BCフィリー&メアターフの予想

★ウワサの馬がデビュー

俺「川崎の新馬戦でウワサのコスモスが圧勝したよ。」
弟子「総帥の今年2本目の矢ですね。レースぶりはどうでしたか?」
俺「んー・・・物凄い圧勝だったけど、正直な印象は揉まれたら脆そうだなぁという見た目だよ。」
弟「おっと、手厳しいな。」
俺「他馬とのレベル差があり過ぎて着差に目がくらませられるけど、要所で結構気合い入れ直すポイントがあったし、ゴール前は
  押して行かないと止まるって感じで山崎騎手が手綱しごいてた。あそこは本来ならば持ったままでいい場面だよ。」
弟「トラストと比べてどう見えました?」
俺「んー・・・走りはトラストの方が力強いと思うんだよね。コスモスは素軽いスプリンターって感じで一本調子な印象が残ったよ。
  この2頭ならトラストの方を上に見るぞ、俺は。まぁデビュー戦の印象だけじゃ何とも言えないけどさ。」
弟「つまり、次のレースで現時点での2歳トップランナーと走ってどういうレース見せるかがカギになりそうってコトですね。」
俺「そうだね、ここは勝って当然だったということ。とりあえずウワサ通りと思わせることはできたよな、走破タイム1分31秒6は今
  開催の川崎1400m戦で2番目の勝ち時計、それでトップはJBCスプリントだからね。」
弟「それってかなりスゴイことなんじゃ・・・」
俺「それでも英ダービー挑戦のビッグマウスには全然足りないってコト。真価が問われるのはここからでしょう。」
弟「ふむふむ、楽しみです。」
俺「しかしこれだけウワサされてた割に単勝1.5倍とは、総帥も信用ないねぇ。」
弟「ありゃ、ボクはてっきり元返しくらいだったのかなーって思ってましたが。」

俺「俺は信じてたぜ、総帥。単勝ひゃくえん買ったぜ。」
弟「信じてなかったって言ってる様なものだ。」


俺「南関の新馬戦で馬券買うなんて滅多にしないぜ。」
弟「なんだかんだで師匠、この頃は2歳レースで馬券を取ってるんだよな・・・コスモスは1.5倍の単勝だったけど。」
俺「ねぇ。どうしたものかと。」


★苦手と言ってる割にはコレだからなぁ・・・

俺「土曜日は中央で2歳重賞があるんですけど。」
弟「例によって手を出さないと。」
俺「そうなんだけどさぁ。」
弟「だけど?」

俺「2歳戦をなんで当てられるんだろ・・・」
弟「いや、ボクもなんであの予想で当たってるのか
  正直意味が解らないんですが。」


俺「あのね、毎度ああいう買い方しといてナンですけどねぇ、最も雑なんですよ。俺の2歳戦の予想って。」
弟「知ってるよ、見りゃ解るよ。」
俺「なのになんで当たっちゃうの?なんでしっかり予想した方が当たらなくて、よく解らなくてこれでいいやって買った2歳レースが
  当たっちゃうの?」
弟「中央の2歳重賞も買う時って当たってるんでしょ。」
俺「そうなんだよ、ヴゼットジョリーとトラスト、単勝一点買いで取った。」
弟「確か、似たような感じになった時あったよね。」
俺「一昨年ね。名前だけで選んで南関重賞当ててた。オウマタイムの年だろ。」
弟「あったなー・・・」

俺「今年は主に門別様をたぶらかした結果なんだけど。」
弟「門別様は変わってしまわれた。」


俺「・・・いや、だからと言って調子に乗って土曜の2歳重賞には手を出しませんよ。」
弟「やっといた方がいいんじゃない?2歳戦の波が来ているのかも。」
俺「いやいや、調子に乗ってはいけないのだ。本来は2歳重賞はよっぽどの注目馬とか気になる馬でも居ない限り手を出しては
  いけないのだ。今回のコスモスがそのパターンなのだ。」
弟「じゃあ買わなくていいから馬柱だけでも見て、ここで気になった馬だけ挙げればいいのだ。」
俺「そんなコトしたら買いたくなっちゃうじゃないか。」
弟「まぁ、そこは自己責任でしょう。気になる=買いたいになれば、それもアリなのでは?」
俺「んー・・・あんまり乗り気にはなれないけど。」
弟「はい、じゃあ京王杯2歳Sの出馬表をどうぞ。」
俺「どれどれ・・・」
弟「・・・ま、こうやって予想させたら結局馬券買っちゃうんでしょうけどね。」
俺「・・・」
弟「どうです?」
俺「デシちゃん。」
弟「なあに?」


俺「ジョーストリクトリだって。」
弟「・・・・・・・・・・・・」



俺「ヤバくない?ジョーストリクトリなんて。一歩間違えたら大変なことになるよ。」
弟「・・・」
俺「接戦になったら読み間違えられちゃうよ。」
弟「・・・・・・・・・・・・・・」

俺「なんて出馬表を見せてくれるんだ、デシちゃん。ジョーストリクトリなんて馬が居る出馬表、俺に見せたらこうなるに決まって
  いるじゃないか。」
弟「ええ、まぁ、うん・・・しかたないことですね・・・」
俺「うわぁ・・・デシちゃん。」
弟「・・・今度はなんでしょう?」

俺「ドウディにジョーストリクトリは刺激強くない?」
弟「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


俺「何このいやらしいレース。ジョーストリクトリの隣にドウディが居る。」
弟「ごめんなさい、出馬表見せるんじゃなかった・・・そんな師匠の発想力を煽る馬が居るなんて知らなかったんだ・・・」
俺「ジョーストリクトリとドウディの叩き合いになったら放送事故だ。」
弟「もうやめましょう師匠、ボクが悪かった。」

俺「ジョーストリクトリが粘る。ドウディが迫る。これはやばい。」
弟「・・・人気はどうなんですか?」
俺「現時点で8番人気みたいだ。」
弟「穴ですね。」


俺「部分的には穴じゃないよ。」
弟「ごめんなさい師匠、ボクが悪かったよ、おとな
  しくBCの予想をしてくれよ・・・」



◎ジョーストリクトリ 
複勝




★今日やりたいのは前倒しでこっち BCフィリー&メアターフ

俺「日曜の2重賞と一緒に予想するの大変だから、まずはこのレースの予想をしちゃいます。」
弟「ヌーヴォレコルトとユタカさんが挑戦するBCフィリー&メアターフですね。」
俺「日本時間の日曜早朝に発走ですからね、多分寝てますね。」
弟「見ないんだね・・・」
俺「ブリーダーズカップは、この時差がシンドイんだよなぁ。見たいレースではあるんだけど、まともにリアルタイムで見た試しが
  ない。このレースだって日本時間の午前4時43分出走予定なんだぞ、見れるかよ。」
弟「夜更かしは得意じゃないか。」
俺「あ、いいことを思いついたぞ。こうすりゃいいんだ。」
弟「なんでしょう?」



いいこと♥ →  



弟「全力で拒絶いたします。」
俺「お前があんな出馬表を見せるから、こういう
  発想になってしまうのだ。」



弟「この期に及んで、まだそういうことを言うか貴様。」
俺「お前がジョーストリクトリなんて見せるからいけないの。」
弟「このフナムシは本当に・・・もうリアルタイムで見るかはどうでもいいから予想しましょうか、うん、それがいい。」
俺「え!?じゃあアタイのジョーストリクトリはどうなるの!?」
弟「知りません。お一人でなんとかすればいいでしょう。」

俺「かわいそうなアタイのジョーストリクトリ・・・」
弟「予想する気あるのかよ・・・」
俺「まぁ、メルボルンカップよりは遥かに頭数少ないし、実績もちゃんとしてる馬が揃ってる分、マジメに予想はしやすいな。」
弟「ふむ、その上でヌーヴォレコルトはここでどんな扱いをすべきだと?」
俺「ちょっとキツい気がするなー・・・せめて枠は内側が欲しかった。」
弟「大外なんだよなぁ。」
俺「サンタアニタ競馬場の芝コースは速い時計が出ることで有名で、左回りの2000mコースはスタート直後にコーナーがあり、尚
  且つダートコースを横切る作りになっている。コース形状云々よりも、この馬の場合は最近高速レースから遠ざかっている
  のが難点なのよね・・・馬場が渋った方がチャンスありそうなんだけど。左回りも久々じゃないか?」
弟「昨年のヴィクトリアマイル以来ですね、左回り。」
俺「色々と最近とは違う環境下になるんだよな。ましてやこの競馬場、先行馬が強いコースなんだよ。恐らく地元勢はかなりな
  積極策を取ってくるハズ、そうなるとここ最近は経験してなかったペースになるだろう。」
弟「秋華賞では高速決着での2着だったもん、その時に負けたショウナンパンドラが引退しちゃったから、その分まで頑張って
  くれると思います。」
俺「デシちゃんは素直にヌーヴォレコルトとユタカさんを応援するんだろうなって解っていたさ、でも俺はそもそもヌーヴォレコルト
  とユタカさんが合ってない気がしてしょうがないんだ。」
弟「そこか・・・」

俺「岩田騎手とユタカさんじゃ動き方が違うだろ。」
弟「動き方って言い方は気持ち悪いね。」


俺「この鞍上変更は一発で結果出せてないと厄介。香港のQE2世カップで一度コンビ組んだけど、その時の結果がイマイチ過ぎ
  に思える。その上でさっきの条件が重なるんだ、やっぱりちょっとキツい。」
弟「そうなると、海外競馬では重要なファクターである騎手買いか、あるいはブックメーカーオッズ作戦かで海外馬を軸にした
  予想を組み立てたということですね。」
俺「割と素直に戦績を信じる。中でも地元米国のレディイーライ、この馬は不治の病と言われる蹄葉炎から復活を遂げた馬なん
  だよ。復帰戦では2着だったけど前走のフラワーボウルSで優勝。ケガをする前に比べてパフォーマンスは落ちたと言われて
  いるけれど、要はここが叩き3戦目。前進を見込んでこの馬を本命にします。」
弟「蹄葉炎という言葉には絶望しか感じないけど、そこから復活してまた勝っちゃうなんてスゴイ馬だね!!」
俺「それまで無敗だったんだよ、蹄葉炎もツキのないアクシデントによるものだった。釘を踏ん付けて蹄葉炎になっちゃったんだよ
  なぁ、これが無ければどんな成績を残していたか。」


◎レディイーライ
○シーカリシ
○センティエロイタリア
▲セブンスヘブン

三連単◎1着→○2,3着→▲3着 馬連◎から〇



俺「地元勢優勢と見ます、フラワーボウルSの1~3着がハイレベルだと踏むね。欧州勢ではセブンスヘブン、クイーンズトラスト
  鞍上で人気になりそうだけど、セブンスヘブンとムーア騎手のコンビでも3着までと予想。」
弟「なかなか素直な予想をしてきましたね。」
俺「この環境下でヌーヴォレコルトが勝ったらスゴイと思う。予想では切りだけどユタカマジックが米国で炸裂するところは見たい
  よねぇ。」
弟「じゃあ師匠の予想はハズレだ。ユタカマジックは炸裂しちゃうのですよ!!」


弟子予想
◎ヌーヴォレコルト
単複



俺「お前さぁ、ちょっとぐらい予想しろよ!!」
弟「わからないのです!!」



俺「・・・まぁ海外戦はコレでいいのかもしれないけど。」
弟「コレでいいのです!!」





※日曜の予想を今するのは変な感じだねぇ



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/11/05 02:27 ] 海外競馬予想 | TB(0) | CM(5)

隣ゲートのドウデイも変な名前だしジョーの馬名由来見たら冠名プラスコーヒー豆がどうのこうのと書いてあって吹き出しました。これは実況に期待。レーヌミノルも濡れるにしか見えないしなんていかがわしいレースなんだ…
[ 2016/11/05 10:12 ] [ 編集 ]

ブリーダーズカップ初日では、NBCの予想家2人+1人が今年もいきなり4レースで全滅。
特にBCディスタフでは3強の内唯一推さなかった馬が1着で、ダブル本命に推した馬が出遅れるという大暴れっぷりでした。

もしNBCの逆神予想家達が変な意味で調子を維持し、当日レディイーライを本命に推した場合、
ヌーヴォレコルトにも勝つチャンスが出てくるかもしれません。

しかし、予想には入ってるのに、師匠がセンティ"エロ"イタリアに触れないとは…w
[ 2016/11/05 11:05 ] [ 編集 ]

「(英)厳しく、厳密に」とかでも由来にできそうなのに、馬名由来を「コーヒー豆の標高による格付けの最高位より」
(おそらく"Strictly" Hard Beanや"Strictly" High Grown等)にしていて、やたら凝った印象を受ける点。
いつぞやのオウケンブルースリ同様に冠名と合わせると9文字に収まりきらないため、
ストリクトリーの長音符が削られ、読み間違えのリスクが高まる「ストリクトリ」になっている点。
そして、わざわざ「コーヒー豆」を由来に入れたせいで、より隠語感が増しているという点…。

ジョーストリクトリ、ネタ馬名としてはとてつもない逸材かもしれませんね。
[ 2016/11/05 23:11 ] [ 編集 ]

>アダマンタインさん

由来までいやらしかったジョーストリクトリの刺激に、ドウディは耐えられなかったのだ・・・
[ 2016/11/06 02:04 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

皆さんのいやらしい想像がふくらんで何よりです。このドスケベ共め!!
[ 2016/11/06 02:05 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1287-8aece0dc