スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BEST BOUT 2015!!!!! PART2

俺「うーん・・・」
弟子「コレはねぇ・・・」


船橋記念 結果
1着 イセノラヴィソン → 俺切った 弟子◎
2着 アルゴリズム → 俺&弟子〇
3着 ワールドエンド → 俺▲弟子〇

弟子 三連複&うまふくHIT 三連複配当1630円 うまふく配当1790円

俺◎弟子▲ ルックスザットキル = 鼻出血を発症し大差の最下位


俺「仕方のない出来事ではあるんだけど、よりによってこの馬がなぁ・・・」
弟「当たったけど、予想を当てた気がまるでしませんよ。素直に喜べないなあ、ルックスザットキルの方が心配です・・・」
俺「肺が関係してたらちょっと長引くし後に響いちゃうかもしれない。最近の南関スプリンターは受難に見舞われるなぁ。」
弟「馬にとっての鼻出血は、人間でいう吐血なのかもしれないんですよね・・・」
俺「あまり笑えないものなんだよね、鼻血って言い方すると軽く見られちゃうけど。レース見直しても確かに出負けはしているけど
  4角過ぎての失速は異常だ。こういう負け方をしちゃう馬なんだって思われている部分も確かにあるんだけど、いくらなんでも
  おかしい着差だなって思ったら・・・」
弟「勝ったのはイセノラヴィソンだったけど・・・勝ちタイムで考えたら、船橋記念が1000mになってから最低のタイムだったって
  いう内容ですからね。ルックスザットキルが負けるかもしれないという予想はしましたが、トラブルが原因なのはイヤですね。」
俺「まぁ、ここは喜んどけ。お前にとっては久々のアタリらしいアタリだろ。」
弟「でもスッキリしないよぉ。」
俺「例えここでルックスがぶっちぎっていたとしても、お前は当たっていただろう。俺はイセノラヴィソン切っちゃってる時点でアウト
  だけど。」
弟「オッズは上がったけど、あんまり嬉しくないなぁ・・・この内容なら強いルックスザットキルが見れていた方が嬉しかった。」
俺「次に戻ってくる時は強い姿であってほしいな、それを願ってやってくれよ。今回は仕方ない、当てたのにへこんでたらハズれて
  いる連中に石投げられるぞ。」
弟「うん、元気になってまたトップスプリンターを目指してほしいです。」
俺「ちょっと後味の悪いレースになっちゃったけど、命に関わる問題ではなかっただけでも良しとしよう。ルックスザットキルには
  しっかり休んでもらって、ちゃんと治してまた戻ってきてもらおうよ。お大事にね!!」
弟「中央と戦える存在になる可能性を持った馬ですからね、早く良くなります様に!!」


★BEST BOUT 番外編

俺「さて、気を取り直して先日の続き。PART2です。」
弟「BEST5じゃないんですよね。」
俺「ええ、番外編です。」

弟「番外編って言うより場外乱闘ですよね。」
俺「すごい表現をしてくれたものだな。」


弟「おそらくここで取り上げられるレースはそういうレースなのだ。」
俺「個人的に印象に残ったレースなのは間違いないぞ。」
弟「印象の残し方が違うレースなんでしょ、ベスト10とは。」
俺「だから番外編なんじゃないか。」


弟「珍プレー好プレーの珍プレーでしょ。」
俺「すごぉい。わかりやすぅい。」



弟「・・・」
俺「あのな、今のお前の表現サイコーですよ。実にイイことを言った。」
弟「合ってるってことじゃねーか・・・」
俺「珍プレー好プレーだろ、珍プレーが先に来ているワケですよ。これはどういうことかと言うと、珍プレーの方が好プレーよりも
  求められているということなんです。」
弟「いや、そういう屁理屈はいいですから。」
俺「あの番組でも珍プレーが本編でしょう。」
弟「確かにボクもこないだ本編って言いましたけどね。」

俺「要するに本来はこっちが望まれる企画、BEST5の後にやってもいいくらいだ。」
弟「そりゃ言い過ぎです、締まらないでしょーが。」

俺「そうだな、だからあの番組でも楽しい珍プレーをたくさん見て
  頂いた後にダイジェストで好プレーを流すのだ。」

弟「そんなに珍プレー好プレーが気に入ったか。」


俺「みのさんが選手名しか言わない好プレーシーンで番組が締まるのだ!!」
弟「もう解りましたから!!自分で言っておいてナンですけどちょっと古いし!!」

俺「さぁ始まるよ!!これが本編だよ!!」
弟「開き直らなくていいから!!」




★番外編その1 G1三連覇の偉業がかかった舞台で・・・勝者ラブリーデイを食ったゴールドシップの大出遅れ

2015 bad1


俺「やはりこのレースはハズせませんね!!」
弟「思い出したくねぇよ・・・!!」



俺「去年の宝塚記念はどんなレースだった?って聞けば、ほぼ誰もがラブリーデイが勝ったレースではなくゴールドシップがヤラ
  かしたレース
と答えるのではないでしょうか。」
弟「そうなってしまうからラブリーデイがかわいそうなんだ・・・」
俺「この時って夏場の仕事中でさー、リアルタイムで見れなかったんだよな。」
弟「そうだね、ここ最近は宝塚記念がリアルタイムで見れてないんだよね。」
俺「結果知るためにツイッター見たら阿鼻叫喚だもん。」
弟「当然そうなるでしょうね・・・」

俺「もう何が起きたのかと思いましたよ。悲鳴だらけで。」
弟「ノリさん、引退式でゴールドシップとの思い出で真っ先にこのレース選んでましたね。」
俺「何十億の馬券を紙クズにしたって言ってたけど、あのレース終わった後のこのコンビの飄々とした佇まいがスゲー好きでさ。
  『お前さぁ・・・』って言ってる様なノリさんと『何か?』って言ってる様なゴールドシップ。」
弟「なんというか、買ってる側も乗ってる側も仕方ないで済ませてしまうのがゴールドシップですよね・・・」
俺「面白い馬だったよねぇ、改めてこうやって紹介してて、もう見れないのが寂しくなる。」
弟「そうだねぇ、もっと見たかった。」
俺「出遅れの原因がトーホウジャッカルにちょっかい出そうとしてってのがまた・・・」
弟「その理由もまたゴールドシップらしさになっちゃうんだよねー。」

俺「せめてベルラップが戻ってくるまで・・・」
弟「その理論スキだよねぇ。」




★番外編その2 小久保厩舎&今野騎手、初の栄冠・・・あ、2着が・・・ 東京ダービー

2015 bad2


俺「小久保厩舎ワンツー!!」
弟「そこじゃねぇだろ!!」



俺「えー・・・この時ばかりはもう、なんというか、あーあって感じだったね。フミオさん、9度目の東京ダービー2着です。」
弟「フミオさん・・・よりによって勝ったのが同じ小久保厩舎のラッキープリンスというのがね・・・」
俺「今野騎手は先に抜け出してたから、まさか2番手にフミオさんとパーティメーカーが来てると思ってなかったみたいだな。」
弟「この光景を小久保先生はどんな顔して見てたのだろーか。」
俺「『フミオさんにダービーを勝たせる』の結果がコレだ。」
弟「ドSなんでしょうか・・・」

俺「このレースもゴール後の今野騎手の申し訳なさそうな姿が印象的だったよねー。」
弟「そうなっちゃうよね、今野騎手もベテランですけどフミオさんは帝王なんですから。」
俺「ゴールの瞬間は結構ド派手にガッツポーズして、初の栄冠の喜びをあらわにしてたんだけどな・・・」
弟「ゴール後にフミオさんと並走しながらなんか喋ってましたよね。なんかピースしてた様な・・・」
俺「『に、2着なんですか?2着に来てたんですか・・・?』って
  言ってたんじゃないかな・・・」

弟「流石に『イエーイ』じゃないですよね・・・」

俺「このレースは小久保先生のお母様が5月に亡くなった直後のレース、小久保軍団としては最大の手向けになった。そこに
  関しては素直におめでとうと言いたい。でもフミオさんを同厩で破っちゃうのは皮肉な結果だったよなぁ。」
弟「お母さんはラッキープリンスのことを気にかけていたみたいだよ、その部分の後押しがフミオさんの執念を上回っちゃった
  のかもしれないね。」
俺「フミオさん自身はこのレースの後にダービーのことを人生の宿題と称していた。このダービーも怪我をおしての騎乗だった
  んだよね、去年のこの2着は結構応えたみたいだけどまだまだ頑張ってほしいな。」
弟「ちょっと今は体調崩して船橋開催で騎乗していないみたいだけど、フミオさんの騎乗からは元気がもらえるので、ダービーを
  勝つまで頑張って頂きたいです!!」
俺「このダービーの後、内田騎手がフミオさんに何て言ったか知ってる?」
弟「内田騎手が何か?」


俺「『まだ辞めるなってことだよ』だって。」
弟「その通りです!!」




★番外編その3 世界を股にかける伝統芸を見よ、彼の名はフリントシャー師匠

2015 bad3


俺「スゲェよ、フリントシャー師匠は。」
弟「師匠に師匠と呼ばれるフリントシャー師匠。」
俺「ある意味現在、日本で一番有名な現役海外馬になったと言えるんじゃないだろーか。」
弟「日本馬が出るレースや、昨年は参戦しなかったけど凱旋門賞でも常連ですもんね。」


俺「その、圧倒的2着力。」
弟「2年連続で凱旋門賞2着だからね・・・」



俺「凱旋門だけじゃないっつーの、フリントシャー師匠は昨年7戦して2着5回という輝かしい成績を納めているのだぞ。」
弟「勝ってくれよ・・・」
俺「しかも世界各国の競馬場でだ。昨年の7戦は全部違う競馬場というのが一番凄い。」
弟「どんな競馬場でも力を出せるというのは確かに凄いですよね。」
俺「中でもやはり、凱旋門賞2着からの香港ヴァーズ2着という流れは素晴らしかったな・・・ため息が出る伝統美だったぜ・・・」
弟「トレヴの三連覇が拒まれる中、2着に食らいついたフリンシャー師匠には確かにテンション上がりましたけど。」


俺「香港ヴァーズの『連覇すると思った?残念、
  伝統芸でしたぁ♥』っていうあの感じ。」

弟「腕がありますよね、フリントシャー師匠。」



俺「わかってらっしゃる。今年は是非とも日本でその伝統美を!!」
弟「去年来日する予定もあったんだよねぇ。ジャパンカップで。」
俺「馬単2着付け総流しさせて下さい、フリントシャー師匠!!」
弟「勝ったら『こんなのフリントシャー師匠じゃない!!』って怒るん
  だろうな・・・」




★番外編その4 門別なんて二度とやんねぇ

2015 bad4


俺「このレースでそう誓った。」
弟「これはひどい。」



俺「・・・北海優駿です。」
弟「・・・知ってます。」
俺「このレースは見てもらうのが一番ですから動画貼っておきます・・・」





俺「ちなみに当のオヤコダカは元気です。なんかブクブク太ってますけど。」
弟「オヤコダカは南関に来たりしないのでしょうか?」
俺「来て欲しいけど、どうかなー。兵庫GTに登録があったところを見ると動けてもおかしくなさそうだけど、門別在厩で続ける感じ
  だから、このままホッカイドウ競馬開催を待つかもしんないね。」
弟「オヤコダカがちゃんと走るところを見たいよ。」

俺「門別で俺が本命にしたら、どうせまた同じことやるんだろ。」
弟「オヤコダカ購入禁止です。」


俺「さて、番外編は次でラストです。BEST5はまた後日ね。」
弟「ふう、珍プレーが終わる。」
俺「最後に紹介するレースもなかなか衝撃的でしたからねー・・・色んな意味で。」
弟「色んな意味で衝撃的なレース・・・なんだろう、ちょっと楽しみだ。」
俺「こちらのレースも動画でご覧頂きましょう。では本日はこの辺で。」
弟「え?そのレースについておしゃべりするんじゃないの?」
俺「多分おしゃべりできなくなると思うのでね・・・」
弟「?」





★番外編その5





弟「だごおおおおおお!!!
  だぁごおおおおおお!!!」




俺「ではダコール初重賞制覇の単勝を買ってなかったデシちゃん、おやすみなさい。」



弟「だああごおおおおおお!!!
  だああごおおおおおお!!!」






※BEST5は多分週明けになります



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/01/21 01:26 ] BEST BOUT!! | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/01/21 21:40 ] [ 編集 ]

反省。

昨日の2発目のコメントはちょっと配慮が足りませんでした。申し訳ないです。

弟子ちゃんとお師匠さんなら、ルックスザットキルの心配の方にまず気が向くはずなのにねぇ?

とはいえ、気持ちを切替えた上でしっかりダコールのネタで弟子ちゃんをイジっているのは、さすがお師匠さんです。


週末土曜日の天気が心配ですが、色々と影響が出ない事を願いたいです。


[ 2016/01/21 22:56 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1101-9cf97bd3











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。