有馬記念の予想

★アポロマーベリックよ、安らかに・・・

俺「熱戦の影で、名ジャンパーが悲しい最期を遂げてしまいました。13年の中山大障害、14年の中山グランドジャンプを制し、一躍
  大障害コースの鬼となったアポロマーベリック。思い出のコースで競走を中止し、予後不良の診断が下ってしまいました・・・」
弟子「・・・」
俺「・・・悲しいな、お前本命にしてたもんな。」
弟「復活を期待していたのに、こんなことになっちゃうなんて・・・」
俺「障害競走は見るときに悲しさを伴う率が平地に比べて高くなる。だから嫌いという人も多い。それも解る理屈だけど、走るから
  には皆の無事を祈りたいものだよね。」
弟「それでも、こういうことが起きてしまうと辛くなってしまいます・・・」
俺「まさかこのコースで、この馬にこんなに悲しい最期が訪れるなんて考えてもいなかった。皆の無事を願っても、こういうことが
  起きてしまうと、それは無駄なんじゃないかと思ってしまう。でも、そうじゃないって。」
弟「応援してたんだよ。」
俺「知ってるって、でもそれは障害競走に限ったことじゃないでしょ。」
弟「うん・・・」
俺「なんか、まぁ俺らの予想ってネガティヴに捉えられがちだからさ、よりによって本命打ったアポロマーベリックがこういう結果に
  なっちゃうと、無意味な罪悪感みたいなの感じちゃうかもしれないけど。」
弟「そういうワケではないですよ、単純にアポロマーベリックとのお別れが辛いんです。」
俺「そうだねぇ・・・ここのところ、ビッグジャンパーに悲しい出来事が立て続けに起きてしまった流れが、悪い方向に見て取れて
  しまうのが本当に複雑だ。」


マジェスティバイオ(11年中山大障害、12年中山GJを制覇) ・・・ 13年イルミネーションJSで落馬、予後不良
マーベラスカイザー(12年中山大障害を制覇) ・・・ 13年に腸捻転で急死
メルシーエイタイム(07年中山大障害を制覇) ・・・ 13年中山大障害で競走中止、懸命に治療に臨むも14年2月に逝去



弟「去年の中山大障害馬レッドキングダムも、今年の中山グランドジャンプ後に屈腱炎を発症し引退したんですよね。」
俺「年にたった2度しかないJG1の勝者達が辿る道じゃないよ、神様も残酷だよなぁ・・・」
弟「でもね、この舞台だからこそアポロマーベリックが輝くことができたというのは、どうしようもない事実だと思うんですよ。」
俺「そうだね。障害という道に出会えたからこそ、今日までのアポロマーベリックが居た。この際、当人にとってそれが幸だったか
  不幸だったかは置いて、これまで大障害というレースで彼を応援することができた俺らは幸せだったんだよな。」
弟「2度のJG1で大きく突き放しての快勝を見た時には、この馬に大障害で勝つことができる馬は出てくるのだろうかって思わせて
  くれました。凄い馬だって知っているからこそ、今日は復活を夢見たんだけど・・・残念です。」
俺「こういう時に毎回言ってるけど、そう思えるってことはアポロマーベリックからそれだけの物をもらえてたってことだよ。」
弟「うん、そしてその分、今回の勝者になったアップトゥデイトには頑張ってもらいたいです。」
俺「王者をスタミナで引きずり下ろした新王者、やっぱり凄いレースしてくれたな。2着には前走が障害初挑戦だったエイコーン
  パスが来ていたけど、その出走履歴を消し飛ばす高田騎手の執念の騎乗。マツパク先生にG1優勝を届けたいという一心が、
  王者を脅かす程の猛追に繋がった。高田騎手は自身の騎乗を不甲斐ないと涙していたけど、彼らも凄いレースしてくれたよ。」
弟「障害レースは見ていて辛いことも多いけど、勝者を称えたくなる気持ちも平地より強くなるんですよね。」
俺「皆さ、全馬無事にって気持ちは当たり前の様に持ってるんだ。だから難関障害を越えた時に拍手が起こる。誰だって事故の
  瞬間なんか見たくないんだよ。この障害レースというものの存在意義は定義するのが難しいものではあるけど、その舞台で
  感動を与えてくれたアポロマーベリックには感謝しなくちゃ。」
弟「天国から大障害レースを見守っててほしいですね。」


俺&弟子「偉大な名ジャンパーに、合掌・・・」


俺「くよくよしてもいられない、日曜は楽しい競馬が見れると信じて続けましょう。2015年、中央開催最終日です。」
弟「今年は混戦模様の大一番、ボクらとしても濃い討論ができそうな面々が顔を揃えてきましたからね。」
俺「ここからはテンション上げていきましょう!!」



★さぁ、有馬記念だ!!

俺「さぁ、かなり面白いメンツになりましたよ。」
弟「ショウナンパンドラの回避は残念だけど、この面々で中山2500m戦というのはなかなか・・・」
俺「開催日程の割に馬場状態もなかなか良さそうだ、土曜の芝も結構青々としていた。」
弟「まぁ、師匠はこうなったらとことん馬場を気にするでしょうね・・・まぁ本命は解ってるんですけど。」

俺「ふふぅん、俺の本命がそんな簡単にワカルカナ?」
弟「そう言える神経が解りません。」


俺「ゴールドシップ応援しちゃうかもしんないぞ♪」
弟「とうとう問題児ゴールドシップもラストランなんだよなぁ。ここは最も注目される部分でしょうね。」
俺「走る時は走る、走らない時は走らない。そんな愛すべき問題児がラストランで、久しぶりに元主戦の内田騎手を背に臨む。
  実にドラマティック!!」
弟「そうなんだよね、内田騎手で再び闘志に火が点くか。有馬記念は3歳の時に優勝してるけど、その時も凄いレース内容でした
  からねぇ。」
俺「あの時は内田騎手、この馬にはエンジンが2段階あるって言ってたんだよな。」
弟「ああ、言ってた気がします。」

俺「ギアが入るか入らないかの間違いだよな。」
弟「あの頃のゴールドシップから今のゴールドシップは、なかなか
  想像できないと思います・・・」


俺「俺、3歳のゴールドシップには『オルフェーヴルと比べて優等生っぽい印象』を持ってた。」
弟「そもそもこの馬が問題児になった瞬間ってドコなんでしょうかね?」
俺「確実になったのは、去年の天皇賞春のオケツ触られて吠えて出遅れ事件だろ。それ以前を辿るとジャパンカップで歩いて
  スマートギアの3馬身後ろでゴール事件になるか。」
弟「事件性の高い馬だな・・・」
俺「ラストランはどうなるかなぁと、皆様も気になっていることでしょう。」
弟「中山の長距離戦なら信じたくなるね。レース後に引退式もやることですし!!」
俺「おお、デシちゃんは本命か!!」
弟「まぁ、あの馬が居る限りゴールドシップ本命ではカブらないでしょう。」


俺「喜べ、俺はバッサリだ!!」
弟「!!!!!!!!!!!!」



俺「ゴールドシップファンの皆様、おめでたうございます!!わたくし、ラストランのゴールドシップはバッサリします!!」
弟「な・・・え!?バッサリって・・・」
俺「切っちゃう。俺の予想じゃコレっぽっちも狙えねぇ。」
弟「そ、そこまで言い切りますか・・・!?」
俺「あのなぁ、中山大障害でピンク帽の芦毛馬であるアップトゥデイトが勝ったからとか、土曜最終の中山2500m戦で芦毛馬の
  ポトマックリバーが勝ったからとか、そういう理由でゴールドシップに流れアリなんて意見はペッペッですよ。」
弟「あの・・・一応は問題児であっても、有馬記念は1着、3着、3着と来ている相性のいいレースなんですよ・・・?」
俺「だからなんだよ。」
弟「終わった後に引退式やるんですよ!?勝って引退式するトコ見たいでしょ!?」
俺「もう2年連続で同じ光景見てるだろぉが。3年続いてたまるか。」
弟「その理屈も大概無茶苦茶だと思いますけど!?」

俺「おまけに去年はジェンティルドンナがとんでもないスローペースの中で、1000万下以下のタイムで勝ったレースなんだぞ。
  確かにかっこよかったけど、見ようによってはジェンティル兄貴ワッショイレースだ。そりゃシャダイさんのお祭りだわ。」
弟「うわぁ・・・ここに来て邪推じみた感じか・・・」
俺「ゴールドシップは引退後に岡田総帥のトコで種牡馬になるだろ。そんな馬をシャダイさんがワッショイするもんか。」
弟「そういうコトに関係無く!!ゴールドシップは規格外な部分を持った馬だから勝てると思います!!」
俺「そうだな、ゴールドシップは規格外だ。策略なんぞに負ける馬ではない、今のはお前の指摘に対するオマケみたいな反論で
  しかないよ。」
弟「不気味な素直さだ・・・」
俺「しかし、もう何年この馬を見てると思ってるんだ?その度に俺が垂れた屁理屈を何度聞いているんだ?」
弟「まぁ、数え切れない程ですね。」
俺「だったら解るだろ、ゴールドシップは走る時は走るが、走らない時は走らない。じゃあ今回はどっちだ?走らない時だろ。」
弟「ゑ・・・!?」


俺「ゴールドシップを切る理由は、
  この一点で十分だろ!?」




ゴールドシップを切る理由 → 



弟「!!!!!!!!!!!」


俺「もうコレで充分だ、俺の理屈ではな。」
弟「この理論はイヤだ・・・なんとなくしっくりきちゃうからイヤなんだ・・・!!」
俺「そう、ゴールドシップに関する理屈で俺自身がもっともしっくりくるものだ。コレが今年の天皇賞春の勝因であり、宝塚記念の
  敗因でもあるのだ。」
弟「うわぁ・・・」
俺「お前さ、最近のゴールドシップって一気に白くなったなーって思わんか?」
弟「な、なんとなくそんな感じはしますね・・・ジャパンカップの時はかなりの白さを感じました。」


俺「その原因もコレだからな。」
弟「ゴリ押しかよ!?」



俺「芦毛馬は年を取るごとに白さを増してゆく。コレが原因でゴールドシップは厩舎内での張り合いを失い老いたのだ。」
弟「なんという屁理屈・・・!!」
俺「お前だって見ただろ、ジャパンカップで目隠しされてゲート内に入れられ、目隠しを取った後のあの表情を。」
弟「なんかキョトーンとしてたね。」
俺「完全におじいちゃんの顔してただろ!?」
弟「もう解りましたから!!もう解りましたから!!」

俺「この一点の理由を以て、ゴールドシップは切り判断させて頂いた。俺の予想に基づいた切りだ。」
弟「でも・・・だからと言って切っちゃうまでしなくてもいいんじゃないの?」
俺「ラストランだからこそ、この馬に中途半端な印回してお茶濁したくねぇんだよ。一番人気候補だからって◎打たないで〇とか▲
  打ってヘタにカッコ付けようとする様な予想は、この馬のラストランに対する勝負としてはチキンだ。」
弟「本命か、切りか・・・」
俺「いいぞ、デシちゃんは本命だろ。思い切ったじゃないか、やるじゃないか。」
弟「でもここ2年3着だから、3着狙いの▲とかフツーじゃね?」
俺「引退レースで3着とかサムいことする馬じゃねぇだろ!!」

弟「・・・ゴールドシップに対し、どんな結果を求めてるんだ。」
俺「面白い結果に決まってるだろ、最後の最後まで笑いを取りにくるゴールドシップ師匠の降臨だ。それかここで有終の美を飾る
  かハッキリさせてもらおう。」
弟「ふふん、師匠にはゴールドシップ以上に勝ってほしい存在が居るから、そういう言い回しをするのだ。」
俺「ほほぅ、なかなかの嫌味を言ってくれるじゃないか。」
弟「ヒットくんが白帽、これで師匠が本命を打たないワケがないのです!!」
俺「ここで白帽を引き当てるとは小牧騎手、やりおるわ。ここはグランプリを制して頂きたいものだな。」
弟「ホラ!!」


俺「だが、ヒットくんは〇だ!!」
弟「ゑゑゑゑゑ!?!?」



俺「予想ではな。一番応援するのはもちろんヒットくんだ、単複抑えて全力応援だ。」
弟「だ、だったら本命にすれば・・・」
俺「馬券の軸にはできないという意味だ。ヒットくんを中心にした予想は組みにくい。」
弟「で、でも!!ヒットくんの大好物である白いお帽子が手に入ったんですよ!?白帽のヒットくんは別モノなんでしょう!?」
俺「確かにそうだ、それにこの内枠ゲットによって一番効果が出るのは、実は馬ではなく陣営と騎手。ここはかなり大きい部分に
  なるな、この枠だけで勝てるかもしれないという希望が生まれるから、ちゃんとした勝負をしてくれるハズだ。」
弟「ほら、やっぱりヒットくん大好きなんだからゴリ押ししちゃえばいいのですよ。」
俺「しかし内枠を取ったからと言って勝った気になるのは問題アリだ、俺はずっとヒットくんを応援してるヒットくんウォッチャーなん
  だぞ?こういう時だからこそ慎重にならねば。」
弟「どういうことです・・・?」

俺「忘れてはいけない、ヒットくんにとっての鬼門は
  中山の坂であるということを。」

弟「平坦巧者だったな・・・!!」


俺「有馬記念が府中だったらグリグリだったぞ、それだけヒットくんにとって急坂は強敵になる。阪神コースの宝塚記念で過去に
  好戦実績があると言っても、中山は別物と見るべきだ。」
弟「坂で加速できないのでしょうか、ヒットくんは。」
俺「平坦区間との伸びが全然違う。昨年の宝塚でも外に出して坂が終わってから伸びてるからな。まずヒットくんにとっての最大の
  敵は馬場、ここはクリアできそう。そして枠、コレはクリアした。最後の難所が坂、ここがクリアできるかどうかだ。展開もカギに
  なるけどね。」
弟「しかしそうなると師匠の本命って・・・菱田騎手のラストインパクトか?」
俺「負けて悔しいひしだきゅんをぺろぺろする準備は常に出来てる。」
弟「そんなことは聞いてませんけど、違うんですね・・・」

俺「前走はムーア騎手のファインプレーだ、中山で同じワザをひしだきゅんに望んでもな。」
弟「じゃあキタサンブラックか。」
俺「この枠でノリさんとかイヤな予感しかしない。」
弟「かなり想像と違った予想になっていそうだ。」

俺「キタサンブラックはレースの上手さを活かす鞍上の方がいいと思うんだよなぁ、ここでノリさんというトリックスターに手綱を
  委ねて外側発進、しかも隣にリアファルがいるだろ。一緒に行こうものなら潰されるぞ。北村騎手がケガしちゃったから乗り
  替りになったけど、北北コンビでこその菊花賞だったと思うんだよな。切りにくいのは確かだけどさ。」
弟「でも母上の単勝馬券はどうするんです?」


俺「サブチャンブラックなんて馬は居ねぇ。」
弟「買ってあげてよ!!」



俺「なんか俺の本命当てるゲームになってるんだけど。」
弟「ラブリーデイだ!!」
俺「この馬も中山2500mで狙いにくい、距離延長がプラスにならないだろ。ジャパンカップの前目好戦組ってステイヤー感が無い
  から並足揃えて止まっちゃって、後方組が前に出れずに唯一イイ位置突いたショウナンパンドラに持って行かれたって見栄え
  がしなくもないんだわ。」
弟「おおお・・・」
俺「軸は結構アッサリ決まった、あくまで連複系の軸であって勝てるかどうかは疑問だけど、こういう予想にしました。」


◎ゴールドアクター
〇ヒットザターゲット
〇リアファル
▲アルバート
▲キタサンブラック

三連複◎〇から 馬連◎から (あとヒットくん単複)



弟「ゴールドアクターか・・・!!」
俺「前走2着のメイショウカドマツと3着のレーヴミストラルが次走で凡走してるのが目くらましになっているけど、中山2500mって
  条件に向いた先行馬って感じが凄く強いのはこの馬だ。リアファルが行くであろう展開も合ってそう。」
弟「渋いトコを本命に据えてきましたね・・・」
俺「菊花賞で温存策に出てハナに立たず、あれだけつつかれて最終的に3着に盛り返したリアファルが、今度こそ積極策に出ると
  思うんだよ。もう距離に対して怖さはないし3歳で斤量のギャップもある。それでいて警戒もされる存在だから流れに緊張感が
  出るだろ、この馬は上がり勝負より消耗戦に持ち込みたいだろうから、ある程度流れると思うぞ。」
弟「要するに、ステイヤーがステイヤーの流れを作ると。」
俺「キメ手勝負ではまだゴールドアクターは頼り無い様に思える。でもこの馬は要するに長距離のモーリスだ、今年の成長株と
  しては遜色ない。スタミナに自信を持ってリアファルを捕まえに行く競馬をすれば、他馬の消耗度が高いレースが完成する。
  去年みたいな流れのレースはごめんだ。」
弟「リアファルは相当粘りそうですね・・・」
俺「この馬に対して向けていた目線は改めないと。神戸新聞杯の時計はホメられたものではないけど、菊花賞であの中で3着に
  なれるって相当タフだぞ。タフな先行馬が居るからこそのゴールドアクターなのだ。」
弟「タフなステイヤーと言えばゴールドシップなのですよ!!」


弟子予想
◎ゴールドシップ
〇リアファル
▲ヒットザターゲット
▲ラブリーデイ
▲アドマイヤデウス

三連単◎→〇→▲ ◎→▲→〇 馬単◎から



俺「お前もヒットくんを組み込んできたか・・・!!」
弟「ふふ、しかし残念ながら勝てないのです!!ゴールドシップが有終の美を飾るのだ!!」
俺「その瞬間が見たいのは間違いないけどねー。」
弟「あんな切り方しといてよく言うのです、逃げ粘るリアファルを猛追してゴール寸前で抜き去るかっこいいゴールドシップの姿が
  ボクには見えてしまうのだ!!」
俺「俺は俺の理屈を通すまでだ、ゴールドシップ専用の自信理論では沈む姿しか見えない!!できればヒットくんに勝って頂き
  たいものだが、同じゴールドの名を持つゴールドアクターが、同じスクリーンヒーローを父に持つモーリスを年度代表猥褻物
  のし上げるレースになると見たぞ!!」
弟「今年最後の中央競馬の大一番、いい勝負を期待しようじゃありませんか!!」
俺「そうだな、中山大障害の様な悲しい結末は見たくない。」
弟「しっかりと皆が帰ってきてくれてこそ、ですもんね。」
俺「皆さんもレースが始まる前に、応援する馬だけじゃなく全ての馬に願って、素晴らしいレースになることを望みましょうね。」
弟「大事なことです。ではご唱和下さい!!」



俺&弟子「皆無事に!!!!!」







※では、良い有馬記念を!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!


[ 2015/12/27 01:38 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(8)

ヒットくん◎じゃないのに驚きました

アポロマーベリックが後方を走っていたのを見て嫌な予感がしていたのですが…
ありがとう、安らかに眠ってください。

ゴールドシップさん、連闘お疲れ様です、明日も頑張って!
と言う気になれずに11,12Rを見ていたら、11Rこそ勝ちはしませんでしたが、芦毛好走祭。
この波に乗れたら嬉しいのです。

ゴールドシップが勝った時はパドックで睨みをきかせ、舌をベロベロしながら歩いてました。
今年のジャパンカップも最初そうでした。
途中から急にキョトンとした表情になりましたね。
2013年の春の天皇賞の時は悲しげな表情が印象的でした。
レッドカドーさんが楽しそうなのとは正反対。
明日はどちらに転ぶか?

小牧騎手が五郎丸ポーズで内枠を引き当てたので、
ヒットくんとアドマイヤデウスとアルバートの三連複を買います。
[ 2015/12/27 04:26 ] [ 編集 ]

今年も、ひしだきゅんをぺろぺろとか、サブチャンブラックなど、悪い見本的流行語(?)が沢山飛び出しましたね。年度代表卑猥物ってなんやねん!と一人突っ込みをしたりw今回も読んでいて面白かったです(^-^)

有馬記念はシップさんの単勝だけ買って観戦です(正直予想していても全く中る気がしないのでw)大好きな馬のラストランを目にしっかり焼き付けたいと思います。

追伸。

サブチャンブラックの単勝は買ってあげてやってくださいねw
[ 2015/12/27 08:31 ] [ 編集 ]

楽しいこと、辛いこと色々もらえるのが競馬です・・・(-人-)

ゴールドシップに内田騎手・・・

天皇賞春と宝塚記念で当時の給料1ヶ月分を

持って行かれた悪い記憶しかねぇ。。。

本人が走る気出せば枠とか関係ない馬やけど

悪い見本理論は妙に合ってると思う(^。^;)

お疲れさん馬券で単勝は買うかもやけど

予想上ではバッサリさせてもらいました

今日は休日なのにお母様への単勝馬券制作しないとね

正しい馬名バージョン、誤って覚えてるバージョンと

お母様が納得する奴作ってあげてください(≧∇≦)
[ 2015/12/27 10:14 ] [ 編集 ]

裏一面ですがカラー刷り

デイリースポーツでヒットくんが特集されていますよ!
[ 2015/12/27 13:51 ] [ 編集 ]

チル師の背中に漢を見た。そしてワシは時の涙を見る。
グッドラックだ師匠たま、それと弟子くん。
[ 2015/12/27 14:03 ] [ 編集 ]

2年連続。

個人的にはエビちゃんの2年連続大外枠がなんとも・・・
[ 2015/12/27 14:38 ] [ 編集 ]

いま中山でゴルシの引退式見てきました。
最後までゴルシらしい、愛すべきやんちゃ君でした。
どうでもいい話ですが、ティルさんたちにお伝えしたかったんです。
(涙)
[ 2015/12/27 17:46 ] [ 編集 ]

(ルパン三世とコラボということで)カリオストロの城より~

銭形『一足遅かったか。ミルコめ、まんまと盗みおって。』

師匠『いいえ、あの方は何も盗らなかったわ。私のために戦ってくださったの。』

銭形『いや、奴はとんでもないモノを盗んでいきました。あなたのお金です。』

師匠『…。』


師匠、秋の中央G1完全制覇おめでとうございます。万馬券を当てた代償がスゲェ(笑)
[ 2015/12/27 18:18 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1086-b4e6d310