スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有馬記念を終えて・・・

俺「溜息が出ちゃうな、素晴らしいレースだった。この秋はいいレースがいっぱい見れたね。」


弟子「ユダガざんがまげでじばっだ!!」



俺「・・・ああ、うん。キタサンブラック頑張ったんだけどな。でも俺、今回が一番キタサンブラックが強く見えたレースだよ。」


弟「ユダガざんがまげでじばっだのでず!!」



俺「・・・ずーっとこんな調子なんですよ。サトノダイヤモンドにねじ伏せられてから。」
弟「ううううううううううう!!」
俺「悔しかったねぇ、でもサトノダイヤモンドがここであんな強気なレースをしてくるとはね。」
弟「強かった・・・」
俺「ラストの人気3頭の叩き合い、馬券は買ってなくても息をのむ真っ向勝負だったよ。ゴールドアクターも意地を見せた。」
弟「凄い勝負でした・・・この3頭が自分達だけの世界を作っちゃってましたね・・・」
俺「他の馬達に入り込む余地が無かったんだ。結局、色々な憶測をしてみたけれど、小細工すらもこの3頭はさせてくれなかった。
  中央競馬の締めくくりに相応しい大一番だったと思います。」


有馬記念 結果
1着 サトノダイヤモンド → 俺切った 弟子○
2着 キタサンブラック → 俺切った 弟子◎
3着 ゴールドアクター → 俺○弟子◎


弟「マルターズアポジーの逃げは予想通りだったけど、キタサンブラックは単騎の二番手を確保して結局スムーズになったんだ
  よね。師匠の大方の読みは潰れてしまったのだ。でも、このレースがキタサンブラックが一番強く見えたレースになるっていう
  のはどういうこと?」
俺「誰も邪魔をしに行かなかったって言うよりも、誰にも邪魔させないって姿勢を貫いたんだよ。1000mの通過タイムで言えば
  確かにスローだ、でもレースの入りだよね。マルターズアポジーも確かに飛ばしていたけど、キタサンブラックも最初の4角
  通過まで結構速かった。マルターズアポジーは行かせてやるが、他の馬にこの位置は譲らないって感じがしたよ。」
弟「絡んでくる想定の馬では、ゴールドアクターが三番手だったね。」
俺「正攻法を取るしかないよ、隊列を整えたのはキタサンブラックだ。」
弟「つまり今回、キタサンブラックは楽にレースしていたわけじゃないと。」
俺「そういう風に見える。結局一旦は隊列が整ってしまい中盤は息をつかせるペースになった。変な奇襲も向こう正面に出るまで
  仕掛けられないよ、サムソンズプライドは何もしなかったって言うより、何もできなかったんじゃないかな。」
弟「その、2周目の1コーナーの入りから向こう正面ですよね・・・」
俺「誰も潰さないなら俺が潰すと言わんばかりのサトノダイヤモンドの浮上、キタサンブラックの直後に来た時は怖さすら感じた。
  あそこで上位になる3頭が固まって2番手集団を形成したけど、前が残ったってだけのレースには全く見えないんだよ。」
弟「4角回ってからは3頭だけの世界になったもんね・・・」
俺「ゴールドアクターも頑張ってるんだよ、いいレースしてる。キタサンブラックも堂々とした横綱としての競馬になった。その上で
  サトノダイヤモンドがこの勝ち方か・・・」

弟「どうしちゃったの、里見さん・・・」
俺「やっぱり俺の知ってるサトノじゃないよ・・・」


弟「・・・ヒットくんは残念な結果でしたね。」
俺「まぁ、ヒットくんの競馬じゃなくて田辺騎手の競馬だよ。普通に考えたら3角から仕掛けて大外回していい馬じゃないんだ。でも
  そうしたのは7Rのグッドラックハンデを経ての行動、このレースと全く一緒の走りを見せてるんだよね。」
弟「そうなんですか。」
俺「そのレースでは3着に来てるんだけど、要するに直線で馬場のいいところを走ることを最優先にしたんだろうな。結果的に全く
  いいところは出せなかったけど、内側走るよりは期待が持てた。ひょっとしたら伸びるかなと思わせてくれたからね。」
弟「次はあるのかなぁ・・・」
俺「ここで区切りの50戦目、陣営の判断に任せるけど・・・」
弟「けど?」

俺「大阪杯はイケると思うんだよなぁ。」
弟「やっぱり師匠は師匠だった。」


俺「うん、やっぱり暮れの中山はダメだ。阪神2000mで巻き返そう、良馬場ならやれる。」
弟「9歳だよ。だこーもそうだけど。」
俺「無理はしないでほしいけど、やっぱり中山はダメだったで引退してほしくもないからねぇ。もう一度だけ大好きな条件で走って
  みてもらいたいんだよな、今年は本当にいい馬場と枠順に恵まれなかったよ。」
弟「それはありますよね、師匠は出走する度にうなだれていたもんね・・・」
俺「もしも9歳も現役を続けるのなら、その名の通り的を絞って得意条件だけを選んでレースに出てほしいかな。あとは鞍上をどう
  するかって部分になると思う。小牧騎手に戻すのもアリだと思うけど、思い切った変更も考えていいかも。」
弟「ふむ。」


俺「ひしだきゅんとか。」
弟「ヒットくんと菱田騎手がコンビなんか組んだら
  師匠はおもらししてしまいますよ。」



俺「なんとG1に昇格した大阪杯をヒットくんとひしだきゅんが。」
弟「イメージできねぇ・・・」
俺「ひしだきゅんはノースヒルズとソリが合わなそうではあるが、面白そうでもある。」
弟「妄想が始まってしまった。」
俺「なんとダコールにもひしだきゅんが。」
弟「だこーまで巻き込まないでください!!」

俺「こういう話ができるのも、あとちょっとかもしんないんだよね。この2頭は。」
弟「まだ走る機会があるのなら、もちろん応援しますよ。ボクは諦めていないのだ。」
俺「ダコールもヒットくんも年が明けたら9歳という表記になるんだよな・・・優しく見守りたいものです。とにかく無事が一番だ。」
弟「そうですねぇ。」
俺「というわけで、実力馬3頭による素晴らしいレースとなった有馬記念が終わりました。」
弟「みんなお疲れ様!!」
俺「なんでしょうね。」
弟「?」


俺「この、有馬が終わったと同時に襲い掛かって
  くる尋常じゃない脱力感って。」

弟「あるあるあるある・・・」



俺「当然、残りの地方重賞もあるし、予想もするんだけど。俺達には東京大賞典があるんだけど。」
弟「キメ台詞を流して言うんじゃない。」
俺「いいレースだったから余計に、見た後にプシューってなっちゃうよな。」
弟「張りつめてたものが無くなる感じですよねぇ。」
俺「それだけ特別なレースなんだよな、有馬記念って。そして、それだけ予想や妄想が楽しいって改めて思わせてくれる。実際、
  長々と予想してもレースが始まって2分30秒で結果が出ちゃうんだし、レースが始まる前のドキドキしている時が一番楽しく、
  レース中はひたすらに応援して、ゴールしたら一喜一憂する。この流れが充実し過ぎてるんだよな、このレース。」
弟「疲れちゃうのだ。」
俺「数あるレース、ギャンブルとしての意味は有馬でも平場でも変わらないものなんだけど、やっぱ有馬記念には人をおかしくする
  何かがあるのだろう。」
弟「今年のレースも歴代に名を遺す名レースになりました。」
俺「オグリキャップのラストランなんか、現地で観てた人はよく過労死
  しなかったなって思うもの。」

弟「レース見て過労死する人は居ないと思うぞ。」

俺「いや、あのレースは知ってて見てもグッタリするぞ。」
弟「わからなくもないけど。」
俺「まぁ、そういうわけで今は正に有馬症候群とでも言える状態なのでね、次のレースに向けて無理せず英気を養おうよ。」
弟「次は28日の兵庫ゴールドトロフィー、そして東京大賞典か・・・兵庫は27日が忘年会で夜予想がちょっと厳しいかもしんない
  ですね。」
俺「そうだねぇ、東京大賞典に向けて英気を養おう。ところで兵庫ってどんな出走メンバーになってる?」
弟「えっと・・・(カチャカチャ)」
俺「まぁ、G3で大したメンツじゃなければ予想飛ばしてもいいだろ。中央決着が濃厚って感じなら尚更だ。」
弟「・・・」
俺「どうしましたか、デシちゃんさん。」


弟「オヤコダカ、ラブバレット・・・」
俺「おっほほほほほぅ♥」





※では兵庫GTの予想でお会いしましょう



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/12/26 00:23 ] 結果 | TB(0) | CM(5)

凄いレースでしたねー、疑った予想したのがバカみたいって思う程に熱い闘いだった

そんなレースに対するナツの評、私も師匠同様にがっかりしました
この人、元々見栄の張り方がねちっこくて鼻についたんだけど、
今回のは完全に言いがかりもいいところですよ
[ 2016/12/26 14:20 ] [ 編集 ]

典の野郎!なんにもしないとかヘタレか!(#`皿´)
 
え?お前の妄想が酷いんだろと?

とぅんまてん(照)

まぁ初速が速い方でないし、仕掛け所?で内にはいっちゃてた時点であきらめた(照)

今回は『ルメール』すよねぇ。
あそこで『前』に行けるか行けないかが『騎手』の差か。
やはり『継続騎乗』してきた事で馬への『信頼感』もあったのでしょう。
また『サトノダイヤモンド』もそれに応えるだけの『機動力』や『素直さ』もあるのでしょう。
『ペースが遅いなら前に行けばいいじゃないか!』 と言うほど簡単ではないんすかね?


にしても…キタサンブラック強いすね(苦笑)

前半を楽に進められたらそうとう厄介。
ぶっちゃけサトノダイヤモンドがマークする形になった時点でどれぐらい離して勝つかな?と思いましたもん(笑)

来年はどうやったらキタサンを負かせるか『妄想』するのが楽しみっすよ。はっはっはっ

キタサンとダイヤモンドは今回の舞台は『得意』ではなかったとも思うんで来年は『伏兵』の台頭もありそう。(ちなみに阪神内回りもあやしい)


兵庫GT…うおっほほほ♪

◎オヤコダカ
〇ラブバレット


うおっほほほ♪
[ 2016/12/26 23:39 ] [ 編集 ]

ジャパンカップでは、キタサンブラック(1番)は6、7番目の枠入り、ゴールドアクター(3番)は8番目の枠入り(奇数馬番で最後)。

有馬記念では、キタサンブラック(1番)は一番最初の枠入り、サトノダイヤモンド(11番)は8番目の枠入り(奇数馬番で最後)。

何が言いたいかって?





JRAを信じなさい!
[ 2016/12/26 23:45 ] [ 編集 ]

素晴らしかった

いやあ、すごい有馬記念でしたね。

サトノダイヤモンドが上がっていくときはゾクゾクしましたし、
最後の直線の"三頭だけ別世界"感は、
大好きなアドマイヤベガのダービーを彷彿とさせました。

ヒット君は少し残念でしたが、みんな無事に走りきってくれましたし、良い有馬記念でした。
[ 2016/12/27 00:03 ] [ 編集 ]

No title

2016年の有馬記念は素晴らしいレースでしたね!


人気通りの固い決着ではありましたが
馬券もしっかりとらせてもらい
最後の直線は見応えがありあり

すっかり馬券のことなんて忘れて見とれるくらいでした笑

最後サトノダイヤモンドが差しきるときなんか
恥ずかしながら思わず声を出しちゃいましたw

THE完全燃焼にふさわしいレースだったと僕は思います!!

まだ、東京大賞典もありますが…笑
[ 2016/12/27 05:06 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1325-9629b6d6











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。