全日本2歳優駿の予想

★年末らしくなってきました

俺「12月も半ばに差し掛かってきたね。」
弟子「もうすぐ2016年も終わりかぁ。」
俺「こういう時期になると、よく『早いなー、一年なんてあっという間だなー』なんてことを言う人が居ますけど。」
弟「ボクも暮れになるとそう思います。」


俺「今年は長かったぞ、俺は・・・」
弟「なかなかそう言う人は居ないよね。」



俺「まだ年越してねぇのかよって感じすらある。本当に今年はここまで350日くらいだったのか?」
弟「暦はウソをついていませんよ。」
俺「体感時間じゃ500日超えてるんですけど。」
弟「どういう生活したらそういう感覚に陥るんですか・・・」
俺「普通に考えたら忙しければ忙しい程、体感時間は早まっていい様なモノなんだけど、とにかく今年は日々が長いんだよ。」
弟「一日が長く感じちゃうんだ。」
俺「明日が来るのがイヤになるし。」
弟「その精神状態はヤバいと思います。」

俺「なんか、ずっと疲れちゃってるんだよねぇ。それで疲れてるトコロに余計な営業活動が入ってくるだろ?一日が長い長い。」
弟「無理はしないでよね。」
俺「スケジュールはそこまで過密にした覚えがないんだけどなぁ。」
弟「ほらほら、もうすぐクリスマスなんですよ。辛気臭いこと言わないの。」


俺「シャケの三回忌か・・・」
弟「シャケのことは忘れて。」



俺「どっちがいいんだろう、早く感じるのと遅く感じるのでは。」
弟「どっちがいいとかはないでしょうけど、一年の終わりに今年は長かったって言う人は珍しいと思うよ。」
俺「俺も初めて思ったもん、今年は長ぇよ。」
弟「でもアレですよ、歳を取る程そういうのを早く感じる様になると言いますから。」
俺「そうは言っても損した気分だよ、一年で二年分歳食ってる気がするもん。」
弟「考え様ですよねぇ・・・」
俺「まだ、『ついこの間に年越したばっかりなのにねぇー』って言ってる方が精神的に歳を取らないんじゃないか?」
弟「どうだろうね。時間は平等ですから、そんなこと言っててもちゃんと時間は過ぎているワケですよ。そう考えたら遅く感じる方が
  日数だけを余分に感じた分、得なのかもしれないよ。」

俺「しんどいから遅く感じることの、どこが得だと言うのだ。」
弟「ごもっともでございますね・・・」



★レースも暮れらしくなってきました 全日本2歳優駿です

俺「でも、香港終わると年末感が一気に出てくるのは間違いない。2歳G1もそうだよね。」
弟「阪神JFに触れてなかったけどソウルスターリング強かったよねぇ。」
俺「噂に違わずの走りだったなー、正直言って馬体は寂しく見えたしテンションも危うい感じに思えたのに、それであの勝ち方する
  んだもんなー。成長力がどんな感じか気になるところだけど、現時点ではちょっと抜け出した感じするね。」
弟「ルメール騎手が香港に参加せずに騎乗しただけのことはある。」
俺「ルメール騎手と戸崎騎手が居る時点でお察しでした。」

弟「お察し致しました。」
俺「素直な子が単勝を取りました。」


弟「お察し馬券です。」
俺「俺はお察し逆読みでハズしました、ヴゼットジョリーが来なかったのです。ソウルスターリングと同じ勝負服で鞍上の扱いに
  差がある時点でお察しでしたが、敢えて狙ったらお察しの通りでした。」
弟「素直にお察しすれば良かったのに。」
俺「当初アッゼニ騎手予定だったのが、騎乗停止食らって和田騎手に
  なったのは非常に大きなプラスに思えたんですけど。」

弟「アッゼニ騎手の扱われ方がヒドイ。」

俺「ローエングリン産駒は仲良く5着になったのだ。ロゴタイプもヴゼットジョリーも5着。」
弟「健闘はしてるんだけどね。」
俺「しかし、このレースはお察しで馬券が取れるとは思えないぞ。川崎の全日本2歳優駿です。」
弟「エピカリスが居たらお察しだったんでしょうけどね。」
俺「ダート2歳で完全に抜け出した感のあるエピカリスが不在というだけで、地方中央混戦模様になってるな。」
弟「混戦と言うか・・・」
俺「うん、まぁその、なんだ・・・」


弟「中央vs道営ですね・・・」
俺「南関生え抜き一頭しか居ねぇ・・・」



弟「なんというさびしさ。」
俺「純正南関馬はキャッスルクラウンだけ。キャンドルグラスフライングショットが南関所属だけど元道営だもんなぁ。」
弟「コスモスはホープフルSに向かう予定って解ってるけど、無敗でハイセイコー記念を勝ったミサイルマンはどうしたの?」
俺「あまり脚元がいい馬ではないらしく、春まで休養するそうです。」
弟「うーむ残念・・・」
俺「でも本当に現南関2歳の生え抜きでは、目立つ馬がその2頭だけって言えちゃうからなぁ。例年もこうなりがちだけど、今年の
  道営組は勢いがあるし。」
弟「門別様はゴキゲンですね♥」
俺「そしてこのレース、出てくれば絶望感が漂うであろうエピカリスが不在となれば、門別様がキャッキャするのは間違いない。」
弟「門別様がキャッキャしてる♥」
俺「実際かなりのチャンスだと思うよ。中央組は疑える部分が大きいメンツだし、園田では中央撃破しているんだから。」
弟「そうですね、エーデルワイス賞馬のリエノテソーロは1200mより長い距離を経験したことがないし、ネコワールドハングリー
  ベン
は園田で敗北しているし、メイソンジュニアは戸崎騎手と言っても初ダートだし・・・」
俺「シゲルコングはシゲルだし。」
弟「それは理由としていかがなものだろうか。」

俺「予想で揚げ足取ろうと思えばいくらでも取れちゃうメンバーだよね。」
弟「そうなると園田の勝者ローズジュレップにとって、ここは大きなチャンスとなりそうですね。」
俺「どーだろ。」
弟「おお?」
俺「園田では鞍上を地元の川原騎手にして勝負かけてきた感が強い。ここでも川原騎手で挑んで来ているけれど、手が合うって
  ことではアリなのだろうが園田じゃなくなるだけで疑いたくなるね。」
弟「ああ、そういうトコも関係してくるか・・・」
俺「それならば同じ田中厩舎のバリスコアでしょう。この馬、前走はローズジュレップが先行するカタチで控えてレースしただろ?
  要するに着を拾いに来るレースだよ、それで僅差の3着に来れたとなると陣営の色気も増すだろ。」
弟「確かにいい脚を使って来ましたよね。」
俺「多分あのレースでの田中厩舎サイドの思惑はローズジュレップでの勝負。バリスコアは保険みたいな感じで、中央組が先行
  の潰し合いをしてローズジュレップが巻き込まれた場合に掲示板を取りに来る、そういう想定があったと思うんだ。蓋を開けて
  みたらローズジュレップが先行押し切りでの勝利、バリスコアは脚を余して3着という見栄え。」
弟「つまり、あのレースで感じた伸びしろではバリスコアが上に映ると見えたんですね。」
俺「かなり魅力だね。血統的にも推せる面があるし。」
弟「フリオーソ産駒なんだよねー、地方で結構勝ち上がってるしコスモスもそうだし、初年度でいきなり二代制覇も考えられるか。」
俺「そう、フリオーソ産駒だ。フリオーソはいいぞ。」



フリオーソはいいぞ →  



俺「かなりいいぞ。」
弟「おおおおお・・・」



◎バリスコア
○リエノテソーロ
▲ストーンリバー
▲ヒガシウィルウィン
▲ハングリーベン

三連複◎○から うまふく◎から



俺「リエノテソーロはスプリントしか使ってないと言っても、前走は延々外を回って最終的に楽なまま勝利してるのだから、最内から
  好位を取れば優勝候補筆頭になるんじゃないか。この狙いすました様なローテからも本気度は高く見れる。あとは鎌倉記念
  で勝利したストーンリバー、2着より下になったことがないヒガシウィルウィンがマイルなら逆襲可能と見る。ハングリーベン
  園田の時には馬体が小さいとナメていたけど経験値の高さと堅実さで見直す。この5頭で勝負です。」
弟「ここでアッサリとユタカさんを見限るとは愚かなり。」
俺「ネコワールドはリエノテソーロのエジキになるだろ、この馬こそ距離伸ばしちゃダメだと思うけど。」



りく(不愛想)



弟「エジキとか言うからこの表情です。」
俺「りくちゃんを引き合いに出すんじゃない。」


弟「ネコワールドは勝つ番なのですよ。」
俺「そんなにアッサリ言うなよ、もっとかわいく溜めて言いなさい。溜めて言うのがかわいいんだから。」
弟「確かにユタカさんの地方重賞での快進撃を止めてしまったネコワールドですが、勝つ番ならば勝てるのではないでしょうか。」
俺「逃げに拘らなければ巻き返しもあるかもしれないけどねぇ。」
弟「どこまで抑えが効くかですよね。」
俺「抑えが効かないんじゃないのか?」
弟「ネコワールドはそんなに気性が悪い子なんですか?」

俺「いや、ユタカさんが。香港でエイシンヒカリ、ここでネコワールド、
  朝日杯でタガノアシュラ、有馬でキタサンブラックだぞ。」

弟「わぁ、ユタカさん先頭に立ちっぱなしだぁ!!」



弟子予想
◎ネコワールド
○ローズジュレップ
▲リエノテソーロ、バリスコア、ヒガシウィルウィン、ハングリーベン、シゲルコング

三連複◎○から うまふくワイド◎○ 単複◎



俺「・・・G1で逃げまくるユタカさんを見続ける年末。」
弟「なんというおめでたい光景なんでしょう!!まるで夢の様ですね!!」
俺「それにしてもこの買い方はなかなかおかしいと思うぞ、ネコワールドを引きずり落としたローズジュレップと二頭軸って。」
弟「つまりユタカさんが同じ轍を踏まないということです。そういう流れになるのなら、ローズジュレップも残るんじゃないですか。」
俺「前が残る流れで、今度はネコワールドも残ると。」
弟「そういうことです。そうだよね、りくちゃん!!」



りく(不愛想)




弟「ほら!!りくちゃんもこの表情です!!」
俺「さっきと何がどう違うんだよ!?」







※以上、画像の使い回し方がヒドイ猫ブログでした



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/12/14 00:42 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(4)

『エピカリス』がいないのはかなり色気が出ますねぇ。フツフツフツ…
 
道営組も上位クラスが総揃いと言うメンバー構成。
何頭かは来年の南関で上位を形勢するでしょう。 
ミサイルマンがいないのは残念なとこですね。
 
 
 
中央馬は『おにぎり』だ!(#`皿´)
 
確かに前走のリエノテソーロは外を回して強かったと言えますが、結局『砂』を被らない位置で戦えたと言う事。
今回、最内は楽じゃないでしょうと。
 
今年の道営馬はレベルが高いと見て道営馬で攻める!
 
◎ストーンリバー
〇バリスコア
▲ヒガシウィルウィン
△ローズジュレップ
△スウィフトハート
 
地元のNO,1騎手を確保したストーンリバー本命。
ロスなく最内から突き抜ける姿が目に浮かびますよ。クックックッ
園田組はらはりバリスコアの末脚が目を引きましたよね。
以下3頭も差はない!

単勝、複勝


3連複
◎→〇▲△△

3連単
◎→〇▲→〇▲△△


ちなみに豊さんは明日も『逃げ』ですね(笑)
ま、『追う力』が必要な差し、追い込みより、『緻密』な騎乗が求められる逃げ先行の方が今はいいんでしょうね。
[ 2016/12/14 19:32 ] [ 編集 ]

火曜日の川崎を見て

内だ!内田!
朝はそう思っていたのですが、途中のレースで徐々に内側があまり馬券にならなくなったので、
門別様ばかり買ってしまいました…。
ヘイジュード♪と唄いながら。

12Rはシゲルの馬が勝ちました。
シゲルコングは他にシゲル馬がいるとうまく走れるのかもしれません。

土曜日に落馬して体調が心配された吉田隼人騎手。
無事に勝って良かったです。
[ 2016/12/15 00:36 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

ざくろさんが地元№1とか言うから森騎手ガックンガックンしちゃったじゃないか。
そしてやはりざくろさんのおにぎりはおいしかったのである。
[ 2016/12/15 01:45 ] [ 編集 ]

>conorさん

門別様、チャンスだと思ったのに・・・

水曜日のレース見直して9Rのオリィにおもらししました。
[ 2016/12/15 01:48 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1315-e0efe0e3