スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

後味サルミアッキ

俺「ダコールついていけなかったねー・・・スタートのダッシュから全然通用してなかったな・・・」
弟子「だこぉ・・・」
俺「まぁでも、ダメージが残る様なレースはしてないし、次を考えたらこういう流れを経験したのは良かったかも。これがラストラン
  ってワケでもなさそうだ、まだ応援できるよ。」
弟「だこ!!頑張ったもんね!!」
俺「いやぁしかし・・・最後の最後で後味がよろしくないゴールをしちゃったなぁ、ミッキーアイル。」
弟「うーむ・・・」


マイルチャンピオンシップ 結果
1着 ミッキーアイル
2着 イスラボニータ → 俺▲弟子〇
3着 ネオリアリズム


俺「出たなりで一気に先頭、ネオリアリズムが競りかけてきてもハナを譲らずに単騎状態に持ち込んだ決め打ち騎乗は流石と
  言っていいでしょう。でもねぇ・・・」
弟「最後の斜行が、かなりヒドイことになってましたねぇ・・・」
俺「結局、イスラボニータは被害を受けておらず、着順に影響はないということでそのまま決着しましたけど。」
弟「ううむ・・・」
俺「ディサイファのユタカさん、相当危なかったぞ。」
弟「一気に挟まれて、つんのめってましたからね。」
俺「一応、浜中騎手はこの斜行による裁決で23日間の騎乗停止となったワケですけど。」
弟「ふむ。」

俺「・・・失格って判断にゃならんのか。」
弟「降着とかいう問題じゃないと。」


俺「まぁね、騎手や馬に悪意は無いと言っても、ああいうヨレはどうしても出てしまう。ミッキーアイルが頑張ったから出ちゃった
  様な斜行だ。でもさぁ、非常に危険な事態に陥ったことは事実でしょ。」
弟「土曜のトラストも結構ヨレてましたからね。」
俺「そこのハンドリングに対して厳しく見なければいけないワケさ。そりゃ意図的じゃないのは解る、でもそうならない様にする
  為に騎手が乗っているんだから。その仕事ができていなかったって見方もできるだろう。」
弟「着順に影響がないから、という話ではないんですよね・・・」
俺「そゆこと。一応それなりの重い制裁は出ているけど、あくまでそれなりの制裁であって、厳罰と言えるものではない。ここは
  厳罰になってもおかしくないと思うんだけどねぇ。」
弟「降着、失格のルールをおさらいすると、こう記載されてるんですが。」

降着
「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と判断した場合、
加害馬は被害馬の後ろに降着となります。

失格
「極めて悪質で他の騎手や馬に対する危険な行為によって、競走に重大な支障を生じさせた」と判断した場合、
加害馬は失格となります。


俺「だから、イスラボニータは被害を受けていないからまず降着にはならない。うん、それは解る。でも結果的に事故は発生して
  いないけども事故寸前に陥る事態を作り出したワケさ、しかもその斜行の度合いがかなりヒドイときている。」
弟「結果的に何とか大事故は免れたけど、という見方ですか。」

俺「あの斜行を単体で見たら大きなミスだろ。」
弟「そうですよねぇ・・・」


俺「些細な斜行や進路妨害でも事故は起きてしまう。で、その場合は事故を起こした原因として失格なりの処分が下される。でも
  これだけの大斜行をしたけど結果的に事故は起きなかったので制裁処置ってのもねぇ・・・」
弟「この斜行はミッキーアイルがゴール直前で体力を絞り尽くしたからヨレてしまったと見ていいんでしょうか?」
俺「そう見ていいと思う。けど、その制御を怠る様な騎乗だったのも事実。正面からのパトロール映像見て、馬を動物としてでは
  なく乗り物として見れば解るよ。」





俺「浜中騎手は左手で手綱をしごいて、右手でステッキを振るっているよね。そのまま真っ直ぐに進むのならそれでいい、でも
  ヨレ始めてもそれを矯正しようとしてなかった。」
弟「どういう原理で考えればいいの?」
俺「まずあの斜行が起きる前から正面映像を見ると解るんだけど、もう既に左にヨレ気味なんだよね。内は空いてるのに徐々に
  外にミッキーアイルがふらついてたんだ。だから急に起きた斜行ではなく、起きるべくして起きた斜行だと言える。」
弟「ふむ。」
俺「前兆がハッキリと見てとれるにも関わらず、浜中騎手は同じスタイルで追い続けた。余力を持った馬ならそれでも真っ直ぐ
  走るだろう、でも左手の手綱だけでハンドリングして右からはステッキが入ったらどうなるか。馬という動物ではなく自動車か
  何かで考えてみなさい。」
弟「左手で手綱、右手で右トモにステッキ・・・」


俺「ハンドルを左に切って、右後輪をフカしてる様なものです。」
弟「ドリフトやんけ・・・」



俺「そうです、その場でくるくる回ってもおかしくないです。」
弟「そんなことにはなりません。」
俺「過剰表現だけどね。まぁ、だから俺が言いたいのは、結果的な事象よりも重く見るべき部分がある騎乗だったってコト。ネオ
  リアリズム
のムーア騎手を見てごらんなさい、右にいるミッキーアイルがヨレ始めてから何度も両手で手綱持って体勢を立て
  直しているでしょう。これが矯正というものですよ。」
弟「側面の映像だと解りにくかったですけど、正面から見たらあれだけ斜行してたんだってゾッとしますもんね・・・」
俺「あの目の錯覚は凄いよね、側面からだとイスラボニータが内に切れ込んだ風に見えるけど、実はミッキーアイルが外に膨ら
  んでいたという。」
弟「最初はゴール手前でディサイファが躓いたことによる審議と思って、近辺の馬を疑っちゃいました。」
俺「うん、あのゴール直後はテレビで見てもミッキーアイルが審議対象とは思わなかったから不思議。」
弟「この正面映像はコワイなぁ・・・」
俺「浜中騎手だってそんな下手乗りする様なジョッキーじゃないハズだよ、でも今回のはヒドイ。あまり騎手の騎乗に下手とか云々
  言いたくないけど、今回はハッキリ言えちゃうもん。危険騎乗だよ、突発的な馬の挙動じゃないから尚更だ。」
弟「それに対する制裁としては、やはり甘く感じるということですね。」
俺「制裁の捉え方にもよるよ、実質8日間の開催騎乗停止は相当重い処分ではある。しかも時期的に賞金の大きいG1レースが
  多いわけだから、騎手としては相当な痛手にはなるでしょ。客目線で言えば降着やら失格やらの処分の方が大きく捉えられる
  だけかもしんないし。」
弟「よく、こういう事例がある度に『昔の制裁制度の方が騎手も気を付けて乗るのではないか』って意見を目にするけど。」


俺「皆同じ人の意見だろ。」
弟「そういう問題じゃなくて。」



俺「俺個人としての意見では、今回の浜中騎手は降着ではなく失格になってしょうがないものだという判断かな。何しろ斜行発生
  前になんとかできる状況、事故は起きなかったけど非常に危険な状態になったことには間違いないのだから。」
弟「なんか、今の制裁制度に対しやったもん勝ちみたいな印象を持たれてるけど。」
俺「やったもん勝ちなワケはないでしょ、騎乗停止はダイレクトに懐に響くものだよ。考え様によっては降着処分より重いかもしれ
  ないし。強いて言えば降着、失格の上での制裁であった方が当然騎手にとって大ダメージにはなる。どっちが先に立つかと
  いうのが今の制裁制度なんだよな。」
弟「どうしてこうなったのかが明確だからこそ、師匠は重くするべきだと。」
俺「そう。突然馬が暴れだして何かが起きたのなら、騎乗してた騎手も被害を受けた側も不幸だったと言えるけど、今回の事例は
  そうとは言えないんだよ。明らかに浜中騎手の失態でこうなったんだからね。意図的ではないにしても、それで許されるもの
  ではないって見方。着順云々ではなく、それにより複数の馬に多大な危険を与えたという点を考えるよ。」
弟「じゃあコレが昔の制度だったら別の処分になってたって意見もあるけど、それはどうなの?」

俺「どうだろ、解んないな。だってアタイはハタチだから。」
弟「そうでしたね。なんかごめんなさい。」


俺「でも、今の制度だからこういう騎乗が無くならないんだって意見は、ちょっと違う気がするね。」
弟「ふむ。」
俺「処罰が軽いからやったもん勝ちになるんだって言い分は解らなくもないけど、それでまかり通ったらジョッキーは皆ゲス野郎
  って言ってる様なものだろ。犯罪者の再犯率と同じじゃないか、そういうコトじゃないと思うね。」
弟「まぁ、そう信じたいものです。」


俺「罰が軽いから何度も同じことするって、キミタチ
  じゃないんだから。」

弟「問題発言は控えてください。」



俺「ダメですよ、自分と重ね合わせちゃ。」
弟「まったくもう・・・でも実際、昔に比べてこういう事例は増えてるんでしょうか。」
俺「いや、よく解らないね。ただベテランジョッキーには確かにこういう処分が下ることが少ないって印象はある。」
弟「なるほどぉ・・・」
俺「どちらかと言えば、中央競馬が各所から自前とは言えないジョッキーを参入させる様になってから騎手競走が激化したから
  こういう騎乗が大レースで目立つんじゃないかと。浜中騎手もムーア騎手を競り負かそうとして熱くなってたんじゃないか?」
弟「海外ジョッキーの参入にも、そういった部分で影響があるかもしれないんですね。」
俺「スミヨン騎手とかかなり荒いでしょ。」
弟「真っ先に出てくるスミヨン騎手って一体・・・」

俺「バトルシステムが日本の中央競馬と違うところから来た人がウジャウジャ居るんだから。地方出身も海外騎手もそうだろ。で、
  得てしてそういう場合は日本の中央競馬よりもダーティな戦いをしてきてることも考えられるワケだ。」
弟「今はさほどでもないけど、一時期は岩田騎手の騎乗に対する批判が凄かったもんね・・・」
俺「岩田騎手の場合は実際にそれが大事故になっちゃってたからな。」
弟「そういう、純中央とは言えないジョッキーに感化あるいは対抗しようとするが為に、こういう騎乗が起きてしまうと。」
俺「理屈としてはあり得るハナシでしょ。」
弟「そうですね・・・」
俺「浜中騎手がミッキーアイルの騎乗で挙げた久々のG1勝利、本来ならば清々しくお祝いしたいところだけど、このレースでは
  お祝いできないよねぇ・・・」
弟「こういうコトがあると後味悪くなっちゃうよね。」
俺「そうね、スッキリ終われないもんね。」
弟「でも、とりあえず事故が起きなくてよかった。」
俺「もうそう思っとくしかないかな。うん、じゃあこの話は終わりにして、次は別の審議の話をしようか。」
弟「べ、別のって・・・」


俺「ベルゼブブで出遅れた山崎騎手、バルダッサーレで最後方から
  レースした吉原騎手、そしてドコにそんな力隠してやがった東京
  ダービーでそれやれよっていうトロヴァオについて・・・」

弟「それこそ審議じゃなくて文句。」





※こういう話はできればしたくないね、次の週末はいいレースを見せてほしいな



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/11/20 23:21 ] 結果 | TB(0) | CM(4)

No title

ミッキーアイル応援しててレース映像見て、ミッキーおめでとう!!ってなってたけど、パトロール映像見て愕然としたもんなー。
師匠みたいにヨレ始めの兆候とかまで見れてないけどディサイファとサトノアラジンは特にめっちゃ危ないもんね。
その2頭にそれこそ下手な人が乗ってたら事故になってたんじゃないだろうか・・・
[ 2016/11/21 01:15 ] [ 編集 ]

いつも楽しく拝見しています。
今回の斜行の件でちょっと意見したいなと思ってコメしました。
個人的には今回失格にすべきというのは同意なんですが、新ルールのやったもん勝ち感に関して騎手には確かに以前より重い制裁がありますが調教師や馬主、生産者目線で考えたらどうでしょうか?
重大な走行妨害をしようが勝ったらそれでいいのなら調教師や馬主、生産者(特に目玉のグループ)はいざという時にはやらかしてでも勝たせる騎手を乗せるでしょうし、さすがに勘繰りすぎかもですが事前にギリギリになったら邪魔してでも勝てと指示されていてもおかしくないのでは?
今回のレースが如何に後味が悪い勝ち方であろうとミッキーアイルが種牡馬になった時にはプロフィールにマイルCS勝ちとして残る訳です。勿論斜行して、なんてものは書かれるはずもなく、です。
正直加害者が得をするこのルールは前からおかしいと思っていた(新ルールが適用された年のAJCCでベリー騎手がダノンバラードで豪快に斜行し2着のトランスワープに大不利を与えたのに降着にならなかった時から)ので今回の件でJRAの方にも意見として投稿しました。勿論ただの素人1人の意見でルールが変わるなんて思っていませんがそれくらい今回の採決は納得がいかない採決ですし、もしあれで武豊騎手が落馬して大怪我を負っていたらと思うと浜中騎手の明らかなわざと寄せていったあの騎乗は許しがたいと思います。
あと着順に関してもイスラボニータは確かに不利を受けずに走れましたがミッキーアイルは目視で分かるぐらい芝の剥がれた部分からネオリアリズムが通っていた芝のいい部分へと無理矢理寄せていった訳で、もし内の馬場の悪い部分をあのまま走っていたらもっと明確に止まっていた、つまり着差を考えたら勝者が入れ替わっていたんじゃないかなと個人的には思うのですが。
やはりやった側の人間は生産者、馬主、調教師を含めて不利益を被るように制度を変えるべきで、騎手にだけ責任を負わせるこのルールではいつか大惨事を引き起こす悪質騎乗が大レース程起こるんじゃないかと思います。
[ 2016/11/21 02:27 ] [ 編集 ]

これは確かに…

後味のいいものではなかったですね。レース映像だけでは気づきにくかったんですが、パトロール映像を見てあれ程とはと驚きました。
今回は大きな事故に結びつかなかったから良かったものの、一歩間違えればという状況でしたね。同じ様な事が起こらない事を願うばかりです。
審議の内容については納得しきれてはいないのですが、ルールに則っての結果下された裁定と思うしかないのでしょうね。


こういう時は、華代子さんのブログ記事で紹介されていた「ラスボス的場文男」が出ているポスター写真を見て、楽しませていただきましょう。個人的にはお師匠さんがこちらで時々使われるフミオさんの写真の方が格好いいとは思うんですが、還暦を迎えた今の身体もなかなか凄いと思わせられますよ。
[ 2016/11/21 22:52 ] [ 編集 ]

距離にとまどい

ズルズル下がるスノードラゴンを見ていて、はずれて12Rのパドックを見に行ったため、
こんな事態になっていたことを知りませんでした。
スノードラゴン絡み以外は、フィエロ、イスラボニータ、ネオリアリズムの三連複のみで、
パトロールビデオもろくに見ておりませんでした。
色々と難しいですね。

南関東での真島騎手と山崎騎手の買い時には、いつも苦慮しています。
岩手まで手が出せなかったのは幸いな結果に…
[ 2016/11/22 02:08 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1300-843a2477











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。