東海SとAJCCの予想

俺「きいにゃん優勝おめでたーう
  (グビグビグビグビ)」

弟「何故か荒んでいる・・・」



俺「うぇふー。」
弟「まぁ、なんというか・・・14日目の決定というのは豪栄道関もそうでしたけど、今回の稀勢の里関の優勝はそれと見え方が全然
  違いますからね・・・」
俺「きいにゃーん。おめでたーう(グビグビ)」
弟「でも、千秋楽までもつれこんで欲しかったのは解るけどさー、優勝は優勝ですよ。ちゃんとお祝いせねば。」
俺「貴ノ岩もすごぉい。ハクホウに勝っちゃった(グビグビ)」
弟「そうだよ、素晴らしい立ち合いからの一気の攻め、横綱に堂々と勝負を挑んでの勝利です。あの相撲では白鵬関を安易に
  責められません。」
俺「そーだよなー・・・」
弟「そうです。」
俺「でも、変な話だけど今場所の優勝ってさー、意味が無いワケじゃないけど価値を出すには今後が問われるものだよね。」
弟「ううむ、そうなりますね。何せ横綱が二人欠場、そして強敵の豪栄道関には不戦勝ですからねぇ。」
俺「きいにゃんは大関だから強豪と当たるのは後半になる。まず15日を戦い抜くのはもちろん凄いことだ、その中でライバルが
  続々と休場してしまったのは彼のせいではない。でも結果的にきいにゃんがここまで倒した上位力士は不調の照ノ富士だけ
  ってことだろう。」
弟「白鵬関もそれはほぼ同じでしょ。でもまぁ、稀勢の里関は琴奨菊関に負けてしまってるからね。」
俺「またよりによってきいにゃん戦の琴奨菊が、今場所の琴奨菊とは別人だろってくらい強かった。そこは今場所の彼に唯一
  残された意地だったんだろうな、幕内取り組み数が最多の二人だからこその勝負だった。それ故に勝っておきたかった一戦
  だよ。」
弟「優勝は決定したけども・・・ってコトですか。」
俺「こうなると千秋楽が、より大きな意味を持つことになる。負けても優勝が決定している状況での白鵬戦、ある意味では優勝を
  決める戦い以上に、きいにゃんにとって重い勝負だぞ。」
弟「どうして?」
俺「14日目に白鵬が勝っていれば、千秋楽は勝たなければ優勝できないものになった。本割で負けても決定戦があるし、どっち
  にしろ白鵬に勝たなければ優勝できない状況、それがベストだったんだよ。」
弟「ふむ、確かに。」

俺「白鵬に負けた後の表彰式をイメージしてみろ。」
弟「痛い痛い痛い痛い痛い痛い・・・」


俺「コレがあるんだよ、コレが怖いんだ。そしてこういう時、ハクホウ様は異様な強さを見せる節がある。」
弟「なんか解る・・・」
俺「特に白鵬はきいにゃんを目の敵にしてる節があるからな、負かした後の式典を想像してニンマリしてそうだ。そして、こういう
  結果になった場合、きいにゃんは結局横綱に勝てず、大関には一勝だけで優勝したという事実が完成してしまう。彼には全く
  罪はないけれど、初優勝の場としては微妙と思えてしまうワケだ。幕下ならそれでいいけど大関となるとねぇ。」
弟「戦うべき相手と戦わずして優勝したってことか。」
俺「そうなると、千秋楽は例え優勝が決定していたとしても、白鵬撃破は必須になるワケだ。そうでないと優勝の価値が変わって
  しまう。しかし横審も変なコトを言うよな、優勝したから白鵬に負けても横綱昇進を検討とか千秋楽前に言う事じゃねぇよ。」
弟「第一、その言い方だと稀勢の里関が白鵬関に負けることを前提にしちゃってますよね・・・」
俺「ここは勝たなくちゃダメだぞ、きいにゃん!!白鵬に勝って優勝するか、負けても優勝ではエライ違いだからな!!他の大関
  達は千秋楽もしっかり勝って優勝してるんだぞ!!」
弟「師匠は稀勢の里関にキビしいんだよな、勢関には甘いのに・・・」


俺「白鵬に勝って優勝したら、きいにゃんって
  呼ぶのやめてやるよ!!目指せ横綱!!」

弟「おおおおおおお!!」




★千秋楽前に競馬しようぜ 中京は東海S

俺「川崎記念の兼ね合いもあって面白いメンツになったな。登録馬を見比べるとこっちの方が平均的にレベルが高い様に思える
  んだけど。」
弟「川崎記念は中央枠が6頭ですからねぇ。フルゲートの中央馬のレースと比べるとそう見えちゃうかもね。」
俺「グレンツェントは川崎記念にも登録してたけど、結局こっちを選択したワケだ。」
弟「ノリさんになってる、川田騎手の落馬負傷があったからねぇ。戸崎騎手は中山だし。」
俺「川崎記念に出てた方が良かったんじゃねぇか?」
弟「いきなり熱いノリさん否定が炸裂した。これは来るパターンだ。」

俺「フツーに出れただろ、この馬。」
弟「検討した結果でしょ、東海Sの方がいいって。」
俺「一応、ここに出るのと川崎記念に出るのとではフェブラリーSに対する目線って違いもあるだろうけど。ここから始動してフェブ
  ラリー狙いたい陣営は多いだろうし。でも川崎記念と両睨みしてた陣営はどうなのかなぁ。」
弟「やっぱりフェブラリー見てるんじゃないですかね。」
俺「結構拮抗したメンツだと思うのよね。ここで賞金加算とか考えるんなら、川崎記念で勝ちに来た方が利口な気がするんだけど
  なぁ。まぁ距離とかコースとか砂質とか色々違いはあるけどさ。」
弟「こっちの方がレースとしてはキビしいだろうと。」
俺「ここでのノリさん抜擢もどうなのかなって気がする。」
弟「やったね、ノリさん!!コイツを泣かしちゃえ!!」

俺「結構ゴチャゴチャしたメンツだけにレース運ぶのも大変そうだよ、このド真ん中の枠からテン乗りのノリさんが真面目に操縦
  してくれるかね?俺はちょっと疑いたいんだけど。」
弟「師匠が切ったノリさんは拾わずにはいられないね!!」
俺「しかし難しいメンツだなぁ、軸はピオネロでいきたいんだけど。」

弟「やったね!!師匠が狙った福永騎手はダメなんだ!!」
俺「誰か俺と仲良くしてくれないかなー。」


弟「ピオネロ高評価なんですね。」
俺「高速決着のシリウスSの後に間隔空けてるのがいいよ、大事にされてる感じする。このメンバーでも好位取れそうだし、久々
  でも能力を買って軸にしたい。でも相手をどうしようかってトコだね、予想組むの難しいよ。中京ならばアスカノロマンも切りに
  くいし・・・」
弟「伏兵も揃ってますね。結構どの馬が来てもおかしくない気がします。」
俺「モズライジン気になるな・・・」
弟「師匠はモズライジンがお好きですね。」


俺「モズライジン、かわいいんだよなぁ・・・♥」
弟「意外な理由が飛び出した。」



俺「東京大賞典は出負けがかなり響いているし、鞍上は中谷騎手でOKな馬。過去2戦は地方競走だったから度外視して、ここで
  また狙っちゃおうかなー。」
弟「東京大賞典ではかなりの差を付けられてますけど。」
俺「まぁ出負けして前に届かなくなっちゃった時点で嫌気も差すだろ。それにあの時の出遅れにも理由があるしさ。」
弟「ほう、どんな理由が?」



コレで出遅れました・・・ →  



俺「『あ゛』って顔しててさー、スゲーかわいかったんだよ・・・♥」
弟「まるでモズライジンがそう言っていた様に言うんじゃない。」



◎ピオネロ
○アスカノロマン
○モズライジン
▲ラストインパクト
▲リッカルド

三連複◎○から 馬連◎から○



俺「正直あんまり手数広げたくねーな、このレース。」
弟「グレンツェント切って、ヒモに初ダートのラストインパクトとは・・・これは師匠らしくないですね、随分。」
俺「ダート初挑戦で実質小頭数である川崎記念に出たくなるところを、敢えて東海Sにした辺りは強気に見る。グレンツェントと同じ
  シルクの勝負服って時点で既にイヤな予感しかしないけど、グレンツェントからノリさんのイヤな予感を感じたらこっちにしたく
  なってしまいました。」
弟「どんだけフラグ立てるんだよ・・・」


弟子予想
◎グレンツェント
○アスカノロマン
▲ショウナンアポロン
▲ピオネロ
▲ロワジャルダン

三連複◎○から 馬連◎から



弟「師匠がノリさんに勝ってヨシと言っているので。まぁ、そうでなくともグレンツェントじゃないかなと思ってましたけどね。」
俺「ショウナンアポロンとは攻めたな。」
弟「乗り替わりで一発がありそうな馬じゃないですか、思い切ってハナに立てればしぶといですよ。」
俺「意外と主導権はどの馬が取るか解りにくいレースだけに、逃げた馬がそのままってパターンもあり得るな。」
弟「逆に末が堅実なのはロワジャルダン、どっちかが来るかもしれないって読みですね。」
俺「そして俺が怖がってる馬券を買うんだね、デシちゃんは・・・」
弟「ドレです?」

俺「ふくながとノリさんの馬連はイヤだ・・・」
弟「やったね!!それでいこう!!」




★中堅どころの熱い戦い AJCC

俺「中山は2200m戦のAJCCってことで。やっぱりこのレースは渋い。」
弟「師匠に万馬券くれたシングウィズジョイとルメール騎手のコンビが居るよ。」
俺「んー・・・また買いたくなっちゃうところだけど、ここはスルーで。ちょっとの間隔でもイヤなんだよな、この馬。」
弟「おりょ。」
俺「ここは本命対抗がアッサリ決まったんだよ、リアファルゼーヴィント。まぁ人気するだろうけどさ。」


弟「らしくねぇなオイ。」
俺「わぁデシちゃん、カブったんだね!!」



弟「ウレシそうにするんじゃねぇよオイ。」
俺「本命はリアファルの方ね、しつこくもう一度シュミノー騎手で狙ってみる。まずこの馬、ここで中山戦を選択することが意外なん
  だよね。一昨年の有馬記念はトラウマみたいなものだろ?なのに関西じゃなくて中山のレース使ってくる時点で強気。」
弟「そういう読み方スキですねぇ。」
俺「引っ張ってくれる馬が居るのもありがたい。ミライヘノツバサクリールカイザーがここもハナに行ってくれるだろ、流れはこの
  馬達に作らせればいいと思うんだよな。」
弟「そのミライヘノツバサも怖い一頭なのではないでしょうか。」
俺「成長力とコース適性考えたら怖い一頭ではあるけど、ここではまだ足りてないと見る。目標にもされるだろうし楽はさせてもらえ
  ないだろ、末脚はまだ緩いし。ハイペースでブッ飛ばして後続を振るい落とす様なレースしたらヤバイかもな。」
弟「なるほど、確かに上がりは持ってないんだよなぁ。残り目はあると思うんだけど。」
俺「この舞台で準オープン上り狙うなら差し馬の方じゃないか?ナスノセイカンはここでもいい脚使いそうだ。でも、その末脚なら
  ゼーヴィントの方に軍配上がるかなって感じ。」
弟「ディープインパクト産駒ですよ、中山2200mですよ。」

俺「もう今更使えねぇよ、その理屈・・・」
弟「師匠がとてもさびしそうになった。」



◎リアファル
○ゼーヴィント
▲ルミナスウォリアー
▲タンタアレグリア
▲ナスノセイカン

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から 馬連◎○



俺「ワンアンドオンリーも田辺騎手でここならばって思ったんだけど、このメンツで先行してもいいこと無さそうなんだよな・・・基本
  先行で生き残るのはリアファルだけと見る。▲は後方組だ、久々でもタンタアレグリアは調子次第で1着あってもおかしくない
  と思うよ。」
弟「この世代も強いからなぁ。」
俺「リアファルにしろタンタアレグリアにしろ長期離脱が本当にもったいなかった馬だよ。明け4歳の重賞上位組と5歳組の争いは
  今年のカギになるんじゃないかな。」
弟「幸い本命はカブらなかったけど、本命対抗の見解はほぼ一緒ですねぇ。」


弟子予想
◎ゼーヴィント
○リアファル
▲ミライヘノツバサ
▲ルミナスウォリアー
▲ワンアンドオンリー

三連複◎○から 馬連◎から



弟「コース考えると前残りの可能性は大きいと思えるんです。そこまで飛ばす馬も居ないし、集団自滅ってことは無さそう。スロー
  ならばその集団を見るカタチで戸崎騎手が上手く捌いてくれると願いますよ。」
俺「スローの方が前が残らない気がするぞ、先行馬はリアファル以外は鋭い伸びを持ってないもん。」
弟「スローの差し勝負になったらキレ負けしちゃうかなぁ。」
俺「このレースは隊列とラップ考えるのが楽しいけどね。実際どう転ぶか解らないメンバーだもん。」
弟「日曜日は馬券を当てて気持ちよく千秋楽を見たいものですね。最後の一番、頑張って稀勢の里関!!」


俺「きいにゃんのまま終わるなよ、
  きいにゃん!!!!!」

弟「もうきいにゃんって呼ばせないでね!!」







※でもまだきいにゃんと呼びたい自分も居るのです・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/01/22 01:31 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(3)

師匠が狙ったいっくんさんが本当にダメになった件。あーあ、師匠あーあ。
[ 2017/01/22 08:46 ] [ 編集 ]

きいにゃん!

勝って清々しくお祝いしたいですね。

東海ステークスは調教映像を見て、ピオネロとロワジャルダンがいいと思っています。
ピオネロ乗りかわりですか…。
この二頭の馬連、ワイドに、メイショウウタゲの複勝。
1800ダートのナイスガイに期待です。

AJCCは、鞍上が田辺騎手なら…とは思っていますが、
今日のお天気が似合うクラリティスカイを本命に。
田辺騎手が選んだ(のか単に先約か)ワンアンドオンリーとの馬連とワイド。
[ 2017/01/22 14:56 ] [ 編集 ]

横綱とは何ぞや?

久々のコメント失礼します。

まず、本日の千秋楽結びの一番は素晴らしかったと思います。

白鵬は張りからのおっつけでなりふり構わず勝ちにきた。ヤケクソにすら思える猪突猛進ぶりでした。
稀勢の里はそれを受けて耐え、最後は横綱をあしらうかのように払いのけた。
いい相撲が見れましたねえ。

で、本題なんですが…

「横綱審議委員会の横綱昇進の内規はもう撤廃したら?」

ってことを言いたいです。

これは師匠も言っていたこととカブりますが、今場所の稀勢の里が対戦した大関以上の力士は2桁黒星の照ノ富士と琴奨菊、そして明らかに衰えの見られる白鵬。
この3力士のみ。

14勝1敗の優勝と言っても果たして価値の高い優勝と言えるのか?という危惧をしてしまいます。

なんか協会や横審が優勝に急に色めき立ってしまった感が強く感じられてしまうのですよワタクシは。

興行として見た場合、そりゃ日本人横綱が欲しい気持ちも理解はしますが…。

もう横綱に、



【心・技・体】



は求められていないのだな、と自分は実感しました。

だとすれば横綱審議委員会は機能不全と言わざるを得ない。
今、好調な大相撲の興行を更に拡大するための横綱昇進なのか?
それは稀勢の里にも失礼な話ですよ。



興行的な理由で、優勝経験の無い双羽黒(北尾)を横綱に昇進させて その後どうなったか?

強さは抜群でも「心」に憂慮すべき点があった朝青龍を横綱に昇進させて その後どうなったか?



稀勢の里が横綱にふさわしくない、と言いたいのではありません。
彼は現状の力を尽くした。惜しみなく称賛すべき。

しかしこれでは横綱という地位の威厳は失われてしまうのでは?
既にその兆しはあるんですよね。

横綱負けたら座布団が舞うでしょ?
あれって「横綱」が「騒ぐためのツール」に使われている気がして、見ててクソ腹立つんですよ。

師匠は横綱というものをどうお考えでしょうか?

好き勝手な長文駄文、お目汚し失礼致しました。
次は競馬のことでコメントしますので許して(笑)



では
[ 2017/01/22 23:06 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1338-d46c279b