スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有馬記念を終えて・・・

俺「ふぎゃあああああ!!」
弟子「ひぎゃあああああ!!」



有馬記念 結果
1着 ゴールドアクター → 俺◎
2着 サウンズオブアース
3着 キタサンブラック → 俺▲


俺「デムーロ、デムーロめぇぇぇ!!」
弟「ゴールドシップぅぅぅ!!」



ゴールドシップのラストランは8着でした、お疲れ様!!


俺「うう・・・有馬記念でこういうハズし方すると一年分の脱力感が・・・」
弟「ゴールドシップ、見せ場は作ってくれたです・・・」
俺「向こう正面から3コーナーにかけての進出にはドキドキさせられたねー・・・」
弟「このまま一気に・・・ってなるのかと思ったけれど、前が捕まえられませんでした・・・」
俺「本来であれば、あそこからもう一段階スパートを上げられたんだろうけど、そこが往年とは違う感じだったな。」
弟「残念です・・・」
俺「だけど終わった後の雰囲気がね、やっぱりゴールドシップらしかったっていうか。普通なら一番人気で負けたらヤジられるのが
  当たり前だけど、やっぱり応援していた人もこの馬のことをよく知ってるんだよね。こうなってもしょうがない、今まで本当に
  楽しませてくれてありがとうという優しい雰囲気でラストランを見送っていたのが印象的だったよ。」
弟「うん、ゴールドシップはそういう馬なのです。」
俺「引退式も、なんかジェンティルドンナオルフェーヴルとは違った感じだった。G1を6勝もしてるスーパーホースなのは間違い
  ないんだけど、愛され方がステイゴールドに近いっていうか。」
弟「引退式と言えば、なんですけど。」
俺「ん?」

弟「なんでサブちゃんはフルコーラスしたんでしょうか。」
俺「母上を喜ばす為でしょうね。」

弟「母上スゲェな。」
俺「キタサンブラックが勝ったらフルで歌うって言ってたから、その準備を使いたくなっちゃったんだろう。」
弟「・・・そういう理由かよ。」
俺「まぁ、ゴールドシップの引退式ってのはそういうのが許される面もあったワケだ。これがもしオルフェーヴルの引退式だったら
  って考えるとナシじゃねーか?互いに競馬史に名を残す馬には違いないけど、ゴールドシップの引退式を待つお客さんだから
  アリになるって考え方はできると思う。」
弟「ゴールドシップが持つ独特の親しみだね。」
俺「一言で言えばそれだね、そこはオルフェーヴルにも感じられた部分なんだけど、晩年の問題児っぷりで言えばオルフェーヴル
  よりも上だったもんなぁ。」
弟「あの、上手くいった時とそうでない時のギャップが、人には重ねやすい部分なんだろうね。」
俺「前にも言ったけど、シンボリルドルフ、メジロマックイーン、ディープインパクトといった馬達は強すぎて憎らしいって印象を
  持たれるんだよ。ゴールドシップにはそういう印象が皆無で、勝つ時も負ける時も派手だった。」
弟「そこはオルフェーヴルも近い部分あったよね。」
俺「ゴールドシップはオルフェーヴルよりも不完全だったんだ、その波が激しかったのよ。あと現役も一年長くて、そのラスト一年
  に悲願の春の天皇賞制覇三連覇がかかった宝塚での大出遅れ事件という、とんでもないレース見せちゃってくれたんだ
  からなぁ。」
弟「どちらも印象に深いです。」
俺「解らないから面白い、それがゴールドシップって馬だったんじゃないのかな。」
弟「引退式で穏やかな表情をしてましたね。大歓声を受けて今浪さんが流した涙には、見てるこっちの胸が熱くなったよ・・・」
俺「皆の印象に多かったのが、目が優しくなってたってこと。ひょっとしたらなんだけど、そういう闘志が和らいできてしまっていた
  のかもしれないよね、そういう表情に見えるってことは。」
弟「いや、多分この引退式でもうレースで走ることはないと悟ったのでしょう。自分の引退式だって解ってたんだよ。」
俺「そういう部分で何気に頭良さそうだもんなぁ、負ける時のズルさとか考えると。」
弟「・・・内田騎手が涙ながらに思い出語ってる時に、なんか、いなないてましたよね。」
俺「ノリさんの時もだよ。」
弟「言ってたことが解るのかな?相槌打ってたみたいだった。」


いじってもらえませんでした


俺「岩田騎手の言葉は解らないと言いたいのか。」
弟「・・・いななかなかったよね。」



俺「さすがゴールドシップ、こういう部分は持ってるよな。」
弟「・・・部分的にピックアップすると、やっぱりかっこいいと言うよりも面白いが先に立っちゃうのが、ゴールドシップの魅力なんで
  しょうけどね。何故か岩田騎手にだけは反応しない部分とか。」
俺「だからね、内心では滞りなく引退式が進むと、ちょっと物足りないなぁ~なんて思いながら見てたんだよ。」
弟「不謹慎な人だなぁ・・・」
俺「だってゴールドシップは面白くないと!!」
弟「でも最後の記念撮影で、やはりゴールドシップはやってくれちゃいましたね。」
俺「あれがゴールドシップらしさであり、愛らしさにもなるってコトなんじゃないの。」


弟「天皇賞のゲート入りばりに、人の輪に入るのを
  ゴネてましたよね・・・」

俺「もうその瞬間に『これでこそゴールドシップだ』
  って感じに沸いたでしょう。」



弟「なんだろうなぁ・・・オルフェーヴルやジェンティルドンナの引退の時は、本当にお疲れ様とかありがとうとか、もちろんこれから
  レースで見られなくなるのはちょっと寂しいなって思ったんですけど・・・ゴールドシップの場合はなんか、引退式が終わっても
  まだお疲れ様って言いたくないです。寂しさの方が強くて。」
俺「もっと見たかったな・・・予想で苦しめられても、信じては裏切られても、次出てきたらこうしてやる!!みたいな気持ちを持た
  せてくれる存在だっただけに、競馬を見る上でも予想する上でも楽しませてもらえただけに、凄い寂しいんだよな。」
弟「存在としても、血統の似たオルフェーヴルやドリームジャーニーとはまた違った雑草感があったから、物凄く応援したくなる馬
  だったんだよね。」
俺「やっぱりシャダイさんの息がかかってるワケじゃないってのは、見てる側としても大組織に立ち向かってる戦士の様な見え方
  になるからな。小林氏の勝負服だったからこそのゴールドシップでもあったハズだよ。」
弟「師匠は終盤で相当ゴールドシップに楽しませてもらってましたよね・・・」
俺「厩舎内の馬関係みたいな面を想像で膨らませてくれたのはゴールドシップだもの。」
弟「まぁ、ラストランはそのイメージ通りだったってことですね。チッ。」
俺「終わってみればのハナシでしょぉが、憎まれ口叩いたつもりは無いもん。」
弟「フンだ。応援してなかったクセに。」
俺「ベルラップが戻って来てたら本命だったんだけどな・・・」
弟「もうそれも言えなくなっちゃうねぇ・・・」

俺「本当にラストランだったんだな。改めてそう思い返すと本当に寂しいけど、よくここまで無事に走り抜けてくれたよ。言いたくない
  かもしれないけど言わなきゃダメだよ。お疲れ様、今まで楽しませてくれてありがとうって。」
弟「そうですね。ゴールドシップ、お疲れ様!!今度はゴールドシップの子供達に楽しませてもらうよ!!」
俺「ゴールドシップ産駒かぁ・・・」
弟「どんな子供達が生まれるんだろう、今からもう考えちゃうね。」


俺「障害レースで障害破壊しながら突き進む馬とか・・・」
弟「それもう馬じゃねぇから。」



俺「なんか普通の産駒が想像できない。」
弟「確かにそうですけど。」
俺「ゴールドシップに似た面白くて強い馬が出てくるといいけどな。ステイゴールドからゴールドシップ、オルフェーヴルへ繋がる
  問題児の系譜、なんかこう考えるともっとアクの強い問題児が出てきそうだな・・・」
弟「まだまだ先の話だけど、こういうのを想像することができるのが、競馬の楽しみですからね。これからのゴールドシップにまだ
  期待できるっていう。ゴールドシップ以上に凄い子が出てきてほしいなぁ。」
俺「そうだなぁ・・・」


弟「ところでゴールドアクターに本命打って、サウンズオブアース
  抜けで馬券ハズした気分はどうですか?」

俺「忘れてたのに!!!!!」



弟「キタサンブラックは何だかんだ言いながら印打って3着ですからね、これはなかなかダメージ大きいのでは。」
俺「リアファルがどうも故障してしまったらしく、結果的に最下位入線なんだよね・・・本来であればもっと粘って引っ張っていた
  ハズなんだけどなぁ。それでもコレ、つまり昨年の菊花賞の2,3着だろ?そこを考えると余計に悔しい予想だわ。」
弟「リアファルは残念でしたね・・・そしてヒットくんは白帽でも惨敗を喫してしまいました・・・」
俺「イヤな予感通りだ、今回は坂で力尽きてしまった。前が止まらない流れだったから差が縮まらずに嫌気が差しちゃった様な
  負け方だった。コレは小牧騎手を責められないよ、いい騎乗でした!!お疲れ様!!」
弟「来年も現役続行するのかな?だこーもそうだけどもう8歳になっちゃうんだよ。」
俺「判断が迫られるところではあるよねぇ・・・正直、最近のG1レースの流れには不向きなんだよね。皆大事に乗るからスローに
  なる。今回の頼みの綱はリアファルだったんだよな、この馬が速い流れを産んでくれることを期待したらヒットくんで中山と
  言ってもチャンスあるんじゃないかなーとは思ったんだけど。」
弟「得意条件が凄まじく限られる馬なんですね、ヒットくんって。」
俺「その得意条件が揃えば8歳でもまだまだイケる感じではあるんだけどね、こうなると最後のチャンスは春の天皇賞になるの
  かなぁ。距離は長いかもしれないけど、ここでパンパンの良馬場で内枠引けたら面白いかも。でもゴールドアクターは多分
  京都でハイラップ戦になっても強いんだろうな。」
弟「それだけ強く見えますか。」
俺「どんな相手でも同じ勝ち方できるだろ、必勝パターン持ってるんだ。前の馬は絶対にゴールで抜くっていうパターンで主導権
  は握らない。早めに先頭に立って抜け出す競馬を覚えさせるより、強力な先行馬を置いてそれを抜きながら後続を封じ込める
  ってパターンは、割とどんなレースでもハマりやすいと思うぞ。」
弟「スタミナもありそうだし、まだ若いからなー・・・それにしてもスクリーンヒーローはスゴイですね。」
俺「モーリスにゴールドアクターだもんなぁ・・・距離は問わず、直線での伸びがパワフルという共通点を持つ2頭のG1馬の父に
  登りつめたんだから、本当にスゴイとしか言い様がないね。」
弟「正にゴールドからゴールドへっていう有馬記念になったんですね。」
俺「吉田隼人騎手も念願のG1初勝利だ、積極的な騎乗が功を奏したね。これからも楽しみなコンビです、優勝おめでたう!!」


弟「・・・さて、これにより2015年の中央競馬は締めくくられたワケですけど。」
俺「ボロボロになりました。」
弟「ゴールドシップをはじめとした多くの馬が年末にターフを去っていきますが、新たな新星も誕生しました。若い馬が有馬記念の
  上位に多く入ったのは来年へ向けての楽しみが増えるということにもなりますよね。」
俺「時代を作った馬が居なくなるのは寂しいかもしれないけど、だからってこれからの競馬がつまらなくなるワケではないからね。
  ドゥラメンテだって復帰するし、何より来年のクラシックはかなり壮絶になりそうだし。」
弟「来年も楽しみですね。」
俺「ヒットくん、もう一花咲かせられないかなぁ・・・」


弟「では、有馬記念をハズした我々は、伝統の
  言葉を残して明日へ向かいましょう。」

俺「こういう場合のお約束ですからね・・・」






※↓伝統の言葉です



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2015/12/27 23:23 ] 結果 | TB(0) | CM(3)

私も本命はずっと応援し続けていたゴールドアクターでした!
師匠と一緒だったのですね。
応援していた子のビッグレースでの勝利、夢が叶った有馬記念でした。

集合写真、どんどん後ろに下がっていくシップw
あのまま遠くにいる小さいシップしか写真におさめられないかと思いました。
レースのことを振り返って、みんなゲラゲラ笑ってる、こんなにも面白い馬はいません。
温かい気持ちになる引退式でした。
ビッグレッドファームはオープンな牧場ですから、種牡馬入りしてもファンの方に可愛がってもらえるでしょうね。
[ 2015/12/28 01:50 ] [ 編集 ]

同じくです。

有馬記念はゴールがもっと手前なら的中していたんですけどねぇw

てことで、明日29日の東京大賞典でリベンジを目指します。

ところで今日の大井のメインとなる8Rにはハイパワーが出てきますね。放牧・調整の4か月の休養明けに加え主戦のフミオさんが年内騎乗停止なので、本気で狙うとしたら次走かもしれませんが応援はしたいと思っています。

しかしフミオさんが出ないとなると、自分にとっては今回の大井開催は少々物足りなくなってしまいますなぁ。
[ 2015/12/28 06:21 ] [ 編集 ]

初めまして。wintetsuと申します。

有馬は三連単はダメでしたが、馬単を取りました。
しかし今年は苦戦しました。

予想書くと当たらなくなるよという
お言葉通り。

リンク致しました。宜しくお願いします。

[ 2015/12/28 10:26 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1087-2b6eb62d











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。