TCK女王杯の予想

★新年初の週末をスッ飛ばす我々


俺「かったるいし忙しかったんだよ。」
弟子「かったるいって言わなくていいです。」



俺「成人式関係の仕事を毎年やっておりましてね。」
弟「今年は演出の方も仕切らせてもらうことになったんで、ボリュームのあるお仕事になっちゃいましたね。」
俺「下準備から色々あって疲れた。そのスケジュールの中に新年会もあって、週末はヘロヘロだったんよ。」
弟「死んだかと思ったでしょう。残念ながらコイツは生きてます。」
俺「何度か死にそうにはなったよ。」

弟「実際疲れましたけどね。」
俺「正月が短かったのも大きいよねぇ。三が日過ぎて4日が月曜だから、もうそこから仕事初めにしちゃったから。周りがそうだと
  それに合わせなきゃなんないからなぁ、もう2日休みがほしいところだった。」
弟「うん、冬休み取ったって感じがしないぞ。休みをくれ。」
俺「年明けって慌ただしいんだよな、結構。」
弟「そうだよ、成人式も結構ウチでは大きいお仕事なんだから。」
俺「まぁ今年も無事に終わったからホッとしています。大っぴらにドコの成人式とは言えないけどね。」
弟「あの実行委員の新成人の子達には、毎年感心させられちゃうよね。」
俺「そうだねぇ、ああいう役割を担って、尚且つ同じ新成人に楽しんでもらえる良い成人式にしたいって考えるのは毎年同じ。外で
  ハシャいでる子達もそれはそれで楽しいだろうけど、こういう達成感を得られるのは貴重だと思う。」
弟「それに向けて真っ直ぐでね。」


俺「今年もたべたくなった。」
弟「大っぴらにドコの成人式かは絶対言えないですね。」



俺「もういいって!!成人式のギャラはお金じゃなくて現物支給にしてくれって!!」
弟「んだよ、現物支給って・・・」
俺「俺に新成人たべさせてくれたらそれでいいって!!」
弟「役場の人にそんなコト言ってみろ、来年は無いぞ。」

俺「確実に問題発言だよな。ジョークですからね。」
弟「ニュースに出たいんですか。」
俺「たべたいけどガマンします。」
弟「ガマンできなかったら大問題になります。」

俺「幸い私には、未成年の青い果実が傍らにおりますのでね。」
弟「何言ってんですか、熟れ熟れですよボクは。」


俺「・・・小学生よりランドセル似合うクセしやがって。」
弟「ランドセルじゃなくてシャネルの5番が似合うんです。」
俺「言うことはババアみてぇだけど嗅いだコトすら無いだろ・・・」
弟「無いけど大体わかります。とてもいいニオイでしょうね、ボクの様なオトナのオンナに似合う。」
俺「オトナのオンナは口の周り大福の粉だらけで会議に出ねぇぞ。」
弟「そおいうコトをバラさないで下さい!!」

俺「それを新成人にツッコまれるという。」
弟「ボクを魅了したあの大福がいけないのだ、とてもおいしそうだったんだから!!」

俺「あんまりゴールドシップの文句言うと嫌われるぞ。」
弟「大福の意味をすり替えるな!!」

俺「ま、例年だったら年明けてからまずは昨年のBEST BOUTを振り返るパターンがお決まりだったんだけど、今年は少々出足が
  立て込んでいたので、こちらは後日に回させてもらおうと思います。昨年のレースは選考するのが大変なんだよぉ・・・」
弟「印象に残るレースいっぱいあったもんね。」
俺「とりあえずは通常運行に戻しましょう。」
弟「南関戦がありますから。」

俺「デシちゃんと共に『ユタカ初め』も済ませたことだし。」
弟「心底やめていただきたかった。」



※成人式が一通り終わり、新成人が会場を出るまで撤去作業待ちになるんだけど、その時に弟子がこそこそとスマホを
 いじってたんですよ。別に自由時間みたいなものだから怒りはしないんだけど、そこでコイツに「気になるレースでも?」
 って聞いたら「ユタカさんなのです♥」って言うじゃないですか。京都9Rのロイカバードっすよ。確勝級っすよ。
 単勝カブせてやったらコイツ泣きましたよ。
 

俺「勝ったねぇ、ユタカさん♥」
弟「師匠は負かすつもりで買ったんでしょう!?」
俺「バカを言ってはいけない。ロイカバードって言ったらアレだぞ、サトノダイヤモンドとの高額馬対決に敗れはしたものの、次の
  未勝利戦では順当過ぎる勝利を納めた馬じゃないか。京都でこのメンツだったらって誰でも思うだろ。」
弟「・・・いくら買ったんですか。」


俺「ひゃくえんだよ。」
弟「沈める気満々じゃねぇか。」



俺「よんじゅうえんふえたよ。」
弟「ふぐぅ・・・シャレにならないんだよ、師匠のそういう行動は!!これでもしロイカバードが負けていたら今頃師匠は新成人の
  皆様にハンバーグとして振舞われていた
のですよ!?」
俺「・・・それもアリだな。」
弟「アリにしないでいただきたい。」

俺「結果的には二人してユタカ初めができたんだからいいだろーが。」
弟「まあそうですけど・・・」
俺「あ。」
弟「・・・どうしました?」

俺「今年も俺の初馬券はユタカさんだ♥」
弟「いえ、アンタの初馬券は返還です。」


俺「ベルーフは当てたんじゃねぇし。お前は金杯でフルーキーの複勝当てちゃってるもんな、あーあ。」
弟「いえ、あのベルーフの返還馬券こそ師匠の初馬券なのです!!今回のは初馬券じゃない!!」
俺「今年初のアタリ馬券だよ。」
弟「ふぐっ・・・」


俺「やっぱ俺が買うとユタカさんは来るねぇ♥
  
誰かさんと違ってさぁ♥」
弟「いじわる言うなよぉ!!」



俺「むしろ俺がカブせてなかったらヤバかったんじゃないのカナー?デシちゃんとユタカさんは相性ヤバイから♪」
弟「そんなことないもん!!」
俺「対照的に月曜大井メインではハイパワーが撃沈していたけど・・・この馬ひょっとして夏馬なんじゃねーの?」
弟「かもしれないです、こんなタイムでボロ負けしちゃう馬じゃないと思うんだよなぁ・・・暖かくなった方がいいのかも。フミオさんと
  一緒なのでしょう。勝ってるの全部4~8月なんだもんなぁ。」
俺「だよなぁ、元より使いつつって感じが強い馬だから長期の間隔も明けてしばらくはいい印象がない。じっくり巻き返しできると
  期待した方がいいのかもね。」
弟「まだまだこれからです!!」
俺「さて、では我々もちょっと間隔頂いちゃったけど、それはどう出るかな。TCK女王杯です。」



★牝馬ダートグレードはもう銀行レースと言えなくなる?TCK女王杯

弟「ボクはこのレースが大嫌いです。」
俺「トラウマになっているんですね。」



※昨年のこのレースで弟子は勝ちグセを付ける為に戸崎騎手騎乗のトロワボヌールの複勝を購入。オッズは元返し同然。
 4着でした


弟「もうやんない。」
俺「ホワイトフーガ辺りなら言えそうじゃない?」
弟「いや、結構コワいと思いますよ。本命にはしてますけど勢力関係がこれまでとはガラっと変わったメンバーだし。」
俺「そうなんだよなぁ、いつもの顔ぶれとは言えなくなってるし、それぞれに怖さがある。」
弟「こういう牝馬のダートグレード戦で師匠は大勝負をするイメージが強いんだけど。固い馬券で。」
俺「今年はできないと考えていいだろうね、恐らく3頭立てって言い切れるレースは無くなるだろ。こういうカタチでニューフェイスが
  続々参入してきたら、そのニューフェイスに怖さを感じた時点で例えオッズが固くても予想は固くなくなる。」
弟「そう考えるのが懸命ですね。危ないですよ。」

俺「じゃあ今年競馬で勝てねぇじゃん。」
弟「その部分だけで勝ててる師匠の買い方が異常。」


俺「困っちゃうね、生命線なんだぞ。」
弟「常に普通に当てられれば、そんな大勝負もする必要なくなるでしょーが。」
俺「エラそうに言うなよ、それがどんだけ大変かはお前だって解ってるだろ?」
弟「まぁ確かに。」
俺「だから大勝負ができなくなる分、俺は餃子を作ることにしたのだ。」
弟「理由がおかしいと思います。」

俺「こうなってくると厄介なレースになるよなぁ、牝馬ダートグレード。元々高いオッズは期待できないし、だからと言って固い読み
  にも自信持てなくなる。」
弟「でもホワイトフーガはここまでのレース見たら新女王の貫禄を持って今年に挑むってことになるでしょうからね。斤量3kg増と
  言っても本命はやむを得ないでしょう。」
俺「まぁそうだよな。馬体も500kg超えてるし、この中ではまず無難に選べる馬だ。」
弟「他の部分ですよね、クイーン賞組は前走から軒並み斤量増してきてるし。」
俺「最内のノットオーソリティ、前走は結構かわいがってもらってた印象あるんだよなぁ。逃がしても大丈夫だって見られていたん
  だろうけど、今回は警戒対象になるだろ。」
弟「それでも良馬場なら頑張れると思います!!」
俺「大外のセキショウがどんなレースするかなんだよなぁ・・・この馬がケンカ売ってきたらペースがおかしなことに成りかねない。
  多分前には付けると思うんだけど・・・」
弟「セキショウのダート挑戦はどう見ます?」
俺「こういう面々でなら怖さはある。でもダートなめんなよの方向で見るよ、恐らく下に園田のトーコーヴィーナスが居るから砂で
  一変も・・・っていう考えなんじゃないか?そもそも夏馬の印象強いから寒い中で初ダートってのがなぁ。」
弟「でもセキショウがアッサリ勝ってしまうってことも考えられなくはないと。」
俺「実際ディアマイダーリンが初ダートの前走で勝っちゃってるからな、血統面ではやれても全然おかしくないし。」
弟「でも、どっちにしろホワイトフーガを基軸にした中央勢+ノットオーソリティって予想になってしまうんでしょうね。」
俺「そうだねぇ。」


◎パワースポット
◎ホワイトフーガ
▲タマノブリュネット
▲ボルテックスセドナ

三連単◎1,2着→▲3着 うまふく◎同士



弟「なんかいた・・・」
俺「なんかいるねえ♥」



弟「必ず1頭は爆弾みたいな馬をお選びになるんですね・・・」
俺「まずは本命サイド。もうここは決め打ちにも等しいんだけどクイーン賞みたいな安易な前残りにはならないと踏んで今度こそ
  パワースポット。早めにホワイトフーガが掃除しに行った場合に差しが届くことも考えます。ある意味セキショウ頼みの部分も
  大きいんだけど、ペースのレベルが上がって対応できるのはディアマイダーリンよりもこっちって判断な。」
弟「そして3歳のタマノブリュネットですか。」
俺「ここは戸崎騎手を確保できたの大きいと思うんだわ、多分セコく乗ってくるだろ。」
弟「拾いに来るってヤツですね。」
俺「要するに先行組はホワイトフーガをまともに相手することになる。ディアマイダーリンだって勝ちに来る競馬をすると思うんだ。
  でもクイーン賞と同じレースを望むとしっぺ返し食らうことになりそうだろ、そこでイイ仕事しそうなのは戸崎騎手だ。」
弟「前が崩れる予想なんだってのは解りました、でも・・・誰でしょうね、最後の子は。」
俺「ボルテックスセドナさんです。金沢から来たんだよ、ヨロシクね!!」
弟「ボルテックスセドナさん、知りませんね・・・まぁ成績見る限りでは金沢では安定していそうですけど・・・強いんですか?」

俺「あんまりつよくはないですね。」
弟「どうして選んだんですか!?」


俺「昨年半ばに中央未勝利で金沢に移籍してから、勝つ時はいい勝ち方するんだけど・・・って感じの馬ですね。」
弟「それも金沢で、ですよ・・・?」
俺「年明けの報知オールスターカップで金沢のグルームアイランドが勝利しただろう。あまりバカにはできないのだ。」
弟「そうは言ってもねぇ・・・」
俺「白山大賞典で推したマヤノクレドと同じ理屈だ、まだこの馬には中央時代の惰性が残っている。前々走の1900m戦で出して
  いる上がりなんかは結構見れる部分だと思うぞ。そりゃ道中のペースは全然違ってくるけど、この馬も恐らくは消極策を取る
  だろうから崩れるのを待つ格好になる。その場合のクオリティはタマノブリュネットと大差無かったりするかもよ。」
弟「要は中央未勝利だったワケでしょ、そう言えるものなんでしょうか?」
俺「金沢は都落ちからの再生に定評がある。ナムラダイキチやサミットストーンが重賞レースで中央相手に戦える様になっている
  のを見れば解るだろ?確かに全体レベルは低いかもしれないけど、こういう馬の再生能力に関しては高知と金沢って意外と
  センスあるんだよ。」
弟「ここでこういう予想をしてくるとはなぁ・・・」
俺「お前はトロワボヌールの複勝だっけ?」
弟「居ねぇしやんねぇって言ってるだろ。」

俺「おっかない。」
弟「師匠は前崩れの予想で、そのカギとしてセキショウを挙げ、尚且つダートなめんなよってことで切ってますけどね。」
俺「お?」
弟「確かに有り得ることでしょうけど、ボクはこの子は要警戒だと思うんです。鞍上が内田騎手で大外スタートで、果たしてそんな
  解りやすい無理をしますかね?」
俺「いい見方するねぇ。」
弟「冬場にいい成績を残せていないのも解りますし、芝で頭打ちな感じになってきてのダート挑戦と見るとそれこそ安易な感じも
  ありますけど、セキショウは内田騎手と相性がいい部分を考えると今回のダート転向は結構本気なんじゃないかなーって。」


弟子予想
◎ホワイトフーガ
〇ディアマイダーリン
〇セキショウ
▲ノットオーソリティ
▲パワースポット

三連単◎1着→〇2,3着→▲3着



弟「パワースポットも前走で久々のダート使って4着だったけど、続けて地方交流に持ってきたことを考えると手応え掴んだんじゃ
  ないかなって見方ができます。そしてセキショウが無茶しないと考えれば先行有利の流れは変わらずでしょう。」
俺「怖さは感じつつもホワイトフーガは1着固定か。」
弟「本来はポッと出の新参者に負けちゃいけない立場ですからねー、中央組が全部未対戦の馬とは言え、ここは貫禄を見せて
  くれることを願いますよ。」
俺「まぁ恐らくはそうなるんじゃないだろーかと思うよ、ところでさ。」
弟「はい?」


俺「・・・ここで戸崎騎手ハズしたのはフラグか何かですか?」
弟「多分アイツは4着です。」







※・・・フラグだそうです



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/01/13 00:28 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(5)

毎年の事ながら…

成人式のお仕事、お疲れ様でした。

しかしながら、若い果実を食べたがる欲求は年々増していませんかねぇ?心配だなぁw

TCK女王盃はホワイトフーガとタマノブリュネットを2頭軸にして中央の3頭とノットオーソリティに流そうかと。

[ 2016/01/13 12:14 ] [ 編集 ]

カッコつけて

1着固定にした男がいたんですよ~

なぁにぃぃぃ
やっちまったなぁ!

男は黙って!2着固定!
ホワイトフーガの2着固定!
[ 2016/01/13 14:06 ] [ 編集 ]

おめでとうございます。

いやぁ、お師匠さんお見事!
仕事をやり遂げた上でこの結果なら、今晩の酒は旨いのでは?あ、でも弟子ちゃんをなだめないとならんかな?w

ホワイトフーガの強さは本物になってきましたねぇ。大野騎手もまた男を上げさせてもらったんだから、これから更に頑張らないとね。

正直、最近の若手騎手で(強さや上手さを含めて)抜けた個性を持った子がなかなか出てきていないですからねぇ。JRAも本気で対策を考えないと、将来騎手不足とかになりかねないと心配になりますよ。調教師も昔みたいな職人タイプの人が減ったから、大手馬主に意見出来なくなってるしなぁ。
いや、そろぞれの言い分が有るのは勿論わかっているんだけど、パワーバランスの偏りがありすぎるんではないかな?と。目先だけでなく将来的全体的な事を考えないとマズいと考えます。


あ、自分タバコ銭くらいのプラスの結果に。控え目に、お師匠さんと一緒に的中できた喜びを味わいたいと思います。えっ?いやいや、同列だなんて思ってませんよ。三連単でバッチリ的中させたお師匠さんには敵いませんや。
[ 2016/01/13 18:44 ] [ 編集 ]

この結果を見ると今年も師匠は牝馬ダートグレードに
板チョコ級の札束を張っていくんだろうなあと思いました
[ 2016/01/13 22:32 ] [ 編集 ]

年始め 三単当てて あと下る

おめでとうございます♪
[ 2016/01/14 01:00 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1094-650fa86e