船橋記念の予想

★2016年度JRA賞が発表されました

俺「年度代表馬はキタサンブラックになりましたか。」
弟子「モーリス、サトノダイヤモンドとの争いを制しての受賞となりましたね。」
俺「票数で言えば割れたと言っていいからねぇ。」


キタサンブラック 134票
モーリス 90票
サトノダイヤモンド 66票
該当馬なし 1票 



弟「そうだね、見栄えではキタサンブラックが抜けているけど、モーリスとサトノダイヤモンドの票を合わせたらキタサンブラック
  以上になるもんね。」
俺「まぁ、この3頭の争いになるのは予測できたけどね。」
弟「師匠としてはモーリスに二年連続で年度代表馬になってほしかったんじゃないですか?」
俺「いやー、別にそういうのは無いけど。G1の勝利数で決まるものでもないと思うし、あんま不服言うようなコトでもないだろ。」
弟「そうなんだ。」

俺「でも、昨年散々ナメた発言を向けてたキタサンブラックが年度
  代表馬という結果には苦笑いしました。」

弟「一度も本命打たなかった人がこちらです。」


俺「好きな馬なんだよ、本当に。」
弟「そりゃまぁ、3歳時には結構推す機会が多かったの知ってますから。」
俺「ただやっぱり天皇賞、京都大賞典、ジャパンカップと、勝ったレースが個人的には揚げ足取れる内容だったって思えて。」
弟「おまけに京都大賞典とジャパンカップにはヒットくんが居ましたし、こうなるとまず本命はないですね。」
俺「こういう派手な称号を得る様な馬になるとは思ってなかったねぇ。有馬記念のレース回顧で言ったけど、このレースでようやく
  キタサンブラックの強さを見た気がしてさ。」
弟「負けて尚強しってレースだったからね!!」


俺「あのレースの敗因はデシちゃんが本命打ったからだし。」
弟「泣くぞ。泣いていいんだな。」



俺「泣くなデシちゃん。お前のせいだけど泣くな。」
弟「ひっく・・・」
俺「でもこの三頭は本当に紙一重の成績だったと思うよ。サトノダイヤモンドは日本ダービーをハナ差でマカヒキに敗れてなかっ
  たら、モーリスは安田記念を制していたら、あるいはドバイターフに出れていれば。」
弟「確かに。」
俺「でも読んで字の如く、年度を代表する馬となるとやっぱりキタサンブラックなんだよね。2016年はなんだかんだ言っても日本の
  競馬の中心にこの馬が居たんだ。実力を疑われつつ、決して圧倒的とは言えない成績や人気でここまできたんだし。」
弟「うん、そこなんですよね。キタサンブラックが持ってる異質な部分って。」
俺「面白い馬だと思うよ、俺はもっと渋い馬になると思ってた。まさか年度代表馬争いに加わる様な馬になるなんて思ってなかった
  もの。この受賞に納得できるのも、敗戦ではあるものの有馬記念があったからだよ。」
弟「もう有馬記念のコトは言わないで・・・」
俺「それで今年は海外挑戦を目論んでるんだろ?悩んじゃうねぇ、また疑いたくなっちゃうよ。」
弟「有馬記念で改めて見直したのに?」
俺「国内ならではの強さを持ってる馬って気がしなくもないからな。ただ、もしも凱旋門賞にユタカさんとのコンビで出走するのなら
  全力で応援したいところだね。」
弟「随分先の話をするんですね。」

俺「フランスの空の下に『祭』が響くんだぞ。」
弟「あっちでもやっちゃうんだ、サブちゃん・・・」


俺「見たいね、ドン引きするフレンチセレブ。」
弟「せめてキタサンブラックが勝つところを見たいと言って下さい。」
俺「モーリスは引退しちゃったけど、今年はまず年度代表馬キタサンブラックと、サトノダイヤモンドを筆頭にした4歳組を中心に
  したレースが展開されるんだろうな。」
弟「そうなるでしょうね、楽しみだ。」
俺「とにかくまぁ、キタサンブラックの年度代表馬受賞をお祝いしましょう。おめでたうございます!!」
弟「おめでたうございます!!」
俺「モーリスも特別賞だ、ある意味特別賞って年度代表馬よりも名の通り特別だからね。毎年出るものじゃないし。それに特別賞
  受賞馬って、変な話だけど年度代表馬よりも記憶に残る馬が多いからな。特別賞おめでたうございます!!」
弟「ポジティヴシンキングだなぁ。そのモーリスは15日の中山で引退式を行うんだって。」
俺「いいなぁ、行きたいなぁ。行けないけど。」
弟「でも引退式やってもらえてよかったね。」


俺「行かれる方は是非、この『サイリウム』を持って、我々の分まで
  モーリスにお礼をですね(カチッ ヴ――――――――)」

弟「それサイリウムじゃない。」




★純粋な地方競馬予想は久々だね、船橋記念です

俺「さて水曜は船橋記念です。年末に交流重賞は予想したけど、地方馬同士のレースを予想するのは久々な感じだね。」
弟「そうですね、シンデレラマイル、東京2歳優駿牝馬、報知オールスターカップはここで予想しなかったし。」
俺「そこで船橋1000m戦の予想っつーのも、完全に助走不足だよなぁ。」
弟「なんなんだ、助走不足って・・・」
俺「フツーの距離のレースを一本予想しとくべきだったね、この環境はいきなり手を出していい距離じゃないって。」
弟「そういうものかなぁ。」


俺「だって全然わかんないぞ。」
弟「なぁんだ、いつも通りじゃん。」



俺「そっか!!いつも通りだ!!」
弟「物分かりの良い師匠です、おりこう!!」
俺「じゃあいつも通り予想すればいいんだね!!」
弟「そうです、するとどうでしょう、全く当たらないいつも通りの師匠が完成するのです!!」
俺「じゃあまず持ちタイムを比較してみよう。」
弟「急に素に戻られると大変困るのですが。」

俺「この船橋1000mって条件は得意とする馬がハッキリしてるんだけど、今回のメンツはそれだけで予想していいものなのかって
  気がするのよね。」
弟「そうかなぁ?そこが最も重要なポイントだと思うけど。」
俺「無視はできないけど、それだけでイセノラヴィソンとか本命にしたりはできないよ。」
弟「うわ、いきなり昨年の覇者にケチを付けた。」
俺「だって昨年のこのレースはルックスザットキルが肺出血で大敗したレースだろ。あまり参考にできないって。」
弟「コース自体は最も得意そうな戦績ですよ。この馬と習志野きらっとスプリント勝者であるフラットライナーズのコース実績は捨て
  置けないでしょう。」
俺「前日オッズ見ると、やっぱりコース実績のある馬が人気してるよね。」
弟「そうなるでしょうね、そういうコースですよ。」
俺「でもさー、フラットライナーズ以外はハッキリ言ってタイムが見劣るんだよ。イセノラヴィソンもタイム出す時は夏場だし。この
  条件で重賞レースだと大体1分切る内容になるんだよ。」
弟「ほほう、そういう部分で見ると確かにムービングライトも最近は1分を切れてないのか・・・」
俺「メンバー的には、ひょっとしたら別路線組で組んでも通用するんじゃないかと思うんだけどな。」
弟「敢えてセオリーを無視すると。結構思い切った考えですね、それは。」
俺「要するに、1000mで1分切れそうな馬で予想を組むってことだ。馬場状態は火曜が不良で、恐らく水曜は脚抜きの良い重馬場
  になると想定する。いいタイムの勝負を予想したらコース巧者ってだけで予想するワケにはいかないよ。」
弟「さすが両金杯で馬券を取った師匠だ、言うことがムカつく。」
俺「最後がおかしくありませんか?」

弟「で、それでいくとどういう馬が選ばれるんですか?」
俺「経験値よりも伸びしろを見たいなぁ。高齢馬が多いけど、それでもナイキマドリードやサトノタイガー級ならば手を出せたが、
  そういうメンツじゃないだろ。」
弟「高齢メンバーでは1分を切れないと見ますか。」
俺「ここは若い力を狙い打つ。特にこの馬は面白い。」


◎ブラックレッグ
○フラットライナーズ
○ラクテ
○マリカ

三連複◎軸 うまふく◎から 単◎



俺「なんで昨年この時期2600m走ってた馬が1000mで走ってんだ。」
弟「なんでツッコミ入れながら本命にしてるんですか。」


俺「真っ黒な馬体に白い前髪がカワイイ、巨漢馬ブラッグレッグくんです。」
弟「得意条件が全く解らないんだよね、ブラックレッグくんは・・・」
俺「ここ3戦は使い詰め感が強くて、それで前走は大井1400mで外枠引いちゃって。その前のレースの走りを考えたら前走は度外
  視していいと思うんだよね。」
弟「ちょっと待ってくださいよ、船橋コース初出走、1000m戦も初めてじゃないですか。」
俺「うん。」
弟「それどころか南関移籍後に大井しか走ってない・・・左回りもロクに経験無いって、セオリー無視するにも程があり過ぎる・・・」
俺「まぁ、普通に考えたら手が出せない一頭と言えるでしょ。でもこの馬、とにかく変な馬なんだよ。普通は距離短縮するとペース
  に戸惑って先手取れないじゃん?ブラックレッグは距離を縮めた時に先行できるっていう不気味な特徴を持ってるんだ。」
弟「なんだその特徴は・・・」
俺「周囲のペースに合わせられるんだよ。船橋も1000m戦も初ではあるけど、この特徴はこのレースでかなり生きると思うぞ。能力
  的にも通用しておかしくないハズ。」
弟「まぁ、森騎手なのは確かにコワイけど。昨年の南関リーディングジョッキーですし。」

俺「森騎手、月曜の1000m戦で3番人気馬で盛大にシンガリ負け
  してるけどな。」

弟「ボクはフォローしたつもりだったんだよ。」


俺「まぁ、ブラックレッグが巨躯を武器に威風堂々と走る姿を楽しみたいものです。」
弟「馬体大きいなぁ、あとちょっとで600㎏だよ。」
俺「なんとなく予言してみるか。」
弟「予言?」



こうなるでしょう →  



弟「ほう・・・」
俺「ありそうでしょ。」

弟「つまり600㎏超えたらアウトですね・・・」
俺「あああああああああああああ」


弟「絞れてることを願って下さい。」
俺「久々だから増えてそうだ・・・まぁ、そうなったら面白いなー程度の予言ですので。相手は高齢馬を全部切っちゃいました。やり
  過ぎた感もあるけど4~6歳で。ラクテは完全にスプリンターでしょ、2歳の時に1000mで1分切った速力は伊達じゃないぞ。あと
  マリカは船橋で一度惨敗してるけど速力上位。一度の経験が糧になっていれば巻き返せると見る。」
弟「得意条件ガン無視はさすがにこのコースでやっちゃいけないと思いますよ。ボクはイセノラヴィソンが軸向きだと思うね。」


弟子予想
◎イセノラヴィソン
○フラットライナーズ
▲アルゴリズム
▲ヤマチョウフェア
▲ムービングライト

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から うまふく◎○



弟「いかにもココ狙ってきたって感じするでしょ。他の条件には目もくれず船橋記念一本の狙いなんですよ。」
俺「連覇狙ってる感はバリバリにあるよなぁ。」
弟「ボクは経験値を高く見た上で、ちょっと怖さがある転厩馬ヤマチョウフェアを加えた予想にしてみました。中央準オープンで
  昨年最後の2戦はそこまで負けていない。レベル云々で言ったらここでは間違いなく上位でしょう。」
俺「結構間隔空いてるけど、普通に走れたら確かに通用しそうだね。」
弟「この三連単なら万馬券いくかな?」
俺「・・・あんまり意識しない方がいいと思うよ、そーゆーの。」

弟「東京大賞典で万馬券取って、両金杯で馬券取った師匠は
  流石に余裕ですね。言うことがムカつく。」

俺「年明け早々に焦るんじゃないよ・・・」






※こんなこと言ってると余計に当たらなくなっちゃうと思うぞ・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/01/11 01:56 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(2)

No title

え…う……ふんがっ!!

はーはーはー……

まさか自分が『トリ神』にとりつかれるなんて想像もしなかったですよ。

とりつかれる『心当たり』なんてないのに(照)

あっ、師匠、弟子ちゃん明けましておめでとうございます(照)

師匠はもう少し理性を保ちましょう。
マジであの状態はヤバイ(笑)

キタサンは『予想』のしがいのある馬ですね。
『騎手心理』が結構重要になる感じで。
去年は相性は良くなかったけど今年は上手く『予想』がハマるといいな(照)

船橋記念!

ふっふっふっ

師匠、大丈夫ですか?

ちょいと『狙いすぎ』な気もするんすけどねぇ。ニヤリ

ここは弟子ちゃんの言う通り『船橋1000m』実績のある馬を信用したいところ。

◎フラットライナーズ
一叩きされて、絶好枠。
ならしのキラットよりメンバーレベルも低く疑う余地なし。

○ラクテ
今回大駆けするならこれ。
厩舎と騎手は不安点であるが1000mなら馬の『能力』がものを言うだろう。

▲クラトイトイトイ
1000mも3戦目で慣れも見込める。
51kg牝馬は穴目。

△イセノラヴィソン
去年からの斤量増がカギ。
内にフラットライナーズが入ったのもやりにくいだろう。

馬複
◎○

3連複
◎→○▲△

3連単
◎○→◎○→▲△



[ 2017/01/11 13:18 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

あ、ざくろさんだ。相変わらずざくろさんだ。今年もよろしくおねがいいたします。
[ 2017/01/12 01:11 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1330-d5b6bbac