京成杯と日経新春杯の予想

俺「妙味クソ喰らえって言わなくても荒れるじゃねーか。」
弟子「それをボクに文句言われても困る。」



愛知杯 結果
1着 バウンスシャッセ
2着 リーサルウェポン → 弟子◎
3着 アースライズ → 俺&弟子〇


俺「お前の読みは悪くなかったんだけどなぁ。」
弟「バウンスシャッセが抜けてしまいました、くそぅ・・・」
俺「怖さはあった馬だけど、恐らく馬体重見てたらもっと簡単に切っちゃってただろうね。」
弟「+22kgですって。」
俺「元々牝馬の中では馬格のあった馬だけど、今回の540kgという馬体重はグレード制導入後の牝馬重賞勝利体重としては最大
  ということになるらしいぞ。」
弟「すげぇ・・・」


俺「魔乳と言っていい。」
弟「おっぱいにしないで下さい。」



俺「2着のリーサルウェポンと100kg以上の体重差だからな。」
弟「そっちが普通ってコトでしょ。」
俺「流れの速さが予想外なことになってたんだねぇ、オツウが先手取ってかなり飛ばしたんだな。内に入れず流れに巻き込まれた
  シュンドルボンには痛い展開だよ。」
弟「見られる格好になっちゃったからねー、上位は後方待機組だし。」
俺「先行組は総崩れで、そんな中でじっくりガマンしていた後方の2頭が馬群をまとめて交わしたんだな。こういう展開になるとは
  思ってなかったねぇ。」
弟「ううう、バウンスシャッセ・・・ボクはよく買っていたんですけどねぇ、この馬。ここで狙いから消してしまうとは・・・」
俺「魔乳に弄ばれる貧乳って見方でいいのかな?」
弟「おっぱいは関係ありませんから!!」

俺「魔乳バウンスシャッセが貧乳デシちゃんの馬連をブチ壊しました。」
弟「くそぅ、そういう繋ぎ方をわざわざしなくてもいいんですよ!!」


俺「藤沢オカズ厩舎所属。」
弟「思いつきで喋るなよ!!」



俺「・・・こういうハズし方からも、お前が年明けても絶不調だって解るよね。」
弟「ふぐっ・・・しかし!!この日曜でこそ復活させてもらいます、あの馬と共にね!!」
俺「どの馬かは常連さんには既にお解り頂けていると思いますが、まずは京成杯からの予想ね。」


★2強に次ぐ存在をここから見出すのは難しいって感じの京成杯

弟「残念な副題を付けないで下さい。」
俺「だってそういう感じのレースだろ、ちょっと地味なメンバーだと思うぞ。」
弟「確かにそうですけど・・・」
俺「現時点でクラシックに向けての注目株は朝日杯のリオンディーズエアスピネル、ホープフルSのハートレーロードクエスト
  あとは高額取引馬のサトノダイヤモンドロイカバード、この辺りが派手だよな。」
弟「うん、華やかだ。」
俺「それに続く格好の立場でスマートオーディンプロディガルサン、シンザン記念では不覚を取ったもののアストラエンブレム
  なんて面々。」
弟「うんうん、そう見れますね。あとは別路線に行きそうだけどシュウジが居て、他にはイモータルが果たして巻き返せるのか。」

俺「そして最強の未勝利馬マテラアリオン。」
弟「土曜にようやく未勝利脱出しましたね・・・」

俺「今回の京成杯はそういった面々とある程度勝負付けが済んじゃってる様に感じられるからさー。」
弟「だから別路線から上がってきた馬が人気になってるんじゃないですかね?」
俺「ウムブルフメートルダールだろ。対戦してないのは間違いないけども。」
弟「そこを疑うのなら、例え差が付いていても朝日杯組とか、そういう考えになりますよね。」

俺「いや、どこもかしこもアテにできねぇ。」
弟「一番アテにならない人にそう言われても。」


俺「なんだかドコ見りゃいいのかよく解らないレースだってことは間違いない。」
弟「人気は割れそうですよねぇ・・・」
俺「多分この中で現時点の力関係比べみたいなフロー組んだらマイネルラフレシアが筆頭になるだろうな。」
弟「ここまでの対戦実績を比較したらそうなるかもね。」
俺「メートルダールが葉牡丹賞でハナ差だったヒプノティストはマイネルラフレシアとユウチェンジに明確な差を付けられているし、
  ウムブルフを破っているクィーンズベストラブリーアモンのその後の成績を見たら、あまりアテにできないし。」
弟「ふむ・・・」
俺「朝日杯経験組はいいレースを経験した上積みはありそうなんだけど、結局あのレースもエアスピネルが抜け出した時の先行
  集団が諦め加減になった中でリオンディーズとシュウジ以外の上位勢は拾えたって感じも強いだけになぁ。」
弟「悩ましいレースですよね、実際。」
俺「そういう部分で、レースでの経験値が高そうな馬に期待してもいいのかなと思いましてね。」


◎ケルフロイデ
◎ダイチラディウス
▲マイネルラフレシア
▲ブレイブスマッシュ
▲ナムラシングン

三連複◎2頭から 馬連ワイド◎同士



弟「随分な予想をしたものですね・・・」
俺「ケルフロイデはなんとなく解ってもらえるとは思うけど。」
弟「この馬は対戦相手がいいですからね、前走も突き抜けた感じではないものの好メンバーの京都2歳Sだし。」
俺「レース内容自体は悪くないし、血統的には中山が合いそうなイメージもある。切れる脚はないけどジワジワとしぶとい脚を使え
  れば前走より相手関係も楽なんじゃないかって気がするんだよな。」
弟「で、さっきの口ぶりから内2頭は切るんじゃないかなぁとは思ってましたけど・・・それに代わってダイチラディウスですか?」
俺「真っ先に目が行ったね。」
弟「行かないでしょうが。」
俺「まずこの馬の未勝利戦での対戦相手が侮れない。それこそ先述のラブリーアモンや、このレースにも出ているけど京王杯2歳
  Sで2着のアドマイヤモラール辺りと差のない競馬はできている。」
弟「でもそれじゃダメじゃん、要するにそういった面々に負けているんでしょ。」
俺「そこからだよ、脱出した未勝利戦で負かしたキングオブアームズは多分その2頭よりも好素材だ。その次のレースではかなり
  迫力のある勝ちっぷりを見せた。そこで3着だったエンジニアもその次走を勝利している。」
弟「でも未勝利突破後のひいらぎ賞で大きく負けちゃってますよ。」
俺「しょうがねぇよ、1000m通過が5秒も違うレースなんだから。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!!」

俺「脱出した未勝利戦は府中で超スロー、惨敗したひいらぎ賞は中山のハイペースだった。前走でハイペース戦を経験して今回は
  スローが予想される距離延長戦。追走は前走に比べてかなり楽になるハズだ。」
弟「そういう経験値を考えてきましたか・・・」
俺「ひいらぎ賞組は先日のジュニアCでも好走しているからな、結構いいレベルのレースだったと思える。ダイチラディウスの合う
  庭は多分マイルではなく中距離だと踏めば、2000mになって前走経験が生きるのではと考えるよ。」
弟「予想するのが難しいレースではありますが・・・ウムブルフの前走は強い様に感じられるんだよなぁ。」


弟子予想
◎ウムブルフ
〇アドマイヤモラール
〇ユウチェンジ
▲ケルフロイデ
▲マイネルラフレシア

三連複◎〇から 馬連◎から



弟「ウムブルフから朝日杯組を本線にします、ベリー騎手が先週ベルーフで除外になった鬱憤を晴らすのでは。」
俺「あ。」
弟「どうしました?」


俺「ウムベルーフ。」
弟「思いつきで喋るなと言っただろ!?」



俺「除外か?」
弟「勘弁してくれ・・・!!」
俺「まぁ正直、このレースはノリが2歳重賞みたいな部分があって予想がピンと来ない部分大きいわなー。」
弟「何が来てもおかしくないって感じはしますね。」
俺「どちらかと言えば、俺らにとって本編は京都になるかな。」
弟「フス。」
俺「・・・」



★それでは日経新春・・・


弟「だこおおおおおおおおおお♥」
俺「落ち着けや!!!!!」



弟「だこっ!!」
俺「・・・想像通りでしょうけど、やはりダコールが出てくるとこうなるワケです。」
弟「初だこーだ♥」
俺「昨年同様このレースから始動ってことになるのな。」
弟「でも正直心配だよ、だこー・・・もう8歳になるんだね。」
俺「ヒットくんももう8歳だ。この2頭は本当に頑張るよね、応援のし甲斐があるのは間違いない。」
弟「8歳のだこーがこの中でトップハンデの58kgを背負わなければならないのは、ちょっと可哀想です。」
俺「うん、ハンデ見込まれちゃったなぁ。」
弟「そろそろ衰えもあるでしょうし・・・」
俺「弱気になってはいけないな、ダコールは全く衰えてなどいないのだ。」
弟「そうなんですか!?解るんですか!?」
俺「当たり前だ、コレを見ろ!!」


ダコールのしわざ


俺「健在過ぎるだろ!!」
弟「だこおおおおおおおおお!!」



俺「衰え知らずにも程があるだろ、この馬・・・」
弟「ひっく・・・なんで、なんでだこーが走ると雨が降っちゃうんですか!?だこーは雨がキライなのに!!」
俺「良かったな、デシちゃん!!ダコールは元気だぞ!!」
弟「ボクだってねぇ、金曜日にこの天気予報見てるんですよ!!知ってるんです!!なんで・・・なんでだよう、だこお!!」
俺「だがイイ知らせだ、どうやらこの雨は日曜の夜から降り出すらしい。レースには影響しないかもしれないぞ。」
弟「だこっ!?」
俺「そうなる様に願いなさい。」
弟「だこ!!」
俺「まぁダコールが居るんだから降っちゃうだろうけど。」
弟「だこおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

俺「しかしダコールには酷な斤量だよね、本当に。ちょっと意地悪にも思えるよ。」
弟「そうです、辛いよぉ・・・」
俺「しかも相手もフレッシュな面々が揃ったからな、昨年初めてG1に挑戦したけども、その経験がここで生きるかどうか。」
弟「きっと追い込んできてくれる。小牧騎手を確保できたのは大きいハズです!!」
俺「お前はここでなら本命にしてくるだろうな、しかし・・・ふふ、果たしてこの馬の勢いを止められるかな?」


◎グランシュヴァリエ


弟「うん、言うと思ってました。」
俺「サラっとそう言われると恥ずかしいです。」



弟「シュヴァルグランです、グランシュヴァリエさんは引退されたでしょう。」
俺「知ってるからもう言わないで・・・」
弟「確かにねぇ、この馬は若いし勢いもあるし斤量も恵まれてますからねぇ・・・天皇賞を見据えるレベルかもしれない。」
俺「本格化と見ていい。早いうちに賞金加算したい場面だろうし、ここは連対を落とせないレースだろ。」
弟「本命候補筆頭ですよねぇ、普通に見ても。」
俺「ここはもう、この馬の相手選びって考えていいんじゃないかなぁ。」


◎シュヴァルグラン
〇シャドウダンサー
〇ダコール
▲ダービーフィズ

三連単◎1着→〇2,3着→▲3着 馬単◎から



弟「!!!?!?!?」
俺「ダコールはいいぞ。」



弟「え・・・え!?」
俺「本命じゃないからいいだろ。俺の対抗は結構イイ線いきますよ。」
弟「だこーが〇なんですか!?」
俺「雨が降らなければな。実際のところな、ダコールに関しては昨年が一番良かった様に思える。天皇賞の14着だって着差は
  言う程無いし、コース取りも悪かった上に2コーナーの不利も大きかった。新潟記念は馬体が思いっきり増えてた状態で雨が
  降って稍重、これはノーカウントだ。」
弟「おお・・・」
俺「昨年と言うより、一昨年の末にアンドロメダSで久々に勝利した後からイイんだよね。そこにお前が言うとおり小牧騎手だ、
  このコンビは可能性が十分にあると思う。ヒットくんから取るなよ、マジで。」
弟「奪っておしまいなさい、だこー!!」
俺「そしてだ・・・コレは俺が言う分にはいいよな?」
弟「え・・・?」

俺「ダコールは2着や3着がスキなんだ。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!」


俺「渡し舟みたいな言い方になってしまったけど、あくまで勝つのはシュヴァルグランと見る。コレでダコールに勝たれたら俺も
  叫んじゃうかもね、だこーって。」
弟「師匠、なんてマネをしてくれるのですか!!コレではだこーが勝っちゃうかもしれないじゃないか!!」
俺「ハッ、勝てるものなら勝ってみろだ!!」
弟「しかし、それにしたって本命は解るとしても、相手が骨っぽ過ぎる気がしますけど・・・」
俺「良馬場想定だと、どうもレーヴミストラルベルーフはキレ不足な感じがしてねぇ。斤量も乗せられたしどうなのかなって。あと
  プロモントーリオは長期明け初戦で走り過ぎたのが引っかかる。それなら鉄砲が効くホワイトマズル産駒のシャドウダンサー
  の意外性に賭けてみたい。人気馬だとことごとくスッ飛ばす藤岡騎手も、ここなら開き直れるだろ。」
弟「ダービーフィズもG1ではありますが昨年の暮れは惨敗続きですよ。」
俺「相手関係が楽になるだけで大分違うんじゃないか、この馬。レースの格を下げるだけで走っちゃう印象あるんだけど。」
弟「なるほど、こういう予想をしてきましたか・・・」
俺「あとはダコールが雨を呼び込まないことを願うだけだ。」
弟「てるてる坊主作ろっと!!」



弟子予想
◎ダコール
〇シュヴァルグラン
▲レーヴミストラル
▲プロモントーリオ
▲サトノノブレス

三連複◎〇から ワイド◎から ◎単複



俺「うん、やっぱり単を抑えなきゃな。」
弟「もう引退まで抑えます、新潟大賞典の時みたいな思いはしたくないのだ!!」
俺「・・・やっぱアレ、相当応えてるのね。」
弟「つらかったんだよぉ・・・」
俺「ダコールが単勝をプレゼントしてくれるといいな。あと現役をどれだけ続けるか解らないけど、もう一花咲かせられることを
  期待しようね。」
弟「だこぉ!!」


俺「でも複勝抑えちゃう辺りがセコいよな。」
弟「だこぉ!!!!!」






※雨よ降るなよ!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/01/17 02:08 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(4)

師匠と弟子ちゃんが京成杯の本命に挙げた3頭の馬名意味は、それぞれ…

ケルフロイデ = 歓喜の源
ダイチラディウス = 大地の光線
ウムブルフ = 大変革、大改革、地殻変動

これらを無理やり合わせると…
「大地の光線」が、世に「大変革」や「地殻変動」を巻き起こし、それが歓喜の源になる。

これは、師匠が盛大にフラグを回収して読者が大歓喜、
もしくは、師匠がこれまで以上の万馬券を的中するフラグだったりするかもしれませんね。


あと、日経新春杯のほうは二人の本命を合わせると、
「偉大な馬(シュヴァルグラン)ダコール」馬券になりますね。
[ 2016/01/17 05:43 ] [ 編集 ]

魔乳、藤沢オカズ厩舎(≧∇≦)

新しい言葉が次から次ぎによく出てくるもんです

でも、胸はたま~に挟まれたり埋まりたい気分の時があるけど

基本、前か後ろか判るだけで十分!

京成杯は今後の為に見るレースですよねぇ(^。^;)

さっぱり判らん・・・

出馬表見たときに、とある理由から

マイネルラフレシアとケルフロイデは目に留まったので

全体を見ながらこの2頭がどんなレースするか見てみたいです

日経新春杯は弟子ちゃんお約束でしたね

でもいつもより不安が大きいのかパワー不足

というか落ち着いてました

こっちのレースはグランシュヴァリエはまだ疑いたい気分

切るまでは至らないけど軸には置きたくない感じ

このメンバーならデムーロ騎手に注目して見ておきます
[ 2016/01/17 08:27 ] [ 編集 ]

いやぁあんなペースでは◎シュンドルボン〇ハピネスダンサーには厳しかったですよ。

と、自分にも言い聞かせてます(照)

京成杯は堀さんで良さそう。

妙味くそくらえ!デス(照)
◎ウムブルフ
〇ケルフロイデ


だこ~怖えぇ

ずっと天気良かったのにマジで降るのか?

ハンデは強いと見られたからでしょうけどG2勝ち馬と一緒は見込まれましたね~

◎ダービーフィズ

浜ちゃん連勝期待√
[ 2016/01/17 14:32 ] [ 編集 ]

今年の初場所は何頭立てでしょうか?ちなみに僕は白鵬の1頭立てではないかと考えています。
[ 2016/01/17 22:19 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1098-7327395b