ダイオライト記念の予想

★おてがみついた♪


ホッコータルマエのドバイワールドC参戦が正式決定


俺「良かったねぇタルマエさん!!」
弟子「ヤキモキさせられたよう!!」


俺「これで晴れて三度目のドバイに挑めるワケですね。」
弟「もう今月末ですよ、ヒヤヒヤさせやがって!!」
俺「そうだよなぁ、ドバイにかける意気込みではどの陣営よりも上だったんだもの。フェブラリーSに登録していたけど出走を回避
  して待ち続けていた甲斐があったねぇ。」
弟「そもそもフェブラリーSにはなんで登録してたんだろ?」


俺「皆をビクビクさせたかったんだよ。」
弟「ただのイジワルかよ。」



俺「確かにハナから出るつもり無かった感じだけどな。」
弟「招待が来ないって通知でも来ると思っていたんでしょうか。」
俺「そんな通知ないでしょ・・・」
弟「でも出られないって確約になってしまったら出るつもりだったかもしれないでしょう?そうじゃなきゃ登録する意味が解らない
  でしょう。」
俺「結局、一次選出馬とにらめっこしてたってコトなんじゃない?一次で選ばれた馬に関して出否が怪しい馬が多ければまだ
  チャンスは残る。そこを見ていたんじゃないかな。でも元々フェブラリーに出るつもりは無かったと見ていいだろうな。」
弟「ああ、そういう部分か。でも招待状って登録してなきゃ届かないんでしょ?」
俺「そうだよ、だからタルマエに対しゴドルフィンマイル出走の招待状なんかは届かない。」
弟「ってコトは登録して招待状が来たのに断る陣営が居るってことですよね。故障とかだったら仕方ないけど。」
俺「ノンコノユメも登録してあって同じタイミングで招待状届いたけど出否未定。かしわ記念の線もあるし、なかなか招待来なくて
  土壇場で来られても対応できないってパターンは多いと思うよ。」
弟「いや、そうじゃなくて一次選出ですよ。」


俺「ビクビクさせ・・・」
弟「もぉいいよ!!!」



俺「ともかく、信じて待っていて良かったですね。もちろん全力で応援しますとも、これで今年のドバイがより一層楽しみになった。」
弟「後ろ向きな意見も多い海外挑戦ではありますけど・・・」
俺「そうね。まずタルマエ自身から今までの強さが薄れてきた様に思える。そんな状況でドバイの土のダートでのスピード戦だ。
  普通に考えたら昨年以上を望むのは難しいし、それこそかしわ記念に出た方が賢い選択かもしれない。でもこのチームは
  あくまでドバイにこだわりたいんだろ、そこに揚げ足取る様な茶々入れるのは無粋だと思うよ。」
弟「走ってみなけりゃ解らないもんね。」
俺「これでもし惨敗したら、こういう連中がホレ見たことかって感じの物言いしちゃうんだろ。ヤダねぇ、そういうことじゃないって
  ことが解らない方々は。」
弟「師匠はどう見てるの?」
俺「難しいと思うのは当たり前。でもそこに向けて努力してないワケがないんだ、海外遠征チームを笑うことなんてできないよ。
  こういう挑戦に否定や肯定はつきものだけど、行くって決まった以上はしっかり見届けて応援するに決まってるじゃん。結果が
  ついてきたら最高だけど、結果が出ない姿を笑う様な卑屈な人にはなりたくないね。」
弟「そうだね、挑戦者を笑う人はイヤです。」
俺「そうか、挑戦者を笑う人はイヤか。じゃあコレを見て下さい。」





俺「絶っっっっっ対に笑うなよ。」
弟「ふぐすっふふふすっふすっ」




★昨年ふざけすぎたダイオライト記念

俺「おなじみのダート長距離重賞、船橋2400mのダイオライト記念です。」
弟「お、普通に始まった。」
俺「んだよ、普通って。」
弟「だって昨年はダーオライとかクリソライとかサイザパーとか言ってたから。」

俺「流行りすたりは気にしたほうがいい。」
弟「すたりは余計でしょうが・・・」


俺「HAYARI NO OWARI。」
弟「失礼過ぎです・・・」
俺「去年は去年、今年は今年だ。フザけられるような旬のネタが無いんだから真面目にやるぞ。ダートの長距離戦というのは
  真面目に予想した方がいいのだ。」
弟「真面目にやってくれるのならいいのですが。」
俺「水曜は昼過ぎから雨予報、火曜最終まで晴れてて馬場回復しなかったから、当日も雨が降ったら不良馬場で想定しといた
  方がいいかもね。」
弟「スピードが活きる馬場になりそうだね。」

俺「おばかさんですねい。」
弟「ムカッ・・・」


俺「いいかい?ダートの不良馬場ってのは二種類ある。まずは湿った砂がギシッと固まった高速状態、こうなるとお前が言った
  通りパワーよりもスピードが活きる。すいすい進むからスタミナの消耗も激しくない。」
弟「・・・合ってんじゃん。」
俺「もう一つ不良馬場は存在するよね、水曜はそっちになるんじゃないか?」
弟「当日の雨が早めに降り出した場合は・・・」

俺「俗に言うプール状態だ。」

弟「可能性あるね・・・」
俺「この二者は紙一重。僅かに水が浮くくらいなら前者と見ていいけど、馬場の各所に水たまりができてしまう様だと逆にガマン
  大会みたいになる。水しぶきが舞い水に脚を取られ、のめりやすくなるんだ。不良馬場が続いている時に更に雨が降るとこう
  なりやすいね。」
弟「前に少し言ってましたね、波打ち際の波が来ているところと来ていないところくらいの差があるって。」
俺「この様な馬場になったらクリソライにはツライんじゃないだろうか。」
弟「・・・」
俺「昨年度覇者クリソライ、昨年も確かに不良馬場だったが水たまり一つない高速環境だった。この馬はそもそもお坊ちゃん体質
  な部分があると見ている。強い雨が降っているだけで嫌気が差してしまうのではないか?」

弟「真面目にやる気は無いんだな?」
俺「俺はいたって真面目に予想しているつもりだ。」


弟「・・・だったらまで言え、クリソライトだ。」
俺「クリソライ。昨年勝ったのはクリソライ。」
弟「流行りすたりを気にするんじゃなかったのか。」
俺「中央有力組に先行馬が揃ったのもチェックしなければならない部分の一つだよね。その中でクリソライは故障明けにも関わ
  らずマークされる筆頭になるんだ。おっかないだろう。」
弟「そのまま続けるつもりなんだな・・・まぁ確かにクリノスターオーも前に行くでしょうし、マイネル・・・」


俺「マイネバイも前に行くだろう。」
弟「マイネルバイカだ。」



俺「だからと言って速い流れになるかどうかは結構微妙だと思う。距離が距離だからね、でもこの3頭は結構牽制がキツくなると
  思うんだ。クリノスターオーのナイスガイマイネバイのシバタダイはクリソライを意識せざるを得ない。」
弟「畳み掛けなくていいわ・・・!!」
俺「こんな状況は正に『ひゃくまんねんにいちど』だぜ。」
弟「昨年の時点で旬を逃してるのに今年もこうなるとは・・・!!」

俺「しかし、流行りすたりは気にした方がいいのだ。この意味が解るか?」
弟「・・・自分でそう言っておいて、今のこの状況作り出しているんじゃないか。」


俺「もうドラゲナイが過去のものであるとするなら、クリソライも
  ナイスガイもマイネバイも本命にはできないのだ。」

弟「!!!!!!!!!!!!!」



俺「流行りすたりを気にした方がいいとは、そういうことなんですよ。昨年はドラゲナイの余韻があったからこそクリソライが勝てた
  のです。ダーオライでクリソライだったんです。」
弟「無茶苦茶言い出したな・・・」
俺「流石に全部切るのは無謀だけどね。」
弟「そりゃそうでしょうね、ここでその3頭を全部切ったら妙味バカ通り越して蛮勇っすよ。」
俺「ここで注目したいのはサミットストーンだ。川崎記念では果敢にハナを奪い最後の直線に入るまでは先頭だった。しかし最後
  には力尽きて中央組に飲み込まれ、ケイアイレオーネにも交わされ7着。次戦の金盃では、その先行力を全く見せずに先団
  追走し全くらしさを見せずに5着。」
弟「ここでサミットストーンとはまた大きく狙ったものですね。」
俺「この前2走が全く勝ちを意識してなかったレースに見えてしょうがない。金盃の時にお前が言ってただろう?川崎記念でハナを
  切った馬が、ここで自分のレースをできないワケがない。そう考えるとこのダイオライト記念への布石として見れるんだな。」
弟「確かに金盃の時、師匠はサミットストーンがダイオライト記念狙いであるならここは危険だって踏んでたよね。」
俺「元々2400m戦で勝ったことのない馬が、何故わざわざ地方馬同士の2600m戦を使いだらしない姿を見せたのか。ここが本番
  だから
じゃないか。」
弟「ただサミットストーンもあまり雨がスキって印象無いですよ。タイムも落ちてきてる感じするし。」
俺「この馬にとって大事なのは距離を縮めてここに挑戦できるってことだろ。」
弟「ヒモにはいいかもしれないけど、うーん・・・」
俺「こういう場面だからこそ、南関競馬にはこういう格言があるのだ。あえて言わせてもらおう。」



格言 →   CLICK HEAR!!



弟「それ格言じゃないから。破滅の言葉だから。」
俺「バルス扱いするんじゃねぇ。」



◎ストロングサウザー
◎サミットストーン
▲クリソライト、マイネルバイカ、ドラゲヴォイ、ユーロビート

三連複◎2頭から うまふくワイド◎同士



俺「相手筆頭はストロングサウザー。佐賀記念の内容と言うより血統がいいよ、長いところ向きそう。」
弟「うん、確かに父が」


俺「ハークライだろ。」
弟「流行りすたりはどうした。」



俺「同様に厩舎馴れが感じられるドラゲヴォイも父ハークライ、前側が自滅すれば左回りで一発があっていい!!」
弟「ドラゴンヴォイスのことだよな・・・そして、それ去年も言ってた気がする・・・」
俺「コレを去年言ったのは金盃だからドラゲヴォイは初ダーオライ。」
弟「だからなんだと言いたいんだ!?」

俺「そしてドラゲナイはユーロビートなのでユーロビート。」
弟「結局予想の基軸がドラゲナイになっちゃってるじゃないか・・・ドラゲナイはユーロビートじゃねぇし・・・」
俺「どーせデシちゃんはユタカさんだろ。」
弟「そうです、クリソライトとユタカさんが連覇するのですよ。ダイオライトとドラゲナイなんて全く関係無いのです。」


弟子予想
◎クリソライト
〇マイネルバイカ
〇クリノスターオー
▲ストロングサウザー
▲サミットストーン

三連単◎1着→〇2,3着→▲3着 三連複◎〇〇



俺「お前の方が完全にドラゲナイじゃねーか!!」
弟「クリソライ♪マイネバイ♪ナイスガイ♪今宵♪」





★そう言えば


俺「・・・去年もドラゲナイをネタにして金盃とダイオライト記念の予想やったけどさ。」
弟「うん。」




俺「・・・全くウケなかったよね。」
弟「何故今年もやったんだ・・・」






※読者さんを振り落とすことには定評があるんだ



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/03/09 00:57 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(3)

ちなみに

SEKAI NO OWARI というグループはここで初めて知りましたね~
少なくとも私は受けたんだけどな・・・・
まぁ去年は年明けからモーリスでしたからね

しかし、クリソライトは果たして2連覇できるかですねぇ
私はストロングサウザーかなぁ、なんかカッコいいじゃないですか

「引かぬ!媚びぬ!省みぬ!」帝王には妙味しか見いだせないな

ユーロビートも魅力的ですし、クリノスターオーなかなか
[ 2016/03/09 11:24 ] [ 編集 ]

とかなんとか言って調度良い高速馬場だったりして(笑)

◎クリソライ
〇ハークライ
▲マイネバイ
△モーリタイ

ドラゲナイッ!!
[ 2016/03/09 12:54 ] [ 編集 ]

8日の船橋競馬の…

馬柱を何気なく眺めていたら、12Rを見事1番人気で勝利したキークッキーをキッキークイーンと読み違え、思わず新聞を見直してしまったw

ドラゲナイのネタ出しからもう1年経ったんですか?
時間の流れるのがより早くなったように感じでしまう…と言いつつ春のG1シーズンを楽しみにはしてるのてはありますけどね。
[ 2016/03/09 13:30 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1141-5e43ff8f