スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コリアカップの向かう先

俺「マカヒキだなあ。」
弟子「あっぶなかった・・・」



【ニエル賞】マカヒキが世界デビュー戦でV 凱旋門賞へ向け好発進


俺「危ないっつーか、ちょっと余裕ブッこき過ぎたね。実質レースしてた距離は何メートルだってくらいのドスローだもん。そりゃー
  他の馬だって簡単には止まらなくなる。末脚自慢って言っても前に居た馬だって直線伸びちゃうんだから、捕まえようにも
  捕まえにくくなるさ。」
弟「この頭数じゃそうなるよね。」
俺「逃げ打つワケにもいかないし、無理もさせられないし。ある意味一番イイ勝ち方なんじゃないの、最有力候補って見方はされ
  なくなった。」
弟「・・・師匠はマカヒキに対する見方が結構ドライですよね。」

俺「だって、いくら強くてもマカヒキなんだもん。」
弟「このレースが終わってもそれを言うか。」


俺「でも、どーも1枚落鉄しちゃってたらしいぞ。そこが心配よね。」
弟「うええ!?大丈夫なの!?」
俺「どこでどう落ちたかは解らないけど、海外戦で多いのは間違いない。ダメージは心配だけれど、本番でこうならないようにして
  ほしいと願うばかりだよ。」
弟「まったくその通りです!!」
俺「しっかし悔しいな。」
弟「・・・どこまでマカヒキを目の敵にするおつもりなんでしょうね、この人は。」
俺「違うんだよ、マカヒキが勝ったのは一安心だし、勝ち方も派手よりこういう感じの方が理想的だった。日本代表が勝ったんだ
  からウレシイに決まってるだろ。」
弟「じゃあ何が悔しいのさ?」
俺「ニエル賞終わった直後だよ、気付かなかったか?」
弟「何・・・?」
俺「そう、それが正しいリアクションだ。皆気付いてないと俺は思ってたんだ。」



マジで悔しかった → 




俺「俺だけの発見だと思ってたのに・・・!!」
弟「皆よく思いつくよね、そういうこと。」



俺「今日一番悔しかったぜ。」
弟「昼間の馬券はどうでもいいんですね。それが一番悔しいのですね。」
俺「お前の予想スゴかったよな、今回。アレもある意味悔しいんじゃねーの?」
弟「当たったのでウレシイのです!!」


セントウルS 結果
1着 ビッグアーサー → 俺◎弟子〇
2着 ネロ → 俺切った 弟子◎
3着  ラヴァーズポイント → 弟子▲


弟子 馬連&三連複HIT!!
馬連配当 490円 三連複配当 5050円



俺「そりゃまぁね、そうなんだけど。」
弟「やはりボクは夏競馬CMに呪われてたのだ!!新しいCMもクソ気持ち悪かったけど!!
俺「俺は相手選びがとことんダメだったな、ビッグアーサーが予想外の逃げ展開になりながらも完勝したのは嬉しいけど。」
弟「いやー、びっくりしました。他の馬がついていけないって感じになったんですね。」
俺「あそこで強引に抑えるよりは行っちゃえって判断だよね。ネロの内田騎手も共倒れを恐れて控えた、1,2着は好判断だ。」
弟「前に行かない時はちょっと心配になりましたが。展開としては読み通り、ラヴァーズポイント含めて前残りです!!」


4着 アースソニック → 弟子▲


俺「いや、これが凄いよな。」
弟「惜しかった・・・!!」



俺「3着アースソニックなら三連複万馬券だったんだけどなぁ。」
弟「いい読みであったわ!!」
俺「1~4着狙い当てて、3,4着が共に人気薄ってのはなかなか凄いぞ。」
弟「結果的に比べたら安目ってことになってしまいますが、最近こういう配当の馬券取れてなかったらいいの!!」
俺「俺どっちもカスりもしなかった。」
弟「京成杯は予想の時点でよく解らんと言ってたし・・・」


京成杯AH 結果
1着 ロードクエスト → 俺切った 弟子◎
2着 カフェブリリアント
3着 ダノンプラチナ → 俺◎弟子〇


俺「ロードクエストダノンプラチナが強かった。斤量とローテとコース考えたらダノンプラチナ結構凄いな。」
弟「おまけに馬体が-18kgですよ。」
俺「カフェブリリアントだって+18kgだよ。」
弟「馬体重って、アテにならないものなんですね。」
俺「一応前回や前々回と見比べて、前が異常だったら元通りってパターンもあるから。ダノンプラチナはそのパターンだったんだ
  けどカフェブリリアントは数字だけ見たら完全に増え過ぎだもんなぁ。」

弟「阪神最終に-45kgって子が居ましたけど。」
俺「前走が+39kgだから元通りだね。なるかバカ。」


弟「馬体重の増減が激しい馬を買えばいいんだって、阪神最終でこの馬の複勝を買った師匠、いかがでしたか?」
俺「ええ、ブービー負けしました。さすがにヤリ過ぎましたね。アテにできない理屈です。」
弟「当たり前です・・・」
俺「さて、この日曜日の話題と言えばもう一つございますね。」

弟「稀勢の里関の黒星発進ですね。」
俺「それのはなしはしたくないです。」


弟「ダイナマイトがっかりでした。」
俺「きいにゃんは置いておきましょう・・・本日メインテーマにしたいのはコチラですね。」



★韓国組、遠征お疲れ様!!ではあるんだけど・・・

俺「この日曜で焦点を当てたいのは、韓国で初開催となった国際競走のコリアスプリントとコリアカップです。」
弟「遠征組はお疲れ様でした。」
俺「で、だ。」
弟「はい。」





俺「コリアカップではクリソライトクリノスターオーが3角から早々とマッチレース状態、結局直線でクリソライトがクリノスターオー
  を突き放し勝利。2着はそのままクリノスターオーが入線し、日本馬ワンツーを成し遂げたのですが。」
弟「そうですね。」

俺「あまり嬉しいとは思えなかったな。」
弟「昨日ボクが言った通りの『おいしい』状態になっちゃった・・・」


俺「なんつーか、遠征戦で突き放して勝つとスゲー!!つえー!!とか言いたくなるんだけど、今回に関しては3角過ぎてから
  ジト目で見ちゃったもんなぁ。藤井騎手の騎乗は見応えあったけど。」
弟「もちろんクリソライトもクリノスターオーも強い馬なんですけど、今回のレースでは強いって見栄えにはならないんですよね・・・」
俺「この日本馬2頭が強いって言うよりも、これだけの差があるんだなってハッキリしたレースだ。」
弟「コリアスプリントはグレープブランデーが3着、ミリオンヴォルツが5着と敗れてしまいましたが。」
俺「スプリントの勝者のスーパージョッキーは昨日言った通り香港の上位クラス馬。だから負けても全然不思議はないって言った
  だろう?香港の短距離界は既に世界でトップレベルを誇っているからね。」
弟「2着が韓国のマチョンボルトという馬でしたが。」
俺「今開催で最もお見事と言ってあげたいのはこの馬でしょー。凄く頑張った。」
弟「うんうん。」
俺「でも、こう言えちゃう時点で俺も上から目線だってことだよな、韓国競馬に対して。」
弟「そういうことになりますね、韓国馬にしては頑張ったって言ってるんだから。」
俺「特にコリアカップの内容には、そうならざるを得ないんだよな。あれだけ明確にレベル差を見せつけてしまっては。」
弟「ですねー・・・」

俺「日本馬が強いって言うより、韓国の競馬技術が
  まだまだなんだよね。」


弟「まぁ、仕方ないんでしょうけど。」
俺「いやー、仕方なくはないでしょー。ここ最近の本腰の入れ方は香港よりも熱っぽかった。韓国は馬産もやってるんだよ。」
弟「香港は馬産してないんだっけ。」
俺「うん、香港は競走馬を仕入れて走らせてるんだ。それに対し韓国は生産からやってて、日本産の種牡馬も多く韓国に渡って
  いるんだよ。先日天国に旅立ってしまったメイセイオペラも韓国で種牡馬やってたの。」
弟「そうだったのかぁ。そうなると言い方は悪いけど、血統的には日本をスケールダウンした感じになるの?」
俺「正直そうなるね。日本で種牡馬になれなかった、あるいは大成しなかった馬ってことだから。他国から来る馬もそういう感じに
  なると思う。」
弟「まぁ、血統だけではありませんからね。」
俺「うん、やっぱそこの部分だね。育成技術だろう。」
弟「こういう国際競走を開催したってことは、韓国自身も他国と戦えるって自信を持ってたのかなぁ?」
俺「微妙だけど、少なくとも育成してる側は互角に戦えてほしいって願い、出走させているハズだよ。運営サイドはひょっとしたら
  これだけのレベル差を覚悟していたかもしれないけど。」
弟「どうして?」
俺「他国のレベルを知るって、どんなスポーツでも重要なことでしょ。日本だってジャパンカップ開設当初は海外勢に負け続けて
  いたんだから。その経験があっての現在だよ。」
弟「ああ、なるほど。それを知る機会が欲しかったと。」

俺「でも流石に、ここまでの差を見せられるとは
  思ってなかっただろうな。」


弟「・・・」
俺「だから、ここからなんだよね。このレースを見て日本や香港はまずどう思う?それこそ昨日のお前と一緒、『おいしい』だよ。
  地方交流戦とほぼ一緒だ、出馬したらほぼ確実に賞金を持って帰ることができる狩場だよ。韓国は日本から見ても他の海外
  遠征よりも全然近くて、手軽な位置にあるのも魅力。」
弟「そこで、あれだけの賞金額ですからね・・・」
俺「地方勢でさえ思っただろ、これならウチの馬もコリアカップに出したいって。南関オープンクラスなんか特にね。」
弟「そうでしょうね。」
俺「今日の結果で前以上に韓国競馬はナメられたんだ。そこを韓国自身がどう捉えるか、そこが重要になってくると思う。開催
  する度に今回みたいな結果になったら韓国の競馬ファンも育たないよ。この結果を受けて来年はこうはいかないぞって奮起
  して、よりハイレベルな育成を志す様になれば、この開催は成功になる。」
弟「なるほど。」


俺「ただただ意気消沈させてしまったら大失敗。」
弟「その可能性も出てきちゃいますよね・・・」



俺「ま、そりゃ無いと思うけどね。どんな部分でも日本に負けたくないだろーから。」
弟「そういうとこでも対抗心燃やしてくれれば、それはそれで結果オーライですね。」
俺「ただ、それに掛かる時間次第では、今回の結果が韓国の競馬界を衰退させてしまうことにも繋がる。やはり自国の馬が強い
  方が見てて楽しいだろ、今回みたいな競馬は韓国のファンは見たくないハズだ。」
弟「早く地元を楽しませる競走馬を育てられる様になれるといいね。」
俺「ちなみに俺が今回のコリアカップで一番テンション上がった部分はドコだと思う?」
弟「日本馬優勝をジト目で見てた人に、テンションの上がりどころなんて無いでしょ。」


俺「謎のモロッコ最強馬、5着だったぜ。」
弟「謎のモロッコ最強馬だった。」






※時代はモロッコかもしれないぜ


↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/09/12 01:09 ] 結果 | TB(0) | CM(2)

認知度が今はどうなんだか?

ここ5年くらいの間に見た韓国の競馬に対するネット掲示板での書き込みでは、まだまだ認知度が低い状況でした。また知っていてもスポーツやレジャーとしての競馬ではなくギャンブルとしてのイメージが強く、馬券を購入する人は博打打ちとして白い目でみられている様に感じました。

コリアカップという国際G1を開催するにまで至った韓国馬事会や関係者の方々の努力には敬意を払いますが、無理せず慌てず確実に韓国の競馬を発展させていただきたいです。

イメージ戦略を推し進める事とヒーローヒロインとなる様な強い馬を育てる事が大事だと、個人的には思っています。

下手な事をしてF1の韓国GPの様な事にはなって欲しくはないですからねぇ。
[ 2016/09/12 15:14 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

イメージアップは大事ですよねー。ギャンブル主体だとやっぱりそういう見方されちゃうか。
日本みたいなロマンチック目線は簡単には生まれないだろうけど、馬産をやってるなら愛着も
強くなるハズ。

韓国には強力なライバルになって頂きたいですね。
[ 2016/09/13 01:06 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1244-c429210f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。