スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016門別様最終開催 道営記念の予想

★今年一年お世話になりました、門別様!!

俺「うう、終わっちゃうよぉ、今年の門別様が終わっちゃうよぉ!!」
弟子「去年には考えられなかった発言をしております。」
俺「門別様とお別れしたくないよぉ!!」
弟「無茶を言ってはいけません。門別様は、冬は雪で開催できないんですからね。」
俺「一年中門別様と遊びたいのに。」
弟「そう言っても無理なものは無理ですって。」


俺「門別様が居ないと、アタイは馬券を当てられないの!!」
弟「それが異常事態なのだ・・・」



俺「終わっちゃヤダよぉ、もっと遊ぼうよぉ!!」
弟「わがままを言うと門別様に嫌われてしまいますよ。」
俺「いや、もう嫌われてるから当てられるんだ。」
弟「そういう解釈でしたね・・・」

俺「でもアタイは門別様がダイスキ、すれ違いなの。」
弟「じゃあ門別様はこれで師匠の相手をするのが今年最後ってコトでホッとしているかもしれませんね。」
俺「ムッ、イヤなことを言う。」
弟「きっとそうなのだ、そしてこの最終開催日に師匠にトドメを刺してくれるのだ。」
俺「門別様はそんなヒドイことしません!!ねー、門別様♥」
弟「本当にスゴイ掌の返し方ですよね・・・門別様と言えば『二度とやんねぇ』だったのに。」
俺「そんなコトを言ったら門別様が泣いてしまわれる。」

弟「今は師匠にダマされて泣いているのです。」
俺「泣いてる門別様もまた愛おしいのだ♥」


弟「くそぅ、気持ちが悪い・・・」
俺「ダマすとか言われてもだな、本当の予想をしたら門別様が当てさせてくれないからこうなったんだろーが。」
弟「それは単純に師匠の予想がアレなだけでしょう。」
俺「しかしまぁ、コレが今年最後の門別開催だ。ここまではそういう手段を取ってきたが、最後の戦いも同じ手というのもちょっと
  違うよな。」
弟「おっ、ということはもしかして・・・」


俺「今回は真っ当に予想で買うぞ、門別様!!」
弟「きゃあ門別様!!ハズしやすいね!!」



俺「門別最後のビッグレース、道営記念。ここも門別様をコロコロ言い包めて当てるなんてワケにはいかんのだ。」
弟「それがウソってことはないですよね?」
俺「まぁ正直、ここまでソレで上手く行っちゃったから、多少はそういうコトも考えました。」
弟「大人ってキタナイ。」
俺「でも今回はキッパリ言いますが、それはしません。ここは駆け引きでもなんでもなく、今からする予想の通りに馬券を買って
  正々堂々と勝負させていただきます。」
弟「今年最後の門別様との勝負はヒネらないのですね、カッコイイじゃないか。」
俺「ここでマトモに門別様に勝つ!!そうすることで俺は心の底から門別様を愛せる様になるのだ!!」
弟「この師匠の挑戦に門別様がどう出るか。」


俺「ここで勝つことで!!ようやく門別様をペロペロ
  することができるのだ!!」

弟「こういうコト言うからダメなんだと思う。」




★2016年門別最終決戦 道営記念!!

俺「最終レースが道営記念になるけど、この日の門別は他のレースもかなりいいメンバーが揃っているんだよ。」
弟「A1クラスのレースが9Rと10Rに組まれ、11Rは2歳重賞なんですね。」
俺「9Rには今年スティールキングと三冠戦でしのぎを削り合い、最後の一冠で王冠賞を制してスティールキングの三冠制覇を
  阻止したジャストフォファンが出走。他のメンツを見る限りではこの馬で固いだろうが、中央から転厩してきて現状不振な
  馬達の巻き返しも考えられる。転厩2戦目のアトムとかね。」
弟「アトム、道営に移籍してたんだ・・・」
俺「それでもここはやはりジャストフォファン最有力。相手は中央からの移籍組は敢えて軽視してクライリングコーズウェイ
  芦毛2頭に馬単を流し、2,3着もこの2頭の三連単で勝負でしょう。」
弟「あ、あの・・・」
俺「なんでしょう。」

弟「道営記念だけじゃないんだ、買うの・・・」
俺「今年最後の門別様との戯れなんだぞ!!」



9R ビヤパーティーAiba浦河特別
◎ジャストフォファン
○クライリング
○コーズウェイ

三連単◎1着→○2,3着 馬単◎から 



俺「ハイ続いて10R!!短距離A1クラスによる戦いの北竜ひまわりライス特別!!」
弟「うわぁ、大丈夫かなぁ・・・」
俺「前走ではらしくない敗退を喫した北海道短距離王者アウヤンテプイと、その前走勝者コールサインゼロ、この2頭の一騎打ち
  が濃厚と思われるメンバーです。どちらを優勢と取るかだろうね。」
弟「アウヤンテプイは確か北海道スプリントカップにも出てた馬ですよね。」
俺「そう、普通に考えたら地元同士では負けちゃいけない馬なんだが、ちょっと前走の負け方は気になるところ。鞍上が石川騎手
  に変わってからパフォーマンスが落ちている見栄えだな、しかし・・・」


10R 北竜ひまわりライス特別 
◎アウヤンテプイ
○シセイカイカ
▲サクラインザスカイ
▲コールサインゼロ

三連単◎→○→▲



俺「まず時計がおかしいんだ、コールサインゼロは1分13秒くらいの決着が好きな馬で速い時計に対応できていない。ここ最近は
  砂でも入れ替えたのか凍結防止剤でも撒いたのか時計がやたら遅かった。しかし今開催では2歳未勝利でも13秒台の走破
  時計が出ているんだ、こういう馬場ならばアウヤンテプイとシセイカイカが有利と見る。」
弟「本当に普通に予想してる。点数かなり絞ってるけど。」
俺「真っ向勝負なのだ。」
弟「ふむ、門別様の底意地がここで測れますね。」
俺「続いては2歳牝馬によるマイル重賞、ブロッサムカップだな。」
弟「おお、2歳重賞もやっちゃうんですか。」
俺「前走で勝利している馬が居ないというメンツ、こうなるとエーデルワイス賞組に目が行きがちになる。何せ2着だったアップトゥ
  ユー
が南関のローレル賞を圧勝してるんだからね。」
弟「ふむ、そうなりますね。」
俺「そうなるとオーブスプリングが最有力ってことになるが、この馬は前走で拾いに来る競馬が功を奏した感じなんだよな。地元
  同士ならばああいう競馬にはならないハズ、ならば敢えて勝てないと読むのもアリだ。」


11R ブロッサムカップ
◎ポリカ
◎ラミングアタック
▲スピリア
▲オーブスプリング
▲シェアハッピー

三連複◎2頭から ワイド◎同士



俺「やはり10月の馬場が気になる部分だ、ここでかなり得意不得意が出ている感じがする。ちゃんとした馬場ならラミングアタック
  が巻き返すだろう。勝つときは圧勝することもできて、負けるにしても大きく離されていない内容はここでは最上位。そして鞍上
  が阿部騎手に戻ったポリカをオーブスプリングより上に見る。」
弟「道営記念前の3つのレースも予想するとは。」
俺「道営記念はデシちゃんも予想するよね。」
弟「せっかくですからね、ここなら知ってる馬も居ますし。」
俺「では今年の門別、最後の大一番。道営記念の予想に移りましょう。」


★さぁ、ラストマッチだよ門別様!! 道営記念!!

俺「予想の前に。今回の道営記念は直前に悲しい出来事が起きてしまいました。」
弟「うん・・・」
俺「昨年の覇者であり、今年は連覇をかけて臨む予定だった超良血馬グランプリブラッド。道営記念の追い切りの最中に転倒
  して複雑骨折してしまい、残念ながら予後不良の診断が下されてしまったそうです・・・」
弟「南関にも一度遠征しに来てくれたんですよね。高知の古豪サクラシャイニーとの激戦を思い出します、あのケイアイレオーネ
  を突き離しての好勝負だったんだよね。」
俺「切ないね、道営記念目前に、よりによってこの馬がこんなことになってしまうなんて。」
弟「他の馬達にはグランプリブラッドの分まで走ってもらいたいです。」
俺「そうだね、そしてグランプリブラッドには今年の道営記念を見守ってもらいたいです。今年の門別最後のレース、全人馬の無事
  を天国から願っててほしいな。」
弟「グランプリブラッドが納得できる結果になってほしいですね。」


俺「素晴らしいメンバーになりました、でもここにグランプリブラッドの姿がないのは本当に残念。せめて彼が安心して天国に行け
  る様なレースをしてほしいね。今はグランプリブラッドが安らかであることを心より願います、お疲れ様でした。合掌・・・」
弟「どうか最後のレースが無事に終わるように見守っててくださいね。合掌・・・」


俺「前年度覇者の悲しい離脱はありましたが、今年は本当にいいメンバーだと思います。好勝負を期待しましょう。」
弟「新旧の道営強豪が出揃った感じですからね。」
俺「はっきり言って、恐らくこの面々は南関の現中距離上位メンバーが加わっても勝てる見込みが充分だよ。ハイレベルなレース
  になることを期待しています。」
弟「うんうん。」
俺「中でも最有力と思われるのは、現在のところ4連勝中の現道営王者オヤコダカです。」
弟「オヤコダカだ!!」
俺「そして今年の道営3歳2冠馬スティールキング。この芦毛2頭の勝負が最大の焦点になるでしょう。」
弟「どうでしょう、伸びしろ満載のスティールキングが前走でオヤコダカを追い詰めました。」
俺「そして道営記念は2000m、オヤコダカにとっては悪夢のコースだ。」

弟「悪夢のコースというか、スタートできなかったんですよね。」
俺「北海優駿はマジで悪夢だったな・・・」



※2014年の北海優駿、単勝1.1倍の圧倒的人気を背負ったオヤコダカは、
 背負った人気と坂野騎手をスタートと同時にブン投げました。



弟「苦手なコースなのです。」
俺「それも含めて苦手になるのだろうか・・・ともかく、オヤコダカは昨年のこのレースが7着、そして1800mを超えると着差がかなり
  狭まることから距離延長は歓迎できない馬と言えちゃうんだよな。」
弟「ふむ、マイルだと物凄く強いんだけどね。」
俺「そう、つまりオヤコダカはマイラーだと簡単に判断できてしまう。一応今年は赤レンガ記念でこの距離を克服してはいるものの
  やっぱりマイルに比べたらパフォーマンスは劣っている印象だな。」
弟「そうなんだよねぇ、それで前走はスティールキングにゴール前でかなり詰め寄られてる。ここは若いスティールキングに期待
  してもいいでしょう、この距離なら逆転だ。」
俺「どうかな。」
弟「おお、まさかそこまで不安を漏らして・・・」


俺「俺はオヤコダカ本命だ。」
弟「石川騎手が投げられちゃう。」



俺「勘弁して。」
弟「そう、あの時師匠とボクに本命を打たれたオヤコダカは、盛大に阪野騎手を背負い投げしたのです・・・!!」
俺「凄い圧勝劇だったじゃないか。画面から見えなくなる程の。」
弟「カラ馬では意味がないじゃないか・・・!!」

俺「そんなこと何度もあってたまるか。」
弟「まぁ、そうですけどね。」
俺「ここでスティールキング逆転というシナリオは誰しもが思いつくところ。そしてオヤコダカに距離不安があるのは事実、昨年の
  様な結果になる可能性も捨てきれないだろう。枠も内側にスティールキングが居ては楽ができなくなるかもしれない。」
弟「うん、流れはスティールキングの方にあると思う。」
俺「しかしだ、まずオヤコダカのレースっぷりが昨年と全然違うし、とりあえずは今年2000m戦で勝利しているのだから不安は言う
  程無いと考える。」
弟「でも前走は結構ピンチでしたよ。」
俺「前走は前走だよ、むしろ瑞穂賞で詰め寄られたと言ってもスティールキングの方が不安だ。」
弟「なんでそんなコトが堂々と言えるんです?」
俺「簡単に言えばオヤコダカの瑞穂賞での仕上がりは、ひょっとしたら全然だったんじゃないかと思うからだ。あのレースを経て
  桑村騎手が勝てるとチャンスを抱いたならば、それこそが危険なんじゃないかと。」
弟「オヤコダカは全然仕上がってなかったと・・・どこかでそういう情報があったんでしょうか?」
俺「いや、ない。」
弟「じゃあ何を根拠に・・・」



根拠というか・・・ →  



俺「普通にこう思えるだろ。」
弟「割と真っ当な理由ですね・・・」



俺「当初はエルムSに参戦するプランもあった馬だ、でも道営って基本的に内弁慶な部分があるから結局瑞穂賞になったんだけど
  H3では相当ナメた仕上がりで迎えた感じがあるんだよな。もうここまできたらH1しか見えてないんじゃないの。」
弟「その前のマイル戦では圧倒的でしたからね・・・」
俺「この瑞穂賞のパドック映像をYoutubeで見つけたんだけどさ。」
弟「ふむ、見てみましょう。」


スティールキングが3番、オヤコダカは7番です 



俺「寝起きみてぇだろ。」
弟「歩くの遅い・・・」



俺「対するスティールキング、めっさかっこいい。この見た目の差で勝ったのはオヤコダカなの。」
弟「なるほど。あくまで目標はここであり、瑞穂賞はステップもいいところだったと。」
俺「スティールキングとはここで初対戦だったけど、グランプリブラッドに対してはその前に6馬身付けて勝ってたからな。この馬を
  物差しにして考えたら軽めの仕上げでイケると踏んでたんじゃないかと。」
弟「そう見ましたか。」
俺「ここでむしろ怖いのは満を持して牡馬相手の重賞に出走してきたタイムビヨンド。かなり遠征の経験値が高い馬だが、それ
  だけに門別戦での堅実さが光る。ここで上位牡馬相手でも揺るがないんじゃないか?」


◎オヤコダカ
○タイムビヨンド
○スティールキング
▲ウルトラカイザー
▲ワットロンクン

三連単◎1着→○2,3着→▲3着



俺「やっぱり見たいのは芦毛対決だけど買い方はこんな感じで。ウルトラカイザーも巻き返す可能性は充分なんだけど、ここは
  新しい世代の台頭に期待したい。面白そうなのは前走スプリントを使ったワットロンクン、わざわざ岩手の山本騎手を起用
  している辺りが意味深だ、芦毛ワンツースリーも視野に入れよう。」
弟「師匠はこの予想をちゃんと買うと。」
俺「そうだ、今回はウソじゃないのだ。オヤコダカの借りはオヤコダカで返すぞ、門別様!!」
弟「ううむ、オヤコダカは好きな馬ですけどやっぱり距離が不安なんだよなー・・・さっきの師匠の言い分も解るんだけど、ボクは
  スティールキングから組み立てます。この距離ならこっちだ。」

俺「幼女同士で俺の予想を潰そうとするなよ!!」
弟「・・・オヤコダカで本命カブったら北海優駿の再現になるよ。」



弟子予想
◎スティールキング
○ウルトラカイザー
○オヤコダカ

三連単◎1着→○2,3着 三連複 うまふく◎から



弟「古豪筆頭vs3歳芦毛で。やっぱりこの3頭です、グランプリブラッドの件もありますし。」
俺「オヤコダカとウルトラカイザーにとってはライバルだったし、瑞穂賞でスティールキングとも対戦してるもんな。」
弟「この3頭が健闘することで、グランプリブラッドの強さも知らしめるんだよ。」
俺「なるほどね、確かにこの3頭の決着ならいいレースだろうな。」
弟「悲しいことはあったけど、門別様の今年最後のレースはいいレースになってほしいですね。」
俺「そうだねぇ。」
弟「しかし師匠が後半4レースを全部予想するとは思いませんでしたよ。」
俺「今年最後の門別様を楽しむのだ!!」


弟「全部ハズしたらどうする?」
俺「もちろん二度とやんねぇよ。」






※次回の第一声がどうなるでしょうか



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/11/10 01:20 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(6)

さてさて…

門別様にお師匠さんが悶絶させられるか、お師匠さんが門別様を悶絶させるか、この勝負大いに楽しみです。

グランプリブラッドは枠順が確定後の事故。出馬表の取消の文字が悲し過ぎます。みんなの事を見守ってくださいね。ご冥福をお祈りします。


園田ではトーコーヴィーナスが出てきますね。地元の牝馬限定戦でとの様な走りを見せてくれるか楽しみです。

船橋も注目したい馬が何頭かいますが、メインに出るオウマタイムは活を入れる為にというのが目的ですかねぇ?走る気を取り戻してくれるといいですね。
[ 2016/11/10 06:36 ] [ 編集 ]

第一声は

テンキュウベリマッチョ。

ながいあいだおまたせしてズビバゼン
(なにを?
かと。

dowway記念のぺっぺ予想ですが、ジュエルクイーンはいかがでしょうか?
あとは、バラブシュカ。
[ 2016/11/10 15:44 ] [ 編集 ]

ホッコータルマエは…

今年限りで現役を引退する予定だそうですが、東京大賞典のレース後に大井競馬場で引退式をやるプランが出ている様ですね。

大井競馬場サイドは承諾済みで、JRA側の承諾が出ればGO!となる様です。

G1・Jpn1を4勝した舞台での引退式というのは粋な計らいだと思います。是非実現させてもらいたいです。
[ 2016/11/10 17:56 ] [ 編集 ]

あぁ~そうゆう理由なんすか…グランプリブラッド…

今年は体重の増減が激しくあまり順調ではないのかなぁ~て感じで今回が一番順調に来てたかなと思ってたんすけどね…

この舞台ならオヤコダカを逆転出来ると思っていただけに…合掌…


ここで正々堂々と勝負するとは男前すね(笑)
結果はいかに…プフッ


ブロッサムカップ!

ここは『速力』上位のエーデルワイス組を重視!
『距離延長組有利』と見た!

◎オーブスプリング
〇シェアハッピー
▲ポリカ
△ジュンアイノキミ

確かに前走のオーブは着狙いの競馬ではあったがこの距離なら『横綱競馬』が可能。
シェアは一番距離延長が合いそうな感じで。

3連複
◎→〇▲△

3連単
◎→〇→▲△


道営記念!

オヤコダカはマイルがベストなのは明白!
とは言え今年は2000mの赤レンガ記念も勝っている。
ここは『乗り方』次第だろう。

マイルなら『スピード』の違いで押し切れてしまうが、2000mとなるとそうはいかない。
ここで『勝利』を掴むには、番手から後続を離すペースに持ち込み3~4コーナーにかけて先頭に立ち残り400m地点からスパートをかけて最後まで粘りこむ。

ほぼこのパターンが出来上がっている。
いかに『強気』な騎乗が出来るかが重要となる。

◎ウルトラカイザー
〇スティールキング
▲タイムビヨンド
△オヤコダカ

今回の石川は『強気』に乗れないと決め付け!(照)

4コーナーあたりで充分な『リード』を保てなければ意外にモロい。

『負かし』に行ったスティールキングを大一番でウルトラカイザーがねじ伏せる!

3連複
◎→〇▲△

3連単
◎→〇▲→〇▲△
[ 2016/11/10 19:57 ] [ 編集 ]

無邪気に喜ぶ門別様を街灯の下から
「これで良い、これで良かったんだ」とつぶやいて歩き去る師匠

という画像が思い浮かんだんですがどうしてくれましょうか
[ 2016/11/10 20:43 ] [ 編集 ]

今までの鬱憤を晴らすかのような門別様の容赦ない仕打ちでしたね。門別様がマウントポジションで無抵抗の師匠を笑顔でぶん殴ってるように感じました。まさに自業自得ですね。記事内容が読みづらくなるから、早めに泣き止んでください!
[ 2016/11/10 22:13 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1291-0408b60e











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。