スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

浦和 ニューイヤーカップの予想

弟子「・・・・・」
俺「・・・落ち込むなって言う方が無理だよな。」
弟「はい・・・」
俺「この負け方はなぁ・・・」


日経新春杯 結果
1着 ミッキーロケット → 俺○弟子▲
2着 シャケトラ → 俺切った 弟子○
3着 モンドインテロ → 俺◎

9歳初戦のダコールは、先頭から3.2秒離された13着に終わりました・・・


弟「悲しいよぉ・・・だこーはこんな負け方する馬じゃないんだよ。」
俺「12着のテイエムナナヒカリからの8馬身差というのが大きいな、着順よりも着差がねぇ・・・」
弟「大丈夫なのかな・・・」
俺「無責任に『次は大丈夫だろう』なんて言えないよ、この負け方は本当にダコールらしくない負け方だもの。」
弟「うう・・・」
俺「でも原因を求めることもできる。まず馬体重がこの時期絞れない馬で、前走から更にプラス体重で出てきた時点でイヤな感じ
  ではあった。そこにこのイレギュラー開催での2日延期と、その間の厳しい寒さに荒れた馬場。ただでさえ条件が全盛を過ぎた
  ダコールにとっては厳しいものになったんだから、敗戦は致し方無い。この状況下でのトップハンデも結果的に応えた。」
弟「でも、今まで58㎏でも頑張れていたんだよ?」
俺「そこに関してはイヤラシイ邪推もできる。まず今回の58㎏ってハンデ、納得できるものじゃないだろ?」
弟「そうですね。昨年後半の成績を考えるとちょっと背負わされ過ぎだと思う。」
俺「一応、昨年前半は58㎏でもいい成績を残せていた。でも結局昨年は勝てずに迎えた今年初戦にまた58㎏を背負うことになり
  このレースでこの結果だ。」
弟「うん・・・」
俺「恐らく次に走るとしたら小倉大賞典、いつものローテだろうな。」
弟「次があるのかどうか、不安になっちゃうレースだったよ。」

俺「ここで馬体が絞れて、ハンデ軽くなったら計算通りって筋書きも
  考えていいと思うんだよ。」

弟「汚い。この大人汚い。」


俺「流石に9歳となると考えなくちゃならないし、今回は策を煙にまける状況だった。要するにトップハンデで開催がズレたから大敗
  したって見栄えが可能だろ。まぁワザとあんな大敗はしないと思うけど無理をさせなかった可能性はある。」
弟「あるかなぁ、そういうこと。」
俺「・・・ぶっちゃけ、そういう風に考えないとダコールに対してポジティヴになれない敗戦だと思うのよ。でも俺としては見方次第で
  ノーカン扱いでもいいレースになると思うよ。問題は次にどんなレースをするかだ、流石に次も着差が大きいとフォローしきれ
  ないよ。」
弟「だこー・・・まだ頑張れるよね?無理もしてほしくないけど・・・」
俺「そこは俺に聞くな、デシちゃんが自分で決めるんだ。大体お前にダコールを見限れるワケがないと俺は思っている。」
弟「もちろん走り続ける限りは応援し続けます。」
俺「だろ。ならば予想としても本命を打ち続けるか、あるいは予想とは別の部分でダコールはとにかく応援するか、そういうスタンス
  を選ぶことになる。俺が前にヒットくんで本命だけど軸じゃないって言ったみたいに。」


弟「それは卑怯です。」
俺「漢らしいなぁ・・・」



弟「それではだこーにシツレイなのだ、来ないと思って本命を打つべきではないのだ。」
俺「そっか。まぁ、それが予想する時の気持ちとしては清々しいだろうからな。」
弟「でも、一応は今日の敗戦を経ても、師匠の邪推のおかげで少し前向きになることができました。まずは次のレースを期待する
  ことにします。」
俺「そうやって結局、次こそは次こそはってなっちゃうんだけどね。好きになった馬はそうなっちゃうよ、しょうがないって。」
弟「まぁ、どうしてもそうなっちゃいますよね。師匠のヒットくんも同じだもんね。」


俺「オリィもそうだよ。」
弟「同じにしていいのかな・・・」



俺「でも勝てなかったよ・・・」
弟「2着だったんでしょ!!新年早々スバラシイじゃないか!!」
俺「単勝だけしか買ってなかったから、お年玉もらえなかったよ・・・」
弟「師匠も師匠で漢らしい買い方したもんですね・・・」

俺「まぁ、オリィの場合は流石に毎騎乗全てオリィ軸の予想馬券なんか買ってたら死んじゃうので、鞍を選んで用法と容量を守り
  購入することをオススメしますけど。」

弟「ああ、オクスリとオリカサって似てるね。」
俺「デシちゃんが元気になったので予想に移りますね。」




★南関もクラシックへの道のりがスタート ニューイヤーカップです

俺「浦和では3歳重賞第一弾、ニューイヤーカップが行われます。」
弟「師匠は確か昨年に、今年の2歳は南関生え抜きには目ぼしい馬が居ないって言ってたけど、相変わらずその印象のまま?」
俺「うーむ、総帥に引っかき回された感が大きく、その中で目立った存在と言えばミサイルマンぐらいなんだよね。」
弟「ここも元道営だったり中央だったり、移籍馬が多いですね。」
俺「有力な感じがするのはそっちだよなー。まず元道営だよ、全日本2歳優駿で掲示板入りしたのも道営だし、東京2歳優駿牝馬
  なんか1~3着が元道営だもの。」
弟「圧倒してるんですね・・・」
俺「まずその中でも筆頭になるのがヒガシウィルウィンだろ。この馬は人気でも切れないよ、この中では実力が光り過ぎだ。」
弟「全日本2歳優駿4着、その前の北海道2歳優駿ではエピカリスに大きく離されはしたものの2着を死守してますからね、地方勢
  ではトップになるのは間違いない。」
俺「ここ2戦は中央相手に消極策の差し戦法でこの結果だからな。今回はもっと前に来るハズ、それでいて逃げなくてもレースが
  できる器用な脚質持ってるから崩れるイメージは沸かない。森騎手抜擢も心強くまず本命。」
弟「まぁボクも軸はこの馬なんですが・・・カブっちゃったか・・・」
俺「いいんじゃない?金杯のエアスピネルはダブル本命で勝ったぞ。今年はこういう流れなのでしょう。」

弟「前向きになれますね。でもなんかヤダ。」
俺「カブっていきましょう!!」


弟「最近の師匠はなぜかボクと本命がカブるとウレシそうにするんだよな・・・」
俺「なかよし!!」
弟「ま、最近師匠の本命は確かに調子いいし。この馬なら大丈夫かなって印象だからいいか。」
俺「そうですよ!!デシちゃんとなかよし、ウレシイ!!」
弟「でも気持ち悪いんだよなぁ・・・」


俺「なかよしになりましょう!!」
弟「あ、欲求不満だった。どっか行け。」



俺「ツレないなぁ。喜べよ、好調な俺と予想が同じなんだぞ。」
弟「調子に乗りやがって。」
俺「でも、問題はここから先なんだよね。確かに元道営が実力上位な見栄えではあるんだけど、いざヒガシウィルウィン以外の元
  道営組を見るとあれれ?ってなる。」
弟「ん、確かにそういう印象ですね。アンジュジョリーは良さげだけど。」
俺「小久保軍団3頭出しの一頭だな。」
弟「そうそう小久保厩舎。元道営に浦和の名伯楽、ここでは逆らえないでしょう。」
俺「アンジュジョリーはいいね、小久保軍団の中では。」
弟「何その含みのある言い方。他の小久保厩舎軍団はスターインパルスと中央から転厩してきたカンムルか、うーむ、どっちも
  怖いと思うけど。」
俺「その2頭は買わない。石崎駿は信じてるけど。」
弟「変な釘の刺し方をするんじゃない、フラグになるぞ。」

俺「石崎騎手も吉原騎手も、小久保厩舎側がメインレースで勝負する時の騎手ってイメージしないんだよな。なんで左海騎手が
  居ないのさ。」
弟「ありゃ、そう言えば左海さんが居ない。」
俺「気になって見てみたけど、この日の小久保厩舎の出走馬は大体岡部騎手が手綱取ってるんだよな。そこを見ちゃうとまず
  アンジュジョリーは怖くなってくる。左海騎手は単純に騎乗が無いだけだった。で、吉原騎手は翌日に3つ小久保厩舎所属の
  馬に騎乗している
。」
弟「ほほう。」
俺「岡部騎手と吉原騎手、その双方の小久保厩舎の騎乗馬を見比べると面白いんだが・・・」



こんな印象ですよ、マジで →  



弟「どうしてそんなことに!?」
俺「さぁ。わからないなぁ。」



弟「なんていやらしい物の見方をするんだ、アンタは・・・!!」
俺「パッと見の印象だけどそうなんだもん。そうなるとカンムルも中央勝利あるし大崩れしてないけど、果たしてどうなの?って
  思えちゃうワケさ。」
弟「おっかねぇよぉ、おっかねぇよぉ・・・」
俺「コレ言った通りになっちゃうと色々ヤバいね。なんとも新年早々汚らしい予想をしていることになる。」
弟「うわぁ・・・」

俺「実際火曜の最終で1番人気でシンガリ負けしてるしさぁ・・・」
弟「やめろおおおおおおおおおおおおお!!」



◎サヴァアルジャン
◎ヒガシウィルウィン
▲ブラウンレガート、アンジュジョリー、バンドオンザラン、リアルファイト

三連複◎2頭から うまふくワイド◎同士



俺「今年初の2頭軸予想で。浦和は先行有利と言ってもかなり前傾になりそうなメンバー、最内のフミオさんのブラウンレガート
  くらいしか残り目は見ません。サヴァアルジャンはいいレース経験積んでいて同厩の先輩フォクスホールと印象が近い。
  走るごとに強くなってる感じするよ、この馬。」
弟「サヴァアルジャン!!」
俺「・・・どうしたの?」

弟「サヴァアルジャンですか!!」
俺「・・・響きが気に入ったらしい。」


弟「いいですね!!サヴァアルジャン!!」
俺「どうです、サヴァアルジャンでなかよしになりませんか、デシちゃん。」


弟子予想
◎ヒガシウィルウィン
○アンジュジョリー
▲ブラウンレガート
▲サイバーエレキング
▲カンムル

三連複◎○から うまふく◎から



弟「サヴァアルジャン!!」
俺「言いたいだけなんですね・・・」






※弟子のツボが謎



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/01/18 01:17 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(4)

No title

今まででは考えられないような『大敗』をする事には3つの事が考えられる。

・能力の低下
・故障
・状態面

流石に9歳ともなると能力の低下は否定できない。
ここ3戦も二桁着順。
とは言え今まで考えられないような大敗をする程能力が急激に衰える事もないだろう。


故障、に関しては否定出来ない部分はあるものの、完走している事からもその可能性は小さい。

やはり一番可能性が高いのは『状態面』

個人的には『夏の重賞3連戦』の披露が尾を引いてるんではないかと。

若い馬でも厳しいローテと言われているのに、うわぁ…3戦使うんだ…と言うのが正直な印象


ちゃんとしたローテを組んでればマイルCSでも面白かったんじゃないかなとも思ってしたよ。

おそらく今回は『馬体回復』が最優先事項。

そして『師匠の邪推』(笑)

ハンデキャッパーが能力の高さを買っていると言ってもG2で58kgのハンデはおかしい。

陣営も違和感を感じていたでしょう。
出走回避も出来たが出走してきたのであれば『次走への布石』と考えるのは自然のは流れ。


次も58kgだとズッコケますけど(笑)

まぁ例年小倉大賞典では巻き返してますから陣営としても次が勝負でしょう!


ニューイヤーカップ!

◎ヒガシウィルウィン!
ここは負けられない!


○サヴァアルジャン

サヴァアルジャン!(°谷°)

ブラウンレガートは厩舎が内弁慶なんで『おにぎり』だ!(#`皿´)

小久保厩舎はローテ厳しい牝馬2頭と中央1勝馬と手を出したくなるがなんだか怪しい…おにぎりだ!(#`皿´)

▲リアルファイト
坂本厩舎より信頼出来そう。

△アンジュジョリー
浦和圧勝実績あり展開も向きそう。


…はっ!小久保厩舎!…アンジュ旨ーと思った方すいません(照)

馬複
◎○

3連複
◎→○△▲

3連単
◎→○△→○△▲



[ 2017/01/18 08:05 ] [ 編集 ]

いやぁ、良かった。

ここ数日の冷え込みでフミオさんの膝の具合がどうか心配でしたが、ブラウンレガートで2着に入賞された事を嬉しく思います。勿論、大記録を目指す上では勝利の方が必要ではあるのですが、還暦すぎてもなお南関東の騎手リーディング十傑に入られるのですから素晴らしいですよね。これからも頑張っていただきたいです。

以前に鞭の件で書込みしましたが、やはりJRAは年初から規定を変更した様です。スポーツ紙のルメール騎手のコラムで確認しました。先端部分にパッドを入れて馬に与える衝撃をやわらげる仕様の物を使うというものですが、ルメール騎手自身はJRA所属になった時には既にパッド入りの物を使っていたそうなので、彼のパフォーマンスが変わる事はないでしょう。
今後他のJRA騎手の馬の追い方にどう変化が出るかは、少々注意が必要になるかもしれませんね。
なお地方競馬は年度でのスケジュールなので、規定変更は4月からとなります。


そうそう、鞭の事を知るきっかけになった拜原騎手のコラムですか、先日見たのは騎手の防寒対策でした。最近はヒートテックなどもありますが、トレッキングをやる人が使われている物を導入されている騎手もいる様です。
暖かさを確保した上で動きも妨げにくい物を皆さん色々と試されているみたいですが、下半身に着用する物の王様はやはり女性用のパンティーストッキングだそうです。ガテン系の仕事をしてた年齢の高い層の方なら納得されると思いますが、昔はヒートテックなんかなかったし、バンストは各メーカーが優秀な製品を作ってましたからねぇ。

寒さ対策、我々もしっかりやっていきましょう。

[ 2017/01/18 17:32 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

ダコールのフォローはありがたうございます。


しかし貴様の予想は許さない。おもちゃにしてやる。
[ 2017/01/19 00:32 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

やはりフミオさんはお上手であった。しかもざくろさんのおにぎりだったので尚更です。

弟子がユタカさんのパンスト姿を想像してハァハァしはじめました、責任取ってください。
ひしだきゅんのパンスト姿は違和感が無かったです(妄想してみた)
[ 2017/01/19 00:34 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1335-27d89e2a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。