イスパーン賞の結果と川崎マイラーズ予想

★イスパーン賞、見ましたか皆さん

俺「おかしいだろ。」
弟子「おかしいです。本当におかしいです。」


俺「エイシンヒカリって絶対おかしいだろ。」
弟「なんなんですか、あの馬は。」



俺「いやいやいや、あの降雨後の馬場でこの勝ち方はおかしい。それは考えてない。」
弟「10馬身差ですって。」
俺「おかしいだろ、それ。この馬はディープインパクト産駒なんだぞ。」
弟「でもキズナが勝ったニエル賞もロンシャンの重馬場でしたよ。」
俺「なんかこう、問題が違う。」
弟「確かにこの着差には驚きました。喜びと言うよりも愕然とした感じです。」
俺「相手として注目していたニューベイイラプトが全然だったけれど、それにしたって2着のダリヤンだって今年のガネー賞(G1)
  勝っててレーティング119持ってる馬だから、それと比較してのレーティングポイントとなるとエライことになるぞ。」
弟「本当にビックリしました・・・いや、当たり前のことですけど嬉しいんですよ。」
俺「うん、解る。嬉しいのは間違いない。」


弟「・・・やっぱおかしいよね!?」
俺「おかしいんだよ!!!」



弟「なんかもう、ユタカさんが乗ってたからどーのこーのではなくて、レース見ててなんだこの馬はってここまで感じたの、初めて
  かもしれませんよ。」
俺「衝撃のレースは数々あるけど、その中に名を連ねるだけの内容だったと思うね・・・いや、これでもプリンスオブウェールズSで
  勝てるかどうか確信が持てないのもエイシンヒカリが持ってる部分にはあるんだけど、こういう姿を海外のこういう馬場で見せ
  られると、マジでなんだこの馬はって思うだろうよ。」
弟「失礼かもしれないけど、相手が弱かったってコトにもなるんじゃないの?」
俺「正直ね、2着のダリヤンと3着のシルバーウェーヴは5月のガネー賞の1,2着であり、使ってこれた強みみたいなものはニュー
  ベイよりもある。そのダリヤンはドゥラメンテらが出走していたドバイシーマクラシックで6着だったワケだ。つまり出走していた
  日本馬全頭にこのレースで負けていた。そう考えたら負けてほしくない相手であったことは間違いないんだよね。」
弟「ふむふむ、なるほど。」
俺「だから、多分このレースでの相手関係は次走では度外視すべき点になるかもしれない。相手が今回は弱かったという見方は
  間違いではないと思うよ。」
弟「あくまで同じ様な相手に本番で戦うことになっても今回はって部分を強調するんですね。」


俺「そこを踏まえても、やっぱり『なんだこの馬は』
  って印象が変わらないんだよ!!」
弟「なんだかこわいよ、エイシンヒカリさん!!」



俺「・・・なんだろう、普通はね、海外戦で日本馬が勝つと『やったー!!』とか『すげー!!』っていうリアクションになるんだわ。
  強い勝ち方してくれたら、それは当然気持ちいいハズなんだわ。」
弟「そうですね。まぁ、すげー!!ってレース終わった時は思いましたよ、うん。」
俺「俺もね、最初はつえー!!ってハシャいださ。ツイート見てても皆大喜びでさ。でも少し冷静になって考えちゃうんだよ・・・」
弟「ボクも、違和感というのはおかしいのかもしれませんけど・・・」
俺「後から思い返して、ここまで不気味に思えるレースってなかなか
  無いと思うぞ。」
弟「褒め称えると同時に畏怖の念を覚えてしまう・・・!!」

俺「やっぱり相変わらずお利口さんな感じは無いんだよね、ヴァダモスにハナ叩かれて正面に来られた時には首をブンブン振って
  怒ってるみたいだったし。」
弟「エイシンヒカリらしさも充分に見せてくれました、当然その強さもエイシンヒカリらしい強さだったんだけど・・・」
俺「あの直線、馬なりで先頭に立つ姿は正直かなりの怖さがあるぞ・・・」
弟「例えばこれがパンパンの良馬場で、一般的にはエイシンヒカリが有利になるであろうとされる環境であれば?」
俺「不思議さは無いね。こういう相手にこういう勝ち方しちゃうかー!!スゲーなぁー!!ってなる。」
弟「うんうん。」
俺「でも今回は重馬場、まぁ単なる先入観でディープ産駒=馬場悪化に弱いというのは確かにあった。よく考えたら今まで負けて
  いたのも良馬場で、稍重では一度勝利しているんだよな。香港も決っして速い馬場とは言えない環境だったし。それでもねぇ、
  まず『最後に力強く突き放すエイシンヒカリ』をこの馬場で想像しろって言われると、これまでのレースからは考えにくかった。」
弟「それを見事にやってのけたのです。」


俺「なんておっかないのでしょう。」
弟「おっかないですねぇ・・・!!」



俺「・・・同じ様な勝ち方をプリンスオブウェールズSで見せたら間違いなく世界の怪物扱いされるだろうな。」
弟「なんでも今回の勝利で凱旋門賞プランも浮上したみたいです。」
俺「さっきも言ったけど、今回は前哨戦で特殊な馬場状態、有力どころは仕上げ途上だし更に有力な馬が本番には登場するで
  あろうと考えたら、いくらここで驚異的な勝ち方をしても楽観視することはできない。でも再現する可能性だって充分に有る。」
弟「むうう・・・次もこんな勝ち方したら大変ですね・・・!!」
俺「当然、応援する側としては望むべきことだ。今回のこの勝利も日本産の日本調教馬史上初の欧州G1勝利という快挙なんだ、
  それをこんなとんでもない勝ち方で達成したんだから本当に凄いとしか言い様がない。」

※過去に欧州G1を制した馬達は、エルコンドルパサーもタイキシャトルもマル外だったのです

弟「この時点でもう日本馬として突き抜けてしまわれたのだ、ヒカリさんは。」
俺「すばらしい。あまりの勝ち方に愕然としてしまったのは事実だが、次も期待してまずは欧州遠征最良の結果をお祝いせねば
  なるまい!!おめでたう、ヒカリさん&ユタカさん!!
弟「次も凄いレースを見せてください!!おめでたう!!」
俺「水曜日には帯同馬のエイシンエルヴィンもモントゥルトゥー賞に出走するからね、こちらも応援せねば!!」
弟「ヒカリさんの勝利で、エイシンエルヴィンがモンスター扱いされちゃうかもしれないね!!」
俺「よし、では改めて、凄かったイスパーン賞を見直そう!!」
弟「はい!!」






俺「いやおかしいって!!」
弟「なんなんだよ、この馬!!」




★・・・この余韻の後にこのレースの予想しろってか 川崎マイラーズ

俺「・・・えー、川崎マイラーズです。昨年ソルテくんがここから重賞連勝街道を歩み始めたレースですね。」
弟「なんだかすげぇ疲れてるね・・・」
俺「あんなレース見た後に予想するんだぞ。こういう状況を何て言うか知ってるか?」
弟「さぁ・・・」

俺「物を見る目がバカになってるって言うんだ。」
弟「間違ってないですね・・・」


俺「あんなとんでもねーレース見た後に馬柱をちゃんと見れるか。」
弟「ちゃんと見れるかどうか心配なんですか?」
俺「そりゃそうだろ。」
弟「そのくらいがちょうどいいという可能性もありますよ。」
俺「なるほどーう。」

弟「ご納得頂けた模様でございますね。」
俺「そうかそうか、うんうん。強い馬は強いのですね。なるほどーう。うむ、一気に見えてきた。」
弟「テンションも若干ヘンなことになってきました。」


俺「なぁんだ、3頭立てじゃん♪」
弟「!!!!!!!!!!」



俺「キャハハ♪よく見たら3頭しか居ないじゃん♪キャハハハハ♪」
弟「し、師匠、いい?落ち着こう?自分で言ったよね、物を見る目がバカになってるって。」
俺「いやいやいや、ここは強い馬が強いでしょう。まったく荒れませんね、妙味クソ喰らえですよー♪」
弟「そしてソレを自分で言っちゃう辺り・・・むしろ物を見る目だけでなく全体的にバカになってやがる・・・!!
俺「でも実際上位抜けてるだろ、ここ。ブルーチッパーレガルスイが逃げて、その直後にモンサンカノープスが付けたら、この
  3頭の争いのままゴールするんじゃねーか?」
弟「クソ固い読みだし・・・!!」
俺「ここでねぇ、カタ真面目な馬券師さんはねぇ、オッズを釣り上げようとこう考えるんです。ブルーチッパーとレガルスイの飛ばし
  合いになったらどちらか、あるいは両方潰れるのではないかってね。」
弟「・・・互いに逃げて実績残してる馬ですからね、先手争いの激化は自爆の引き金になるかもしれません。」
俺「いやー、そうはならないでしょー。そんなこと疑ってるんですかぁ?皆さぁん♪」
弟「・・・誰だこの人。」
俺「疑っちゃダメなんですよ。」



疑っちゃダメだぞ♥ →   CLICK HEAR!!



弟「完全にただのバカじゃねーか!!」
俺「お前そりゃ失礼過ぎですよ、いくらなんでも。」



弟「そうじゃなくて・・・その発言は完全に自爆しようとしているのでしょう!?」
俺「そろそろ大丈夫でしょう!!」
弟「そろそろって言われても、過去にコレでどれだけ痛い目に遭ってると思ってるんだ・・・」
俺「まずブルーチッパーとレガルスイ、確かに共に先行馬でハナにはできることなら立ちたいだろうし、互いがこのメンバー内での
  強敵同士であると考えたら、勝とうとしたら負かしに行くことも考えなきゃならない。それが潰し合いの引き金だ。」
弟「・・・ちゃんとした解説をするなら聞きましょう。」
俺「でもそうならない理由はある。ブルーチッパーが内でレガルスイが大外でこの斤量ならば初速はブルーチッパーが上だろ。
  多分レガルスイは無理につっかけないと思うね。」
弟「なんで?」
俺「このコンビ、それでソルテ負かしに行って失敗してるじゃん。」
弟「だからその時にさっきの言葉を聞かされたんだよ!!」

俺「浦和のゴールドカップね。2番人気に推されたレガルスイと石崎騎手のコンビはソルテに強引に競りかけて玉砕、そんなムリ
  する必要ないだろ、相手はソルテなんだぞ
と購入者から大バッシングを受けたのである。」
弟「でもソルテくんとブルーチッパーとなると、格が違うでしょう。倒しに来る可能性はあるんじゃないの?」
俺「倒しに来るとしても道中で強引にってコトはないだろう。」
弟「そうかなぁ。」


俺「テメェ疑ってんのか!?」



疑っちゃダメだぞ♥ →   CLICK HEAR!!



弟「何がしてぇんだよ!!」


俺「そんな、彼のことを学習能力の無い子みたいに言わないで頂きたい。」
弟「言ってません。」
俺「どっちかっつーとブルーチッパーの岩田騎手の不調の方が怖い。焦ったレースはしてほしくないね。」
弟「今年まだ重賞勝ってないんだよねぇ、岩田騎手。」
俺「前走ブルーチッパーで惜しいレースしてるし、その時の相手が中央馬だったから、ヘタに強気過ぎるレースをされると困るな。
  ただしこの馬が結構飛ばしたところで後方の出番は無いんじゃないの。」
弟「飛ばし過ぎたらバテちゃうじゃん。」
俺「まずこの馬が結構飛ばしたところでついて来れる馬が限られるんだよ。そして飛ばし過ぎるって程のペースにはならないよ。
  だってレガルスイが無茶な競り合いしない限りはペース守れるハズだから。」
弟「だからそこがですね・・・」



疑っちゃダメだぞ♥ →   CLICK HEAR!!



俺「何度言わす気だよ!!」
弟「言わなくていいんだよ、しつけぇな!!」




◎ブルーチッパー
◎レガルスイ
▲モンサンカノープス

三連単◎1,2着→▲3着 三連複



俺「うわー固そう。」
弟「・・・物を見る目がバカになった結果が、何故かカッチカチ予想になったな。」
俺「モンサンカノープスが勝つ可能性は残る。その場合が潰し合いパターンだね。昨年の日テレ盃みたいになったとしても前2頭
  はそれと同様に後方に追いつかれないんじゃないかな。」
弟「ああ、クリソライトvsコパノリッキーの潰し合いをサウンドトゥルーが抜き去ったレースか。」
俺「大きく崩れるとしたらレガルスイなんだろうけど、ここでそれは無いだろう。」
弟「じゃあブチ込むんですか、三連複に。3頭立てなんでしょう。」
俺「いやぁ・・・」


弟「オメェ何度も言ってただろ!?オメェが一番
  疑ってるんじゃねえのか!?」

俺「いやぁ・・・」




弟子予想
◎モンサンカノープス
〇ブルーチッパー
▲ガンマーバースト
▲バーンザワールド
▲レガルスイ

三連単◎→〇→▲ うまふく◎〇




俺「なんで信じねぇんだよ!?」
弟「オメェに言われたくねぇよ!!」






※物を見る目がバカになるとこうなるんです
  改めておめでたう、エイシンヒカリさん!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/05/25 01:20 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(1)

ほほう。

師匠が魔法の呪文を唱えるなら…


ブルーチッパー、レガルスイは『おにぎり』だ!(#`皿´)


イケてない岩田じゃ強気に飛ばして潰れそうだわ!(#`皿´)

◎モンサンカノープス
〇ガンマーバースト
△ポイントプラス
▲ミラーコロ

3連複
②→①③⑦

3連単
②→③→①⑦


赤レンガ記念(照)

ここはオヤコダカの飛躍に期待したい!

◎オヤコダカ
〇コルージャ
△グランプリブラッド
▲ナムラビクター

3連複
⑨→④⑤⑧

3連単
⑨→④→⑤⑧
[ 2016/05/25 19:53 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1196-6fa436d4