スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャパンカップです・・・

弟子「師匠!!ヌーヴォレコルトがアメリカの重賞レースを勝ちましたよ!!」
俺「ああ・・・うん・・・」
弟「岩田騎手はこれが今年の芝レース重賞初勝利、なかなか結果が出てなかったけどアメリカで飾るなんて派手だね!!」
俺「ああ・・・うん、そうだね・・・」
弟「これはお祝いしなければなりません、おめでたうヌーヴォレコルト&岩田騎手!!」
俺「・・・おめでたうございます・・・」



わらえない



弟「師ぃ匠ぉぉぉ・・・」
俺「うう・・・・・」



7枠13番 ヒットザターゲット


俺「どうして・・・どうしてなの・・・?」
弟「ううう、師匠のダイスキなヒットくんがまた外枠になってしまいましたね・・・ジャパンカップの枠順が決まってから師匠はずっと
  元気がないんですよ・・・」
俺「二年連続で13番枠とかおかしいよ・・・」
弟「ヒットくん、ここに限らず今年は内枠が引けてないんだよね。」
俺「キタサンブラックはまた白帽だよ、今年3度目の白帽だよ、おかしいよ・・・」
弟「ユタカさんファンのボクとしては歓迎材料なんだけど、ここは正直ヒットくんにあげたいところでした・・・」
俺「おまけになんで日曜だけ雨という予報になるの・・・?」
弟「・・・ヒットくん、雨キライだもんね。」
俺「いきなり寒くなるしさ・・・」
弟「うう・・・最近のヒットくんは暖かい時期の方が走るもんね・・・」
俺「ひょっとしたら、これが最後のG1制覇のチャンスかもしれないのに、なんでこんなに皆イジワルなの・・・?」
弟「師匠ぉぉぉ・・・」
俺「こんなのおかしいよぉ、かわいそうだよぉ・・・」
弟「・・・キビしいですよね。」
俺「キビしいよ・・・昨年はまだ望みが持てた、枠が外でも良馬場だったもの。でも最大の敵である雨まで重なってきちゃうなんて
  ヒドいよ・・・」
弟「せめて、本番まで晴れててもらいたいですけど・・・」
俺「なんでジャパンカップは土曜日じゃないの?」
弟「師匠、涙目にならないで。こっちまで悲しくなってくる。」

俺「ジャパンカップは4年連続で挑戦してるタイトルなのに一個もいいことがないよ・・・年々着順落としてるし・・・」
弟「そうなんですよね、ヒットくん・・・13年は11着、14年は12着、そして去年は13着でした。」
俺「これじゃ今年14着になるお膳立てがされている様じゃないか。」
弟「そんなことないよ、大丈夫だよ!!」


俺「・・・どこがどう大丈夫なの?」
弟「うう、ごめんなさい、安易に言ってしまって・・・」



俺「ヒットくん・・・」
弟「辛いね、師匠・・・」
俺「俺ね、この3年のジャパンカップでずーっとヒットくんに本命打ってきたの。」
弟「知ってます、いつでも師匠はヒットくんでした。」
俺「それはね、なんだかんだ言っても推せる拠り所があったから。そこを拾い上げてなんとかしようと、なんとかしてもらえたらいい
  なって希望を持って応援してたの。」
弟「・・・」
俺「デシちゃん。」
弟「はい・・・」

俺「今年は拠り所が見つけらんないよ・・・」
弟「ううううううううううううううう・・・」


俺「どうしてこうなっちゃったんだろう・・・」
弟「うう師匠!!でも師匠はヒットくんがダイスキなんでしょう!?応援するんでしょう!?」
俺「もちろんです。」
弟「ならばそれでいいのです、ボクのだこーの分まで走ってくれるんでしょう!?」
俺「そうだね、そうなってくれるといいな。」
弟「ならば話は早いと・・・」


俺「でも軸にはできないよ・・・」
弟「!!!!!!!!!!!」



俺「うう・・・」
弟「ヤダ!!そんな師匠ヤダ!!もっと強気にヒットくんを推してこそ師匠です!!ヒットくんは最強なんでしょう!?」
俺「条件さえ揃えば、このメンツでも全然戦えると思っているよ。でも悪条件の方が揃っちゃったんだよ・・・」
弟「ふぐっ・・・」
俺「マイルチャンピオンシップのダコールにはひょっとしたらと思える部分があった。ダコールも外枠だったけど相手関係や馬場の
  状態、マイルは久々だけど過去の成績は優秀と、見直せばいいと思える部分があった。でも今回のヒットくん、そういうのが
  一切無くて、走らない条件ばかり揃ってしまったんだよ。」
弟「師匠のバカ!!キライ!!」
俺「この環境下で、雨で馬場が渋ったらゴールドアクターが軸だよ。この馬、多分荒れた馬場に強いぞ。」
弟「そう言えば師匠はゴールドアクターにも本命を打ち続けていたんだった。」
俺「パリパリの良馬場府中ならば逆にこの馬に不安があった。ひょっとしたらキレ負けするんじゃないかという不安だ、ゴールド
  アクターにとっては恵みの雨になると思う。遠征ナシでこういう環境を走れるのは大きいよ、ここは多分天皇賞の様なことには
  ならないんじゃないか。」
弟「よく言ってますよね、この馬は自分より前を走っている馬には負けないって。」
俺「天皇賞はイレ込みがキツくてそうはならなかったけど、基本はそういう馬だと思う。あのイレ込みによる失速にキタサンブラック
  とカレンミロティックは救われたんだ。」
弟「本来のゴールドアクターであれば、あの前2頭は交わせていたと。」
俺「そして交わせなかったから、あの前2頭の決着になった。正直ここでキタサンブラックも切れない馬だけど、ゴールドアクターに
  また勝てるかと言ったらそうではないと思う。」
弟「やっぱり高評価なんだねぇ。」
俺「やっぱり未だにキタサンブラックって上手くやり過ごせてる感が強い馬なんだよな。京都大賞典は確かに強い見栄えだった
  けれど、スローな流れでヤマカツライデンの逃げに熱くならなかっただけだろう。走破時計も京都にしては遅く、結局のところ
  早めに動いたラストインパクト以外はほぼ脚色が揃ってしまったカタチだ。」
弟「それもよく言うよね・・・キタサンブラックは上手い馬って話ですよね。」
俺「対するゴールドアクターが強い馬という評価。この2頭が内枠から先行することは解っている、どっちが主導権を握るかがカギ
  になってくるけど一騎打ち状態ではゴールドアクターの強さが勝ると思っている。できればキタサンブラックを前に置いて、タイ
  ミングを見計らって交わしにかかるレースがこの馬のカタチと言えるだろう。」
弟「まずこの2頭が先行するんでしょうけど、ここに絡んできそうな馬って居なさそうですよね。」
俺「ゴールドアクターが逃げたらある程度流れるかもしれないけど、キタサンブラックが逃げたらスロー確定と言っていいだろ。
  ここを叩いてくる馬が居ると面白い流れになるんだけどな。」
弟「海外馬辺りが絡んでくる可能性は?イラプトなんかは昨年割と前目の競馬してましたけど。」
俺「うん、イラプト、ラストインパクト、ワンアンドオンリーなんかがこの2頭の出足を叩くとゴチャゴチャしそうだね。でもまぁ、この
  辺りの馬が前目に来たとしても人気2頭の置き去る脚が上と見る。イラプトは去年不利を受けながら6着と見ると侮れなく見え
  るけど、結果的に似た位置のジャングルクルーズダービーフィズに僅差って考えると。鞍上も変わってるし。」
弟「昨年は直線でのポジション取りが決着に大きく関わってましたからね。今年はまぁ、速い流れにはならなそうだね・・・」
俺「だろうね・・・このペースもヒットくんはダメだね、前が止まらない展開で馬場が渋ってはお手上げだよ・・・」
弟「・・・そうなるとディーマジェスティとかはどうなるの?」
俺「流れは合ってなさそうだけど、早めに動いても大丈夫なタイプだとは思う。ディープ産駒の割に中山が得意だったり、稍重も
  こなせてたりするから極端な馬場にならない限りは一発あっておかしくない。でも所謂2列目の組ではサウンズオブアース
  方が良さげな気がするけど。前走からかなりの変わり身が期待できそうだよ。」
弟「ふむ、そう選んだか。」
俺「今まで割とこの馬を甘く見てきてたけど、このコースではやはり侮れない。ゴールドアクター、サウンズオブアースの順だな。」
弟「あの・・・ヒットくんは・・・?」
俺「ヒットくん・・・」
弟「ここまでの3年、常に本命に立っていたヒットくんです。ヒモにまで落としてしまいましたか。」


俺「ヒモには入れてません・・・」
弟「師匠のバカ!!大キライ!!」




俺「・・・」
弟「かわいそうなヒットくん!!」
俺「・・・」
弟「こんなに応援してたのに何さ!!悪条件揃ったからって切っちゃうとか薄情だよ!!そんな薄情な人は大キライです!!」
俺「いや、あの・・・」
弟「フン、何も言わないで!!話かけるな!!」
俺「あの、切ってませんよ?」
弟「・・・ゑ?」


◎ヒットくん
○ゴールドアクター
▲サウンズオブアース
△キタサンブラック
△ディーマジェスティ
△レインボーライン

三連複○▲から◎△ ワイド◎○ 単複◎



俺「軸にはしないけど本命だよ。」
弟「とんちかよ!!!!!」



俺「印の意味を完全に無視する悪魔のような所業。」
弟「バカ!!ふぐっ・・・バカァ!!」
俺「・・・切れないって、本命打ちたいって。無理って思いたくないって。それはね、何よりヒットくん陣営と小牧騎手にそう思ってて
  ほしいところなの。外枠と雨でもうダメだって思ってほしくない。そう思うなら俺も本命打たないと。」
弟「当たり前だバカァ!!」
俺「でもこうなってしまったら、勝ちを意識するのなら玉砕覚悟でもセオリーを無視しなきゃならない。例え良馬場でやれたとしても
  外枠だからとここで下げたら昨年のジャパンカップ、今年の宝塚記念と同じ結果になる。」
弟「どういうこと・・・?」
俺「ただでさえ後方組が多い面々、しかも馬場が渋れば弾けないであろうヒットくんで内ラチを意識するがあまりこの枠から下げ
  たらほぼ確実に最後方のままゴールすることになるだろう。ここはスタートから出して行くべきだ。そこは小牧騎手に伝えたい
  ところだね、ヒットくんらしいレースでこの状況は打破できないよ。内ラチ沿いが欲しいのなら前目に行って潜りどころを探す
  べき。内に入れなかったらもう仕方ない、それでもなんとかなることを願うしかない。」
弟「・・・今年の宝塚記念の時にも言ってたね、それ。」
俺「まぁ、ヒットくんの気分にもよるんだろうけど、できれば今までのスタイルを考えずに騎乗してほしい。その上で撃沈したのなら
  しょうがないけど、昨年のジャパンカップと宝塚記念で同じことやって結局ダメだったんだから、ここは小牧騎手らしい騎乗
  してくれて構わないと思う。」
弟「ふむ。」
俺「ここはそれが許される場面だよ。」



結果がどうなろうと許します!! →   



弟「解る、それは確かに小牧騎手らしい騎乗だ。」
俺「最悪の結果になる可能性もあるよ。でも、いつも通りよりは光明も見出せると思うの。」
弟「ここはもう小牧騎手に任せるということですね。」
俺「いつも通りに下げても文句は言えないけど、こういうレースをしてくれたら勝ちにきてくれたんだって思えるんだ。本来のヒット
  くんのレースではないかもしれないし、過去にもジャパンカップでユタカさんが試みて玉砕しているし、到底上手くハマるとは
  思えない作戦ではあるけれど、やる事に対し納得ができる作戦でもあるんだ。」
弟「しかし・・・軸ではないけど本命って、師匠らしい強引な屁理屈ですねぇ。」
俺「もう決まってるんだよ、この先どこまで現役を続けるのか解らない。ヒットくんは年齢の割に若いってよく言われるけど、8歳と
  いう馬齢は現実なんだ。競走馬の7歳と8歳って全然違うでしょ。勝率もかなり変わってくると思う。そしてもうすぐ目の前に9歳
  という馬齢が迫っている。」
弟「うん、だこーもそうです・・・」
俺「こないだのマイルチャンピオンシップ、8歳のダノンシャークがすごく頑張ってたじゃん。あれさー、最後の不利が凄く後味悪い
  結果だったけど、ダノンシャークを応援してた人にとっては当然悔しさも大きいんだろうけど、彼に惜しみない拍手を送ることが
  できる結果でもあると思うのね。この馬を好きになれて良かったって。」
弟「そうですねぇ。」
俺「本命であって軸ではない、それは屁理屈かもしれない。でもそれは競馬用語の話であって、意味が違ってもおかしくないもの
  でしょう?」
弟「なかなかいい解釈の仕方ですね。」

俺「だから、この屁理屈がまかり通るのなら、ラストランのその時まで
  ヒットくんは◎。俺の中でそれはもう決まってるんだ。」


弟「正直ホッとした。言い訳にも聞こえるけど、師匠がそれでいいのならいいんじゃないでしょうか。」
俺「厳しい状況でも期待は捨てられないよ。実はね、俺がよく切ると来るって言うじゃない。だからヒットくんもそうするべきかって
  悩んだんだよ。」
弟「あぁ、そういうことでも悩んだんですね・・・状況が状況だもんね・・・」

俺「・・・ジョークでも言う気になれなかった。」
弟「師匠はヒットくんが大好きなんだもの!!」


俺「せめて雨の影響が出ない馬場になってほしいな。天気予報では朝から昼にかけて雨、その後一旦止んで夕方からまた雨って
  感じの予報。なんとか府中がその隙間を縫ってくれれば、馬場は湿ってもコンディションを維持できるかもしれない。」
弟「おお。」
俺「そして土曜府中の芝レースの結果、外枠の成績がかなりいいんだ。ヒットくんにはそれが当てはまらないかもしれないけど、
  これは悪い材料ではないよ。ラチ沿いに拘らずとも外差しが効くのなら、それに賭けてみるのもアリだと思う。」
弟「どういう結果になろうとも、とにかくヒットくんがいいレースをしてくれるといいね。」
俺「まず周りが諦めちゃダメだよね。この枠、この天気だから今回はダメだ、それを言い続けられる状況じゃないんだからさ。」
弟「応援しましょう!!ヒットくんを!!」
俺「驚かせてほしいな・・・」


弟子予想
◎キタサンブラック
○ゴールドアクター
○シュヴァルグラン
▲ディーマジェスティ
▲リアルスティール

三連複◎○から 馬単◎から



弟「ボクはバッサリいかせて頂きますが!!」
俺「・・・・・・・・」



弟「・・・ごめん、泣くとは思わなかった。もちろん応援はしますよぉ・・・」
俺「ひぐっ・・・」






※外枠にも雨にも負けないヒットくんを見たい!!
 最低人気での一発を願います!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/11/27 01:59 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(6)

天気JPの予報ですと

初めまして。
いつも楽しく拝見しております。
師匠!
あまりテンション下げないで下さいな。
読ませていただいている方も気の毒になってきます。
つか、朝6時段階の東京競馬場の天気予報は、夕方まで曇りのようです。ひょっとして雨の影響はないかも…。
師匠の【念】が通じるといいですね。
[ 2016/11/27 08:55 ] [ 編集 ]

少し雨が降りましたが

なんのこれしきですよ、ヒットくん!

雨ならイキートスを買おうと思っていましたが、7枠からの枠連全通りにいたします。

京阪杯にはざくろさんが出走!
セカンドテーブル、クリスマス、ラインスピリットと買いたいと思います。
[ 2016/11/27 15:01 ] [ 編集 ]

何かが足りていない。

ジャパンカップは書き込みが遅れましたが、シュヴァルグランの2着付けで流してハズレました。

気を取り直して京阪杯。
馬連フォーメーションでオウノミチとアースソニックから、フミノムーン・ネロ・クリスマス・ラインスピリット・ティーハーフ・メラグラーナ・エイシンスパルタンへ流し、オウノミチとアースソニックの組み合わせの15点で。

夜は大井も参加するかもですが、ばんえいの方も。
帯広10Rドリームエイジカップ
三連複をコウシュハウンカイ1頭軸流しで、相手はオレノココロ・ニシキエーカン・センゴクエース・フジダイビクトリーで。


本当は昨日休暇を取り、TCKのファンイベントに行きたかったんですけどね。疲れと天気で今日は諦めました。
さあ、これからどうなるやら?
[ 2016/11/27 16:16 ] [ 編集 ]

堕天使

あと1つ前の着順ならある意味偉業でしたね
[ 2016/11/27 19:33 ] [ 編集 ]

ヒットくんは頑張ったよ…。師匠が禊のためにウンコを踏んだのは無駄じゃなかったと思うよ?
[ 2016/11/27 20:54 ] [ 編集 ]

No title

師匠まだ有馬記念があります🎯

泣くのは早いです🏆
[ 2016/11/27 22:37 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1305-239ab8fe











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。