神戸新聞杯とオールカマーの予想

★大相撲秋場所 14日目で・・・


俺「Go!!Way!!Dooooooo!!!!!」
弟子「Go!!Way!!Dooooooo!!!!!」



豪栄道関、カド番での秋場所優勝おめでたうございます!!


俺「まさかだよねぇ、白鵬関不在とは言っても、ここまで無敗でキメるとは!!」
弟「序盤の相撲は結構危なっかしい感じだったのに・・・スゴイや、豪栄道関!!」
俺「遠藤関が2敗で踏みとどまってたじゃん?高安関を下してさ。あの時はちょっと申し訳ないけど豪栄道関に対してイヤな予感が
  芽生えたんだよね。こういう時に平幕の玉鷲関、ここでもし負けたらズルズル決定戦にまでもつれ込んで遠藤関優勝っていう
  ミラクルも有り得るんじゃないかと。」
弟「カド番を行き来してたんだから、そういう不安を持たれてもしょうがないよね・・・」
俺「磐石だったなぁ・・・玉鷲関も勢いのある力士だよ、こういう時はそういう力士が怖い。何せ無欲なんだもん。」
弟「対する豪栄道関は優勝が決まる一番ですからね、緊張で体がこわばるなんてコトも考えられる場面です。」
俺「あの隠岐の海関を止めた7日目の一番から、相撲に迫力が一気に加わった気がするよ。逆に隠岐の海関はあそこで何かを
  奪われた感じ。横綱大関に6戦6勝したのに、14日目にしてようやく勝ち越しだもの。」
弟「ああ、流れを食った感じはします。」
俺「その後の相撲が本当に強かった。やっぱりねぇ、安定感は無いんだよ。それでも土壇場の勝負強さには凄みがあった。変化
  ではない逆転、日馬富士関に放った首投げは完全に条件反射だったよなぁ・・・あの技、豪栄道関自身はあまり意識して使い
  たくない技なんだって。追い込まれて出る技だけど、空振りの可能性も大きいからね。」
弟「そうなんですか。なんか得意技のイメージあるけど。」
俺「アレが得意技じゃダメなんだよ、それは本人が一番よく解ってる。でもああいう時に自然と出る首投げだから横綱でも反応でき
  ないんだろうね。この首投げで白鵬関をブン投げたこともあるし。」
弟「その首投げでほぼ優勝を決めた日馬富士関との一番、白鵬関はどんな顔して見てたのかなって想像しちゃいますよ。」


いきよい


俺「こうかな?」
弟「やめて差し上げろ!!」



俺「白鵬関の場合は、自分が不在の場所で二横綱が優勝を逃した現実をどう見るかだよな。」
弟「うーん、そうでしょうね。」
俺「周囲から見たらさ、日馬富士関も鶴竜関も白鵬関のライバルとは見れず、皆が打倒白鵬で臨んでる様に見えてると思うんだ。
  横綱の中でも格が違うよね。」
弟「今回の豪栄道関の優勝には、白鵬関が二横綱に対し情けないと思うか、純粋に豪栄道関の健闘を称えるか、そのどちらか
  かと言うと前者なのかなって気がします。」
俺「だろーなぁ、自分が万全で出場していれば自分が優勝していたって思ってるだろ。まず隠岐の海関に二横綱が敗れた時点で
  何やってんだコイツらぐらい思われてもしょうがない。」
弟「豪栄道関の優勝は凄いけど、白鵬関の不在がそこに大きく影響してるのも事実ですもんね・・・」
俺「今回の優勝は凄い。でもやっぱり白鵬関が居る場所で成し遂げてもらいたいって考えちゃうのも事実。豪栄道関って歯車が
  ガチッて噛み合った時に汽車みたいな勢いが出る印象だから、逆もまた然りで、今回こういう優勝をしたのに来場所でまた
  カド番に落ちちゃうんじゃないの
って見られ方すると思うんだよ。」
弟「失礼ではあるけど、それはボクもちょっと考えちゃいました・・・」
俺「でも今場所の勢いをそのままに来場所に挑んで、今度は白鵬関を倒しての優勝をと考えてほしいよね。その為には全勝で
  優勝してもらいたいな。千秋楽の相手は琴奨菊関、もう勝ち越してこちらもカド番脱出してるから容赦しなくていいぞ!!」
弟「そういうイジワルなコトを言わないであげてよぉ、琴奨菊関だってこないだ感動の優勝を飾ったんだから・・・」
俺「14日目にして優勝はもう決まったけど個人的には千秋楽まで目が離せないね。大好きな勢関と、なんと安美錦関がアキレス
  腱断裂の大怪我から十両復帰して、この2人の星が五分。千秋楽で勝ち越しを決めてもらいたい!!」
弟「しかし今一度、豪栄道関の優勝をお祝いしたいです!!」
俺「そうだね!!」

弟「豪栄道関、優勝おめでたうございます!!」
俺「残り一番、全勝優勝期待してますよ!!」



弟「ふー・・・」
俺「いやぁ・・・」
弟「・・・」
俺「・・・・・きいにゃんには触れない方がいいよね?」
弟「・・・・・うん。」




★2強に従うか、逆らうか 神戸新聞杯

俺「セントライト記念はディーマジェスティ、ローズSはシンハライト、春のG1ウィナーが順当に勝利しました。さてここはどうでしょ、
  阪神2400mの神戸新聞杯です。」
弟「ローズSはシンハライトが勝ったけどジュエラーが惨敗しちゃったんだよね・・・」
俺「そういうパターンもあるわけだよね、2強って言うと。」
弟「この場合はそれにあたるのがエアスピネルの方なんだけど・・・」
俺「いやいや、どちらとも言い難いだろ。サトノダイヤモンドもエアスピネルも無冠だし。」
弟「まぁそうですね。しかしやはりサトノダイヤモンドはエアスピネルに一度も負けてない、いわば明確な差を付けているのです
  から、上に見るとすればサトノでしょうがない気がしますよ。」
俺「おいおいデシちゃん、そんなコト言ったらユタカさんがガッカリしちゃうぞ。」
弟「でも確実に目標にされる位置取りになるでしょう?エアスピネルは前、サトノダイヤモンドは後ろ。実際のところサトノは前を
  捕まえられなかったことがない馬
なんですよ、皐月もダービーも直線に入った時に自分より前に居た馬には勝ってる。」
俺「言われてみればそうだな。皐月賞は不利食らってたし。エアスピネルもだけど。」
弟「分が悪い相手なんですよね。」


俺「じゃあサトノより後ろの馬が勝つんだ。」
弟「師匠はかしこいなあ。」



俺「ホメられました!!」
弟「喜ぶな、サトノに勝ったのはディーマジェスティとマカヒキなのですよ!!それ以上のキレがある馬がここに居るか!!」
俺「そう言われちゃうとね、何も言えなくなっちゃうの。」
弟「つまりサトノは信頼の末脚をお持ちなんですよ。そしてエアスピネルは今回目標にされるであろう馬、この馬を差し切れれば
  勝てるというレースをしてくるでしょう。」
俺「なるほど。」
弟「そうなるとエアスピネルはキビしいのです。」


俺「つまり、エアスピネルの遥か前に居る馬は
  捕まらないかもしれないんだ。」

弟「師匠はおりこうだね。」



俺「ホメられると、とってもウレシイね!!」
弟「ワザと言ってるんだろ!?エアスピネルもまた同じなんですよ、道中で自分より前に付けた馬より後ろでゴールしたことはない
  んですからね!!」
俺「じゃあサトノがエアスピネルより前に来たらどうしよう!!」
弟「頼むから真面目に予想してください!!」

俺「まぁエアスピネルが居れば変な馬の逃げ残りっつーのも、あんまり考えにくいわな。」
弟「・・・ユタカさんにとっての問題はサトノがどんなタイミングで捕まえに来るかなんです。エアスピネル側のペースとタイミングが
  ドンピシャならばひょっとしたら凌げられるかもしれないけど、それよりも合わないパターンの方が考えやすい。早めに交わされ
  ることになれば2着どころか3着も危うくなってくると思うんです。」
俺「俺もこの馬は、本来合ってるのがこういう距離だとは未だに思ってないからねー・・・」
弟「ドンピシャになって、ようやくひょっとしたらと言える印象なんですよね。」
俺「優劣を付けると、どうしてもサトノになってしまうわけだ。」
弟「エアスピネルも皐月とダービーの4着馬ですが、その時の1~3着との間には壁がある感じなんですよね・・・」


弟子予想
◎サトノダイヤモンド
〇エアスピネル
〇ナムラシングン
▲レッドエルディスト

三連単◎1着→〇2,3着→▲3着



弟「人気上位の組み合わせでしょうけど、エアスピネルには不安があるのでコレで。ナムラシングンは世代トップ下のラインには
  来る馬だと思います。あとは青葉賞2着馬レッドエルディスト、クラシック経験組が上位だろうと考えます。」
俺「ナムラシングンいいね。」
弟「・・・なんかさっきからヤケにやる気無い感じですけど、またローズSの時みたいに『見ます』とか言うんじゃないでしょうね?」

俺「イヤな予感はしますね、ここも。」
弟「やめてくれよもう!!」


俺「意見としちゃ近いよ、エアスピネルはちょっと不安。サトノダイヤモンドは優勝候補。でもなぁ、サトノのクラシック候補馬って
  不思議と3歳秋に失敗するイメージ
がどうしても強くて。」
弟「うわぁ、言われてみれば・・・」
俺「サトノノブレスは頑張ったけどね。ここ3着で菊花賞2着。」
弟「結局勝ててないけど・・・サトノアラジン、サトノラーゼン、サトノクラウンの印象は確かに強いね・・・」
俺「だから、『見ます』って言いたくもなったんだけど、ここは穴目でちょっと遊んじゃおうかなーって馬が居たのでね。」
弟「それがナムラシングン?」
俺「うんにゃー。」


◎イモータル
〇ナムラシングン

ワイド ◎複



弟「完全にお茶濁してきやがった!!」
俺「おいしいお茶は濁ってるものさ!!」


弟「・・・イモータルっすか。複勝抑える辺り、案外フマジメってわけでもないみたいだな。」
俺「気性難でお馴染みですね。新馬戦ではバケモノの素質アリと見られてた馬だけに、この気の悪さはもったいない。」
弟「気の悪ささえ出なければ通用するということか。確かに共同通信杯ではディーマジェスティの2着なんだもんね。で?ここで
  買うってことは、気性の悪さが改善された情報でも?」
俺「そんなもんは無い。当てずっぽうってヤツさ。」
弟「そんなこと得意気に言わないでくれませんか。」

俺「出たトコ勝負みたいなモンだよ、少なくとも調教から浜中騎手が稽古つけて本番も騎乗するんだからヤル気が無いってことも
  ないだろ。その面はプラスに見てるけどな。」
弟「そういう理由を先に言いなさい。」
俺「ま、今年の牡馬クラシック後半戦は波乱が起きない方が、古馬との対決がより楽しみになってくるだろうからねぇ。変な荒れ方
  だけはしないでほしいと思ってます。」
弟「イモータル本命で言うセリフですか、それ・・・」
俺「じゃあ古馬戦線はどうなるかな?」


★グランプリホース対決、オールカマー

弟「こっちも荒れないと思うけどね。」
俺「そうだね。昨年末のグランプリホースであるゴールドアクター、今年の夏のグランプリホースであるマリアライトの2頭ね。」
弟「この2頭に付け入るスキが無いワケではないんでしょうけど、ちょっと相手関係見たらねぇ。」
俺「現G1クラスって言うとこの2頭になるんだよな。」
弟「それこそ相撲で言えば横綱大関級なのがこの2頭で、G3大将であるサトノノブレスが前頭何枚目みたいな見栄えに・・・」
俺「今日の雨がどれくらい残るかで馬場が変わるかもしれないけど、馬場が渋っても印象変わらないんだよな。マリアライトは
  ディープ産駒
だし。中山も重馬場も全然こなしちゃうもんね。」
弟「付け入るスキが無いと言うより、付け入ることのできる馬が居ない感じ。ゴールドアクターのイレ込みが気になるぐらいかな、
  この馬が大敗するとしたら天皇賞の時みたいなテンションになった時でしょう。」
俺「あれがクセになっちゃってたらどうしようもないけど、中山2200mって条件では多少イレ込んでても大丈夫って気さえする。」
弟「今度こそカブっちゃったかー・・・ボクはこの2頭が軸ですけど。」
俺「俺も2頭軸。」
弟「丸カブリかぁー・・・やだなー・・・」


◎ゴールドアクター
◎ワンアンドオンリー



俺「G1馬2頭軸。」
弟「わああ、なにかちがうよ。」



俺「G1級ですが。」
弟「・・・一昨年以来、勝ち星から遠ざかってるんですよ。一昨年の神戸新聞杯から後は国内戦で掲示板すら無いという状況じゃ
  ないですか。」
俺「お、神戸新聞杯と同じ日に復活か。悪くないシナリオですな。」
弟「なんでここでワンアンドオンリー狙っちゃうんですか。ここも当てずっぽうですか。」
俺「いや、ここには理由がちゃんとあるよ。俺としては自信もありつつ、ちょっと不安にもなる理由がね。」


ワンアンドオンリー本命の理由 →  


弟「ほう・・・コレはまた随分と・・・」
俺「なかなかいい理由だろ。それこそ一昨年の神戸新聞杯の時もそうだったんだよ。」
弟「マジで!?」
俺「コレが毎度のことならイザ知らず、そういう時にそうだったとなれば話は別。状況として違うのは橋口厩舎が代替わりしたこと
  になるけど、それでも秘密兵器的なポジションは今も変わらずだからね。」
弟「ほおお、師匠がそういう理由で不安になる理由も解るわ・・・」
俺「デシちゃんは競馬界にこんな言い伝えがあるのを知ってるかい?」
弟「どんな言い伝えでしょう。」


俺「その者、蒼き衣をまとい・・・」
弟「うん知ってる。競馬じゃねぇ。」



俺「有名だよね。」
弟「・・・それがつまり、ノースヒルズの勝負服を意味してると言いたいのか。」
俺「蒼き衣なのだ!!古き伝承なのだ!!」
弟「なんというこじつけ・・・」


俺「失われし大地とのキズナを結ぶのだ!!」
弟「ポンポン出てきやがる・・・」

俺「北の丘のー♪フトーシカー♪」
弟「フ、フトシカ・・・」



◎ゴールドアクター
◎ワンアンドオンリー
▲マリアライト

三連単◎1,2着→▲3着 三連複 馬連◎同士



俺「北の丘のフトシカを信じるのだ!!」
弟「でも、ちょっといいですか?それなら何でレースで騎乗するのは内田騎手なの?あと追い切りで乗っても勝負服は着ないから
  蒼き衣って全然関係無い気が・・・」
俺「ホラあれ。なんつったっけ?ああ、メーヴェだ。あれ欲しいよね。」
弟「姫様、はぐらかすのがおヘタなのですね。」



弟子予想
◎ゴールドアクター
◎マリアライト
▲クリールカイザー
▲ショウナンバッハ
▲サムソンズプライド

三連単◎1,2着 馬連◎同士



弟「東西共に1,2着は固いと踏みますが、ここは3着選びが重要。▲はズバリ騎手で選びました。」
俺「田辺騎手、戸崎騎手、そしてノリさんですな。選ばれなかったいっくんさんが不憫でなりません。」
弟「いや、それはサトノノブレスが中山ではあんましなだけであって、決して福永騎手がどーのこーのというワケではないのです。」
俺「そんないっくんさんの心境を歌います。」
弟「!?」


俺「らんらん♪らんらら らんらん
  らん♪らん らんらららーん♪」

弟「罪悪感が沸くからやめろ!!」




がっかりきいにゃん


俺「らんらんらんらんららららら♪
  らんらんらんらんららららら♪」

弟「結局触れちゃうのかよ!!」







※がむばれきいにゃん・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/09/25 00:39 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(5)

これは聞かなきゃなるまい

オチに使われた曲の曲名を教えてください
[ 2016/09/25 00:59 ] [ 編集 ]

お師匠さんが…

今週末の競馬にイマイチ集中できていないのは、次週にせまった凱旋門賞の記事のネタを集めているから…ではなく、大相撲の結果がどうなるか心配だった…からでもなく、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの第2期の放送が待ち遠しくて仕方がない為である…と見た。

ただねぇ、お師匠さん…今週は放送前特番であって、本編の放送は来週からなんですよねぇ。だから今日は安心して大相撲を最後までじっくり見てくださいな(あれ?)
いや、競馬に集中してまたネタを差がしてくださいw

[ 2016/09/25 01:18 ] [ 編集 ]

青葉賞はヴァンキッシュランですよね。
前走ダービーから購入します。
[ 2016/09/25 09:49 ] [ 編集 ]

>FLさん

この曲はですね、風の谷のナウシカの・・・

ラン♪ランララランランラン♪ってヤツですね。
[ 2016/09/26 01:08 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

多分飲み疲れです・・・
[ 2016/09/26 01:09 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1253-f3fd5d7c