スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キタサンブラック妨害ライン

★4度目のジャパンカップ ヒットくん、15着惨敗でした・・・

俺「うう、ヒットくん・・・馬場はなんとかなりそうだったけど、やっぱり下げる作戦しかないのだろうか・・・(カチッカチッ)」
弟子「仕方ないですよ、あの流れ、枠順、馬場。師匠はそれで厳しいと解っていながら応援してたのですから(カチッカチッ)」
俺「やっぱり好条件を求めなきゃダメなのかなぁ?(カチッカチッ)」
弟「・・・そういうのが関係してくるのを理解した上で、裏切ってくれるように本命を打ち続けるんでしょ(カチッカチッ)」
俺「そうだね、それを信じるしかないんだ。次こそ条件が好転してくれて、かっこいいレースをしてくれるかもしれないし、また苦手な
  条件になってしまっても覆してくれるかもしれない。ヒットくんをそう信じて応援し続けるよ!!(カチッカチッ)」
弟「それでいいのですよ!!(カチッカチッ)」
俺「ところでデシちゃんはさっきから何してるの?(カチッカチッ)」
弟「師匠こそ(カチッカチッ)」

俺「俺はふくながを燃やそうとしてるんだ(カチッカチッ)」
弟「ボクはデムーロ兄貴を燃やそうとしています(カチッカチッ)」



ジャパンカップ 結果
1着 キタサンブラック → 俺△弟子◎
2着 サウンズオブアース → 俺▲弟子(゚∀゚)
3着 シュヴァルグラン → 俺(゚∀゚)弟子○
4着 ゴールドアクター → 俺&弟子○


俺「ふくながは何度俺の馬券を割れば気が済むん
  だろうな(カチッカチッ)」
弟「あの陽気なイタリアンめ、3連複も馬単も潰し
  やがって(カチッカチッ)」



俺「チッ、つきの悪いライターだぜ。ふくながが燃やせないじゃないか。」
弟「同じくです。」
俺「デシちゃん。」
弟「なんでしょう。」


俺「なかよくしようや。」
弟「色々なストレスを変な形に変換しないで下さい。」


俺「まぁ、俺はずーっとヒットくんを目で追っかけちゃってたんだけどさ。」
弟「しょうがない、師匠はそうなっちゃうよね。」
俺「下げた時点でお察しではあったけど、一瞬のキレは見せてくれた。着順はアレだけど、この状況で悲観できる着差ではない。
  そう思うコトにします。」
弟「キタサンブラックの逃げ切り優勝、やはりユタカさんはスバラシイのです。」
俺「キタサンブラック、パドックで見た時にこんなカッコイイ馬だったかなって思ったもんなぁ。」
弟「すごい馬を手に入れてしまったね、サブちゃんは。師匠の母上も喜んでいることでしょう。」
俺「強い馬なのは間違いない、もう疑いようがない。そう思いはするんだけど、やっぱりおかしくねーか?」
弟「どこがどうおかしいの?」

俺「これ、このまま有馬記念もキタサンブラック勝つぞ。」
弟「それはスバラシイですね。」


俺「そういうことじゃなくて。」
弟「強いから有馬記念も勝つのでしょう?」
俺「そりゃまぁ強いんだけど、相変わらずレースでの見栄えがなぁ。いや、レースでの見栄えは今回に関しては素晴らしいと言え
  るんだけど、周囲がどうなのかなぁって。」
弟「周囲。」

俺「相変わらず『府中の直線が長いから』って、キタサンブラックを
  ナメてレースしてませんか?」


弟「・・・師匠の危惧だったペースですよね。キタサンブラックが主導権取ったらスローになるって。」
俺「この馬は多分、潰しに行っても簡単には潰れない段階に来ている。そういう先行馬だ。」
弟「逃げなければいけない逃げ馬ではない、そう見てるんですね。」
俺「主導権を握り、コースのいいところを走りペースも操れる。何よりこの馬は操作性がいい。物凄くテクニカルなレースをする
  馬だ。このまま有馬まで行ったら同じ展開になるんじゃねーの?」
弟「なるほど、止められない先行馬に仕上がったんだね。」

俺「止められないんじゃなくて、それなのに誰も止めようとしない
  馬になってる気がするんだよな・・・」


弟「簡単に逃げさせるのは周囲にとっても不都合なのに、何故食い止めようとしないのか・・・そういうことか。」
俺「激戦という見栄えのレースではないんだよな。やっぱり時計がそれを物語ってる、キタサンブラックが逃げか番手で勝った
  重賞って全部が歴代10年で下位になる時計になるんだよ。」
弟「やはりここもそうなったか・・・」


ジャパンカップ 2分25秒8 (過去10年で歴代9位)
京都大賞典 2分25秒5 (過去10年で歴代9位)
天皇賞・春 3分15秒3 (過去10年で歴代8位) ※最下位は稍重
朝日セントライト記念 2分13秒8 (過去10年で歴代9位) ※最下位は稍重
スプリングS 1分49秒1 (過去10年で歴代8位) ※最下位は重



俺「キタサンブラックが走ったのは全て良馬場になるんだけど、流石にコレ見るとなんとかできるんじゃないかって思うだろ。」
弟「ここまでタイム比較するとハッキリ出るんですね、この馬のレースって。」
俺「今年のジャパンカップはひょっとしたら馬場がちょっと緩かったかもしれないけどさ、ここのタイム最下位レースってまさかの
  エイシンフラッシュ先頭レース
だからね。」
弟「先行する馬でもないエイシンフラッシュが押し出されて逃げたレースか、ありましたねぇ。」
俺「逃げ馬にしても速いペースで飛ばす馬ではない。確かにこの馬のハナを叩いたら自身が潰れる可能性も高いだろうけど、この
  時計を見る限りでは全体的にかなりゆったりとしたレースが作られていたことが解るだろう。」
弟「そうですね、激しいレースではないでしょう。事実、前につけたキタサンブラックが勝ってるんだし。」
俺「だから最近、キタサンブラックのレース見ててうーんって思っちゃうんだよな。」
弟「強いじゃん。」


俺「強い馬なのに穴馬の逃げ残りにも見えるんだもん。」
弟「わからなくもないね・・・」



俺「ガツガツ飛ばした逃げじゃないでしょ。いいの?また行っちゃうよ?みたいな先行で、その後ろにつけた馬はオコボレでも
  拾いに来るかの様にキタサンブラックを先頭に立たせる。だからキタサンブラックが先行して勝ったレースって面白いくらい
  前が残るんだよな。今回は珍しいパターンだよ、2,3着が差し馬って。」
弟「番手にワンアンドオンリーが居て、3番手にリアルスティール、ゴールドアクターが付ける隊列でしたね。」
俺「ゴールドアクターは結構イレ込んでしまった、リアルスティールは距離がどうかと言われる馬で、ワンアンドオンリーは最近の
  レースを見る限りキビしい感じだった。」
弟「一応ゴールドアクターが4着、リアルスティールが5着に残ってるとも見れるのか・・・」
俺「そう考えると、次はいい加減にキタサンブラック攻略を他陣営はしなければならない。次の有馬記念でもキタサンブラックを
  簡単に逃がす様な隊列になったら愕然とするぞ、俺は。」
弟「勝つ気があるのかってコトになるんですね。」
俺「勝つ気となるとちょっと違う。勝つ気でキタサンブラックのハナを叩くなんて考えは無いよ、それができるのカレンミロティック
  くらいじゃない?」
弟「ああ、キタサンブラックのハナを叩くことは、叩いた馬が勝つってことにはならないのか。そりゃそうだ。」

俺「それだけ今、逃げ馬が居ないってコトなんだよな。」
弟「ああああああああああああ・・・」


俺「居ないよねー、長距離の逃げ馬。エイシンヒカリとキタサンブラックが同居するレースとか見てみたいんだけど。でもこの2頭が
  同じレースに居たらエイシンヒカリがハナを切るだろうなーって、なんとなくイメージできるでしょ。」
弟「うん、エイシンヒカリは生粋の逃げ馬って感じがする。」
俺「なんというか、キタサンブラックが居ることでペースが緩むんじゃないかって印象すらある。この馬が先頭に立って引っ張って
  勝ったらまずスローっていう。つーか、今年の古馬長距離戦は全体的にスローで時計が伸びない感じあるよね。」
弟「序盤から激しいレースになる様な印象はあまり無いですね。」
俺「だから日経新春杯でダコールが逃げたりもするワケだ。今年の古馬の2400m以上のレースで好時計って言えるの、阪神大
  賞典と目黒記念くらいだろ。」
弟「一応、長距離とは言いにくいけど宝塚記念では稍重馬場で結構飛ばしてレースしてますけど。」
俺「ある意味、あの3着に残した宝塚記念がキタサンブラックの最も強いレースなのかもしれない。それを考えたら尚更今は楽に
  レース運んでるってことだろ。」
弟「おお、そういう返しになるか。」
俺「ここまでハッキリしてるんだから、他陣営はキタサンブラックに楽をさせないことを念頭に置き、有馬記念に挑むべきなのでは
  ないだろうか。」
弟「でもハナ叩いたら、その馬が負けちゃうんでしょ。」


俺「例えばシャダイさんがだな・・・」
弟「やめようや。」



俺「常套手段だ。いっぱい馬をお持ちなのだ。」
弟「要するに、シャダイさんの出走馬の中からキタサン潰しを役割とした馬を用意するってことですよね。いやらしい。」
俺「今日のレース見る限り、流れ一発でサウンズオブアースとシュヴァルグランに逆転の可能性が出てくるワケですよ。その
  可能性を高くするにはキタサンブラックに楽な先行をさせてはいけないのです。」
弟「まぁね、中距離とかに比べて長距離でここまで楽に逃げ切りを決めさせて、次走も全く同じだったなんてオチは確かに間が
  抜けているかもしれないな。」
俺「そうでしょう!!」
弟「でも、師匠ってキタサンブラックのこと結構スキじゃなかったっけ?なんでここに来てここまで目の敵にするのさ?」
俺「上手い馬はスキです。血統も渋いし、この馬とゴールドアクターは好きな部類に入るね。」
弟「だったら何故?」
俺「だって・・・」



だって・・・ →  



弟「結局そこに結びつくのね・・・」
俺「コレが一番大事なの!!」



弟「そこをシャダイさん頼みにするのはどうかと思う。」
俺「可能性を見出すには、別の可能性をプチプチと潰す必要があるのだわ・・・」
弟「なんと陰湿な・・・」






※急募:ハイペース製造機



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/11/27 23:56 ] 結果 | TB(0) | CM(6)

ヒット君は今回『スロー濃厚』と考えたら枠も枠だし勝負して前に行くのもありだったんじゃないかなと。
まぁ難しいとこですけど(苦笑)
 
ほんと、レース終って

『有馬記念もおんなじ結果になるんじゃねーか…』

と思いましたよ(笑)

まぁ強いすよね(照)

逃げて良し、番手でもいい。ある程度のペースでも潰れないし、立ち回り上手いし、それで末脚も使える。
で、武さんが絶妙なペースで仕掛けづらくなる。

逃げれば『最短距離』は間違いなく走れるわけだし、主導権を握られたらなかなか動きづらいですよね(笑)

やはりこの馬を潰すには社台さんが『ラビッ…』ゲフン!ゲフン!

まぁ社台さんの有馬記念での大将は『サトノダイヤモンド』で間違いないでしょう。
サトノダイヤモンドが負けるようだと『3歳最強世代説』が崩壊しますよ(笑)

サトノさんもたくさん馬持ってますからね。
調べたところ『サトノプリンシパル』あたりどうですかね?ラビッ…ゲフン!ゲフン!

真面目な話、(プリンシパル論も真面目ですけど!(照))この1年でキタサンが負けたレースが『鍵』を握るのではないかと思いまして見ましたよ。

去年の有馬記念3着。
ゴールドシップが早目にマクリを仕掛けた事でレースが早く動いた事が負けた敗因。
とは言え今なら当時より力を付けてると考えると…。

大阪杯2着
差し馬のアンビシャスにまさかの番手につかれて最後に差される。
相手は一叩きされていて斤量も2kg軽かった事を考えれば負けて強しとも…

宝塚記念3着
ハイペースの流れに持ち込みあわやの3着。
天皇賞でカレミロの抵抗にあったからかこのレースは武さんらしくなくハイペースの流れに。
とは言えここも負けて強しで有馬記念で武さんが意識する様な逃げ馬の出走があるのか…

ポイント的には、

レースを早く動かす。
差し馬の奇襲作戦。
ハイペースに持ち込む。

と言ったあたりかなと。
幸い『グランプリ』は2度とも3着に負けているので2度ある事は3度あるかも?
ルメールは有馬記念でハーツクライでまさかの『先行策』で勝ってもいるのでダイヤモンドでの『先行』も想定できる。





ん?

…カチャカチャカチャカチカチャ(キタサンブラックの過去レース全部を確認中)…


…クックックッ…見えましたよ。ニヤリ

キタサンブラックの敗戦には必ず『ある男』の影がある。
その『男』が有馬記念に出てくるならば『面白い』事になるんじゃないですかね?クックックッ
[ 2016/11/28 06:42 ] [ 編集 ]

私はドアラが好き

もしラーゼンとノブレスが出走したら、ダイヤモンドのためにジャビットしそうな感はありますね。ただ、菊花賞での炎上を目の当たりにしてますので、再度ジャビットすると大炎上になるでしょうね。

しかしながら、ジャパンカップにおいてシャダイさんの大運動会が潰されてしまったので、何かしら仕掛けてきそうではありますね。
[ 2016/11/28 18:29 ] [ 編集 ]

北村騎手に手綱戻らないんですかねぇ
ユタカさんがだめって言うわけではないんですけど、
北村騎手とのコンビのイメージが強いので…
[ 2016/11/28 19:09 ] [ 編集 ]

どっかのエージェントが「この馬のことを強いと思ったことは1度もない」とか言っちゃったからねえー
加えて、怪我の長期休養中に結果出されちゃって変える理由がなくなったって感じだよね
[ 2016/11/28 19:27 ] [ 編集 ]

そして今回、年度代表不憫馬に
せっかく人気に応えて重賞初勝利を飾ったのに予想も結果もスルーされてしまったネロさんがエントリーしました
[ 2016/11/28 21:01 ] [ 編集 ]

そういえば、JCでヒットくんはゲート内で相当待たされてたね。外国馬(イキートス、イラプト)がゲート入りを嫌がってた。奇数馬番が先にゲート入りするのはわかるけど…。キタサンブラックとゴールドアクターは奇数馬番の中でも最後の方での枠入りでした。これって…、JRAを信じろ!ってこと?
[ 2016/11/29 18:00 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1306-d330a0d8











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。