みそぎの効果

俺「ハイ、こんにちは。」
弟子「あ、アサガエリフナムシさん。こんにちは。」



俺「えー、JBCってコトでね。」
弟「そうでしたね、アサガエリフナムシさん。」
俺「地方競馬ファンにはたまらないG1レース三連戦が川崎で行われたワケです。」
弟「そうですよ、アサガエリフナムシさん。」
俺「すいませんね、優先事項のせいで予想できなくて。」
弟「その結果、アサガエリフナムシさんになったのです。」

俺「優先事項は優先しなくちゃならないので優先事項なんです。」
弟「アサガエリフナムシさんの優先事項は、イヤラシイことなのです。」
俺「一応今日のレースにも関わることなので、大事なんですよ。」


弟「汚いしるを浴びる『みそぎ』とやらが、そんなに
  大事なの?アサガエリフナムシさん。」

俺「言い方をなんとかして下さい。」



弟「アサガエリフナムシさんは不潔ですね。ばっちいばっちい。」
俺「デシちゃんはお怒りですけど、みそぎは大事なんですよ。」
弟「いやらしいアサガエリフナムシさんはキライ。だってイヤラシイから。」
俺「しないと爆発しちゃうんですよ。爆発したらイヤでしょう。」
弟「汚いアサガエリフナムシさんが爆発したら凄く汚いでしょうね。」

俺「アタイのみそぎの話はこの辺で勘弁してください。」
弟「あ、アサガエリフナムシさんが逃げた。」
俺「今年のJBCを振り返りましょうよ。」
弟「みそぎとやらの効果を振り返りましょう。」
俺「一応、昨日の更新で弟子が言ってた通りツイッターで随時予想を流してたので見てた方も居るでしょう。まずはJBC開幕戦、
  レディスクラシックから。」


JBCレディスクラシック
1着 ホワイトフーガ → 俺〇弟子◎
2着 レッツゴードンキ → 俺切った 弟子◎
3着 トーセンセラヴィ → 俺▲

弟子がうまふくを当てました 配当1100円


俺「女王ホワイトフーガが貫禄の連覇。俺はタマノブリュネット本命のレッツゴードンキ切りで玉砕です、デシちゃんがうまふくを
  当てましたよ。」
弟「ドンキさん頑張ったねぇ。ダートでもやれるじゃないか。」
俺「外枠で砂カブらず前に行けるのは大きいと思ってたけれど、メンツがメンツだからねぇ。ここは餌食にされると見てたんだが、
  直線でも止まることなく食い下がった。初戦でこれだからダート慣れてきたら相当面白いな。」
弟「それでもホワイトフーガはやっぱり強かったですね、そりゃ芝から転向してきたドンキには簡単に負けられないか。」
俺「レース見りゃ解るけど、今回ドンキが頑張れた理由は馬場にあるかもしれない。砂埃があまり上がらなかっただろ?なんか
  見た目では軽く走りやすい馬場に映った。タイムは出にくいかもしれないけどパワーはあまり必要じゃない感じ。」
弟「まぁ確かに、深さがあってパサパサしてる感じじゃなかったね。締まった重馬場だ。」
俺「それで3着がディープインパクト産駒のトーセンセラヴィだろ。本来川崎って初ダート挑戦には向かない環境だと思ってたけど
  芝馬にも走りやすい状態だったのかもねー。」
弟「それで常連組が苦戦したのかも。」
俺「速さが必要となると、そもそも距離が合ってないアムールブリエなんかには最も合ってない状況だったろうな。ララベル
  もったいない除外になっちゃったなぁ、こういう馬場好きそうだもんね・・・」
弟「しょうがないよ、また今度頑張ってもらいましょう。」
俺「ま、結果的には2頭のG1馬の決着ってコトで。ダートの庭は荒らさせないというホワイトフーガの貫禄が感じられました。JBC
  レディスクラシック連覇おめでたうございます!!」
弟「おめでたうございます!!」
俺「そしてJBCスプリント、このレースの為にみそぎをしたのですが・・・」


JBCスプリント 結果
1着 ダノンレジェンド → 俺切った 弟子▲
2着 ベストウォーリア → 俺〇弟子◎
3着 コーリンベリー → 俺〇

6着 ソルテ → 俺&弟子◎(ざくろさんも◎)


俺「ダブル本命な上にざくろさんまで乗っかったから・・・」
弟「みそぎ意味無いじゃん。」



俺「ソルテくん轟沈でしたね。」
弟「ダノンレジェンドがここぞとばかりの好スタートから押し切り、逃げての上り最速とはね。」
俺「さっきの馬場の話にもなるんだけどさ、メッチャ気持ちよさそうに逃げてたよな、この馬。」
弟「最初はソルテが行くのかなーって思ったけど、内で絶対にハナを譲らない姿勢を見せてソルテが控えたんだよね。あそこで
  勝負が着いちゃった感じだ。」
俺「なんであそこで行かないんだって意見もあるけど、恐らくはダノンレジェンドの逃げを叩いたら自分も潰れるって判断だろう。
  そんだけダノンレジェンドがやたら速く見えた。それに最初付き合おうとしたから末が無くなったんじゃないかな。」
弟「ふむ・・・でもあれだけ最終的に負けちゃうとはね・・・」
俺「そこも馬場だと思うのよね、コーリンベリーが控えても3着に来てるだろ?こういう脚抜きのいい馬場で消耗をごまかしながら
  走ってた感じ。ソルテとしてはもっとパワーを要する馬場でないと潰し合いに持ち込めないんだろ。」
弟「時計がそんなに出てないのに速い馬場に見えるというのは、なかなか面白い表現ですね。」
俺「実際そう見えるよ。砂の厚みを全く感じない、むしろアメリカの土ダートのレースみたいな見栄え。」
弟「ほええ・・・」
俺「向こう正面走ってるダノンレジェンドなんか、完全にハシャいでて
  『もうダメだ、コイツ止まんねぇ』って思ったもん。」

弟「ダノンレジェンドはハシャいでたんだ・・・」

俺「スゲー気持ちよさそうだったもん。それで改めて思ったよ、ワンツーは米国産じゃないかってさ。」
弟「ああ、ベストウォーリアもそうか!!」
俺「この2頭に合った馬場だったんじゃないかなぁ。しかし、ここ一番で好スタートを切るデムーロ騎手はやっぱり勝負に強いねぇ。
  最内ダノンレジェンドでデムーロ騎手っつったら、少しでもスタート失敗したら揉まれて沈むってシナリオの方が簡単に浮かんで
  しまったんだけど。」
弟「真逆になったのだ。やはり師匠が切った馬は来るのである。」
俺「レディスクラシックではレッツゴードンキ、スプリントではダノンレジェンドと、人気どころの切り馬に連続連対されてしまったの
  です。ああんもう。」


弟「みそぎなんかするからです。」
俺「みそぎに否定的だね。」



弟「かわいそうなソルテくん、師匠がみそぎなんかするから馬場も程良くしっとりしてしまったのです。」
俺「まぁ、イヤラシイ。」
弟「もうここで師匠のお約束、JBC全敗が見えてきてしまいました。」
俺「ここで弱気になってはいけない、そう思ってクラシックは攻めの姿勢で予想をしたのですが。」


JBCクラシック 結果
1着 アウォーディー → 俺&弟子◎
2着 ホッコータルマエ → 俺切った 弟子〇
3着 サウンドトゥルー → 俺▲


俺「対抗イッシンドウタイはやり過ぎた・・・」
弟「ボクは痛恨のサウンドトゥルー抜けです・・・」


俺「もう先行した時点でおいおい勝つつもりか真島騎手、そりゃちょっと無理だって言いに行きたくなった・・・」
弟「中央馬でアウォーディー1着固定、その他2,3着という予想を組んだけど、サウンドトゥルーだけを甘く見てしまった・・・」
俺「でもこのレースはいいレースだったねぇ。」
弟「今年いっぱいで引退予定の王者ホッコータルマエ、素晴らしい意地を見せてくれましたねぇ。」
俺「新勢力筆頭のアウォーディー相手に最後まで食らいついていた。川崎2100mは譲れないよな、川崎記念3連覇してる身として
  簡単には負けられない、そういう気概を感じられる直線の攻防だった。」
弟「なんか、馬券はアウォーディーからだったんだけど、タルマエ応援したくなっちゃったよ。」
俺「3着がサウンドトゥルーだからどっちでも良かったしな。」
弟「そういうことじゃありませんからね!!」

俺「でもアウォーディー強いよ。今回のユタカさんの騎乗はさ、正直言って上手いって言えるものじゃないと思う。だってこの馬、
  終始先行馬群の外を周り続けたんだぞ?長距離戦でこの分の距離ロスはかなり大きいぞ。」
弟「おお、そう言えばそうですね・・・」
俺「それでも大丈夫って自信を持って乗ってたんだろう。内に入れるより前を射程圏に入れ続けて走ることができれば大丈夫だ
  って騎乗だよ。それなら距離ロスもやむを得ないってコトだ。」
弟「つまり、それでも勝てるんだってコトですね。」
俺「前を射程に入れてコパノリッキーにプレッシャーを与え続けてレースしてたんだよな。ユタカさんも非情だねぇ、元パートナーに
  対して容赦のないマークをするなんて。」
弟「それだけユタカさんにとってコパノリッキーが注意すべき存在だったってことでもあるんじゃないかな。」
俺「そうだろうね、むしろタルマエの粘りの方が意外だったんじゃないかな。」
弟「引退までにもう一花咲かせられるかな、ホッコータルマエ。今日のレースを見た感じでは、まだチャンスはありそうだけど・・・」
俺「残りはチャンピオンズカップと東京大賞典だろ。可能性が高いのは東京大賞典の方だろうな、2000mの方がいい。」
弟「そうですよね。」
俺「年末に向けての勢力図がどう変わるかが掛かってるのが、今週末のみやこSとチャンピオンズカップ。ここで新星が誕生する
  可能性は充分にある。楽観視はできないけど、どんな相手でもホッコータルマエは強かったって言えるレースが見れるといい
  ねぇ。」
弟「3歳勢にモーニンといった面々も控えてますからね。ノンコノユメも去勢明けだけど頑張ってたし。」
俺「おいおい、ノンコノユメはピンク文字にしろよ。」
弟「かわいそうだからやめてあげて・・・」

俺「ただ、今回のアウォーディーとの着差は次戦も楽しみになる結果だと思うよ。俺、この馬は結構突き放して勝つって思ってた
  んだよね。この着差なら他の陣営も希望持って戦えるでしょう。」
弟「うん、まだ古豪達にも期待が持てるし、新しい面々との対決が楽しみだ。」
俺「というわけでね・・・」
弟「はい。」


俺「俺、JBC全敗しました・・・」
弟「みそぎなんかするから。」



俺「ハァ・・・一日3連敗は何度やってもキツいねぇ・・・」
弟「・・・まぁ、この後があるんですけどね。この人。」
俺「ええ、JBCは全敗してしまいましたが。」
弟「・・・」


ローレル賞やるか


俺「JBC3連戦が終わった後、最終に組まれていたのが2歳牝馬の重賞であるローレル賞です。ええ、完全に手を出したらダメな
  パターンのヤツです。川崎のワナです。」
弟「馬柱見ながら、三連敗でブッ壊れたテンションでわっかんねぇなぁオイって何度も言ってました。」
俺「実際わっかんねぇなぁオイでしたから。で、メッチャ適当に予想。」


ローレル賞予想


弟「スゴイですよね、購入理由。」
俺「イクノチャンはトランセンド産駒なのだ。」



弟「・・・全くもって真剣じゃなかったですよね、このレースの予想してる時。」
俺「アップトゥユーだけは、こないだ門別の交流で2着に来た馬だし大丈夫かなーって思ったけど、あとはクソ適当ですね。ゴー
  フューチャー
なんか『一番人気は入れといたほうがいいか』って選んでるし。」
弟「そんな予想が・・・」
俺「ええ。」



ローレル賞 結果
1着 アップトゥユー → ◎
2着 イクノチャン → ◎

3着 スターインパルス

管理人 うまふく&ワイドHIT♪
うまふく配当1750円 ワイド配当480円




弟「こんな馬券、当たっていいわけがない・・・!!」
俺「みそぎはスバラシイな。」






※プラスで終われました。 ↓クリック先で管理人がハシャいでます。



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/11/04 00:08 ] 結果 | TB(0) | CM(4)

No title

ゆとりですがトランセンド知ってます。ドバイはあの走法で勝って欲しかった。
[ 2016/11/04 01:03 ] [ 編集 ]

次は中京でアウォーディーに全部持っていかれた…
まさかの天丼とはやはり天才だわ…
[ 2016/11/04 13:45 ] [ 編集 ]

>まっすおさん

かっこいい馬でしたよー、トランセンド!!ドバイはカメラ目線走行だね!!
[ 2016/11/05 02:28 ] [ 編集 ]

>堕天使さん

そのまま「大井でアウォーディー」と続けられるか。

チャンピオンズカップで負けても言ったら相当スゴイ。
[ 2016/11/05 02:30 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1286-641589da