だからこそ

★昨年のこの日


俺&弟子「黙祷・・・」


一周忌
今日は彼の一周忌です


俺「先日お話した通りです、彼の訃報から一年が経ちました。未だに彼が旅立った理由は明かされていませんが、遺書が出て
  きていないことから私達は、彼が自らの意思でそうしたなんて報道は信じていません。」
弟「悲しい事故だった、としか言えません。」
俺「彼が旅立った日、何故だという気持ちしか出てきませんでした。怒りとも言える感情すら覚えました。こうやって一年が経ち、
  彼のことを落ち着いて振り返ろうとしても、やっぱり最初に出てくる言葉は何故になってしまう。」
弟「でも、その何故を探ろうとしても、今となってはしょうがないんだよね。」
俺「確かなこと。それは彼が競馬やファンに対して持っていた愛情や誇り。二度目の大怪我からの復帰初戦となった2014年11月
  22日、東京1Rのパドック。復帰を待ち望んでいたファンの声援に涙する彼、どれだけ彼がファンを愛し、どれだけ彼がファンに
  愛されていたかが伝わってきて、本当に戻ってきてくれて良かったと感じました。」
弟「競馬が好きな皆が好き、そういう人でしたよね。今のボクらが大事にしなければいけないのは、彼の残した競馬への愛情や
  情熱です。」
俺「ちょうど一年だ、もう何故とは思わない様にしたい。充分に悲しんだよ、今になってようやく彼へお礼を言いたいです。あの日
  にもお礼は言ったけど、言わなきゃならないから言ったという部分が強かった。けじめとして言っただけであり、感謝よりも何故
  が強かったんだよね。」
弟「そうなっても仕方ないですよ、突然の報道で理由が解らなかったんだから・・・」
俺「・・・もう理由の話はヤメにしよう。未だに様々なゴシップめいた記事を目にするけれど、その理由を探したところで彼が戻って
  きてくれるワケではないからね。」
弟「そうだね、ちゃんとお礼を言いましょう。」



後藤浩輝騎手へ・・・

あなたが見せてくれた楽しく、そして熱い思い出は今でも鮮明です。

あなたの引退式はそちらから見られていたでしょうか?
「カッチー段取り悪いよ!!」とか思われたんじゃないでしょうか。
キタサンブラックの菊花賞制覇は見られていたでしょうか?
「ヒロシもっと前に出ろよ!!ちゃんと歌えよ!!」とか思われたんじゃないでしょうか。

競馬を見ていて、もしもこの場面が後藤騎手だったらこうじゃないだろうなーって思うこと、
今でもしょっちゅうあるんだよ。
自分でもそう思うでしょ?「俺だったらこうじゃないぞ」って。

そう思わせてくれる程に、あなたの見せてくれた競馬が楽しかったんです。

あの日は感情が迷走してしまいましたよ、あまりに突然だったし、意味わかんなかったし。
タチの悪いサプライズなんじゃないかとすら勘ぐってしまった程です。
一年経って戻って来ないんだから、本当だったんだねぇ・・・ぐらいに思えてしまいます。

これからは、あなたのくれた感動や楽しさを大事にして、私もあなたの愛した競馬を愛し
続けようと思います。

おそらくあなたは「無理矢理引退させられた」ぐらいに思ってそうなので、あえてこう言います。

後藤騎手。

これからはそっちで、過去の愛馬達と共に、競馬界を見守ってて下さい。
「ここはそうじゃないだろ!!」って部分があったらツッコミ入れてもいいくらいです。

今まで、たくさんの思い出をありがとうございました。


改めて追悼の意を表します、合掌・・・


「悪い見本」管理人:TILTOWAIT&弟子



俺「彼が旅立った日の競馬開催です、だからこそ楽しんでやりましょう。」
弟「そうだね!!」


★だからこそのついでに

俺「よくさ、種牡馬や母馬が亡くなった時に追悼走と言って産駒を応援したくなる時ってあるじゃん。」
弟「うんうん。それで本当にその産駒が頑張った時は、とても嬉しくなります。」
俺「マンハッタンカフェの亡くなった週にエーシンモアオバーとグレープブランデーがエルムSで頑張ってさ、そういうことって本当
  にあるかもなーって思わせてくれるじゃん。」
弟「解りますよー。」
俺「昨年も近い感じではあったけど、こういう時ってどうしても予想に後藤騎手を絡めたくなっちゃうんだよね。」
弟「昨年は中山記念で、師匠は後藤騎手の手綱で同レースを制したローエングリンの産駒であるロゴタイプを、ボクはこういう時
  だからこそと思い岩田騎手騎乗のヌーヴォレコルトを応援したんだよね。」
俺「そしてその2頭のワンツーになった。関係は無いのかもしれないけど、感じられるものは大きかったレースだ。」
弟「まぁ、なんでも予想にカラめちゃうのも競馬ファンのアレな部分かもしれませんがね・・・」
俺「だからこそってヤツだよ、傍から見れば不謹慎にもなるだろう。そういう事情を賭けに反映させてしまうんだからな。でも賭けと
  言ってもそうなってほしいという願いの要素が強い賭けになる。こういう賭け方にはあんまり欲が無い。そりゃ正直お金が増え
  た方が嬉しいけど、ここでもしそうなってくれたら嬉しいという願望の方が強くなるんだ。」
弟「予想というより応援だっていうレースはよくあるけどね。」
俺「だからこそだ、今年も後藤騎手を絡めて予想しちゃおう。」
弟「言い切ったねー。」
俺「まずこの土曜日。重賞はアーリントンカップがあるけど、それ以外の部分で狙いたい馬が居る。」
弟「ほほう。伺いましょう。」


俺「いや、まだ解らねぇ。」
弟「居るって言っておいて!?」



俺「現時点でどの馬か、とは言えない読み方だからな。」
弟「何が言いたいのかサッパリでございます。」
俺「出走直前にならないと解らない部分なんだよ、だからどの馬かとは言えないのだ。」
弟「パドック重視ってこと?でも当日はパドック見れないじゃん、それに後藤騎手は全然関係してこないでしょ。」
俺「土曜日はこういう馬を狙えばいいと思うのだ。」



土曜の狙い目 →   CLICK HEAR!!



弟「わぁおぅ、カンタァン♥」
俺「コレは来るね!!!!!」



弟「・・・どあほう。」
俺「我ながら素晴らしい読みだ、ホレボレしちゃうね!!」
弟「・・・確かに今は解らないな、コレじゃあ。」

俺「そんな馬は居ないかもしれないけども。」
弟「居ないかもしれない馬を予想する人は斬新だと思う。」


俺「逆にいっぱい居るかもしれない。」
弟「それじゃ散財ですよ・・・」
俺「まずはこの部分に注意しよう、見逃さない様にしなければならないね。」
弟「かたっぱしからそういう馬を狙うのですか?」
俺「もちろんそうだ、開催場とか関係無いぞ。」
弟「なんという・・・」

俺「ただし俺はお仕事ですし、そんなじっくり出馬表を見ていられない
  ので、まずその馬を買うことはできませんけども。」

弟「買わない馬券を予想するのも斬新だと思う。」


俺「うう、後藤騎手からのサインを無償で教えちゃうなんて、アタイの優しさに皆様打ち震えてますよ!!」
弟「違う意味で震えてるんじゃないでしょーか。」
俺「アタイの代わりに皆様バンバンお稼ぎくださいまし!!」
弟「これで本当に来たらちょっと面白いけど・・・」


俺「来るワケねーだろ、こんな予想!!」
弟「何がしてぇんだよ!?」



俺「信じるか信じないかはアナタ次第。」
弟「いくらなんでも雑すぎる発想です・・・」
俺「じゃあ別の後藤騎手絡みの馬でも挙げさせてもらおうか、今度はマジメに絡んでますよ。こないだもう挙げちゃったけど、まず
  この馬ですね。」


中山10R アクアマリンS
コスタアレグレ



弟「どういう経緯での繋がりなんでしょうか?」
俺「後藤騎手は過去にこの馬に一度だけ騎乗して勝利している。」
弟「結構薄いなぁ・・・」
俺「確かにね。でもその時の2着がサウンドトゥルー、つまり後の東京大賞典馬なんだよ。そのレースというのはもう2年も前に
  なるんだけど、今から思い返せば後藤騎手が乗り続けていたらと思わせてくれる部分もある。」
弟「ちょっと強引ではあるけど。」
俺「ここ2戦で安定した成績を出しながら、今回は芝のレースを狙ってきているね。初の芝戦になるワケです。」
弟「あらら、つまりダート馬が芝への挑戦というカタチですか。それじゃちょっとキビしいかもしれませんね。」


俺「ここで鞍上が岩田騎手。」
弟「!!!!!!!!!!」



俺「ただでさえ、こういう日にこそ後藤騎手に何かを届けてほしい男が、過去に後藤騎手を背に勝利を飾った馬に騎乗する。」
弟「それだけで話の流れがグッと変わるなぁ!!」
俺「単に、過去に後藤騎手が騎乗して勝利した経験のある馬ってだけで目を引く部分もあるけど、鞍上が岩田騎手となると一気に
  特別な感じが出ますね。」
弟「好調だった前2走は違う方の騎乗なんですか?」
俺「エビちゃんです。」
弟「ああ、本当に乗り替りで岩田騎手なのか。」
俺「実は後藤騎手で勝利した後に岩田騎手に手替わりしたんだよ、でもその時は全然ダメだったんだ。」
弟「ありゃりゃ、それじゃ不安じゃないか。」
俺「なのに、この日にこの馬の背中に戻ってくるんだと考えれば、ちょっと応援したくなるでしょ。」
弟「なるほどね。」
俺「そしてもう1頭もこないだ挙げちゃいましたが、この馬です。」


中山11R 総武S
ヒラボクマジック



俺「もう8歳になるこの馬、新馬戦で後藤騎手が手綱を取り勝利に導いています。」
弟「おお、新馬勝ちか。」
俺「デビュー戦以降、何度か乗り替わっての戦績になるけど、この馬とは【2.0.1.0】と好相性だったの。」
弟「でも主戦ではなかったんですね。」
俺「その後はノリさんに手綱が変わり、もどかしいながらも堅実な成績を積み重ねている。2012年はNHKマイルの落馬事故が
  あった年で、後藤騎手は長期の戦線離脱になっているけど、結局復帰後もヒラボクマジックに騎乗することは無かったな。」
弟「相性は良かったのに、何故乗れなかったんだろう?」
俺「そこまではよく解らないけど、ヒラボク冠の馬にあの落馬事故以降騎乗してないんだよね。その直前のヒラボク馬での成績が
  かなり悪かったから、そこが影響していたのかもな。」
弟「なんか切ないね・・・」
俺「それでも、この馬の過去4勝の内の2勝は後藤騎手というのは事実。縁のある馬と見ていい存在でしょう。」
弟「そしてここもまさか岩田騎手ですか!?」


俺「うんにゃ、エビちゃん。」
弟「流れが変わった・・・」



俺「エビちゃんだ。」
弟「・・・さっきのコスタアレグレは蛯名騎手から岩田騎手への手替わりという部分がウリだったのに、ここで蛯名騎手に引き戻され
  るとは。」
俺「何言ってんだよ、エビちゃんだぞ。」
弟「蛯名騎手だったらコスタアレグレはあそこまで推さなかったでしょ。」

俺「後藤騎手とお誕生日が一緒のエビちゃんだぞ。」
弟「そう言えばそうだった・・・!!」


俺「そしてアタイも一緒のお誕生日なのだ。」
弟「それが余分なのである。」
俺「いじめられた。」
弟「でも後藤騎手と縁のある馬に頑張ってもらいたいのは、なんか解るよ。」
俺「そうすることで人馬共に、あっちに居る後藤騎手に届けられるものがあると思うんだよね。日曜には昨年三浦騎手が喪章を
  握り締めながらゴールした富里特別がある。今年も三浦騎手が居るけど、今回はそこに過去に後藤騎手を背に勝利した経験
  のあるガチバトルが居て、その鞍上は後藤騎手の引退式でパネルの胴上げの音頭を取ったカッチーが居る。」
弟「今でも繋がりを考えたら、大きく広がるものがあるんですね・・・」
俺「繋がりが生きていることを感じられる瞬間を見せてもらえたら、後藤騎手は皆の心の中で永遠に生き続けることができるん
  じゃないかなぁ。」
弟「そういうレースが見られるといいですね。」
俺「今日だからこそのレース、そういう妄想をしてもいいじゃない。」
弟「そうだねぇ、でも・・・」
俺「でも?」


弟「馬体重のはちょっとねぇ・・・」
俺「大穴来たらどうしよう。」






※見守ってて下さいね、後藤騎手!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/02/27 01:18 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(4)

お二人さん、ありがとうございます。

元々話すのも書くのもそんなに得意ではない私にとって、お師匠さんと弟子ちゃんが後藤騎手に向けた言葉は私の気持ちを代弁してもらってるみたいで、本当にありがたかったです。感謝いたします。

ところで後藤騎手に因んだ馬券の話も出ていましたが、自分は馬連とワイドの5-10を買おうかな?と。いや、さすがに36レース全部は無理なんで、5Rと10Rにメインぐらいまでですかね。

まあ、今日一日後藤騎手の事を偲んで過ごすとします。
[ 2016/02/27 07:16 ] [ 編集 ]

仕事柄、リハビリの手伝いをしてるだけに

彼の復帰やそれに対する努力は感嘆もしたし

お手本として話した事もあったので

去年のあの一報は「何故?」としか思えませんでした・・・

正直、今でも腹立たしい気持ちはありますが

書かれていたように事故だったと思うようにして納得させています

そんな本日の管理人の優しさによるサインの呈示に

舌打ちをしながら笑って肩を震わせておりました

今日は岩田&三浦騎手に頑張ってもらいたい

三浦騎手はあまり好きな騎手ではなかったけど

去年の1着ゴール後の姿にグッと来ましたから・・・

改めて現役時代に面白いレースを多数見せてくれて

又、テレビで競馬の魅力を伝え普及しようとした

後藤騎手に感謝いたします 合掌
[ 2016/02/27 09:54 ] [ 編集 ]

そして藤田元ジョッキーも誕生日です(*´ω`*)
[ 2016/02/27 13:47 ] [ 編集 ]

師匠曰く「来るワケねー」とのことでしたが、中山8Rで2、3着に「510」kgの2頭が来ましたね。
1着馬の馬名にも「ヴァローレ」(価値のある)が含まれてることから、
「価値のある510kg」と、ある意味綺麗にサインで決着したといえるかもしれません。

あと、アーリントンカップでは、「510」kgのボールライトニングが敗れましたが、
代わりに重賞では珍しい「5頭」同タイム決着が見られましたね。
[ 2016/02/27 19:20 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1132-974c6be7