マイラーズCとフローラSの予想

俺「・・・あのですね、菱田騎手。」
弟子「もう既になんかコワイよぉ!!」



俺「いや、普通に先行しても同じ結果になっちゃったのかもしれませんがね、フレイムコードを買ってた者の気持ちは俺以外も
  全員同じ気持ちだと思うんですよね。」
弟「師匠が・・・師匠が菱田騎手って言ってるよぉ!!ひしだきゅんって言わないよぉ!!」
俺「あれだけの好スタート切ってポジション下げるとか、菱田騎手は
  どおいうおつもりだったのでしょうか。」

弟「もおヤダよ、こんなおっかない師匠ヤダよ!!」

俺「フレイムコードの持ち味は末脚ですか?違うでしょう。あのスタート切って控えていい馬ですか?違うでしょう。今日この馬を
  買っていた恐らく全ての人が、スタート直後にガッツポーズし、その更に直後に馬券叩きつけたんじゃないでしょうか。」
弟「うう、師匠!!やめたげて!!菱田騎手はまだ若いの!!」
俺「納得できねぇだろ、あの馬でこんなレースされちゃ。まだ先行集団に加わってくれた結果、脚を失い失速してくれた方が納得
  できるんだよ。」
弟「うう・・・」
俺「まだ出遅れの方が納得できるんだよ。でもすげぇいいスタート決めてるんだぞ?それなら前に行って欲しかったわ、結局は
  ミナレットが出遅れてオツウの単騎先頭によるスローペースになり、その中で前走同様に早めに動くハメになってしまい、
  直線では全くお話にならない始末。」
弟「フレイムコードを買ってた人の気持ちはそうなるんですか・・・」
俺「そりゃ惨敗続きの馬だし、今回も惨敗するかもしれないって覚悟して俺も馬券買ってましたよ。どう乗っても同じ結果になった
  かもしれませんよ。でも今回腑に落ちないのは内枠で好スタートを切ったのにって部分だよ、素人目だから競馬通ぶった物
  言いは避けたいところだけど何故?としか思えなかった。」
弟「結果的に2番手追走のマコトブリジャールが優勝し、逃げたオツウが3着に粘っているのがねぇ。」


福島牝馬S 結果
1着 マコトブリジャール
2着 シャルール → 俺▲弟子◎
3着 オツウ


俺「北村騎手はこういう人気の馬でヤラかすよな、京都大賞典のヒットくんを思い出したわ。」
弟「見事にペースを読みましたね、前走シンガリ負けってとこもヒットくんと一緒なんだな。」
俺「走り時ってのが読めない馬だけど、そういう時に当たりを引く運を持ってるのかもね。そこで流れを掴むレースができたんだ
  から見事です。」
弟「チャンスをものにした様な騎乗でした。」


俺「それに比べて菱田騎手。」
弟「おっかないよぉ!!!」



俺「まったくもう・・・俺だっていつまでもぺろぺろとか言って愛でているワケじゃないんだぞ。」
弟「師匠がこういう感じになるとは意外だった・・・」
俺「やはりこういう騎乗をされた時にはチクチク言いたくもなるわ。持ち味を出せる状況が作れたハズなのに、それを捨てる様な
  レースをしてしまったという見栄えなんだもん。イレ込みを抑えきれないのや出遅れとは騎手にかかる責任が違うよ。」
弟「・・・師匠は騎手じゃないんだから、本当の状況はよく解らないでしょう?好き勝手言って菱田騎手を責めちゃダメだよぉ。」
俺「そりゃまぁそうですけどねぇ。」
弟「まぁ、師匠が騎手にブーイングするのも珍しいコトですからね。その辺は菱田騎手に通じるといいですけど。」


俺「とにかく菱田騎手は放課後に
  保健室に来なさい。」

弟「オメェそれが言いたかっただけだろ!?」



俺「アタイが菱田騎手を治してあげます。」
弟「・・・先生、なんで職員室じゃなくて保健室なんでしょうか。」
俺「治さなきゃいけないからです。」
弟「どうやって何を治すのでしょうか。」
俺「注射とか使ってね、えっと・・・泣いちゃうかもしんないけど痛いの
  最初だけだから。そんで治るから大丈夫。」

弟「絶対に何も治らない。むしろ悪化する。」

俺「もちろん細江さんも一緒に治療してくれますよ、菱田騎手。」
弟「もちろんの意味が解らないです・・・大体ねぇ、そういうこと言ったら土曜日はもっと大変なコトがあったでしょう!?」
俺「大変なこと?」
弟「菜七子ちゃんが、憧れの東京競馬場初参戦の初戦で落馬してしまったじゃないですか・・・かわいそうに・・・」
俺「!」
弟「こないだの船橋と違って、あわや大惨事かと思われる危険な落馬になってしまったのです・・・大怪我が無くて良かったけれど
  結局土曜は全て乗り替わりになってしまい、募金活動にも参加できなくなっちゃったんだよ。日曜の予定も当日にならないと
  解らない状況、相当悔しくて泣いちゃったそうです・・・」


俺「うむ、菜七子ちゃんも保健室に来なさい。」
弟「ふざけんじゃねぇよ!!!」



俺「ケガしたんだろ、かわいそうに。治してあげます。」
弟「アンタなぁ・・・菜七子ファンのヒンシュク買ってどうしようってんだ!?」
俺「まず、ひしだきゅんと菜七子ちゃんの居る保健室にしましょう。」
弟「それ、ただの淫獣のコレクターブースにしか思えないから!!」

俺「2人を保健室のベッドに寝かせ、アタイはお昼ごはんを食べに出かけるのです。」
弟「なんか始まった。」
俺「ベッドで悔しさのあまりすすり泣く菜七子ちゃんに、隣のひしだきゅんが声をかける。『先生、どっか行っちゃったな・・・』 
  そこから何かが始まるのです!!」
弟「・・・」


俺「どうです、細江さん!!このシナリオ!!私と
  ハァハァしませんか!!」

弟「ラブリーデイは香港で頑張ってくれるラブリー
  デイだけでいいんだよ!!」



※ラブリーデイとは
管理人と細江さんによる清楚可憐を絵に描いたようなデュオの名称



★まず自分を治せよ マイラーズC

俺「ヒドイ副題を付けられた。」
弟「正論を述べたまでです。」



俺「・・・京都マイル戦のマイラーズCでーす。」
弟「いじけるなよ・・・」
俺「土曜の結果と天気予報を見る限りでは、結構いい時計の出る良馬場になりそう。」
弟「そしてこの、トップクラスとは言え詰めの甘そうな感じのメンバー構成・・・ここも福島牝馬同様に予想を決めにくそうです。」
俺「おまけに鞍上の入れ替えがメチャクチャ激しいんだよなぁ。この騎手の並びもまた予想する上で悩ましい部分だ。」
弟「中でもフィエロなんですよねぇ・・・」
俺「デムーロ騎手が騎乗停止になったことで抜擢されたのが、普段調教をつけている鮫島騎手と。」
弟「乗り慣れているコンビと見るか、調教と実戦は別物と見るか・・・鮫島騎手自体は今年2勝しかしていないんだよなぁ・・・」
俺「こういうコンビだからこそ勝ってほしいって気持ちもあるけど、上手くいく采配でもないよね。軸にはしにくいと思う。」
弟「そうなんだよねぇ・・・」
俺「京都実績とタイムでは抜けてるんだ、流石に切るには至らないよ。」
弟「ふむ。」
俺「しかしドコを基準にしようか迷うメンバーだよねぇ。なんか7歳馬vs4歳馬って感じで。8歳のダノンシャークも居るけど、基本は
  その2世代による対決って構図に見える。」
弟「古豪vs新世代だ。」
俺「今年の重賞履歴を見る限りでは4歳優勢だけど、そういう馬って大体3歳で既に重賞クラス走ってるんだよな。上がり馬が当て
  はまるとは言いにくいんだよ。クルーガーネオスターダムは一応の重賞経験があるけど、ちょっと路線が違う気がするなぁ。
  同世代のちゃんとした上級馬と戦ってたのはアルバートドックぐらいじゃないか?」
弟「前走シンガリ負けしてますけど、不利も重なってのモノですからね。」
俺「二日連続でシンガリから優勝なんてのも出来過ぎな気はするけどね。」
弟「芝ダート兼用のダノンリバティは?この馬だって3歳時はクラシックに参戦してましたよ。」
俺「強いと思うよ。でも京都の速い馬場が合うって感じではないんだよな、だからダートに目先向けて走ってたんじゃないの?
  今回は切っちゃおう。」
弟「わぁい♥ ボク本命♥」
俺「フローラSもあるし、ここはさっくりと予想出しちゃお。」


◎クラレント
◎アルバートドック
▲エキストラエンド
▲フィエロ
▲サンライズメジャー

三連複◎2頭から 馬連ワイド◎同士



俺「展開がどうなるか読みにくいけど、馬場も考えてクラレントを抜擢したい。府中巧者の印象もあるし、レース自体の相性の悪さ
  も感じられるけど、まず小牧騎手=ノースヒルズの勝負騎手って印象がやたら強くなってきてるからな。」
弟「だこぉう!!」
俺「アルバートドック以外は7歳勢で固めた。エキストラエンドとフィエロのディープ2頭と、昨年以来の四位騎手騎乗になるサンラ
  イズメジャー
。この▲3頭は大きく崩れるコトは無いんじゃないかね、軸の方で攻めてみよう。」


弟子予想
◎ダノンリバティ
○フィエロ
▲ダノンシャーク
▲エキストラエンド
▲サンライズメジャー

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から



弟「本命サイド以外は結構カブっちゃいましたね、ボクはそこにダノンシャークを加えて考えてみました。8歳ディープ産駒には
  頑張って欲しいね、だこーと一緒なのだ。」
俺「流石に昨秋のレースには衰えが見られると思って切っちゃったけど、未だに怖さはあるんだよなぁ・・・」
弟「ダノンリバティも前走の阪神での時計見る限りでは充分だと思うね。」
俺「当たりそうだねぇ、デシちゃんの予想。」
弟「自分の予想に自信持とうよ・・・」

俺「大丈夫、フローラSは自信あるから。」
弟「!!!!!!?!?!?」




★ここはもらった、いや、もらうしかない フローラS

俺「まぁ、自信があると言うか、なんというか。」
弟「あんまりそういう発言をしない師匠が・・・!!」

俺「この2頭からしか有り得ないというか。」
弟「フラグだよね!?それフラグなんだよね!?」


俺「・・・この出馬表見てみろよ、この2頭が俺に買ってくれー買ってくれーって言ってくるんだよ。」
弟「こわい、こわいよ師匠!!どうしちゃったっていうの!?」
俺「このレースはな、俺に当ててくれって言ってる様なモノなんだ。もう色々と考えて予想をする必要すらない。」
弟「せめてそうなった理由ぐらい教えてよ、そうしないと不気味でしかありませんよ!!」
俺「理由ね。理由っつーか・・・要するにかなりのチャンスなんだ。無駄にはできない。」



管理人にとってのチャンス →   CLICK HEAR!!



弟「・・・」
俺「この2頭からどう買おうか、いやむしろ馬連ワイドのみで勝負しようか。とにかくこんなチャンスは滅多にない。」
弟「・・・」
俺「どうしましたか、デシちゃん。」


弟「昨日の今日でコレか!?」
俺「昨日ダメだったからこその今日だ!!」



弟「師匠はどうしたいの!?地球を爆発させたいの!?」
俺「どうしてそうなるの・・・?」
弟「そうなっちゃうから、そうなるの!!」
俺「そうなっちゃうのならしょうがない。爆発してもらおう。」

弟「確かになんか有り得そうだからコワイんだよぉ、福島牝馬Sの比じゃないんだよぉ・・・!!」
俺「失礼なヤツだ、この2頭にも失礼じゃないか。」
弟「例えそういう結果になっても、その結果の馬券を師匠が買ってはいけない!!特に馬連なんてもってのほかです!!」


俺「・・・もう買っちゃったよ。馬連とワイドだけは。」
弟「当たっちゃダメェェェ!!」



弟子予想
◎フロンテアクイーン
○チェッキーノ
▲ビッシュ
▲パールコード

三連複◎○から 馬連◎から



弟「エビちゃん!!ルメールさん!!地球の爆発を防いで!!」
俺「ああ、エビちゃんいいな。フロンテアクイーンはメイショウサムソン産駒でオペラハウスへの弔いにもなる。」
弟「だ、だったらエビちゃんにしましょう!!師匠はエビちゃんがダイスキなのさ、よかったね!!」
俺「でも前走は展開が合った部分も強いし・・・」
弟「難しいコト考えずにエビちゃんにしましょう!!ボクと同じ本命だね、ウレシイな!!」


俺「・・・だからもう買っちゃったんだって。」
弟「ハズれてくれぇぇぇぇぇ!!」







※フローラSで管理人が馬連を当てたら地球が爆発します



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/04/24 02:41 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(4)

ゲートで馬が暴れて負傷乗り替わりとなり、募金活動にも参加出来なかった善臣先生も保健室に呼び出しですね。

コラムで『こんなオバサンの黒ティクビを求めてくれる殿方は息子だけ』って、ラブリーデイの相方が嘆いてたのを思い出しました。
[ 2016/04/24 08:20 ] [ 編集 ]

師匠も弟子ちゃんも最近すごいな、違う意味で…

でも師匠の人気薄の狙い方は本当に良い線で来るから、そろそろ特大のヤツが来るのでは?
[ 2016/04/24 16:06 ] [ 編集 ]

三浦の逃げと典さん安定のポツンで道中総取り状態で走ってるの見て、なんか和んだ。ホントお二人はエンターテイナーですね。
[ 2016/04/24 18:37 ] [ 編集 ]

地球滅亡馬券の方に関心を向けておいて、実はたった一人の少女の笑顔を取り戻すためだけの壮大な前フリです。アンドレアちゃんもご満悦じゃないかな?さすがはエンターテイナー!しかしながら、地球滅亡馬券の購入は今後お控えください。
[ 2016/04/24 19:29 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1171-065ebd02