東京記念の予想

★地方が熱い一週間

俺「南部杯で幕を開いた今週の地方競馬、よく見るとなかなかのレースラインナップなんだよな。」
弟子「まず水曜日には大井で東京記念で、木曜日は門別で中央交流重賞のエーデルワイス賞ですね。」
俺「いや、エーデルワイス賞はよく解らない。2歳牝馬だろ?」
弟「まぁ、そうですけど。」

俺「このレースはネガティヴに盛大にやられた記憶しかない。」
弟「それを未だに根に持つ師匠が凄いと思う。」


俺「豪華さの質が違うのだよ、エーデルワイス賞は重賞だけど解らないもの。ある意味でフルゲートで波乱起きそうなレースでは
  あるけどさー、そもそも出てる馬を知らないじゃないか。」
弟「うん、知らないですね。」
俺「とりあえず岩部騎手を応援したくなるね。」
弟「新潟2歳Sに続いて訪れた重賞勝利のチャンス、モノにして頂きたいです。」

俺「門別様、岩部騎手に優しくしてあげて下さい。」
弟「ダメです師匠!!師匠のお願いは門別様を真逆に動かして
  しまうのだから!!」


俺「そうでした。やさしくしないでください。」
弟「もう遅いのです・・・」
俺「そんな門別様の豪華レースはエーデルワイス賞ではないのだよ。水曜に行われる最終メイン、瑞穂賞だ。」
弟「おお、どの様に豪華なんですか?」

俺「門別の芦毛頂上決戦、オヤコダカvsスティールキング!!」
弟「おおおおおおおおおおお!!」


俺「この若き芦毛2頭が満を持しての初対決、これは道営ファンにはたまらない一戦でしょう。前走で門別の番人とうたわれる
  ウルトラカイザーを撃破して実力を示した今年の北海優駿馬スティールキングが、今や門別不動の王となったオヤコダカ
  挑みますよ!!」
弟「むう、それはおもしろそうです!!」
俺「しかし脇を固める馬も一筋縄ではありません、中央から転厩してきて門別無敗の5連勝中の牝馬バラブシュカ、常に強力な
  相手とぶつかり続けて大崩れなし、良血の古豪グランプリブラッド辺りが虎視眈々と芦毛決着を阻もうとするのだ!!」
弟「いや、オヤコダカは負けないと思います!!」


俺「そうそう毎回芦毛馬が勝つかバーカ!!ねっ♥
  そうでしょ門別様♥」

弟「騙されないで門別様!!コイツの狙いは芦毛馬だよ!!」



俺「おいおい、そんなネタばらしをしたらオヤコダカが背負投げをキメてしまうぞ。」
弟「そういうコト言うんじゃねぇ!!」
俺「まず水曜日は東京記念と瑞穂賞、この二つのレースに注目ですね。そして木曜日はエーデルワイス賞と。」
弟「うんうん、確かに豪華ですね。」
俺「そして金曜日!!」
弟「金曜日も!!」

俺「園田の姫山菊花賞にオウマタイム降臨!!」
弟「オウマタイムだあああああ!!」


俺「東京ダービー後に軽度の骨折をしてしまい、暮れまで休養。そして復帰したが再び骨折・・・約9ヶ月のブランクを経て、今度
  こそ完全復帰を目指す我らがオウマタイム。復帰戦は園田になりました!!」
弟「オウマタイムもケガさえ無ければと思わせてくれる馬ですからねー。」
俺「園田と言っても甘く見てはいけない、相手も揃いました!!堅実無比な成績を誇るエーシンクリアーアクロマティック
  オウマタイムの最大の壁となるでしょう!!」
弟「簡単にはいかない相手なのですね。」

俺「しかし!!オウマタイムは園田のオウマタイムをよりオウマタイム
  にしてくれるのではないでしょうか!!」

弟「とてもうれしそうですね。」


俺「オウマタイムが帰ってきたよ!!うれしいねぇ、オウマタイムだよ!!」
弟「師匠はオウマタイムが好きだなぁ。」
俺「そりゃそうさ、だってオウマタイムですから!!」
弟「頑張ってくれるといいですね。せっかく帰ってきたんだから、また強い姿を見たいです。あのメンコとチークも!!」

俺「オウマタイムをよりオウマタイムする為に、今週のオウマタイムは
  全部オウマタイムにしたいですね!!」

弟「また重賞でその崩壊言語が聞ける日が来るのでしょうか。」




★オウマタイムする為に、まず東京記念でオウマタイム


俺「さぁ、それではオウマタイムしましょう!!」
弟「よっぽどうれしいんだな・・・」



俺「大井の長距離戦、東京記念2400mです。」
弟「長丁場の一戦ですね。ダートの長距離戦は荒れるってよく師匠言ってるけど・・・」
俺「斤量にさほどのバラツキはないからなぁ。普通に有力馬が強そうに見えるな。」
弟「おや、変な予想はしなさそうだ。」
俺「いや、人気サイドになるであろう馬も結構危ないのは間違いないんだ。ユーロビートは何度も言ってる様に勝ちを意識すると
  脆いし、渋い馬場はあまり好きじゃない。ケイアイレオーネは気性に難があって、最近先行するようになったけど長距離の
  ペースでは暴走する可能性がある。馬体も大きいからあんまし長すぎる距離だと息が上がっちゃうかもしれない。」
弟「結構おっかないですね、その理屈は充分あてはまりそうだ・・・」
俺「人気薄でも色気ある馬が居るからねぇ。ミッキーヘネシーとか結構怖いぞ、この3戦で馬が変わってる。着順はアレだけど
  相手が相手だからしょうがない、むしろこの距離で死んだフリされて直線だけで競馬したら届きそうだもん。」
弟「えげつないトコも狙えるんだね。」
俺「ミスアバンセにも同じことが言えるよ。単純に前走はタイニーダンサーに半馬身差って言えば充分怖いだろ。少頭数で変に
  置いていかれなければ、この2頭はかなり怖い。」
弟「格下だけど堅実なチャンピオンゴッドはどうでしょう。中央からの転厩後16戦13勝、2着が3回ってスゲー成績ですね・・・」
俺「弱い者イジメしてる子なんかいらない!!って言うつもりだったんだけど・・・前走のメンツ結構イイんだよな。でもやっぱり
  パフォーマンス的には見劣る感じするんだけど・・・長距離だとそれをカバーして勝てることがあるからねぇ。」
弟「ジャルディーノの金盃みたいな?」
俺「そうそう、勢いと堅実さでなんとかしてしまうっていう。タイムが物足りないって言っても、この距離だと関係なくなることもある
  からねぇ。何パターンか予想した方がいいかもね、このレース。」
弟「ほう。」
俺「まずは強い馬は強いぞって予想。それだとケイアイレオーネが軸になる。」


◎ケイアイレオーネ
〇ユーロビート
▲ミッキーヘネシー、ミスアバンセ

三連単◎→〇→▲ 馬単◎→〇



俺「ポテンシャルで言えばケイアイレオーネに軍配を上げたい。大井ならばマトモに走るし重馬場も得意だ、そうなると2000m戦
  で見せたパフォーマンスはどうしても忘れられないよ。そして相手はユーロビート、勝ちに来た時の脆さはあっても56kgで大井
  戦なら普通は崩れない様に思える。本線はコレね。」
弟「3着次第で高配当が狙えるワケだ。」
俺「そーゆーこと。この予想ではチャンピオンゴッドを単なる格下と見てハズしてみる。あくまで格上対戦経験があり、その走りに
  期待が持てる穴馬2頭で勝負だ。」
弟「なるほど。」

俺「次は盛大にケイアイレオーネが暴走する予想。」
弟「イヤなタイトルを付けないでくれ・・・」



◎チャンピオンゴッド
〇ユーロビート
▲ミッキーヘネシー、ミスアバンセ

三連単◎→〇→▲ 馬単◎→〇



俺「ケイアイレオーネが暴走したら大変です。」
弟「さっきの予想のケイアイレオーネがチャンピオンゴッドに変わっただけじゃないか・・・」
俺「ケイアイレオーネが暴走したら、巻き添えを食うのが勝ちに来るユーロビート。なんつーか、どっちにしろ2着っぽい印象ある
  んだよね、この馬。その代わりに堅実な優等生であるチャンピオンゴッドがシレっと勝っちゃう。正に金盃パターンです。」
弟「この2パターンで勝負ですか。」


俺「あと人気馬3頭の内、2頭が暴走する予想。」
弟「暴走させんのやめろ!!」




暴走したら、こうです →  



俺「大波乱ですよ。」
弟「当たり前だ!!!!!」



俺「盛大にいきましょう。やはりオウマタイムは盛大でなければ。」
弟「さすがにその馬券はないと思いますよ・・・」
俺「いーや、人気3頭にそれぞれ不安があるのは間違いない。この距離だからこその予想だ。」
弟「確かにダート長距離って変な荒れ方する時あるけどさぁ・・・最後のヤツは余分だと思いますよ。」
俺「そう?」

弟「複勝ならまだしも・・・」
俺「そういうコトを言うとね、そうなっちゃうからね、やめて。」



弟子予想
◎ユーロビート
〇ケイアイレオーネ
〇チャンピオンゴッド
▲スコペルタ

三連単◎1着→〇2,3着→▲3着 馬単◎→〇



弟「確かに長距離レースは怖い。でもまず実績馬2頭は強いだろうという評価、そしてより堅実だろうと思えるのはユーロビート。
  ケイアイレオーネは師匠の言うとおり不安が大きいんだよねー、それでも代わりに来たとしてもチャンピオンゴッドなんじゃ
  ないのかなぁ。」
俺「俺がアレだけオウマタイムな予想を披露したのにお前ってヤツは・・・」
弟「3着候補にスコペルタを加えて勝負。サウスヴィグラス産駒だけど長いところが合ってそうです。」
俺「・・・お互いストゥディウム切っちゃってるけど大丈夫なのかな、そろそろ突っ込んできてもおかしくない気もするんだよな。」
弟「大丈夫ですよ。」
俺「世代レベルが低いと言っても、前走はそれなりの脚使ってるんだよなぁ。大井で距離伸ばして一発なんてことも考えられると
  思ったんだけど・・・やっぱりここのところの負け方見てたら通用しないかなーと思って切っちゃた。」
弟「大丈夫。」
俺「・・・なんでそんなあっけらかんと言い切れるのさ?」

弟「師匠が石崎駿騎手を信じればいいんですよ。」
俺「狙ってない馬をどうやって信じればいいんだ?」


弟「師匠が信じればいいのです、石崎駿騎手を!!来ないだろうと信じてはいけませんよ、来ると信じるのです!!」
俺「そりゃ羽田盃馬だし、この世代はイマイチ感が強いし頑張ってほしいけども!!」
弟「ここでストゥディウムが頑張ったら、同じ世代のオウマタイムも頑張ってくれますよ。」
俺「うう、そう言われても・・・ストゥディウムは狙う気ないんだってばぁ・・・」


弟「師匠が信じないとストゥディウムが来ちゃい
  ますよ!!そしたらハズれちゃうんですよ!!」

俺「なんか物凄く混乱してきたわ・・・!!」







※結局俺は石崎駿をどうしたらいいのだ・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/10/12 01:23 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(4)

ほほう、オウマタイムが園田に参戦しますか。
園田2強はなかなか強豪ですよ。クックックッ

東京記念!

2400mと言う距離を考えれば『妙味』のありそうな馬はやはり、

◎ミッキーヘネシーでしょう。

この距離で父ハーツクライの血が騒いでもおかしくない。

〇ケイアイレオーネ
〇ユーロビート
〇チャンピオンゴッド
3強が揃って転ける事は考えづらい。

ただ3強が『前』で勝負するタイプだけに意外に厳しい展開になる可能性はある。

そうなると後方待機していた馬の差し込みも考えられる。

穴ヴァーゲンザイル

3連複
◎→〇〇〇穴


瑞穂賞!

本格化した◎オヤコダカで仕方ない。
マイルがベストの感じもあるが1800mも守備範囲。
次の道営記念あたりは付け入るスキがあるかも?

〇グランプリブラッド

今年は不甲斐ない競馬が続いてたが前走で馬体重も回復し復調の兆し。
距離延長プラスで状態が良ければ末脚は一番。

▲スティールキング

前走でウルトラカイザーを破った事は道営でトップレベルにある事を示す。
現最強馬にどう立ち向かうのか、今回は試金石となる。

△ジュエルクィーン

牝馬2強の一頭。
強い相手に揉まれ一角を崩す可能性も。

連勝中のバラブシュカも気になるところですが騎手が代わるので…『おにぎり』だ!(#`皿´)

3連複
◎〇→▲△

3連単
◎→〇→▲△
[ 2016/10/12 07:14 ] [ 編集 ]

師匠が信じないときの石崎駿恐るべし
[ 2016/10/12 20:22 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

そうか、ざくろさんも石崎駿を信じていなかったんだ。

デシちゃん、こいつのせいだよ!!
[ 2016/10/13 00:14 ] [ 編集 ]

>FLさん

ざくろさんのせいだよ!!
[ 2016/10/13 00:15 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1267-d5b54937