BEST BOUT 2015!!!!! PART1

★遅くなりましたが今年もやります

俺「例年は年明けてすぐにやってたんだけど、今年はここまで引っ張っちゃいました。」
弟子「昨年の競馬内容を考えたら、この企画はやっておかないとね。」
俺「そうなんだよなぁ、順位付けたくないくらいだった。」
弟「うん、解る解る。いいレースがたくさんありました。」
俺「一応説明しておくとですね、この企画では管理人の独断と偏見に、多少の世論を加味して昨年のレースの中からベスト10を
  選び発表いたします。」

弟「独断と偏見だけです。」
俺「だそうです。」


弟「だってそうでしょう、客観目線より個人的趣向の方が強いに決まってるんだから。」
俺「確かにそうだけどな。」
弟「あくまでコレは師匠のベスト10としておくべきでしょう、恐らくそういう内容なんでしょうし。」
俺「その方が気が楽かも。でもかなり難儀したんだぞ、今回のベスト10は。」
弟「世論的にはこのレースが良かった!!ってなる内容のレースだけど、師匠としてはそうかな?って物もあるでしょう?」
俺「そこはどうか解らんけども。」
弟「けども。」

俺「俺としては印象に強いけど、世間一般では『なんで!?』って
  なるだろーなってレースは・・・」

弟「それが独断と偏見っていうものなんですよ。」


俺「いや、だからそういうレースは除外しようかなーって。」
弟「しなくていいですって、だってそっちの方が師匠だってお話しやすいじゃん。」
俺「ええー、また組み直すのぉー!?」
弟「その方が見てる方々にも伝わるものが大きいと思いますよ。このブログらしさも出せるでしょう。」
俺「いいのかなぁ、それで。ある程度は解りやすい方がいいと思うんだけど。」
弟「本心を隠すのはよろしくない。」
俺「じゃあ組み直すかぁ、好きなレースを順位に組み込むだけだからすぐにできるけども。」
弟「そうして頂きましょう。」
俺「一応、昨年は名勝負揃いだったけど複数のレースを同一の馬が勝つことも多かったから、そういう部分はまとめちゃうね。
  その馬の勝利レースで一番インパクトがあったレースを代表的に扱うってカタチにするよ。」
弟「ふむ、いいんじゃないかな。」
俺「それで今回も予め言っておくと前後編で分けます。ベスト10~6が今日で、ベスト5を後日にやりますので。で、いつもはその
  ベスト10~6はざっくり順位挙げてまとめて振り返っていたけど、今回は一個ずつちゃんと振り返ろうと思います。」
弟「おおお、そこまでやりますか。」
俺「それだけ2015年は印象に残るレースが多かったってコトだよ。」
弟「ふむ、頑張っちゃうんだね。」
俺「では、ここからは発表とさせて頂きましょう。10位から挙げさせて頂きます。」



★10位 日本をお通夜に しーてしまえー!!香港の刺客エアロヴェロシティ、高松宮記念制覇

2015 best10


俺「小雨が降りしきる中京、ドバイで結果が出せなかった日本にトドメを刺すような勝利を飾った香港のエアロヴェロシティ。皮肉
  な結果に思えるかもしれないけど敢えてここでランクインさせました。」
弟「迫力のあるレースでしたねぇ、確かに。」
俺「勝ったエアロヴェロシティも強かったけど、ここの2着がハクサンムーンってのがいいんだよな。」
弟「ああああ、勝たせてあげたかったです、ハクサンムーン・・・」
俺「ハクサンムーンがいい勝負したレースにハズレって無いと思うんだよな。でもこのレースで燃え尽きちゃったのかもね・・・」
弟「ロードカナロアとの対決の数々を思い出すと、蘇ってほしいですよ。」
俺「まぁ、外国馬が勝ったレースってことになるとさ、エアロヴェロシティって思い入れを買うような馬じゃないからキャラとして弱い
  部分はあるよ。でもこのレースはスプリンターズSよりも壮絶なレースって印象が凄く強い。」
弟「ストレイトガールはこのレースでは不発だったんだよなー・・・馬場も悪くて不完全燃焼で。」
俺「でもスプリンターズはペースが遅くなっちゃったからなぁ。ストレイトガールには申し訳ないけど、スプリント戦らしい迫力では
  こっちの方が上だと思うんだよね。」
弟「なるほどぉ。」

俺「高松宮記念は馬券も取れたし。」
弟「そこ重視しただろ。」


俺「このランキングは独断と偏見で成り立っている模様です。」
弟「こういう部分が修正対象なのかよ・・・!!」



★9位 ゴールドからゴールドへ 新星ゴールドアクターが輝いた有馬記念
2015 best9


俺「ゴールドシップのラストランという点に注目が集まった有馬記念、そこを制したのが昨年モーリス同様に無敗を貫いた新たな
  星であるゴールドアクターだったわけだ。」
弟「一気に頂点に登り詰めましたねぇ。」
俺「アルゼンチン共和国杯で万馬券も取らせてくれたし。」
弟「おい、ひょっとしてそういう部分がメインじゃないだろうな。」

俺「またまたぁ♥ そんなことしたら怒られちゃうよ♥」
弟「怪しいのです。」
俺「いや実際に、今年の長距離路線の中心はこの馬になるだろうと思わせてくれる強さは、十分に感じられるだろ。」
弟「それは解るなぁ、勝ち方が真っ当な横綱相撲みたいで。」
俺「ひょっとしたら自分で逃げることになったらヤバイのかもしれないけど、逃げ馬を置いたレースでなら相当強いだろ。前に居る
  馬は絶対に抜くって走りを見せるし。」
弟「早めに抜け出してしまうパターンになると危ないってコトか。」
俺「今年の長距離G1戦線のキモになるのはそこだと思うけどね。キタサンブラックにとってはイヤな馬がのし上がって来たなって
  思えるだろうな。」
弟「このレースはさっき師匠が言った通りゴールドシップのラストランでしたよね。」
俺「見せ場を作ってくれただけで、ゴールドシップと内田騎手には感謝したい。らしくない終わり方じゃなくて良かったよ、引退式も
  ステキでした!!」
弟「当然あのレースは上位なんだろうなぁ。」
俺「もちろんそうなるよねー、ここではまだ出てきません。しかし・・・失礼を承知で先に言っちゃうと、ちょっと可哀想な馬が居ます
  よね。」
弟「可哀想な馬・・・?」
俺「今回、このランキング考えた上で凄く申し訳ないのがラブリーデイなんだよ。」
弟「ラブリーデイ。」


俺「ラブリーデイのG1勝利って、なんであんなに地味なんだろ・・・」
弟「言っちゃダメだってばあああ!!!!!」



俺「正直に言っちゃうぞ。お前が組み直せって言ったせいでラブリーデイのレースが全部除外されました。」
弟「ボクのせいみたいに言わないで下さい!!」
俺「でも宝塚記念はどっちかって言えばゴールドシップの大出遅れに持ってかれて、天皇賞はエイシンヒカリ不発の時点でその
  他のメンツが地味っていう・・・挙句にジャパンカップと有馬を他の馬に持ってかれちゃったからさぁ・・・」
弟「見え方が変わってきちゃった部分はあるねぇ・・・」

俺「予め謝っておくよ、ごめんラブリーデイ!!
  弟子があんなこと言わなければ・・・」

弟「ボクのせいじゃないもん!!」




★8位 砂の女帝をなめるな!!サンビスタが牡馬達を一蹴したチャンピオンズカップ

2015 best8


俺「ダートレースからのエントリーはこちら、サンビスタが牡馬を蹴散らす激走を見せたチャンピオンズカップです。」
弟「おおサンビスタ、素晴らしいラストランになりましたよね!!」
俺「波乱のレースってことで地味なエントリーと捉える方も居るだろうね、実際このレースはハズしておくかと思っていた除外対象
  レースです。」
弟「まぁ・・・そういう印象もあるけど、サンビスタがここに連なるのは嬉しくもあります。」
俺「このレースはねぇ、思い返した時に味が出てくるレースだと思うんだわ。その時はやられた~って気持ちが強かったけれど、
  後になって見直していいレースしたなぁ、サンビスタって心から思える。」
弟「すごいメンバーだったんだもんね。」
俺「錚々たる顔ぶれが揃った中で、牝馬であるサンビスタが見せた輝き。これはねぇ、それまでのダートレースを全部飲み込んだ
  と言っていいんじゃないかな。」
弟「飲み込んだと言うと?」
俺「ゴールドアクターの有馬もそうなんだよ、それまでの同路線のレースを飲んじゃったんだ。」
弟「ああ・・・」
俺「昨年の数々のダートグレード競走の集大成と言える舞台、そこを制したサンビスタ。その姿は本当にたくましく美しかった。
  それが他のダートグレードレースを全部飲んじゃった様に思えるねぇ。」
弟「着順が意味するものも大きいと思えるレースでしたね、2着は3歳のノンコノユメ、3着は東京大賞典を制したサウンドトゥルー
  世代交代の波の中を先頭で駆け抜けた女帝・・・」
俺「深いレースだったと思えるんだよねー、このレース。」
弟「例えばなんですけど、サンビスタの後に新女王となったホワイトフーガが今年も順調な滑り出しをしましたけど、彼女もまた
  牡馬を蹴散らす可能性は?」
俺「無いとは言えないだろうね、ホワイトフーガはまだ4歳なんだもん。この馬とノンコノユメが牽引するダート界になったら完全に
  改革だなぁ。」
弟「古豪がどうなるかも気になるところだし、新興勢力がまだ現れるかもしれない。地方からの新星にも期待したいね。」

俺「ダートグレードが難しくなるのは困る。」
弟「いや・・・そこはねぇ・・・」




★7位 血の繋がりが生んだ戦いは今年も!? エアメサイアvsリオンディーズの朝日杯

2015 best7


俺「あまりこのコーナーで2歳レースのエントリーってしたことないんだけど、去年の朝日杯は凄いと思いました。」
弟「忘れてた!!」
俺「何を?」

弟「デムーロ騎手をイタリアンハンバーグにしなければ!!」
俺「ずっと忘れてて下さい。」


弟「思い出したら悔しくなってきたぞ・・・よくも、よくもユタカさんの偉業を・・・!!」
俺「お前にとってはそういうレースなのか・・・」
弟「だって・・・エアスピネルが勝ったと思ったところに、あの陽気なイタリアンとリオンディーズいやっほーう♪って飛んできたん
  ですよ!?もう奥歯がガチガチ言いましたよ!!」
俺「いやぁ、ストーリー性のある名勝負だったと思うぞぉ。」
弟「そりゃそうですけどね。シーザリオとエアメサイアの子による代理戦争って構図は、抜群にロマンティックです。」
俺「その2頭が他を全く相手にしないレースをしたんだから、今年のクラシックが楽しみになるでしょ。」

弟「いや、デムーロ騎手がユタカさんをいじめたレースです。」
俺「勝負なんだから仕方ないじゃない!!」


弟「朝日杯め、なんでユタカさんに勝たせてくれないのだ!!」
俺「そういう部分もあってのレースだよ、その悲劇も含めてのエントリーだ。今年こそG1コンプリートを成さんとするユタカさんに
  襲いかかった怨敵の血、悔しいけれど凄い内容の濃いレースだっただろ。」

弟「濃いのは陽気なイタリアンの顔です。」
俺「あまりデムーロ騎手を恨むなよ・・・」




★6位 淀に響く『祭』の凱歌、キタサンブラック菊花賞制覇

2015 best6


俺「おめでたいという点ではピカイチかもしれないね、サブちゃんの所有馬キタサンブラックが菊花賞を制しました!!」
弟「あの瞬間は本当に、予想とは無関係におめでたうと言いたくなりました!!」
俺「スプリングSで万馬券をくれたキタサンブラックです!!」
弟「あのレースはノーカンだと何度も言ってるでしょう。」

俺「この馬も不思議な馬だよなぁ、通算成績8戦5勝で3着が2回という、ほぼパーフェクトな成績を挙げているにも関わらず、これ
  まで一番人気になったことが一度もないっていう。」
弟「そうなの!?」
俺「セントライト記念なんか思い出してみろよ、大波乱だったんだぞ。」
弟「そう言えばそうだな・・・」
俺「あのレースは確かにばっちり太め感丸出しだったけども。」
弟「皐月賞での着差と、ダービーでの惨敗が大きかったのかな。そもそもあんまり評価されてなかったってのもあるね。」
俺「何度も言ってるけど、強いじゃなくて上手いって勝ち方の印象が強いと思うんだ。能力面で抜けてるって感じは無いんだよね、
  血統も地味で距離の守備範囲が疑いやすかったし、シャダイさんの馬に比べてアイドル性も低かった。」
弟「それでもこうして菊花賞馬になったんだし、有馬記念でも3着と頑張ったんだから大したものですよね!!」
俺「本当にそう思う。菊花賞が終わった後の祝祭感は凄かったもんね。」
弟「サブちゃんも歌いましたし!!」
俺「それでも母上の中では未だにサブチャンブラックなんだが。」
弟「もう修正しようとしても無駄なんじゃないですかね・・・」

俺「覚えてほしいんですけど。」
弟「無理だと思います・・・」
俺「ここから先は古馬としてのレースになるんだよね、ゴールドアクターという年上の強敵が長距離界に誕生した中で、この馬が
  これからどういうレースをするか気になるところだなぁ。」
弟「さっき有馬記念のトコでゴールドアクターはキタサンブラックにとってイヤな馬になりそうって言ってたね。」
俺「前に行ったら的にされるだろ、有馬記念と全く同じパターンにされたら出し抜きにくいよ。自在性が今後どういう走りの形を
  作るのかって部分はかなり重要になってくると思うね。」
弟「ゴールドシップがターフを去った中でのスター候補の1頭だからねー、古馬になっても頑張ってほしいな。」
俺「また祭が聞けるといいな。」


弟「そういやサブちゃんは、なんで有馬記念でも
  歌ったのか未だに不思議なんですが。」

俺「そっとしときましょうか、そこは。」



弟「さて、6位まで伺いましたけど、やはりトップ5は日を改めてと。」
俺「そうですね、明日は船橋記念の予想をしたいのでその後にしましょう。」
弟「やっぱり。まぁ残ってる馬たちとレース考えたら大体解っちゃうのが毎度ツライな。」
俺「大体解っちゃうか。」
弟「うん。」


俺「じゃあやめるか!!!!!」
弟「ごめんなさい、怒らないで下さい!!」



俺「えー、大体解っちゃってるトップ5はまた後日です。」
弟「ふてくさらないでよぉぉぉ・・・」
俺「その前に大体解っちゃわないのも、今回と同じ形式でやっちゃおうと思います。」
弟「わかっちゃわない・・・?」


俺「PART2は番外編です。」
弟「ああ、本編ね。」






※・・・本編って言うなや



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/01/19 00:54 ] BEST BOUT!! | TB(0) | CM(0)

立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1095-439d776c