だこー愛

俺「レース終了直後はねぇ、相当ショックだったみたいだけど。」
弟子「ショックと言いますか、なんと言いますか・・・」
俺「その様子はツイッター見てる方ならお解りでしょうけど。」
弟「ふぐっ・・・思い出したら・・・」
俺「素直に健闘を喜ぼうよ、ね。」



日経新春杯 結果
1着 レーヴミストラル → 弟子▲
2着 シュヴァルグラン → 俺◎弟子〇
3着 サトノノブレス → 弟子▲

4着 ダコール → 弟子◎



弟「惜しかったよぉだこおおおおお!!!」
俺「また泣いた・・・」


弟「ふぐっふぐっ・・・だこぉ、だこぉぉぉ!!」
俺「意外な展開の中で、本当によく頑張ったねぇ。」
弟「だこーがんばりました!!」
俺「スローで誰も先頭に行かない中、まさかの先頭でのレースになっちゃったな。」
弟「びっくりしました・・・」
俺「あの展開になった時点で、ダコールに対する希望はほぼ消えたと思ったよ。」
弟「馬体重もプラス22kgでしたからね。」
俺「おまけにトップハンデの58kgを背負っていたんだからねぇ。」
弟「それでも、プレッシャーかけられずに逃げられたからひょっとしたら・・・ってドキドキしながら見てたんですよ。」
俺「お前、メイショウウズシオが向こう流しで仕掛けていった時、何て言ってたか覚えてる?」

弟「バカァ!!来るなバカァ!!って・・・」
俺「覚えてましたか。」


弟「だって・・・気持ちよくそのまま逃げられればと思っていたところに、メイショウウズシオがつっかかって来たので・・・」
俺「あそこで慌てなかったのはファインプレーだと思う。連れて一緒に後ろを離す格好になったら、あそこまで粘ることはできな
  かったハズだよ。」
弟「だこーはベテランだから慌てないのだ、小牧騎手もよくガマンさせてくれました。」
俺「結果的にはそういう見方ができるけど、正直あのメイショウウズシオの早仕掛けはダコール応援サイドとしては邪魔臭かった
  よねぇ。」
弟「ボクが何て言ったかよりも、その時の師匠の発言の方がヒドかったと思うんですが。」
俺「俺は騎手や馬に向かってバカとか言わないのだよ。」


弟「『アキヤマはロクなことしねぇな・・・!!』って。」
俺「思わず出ちゃったんですよ。」



弟「師匠もだこー応援してたもんね。」
俺「最終的には馬券関係なく応援しちゃったよ、シュヴァルグランが人気背負って安全策取った中で、瞬発力一本に賭けた最内
  レーヴミストラルの一気の末脚が炸裂したじゃん?ああいう切れ味を古馬との勝負で出せる馬と思っていなかったから意外
  だったけど、それよりもダコールばっかり見ちゃったね。」
弟「後ろの馬に来て欲しくなかったよぉ・・・」
俺「本来はダコールがああいうレースをするとばかり思ってたからねー。」
弟「最後の直線は・・・ひっく・・・」
俺「泣くなよぉ、頑張ったじゃないか。」


弟「ユタカさんとルメール騎手が悪者に見えて・・・」
俺「レース後に『ユタカさんなんか大嫌いです』って言ってたな。」



弟「交わされちゃったよぉ、だこー・・・」
俺「一応、予想ではどちらも買ってる馬になるのにね。」
弟「シュヴァルグランとサトノノブレスに『来ないでぇ!!』と願って
  しまいました。」

俺「馬券的には相当悔しい結果になっちゃったね。」

弟「でも・・・本当に頑張った。応援できて良かったです。」
俺「そうだね。こういう形での健闘は予想外だったけど、俺も本当に驚いたよ。」
弟「やっぱりだこーは応援し続ける甲斐があるのです!!」
俺「2ヶ月半の間隔で明け8歳、馬体重プラス22kg、トップハンデ、そしてまさかの逃げ・・・レース内容としてはハイレベルとは言い
  難いものかもしれないけれど、これだけ難しい条件が重なっての好戦だもんなぁ。今年もう一花は充分有り得るかも。」
弟「師匠のヒットくんもそうですけど、ボクはだこーをスキになれて良かったなって思います。」
俺「こうやって長い間、見守りたくなる存在が居るってのは幸せだと思うよ。」
弟「そうですね、こうやって頑張ってくれるからまた応援したくなる。」
俺「次はどこだろうね、例年だと小倉大賞典だけどローカル狙いだとまたハンデ乗せられちゃいそうだな・・・」


弟「阪神大賞典から天皇賞ですね。」
俺「随分強気なことをおっしゃる・・・」



弟「長いかな?」
俺「G1レースを目標にするとなると宝塚記念だろうけど、ヒットくんとカブりそうでヤダな。」
弟「もう小牧騎手あげない、小牧騎手はだこーの主戦にしますので。」
俺「お互い応援してるの8歳馬なんだからさー、無粋な争いはヤメにしましょうよ。」
弟「むうう。」
俺「ではここで、今日の日経新春杯を振り返りましょう。」
弟「振り返りって・・・もう既に振り返りましたよ?」



~日経新春杯を観戦する弟子を振り返る~

馬体重を見た時
「だこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!
 だこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」


スタート前
「だこぉ!!」

スタート直後、ダコールが先頭を伺う素振り
「だこぉ!?」

ダコール、先頭に立つ
「だこぉ!!だこぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

淡々と逃げるダコール
「だこー・・・だこー・・・だこー・・・だこー・・・」

1000m通過 1分2秒と発表
「だこっ!!だこぉぉぉ!!」

メイショウウズシオが仕掛ける
「バカァ!!来るなバカァ!!」

最後の直線、ダコールがなかなかの手応えでメイショウウズシオに迫る
「だこお!?」

レーヴミストラルが一気に先頭に立つも、ダコールもメイショウウズシオを交わし2番手に
「だこおおおお!?」

しかしサトノノブレスに差され、更に後方から来たシュヴァルグランにも差されてしまい4着入線
「だこおおおおおお・・・・・
 だこぉぉぉぉぉぉ・・・・・」


着順を見て、3着がユタカさんだと理解
「ユタカさんなんか大嫌いです!!」


~以上~



俺「こんな感じでした。」
弟「細かく伝えなくていいです!!恥ずかしいから!!」



俺「これだけ気持ち入れて応援できるというのはイイことだと思います。今日は悔しさも嬉しさも、どっちもダコールから貰えたん
  だろ?単純にそれって、このレースを凄く楽しめたってことだよ。」
弟「うん、3着に来てくれていれば馬券になったって部分での悔しさも、4着に頑張ってくれたことに対する嬉しさも、両方あった。
  ハズれちゃったけど新潟大賞典みたいな気持ちにならなくて良かったかも。」
俺「今度は悔しさの無い想いができると、もっといいけどな。」
弟「次も応援します、もう一花に向けて頑張って!!だこー!!」
俺「じゃあ今日はこの画像でお別れ致しましょう。」




犯人はキャプテン




弟「だごおおおおおおおお!!!
  だぁごぉぉぉおおおおお!!!
  (バキッバキッ バキバキバキ)」

俺「パソコン壊しちゃダメェ!!」






※よく頑張りました!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/01/17 23:58 ] 結果 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/01/18 04:36 ] [ 編集 ]

だこーにはびびった(笑)

馬体重+22kgとか逃げるとか(笑)

よくよく見ると、だこーは馬体重の変動が激しいすね。
ベスト体重がどこなんだろて感じ(笑)

58kgを背負ってかなり頑張ったかな?とも思うけどウズシオに着いてけば2着はあったんじゃないかなぁとも思ったり。
ウズシオでも残り100mぐらいまで踏ん張っていたし。

とにかく次も『期待』出来る走りでしたね。

小倉大賞典…買わせて頂きます!(照)
[ 2016/01/18 21:01 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1099-2e2ba37f