優しい世界

俺「テストドライバーなめんなオラァ!!」
弟子「うっせぇノットちゃんなめんなコラァ!!」



クイーン賞 結果
1着 ディアマイダーリン → 俺▲弟子切った
2着 トロワボヌール → 俺〇弟子◎
3着 ノットオーソリティ → 俺切った 弟子▲


俺「ぐぬぬぬぬ・・・!!」
弟「ムキーッ!!」
俺「まさかノットオーソリティが積極策に出てあそこまで粘るとは・・・!!」
弟「まさかノリさんのディアマイダーリンが積極策に出て勝ってしまうとは・・・!!」
俺「言ったろうが!!テストドライバーなめんなって!!」
弟「あれぇぇ?中央4頭立てって言ったのだれだっけカナー!?」

俺「くぅぅ・・・ここはもうノットちゃんに参ったと言うしかないだろう、岩田騎手のパワースポットが控えすぎた部分もあるかもしれない
  けれど、52kgとは言え一角潰しが成せるとは思っていなかったわ・・・」
弟「接戦になった優勝争いとも差が無いのだ、今度からちゃんと見直してあげてください。」
俺「なんで上から目線なんだよ、ダートなめんなよってディアマイダーリン切ったクセに。」
弟「ふぎっ!!」
俺「しかもノットちゃん▲の連単系狙いだろーが、全然惜しくないなぁ、どうしたのかな?ヒンバヨソーのデシちゃんさんは。」
弟「ふぎぎぎぎっ!!何を抜かすか、この4着病女め!!」
俺「なんだとぉ!?」


弟「この病気持ち!!」
俺「乙女心ゼロの貧乳め!!」



弟「正直、乙女にノリさんは読めない。」
俺「どういう逃げ口上だよ・・・」
弟「だってここでまさか、チャンピオンズカップ馬になったサンビスタと熱演を続けてきたトロワボヌールが、ダート戦にパッと顔を
  出してきたディアマイダーリンに負けるとは思わないでしょう?」
俺「そういう可能性はあると思うって昨日俺言ったもん。アッサリ勝つかもって。」
弟「そりゃ言ってはいたけど。」
俺「まぁ、こういう結果は悔しいかもしれないけど。ダートを畑に走ってる馬が見くびられてしまうからな。ただ、かなり赤岡騎手が
  上手く逃げたろ。恐らくルメール騎手もノリさんも、アッサリ交わせるつもりで逃がしていたんだろう。最後までこの2頭とつば
  競り合いを演じ切れたノットちゃんには参ったが、ノリさんがこの流れを掴んだからこその勝利にも見えるな。」
弟「かなりゆったりとした逃げにできたんだね。」
俺「怖さを感じなければプレッシャーをかける必要もない、楽をさせてもらえるに越したことはないからな。」
弟「フォローハートが出負けしたのがレースに影響したかも。」

俺「そうだそうだ!!デネーロのせいだ!!」
弟「また変なアダ名が付いた・・・」


俺「デネーロがちゃんと出ねーからだ!!」
弟「出遅れ癖が日に日に悪化してる気がするよね、デムーロ騎手・・・」
俺「コレは確かに結構効いてるな、本来は先行するハズの馬だったんだから。この馬が後ろになったことでルメール騎手とノリさん
  は大分気が楽になったかも。」
弟「それがひいてはノットちゃんの粘りに繋がったと。」
俺「恵まれた逃げになったって印象は結構強いけど、それでも最後まで本気で追ってた中央2騎と追い比べができた点は、俺と
  しては予想外。残したって言うよりはスローから直線向いての叩き合いに惜しくも敗れたって感じじゃん。」
弟「ふふん、相当ナメていらっしゃった様で。」
俺「コレでもっと斤量増えて、もっと道中の流れが激しくなった場合に勝ちを狙う競馬ができるかどうかだね。もう素直に謝るよ、
  ナメててゴメン、ノットちゃん!!」
弟「それでいいのです。」
俺「お前もノリさんに謝れ。」


弟「謝るのはお前だ。」
俺「なんでだよ!?!?」



弟「散々ノリさんに向かって失礼な発言の数々をしておいて。なんですか、テストドライバーって。」
俺「ディアマイダーリン、テスト合格。」
弟「じゃかあしいわ!!」
俺「あのさ・・・もうやめにしない?こういうのはみっともないでしょう。」
弟「自分から始めたんじゃないか。」
俺「我に返って思ったんだけど、一応は人の目につく会話なんだよなって思ってさ。」
弟「まぁ、確かにそうです。ハズれたからと言って、こういう醜い言い争いをしても恥になるだけです。」
俺「この前、一人喋りでちょっと自己中な気苦労を吐かせてもらったんだけど。」
弟「うん、なんか、私ってこう見えてもデリケートなのっていうお話ですね。」
俺「もうちょい言い方どうにかしてもらえませんかね・・・」
弟「それで?」
俺「まぁ、それに対して結構多くのご意見を頂いたんですけれど、やっぱり優しい方が多くてね。そんな方々にギスギスと言い争う
  姿を見せるのもどうかと。」
弟「・・・今更手遅れでしょう、何度こういう言い争いをココでしたと思ってるんですか。」
俺「それが楽しみって人も居るだろうけどさ、みんな根本は優しいんだよ。特に古参の方々は。」
弟「ふぇ?古参?」
俺「ここは主に競馬のことを話しているブログだよね。俺らが予想し、一喜一憂する様を皆様に見てもらってる。」
弟「脱線することもあるけど、基本はそうですね。」
俺「そんな俺らに向けられる最大の優しさとは何か。優しい言葉?優しい拍手?いや、違うでしょう。」
弟「・・・?」
俺「こうやって2人して、イヤ~なハズし方をした時に、最も癒されるモノは何か。それをあの2人は解っているのだ。」
弟「まさか・・・」

俺「こんな時こそ、あの2人は俺らと共にちゃんと
  ハズしてくれるんだ・・・♥」

弟「もう誰か解る時点で自分がイヤになりますね。」


俺「さあ、受け取ろう。優しさを。癒しを。」
弟「さっき言ってた先日のお話の件が、既にドコかへ吹っ飛んでる気がします。」
俺「先攻はざくろさんです。」
弟「やっぱり・・・」


~前記事のコメント欄より~

◎フォローハート
〇トロワボヌール
▲スターローズ
△ノットオーソリティ
△タッチデュール

で、結局デムーロが勝つと言う結末がシックリ来るかと(笑)
パワースポットのダート実績は無気味だしサンビスタと同じスズカマンボ産句で岩田の巻き返しと臭い要素が満載ではある。

が今回危惧されるのは 『前を追いかけ過ぎるのではないか?』 と言う不安がある。
追い込み馬が前を追いかけ過ぎる事で『持ち味』を削がれる事はよく見られる事象。
『あのレーザーバレット』も前に行く事で末脚の甘さを見せている。

ペースが遅ければ問題ないのだがここはハンデ戦で地方馬はほぼ『51kg』
これだけ軽いと『先行争い』は結構激しくなる。ここで前を追いかけ過ぎると案外て事になる!ハズ(照)
地方馬に可能性があるなら『逃げ馬』か『追い込み馬』

ノットさんは強気に逃げればいい!
スターローズは勢いある『グランド牧場産』
そろそろデュール姉さんの出番も(照)

⑥→①→③⑫⑬

[ 2015/12/09 07:07 ] ざくろ



弟「おお・・・結構盛大にハズしておられる。」
俺「ざくろさんもデネーロに対してお怒りでしょう、わかります。」
弟「しかし・・・ざくろさんにしては惜しさがあまり無い予想になってしまいましたね。攻めてるのは相変わらずだけど。」
俺「そうだな、パワースポットはむしろ控えすぎだったし、ペースは遅くなった。」
弟「清々しいハズレ方じゃないですか。」
俺「・・・」


弟「これはつまらない。」
俺「お前は悪魔か・・・」



弟「なんか、ハズし方としてはボクと似てしまっている気がしますね。」
俺「さほど惜しくないってか。」
弟「ディアマイダーリンを抑えてないにしても、攻めての三連単になっているから2,3着が当たっているからなんだって感じでしょ。
  ここでせめてディアマイダーリンはおにぎりだ!!とでも言っててくれれば話は別ですが。」
俺「手厳しいな・・・まぁお前はダートなめんなよって言っちゃってるもんな。」
弟「こっちはダートなめんなよと中央4頭立てだぞ。なめんなよ。」
俺「流れを序盤に引き戻すなよ。」

弟「・・・どうせもう一人はニコフさんでしょ。」
俺「どうせとか言わないであげてよ・・・」
弟「確かにニコフさんはなかなかの破壊力を持った馬券を届けてくれます。こないだのマイルチャンピオンシップの馬券からは、
  ものすごい元気を頂けました。」
俺「2着フィエロ、3着イスラボニータという一点を固定しながらも、1着にモーリスが入っていないという6点の三連単ですね。」


神業


弟「コレは素晴らしい。励まされざるを得ない。」
俺「さすがニコフさんですね。」

弟「この、『何やってんだろう、この人』感。」
俺「その感は我々にも大いに存在するのでは。」


弟「しかしこんなコトがポンポン起こるものでもないでしょう。師匠じゃないんだから。」
俺「そういう見方されてんの、俺って・・・」
弟「で?ニコフさんはどんな予想をされたんでしょうかね?」
俺「ニコフさんは今回珍しく、ブログで平日のこのレースを予想しておりましたね。」


ニコフさんのブログです → 「馬かるでぃ」


弟「やっぱりディアマイダーリン抜けになってるね。うん、単系馬券だけではないところもなかなか香ばしい。2,3着が本命対抗に
  なっている部分も高得点です。」
俺「ハズレ予想評論家のデシちゃんさんからも、どうやら高い評価が得られているようです。よかったね、ニコフさん!!」
弟「しかし、肝心な部分で全くダメです。」
俺「おお。」

弟「買えない予想ならむしろ当ててないと。」
俺「お前、見られ方が変わるぞ。」


弟「これではオチが『結局買えなくて正解でした♪』になってしまうではないか!!何も面白くないぞ!!」
俺「ああ、確かにそうだよね。」
弟「何をシレっとした顔でそうだよねですか、こんなもんに癒されるワケがない!!」
俺「しかしそこで終わらないのがニコフさんのスゴイところなのだ。」
弟「なぬ!!」
俺「まずはコチラをご覧頂きましょう。」


買えなかったらしい


弟「今日I-PATで地方競馬買えなかったのか。」
俺「忘れてた、地方競馬I-PATは今週の地方競馬の発売をしていなかったんだ。」
弟「ボクはSPAT4だから買えちゃったんだぞ、ニコフさんは結局買えてないってことじゃないか。時間的に買うことはできたとしても
  I-PATが稼働してなかったから買えず、結局それで良かったってオチってことでしょう?」
俺「・・・」
弟「?」


なぜか買っちゃったらしい



俺「・・・・・」
弟「この人スキ♥」




俺「・・・オフト後楽園まで行って、買わずに済んだハズの惜しいハズレ予想をそのまま買った模様です。」
弟「これはニコフさんです。」
俺「これはニコフさんですか。」
弟「やはりニコフさんは愛くるしくなくてはならないのです。こんな愛くるしいことができるのもニコフさんだからです。」
俺「癒されたかな?」
弟「癒されましたね。さすがはニコフさん、癒しを与えてくれます。」
俺「それならお前も、こんなに愛くるしいニコフさんを癒してあげたらどうだ。」

弟「エッチスケベヘンタイなのでイヤです。」
俺「癒しの一方通行ですね。」


弟「しかし・・・皆の敗因となってるのはやっぱりノリさん鞍上のディアマイダーリンなのですね。」
俺「ノリさんの勝利とデネーロの出遅れだな。」
弟「しかし、こうしてお二人と我々の予想を見ると・・・」
俺「アレだな。」
弟「アレですね。」


俺「ディアマイダーリンに唯一印を打ててる俺は、
  やはりお前らとはモノが違うってことな。」

弟「ノットちゃん切って中央4頭立てって言い切る
  師匠はホント下手クソだってことですね。」



俺「・・・」
弟「・・・」
俺「うふ・・・うふふふふ・・・」
弟「えへへぇ・・・えへへへへへぇ・・・」



俺「テメヤンノカコラァ!!!」
弟「アンダヘタクソゴラァ!!!」






※で、最初に戻ると



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!


[ 2015/12/10 00:30 ] 結果 | TB(0) | CM(4)

おはようございます

流石、両亀頭!

持ってますなぁ( ̄▽ ̄)

お二人の罵りあいは好きですよ

馬や騎手に対しての悪い口調での文句じゃないから(^-^)

馬券も含めて仲良しに見えます

弟子ちゃんは馬券の美しい外し方評論家として

今後も皆への指導アドバイスを頑張っていただきたい!

多分ニコフさんだけは恍惚の表情を浮かべ喜ぶと思われます
[ 2015/12/10 09:36 ] [ 編集 ]

にこふさんとざくろさんはすっかり師匠さんと弟子の人のお気に入りですねー
うらyほほえましいですネ
[ 2015/12/10 23:56 ] [ 編集 ]

すまない。ホモ以外は帰ってくれないか!
[ 2015/12/11 01:09 ] [ 編集 ]

ホンマ、お二人さんは仲がええなぁ!

…と。

喧嘩になろうが、身近に共通の話題で深い所まで話せる相手がいる事は羨ましいですよ。
[ 2015/12/11 01:53 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1073-934b11db