スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有馬記念の「予想」

★最近このパターン多いな・・・

俺「シュウジが勝ったのに!!」
弟子「イスラボニータ切っちゃうんだもん・・・」


阪神カップ 結果
1着 シュウジ → 俺◎
2着 イスラボニータ → 俺切った 弟子◎
3着 フィエロ


俺「坂が苦手なイスラボニータが頑張っちゃった!!まるで有馬の
  何かを暗示している様です!!」

弟「ポジティヴでいいと思います。」


俺「・・・朝日杯もこのパターンだよ、中穴本命が軸連対での相手抜けっていう。」
弟「シュウジ単勝1600円ですよ、上等過ぎます。」
俺「シュウジが勝ったという時点でもらってる馬券のハズなんだが。」
弟「ミッキーアイルはイスラボニータに抵抗できませんでしたね、浜中騎手は馬場を要因としていましたが。」

俺「一昨年の阪急杯で不良馬場トップハンデ2着、昨年の高松宮
  記念で荒れた稍重馬場で接戦3着の馬でそう言われても。」

弟「ミッキーアイルって本当にディープ産駒なのかな・・・」


俺「うう、この相手抜けはよりによって過ぎる・・・でもシュウジ頑張ったね、やっぱり気性にまだまだ難がある感じだけど伸びしろと
  捉えよう。」
弟「出遅れ気味だったけど巻き返し早かったなぁ、かなりパワフルな伸び脚でした。」
俺「阪神稍重コースでこの相手に勝てたのなら、高松宮記念や安田記念でも面白い存在になれるよ!!」
弟「・・・師匠ってさー、こういう馬に食いつくのスキだよねぇ。2歳時とか3歳時の早い時期に騒がれつつも、一旦落ち目になって
  周囲から軽視されても追っかけるスタイル、結構それがいい線に行っちゃうのがなんとも。」
俺「そう?」
弟「ロゴタイプ、モーリス、ソルテなんか正にその類でしょう。」
俺「そうだねぇ、どの馬も魅力あるよ。どの馬も2歳からなんかいいなって思わせてくれた。オウマタイムもまだまだやれると思う。」
弟「ほぼ名前でとっついてるけど。」


俺「シュウジとモーリスとオウマタイムだけじゃん。」
弟「5頭中3頭じゃないか。」



俺「やっぱねぇ、予想には無用なものかもしれないけど愛着持っちゃうんだよな、こういう馬達に。でも、そうは言っても勝ってる
  馬ばっかりってワケでもないよ、マイネルディアベルゴットフリートは未だに気にし続けているけどイマイチだし・・・」
弟「でも、そうやって応援してる馬がビッグレース勝った時って格別でしょ。」
俺「そりゃそーだよ、凄くうれしい。そういう気分を味わう為に競馬やってるのかもしれない。こういう馬券のハズし方しちゃったのは
  悔しいけど、シュウジが勝ったのは凄くうれしいよ。」
弟「そんな気持ちで迎える有馬記念ですね。」
俺「そうだねぇ。夢が走るレースだよ、今年はそれを大事にしていきたいな。」
弟「気持ちは変わらず、ですね。安心しました。」


俺「コスモスという夢。」
弟「それ有馬じゃねぇから。」



俺「・・・いや、コスモス白昼夢なんじゃねぇか。ここはお手並み拝見ぐらいでいいと思うけど。」
弟「ホープフルSの予想ですか・・・」
俺「レイデオロの前走がかなり強い感じだから、ここはこの馬を軸に遊ぶ程度だけにしとこうと思う。」


◎レイデオロ
○サングレーザー
○コスモス

馬連◎から



俺「以上、『コスモスという夢』のコーナーでした。」
弟「続いて有馬記念です。」




★予想か、妄想か、希望か、夢か 全てが走る有馬記念

俺「デシちゃんはいいのか、ホープフルSの予想をしなくて。イイニオイがするのに。」
弟「その分、有馬に回します。」
俺「なんかコワイこと言ってる、この子・・・」
弟「ユタカさんを信じるのです。キタサンブラックの強さは揺るがないのだ、1着固定の3連単のみで勝負します。」
俺「まぁ、お前はやっぱりそう来るだろうとは思っていたけど、三連単のみとは・・・」
弟「でも昨日、師匠が言ってたことが気になるんですけど。キタサンブラックに何かあるんですか?」
俺「ざくろさんは薄々気付いているんだよ、コメント見てて解った。」
弟「何に気付いているの?」
俺「まず、またキタサンブラックが1枠1番に入った時点でコレは勝ったなと思う人、多いと思うのね。」
弟「そう!!無敗の1番枠です、ヒットくんには申し訳ありませんが、この枠はキタサンブラックとユタカさんの物!!最内からロス
  無く先行して押し切るキタサンブラックが目に浮かびますね!!」


俺「キタサンブラックが『最もヤバい枠を引いたな』
  とは思わなかったか?」

弟「!?!?」



俺「ここでこの枠を引かれて、他陣営が諦めるとでも思ったか。むしろ同じコトを何度もさせてたまるかと奮起するだろーが。」
弟「それは確かにそうですけど!!だからと言って何があるというのかって話ですよ!!」
俺「今回、最も潰しやすい枠に入ったキタサンブラックに対して随分な刺客が用意されていますね。」
弟「刺客だと!?」
俺「刺客その1、マルターズアポジー。」
弟「フン、何を言い出すかと思えば・・・確かにマルターズアポジーは確固たる逃げ馬で、恐らくここでもハナに行くでしょうね。でも
  その構図は京都大賞典と同じです、逃げ馬が居るならば逃げさせればいい。キタサンブラックは動じませんよ!!」
俺「そうだね、このマルターズアポジーは京都大賞典のヤマカツライデンみたいなもの。逃げ馬が一頭居るくらいでキタサンブラ
  ックがペースを乱すとも思えない、交わすタイミングさえ計れば勝手に行って頂いて結構という存在だ。」
弟「そうでしょう。」
俺「しかし、このマルターズアポジーが居ることで、意外な馬が次の刺客に成り得るのだ。」
弟「なんだと?」

俺「刺客その2、ゴールドアクター。」
弟「!!!!!!!!!!!!!」


俺「刺客もクソも無いだろってハナシにもなるけど、今回のゴールドアクターはジャパンカップの再現を阻止しようとしてくるのは
  間違いないだろう。それを助けるのがマルターズアポジーなんだ。」
弟「ど、どういうことだ!?」
俺「先行馬としてのキタサンブラックとゴールドアクターの差、それは先頭に立ってもいい先行馬か、先頭には立ちたくない先行
  馬
かということだ。キタサンブラックが前者、ゴールドアクターが後者になる。」
弟「おお、そうなるのか。」
俺「ゴールドアクターは鞍上含めて自分でのペースを作れない。でも今回はマルターズアポジーが恐らく逃げてくれる、そうなると
  こう考えられるね。キタサンブラックを見ながらレースする必要は無くなるって。」
弟「マルターズアポジーの番手にゴールドアクター!?」
俺「こうなるとキタサンブラックは一気に楽ができなくなる。」

弟「そんなバカなことがあってたまるか!!」
俺「そうだな、そんなバカなはあり得ないかもしれない。結局はキタサンブラックをマークする格好になるのが濃厚だ。しかし、
  そんなバカなをしそうな馬がもう一頭居たりするのだ。」
弟「まだあるの!?」
俺「刺客その3、サトノノブレス。」
弟「菊花賞みたいなサトノダイヤモンドのサポート役か・・・!!」
俺「そういうことだ。あまり露骨な先行はこの馬じゃできないだろうが、途中で一気にレースの流れを変えてくる恐れはあるな。」
弟「つまり、キタサンブラックのペースを乱してくるであろう馬がこれだけ居ると考えられるのですね。」
俺「要するに今までの様にさせないという布陣が組めちゃうんだよ。ジャパンカップを勝った今でもキタサンブラックがズバ抜けた
  能力馬に思えないのなら、なんとかけたぐり回すコトはできるハズだ。何より同じ枠で何度も簡単にレースさせたら周囲が何を
  しているんだって話になる。」
弟「ふ、フン!!しかしここまでで確定しそうなのはマルターズアポジーの逃げくらいじゃないか、あとは師匠の憶測だ!!」
俺「そうだねぇ、憶測だねぇ。」
弟「ならばやはりキタサンブラックのチカラとユタカさんの騎乗をナメている!!」


俺「最後の刺客、サムソンズプライド横山典弘。」
弟「ノリさんはやだあああああああああ!!」



俺「やっちまいましたね、シャダイさん。カモフラージュになってませんよ、なんで滑り込みで出馬決定したノーザンファーム生産の
  この馬にノリさんを騎乗させちゃうんですか。ワクワクが止まりませんよ。」
弟「どういうことなんですか、なんでノリさんとサムソンズプライドがキタサンブラックに対する刺客になるんですか!!」
俺「ここにざくろさんは気付いてらっしゃったのですよ。」
弟「なんだと!?」

俺「キタサンブラックの敗戦に横山典弘有り!!」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!」


俺「もうね、ビックリしますよ。ノリさんはキタサンブラック・キラーと言っていい。」
弟「なんだと・・・ノリさんが・・・?」
俺「過去のキタサンブラックの敗戦、面白いくらいにノリさんが原因なんだよ。」


※キタサンブラックの敗戦とノリさん
2015皐月賞 3着 ハナを叩いたクラリティスカイの鞍上がノリさん
2015ダービー 14着 ハナを叩いたミュゼエイリアンの鞍上がノリさん
2015有馬記念 3着 鞍上がノリさん
2016大阪杯 2着 まさかの先行策で勝ったアンビシャスの鞍上がノリさん



弟「昨年の有馬記念は抜いておこうよ、その原因・・・」
俺「鞍上を務めたからこそ解るってこともあるかもしれないじゃないか、ここが結構大きいと思うぞ。ノリさんはキタサンブラックの
  弱点を知っている
のだ。そんなノリさんが先行馬であるサムソンズプライドに騎乗し滑り込み出馬・・・もう怪しいの一言だ。」
弟「ヤダよぉ!!ノリさんおっかないよぉ!!」
俺「キタサンブラックの鞍上がユタカさんでまた1番枠だろ。ノリさんの一年後輩のアイドルジョッキーに対するヤキモチがプクプク
  してしまうのだ。シャダイさんのチカラを借りてここは何か仕掛けて来るぞ、キタサンブラックがあぶない!!」

弟「ノリさん、ポツンだよ!!ポツン!!」
俺「この馬でそれやったら何も言えねぇよ・・・」


弟「うう・・・」
俺「ともかく、今年のここまでの勝利はユタカさんとキタサンブラックの手玉に取られ過ぎなのだ。ここでの一番枠は僥倖ではなく
  逆境を生むだろうと予測する。つまりハイペースだ。」
弟「ここまでキタサンブラックの不安を煽った上でそう来るか・・・」
俺「そう来ます。」
弟「でも、ここも扱いとしてはジャパンカップと同じでしょ?ヒットくんは本命だけど軸ではないっていう。」

俺「いえ、今回はヒットくん軸で勝負です!!」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!!」


俺「ハッキリ言いましょう、普通に考えりゃ無謀でしかありません。暮れの中山で軸にできる馬じゃないです、8歳だし。」
弟「マジですか!?」
俺「大マジです、普通に考えて無謀だからこそヒットくんを軸にするんですよ。」
弟「だって、昨年は師匠がヒットくんに本命打つと思ってたのに中山だからって理由で対抗まで印下げたじゃないか・・・」
俺「そうだね。しかも最内枠と枠順は絶好だったのに大敗した。」
弟「うん・・・」
俺「更に言うとだな、加藤厩舎にも実は問題アリ。中山が苦手なのはヒットくんだけではなく厩舎もそうなの。過去3年で中山コース
  で9走して、3着以内に一度も入ったことがないという戦績、重賞勝利は21年前の京成杯の1勝のみだ。」
弟「ベテランなのにそうなんだ・・・」


俺「じゃあ何故今年も出てきた!?」
弟「逆説予想だ!!!!!」



俺「実はヒットくん、ジャパンカップ後の次走想定が日経新春杯だったんだよ。ちょっぴり寂しかったんだけど道理は解る。実績の
  ある京都コースで走らせた方がいいに決まってるもの。」
弟「そうですねぇ、理由が解る。」
俺「だけど今回、有馬記念に出てきた。しかも鞍上を田辺騎手に変えてだ。」
弟「小牧騎手と手が合ってたと思うんだけどな。」
俺「間違いなく合ってたよ、だからこそ小牧騎手は自分の持ったこの馬の騎乗スタイルに固執し過ぎた面もある。外枠に入ったら
  かなり思い切りよく下げてただろ、ラチ沿いに拘るのも解るけどそれだけじゃ今のヒットくんで勝つのは難しいかも。」
弟「田辺騎手とは手が合うんでしょうか?」
俺「ロゴタイプを3年振りに勝たせた男だぞ。」
弟「答えになってないよ。」

俺「やってみなきゃ解らない部分だけど、鞍上変更はこの馬にとっていい刺激。9戦も続けて同じ騎手が手綱を取っていたのも
  初めてで、テン乗りの騎手で結構走るタイプだから状況は思いっ切り変化するかもしれないんだ。」
弟「なるほど・・・」
俺「まぁ、ざくろさんの前記事のコメントにもゾクリとするものはあったけどな。要するにユタカさんと田辺騎手でのラインができて
  いるってコトでしょう。ジャパンカップのワンアンドオンリー、チャンピオンズカップのブライトラインを考えると、なるほどと思わ
  された。ノースヒルズの援軍か、なかなかイヤラシイ目をお持ちである。」
弟「ざくろさんはイヤラシイくだものだ。」

俺「でもヒットくんで何をしろというのだ。」
弟「それならまたワンアンドオンリーになるか・・・」


俺「役割与えようにも何もできないぞ、先行の可能性はあるけど。キタサンブラックだけには勝つなってことか。」
弟「どういうレースするんだろうね、ヒットくん。」
俺「9番だけど内には入りやすそうな枠順だよね、9番より内側に先行馬が集まってる。恐らくセオリーには則ったカタチでレース
  することになるだろうな。どこでレースが動いて、どこで仕掛けるか。そして暮れの中山の馬場と坂をどう克服するか。馬場
  状態も土曜は時計が掛かり過ぎるくらいだったけど、まず湿ってなければセーフと見るしかない。」
弟「ふむ・・・」
俺「・・・恐らく、これが中山では最後のレースになるだろうな。」
弟「年齢考えるとね・・・」
俺「うん、ひょっとしたらラストランってことも考えられる。」
弟「師匠・・・」
俺「日経新春杯想定から有馬記念出走に至った経緯は解らないけど、過去の戦績考えたら有馬記念だからって出てきちゃいけ
  ない馬だよ、有馬でラストランを考えていい馬ではない。それだけ苦手な印象があるんだ、ファンの俺だって解る。なのに
  出てきた理由があると信じます。」
弟「おお!!」


俺「なら勝ってラストランにしよう、
  ヒットザターゲット!!」



◎ヒットくん
○ゴールドアクター
▲サウンズオブアース
▲マリアライト

三連複◎○から ワイド◎から 単複◎



俺「最大の敵はハイペースでもゴールドアクター、スローよりも消耗戦で本領を発揮しそうだし馬場も合ってるだろう!!そして
  シャダイさんが勝たせたいのはサトノダイヤモンドだろうがディープを嫌う、突き抜けきれないけど舞台は合ってるサウンズ
  オブアース
、流れ一発で大仕事をやりかねない偽ディープ産駒マリアライトが相手だ!!」
弟「無謀だとは思うけど・・・ここで頑張ったらカッコイイね、ヒットくん。」
俺「無茶は承知です、でもここはヒットくんを全力応援するのだ!!」
弟「それでこそ師匠なのだ。ボクはユタカさんを応援するぞ。」


俺「そぉら!!キタサンブラックに追い打ちだ!!
  デシちゃんのユタカさん本命だ!!」

弟「それ言うのヤメろや!!!」



弟子予想
◎キタサンブラック
○ゴールドアクター
○サトノダイヤモンド
▲ヤマカツエース
▲サウンズオブアース
▲アルバート

三連単◎1着→○2,3着→▲3着 



俺「なんてこった、こんなとこに5人目の刺客が!!」
弟「うるさいのです!!どんな刺客が来ようともキタサンブラックは揺るがない!!相手は昨年覇者、中山ならばパフォーマンス
  が違うであろうゴールドアクターに、3歳代表のサトノダイヤモンド!!中山も古馬もこなしてくれるだろうけど、ユタカさんに
  だけは勝てないのだ!!」
俺「まぁ、お互い応援したい馬と騎手が本命ってことで。有馬はそれでいいんじゃないか。」
弟「そうですね、夢を見ましょう。」
俺「その割にお前の予想はおカタいですけどね。」
弟「ユタカさんが人気者なのでしょうがないのです。」
俺「どんな結果であれ、いい有馬記念になるといいね。これで今年の中央競馬予想もおしまいだな。」
弟「終わり良ければ総て良しって言いますからね。」


俺「でも多分、明日になったら『俺達にはまだ、東京
  大賞典がある』って言ってるんだろうな・・・」

弟「言いたくねぇ、そのセリフ・・・」






※では良い有馬記念を!!皆無事に!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/12/25 02:03 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(19)

「デシちゃんが三連単当たったけどイイニオイのまま」という展開が危険です。
[ 2016/12/25 03:43 ] [ 編集 ]

No title

一年を締め括る大イベント有馬記念

ここは是非当てたいところ…
キタサンブラックの一枠一番は、同じ見解でいい枠だなぁとは思いませんでしたね
ノリさん騎乗のサムソンスプライド、シュミノー騎乗のサトノノブレス。今年最後にして遂にキタサン包囲網が!

◎サトノダイヤモンド
◯ゴールドアクター
◯シュヴァルグラン
▲キタサンブラック
△デニムアンドルビー
△サウンズオブアース
三連単 ◎1着→◯▲2,3着→△3着
馬連 ◎→◯

是非とも頑張ってもらいたいサトノダイヤモンド
シュウジに続いてここを勝ち
やっぱり今年の3歳世代は強い!
そう思わせてもらいたいものです
[ 2016/12/25 05:22 ] [ 編集 ]

『社台のキタサン潰し』は誰の目にも想像しうる事ですからね。
特に典さんはキタサンブラックにとっては脅威でしかない。
しかしキタサンブラックは『孤軍奮闘』するしかないのか?と考えた時にJCの違和感が頭をよぎった。

『あんなにスローなのに番手が離れてたらそりゃ楽出来るわ!』…と

しかしこれが『キタサンの援護』だったとしたら『最高の仕事』をしたとも言える。

『ノースヒル軍団』はチャンピオンズCであからさまにやってきたわけだがすでにJCでもやっていたと言う事。
ならば今回もその『可能性』はある。



『ノースヒル軍団は何故キタサンを支援するのか?』

ノースヒル軍団の主戦騎手と言えば『武豊』でしょう。
キズナとのコンビは記憶にも新しい。
その武豊の乗るキタサンだから…と言うのもある。

そして『北島三郎』
芸能界でも大御所であるサブちゃん。
あれだけの大御所でありながら『社台系』の馬を所有しない『非社台馬主』
おそらくサブちゃんの中に『個人で頑張っている牧場を支えてやらなければならない』と言う
心意気あってのものでしょう。
そんなサブちゃんだからこそ『応援しよう』と言う者も集まってくる。

ワンアンドオンリーで良かったと思うんですがヒットくんの路線変更は『ワンアンドオンリーに出走出来ない理由があった』と考えれば。
鞍上にヒットマン田辺を配してきた事を考えても辻褄が合う。

『ヒットくんに何が出来るんだ!?』

そこなんすよ(笑)

なかなか思いつか『なかった』

だけど『思いつきました』ニヤリ


ぶっちゃけた『JC』のようにワンアンドオンリーみたいな仕事が出来るといい。
しかしヒットくんにそれは荷が重いでしょう。
じゃあ『他』に頼みますか。


『マルターズアポジー』


当初この馬が出走すると聞いてキタサンにとってちょいと嫌な馬があらわれたかな?と考えていたがこの馬が『ワンアンドオンリー』をしてくれたら逆に頼もしい援軍になるんじゃないかと。
金杯出走の予定を変更してきたのも怪しい。

『キタサンとマルターズの繋がりは?』

繋がりがなければ『援軍』なんて事はしないでしょう。

マルターズ陣営を調べたところ、厩舎も馬主も『非社台系』である。
堀井厩舎はビッグレッドファームとは繋がりがある。

『打倒社台』

これを合言葉に『連合軍』が出来上がっていてもおかしくない。

逃げ宣言をしているマルターズ陣営であるが『キタサンブラックが逃げる』と言う作戦が出来ているならスンナリとキタサンがハナに立つのではないか?少し離れてマルターズアポジー、そしてその後ろに『ヒットくん』ですよ。ニヤリ

つまり


『キタサンから後続までの距離が遠くなる』

今回は社台陣営も『刺客』が多数揃ってますから。
キタサンまでの距離が遠くなれば『潰しにくくなる』

ヒットくんにとっても『勝負に行く』ポジションであり相思相愛の戦略。


今まで『ハナを譲った事がない』マルターズアポジーがハナを譲るようならこの『妄想』が現実身を帯びてくる。

そこで!わたくしの本命は!?




サムソンズプライド(照)

ここまで長々と妄想を書いてきながらまったく書いてない馬名と言う(照)
つまりここからさらに倍の『妄想』が続きまつ(照)

社台の刺客『サムソンズプライド』

この馬が勝ち負けするには『逃げる』しかない。

え?キタサンを潰すのが役目じゃないのかって?


『典さんは社台に媚びない』

今さら社台さんに媚びる年でもないでしょう。
典さんはただその馬の為に『最善』を尽くすのみ。
社台とてそんな事はわかっている。
ただサムソンズプライドで『最善』を尽くす選択をしたならば『キタサンのリズムを崩せる』と読んでいるから典さんに手綱を託したのだ。

弟子ちゃんの言う『ポツン』もありえる。

『大逃げ』だ。

まぁこの馬が大逃げしたところでキタサンにはそれ程脅威でないだろう。
一応軽快しつつ後ろを気にすればいい。

ただサムソンとキタサンの間に『あの馬』がいる形になると…


『マルターズアポジー』

この馬がいる事でサムソンへの意識が薄れる。
そしてキタサンのリズムでなく『マルターズのリズム』でレースを進める事になる。

師匠は前に言っていた。
『キタサンが勝ってる時はたいしていい時計でない』と。

つまり時計面だけなら

『サムソンズプライドでも足りる』

あとは『バランス』の問題。

スタートではハナに行かないかもしれないがペースの落ち着くスタンド前から一気にと言ったところが一番イメージしやすい。

後ろを警戒しなければいけないキタサンにマルターズの存在。
『大逃げ』を決める条件は揃っている。

今回は各陣営の思惑がいろいろ渦巻いている。
淡白なレースにはならないんではないかとワクワクしている。

マルターズアポジーの位置取りは!?
キタサンは逃げるのか!?
典さんの大逃げは本当にあるのか!?
社台は動いてくるのか!?
今年ファイナル有馬記念。

終わり良ければ全て良し!



サムソンズプライド単勝!!!!ウォォェォエアォエウオオー


ふぅ…疲れた(照)
[ 2016/12/25 05:54 ] [ 編集 ]

俺達には明日が有る!

…とは言え有馬記念が当たって、収支もプラスになればありがたい事には違いなく。

本線はキタサン→サウンズですが枠連の1ー3も。後は三連単の3着にシュヴァルとサトノダイヤモンドを。
結果として荒れた場合に備えて、デニムを2着付けにしてG1馬へ流した馬単を。


いい年末年始を迎えたいですね。
[ 2016/12/25 08:29 ] [ 編集 ]

No title

うーむ・・・

やはりコメ欄予想は当たらんか

馬券購入時にミッキーとフィエロを入れ替え

スパルタンをやめてボニー君を

繰り上げてタテ目くらっちまった

有馬はまだ◎悩み中

サブチャンブラック、空気の読めないイタリアン、ダイヤモンドのどれかになるけど

サブチャン、ダイヤモンドの一騎討ちはないと思ってるんですよねぇ

後はゴールドアクター、ヤマカツエース、アドマイヤデウスを絡めるつもり
です

アルバートが大外枠じゃなけりゃ

予想に入ったんやけどなぁ

と、有馬の前のホープフルを

懲りずにコメ欄予想

◎ グローブシアター

○ レイデオロ

馬連、◎単

まだまだ競馬は続く!

前を向いて予想するのみ
[ 2016/12/25 11:44 ] [ 編集 ]

No title

皆さん今年の一文字を忘れてませんか?そう「金」です!ゴールドです!
社台さんのキタサン潰しからの漁夫の利を得るのです。
[ 2016/12/25 12:32 ] [ 編集 ]

キタサン ノリサン ユタカサン

前残りの1-5で
[ 2016/12/25 13:06 ] [ 編集 ]

No title

なんとまぁ、金より上のダイヤでしたorz
[ 2016/12/25 17:35 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/12/25 18:51 ] [ 編集 ]

5人目の刺客……。

有力馬同士が自力の真っ向勝負に出た、非常に見ごたえのある有馬記念になりましたね。

またネタ的にも、今年の漢字である「金」が「ゴールドアクター」を指示してていると思われる中、
実は「ダイヤモンド」も日本語で「金」剛石と表されるという、サイン的なオチもつきました。

一方、コスモスという夢は、ネタになるかも怪しいくらいにホープレスな結果になりましたね・・・・・・。
[ 2016/12/25 20:16 ] [ 編集 ]

No title

お師匠さん知っていますか?有馬記念の馬ごとの横断幕の数を。

一番はゴールドアクターで4枚
キタサンは1枚
ヒットくんは3枚

なんとアクターにつぐ3枚です

アクターやキタサンなど強い馬が多いのは当たり前ですがこのニュースを見たときは本当に感動しました。

ヒットザターゲットはファンから愛されていますね。

お疲れ様でした
[ 2016/12/25 20:31 ] [ 編集 ]

センテンススプリング。セントライト記念、天皇賞(春)、スプリングステークスを勝ってる馬、KSKが隠れてる、1枠1番

神ってるルメール、日ハム大谷の背番号、ポケモンダイヤ、プレゼンターマー君の誕生月、嫁のサトマイ、クリストフ(キリスト?)、『金(かね)』に物を言わす金(かね)太郎馬主、サトノの呪い解除

ブラックジャック(トランプ馬券)で11―1、マー君誕生日11―1、クリスマスカラーでその内の緑と白、第61回有馬記念で枠番6―1


『師匠の展開予想は恥だが役に立つ?』でサブチャンブラックを切ってたから、自信を持ってユタカさんから買ったら、想像以上に第5の刺客のお力が…



ということで『俺にはまだ東京大賞典がある!』
[ 2016/12/25 22:53 ] [ 編集 ]

>ビギナーはるさん

あ、当たってる。おめでたうございます。
[ 2016/12/26 00:26 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

あ、当たってる。シンガリの単勝とか無茶しやがって・・・

有馬で「やりましたぞ母上」と叫べる喜びを噛み締めるがいいわ!!
[ 2016/12/26 00:27 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

大体の人が見てると3強の内1頭を嫌う予想をしちゃってたみたいで。
この3頭が本線なのにユタカさんだけを1着固定にした弟子は、しばらくアンドレアちゃん化してました。
[ 2016/12/26 00:30 ] [ 編集 ]

>とらさん

サイン派が盛り上がってた有馬記念でしたね。
[ 2016/12/26 00:31 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

コスモスじゃないマイネルが2着に来た時、総帥どんな顔してたんだろうか・・・
[ 2016/12/26 00:33 ] [ 編集 ]

>バガボンドさん

そうなんですか!?それはウレシイ!!

ヒットくんが好きな人に悪い人は居ないんですよ!!
[ 2016/12/26 00:34 ] [ 編集 ]

>アトラちゃんは俺の嫁さん

内容はともかく三日月さんコイツです
[ 2016/12/26 00:35 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1324-2d05ef13











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。