川崎 クラウンカップの予想

★桜の季節♪

俺「静岡、今年は昨年より5日遅く桜が開花しました。」
弟子「お花見したいね。」


俺「見る?」
弟「とりあえず見ない。」



俺「ナニを想像してるんでしょうね、このイヤラシイ子は。」
弟「ここで見ると答えたらナニを見せられるか解ったもんじゃありませんから。」
俺「桜の開花ってのはね。各地の気象台に標本木ってのがあって、それの咲き具合で開花が宣言されるんだよ。」
弟「へぇぇ、そうなんだ。そういうのがちゃんと決まってるんだね。」
俺「その標本木に5輪以上の開花が確認されたら、その地域の桜の開花ってことになるの。だから標本木で咲いても公園とかの
  桜が咲かないって場合でも開花になるし、逆に公園とかの桜が咲いてるのに標本木で咲いてなければ開花にならないの。」
弟「そういうズレは出てきちゃいますよね。」
俺「でも似た地域ならそこまで大きくズレはしないからね。」
弟「5輪って基準がまた・・・4輪じゃ開花にならないってことでしょ。なんか面白いな。」

俺「俺には5輪も無いから開花できねぇんだ・・・」
弟「ナニのコトを言ってるか解りませんが、恐らくそれがナニなら
  誰も開花できないので安心してください。」


俺「ある意味ではずっとツボミでいられると考えられるね。開花できないんだから。」
弟「自分を桜にしようというのがおこがましいんですよ、師匠はラフレシアみたいなものなんですから。」
俺「ラフレシアだなんてヒドイ・・・」
弟「アレは1輪しか咲きませんからね。」

俺「デシちゃんは百合だよね。」
弟「どおいう方向に話を向けたいのでしょうか。」


俺「どう考えてもデシちゃんは百合です。皆さんもそれを望んでいる。」
弟「望んでもらいたくないですね、ボクは百合じゃありませんから。」
俺「人のコトをラフレシア呼ばわりしといて自分で認めないとはね、図々しいんだよ。じゃあ百合じゃないなら何だよ?」
弟「ボクはねぇ、チューリップがいい。」
俺「チューリップ。」
弟「チューリップかわいいし。ダイスキ♥」


俺「チューリップってユリ科だよ。」
弟「チューリップやめます。」



俺「ああ、隠そうとしたのに隠せないとは・・・デシちゃんはなんていじらしいのでしょう!!」
弟「どうしてそういう方向に差し向けたがるんですか!?」
俺「そろそろ浮いたハナシが聞けてもいいんじゃないかなって。そういうハナシが無いんだもん、お前。」
弟「そう言われてもさぁ・・・」
俺「改めてこう言うのもナンですけどね、お前は性格はともかくとして外見は結構カワイイと思うんだけど。そりゃ歳と不釣り合いな
  背格好してるけども、周りからこんだけ可愛がられてるだけのコトはあるルックスなんだぞ。」
弟「・・・」


俺「ホラ、百合じゃん。百合だからそうなるんだよ。」
弟「ハズカシイだけですから!!」




★開花してぇ 川崎クラウンカップ

俺「デシちゃんが百合かどうかはともかくとして、今週の南関重賞はクラウンカップです。」
弟「百合じゃないです。」
俺「昨年は三連単が600万オーバーという大波乱のレース。力関係がハッキリした様に見えてそうでもないって面々が集う点と、
  だからこそ中央からの転厩馬が目を引いてしまう点、そういうところの見極めが重要なレースだね。」
弟「京浜盃の結果から考えても予想が難解なレースですね、果たして人気通りになるかどうか。」
俺「前夜の時点で人気がどうなるかも判断しにくいからなぁ。」
弟「うん・・・解りにくいなぁ。」
俺「ただ、この面々ってのはほぼ京浜盃組に明確な差を付けられたメンツなんだよな。脇道みたいな重賞だからしょうがないの
  かもしれないけど、普通に考えたらここで勝ったからって羽田盃での逆襲を望むのは酷だと思うよ。」
弟「それは確かにそうだよねぇ・・・」
俺「あんまりこういう予想はしたくないんだけどねぇ。」
弟「どういう予想?」


俺「ラブレオでしょお。」
弟「一番師匠らしくないヤツが出た・・・」



俺「全般的な信頼は置けませんよ。久々の実戦が地方転厩初戦で初ダート、俺が真っ先に嫌うタイプであることは間違いない。
  こんな馬にアッサリ勝たれてほしくないって気持ちもありますわ。」
弟「それこそダートなめんなよって言える馬なんじゃないんですか?」
俺「ここのメンバーがそう言える相手ならね。まず、この前の京浜盃で俺はタイムにがっかりしちゃっただろ?この時点で南関の
  この世代にはちょっと怪しさを感じている。その中でも通用しないメンツのレースなんだよ。」
弟「おおぅ、なかなか残酷な見方ですね・・・」
俺「考えようにもよるけどね。あの京浜盃をアラとして見れば、ここで勝ち羽田盃に進むことがチャンスにもなる。俺としては京浜
  盃はあくまで羽田盃のステップでしかなく、有力陣営が馬に無理強いをさせなかっただけと思いたいけども。」
弟「ふむ・・・」
俺「いくらラブレオが現在の中央3歳の有力どころと竸った経験があるとは言え、それは2歳の時の話だ。おまけにダート未経験と
  きている。普通ならここで地方競馬をナメるなと、ましてやここは南関なんだぞと言ってやりたい馬ではあるが・・・」
弟「そうもいかない存在であると。」

俺「ここの結果次第では、この馬にダービー勝たれ
  てもおかしくなくなってくるんじゃねぇか。」


弟「それはちょっとイヤですよぉ・・・」
俺「簡単に言ってしまえば、この中でその可能性が最も高いのがラブレオになっちゃうんだよな。信頼しにくい馬ではあるけど、
  このメンツに負ける様では何しに南関に来たんだよとも言いたくなる。」
弟「見切りが早いですよね。アーリントンカップ馬のレインボーラインに勝ってるのに南関転厩って。」
俺「この馬のオーナーがまたちょっとオカシイんだよ。」
弟「師匠にオカシイ呼ばわりされたくはないでしょうけどね。」
俺「M・Kenichiホールディング。クリスマスのオーナーさんなんだけど、馬主業としてのデビューは3年前と新しい馬主さんなの。
  個人名義だったのを企業名化したオーナー名なのね。」
弟「おお、ニューカマーだ。」
俺「ドゥラメンテを新馬戦で負かしたラブユアマンのオーナーでもあるんだ。」
弟「見る目あるんだね。」
俺「目線がフレッシュというか、冷めてるというか・・・恐らく今年の中央3歳世代では、いくらラブレオがレインボーラインに勝った
  経験があるとは言え、上を目指すのは難しいだろうという見切りの早さが今回の転厩に繋がっているんだと思う。南関でも
  所有馬が走っているから、そこまで突飛な転厩に思えないんだよな。」
弟「そういう中央と南関の力関係が見えている上での転厩なんじゃないか・・・ってこと?」
俺「合うか合わないかは実戦にならないと見えてこない。でも・・・単純に南関の現3歳の2番ライン相手に、この馬が砂が合わない
  ってだけで負ける気はしてないんじゃないの。この転厩の原因が故障とかだったら話は別になるけどさ。」
弟「むうー・・・」
俺「シャクではあるけど、そんな雰囲気はあるよ。」
弟「シャクだけど本命ってことですね。」

俺「ボロッボロに負けたら『ダートなめんなよ』って
  言って笑うしかねぇよ。」

弟「いや、それで笑われるの師匠ですよ。」



◎ラブレオ
〇ガーニーフラップ
▲ヤマノカミ
▲ハキーム

三連単◎→〇→▲ ◎→▲→〇 馬単◎から



俺「ラブレオが勝つと踏むならば前側の流れはこの世代にとって速くなると考える。ウワサノモンジロウディーズプリモも掃除
  される対象だ。対抗一番手はガーニーフラップ、川崎は初だし鞍上は中野騎手が騎乗停止になっちゃってフミオさんに変更
  されてるけど、馬体が締まってきてからの脚はこの中じゃトップと見れるからね。何気に怖いのがハキーム、ここ2戦はロクに
  走ってないんじゃないか。」
弟「ディーズプリモが牝馬ながらに挑戦してきてる部分を応援したいんだけどなぁ。川崎で連勝してるし。」
俺「走り方がカタい感じするんだよなぁ・・・」
弟「ボクはディーズプリモ本命。」


俺「百合だもんなぁ。」
弟「どうしてもそうしたいんだな!?」



弟子予想
◎ディーズプリモ
〇ヤマノカミ
〇アンビリーバボー
▲ウワサノモンジロウ
▲ラブレオ

三連複◎〇から うまふく◎から



弟「・・・ディーズプリモ以外、南関生え抜きじゃない馬になってしまった。」
俺「そういう予想になっちゃってもしょうがないよな、今年の南関3歳は。」
弟「やっぱり元道営に目が行っちゃいますね。アンビリーバボーとウワサノモンジロウがそうです。プレイザゲームはちょっとだけ
  対戦履歴で見劣ってしまう感じかな。」
俺「今回も印がカブってるのが石崎駿を信じろなんですけど、そこはどうお考えですか。」
弟「石崎騎手を信じているワケではありませんが、この中ならば
  ヤマノカミの成績は光ってると思いますよ。」

俺「ひどい言われ様ですよ、石崎騎手。」

弟「だってこの中にサブノクロヒョウが居たら一番人気になってたかもしれませんよ。」
俺「まぁ、そうなってたかもしれないよね・・・要するにそういうメンバーなんだけどさ。」
弟「あんまりラブレオ圧勝ってオチは期待したくないなぁ・・・一応抑えますけど。」
俺「俺を開花させてくれるなら、この際なんでもイイです。」
弟「もう開花の話はやめてください。」


俺「『くぱぁっ♥』って咲きたいな。」
弟「ラフレシアは『ドゥバッ』です。」







※ドゥバッ♥



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/03/30 01:52 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(5)

石崎は信用出来ねぇ!(#`皿´)

ま、ヤマノカミ陣営としては、前走あたりで権利を狙った仕上げをしてたんじゃないかと。
初川崎でもあるし、嫌える要素がある。

ラブレオ…この枠からでは逃げられないでしょう(¬_¬)
そうなれば揉まれて砂被ってズルズルと…
逆に強気にハナを奪いに行けるば最後バテそう(¬_¬)

◎ディーズプリモ
〇アンビリーバボー
▲プレイザゲーム
△シャークカイザー

面子が面子だけに新星には期待しないと♪

アンビリーはこの枠どうかも血統が良い!

あとは…今は『パイロ産句』っすよ !はっはっはっ
[ 2016/03/30 08:02 ] [ 編集 ]

ラフレシアかぁ…

言い得て妙やね!

個人的にはウツボカズラの様な気もするけどね

開く開かないは別にして目立つつぼみは7個あるけど

TILさんは全部開きそう

このレースどれかを頭固定は難しそう…

ワイド、うまふく、3連複で馬券組立るのが正解だと思う

で、◎は…

やめとこ(≧∇≦)
[ 2016/03/30 10:58 ] [ 編集 ]

縦目が続くと言われてたので
試してみたら、本当に縦目と切った人気馬が…

なかなか奇跡的ですよね
(-_-;)

私は縦目が続く時は点数増えてもBOX買いにして
乗り切りました
参考になれば言いのですが
[ 2016/03/30 22:46 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/03/31 21:04 ] [ 編集 ]

「参考になれば」とか毎回随分上からな物言いだな、コイツは。
[ 2016/04/01 00:03 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1156-5fe49531