兵庫ゴールドトロフィーの予想

★忘年会明けですが、がんばります


俺「おうっ!!がんばうぞ!!」
弟子「ふぇいっ!!」



俺「なんとか早く帰ってこられられました!!」
弟「ししょう!!ちゃんとしゃべれれれてないのですよ!!」
俺「おさけをのんでますからね、しかたがありません。」

弟「なんてきぐうなのでしょう、ボクもですよ!!」
俺「おお、デシちゃんもですか!!よろしく!!」


弟「忘年会でも有馬記念のおはなしは、もりありがりましたねー♪」
俺「みんな見てるんだねー、アタイとってもウレシイ!!」
弟「みんな馬券とれてたみたいだったけどね・・・」
俺「うう・・」
弟「ボクらは当てられなかったのです・・・」

俺「アタイなんか、本命ヒットくんって言って笑われて・・・ひっく」
弟「ああししょう!!なんてかわいそう!!」


俺「ヒットくんはすばらしいのに・・・あいつらめ・・・!!」
弟「ヒットくんであいつらを見返せるれれる時が来るといいですね!!」
俺「そうだ、ヒットくんをおうえんしつづけるぞ!!おー!!」
弟「おー!!じゃあししょう!!」
俺「なんでしょう!!」


弟「のみなおしましょう!!」
俺「おー!!」




★今宵のお供です

つきんなか

月の中(つきんなか) 芋焼酎
とても小さな家族経営の酒蔵で作ってる芋焼酎で、生産数が非常に少なく入手困難な一品。
製法も昔ながらの手法で作っているそうで、どっしりとした芋の風味が鮮烈な仕上がりになっています。
不思議なことに氷を入れるだけで風味が消えてしまう印象、常温ストレートこそが最高の味わいだよ!!
デシちゃんは風味がちょっと苦手らしいので、以前ご紹介した元老院を飲んでおります。


俺「かんぱーい!!」
弟「ウェヒー!!」



俺「んふー♥(クピクピ)」
弟「むう、しかしおさけを飲んでしまっては、競馬予想がたいへんになっちゃうぞ(クピクピ)」
俺「自分から飲み直そうって言ったのに(クピクピ)」
弟「ちゅうとぱんぱんだからダメなのです、しっかり飲めば、逆にしっかりするのかもしれない(クピクピ)」
俺「なんてかしこい!!(クピクピ)」
弟「ほら、ちゃんとしゃべるれれるように、なりました!!」
俺「すごい!!ちゃんとしゃべれれられるようになってる!!」

弟「おさけで研ぎ澄まされるのだ!!これできっとあたります!!」
俺「前もこんなことあったなぁ(クピクピ)」
弟「おひさしぶるですね、飲み予想は(クピクピ)」
俺「・・・エロキノコになるんじゃねーぞ(クピクピ)」
弟「何を言っているのでしょう、ボクはイヤラシイのはキライです!!(クピッ)」
俺「ではさっそく、予想をはじめましょう。」

弟「ヒョウゴゴゴールドロフィー!!」
俺「わぁ、デシちゃん!!しっかり言えたね!!」



★ヒョウゴゴゴールドロフィー!!

俺「とてもたのしそうなレースですからね、あてちゃいましょう!!」
弟「おうっ!!今日のししょうはいつもよりよっぱらってます!!
俺「結構のんじゃいました!!(クピッ)」
弟「こういう時のししょうはスゴイんだぞ!!ねえししょう!!(クピクピ)」
俺「スゴイのか、じぶんでは解らないのだけど(クピクピ)」
弟「うふふ、ごそんけんなされて♪みればわかるとおりスゴイのです♪」
俺「ごけんそんだね。で、よったアタイのドコがスゴイと・・・(クピッ)」


弟「おっぱいでっけぇな!!」
俺「ちいさいオッサンが居る・・・」



弟「よっぱらったししょうのおっぱいは、でっけぇのであります!!(クピッ)」
俺「よっぱらってなくても同じだぞ・・・戻ってきたとたん気がゆるんで一気に酔ったんだな。なんかイヤな予感と共に、すこし正気に
  なったぞ・・・(クピクピ)」
弟「こんなにおっぱいがでっけぇんだから、競馬もあたっちゃうんじゃないでしょうか!!」
俺「ならデシちゃんは、おっぱいがちっちぇーから競馬が当たらないってコトになっちゃうよ。」
弟「むう、それが原因ならば困ってしまいますね(クピッ)」
俺「どうしたものか(クピクピ)」


弟「コレ取れないかな?(ギュー)」
俺「痛ぇよオイ!!!!!」



弟「そのおっぱい、かしていただきたい。」
俺「貸せません!!取れないんだし!!それに俺だってロクに当たってない!!
弟「そうだった、競馬におっぱいのおおきさは関係ないのだ!!よかった!!」
俺「ご理解いただけた(クピクピ)」
弟「でもできることならば、でっかくしたいのです。」
俺「むう、やっぱりこういう流れになって、ロクに予想ができなくなるか・・・じゃあデシちゃん、こういうのはどうだろう。」
弟「なんでしょう?(クピッ)」
俺「馬券を当てると、おっぱいがでっかくなるかもしれない!!」
弟「おお!!それはみりょくてきなオハナシです!!」

俺「わかったかな?」
弟「わかった!!」
俺「じゃあ予想しましょう。」


弟「そんなワケないじゃん!!」
俺「しまった、バレた!!」



弟「くふぅ、そんなふうにボクに競馬予想をさせようなど、こそくなしゅだんですねぇ!!(クピッ)」
俺「・・・その為に今、こうやってオハナシしているんでしょーが(クピクピ)」
弟「ちがうます!!」
俺「ちがうのかよ・・・」

弟「ボクのおっぱいを、いかにしてでかくするか!!
  今日のおだいはソレなのです!!」

俺「どこからそうなったのでしょう。」


弟「さぁ、みんなでかんがえましょう、どうしたらボクのおっぱいはでっかくなるのでしょう(クピクピ)」
俺「前から言ってるだろ、揉めばいいのだ。おいで、揉んでやるから。」
弟「それは、おっぱいをもみたい人のたわごとなのだ。そうやってだまして、ただおっぱいをもむだけなんだ。」
俺「めんどくせぇなぁ(クピクピ)」
弟「じぶんで毎日やってるけど効果がないんだぞ。」
俺「毎日自分で揉んでるのかよ・・・」


弟「なんかムズムズするだけだ。」
俺「もうやめよう、デシちゃん。」



弟「ムズムズしたからおおきくなったのかなって思ったけれど、けっきょく全然変わってないのだ!!(クピッ)」
俺「ああもう、やっぱりコイツの酔いが強くなれば強くなるほど、俺の酔いがさめていくんだよ・・・(クピクピ)」
弟「どうしてだ!!ほぼまいにちししょうと同じものを食べているのに、どうしてこれほどの差がついた!!(クピクピ)」
俺「ハイ、デシちゃん。どうどうどう。ほおら、兵庫ゴールドトロフィーにもユタカさんがいるぞう♥」
弟「ユタカさん!!」
俺「よかったねぇ♥」

弟「ユタカさんもおっぱいがでっけぇ方がいいのだろうか!!」
俺「もうおっぱいって言うのやめよう!!ね!!」


弟「だまれおっぱい!!(グビグビ)」
俺「ワタクシ、おっぱいになってしまいました・・・(クピクピ)」
弟「ししょうにボクのキモチがわかってたまるかってんだ!!ボクのおっぱいはちいさいんだぞ!!(グビグビ)」
俺「それがいいって人も結構居るんだぞ、かわいらしいって。だからデシちゃんは仕事先でも気に入られているのかもしれない。」

弟「そいつらはロリコンだ!!きけんなのだ!!」
俺「自分でソレ言っちゃダメでしょうが・・・」


弟「なんでこんなハナシになったのだ!!ボクはけいばよそうをするのだぞ!!(グビグビ)」
俺「もうヤダこの子・・・でも、ようやく予想する気になったのはありがたい。」
弟「ヒョウゴドールゴロロフィーのよそうなんですよね!!がんばる!!」
俺「ほら、デシちゃんも昨日しゅつばひょうを見ただろう?オヤコダカもいるんだよ♥(クピッ)」
弟「おおそうでした、オヤコダカだ。オヤコダカはかわいいのであります!!(グビグビ)」
俺「そう!!とってもかわいいオヤコダカだよ!!(クピッ)」
弟「でもししょうのほんめいもオヤコダカなのでありましょう、ししょうもオヤコダカはダイスキなのであります!!」
俺「そうだなぁ・・・馬体重を見たいのがしょうじきなところなんだけど・・・(クピクピ)」
弟「ほほう、ばたいじゅう(グビグビ)」
俺「オヤコダカはさぁ、ここのところ馬体重が増え続けているんだよ。この季節で絞れないらしい。前走も遠征だったからいよいよ
  絞れるかなーって思ってたんだけど、結局-3kg程度の減り。今回はもう少し減っててもらいたいのよね(クピッ)」
弟「ほう・・・・・(グビッ)」
俺「今回、ラブバレットとオヤコダカは中央組との斤量差が大きいからチャンスではあるんだけど、オヤコダカにかんして言えば、
  ここで馬体重が絞れてなければ1400m戦でロクに動けない様な気がするんだよね。」
弟「オヤコダカは、ばたいじゅうがカギなのですね(グビグビ)」
俺「お前ピッチ上がり過ぎだって、さっきからグビグビグビグビと・・・」
弟「おうっ!!きおつけねばなるまい!!」
俺「オヤコダカはねぇ、どうえいきねんで過去最大の馬体重になったのが本当に計算外。やっぱり走れる馬体重は今なら550㎏台
  だと思うのよね。」
弟「むう・・・」
俺「それにしたって馬格が立派に成り過ぎたよなー、ここまででっかくなっちゃ・・・
弟「(グビビッ)」
俺「あ゛。」




弟「オヤコダカもおっぱいがでっかくなっているのに
  なぜボクは、ボクは(グビグビグビグビグビ)」

俺「ごめん、今日もう予想ムリだ!!解散!!」

弟「やっぱソレちょうだい!!
  (ムギュムギュムギュムギュムギュ)」

俺「みぎゃああああああ!!!」






※むりです・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2016/12/28 02:35 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(5)

ユタカさんが…

大きな胸が好きかどうかは存じ上げませんが…

ただ先週金曜日のテレビ東京ウイニング競馬で企画コーナーで、鷲見玲奈アナに乗馬をコーチするってのを見た限りでは、嫌いという判断はできませんねぇ。ま、ユタカさんもそれなりの年齢になられているのですが、トップジョッキーというイメージから見た場合、意外にオヤジくさい一面を持ってらっしゃるのね…っていう発言をされていましたからねぇw
勿論、鷲見アナの存在があって更には男性視聴者向けのサービス発言であったのだとは思いますがね。


鷲見アナウンサーはウイニング競馬からは卒業されますが、これからはスポーツ全般の担当をされるとのことですので、頑張っていただきたいですね。
[ 2016/12/28 07:09 ] [ 編集 ]

No title

エロキノコ来たー!と思ったら予想なしかい!(笑)

兵庫GT!

確かにオヤコダカの馬体重の減量は必須!
能力を考えれば『ラブバレット』より上なハズ!
おそらくここまで視野に入れての前走である!
今回中央馬で『逃げたい』と考えるのはノボバカラぐらいで、逆に地方馬は軽量のランドクィーン、トウショウセレクトにラブバレットにオヤコダカと相当前掛かりなメンバー構成!

中央馬でも『後手』を踏んでもおかしくない!

◎オヤコダカ
○ラブバレット
▲ニシケンモノノフ
△グレープブランデー
△ノボバカラ

地方2強にチャンス当来!
前段を形成するのは地方馬でこの斤量ならオヤコダカ、ラブレットの2強が抜け出して押し切れる!
流れが厳しくなれば差し馬が浮上してくる!

単勝


馬複
◎○

馬単
◎→○

3連複
◎○→▲△△

3連単
◎→○→▲△△
[ 2016/12/28 13:45 ] [ 編集 ]

前方ポツン、後方ポツン、外ポツンに続いて内ポツンを修得した事により、全方位型ポツンを開眼したノリさん。ノリさんとお師匠さんが仲良しになれる日はいつ訪れるのか…。それはまた来年のお話。
[ 2016/12/28 19:55 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

鷲見ちゃんのラスト、Youtubeにアップされてたので見ました。かわいかったなぁ・・・
鷲見ちゃんファンの男性陣は寂しくなりますね。

弟子じゃ鷲見ちゃんの代わりにはなれないからなぁ・・・
[ 2016/12/29 01:02 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

悲しいくらいにざくろさんと予想がカブってた。オヤコダカが-15kgってのを見た時には小躍りしたぜ。

でもやっぱりざくろさんとカブるとロクなことがないぜ。
[ 2016/12/29 01:04 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1326-1f799e9a