スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シルクロードSと根岸Sの予想

★我らがケツァルテナンゴくんが白富士Sを制しました!!!!!


テナンゴくん


弟子「かっこよかったよ、テナンゴくん!!」
テナンゴくん「えへへへへへ♥」



弟「すごいすごい!!稍重馬場であんな追い込みを見せてくれるとは!!」
テ「がんばりました。」
弟「オープン戦なんだよ、他の馬も強かったのに本当によく頑張りました。」
テ「ありがとうございます。」
弟「土曜の府中芝コースでの上がり3Fで見れば、全レース通して最速の33.8秒だもの。稍重だったけどもうキレ不足とか言わせ
  られないね!!」
テ「ぼくだけが4さいで、まわりはとてもつよそうなハギノハイブリッドさんやファントムライトさんで、とてもきんちょうしましたけど、
  しっかりとかつことができてほんとうによかったです。」
弟「ひょっとしたら次は重賞レースになるかもね、ハギノハイブリッドもファントムライトも重賞でいい成績を残してる馬だよ。いき
  なり次で重賞を勝てちゃうかも。」
テ「うかれてもいられません。やっぱりりょうばばでちゃんとかてないと。」
弟「やっぱり真面目だね・・・」
テ「でも、オープンでかてたことで、あんしんはしています。」
弟「そうだね、準オープンを抜け出してオープンも勝てたんだから足場は固まった。これからはもっと強い相手と走ることになる
  だろうけど、今日の相手で勝てたことは自信持っていいと思うよ。稍重でも。」
テ「はい、もっとつよいかたがたとレースするのを、たのしみにできればいいなとおもいます。」
弟「うん、前向きでよろしい!!」
テ「でも、きもちとしては、ちょっとざんねんでしたね。」
弟「そうだね、アイツは残念なヤツなのだ。」


比べてる
※自分の乳首とコロロのブルーベリー味の感触を比べる管理人


テ「かんりにんさんは、ぼくのおうえんよりも
  いやらしいことをゆうせんしたんですね・・・」

弟「最低だね、この管理人は。」



テ「なんかいまも、へんなことしてますし。」
弟「見ちゃダメだよ、テナンゴくん。うつるよ。」
俺「・・・ふう、ヤレヤレ。君たちは大きな勘違いをしている様ですね。」
弟「何が勘違いだ、一昨日はボクが『金曜夜はテナンゴくん応援回にしよう』って言ったのに、スッ飛ばしていやらしいことをして
  いたクセに。」
テ「そうです、ぼくはおうえんしてくれたほうがうれしかったです。」
弟「ねー、もっと言ってやってよテナンゴくん。」
俺「俺がテナンゴくんのコトを忘れていやらしいことをするワケがないだろう。」
弟「なんだと?」
俺「テナンゴくんは人類の風習にまだ詳しくないからしょうがないけど、お前の言いがかりは無知であるとしか言えませんね。」
弟「何を言ってるのでしょうね、この汁女は。昨晩は応援もせずにいやらしいことをしていたクセに。」
テ「ケンカしないでください。」
俺「いいかい、テナンゴくん。俺は昨晩から君の勝利を本気で望んでいたんだ。だからこそ応援のお話ができなかったんだよ。」
弟「屁理屈なのです、どんな言い訳してもいやらしいことをしていた事実は変わりません。」

俺「いやらしいことではない、『みそぎ』だ。」
弟「お前は神事すらもバカにするつもりか!?」




テナ1



テ「おお、みそぎとはいったい。」
弟「騙されちゃダメだよ、テナンゴくん!!」



俺「君のコトを全力で応援する為、身のけがれを落とし祈祷していたのだ。」
弟「けがれのカタマリが何言ってんですか・・・」
俺「テナンゴくんが勝ってくれて、みそぎをして本当に良かったと思いました。」
弟「みそぎって、寒い中で白装束着て水ジャバジャバかぶるヤツでしょうが。」
俺「下着白かったし、水が汁に変わったけど大体同じだろ。」
弟「誰か、コイツに本気で怒ってやってくれ。」




テナ1



テ「そこまでぼくのことを。」
弟「ホレ見ろ、テナンゴくんは純粋なんだぞ!!」



俺「みそぎをした甲斐があったというものです。」
テ「おお、かんりにんさん。ぼくはかんちがいをしていたのですね、ごめんなさい。」
弟「どう収拾付けるつもりだよ、コレ・・・」
俺「しかし今日の勝利は俺がみそぎをしたからではないんだぞ、俺は願っただけ。テナンゴくんの実力での勝利だよ。本当によく
  頑張ったね、おめでたう!!」
テ「ありがとうございます。でも、そういわれると、かんりにんさんがみそぎをしてくれたおかげにもかんじられるので。」
弟「イヤな予感。」



テナ1



テ「ぼくがはしるときは、これからもみそぎをして
  くれませんでしょうか。」

俺「ゑ・・・いやちょっとあの・・・」



弟「自爆した。ボクもう知らない。」
テ「かんりにんさんが、ぼくのためにみそぎをしてくれたんだっておもうことで、ぼくもいっせんいっせんまけられないとかんがえる
  ことができるかもしれません。」
俺「あ・・・あのね、テナンゴくん・・・」
テ「そうしてくれると、ぼくもうれしいです。」
俺「気持ちは解るけど、えーと・・・あのね、みそぎは一人じゃできないんだ。」

弟「・・・本物のみそぎは一人でできるものでしょ。」

俺「人間には様々な都合がある。仕事とか色々ね。そして、みそぎをする相手も誰でもいいってものじゃないんだ。そうなると、どう
  してもできる時とできない時が出来てしまうんだよ。」

弟「・・・したい時としたくない時でしょ。」

テ「そうなんですか。」
俺「ごめんね、今回はたまたまテナンゴくんの為にみそぎができるタイミングだったんだよ。なるべくできる時はする様にするけど、
  テナンゴくんが走る時に必ずするって約束はできないんだ。」
テ「それはざんねんだけど、しょうがないですね。」


俺「デシちゃんがみそぎの相手になってくれれば
  大体できるかもしれないけど。」

弟「いきなり矛先が!!!!!」




テナ2



テ「でしさん、おねがいします。」
弟「どうしてこうなった!?」



俺「そうだね、それがいい。テナンゴくんが走る時は俺とお前でみそぎをしよう。」
弟「ナンデ!?」
俺「テナンゴくんを応援したいからに決まっているじゃないか。」
テ「それはなんとこころづよい。」
弟「ダメだよ、テナンゴくん!!この人はね、デタラメを言っているんだよ!!ただのいやらしい人なんだよ!!」
俺「デタラメではない。昨晩はずっとテナンゴくんのコトを考えながら
  みそぎをしていたんだよ。」

弟「それはそれでかなり変な人だよ!!」

俺「それにデシちゃんとならみそぎをしてもよい。」
弟「ボクはイヤです!!」
テ「でしさんはいやなんですか・・・」
俺「ね、俺よりコイツの方がヒドイだろ。テナンゴくんの為のみそぎを断るだなんて。」
弟「どうしてボクが悪者みたいになってるんだ・・・!!」
テ「みそぎとは、いやなことなんですね。」
俺「いやじゃないよ。相手次第では結構イイものだよ。」
弟「アンタはどういう流れにしたいんだ!?」

テ「でも、でしさんがいやがっているので、むりやりにしてもらうわけにはいかないですよ。」
俺「テナンゴくんは優しいなあ。」
テ「かんりにんさんができるときでいいので、またぼくのためにみそぎをしてくれるとうれしいです。」
俺「物分り良すぎだろ、テナンゴくん・・・」
弟「アンタが自分で色々とややこしくしたんだろぉが・・・!!」
俺「まぁ、今日のところはさ、レースで頑張ってお疲れでしょう?こういう時にしっかり休むのも競走馬のお仕事だ、ちゃんと休んで
  次もカッコいいレースができる様にしておかないとね。」
テ「わかりました。しっかりやすんで、つぎもがんばります!!」
弟「たのもしいぞ、テナンゴくん!!」


テ「では、おやすみなさい!!」
俺&弟子「お疲れ様、テナンゴくん♥」




※テナンゴくん頑張りました、おいわいしてあげてね♥

テナンゴくん祝勝







俺「ふう。」
弟「・・・」


俺「とっても疲れたな。」
弟「お前、あとで説教だからな。」



俺「説教という名のみそぎをすると。」
弟「エライ人達に怒られてしまえ。」



シルクロードS
◎ビッグアーサー
〇ローレルベローチェ
▲サトノルパン
▲アクティブミノル

三連単◎→〇→▲ 三連複◎〇から


根岸S
◎マルカフリート
◎モーニン
▲サトノタイガー
▲タールタン

三連単◎1,2着→▲3着 ◎同士馬連




俺「お前どうすんの?」
弟「予想の話はナシかよ・・・!!」




弟子予想
シルクロードS
◎サトノルパン
〇ダンスディレクター
▲リトルゲルダ
▲アースソニック
▲ビッグアーサー

三連複◎〇から 馬連◎から


根岸S
◎タガノトネール
〇アンズチャン
〇モーニン
▲タールタン
▲レーザーバレット

三連複◎〇から 馬連◎から




俺「今日の主役はテナンゴくんなので、これでいいだろ。」
弟「罪悪感しか残ってねーよ・・・」
俺「でもさ、白富士Sの内容は本当に良かったよね。何せ相手が重賞常連だ、稍重とは言えこのメンバーでしっかりとしたレースが
  できたのは嬉しいよ。」
弟「中距離で面白い存在になれるといいなぁ、テナンゴくん。」
俺「今のところ、チチカステナンゴ産駒で重賞ウイナーが出ていないからな。初の重賞タイトルをもたらすのはテナンゴくんかも
  しれないよね。」
弟「次はもう重賞になるかな?」
俺「ローカル狙ってくるかもな。小倉大賞典でダコールと対決とか。」
弟「むむ、それは悩んでしまうので勘弁して頂きたいです。どっちも応援したいよぉ・・・」


俺「とりあえずそうなったら確実にみそぎだね。」
弟「もうそれヤメようよ、このバチ当り汁女め。」







※テナンゴくんはしっぽが白くてカワイイですよね♥



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/01/31 00:52 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(1)

うん、禊ぎをしてたからテナンゴ君は勝てた!

でないと寒い中を又、静岡から走らされるから

明日はほぼ新馬の時から応援してるダンスを応援します

※馬券はまだ願掛け中なので買いませんが・・・

相手は5枠から外かなぁ?

今日の記事を読んだ後だと

寝ろとか性交頼行も抑えたい気になる( ̄▽ ̄)

根岸Sはモーニンが強いとは思うけど・・・

連軸ならまだしも単軸には据えづらい気がする

かと言って他に応援したい馬となると(^。^;)

馬券買わないしアンズチャンを応援しときます
[ 2016/01/31 02:24 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1109-972a7be6











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。