連休前夜

俺「・・・」

弟子「・・・師匠。」

俺「なぁに?」



弟「師匠のビラビラ・・・とっても
  キレイですね・・・(チョンッ)」

俺「ああぁ!!触るなってばぁ!!」




弟「だってぇぇ・・・」

俺「ダメだよぉ、まだやわらかいんだから・・・」

弟「ふぐっ・・・だってボクのビラビラは・・・」

俺「見せてごらん。」

弟「・・・イヤです、ハズカシイから。」

俺「見せてくれなきゃわからないよ、ホラ!!教えてあげるから!!」

弟「やだぁ、やだぁ!!見ちゃやだぁ!!」



俺「わぁぁ・・・グチョグチョになっちゃってる・・・」
弟「そんなに見ないで!!恥ずかしいよぉ!!」




俺「クスクス(ツンツン)・・・こんなにしちゃって・・・」

弟「ひっく・・・ひっく・・・」

俺「でもそんなに恥ずかしがるコトじゃないって、初めてなんだから。」

弟「でも・・・初めてだけどこんなになっちゃうなんて自分で思ってなかったんだもん!!」

俺「しょうがないなぁ・・・じゃあ、ちょっとこっち来て。それでさっきと同じようにやってみて。」

弟「うん・・・まずこうやって、フチを濡らすんだよね?(クチュクチュ)」


俺「あぁ!!そんなに濡らしちゃダメぇ!!」
弟「えぇ!?ダメなの!?」



俺「・・・そんなにビチョビチョにしたら、垂れちゃうよ。」

弟「ちょっとだけ濡れてればいいの?」

俺「そうだよ、見ててごらん。指先でこう、やさしくフチをなぞってあげるの。」

弟「わぁぁ・・・」

俺「上と下をね・・・これぐらいでいいの。」

弟「ほえぇ・・・」

俺「あんなにビチョビチョにしちゃったら、垂れてグチョグチョになっちゃうでしょ。濡らしすぎちゃダメ。」

弟「うん、わかった。こんな感じだね・・・(クチュ・・・クチュ・・・)」

俺「ん・・・そう・・・上手だよ・・・」

弟「そしたら・・・コレを入れて・・・」



俺「ちょ、ちょっといきなりそんな
  大きいのは・・・」
弟「たくさん入れたいの!!」




俺「初めてなのに、欲張りなのね・・・」

弟「これぐらい入るもん!!」

俺「キツキツになっちゃうよ、それじゃ。」

弟「大丈夫だもん!!」

俺「しょうがないなぁ・・・じゃあそのまま続けて。まずははじっこの先っちょをやさしくつまんで・・・」

弟「こう・・・んんんっ・・・(クニュッ)」

俺「・・・ホラ、いきなりもうキツそうじゃん。」

弟「んん・・・がんばるもん・・・」

俺「じゃあビラビラをつまんでいって・・・」

弟「ん・・・あぁ・・・やぁぁ!!」

俺「無理しちゃダメ、もっと優しく。」

弟「ふにゅぅぅ・・・ふやっ、ああ!!ダメダメダメぇ!!(ビュクッ)



俺「・・・ホラ、でちゃった。」
弟「ひっく・・・でちゃうよぉぉ・・・」




俺「だから言ったでしょ。初めてなのにいきなり、そんなに大きいの・・・」

弟「・・・だってボクは、大きいほうがスキなんだもん。」

俺「初めてのクセに・・・」



弟「大体師匠だって、いつもこれくらい入れてるじゃん。」
俺「そんな入れてないってば。」




弟「ウソです、これくらいの大きさだもん!!」

俺「俺のはもっと小さいよ。見ててみ・・・ホラ、これぐらい。」

弟「・・・いつも見るの、もっと大きい気がする。」



俺「中でふくらむの。」
弟「そういうものなんだ!!」




俺「だから、入れるときは小さくていいんだよ。」

弟「そうなんだぁ・・・じゃあこれぐらい?」

俺「そうね、それでもちょっと大きいくらい。デシちゃんは初めてなんだから、もっと小さくした方がいいよ。」

弟「じゃあ・・・これぐらい。」

俺「うん、それぐらいがいい。」


弟「ああ・・・もう手にニオイが付いちゃったよぉ・・・」
俺「うふふ、このニオイが取れないんだよ。」



弟「おいしそうなニオイだけど、ハズカシイよぉ・・・」

俺「寝ようとするときにね、手を顔に近づけるとそのニオイがして、ちょっと興奮しちゃうんだよね。」

弟「たまらなくなってしまいそうです・・・」

俺「じゃあ続けてみよっか。ここからは俺のマネをしてくれた方がいいかも。」

弟「うん、師匠のが見たいです。」

俺「まず、このはじっこをちょっとだけつまんで・・・(クニュ)」

弟「こう・・・(クニュ)」

俺「そしたら、こんな感じでビラビラを・・・(クニュッ)」



弟「師匠・・・すごく上手・・・」
俺「クスッ」




弟「こ・・・こうするのかな・・・?(クニュウ)」

俺「ふふ、ぎこちないね、デシちゃん。こうだよ(クニュッ)」

弟「こう・・・(クニュッ)」

俺「そう・・・そのまま続けて・・・(クニュックニュッ)」

弟「んん・・・んうぅ・・・(クニュックニュッ)」

俺「ホラ、頑張って、デシちゃん!!もうちょっとでいけるよ!!」

弟「ふぅぅぅにゃぁぁぁぁ・・・!!(クニュゥッ)」




弟子餃子


弟「でけたああああああ!!!」
俺「おめでたうデシちゃん!!!」




以上、
『連休前に餃子作りを各方面から頼まれた管理人が弟子に
手伝わせようと試みるも、弟子が餃子を握ったことが無かった為、
教え込みながら作らせようとするもかなりヘタクソで、苦戦しながら
最初の一個を上手く作れる様になるまでの模様』

をお届け致しました。







※そしてその餃子は弟子が自分で食っちゃいました



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!


[ 2016/04/29 00:19 ] その他 | TB(0) | CM(5)

ばくはつしまーす
[ 2016/04/29 00:45 ] [ 編集 ]

お久しぶりです!
のコメント

ワロタ!!!
[ 2016/04/29 02:02 ] [ 編集 ]

師匠のギョーザ、通販希望します!!
[ 2016/04/29 02:56 ] [ 編集 ]

お前は鶴光師匠かっ!!!!!!
[ 2016/04/29 07:27 ] [ 編集 ]

往年のファミ通だっけかこういうの
[ 2016/04/29 19:13 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1176-dc4ca3e5