スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TRICK

弟子「ブログやべまじょう!!」
俺「こうなった。」



弟「ひぐっ・・・ひっく・・・」
俺「・・・おめでたい勝利なんですよ。昨日言っていたじゃないか。」
弟「ぞれは・・・ぞれはわがるけども!!ふぐっ!!」
俺「ね。こないだの俺の気持ちが何かわかるでしょう。」
弟「ふぃぐっ・・・」


埼玉新聞栄冠賞 結果
1着 タイムズアロー → 俺◎弟子▲
2着 クラージュドール → 俺◎弟子〇
3着 アウトジェネラル → 弟子▲

管理人 大正義うまふくアタリ 配当600円

ざくろさんもコメ欄予想で三連複を当てました
おめでたうございます



俺▲弟子◎ ベルゼブブ → シンガリ負け


管理人&弟子、総取り 
弟子はダイナミックにタテ目を食らいました



弟「ごんなのおがじいのでず!!」
俺「他にもいっぱい居るってば、そういう人は・・・」



弟「ベルゼブブが・・・ベルゼブブがぁ!!」
俺「飛ばしすぎましたね。ハナを主張するのにこだわり過ぎて出脚を使いすぎた。ゲート出て若干つまずき気味だったのも痛い。
  それにしたってまさかブービーから大差つけられてシンガリ負けするとはね・・・」
弟「ひぐぐっ!!」
俺「上位2頭は焦らずじっくり構えて浦和の勝負所を抑えた感じだ、それに比べたら山崎騎手は『浦和は前にさえ行ければ』って
  騎乗。まずベルゼブブがそうじゃなきゃいけないって馬なのかどうかってトコロだけど、結果的に3角前に息が上がってしまって
  どうにもならなくなってしまっては・・・」
弟「ぞうじゃない!!」

俺「うん、うまだよ。」
弟「ぞうじゃないのです!!」


俺「・・・なぁに?」
弟「ひっく・・・ざぐろざんも、じしょうも、よそうがおがじいのに・・・」
俺「・・・俺だってビックリしたよ。」
弟「こんなのヒドイよぉ・・・!!」
俺「ちょっと俺とざくろさんの予想を振り返ってみましょうか。」


☆予想時の管理人発言

「ダービー馬で恥をかかされた吉原騎手が、この騎乗馬でベルゼブブ相手にユルい競馬しますかね?」

「ここでベルゼブブの同型に吉原騎手が乗るという状況、直線の短い浦和コースで最も気分良く行かせてはいけない憎き
 ベルゼブブを自分の手でどうにかできるチャンスなんですよ。」

「吉原騎手、戸塚記念を思い出すのだ。そうだ、あの時の馬だ。ベルゼブブだ。蠅の王だ。叩き潰すのだ。」


☆ざくろさんの予想

ここは逃げたいベルゼブブに前走で恥をかかされた吉原が絡むのは間違いない!
2頭による激しいデットヒートは避けられない! 当然『前崩れ』だ!

否!

今回は『逃げた馬』が勝つ!

2頭が競り合う事で後続と『離れた』形になるだろう。 2頭が競り合う形では後続も追いかけにくい。
あの競り合いについていったら『自分が潰れる』と感じるからだ。

そしてその『差』は取り返しのつかないものとなる。
前が競り合いを続ければ共倒れになるが、おそらくどちらかが『引く』だろう。

◎アウトジェネラル

今回逃げる気持ちが強いのは『吉原』の方だろう。
ベルゼブブを逃がしたらやっかいと一番感じているのは吉原だからだ。
逆に前走で重賞を勝ったベルゼブブ陣営は今後を考えて『番手』でも結果を出したいと考える頃合い。
吉原の『気持ち』が強ければ今回はベルゼブブが引く。
セフティーリードを保った『逃げ馬アウトジェネラル』が久々の美酒に酔う!



俺「というわけで、俺とざくろさんが共にアウトジェネラルがベルゼブブに絡むと予想し、俺はそれでアウトジェネラルが玉砕する
  予想を、ざくろさんはその上で勝つだろうという予想をしたんですね。」
弟「ふぇぐぐっ・・・」
俺「結果、アウトジェネラルは3着になりました。」
弟「おがじい!!おがじいよぉ!!」
俺「俺もまず着順を見て、『おー、アウトジェネラルがベルゼブブを潰した上で3着に残したか。羽田盃馬の意地だなぁ。』って
  思ってたんですがね。何せその時間はレース見れないので。」
弟「ふぎっひぐ・・・」
俺「よく見ると、なんかおかしいんですよね。」
弟「・・・」


俺「アウトジェネラルの上り3Fがメンバー中最速なんですよ。」
弟「いみがわがりまぜんよぉ!!」



俺「おかしいですよね。先行してるアウトジェネラルが上がり最速で3着って。降着でもしたのかな?もう日本語として成り立って
  ませんよ、アウトジェネラルが上がり最速で3着なんて日本語はありませんよ。」
弟「ばが!!ふたりども、ばがなのでず!!」
俺「これは果たしてどんなトリックなのか?非常に気になりました。」
弟「ふぐぐぐぐぐぅぅぅぅ・・・」
俺「レースを見て愕然としましたね・・・まさかこんな単純なワナに掛かるとは・・・」
弟「ワナじゃない!!ばがなの!!」


俺「まさか出遅れて追い込んでくるとは・・・」
弟「ベルゼブブ、べつのうまにつぶざれてた!!」



俺「ざくろさんはスタートと同時に『終わった・・・』って思ってたでしょうね。」
弟「アウドジェネラル、ベルゼブブとぜんぜんかんけいないじゃないか!!」
俺「アウトジェネラルは終始後方を進み、3~4コーナーで追い上げを図るも周囲も加速する勝負所。完全に万事休す。」
弟「ひっく・・・ひっく・・・もうボクのよぞうも、ぜんぜんかんけいなぐなってるよ・・・」
俺「しかしベルゼブブが産んだペースは、自身だけでなく追走していた馬も消耗させていた。元々長距離っぽい馬が少ないメンツ
  だから、その中でアウトジェネラルの持続力が最後だけ光ってしまったのだ。他馬が最後に賭ける脚を失った中、彼だけが
  一際鋭い末脚を炸裂させられたんだ。」
弟「ふぐっぐぅ・・・」


俺「コレが『アウトジェネラルが上がり最速で3着』の
  トリックの正体さ!!」

弟「どごからそんなハナジになっだのでず!?」



俺「まるっとお見通しだー!!」
弟「じじょうのばが!!ざくろざんもばが!!よぞうとぜんぜんちがうじゃん!!」
俺「デシちゃん。」
弟「ふふぐっ・・・ふひっく・・・」
俺「この事件はまだ終わってないんだぜ?」
弟「じけんじゃないし・・・」

俺「ベルゼブブを沈めた犯人は他でもない、お前自身だ。」
弟「どうじでぞうなるんでずかぁ!!」


俺「レースを見ろ。そして思い出せ。」
弟「ヤダ!!みだぐない!!」


~~~ レース見直し中 ~~~


俺「わからないかな?」
弟「わがるわけがない!!ボグなにもしてないもん!!」
俺「しょうがない、解らせてやろう・・・」



ベルゼブブが沈んだ最大の理由 →  



俺「やぁ皆さん、今日も読んでくれてますか。」
弟「ごべんなざい、ごべんなざぁい!!」



俺「結局は自業自得ということです。」
弟「ひっく・・・ほんどうに、そんなきがするからイヤだ・・・」
俺「ま、更に言えばタイムズアローと西村騎手の勝利にも関係してるってコトにもなるでしょ。」
弟「あ・・・」
俺「それはそれで気持ちいいでしょう、西村騎手は凄くウレシそうだったよ。そりゃそうだよ、普段手掛けてはいるけど実戦では
  ピンチヒッターでしか騎乗できないんだ。西村騎手にとっては南関重賞は大舞台、緊張も大きかったハズだ。でも見事にこの
  代打で重賞初勝利をパートナーと飾ることができた。それも、声援あってこそのものだと思うなぁ。」
弟「・・・」
俺「それともお前は、自分だけ馬券ハズしたのが悔しいからウレシくないのかな?」
弟「そんなことないです・・・よがったとおもいまず!!」


俺「じゃあ西村騎手をお祝いしなきゃね。ここ一番の素晴らしい
  仕掛けでした!!おめでたうございます!!」

弟「おめでたうございまず!!」




冷めてるシャダイさん


シャダイさん
「あとワガハイの所有馬達が上位独占しました。」



俺「あー、おめっとさんです。」
弟「あい。」






※あんまし冷たくすると天罰がくだります



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/10/20 00:40 ] 結果 | TB(0) | CM(3)

なお私はもっともっと基本的なワナ
「浦和はナイター競馬じゃないから昼休みのうちに買っとかないといけない」にまんまと引っかかり
西村騎手の応援単勝を買い損ねるという結果に
[ 2016/10/20 21:03 ] [ 編集 ]

確かに…

ムチ(ステッキ)だけで話を拡げるのは難しいかもですねぇ。自分もそんなにネタを持っている訳じゃないですし。

せいぜい…

昔の騎手の方に、ムチの威力を増す為に先端部の革に王冠(ビール瓶の蓋)を貼り付けていた人が存在した…
とか、
今月発売の「競馬最強の法則」の丹内騎手へのインタビュー記事に出ていましたが、丹内騎手の使うムチの先端部が白い革なのは大井の的場文男騎手のムチを見たのがきっかけだった(流石!フミオさん)…
とかですかねぇ?

騎乗時に用いられる用具にまで話を拡げると尺は稼げるかもしれませんが、なかなか難しいですね。
日本製の騎手の怪我防止用のボディプロテクターは、軽くて丈夫で動きを妨げにくいので海外の騎手にも好評である…

うん、やっぱり拡げにくいw

あまり自分がここでグダグダ書いてもアレなんでここいらで止めておきますが、ムチについては迫力のある風車ムチでの追込み姿が見られなくなるのかなぁ?という思いはありますねぇ。
[ 2016/10/20 22:20 ] [ 編集 ]

そういやぁ…

豊さん大好きな弟子ちゃんは、最新号の「Number」は買われたんですかねぇ?

前回馬券を外した悲しみへの慰めになってりゃあいいなぁ…と思ってまする。
[ 2016/10/21 22:39 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1274-d4b5e2ba











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。