スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

浦和ニューイヤーカップの予想

★2015年JRA賞が決定!!


俺「滿樂時!!滿樂時だよ!!
  (ヴ―――――――――)」

弟子「ふみゃあぅ!!!」



2015年の年度代表馬及び最優秀短距離馬に、滿樂時ことモーリスが決定いたしました!!
おめでたう滿樂時!!



俺「ああ、3歳の頃からイジり続けてきた滿樂時が、こんな名誉に輝くなんて・・・♥(ヴ―――――――――)」
弟「ちょっ師匠、いきなりそんな・・・あぅっ・・・」
俺「年度代表として選ばれたということは!!皆が滿樂時の良さに気付いたということだね!!(ヴ―――――――――)」
弟「やだぁ!!」

俺「デシちゃんもホラ、こんなに悦んじゃって・・・♥
  (ヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィ)」

弟「ちがうもん!!そんなんじゃないもん!!」


俺「うふふ♥良いでしょう、滿樂時は♥(ヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィ)」
弟「良くなっ・・・良くなんかないもん!!あうう、もうやだよぉ・・・!!」
俺「デシちゃんたら涙まで浮かべちゃって・・・そんなにウレシイんだ・・・♥(ヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィ)」
弟「お願いだから離して下さい、お願いだからぁ!!」
俺「一緒にお祝いしようね、デシちゃん♥(ヴィヴィ―――――――――)」
弟「ひゃうっ!!ダメだからぁ!!」
俺「ほら、キッキークイーンも最優秀3歳牝馬に選ばれてるよ!!2冠だもんね!!(ヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィ)」
弟「ミッキークイーンで・・・あぁうっ!!」

俺「キッキークイーンを滿樂時で良くしてあげ
  ようね・・・♥(ヴィヴィ―――――――――)」

弟「やだやだやだやだやだァ!!」


俺「こんなにピクピクしちゃって・・・キッキークイーンはカワイイね・・・♥(ヴ―――――――――)」
弟「キッキークイーンじゃないです!!もうやめて師匠!!」
俺「そう言えば、キッキークイーンをまさぐるとごりやくがあるんだよね・・・(ヴ―――――――――)」
弟「そっ、それは違いますから!!」
俺「だって昨日、自分でそう言ってたじゃないか・・・♥(ヴ―――――――――)」
弟「違いますからぁ!!」


俺「滿樂時でまさぐったら、ごりやくが溢れ出る
  かも♥(ヴィヴィヴィヴィヴィヴィ)」

弟「出ちゃうよぉ!!本当に出ちゃうよぉ!!」



俺「・・・皆様の前で本当に出ちゃうのは流石にマズイと見た(カチッ)」
弟「きゅうぅぅ・・・」
俺「デシちゃんはカワイイね♥ ドキドキしちゃいました♥」
弟「・・・バカァ!!」
俺「改めてモーリスが年度代表馬ってコトでね、レースの格で言えばドゥラメンテが皐月賞とダービーという高い栄誉のクラシック
  二冠を制したワケですが、それよりも年内無敗でG1レース3勝という大躍進が印象に強かったということでしょう。何せ今年の
  最初は1000万下の条件馬だったんだもんな。堀厩舎に転厩してからの覚醒っぷりは驚異的だよ。」
弟「いきなり普通に喋り始めるな、バカ!!」
俺「年度のスタートが条件馬だった古馬の年度代表馬選出って、俺の記憶にはないな。」
弟「ふぐぅぅ・・・モーリスの年度代表馬はおめでたいけど、こんな目に合わされるなら受賞してほしくなかったです!!」
俺「まぁまぁ。」
弟「何がまぁまぁですか!!出そうになっちゃったんですよ!?」
俺「出しちゃった方が良かったかな♥」

弟「はずかしいことをポンポン言いやがって・・・!!」
俺「祝ってあげてよ、モーリスの年度代表馬受賞。彼との付き合いは一昨年のシンザン記念からだ、もう2年になるんだな。」
弟「・・・あの時は結構小馬鹿にしながらも、師匠はそこからずっとモーリスを気にかけてましたからね。」
俺「我々にとっては大事な仲間と言っていいよ、ここに於ける重要な存在だろ。お前だってモーリスで万馬券取るとか、イヤラシくも
  快心の思い出だってあるじゃないか。」
弟「確かにモーリスはボクにとっても大事な馬です、でも未だに実感として沸かないなぁ。どうしてもこの馬がでるとフザけた流れに
  なっちゃってたからさぁ・・・本当に年度代表馬になったんだねぇ。」
俺「ね。スゴイよね。」
弟「お祝いはしますよ。でも、モーリスは断じてあんな卑猥なマシーンではありませんから。もう年度代表馬という偉大な地位に
  立った馬なのです、今後はああいう流れにはしないと約束して下さい。」



俺「断る。」
弟「祝わない。」




俺「年度代表馬になったからと言っても、俺の中でのモーリスは変わらない。それで急によそよそしく扱ってたまるか。」
弟「この人は・・・!!」
俺「そういう部分も含めてのモーリスなのだ。俺が愛するモーリスは年度代表馬になったモーリスではない、それ以前から知って
  いるモーリスなのだ。そこを否定するなんてヒドイよ、デシちゃん!!」
弟「そういう論破をしてくるか、くそぅ!!」
俺「お祝いしてあげてよ、お願いだから。」


弟「わかりましたよぉ!!おめでたうモーリス!!
  今年もすごいモーリスであって頂きたい!!」
俺「わぁい!!良かったねモーリス!!」



弟「・・・でも、もう卑猥なマシーンのお相手はしませんから。自分自身で演出して下さい。」
俺「演出だなんてイヤラシイ・・・」
弟「出すなら自分のにしてください。」
俺「出すとか出さないとか、このエッチスケベヘンタイは・・・」
弟「さっきまでの自分の行動を棚に上げやがって・・・!!」
俺「ともかく、JRA賞の各賞を受賞された皆様にも改めておめでたうございますと言いたいですね。ドゥラメンテとラブリーデイ
  悔しい個別賞になっちゃったかもしんないけど、皆が今年も良いレースを見せてくれることを期待してます。」
弟「そうですね、皆様おめでたうございます♥」
俺「それじゃ気を取り直して、今年のレースを楽しみましょうか。」



★今年の南関3歳は豊作? ニューイヤーカップ

俺「浦和では新年恒例の3歳重賞初戦、ニューイヤーカップが行われます。去年は東京ダービー馬となったラッキープリンスが、
  更に遡るとソルテが優勝したレースでもあるんだな。」
弟「それは実に縁起の良いレースですね。」
俺「ただ、そこからもっと遡るとここが最後の勝利だったり、古馬戦になってからはイマイチだったりという馬も少なくない。」
弟「おお・・・」
俺「結論から言っちゃうと、このレースは早熟傾向の強いレースって印象なんだよ。ソルテが例外過ぎる存在で。」
弟「当然ながらここに出られるということは、2歳である程度の実績を残してないといけないでしょ?そうなると早い時期から活躍が
  できた馬ってことになって、それを早熟とするのはどうかと。」
俺「中央でも似た立場にあるレースがあるだろ。ちょっと前までは京成杯やシンザン記念と言った年明け早々の3歳重賞って軽く
  見られがちだったんだよ。その前に行われるラジオNIKKEI杯や、後に行われる共同通信杯やきさらぎ賞の方がクラシックに
  結びつきやすく、レベルの高いレースとされているんだ。」
弟「言われてみれば、今でもそういう部分は確かにあるか・・・」
俺「中央上位に通用した南関馬と言えば近年ではフリオーソが筆頭、その下にクラーベセクレタハッピースプリントって感じに
  なるだろうけど、いずれも1月にレースは走っていない。一言で言っちゃえば一流馬にとって走る必要の無い時期と言えるから
  だろうね。クラシックを目標に据えたら休んでいい時期だ。」
弟「動き出すにはまだ早いということか。」
俺「それまでに賞金が欲しい立場、そう考えると現時点で抜けていない馬が集まる時期と見ていい。」
弟「なるほど。でもさぁ、そういう割にはさぁ・・・」


俺「どうしたこのメンバー。」
弟「無茶苦茶でしょう・・・」



俺「ここにポッドガイトロヴァオ入れたら羽田盃と言っていいんじゃないかと。」
弟「一応、立場では確かに賞金とか足りてない部分がある馬も居るでしょうけど・・・実力馬揃いと言っていいんですよね?」
俺「東京2歳優駿牝馬で実力見誤ったから断言しねぇ。」
弟「スアデラがミスミランダーに差されたのはボクも痛かった。」

俺「ありゃ石崎駿のたたりだ。その前に散々信じるだ信じないだと小馬鹿にしたツケだ。」
弟「とは言っても、その上位4頭が抜けていたとは言える着差だったと思います。ミスミランダーも元道営なんだよねぇ。」
俺「東京2歳優駿牝馬はレース経験の浅い馬も多かったけど、ここは既に互いに対戦経験持った馬が多いからなぁ。」
弟「そうだよなぁ、何しろその対戦での着差が大きい者同士ですからねぇ・・・」
俺「それこそ初浦和だろうが関係ナシになる可能性は大きい。」
弟「師匠。」
俺「なんだね。」
弟「敢えて聞かせて下さい。」
俺「いいだろう。」


弟「何頭立てですか!?」
俺「5頭立てだ!!!!!」



弟「おおお、地方戦で言い切った・・・」
俺「もうここはしょうがないだろう、恐らく上位人気もこの5頭だ。この中でどの馬がどういう勝ち方を見せてくれるかを考えるレース
  だと言っていい。」

モリデンルンバ
タービランス
フォクスホール
アンサンブルライフ
ラクテ


弟「この5頭になりますか・・・」
俺「パッと見ではアンサンブルライフが抜けているのではないか、とも思える。けどモリデンルンバとの差は転厩初戦の平和賞で
  僅かなものだったし、タービランスの前走は心房細動っぽい普通じゃない負け方だ。レベルの高い道営2歳でナンバーワンと
  呼び声の高かった逸材が南関で巻き返す可能性もある。」
弟「同じく元道営のジャーニーマンは不要と?」
俺「ここは結構微妙なトコだよねぇ、ただこの5頭の内の2頭は食い込む可能性思いっきり崩れる可能性が確かにあるんだが、
  他の3頭はまず崩れないんじゃないかと。そうなるとジャーニーマンが食い込めるかって言えなくなるんだよな。」
弟「その2頭って・・・?」
俺「タービランスとラクテ。」
弟「そうなりますか・・・そうなりますよねぇ・・・」
俺「ラクテの能力は買ってるんだけどなぁ。このメンバーなら通用してほしいところではあるんだけど全日本2歳優駿と同じ結果に
  なる可能性もある。まず枠だよな、浦和マイルで大外はキツイぞ。そしてアンサンブルライフのハナは決まった様なもの。」
弟「って言うより、贔屓目で見ないとラクテは狙えないのでは・・・って気もするんですけど。」
俺「同じローテでソルテがこのレース勝ってるんだから、寺田師にとっては自信のローテでしょ。そう考えると本当に枠が惜しい。
  まぁ、スタミナ争いになりそうな面々だから元よりキツそうには見えるのは確かだけどね。」
弟「タービランスは転厩初戦で前走が問題の残る結果でしたからねー。」
俺「って言っても、もしこの馬が小久保厩舎に来ていたら俺はこんなコト言ってないんだよ。水野厩舎は所属に強豪馬が居ないし
  こういう舞台にも慣れていない。ポッドガイと同じ陣営不安が大きいんだよ。」
弟「おお、そういう部分か・・・探り探りでの挑戦になるんだね。」
俺「やはりそういう面で小久保厩舎のアンサンブルライフ&左海騎手という組み合わせは負けちゃいけない。通常なら小久保厩舎
  の3頭出しは穴狙いと言えるけど、ここではそうも言えないね。昨年ラッキープリンス、一昨年ファイヤープリンスの流れで今回
  はワールドプリンスだとはならないだろ。」
弟「ワールドプリンス、結構コワさあるでしょうが・・・浦和ならばって感じがしますよ。」
俺「それはそうなんだけど、時計と着差考えるとなぁ。ただし小久保厩舎の2本目の矢という見方はできるから、この馬を狙うのなら
  アンサンブルライフを切ってみるとか考えてもいいかも。」
弟「それはちょっと大胆過ぎる発想では・・・」
俺「何にしろ、普通に考えてアンサンブルライフが浦和で久々だと言っても大きく崩れるのは想像しにくい。この強引な感じがする
  ローテも小久保厩舎のホームである浦和なら全日本取り逃したからこっちを取っておくかってコトだろう。」
弟「だよねぇ。」
俺「で、予想なんだけど、さっき崩れる可能性があると踏んだ2頭は敢えてバッサリ切らせてもらう。」
弟「そうなると・・・選ぶのはモリデンルンバ、フォクスホール、アンサンブルライフの3頭か。固く読んだなぁ。」
俺「その上で買い方はこうね。」


◎モリデンルンバ
◎フォクスホール
▲アンサンブルライフ

三連単◎1,2着→▲3着 三連複



弟「ここで敢えてアンサンブルライフの3着付けですか。」
俺「考えたのは三連単のボックスなんだけどさー、多分アンサンブルライフ頭の三連単はボックス買いした点数を三連複に入れ
  れば、そっちの方が払い戻し高くなるんじゃないのってオッズになりそうじゃん。」
弟「それはありそうだな・・・」
俺「逆にオッズが付きそうなのはアンサンブルライフ3着の場合。コレも充分有り得ると思うんだよ、モリデンルンバも転厩初戦で
  アンサンブルライフに詰め寄って、その次戦は好タイムで圧勝。フォクスホールもハイセイコー記念で馬が変わった様な粘り
  を見せて、やはりその次戦で圧勝。特にフォクスホールの変身は結構目を引く内容だし、浦和戦を狙いすましてた感じだ。」
弟「つまり、三連単ボックスだと6点になる買い目を2点だけにして、残り4点分を三連複に入れるってことか。」
俺「単純計算でそんな感じね。」


弟「妙味バカってことか。」
俺「妙味オイシイです!!」



弟「珍しくそういう計算をしてきたコトに怖さはあるが・・・」
俺「でも実際そうなると思うよ。正直三連単の3頭ボックスは、よく考えたら三連複1点でいいんじゃないかと思える結果になりがち
  だからね。俺も多分アンサンブルライフ頭でいいとは思うんだけど。」
弟「そこに異論はないです、ボクはアンサンブルライフ本命ですから。」
俺「素直なのね。」
弟「その代わり、師匠の言う5頭立ては甘いのではないかと。」
俺「おお。」
弟「いつぞやのノットオーソリティみたいにですね・・・」
俺「俺の恥をどれだけ覚えてるの、お前。」



弟子予想
◎アンサンブルライフ
〇モリデンルンバ
▲タービランス、フォクスホール
△ワールドプリンス、ジャーニーマン、ラクテ

三連単◎→〇→▲△(▲厚め)



弟「ボクは上位2頭はコレで固いと踏みました。モリデンルンバの逆転は確かに怖いけど思い切って決め込みます。」
俺「で、3着候補を手広くしたということね・・・」
弟「先述している馬が中心にはなるけど、ボクは上位2頭から下は結構混戦っていう予想です。ならば小久保厩舎の2番手となる
  ワールドプリンス、元道営でモリデンルンバに先着経験アリで前走は対中央戦だったジャーニーマンにも大きくチャンスがある
  と思いますよ。ラクテもこのラインなら入ってきそうだし。」
俺「その判断もアリなんだよなぁ・・・」
弟「師匠に何頭立てか聞いたのは、それ以外の部分を聞き出す為だったのです!!」
俺「なんだとぅ、デシちゃん!!」
弟「うふふ、フラグが立ったワールドプリンスに打ち砕かれる師匠を見たいものですね♥」
俺「なんて陰湿で姑息なマネをするのだ!!」
弟「なんとでも言うがいいのです、金杯の微妙な結果はボクが払拭してあげましょう!!」



俺「そんなデシちゃんには滿樂時で何かを吹き出さ
  せてやる!!(カチッ ヴィヴィヴィヴィヴィ)」

弟「だからやめろって言っ・・・みゃあああっ!!」






※↓続き(まさぐってからクリックするといいでしょう)



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/01/07 00:52 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(2)

ここのおかげでモーリスを年度代表馬に見れないっすわ(笑)


ニューイヤーは豪華な面子っすね。


『年末の悪夢再び』


◎タービランス
〇ジャーニーマン
△アンサンブルライフ
▲フォクスホール

タービランスはここで買ってこそ『妙味』あり!
前には厳しい展開になりそうなわけで年末の悪夢がよぎる!
[ 2016/01/07 13:19 ] [ 編集 ]

今年に入ってからは…

まだ片目も開きゃしねぇw

惜しいとかあと一歩と言っても、ハズレはハズレで負けですもんね。ん~?何か厄落としが必要かなぁ?

ここでお師匠さんに質問。
「A(のレース)を外しても、まだ俺達にはB(のレース)が有る!」
と言うのは、何時まで何処まで有効なんでしょうか?


そこに競馬が有るかぎり…と言うと格好がいいかもしれませんが、いやそれダメじゃん!ともツッコミが入りそうでもありますな。

まあ今週末、改めて挑戦はしますけどねw
[ 2016/01/07 17:13 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1093-934aabff











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。