを踏まえて
  ホッコータルマエがコパノリッキーを捕まえにいくとなると、だ。」
弟「・・・」

俺「リッキーは今度こそヤバイんじゃねぇか?」
弟「ユタカさんはヤバくないのです!!」


俺「おめでたう、デシちゃん。俺、コパノリッキー切るよ。」
弟「わぁい、さすがバカ♥
俺「テメェ・・・」
弟「でも、そこまで言うからにはホッコータルマエも本命ってワケじゃなさそうですね。」
俺「そうだねぇ、でも切るワケにはいかない。覚醒以来は国内で連敗したことがない安定感は随一だもんな。でもやっぱり地方戦
  と中央戦を比べると、中央でのレースでは僅差になってるからねぇ。今回は連敗も考えていいかと。」
弟「となると新進気鋭のノンコノユメか。」


俺「このメンバーで最内は不運に尽きるだろぉぉ。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!」



俺「おまけに隣がサウンドトゥルーって・・・似た位置で外カブせられたら出るとこ無くなりそうだぞ。」
弟「ちょちょちょちょちょ・・・ちょっとおじょうさん?」
俺「なんでしょう。」
弟「ノンコさんまでお切りになると?」
俺「お切りになりましょう。」


弟「バカに拍手!!!!!」
俺「バカって言い過ぎだ!!」



弟「関係各社の皆様、先程は師匠がバカバカ言って申し訳ありませんでした!!よく言うでしょう、バカな子ほど他人のコトを
  バカ呼ばわりするのです。それなのです、この子はバカなんです、許してあげてくださいね!!」
俺「ふぐぐ!!ならお前もバカだ!!」
弟「コパノリッキーが崩れるって予想してみたと思ったら、今度はノンコノユメが届かないって予想ですか!?どんだけメルヘンな
  予想を組立てたんですか!?」
俺「・・・まぁ、メルヘンと言えばメルヘンかもしれないけどなぁ。俺の本命は。」
弟「有力視されるであろう3頭ではないと。」
俺「ノンコノユメはここまで全てのレースで上がり最速を叩き出している、末脚は堅実無比であると疑いようがない。しかしやはり
  この脚質で古馬相手の大舞台で最内を引いてしまってはキビしいのではないかと見てしまう。前走の2着はタガノトネール
  この馬も強くなったとは言えベストウォーリアとの差を抱えている。タイムは優秀だし斤量もトップだったが、このメンツとこの
  距離で渡り合うのなら突き放しておきたい相手だ。」
弟「きわどいハナ差決着だったけど、内容は凄かったよ。」
俺「あそこで負けていたらここまで人気を背負わなかっただろ、そういうハナ差だ。凄い脚で勝ったからいいが、タガノトネールに
  負けた馬になっていたら全然見え方が違うだろ。」
弟「・・・そんなメルヘン師匠の本命はなんなんですか?」
俺「2週連続での国際メンバー戦となりましたがね。」
弟「ま、まさか・・・」

俺「香港馬はお客さんじゃないんですよ。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!」



◎ガンピット


俺「香港のオールウェザーコースで無敗のガンピット、この馬を本命にします。」
弟「未知を突いてきたか・・・!!」
俺「ジャパンカップで欧州勢は、イラプト以外は見せ場のない敗退をしてしまったがな、欧州勢と香港じゃ日本に対する意気込み
  が違う。この馬は来日して中京に滞在しているが、コースでの乗り込み量は観光しに来たんじゃないと言っている様なもの。」
弟「そうは言っても、日本の砂ダートは海外組にとって府中の高速馬場以上にガラパゴスな存在でしょう?」
俺「そうだね、香港のオールウェザーは芝より時計が出る。どちらかと言うと米国サンタアニタ競馬場に近い環境だろう。」
弟「即ち、求められるのはパワーよりもキレ。しかも坂のキツい中京コース・・・いくら高松宮記念でエアロヴェロシティが勝利した
  って言っても、この環境差による不利は覆せないのでは?」
俺「覆す為の中京滞在だろ。香港でのここ3戦の内容は60kg以上を背負っての猛時計連発、環境に合わせる準備ができたら
  アッサリってことも考えられる。枠もいいところに入った、外側の枠で内3頭は前で競馬をするだろうし外2頭は控えるだろう。
  一番の不安である砂カブリからは枠順の時点で免れられ、尚且つ好位も得られそうだ。」
弟「狙ったなぁ・・・」
俺「この馬の中文名は準備就緒、和訳すると用意は整ったという意味。香港勢は日本に対し強いライバル心を持っているんだ、
  そして日本は香港に向けて短距離ならともかくという目線を向けている。このメンバーでの砂ダート戦で香港馬に負けるワケ
  がないとタカをくくっている日本に喝を入れる準備は、枠順まで整ったのだ。」


◎ガンピット
〇ナムラビクター
▲ダノンリバティ
▲ローマンレジェンド
▲ホッコータルマエ

三連複◎〇から 馬連◎から



弟「相手もまた随分と・・・」
俺「ズバリで言うけどホッコータルマエ以外は今年交流戦で走っていないメンバーから選んだ。交流重賞参加が決して弱気という
  ことではないし、枠の取り合いが熾烈になるから単に賞金の関係で出走できないという部分もあるが、全体的なレベルが高い
  レース内容になるのはやはり中央のレースだ。」
弟「なるほど。そこは道理としてアリかもしれませんね。」
俺「特にナムラビクターは頑なに中央戦に拘っている印象。このキャリア、この実績で地方戦を走らずにいるのも珍しいだろう。
  何より鞍上がデムーロ騎手から変わるのがいい、俺はずっとこのコンビ合ってねーなって思ってたんだ。」
弟「ソレ前から言ってますけど、具体的にどういう部分が合ってないって思うんですか?」
俺「具体的にって言われると、ちょっと困っちゃうんだけどさ。なんか馬と騎手がケンカしてる様なレースっぷりに見えるんだよね。
  息が合ってないって、見た目からそういう風に感じる。前走の出遅れもそう思えるもん、その分の末脚は凄かったけど。」
弟「今回は秋山騎手ですね。秋山騎手なら合うのか。」

俺「合ったら秋山騎手。合わなかったらアキヤマ。」
弟「コレ延々言われるのかな、秋山騎手・・・」


俺「ダノンリバティは交流戦に参加してなくて当然だよね、JDD終了後にダート転向だもん。ここ2戦の痛い負け方はイイ経験だと
  思っていいでしょ。ローマンレジェンドが今年交流走ってないのは意外だけど、おかげで走りが戻ってきた感じあるよ。」
弟「道理は解るけど交流戦に失礼な気がするな、それだとハッピーが立場無くなっちゃう。かわいそうだよ。」
俺「要するに出走頭数に対してまともに勝負できる馬が限られるのは間違いない。フルゲートでも実質、限られて出走できた中央
  馬プラス、更に限られた地方馬の争いなのは明白だ。少頭数のレースと言っていいよ、だから毎度このレースは〇頭立てって
  表現ができちゃうんじゃないか。」
弟「ふぐぅ・・・なんか切ないですよぉ・・・」
俺「中央ダートのトップレーサーが得られる権限の利点であり短所だと思うよ、激しい戦いをしなくても勝手に賞金は得られるん
  だからな。ジョギングするだけで掲示板内に入れる地位を得て、本当にそうしてる風に見えちゃうんだよね。そうはさせまいと
  息巻くことが地方の奮起材料じゃないのかな。」
弟「つまり師匠はタルマエやリッキーを、今の地位に鎮座させ続けるべきではないとお考えなのですね・・・」
俺「そういう気持ちで他陣営には臨んでもらいたいかな。いいチャンスだと思うね、ここは。それなら別次元の刃に荒れ狂ってもら
  ってもらえれば、目指す矛先が・・・」


弟子予想
◎コパノリッキー
◎ホッコータルマエ
▲ノンコノユメ
▲サウンドトゥルー
▲ローマンレジェンド

三連単◎1,2着→▲3着 三連複◎2頭から



弟「変わらせませんよ。」
俺「なんて邪悪なデシちゃん!!」



弟「・・・なんでこの予想で邪悪呼ばわりされるんですか。」
俺「変革を求めず今の強者に屈するという考えは害悪だ。」
弟「競馬の予想なんですけど・・・」
俺「そういう考えが今の政権を・・・」
弟「だから競馬の予想なんですけど。」

俺「この2頭のダート独裁政権はまだ続くと見たんだな。」
弟「ここでの政権交代は無いと見ます。この両雄は前走のJBCで久々にあいまみえましたが、本当のガチンコ勝負の舞台はココ
  でしょう。」
俺「って言ってる割には三連複も抑える辺り、実際弱気なんじゃねーのか?この狙い方。」
弟「・・・ノンコノユメとサウンドトゥルーの末脚は怖いです、驚異とするならこの2頭でしょうね。」
俺「ふふん、驚異とするなら未知のガンピットだろう。準備就緒なのだぞ。」
弟「ガンピット。」
俺「うふふ、ガンピットだ。」
弟「ちょっと不思議なんですけど英文の綴りは『Gun pit』でいいんですよね?中文だとなんでそういう意味になるんでしょう?」


俺「そこまではしらない。」
弟「わぁい、やっぱバカだ♥」






※・・・いや、香港馬の中文名ってホントに笑っちゃうレベルで意味解らないんだって。
 ちなみに香港には英文名でWinning leader、あとThunder fantasyって馬が居るんだけど、この2頭の中文名って
 何だと思う?クリック先に答えを書いておくけど、結構ヒドいよ。

 ↓



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!


[ 2015/12/06 00:06 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(8)

印はあんまりかぶらなかったけど・・・・

師匠もガンピット押しかぁ

私はノンコノユメのあの追い込みはちょっと今回不利だと思ってます。
それならまだ中断から追い込めるサウンドトゥルーですねぇ。

ナムラビクターは正直怖くて買えないw
まともに発馬したら強いでしょうけど
[ 2015/12/06 01:20 ] [ 編集 ]

ノンコって牡馬だったのか

この時期は呑みが続くのはどの業界でも同じッスねー
狭い空間に人が沢山集まるので風邪には気を付けてー

チャンピオンズC予想
個人的には世代交代を期待したいので
◎ノンコを軸にしたいと思っているんですが
古豪の中では◎リッキーがなんか怖いのでこの2頭軸で行こうと思います

相手は叩き良化型の○タルマエと、あと○ワンダーアキュートが面白いかも
3連単◎1、2着→○2、3着で勝負してみたいと思います
あとサンビスタがんばれ超がんばれ
[ 2015/12/06 02:12 ] [ 編集 ]

飲み会続きでオカシくなっている師匠さんのコトだから→腹いせにオフレコ馬の呪いの複勝を買う→オフレコ馬を沈める→試合に負けて勝負に勝つ→師匠ゴキゲン。ここまでは読めたね。






弟子ちゃんさん、バカにバカって言っちゃダメです。師匠はアホなだけです。
[ 2015/12/06 03:57 ] [ 編集 ]

香港競馬の中文名って…

中二病のつける二つ名かキラキラネームかっていうレベルの物が有りますよねぇ。まあ日本と中国とでは同じ漢字でも意味が違っていたりする事も有るので、仕方ない部分も有るのでしょうが…

お師匠さんが記事の最後にあげていた2頭の中文名、確かに何でこうなる?レベルですね。
あ、それと気になったのはガンピットの前走の2着馬。「エロイコ」ってねぇ?もし日本に来ていたらネタ馬扱いされちゃいますよね。


年末に向けて仕事と忘年会で忙殺される事の無き様、祈っておりまする。
[ 2015/12/06 11:10 ] [ 編集 ]

王者

師匠さん、弟子さんこんにちは。
師匠さんは、ダート路線は本当に造詣が深いですね。
ナムラビクターは確かにこのキャリアで中央専用。不思議ですね。
師匠さん押しのガンビットは狙いにこないとわざわざ来ませんね。
清水成駿さんと同じ予想。
なんか、予想屋ぽいですね。
マジョリティのロマン派はノンコノユメ支持が多いですが。
でも、ちょっとこの馬ダート馬にしては軽すぎる気がして。
では、グッドラック。
[ 2015/12/06 11:24 ] [ 編集 ]

3連ちゃんの忘年会とか自分にはムリ(笑)
それに付き合う弟子ちゃんもスゴイ。

ガンピットとか『妙味バカ』しか狙わないすよ(笑)

自分は乙女チックに◎ノンコノユメです(照)
[ 2015/12/06 12:11 ] [ 編集 ]

忘年会はなぜ肉ではなく魚なのか?言われて気がつく疑問。

「単勝4倍つくなら」と◎ホッコータルマエ単勝に行った時点で
私も妙味バカだったんだ、と思い知らされております。
[ 2015/12/06 14:29 ] [ 編集 ]

ガンピット


乱心購入


めちゃめちゃ迷惑


極まりない



オフレコのヒントは以上です。
[ 2015/12/06 18:17 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1069-77c55d1f