スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中山GJとアンタレスSの予想

★熊本で大きな地震がありました

俺「大丈夫?って声かけるだけ、こういう時は逆撫でしてしまう場合があるからなぁ。」
弟子「大丈夫なワケ、ありませんもんね・・・」
俺「一晩明けて、しばらく大きな余震は無かったけどまたこの深夜に震度6強だもんな・・・眠るのも怖いだろうな。」
弟「とにかく気をつけるしかないです。家の中でもすぐに履ける場所に靴を置いたり、崩れそうな物の側には近づかないようにし
  たり、家屋の状況次第では頑丈そうな建物に避難したり・・・」
俺「でも、甚大な災害だし未だにそれが続いてるのは間違いないけど、やっぱり東日本の時の教訓が生きていると感じる。」
弟「うん。震度7と聞いたら、とんでもない被害が出てしまうと想像してしまいました。」
俺「とんでもない被害が出ていることに変わりはない、亡くなられた方も居るんだからね・・・でも事後の対策とか避難とか、救援の
  内容とか、本当に的確で迅速でさ。」
弟「やっぱり、地震に対する恐怖とか、それに対する慎重さや何が重要なのかって、ボクも東日本の時に教わった気がします。」
俺「そうね、そうなった場合に自分には何が必要か。周りが何を必要とするか。その教えは今回役に立っているよ。」
弟「・・・寝不足ですねぇ。」
俺「しょーがないよ、こういう時の為に準備してたんだし。」


弟「慈善事業なら胸を張れるのになぁ・・・」
俺「身も蓋もないこと言わないでくれないかな。」


※慈善ではない形で支援参加しました。


俺「・・・あんまり開けっぴろげには言えませんがね、格好つけたい行政様や事業者様に格好つけさせてあげるっていう、それは
  もうイヤラシイお仕事も存在するんですよ。こういう時って。」
弟「裏方中の裏方ですね。」
俺「予め、先方にはこういう場合に緊急で対応できるように、どのような準備が成されているか把握してもらった上で、イザという
  時にジャストドゥイットできる態勢を常備してたワケです。」
弟「言っちゃっていいんですかね、こういうコト。」
俺「割とよくあることですよ。それに役に立てるのも事実だし、被災地に好意の押し売りをしに行くカタチにもならない。こちらとして
  最も効率良く、被災地に物資を届けることができる方法でもあると思う。急にワケ解らんヤツが出しゃばって『助けにきたぞ』
  って現れても『出たよ、こういう迷惑な人』になりかねない。」
弟「まぁ確かに。」
俺「正直コレやっても儲けはほとんど無いからね、どちらかというと先方も我々も互いに代行してもらってる感覚だと思うよ。」
弟「先方は我々に救援そのものの代行を、我々は先方に救援の実現化を提供してもらってる感じか。」
俺「やっぱ救ける側の身元もちゃんとしてないと信用できないからさ。こういう場合を狙った泥棒だって居るんだし。」
弟「なるほどね。」
俺「名前を借りてお金頂いてやるからには、こっちだってプロの仕事をしなきゃならないから、そういう気持ちの作り方も大事に
  なってくるし、悪いことじゃないと思うよ。」


弟「それでもボクらがやったのに、あたかも全部自分でやった様に
  振舞われるのは凄くイヤです。」

俺「そこは目を瞑ろうぜ・・・」



弟「言いたい・・・アレはボクの手柄だと大声で言いたい・・・!!」
俺「手柄とか考えるなよぉ、そういう考えを持たれるのが俺としては1番厄介なんだぞ。まぁここでこういう話をしちゃってる時点で
  俺自身にも多少の自己顕示欲が出ちゃってるのかもしんないけどさぁ・・・」
弟「ふぐぅ・・・」
俺「現地で送った物が役に立ったって声が聞けた時点でヨシとしないと。」
弟「うん、それは嬉しかった。」
俺「それに俺ら、実働してないし。動いてもらったのは運送会社の皆様っすよ。1番大変な思いをしてもらったのは彼らです。俺は
  他の協力会社と一緒に予め物資揃えて保管して、トランスポーターの皆さんに指示しただけ。」

弟「つまり運送会社様が絶対正義。」
俺「彼らもギャラで動いてますから。」


弟「キタネェ世の中だぜ・・・!!」
俺「そう言うなよ、実際に慈善とか非営利でできる財力は無いんだから。スポンサー様はある意味で慈善してるのよ。出処の無い
  お金で俺らを動かしてるんだから。そのおかげで俺らも動けるんだから。こういう時にあんまりギスギスした話をするでない。」
弟「ううー、釈然としないのです・・・」
俺「今望むのは熊本の方々がいち早く平穏を取り戻せること。それに対し自分ができることをする手段だと思ってるよ。間接的で
  いいんだよ、多分直接より余程良い形でそれが届けられる。費用を頂けるのも結果オーライだ。」
弟「モノは考えようですね。」
俺「地震が起きた後に様々な言葉を見て、思わずイラッときて『騒ぐ余力あったら動こうよ』ってツイートしちゃったけど、よく考え
  たら動ける条件ってのも必要なんだよね。そこで動けたことは自己満足でしかないかもしれないし、費用頂いちゃってる上に
  立場も頂いてるんだから動きたくても動けない方々と立場が違うんだよなぁ。」
弟「無駄に動くのではなく、効率の良い支援をしなければならないと考えると、結構大変なんですね。」
俺「熊本は今も余震が続いていて、眠れない夜が続いてしまっている。週末は大雨の予報も出てしまっている。本当に大変だと
  思います。何らかのカタチで助けになりたいと考えている方は、それならどう動こうかと考えてみるのもいいと思います。とに
  かく、我々は熊本に安心できる日々が早く訪れる様にと願っております。」
弟「被災地の皆さんが早く元気になりますように!!」


★競馬を見て元気になろう 土曜はJG1、中山グランドジャンプ!!

俺「鬼怒川決壊の時も言ったけど、こういう時だからこそとも言えるからな。」
弟「当事者じゃないから言えるんですって・・・」
俺「んなコト言ってたら何もできねぇだろ。」
弟「乱暴なんだから・・・」
俺「ホレ、デシちゃんよ。皆様を元気にしてあげるんだ。」
弟「こういう時によくそんなコトが言えますね。」

俺「・・・何考えてんの?イヤラシイ子なんだからホントニモウ。」
弟「コイツ・・・!!」
俺「何かイヤラシイ妄想をしてる様ですがね、土曜は年に2回のあのファンファーレが聞ける大障害レース、中山グランドジャンプ
  なんですよ。」
弟「恒例行事だ。」
俺「いやいや、いつもは俺がここで例のファンファーレを舞うのがお約束なんですけど。」
弟「ファンファーレは舞うものではありません。」

俺「今日はデシちゃんにやってもらいましょう♥」
弟「なんで!?」


俺「デシちゃんのファンファーレで皆が元気になりますように!!」
弟「どうしてさ!?どうしてボクがやることで、皆を元気にすることになるのさ!?」
俺「元気なデシちゃんだからさ!!」
弟「アンタだって元気だろ!?」
俺「俺は元気がないんだ、眠いんだ!!」
弟「ボクだって眠いわ!!」

俺「マァマァ、恥ずかしがらずに。恒例行事だけどたまには流れを変えてみるのも一興でございます。別に裸踊りしろと言ってるん
  じゃないんだからさぁ、いいじゃん。裸踊りしてもいいけど。」
弟「裸踊りなんかしません・・・じゃあ、あのファンファーレ歌えばいいんですね?わかりましたよぉ・・・」
俺「さすがはデシちゃん!!」


弟「パパパパパパ パパパパパパ パパパパー♪ パパパパー♪」

俺「・・・」

弟「パパパパパパ パパパパパパ パラララッパラー♪パッパラー♪パーパーパーパー・・・」

俺「では予想をですね。」
弟「やらせといてなんだこの扱いは!?」






俺「びっくりする程中山感が無いな。深いバンケットも大障害も浮かんでこねぇ。」
弟「んだよ中山感って・・・」
俺「平坦なヤツはファンファーレも平坦なんだな。」
弟「後で覚えとけよ、くま○ンのディナーにしてやるから。」

俺「なんておっかない・・・!!」
弟「待っててね、くま○ン♥ おいしいハンバーグを作ってあげるからね♥」
俺「食べないで、くま○ン・・・!!」
弟「しかしまぁ・・・今回の中山グランドジャンプなんですけど。ちょっとメンバーが地味というか、一強というか・・・」
俺「昨年覇者のアップトゥデイトが骨りゅうで回避しちゃったからなー。」
弟「こうなるとサナシオンが磐石なのではと誰しもが考えるでしょうし、実際そうなるのでは?」
俺「そうね、はっきり言って抜けた存在になると思う。」
弟「だよねぇ、二番手以下は混戦になるでしょうけど頭に据えられるのはこの馬しか居ないと思えます。エイコーンパスも居ないん
  だからねぇ。」

俺「完走できれば勝ってるんだろうな。」
弟「いきなり不謹慎なコトを・・・!!」


俺「待て待て、言っておくがサナシオンに関しては個人的見解でそう言わざるを得ないんだよ。」
弟「完走できればってコトはですよ、そうじゃない場合は落馬ってコトでしょう!?そりゃあ障害レースはその恐怖が大きいレース
  ですよ、だからってサナシオンの落馬に妙味期待とか、競馬予想としてフザけてるのではないでしょうか!?」
俺「もちろんそんなこと望んでなんかいないよぉ・・・でもこの馬には、その怖さがどうしてもあるんだよ。」
弟「一度も落馬してませんよ。」
俺「去年の中山大障害の時にも言ったろ?この馬は障害馬の中でもかなり変な馬なんだよ。」
弟「なんか言ってたね、そういえば・・・」
俺「走り方が常に力んでいるような走法で、障害飛越の前は小走りになったりする。少なくともキレイな飛越をする馬とは言えない
  にも関わらず大障害初挑戦で3着し、今年の初戦の阪神スプリングJはアップトゥデイトを完封してるんだから強いのは間違い
  ないよ。でもやっぱりあの走り方は気になる。」
弟「そんな変な走り方だっけかなぁ・・・」

俺「西谷騎手は延々ヘッドバンギングしてるんだぞ。」
弟「ガックンガックンしてるのか・・・」


俺「あの走り見てたら落馬云々ではなく、レース中に西谷騎手が脳震盪起こしてブッ倒れるんじゃないかと。」
弟「なんてヒドイ物言いなんだ・・・」
俺「この馬で優勝した後に、レース後の勝利騎手インタビューなんかできないと思う。」
弟「そこまで言うほどかい・・・」
俺「強いんだけど、障害レースの怖さを考えた時に1番不安になるのもこの馬なんだよねぇ。もちろん普通に考えたら圧勝する
  んじゃないかって思えるんだけど、抑えた予想もしておきたくなるんだよ。」


◎サナシオン
○ウォンテッド
○マイネルフィエスタ

三連単◎1着→○2,3着 馬連ワイド○同士



俺「このメンツだけにオジュウチョウサンと石神騎手は積極的なレースをしそう。中山大障害では消極策が功を奏してようやく6着
  って見栄えなんだよな、だからこそここは嫌う。むしろここではペガサスJSで散歩してた大障害経験者ウォンテッドと高田騎手
  のコンビと、最初から勝つ気があまり無さそうなんだけど堅実なマイネルフィエスタ。二番手以下が混戦ならって感じね。」
弟「その馬連も抑えるってコトは・・・」

俺「ダブル本命になるであろうサナシオン鞍上の西谷騎手が、ヘッド
  バンギングのし過ぎで廃人になる可能性は捨てきれない。」

弟「捨ててくれよ、その可能性!!」


俺「距離だって最長のレースだからな、このレースで最も大変なのは西谷騎手になると思うぞ。」
弟「いやいや・・・変な読みは当たらないのです。サナシオンからだけでいいのだ。」


弟子予想
◎サナシオン
○ティリアンパープル
▲ウォンテッド
▲ワンダフルワールド
▲オジュウチョウサン

三連単◎→○→▲ ◎→▲→○



弟「大障害経験者を優位と見て、紅一点のティリアンパープルを対抗にします。普通の障害レースと大障害レースは違うのだ。」
俺「サナシオンが完走すれば当たりそうな予想ですね。」
弟「だから縁起でもねぇんだって!!そういうコト言うなよ!!」
俺「だってお前、ちょっとヘッドバンギングしてみろよ。スゲーしんどいんだぞ。」
弟「知ってますよ。こうでしょ(ブンブン)」
俺「・・・」
弟「こう(ブンブン)」

俺「・・・なんかこういう犬の動画、見たことある。」
弟「こうです(ブンブンブンブン)」




★ダート新世代達の争い アンタレスS


弟「こうかな?(ブンブンブンブン)」
俺「もういいから・・・」



弟「クラクラします。」
俺「そうでしょうね、おそらく西谷騎手はそうなるんじゃないかと思います。お解り頂けたところで次は阪神のアンタレスSね。」
弟「こっちも1着は固そうですね、ユタカさんとアウォーディーでしょう。」
俺「前走の名古屋大賞典でレベルの違いを見せつける圧勝を演じたからなぁ。でもちょっとメンツが違うと思うけど。」
弟「強いよ、アウォーディー。古豪に衰えが見えるダート界で新王者になれそうな存在と言えるでしょう。」
俺「確かに強いんだけど、今回57kg背負ってどんなレースするかだよね。」
弟「お、なんか疑ってるっぽいね。」
俺「最内にクリソライトが居て、外側にトウショウフリークショウナンアポロンが居るって配列でスローになるとは思えないんだ。
  その上で追い込み馬も豊富に居る、過去にあまり馬群がバラけないレースで中団取ってたアウォーディーがここでどんな位置
  からどんなレースするかは見どころになるね。」
弟「ユタカさんはお上手ですから大丈夫です!!」
俺「まぁ、切れないよねぇ。でも早めに動いて末が甘くなるかも・・・って見方はできると思う。仕掛けのタイミングが徐々に早くなって
  きてるんだよな。コーナー回って直線入ったらすぐに先頭が射程距離に入るパターン。」
弟「そのまま突き抜けちゃうのです!!」
俺「正直、先行組はあまり狙いたくないんだよね。固まるにしてもバラけるにしても、末脚自慢がこれだけ揃った中で皆がニラミを
  効かせながら見るのがアウォーディーだと思う。そのアウォーディーが早めに仕掛けると思うからなぁ。」
弟「じれったいなぁ、何が言いたいんですか。」
俺「単純に気になってしょうがないんだよ。」
弟「だから何が?」

俺「サンマルデューク武士沢って文字列。」
弟「サンマルデューク武士沢。」


俺「いいよね、サンマルデューク武士沢。」
弟「いいよねって言われても。」
俺「採れたて野菜に自信アリ、サンマルデューク武士沢。」
弟「スーパーじゃありませんから。」

俺「武士沢騎手と相性最高なサンマルデューク、このメンツなら面白いのでは?」
弟「前走重賞に挑戦して見せ場ナシですよ。」
俺「前走は完全に前残りだったから出番無くてもしょうがないでしょ。それに前走はエビちゃんじゃん。」
弟「エビちゃんですか。」

俺「サンマルデューク蛯名。」
弟「確かに何かが違う気がする。」


俺「それにしても関西重賞でサンマルデューク武士沢が見れるとは。コレは狙いたくなりますな。」
弟「うわ、スゲェ・・・確かに武士沢騎手だと成績に大崩れがほとんど無いんだ・・・」
俺「結構ビックリするレベルの相性でしょ。このコンビで関西遠征とか相当面白いと思うんだけど。」
弟「勝負っ気アリアリと見ますか。」


俺「とうとう、あの関東で話題のサンマルデューク
  武士沢が関西に上陸。」

弟「だからスーパーっぽく言うのヤメテ。」




◎サンマルデューク武士沢
○アウォーディー
▲イッシンドウタイ
▲センチュリオン
▲アスカノロマン

三連複◎○から 馬連◎から



俺「基本的には好位に付けそうな馬を中心に。サンマルデュークは追い込みだけどハマることを期待したい。」
弟「・・・アウォーディーがサンマルデューク武士沢に負けるトコ、見たくないよ。」


弟子予想
◎アウォーディー
○クリソライト
○ロワジャルダン
○ショウナンアポロン

三連単◎1着→○2,3着 馬単◎から



俺「逃げの2頭の中にロワジャルダン組み込むとか、よく解らん予想だな。」
弟「ノリさんが的確な判断をして、ちょうどいい感じに仕掛けてくれるのです。一応前有利と見た予想で、アスカノロマンは大外と
  トップハンデを嫌いました。昨年に続いて大外なんだもん・・・」
俺「クリソライトもトップハンデで、久々の中央競馬場でのレースになるけど・・・この馬は完全に地方専用機化してる気がするん
  だよねぇ。」
弟「その地方戦での相手関係見ても今ならばって思えるよ。この中では歴戦の古豪と言える存在だから頑張ってほしいな。」


俺「とにかく、この週末は熊本に元気を届けられるレースを演じてもらいたいな。競馬見て元気出してっていうのはかなり強引な
  コト言ってると自分でも解ってる。でも、自分が競馬を見て元気もらえたコトが何度もあるので、気持ちとしては心からの意見
  なんですよ。」
弟「今ももちろん不安でしょうけど、何か気を紛らすとか、無理矢理にでも何かを楽しむというのは手段の一つだと思います。」
俺「ヘタに言葉だけの応援をしても逆効果になってしまったりすることもあるからね。だから、我々は我々なりのアプローチで、
  馬や騎手達は懸命な姿で、熊本の方々の不安を少しでも解消できたらいいなと・・・競馬の予想しながらそんなこと言っても
  説得力無いか。」
弟「無いけど、このブログじゃコレしかできないからなー・・・」
俺「引き続き、裏方としての支援は続けます。ここからは現地リクエストを得ての動きになる。それに対しなるべく迅速なリアク
  ションを取ることができる様に、協力会社の方々も一同常時スタンバイしております。」
弟「熊本及び九州に早く安心できる日が来ることを願ってます。それまでに出来ることはやらさせて頂きますので!!」









↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/04/16 03:05 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(5)

家族と家は今の所無事です
[ 2016/04/16 12:31 ] [ 編集 ]

サンスポ一週間前想定ではサンマルデューク福永でしたね
[ 2016/04/16 13:54 ] [ 編集 ]

地震とめて~

地震真っ只中の足軽です。はぁ・・・10分おきに緊急地震速報がなって
昨夜も寝れなかった。と言う事で、タンタン麺ノオジサンが買う馬券を丸のりしたら
(なけなしの100万円ねw)なんと1,000万になりました。
けど約半分は税金だけどね・・・自分では予想できないからね・・・
早く余震終われよ・・・いつもゆれてなんか耳が悪くなった気分だ・・・
[ 2016/04/16 15:20 ] [ 編集 ]

被災地支援にそんな裏事情もあるんですね、今日もずっと揺れ続けていて、現地のニュースを見てもどうすることもできない自分に情けなくなります。
競馬に自分が助けられたことがあるって部分は、人に諭すには重要な一説だと思います。私は今日の競馬に苦い思いをさせられてしまいましたが・・・

師匠の望むように、走る馬の姿が被災地に元気を届けてくれたらいいなと、私も望んでいます。
引き続き大変でしょうけど、支援の裏方がんばってください。
[ 2016/04/16 16:05 ] [ 編集 ]

GEEKさん同様、俺も指をくわえてテレビの映す惨状を見ている傍観者。
支援できる立場や条件を考えてみるといいという師匠の言葉が刺さります。

被災者ではないけど、悪い見本には元気をもらえてるよ。
楽しそうに予想しているし、はずれてやさぐれる二人を見るのも、
たま~~~~に(失礼ゴメンね)当たって嬉しそうにする二人を見るのも好き。

後方支援は大変でしょうけど、絶対に力にしている人は居ると思う。
師匠も弟子ちゃんも頑張って下さい!
[ 2016/04/16 22:06 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1166-494f1da0











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。