スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京都牝馬SとダイヤモンドSの予想

★散々です

俺「指痛いよぉぉぉ・・・」
弟子「師匠が突き指しちゃったんですよ。」



俺「うううう・・・こないだはイヤな馬券のハズし方するし・・・」
弟「すごいタテ目でしたよね、アレ。うまふく万馬券でしたよ。」


金盃 結果
1着 ユーロビート → 俺&弟子○
2着 ウマノジョー → 俺○
3着 クラージュドール → 俺切った 弟子◎


俺「おまけにだよ、本命のタイムビヨンド馬体重が絞れてることが必須だったのに、増えちゃってたの。」
弟「それなのに馬券はここの予想のまま買っちゃったのだ。」
俺「だって馬体重発表されてから買えるかどうか微妙な状況だったし、まぁ前走は増えすぎだから絞ってるだろうと踏んでたから
  大丈夫だって思ったんだもん・・・馬体重発表前に買っちゃいました・・・」
弟「そして出走時間ギリギリのところでなんとか仕事にスキマを作って、レースを見れたんですよね。」
俺「ほぼジャストタイムでした。そこでタイムビヨンドの馬体重を見た私は思わずこう呟きました。」


金盃


弟「この時間。」
俺「発走直前ですね。それでこの結果です。」



弟「これはかなしい。」
俺「まぁ、考え直してもうまふくは買ってなかっただろうなーって思うしかない。でもワイドは抑えてただろうな・・・」
弟「そして突き指です。」
俺「おとといから痛いのだ・・・」
弟「どうして師匠は突き指をしてしまったのでしょう。」


俺「ピストルの銃弾を指で止めようとして・・・」
弟「エレベーターにダッシュで駆け込んで、勢いよく
  ボタンを押して突き指してしまったのです。」



俺「・・・」
弟「かわいいでしょう。おっちょこちょいでしょう。」
俺「本当のこと言わなくていいんだよ?」
弟「これがなかなかダイナミックな突き指でして、どうやらかなり痛いらしく、病院にまで行ったんですよ。」
俺「ただの突き指じゃないと思って。ひょっとしたら折れてたりするのではないかと。」
弟「そして先生に何と言われたのでしょう。」

俺「ヒビも無いですね、突き指ですねぇと・・・」
弟「どうです。師匠はかわいいでしょう。」


俺「でもまだ痛いよぉ・・・いいこと無いよ、今週・・・」
弟「餃子から始まってタテ目、突き指ですか。なかなかですね。」
俺「とことんツイてないし、指痛くてパソコン打ちたくないし、この週末の予想はお休みしたかったのですが・・・」
弟「そうはいきません。」
俺「そうだねぇ、フェブラ・・・」


弟「だこーが走りますので。」
俺「そうだねぇ・・・」




★せっかくなんで事情説明ついでに土曜予想 京都牝馬S

俺「こういう時にこういうレースの予想しちゃダメだって、集中できないもん。」
弟「いやいや、こういう時だからこそ当たるかもしれませんよ。」
俺「物は考え様だね。」
弟「集中しても当たらねぇんだし。」
俺「まちがってはいない。」

弟「さぁ、元気よく予想しましょう。」
俺「なんで俺がこういう状態の時に、お前は妙に元気になるんだろうね。」
弟「師匠が元気になるように、まずボクが元気でなければいけない。」
俺「ありがたいなぁ。」

弟「そして、ざまぁみろ師匠という気持ち。」
俺「それがお前の元気の源なのね。」


弟「さぁ、ざまぁみろ師匠。ここは馬券だけでも元気よく当てちゃって下さい。」
俺「この子キライ。」
弟「今日は言葉が端的ですね。」
俺「痛くてキーボード打つのがイヤなんだよ。」
弟「本気で生々しいご意見、ありがたうございます。」

俺「・・・京都牝馬Sね、うーん。」
弟「なかなか悩ましい面々と言えますね。レッツゴードンキが前走で追い込みを試したのをどう見るか。」
俺「ターコイズSは先行が総崩れだったレースだろ。レッツゴードンキ自身も京都実績は無く、結果が出ているのが洋芝か阪神と
  考えると中山でああいうレース見せられてもここで推せるとは思えないけど。」
弟「確かに京都だとここまで掲示板すら無いんですよね。」
俺「馬体がやたら増えた状態でこれだけ走れてるんだから、そういう理屈は通用しないかもしれないけど俺は切りで。」
弟「アルビアーノはスワンSで京都をこなしているし、それ以外は勝ててないと言っても大きく崩れてないけど、どう見ます?」
俺「間隔空けていい馬ではないと見る。」
弟「やっぱりこういうレースだと、それなりに波乱になる様な予想をしてそうですね。」
俺「京都だという点で考えればエテルナミノルを推したいかな。鞍上の池添騎手はテン乗りだけど牝馬重賞強いし。」
弟「なるほど。確かに京都では連対率100%だね、距離が未経験だけど。」


◎エテルナミノル
○ダンツキャンサー
○ナックビーナス
○ウリウリ

馬連ワイド◎から



俺「指痛いよぉぉぉ・・・」
弟「師匠、見解をお願いします。」



俺「いいだろぉ、今日は。俺は指が痛いんだ。」
弟「本命がエテルナミノルの理由は解りました。しかしなかなか相手も骨っぽい、ノリさんが組み込まれているのも大胆です。」
俺「ナックビーナスはコンビ性能から考えても悪くない。京都実績もある。ノリさんとはこないだなかよしになった。」
弟「そうですね。そこは理解できます、しかしどうやって選んだのか解らないのがダンツキャンサーです。せめてこの馬を相手に
  入れた理由は言って頂かないと。」
俺「ダンツキャンサーを入れた理由ね。はいはい。」


ダンツキャンサーは・・・ →  


弟「もう少し頑張ってくれませんか。」
俺「充分頑張ったよ、俺は。」



弟子予想
◎レッツゴードンキ
○アルビアーノ
○ムーンエクスプレス
▲アットザシーサイド
▲エスティタート

三連複◎○から 馬連◎から



弟「ボクはレッツゴードンキの好調さを買いますよ、岩田騎手も今年に入って重賞乗れてますからね。あとは・・・」
俺「デシちゃん。」
弟「なんでしょう?」

俺「見解はいいよ、打つの大変だから・・・」
弟「じゃあダイヤモンドSの予想をしましょう。」




★ダイヤモンドSの予想だけど指が痛いよ


俺「アルバートとカフジプリンスだろぉ・・・」
弟「頑張って、師匠。」



俺「もうこっちは鞍上とかコースとかハンデとか考えないでいいよ、多分この2頭が強いんだよ・・・」
弟「身も蓋もないな。」
俺「ファタモルガーナがその次だよ、フェイムゲームはよく解らないよ・・・」
弟「シンプルな考え方だなぁ。」


◎アルバート
○カフジプリンス
▲ファタモルガーナ
▲ムスカテール

三連単◎→○→▲ 三連複◎○から 馬連◎○



俺「こうします。」
弟「じゃあ師匠、見解を。」



俺「・・・もう言ったじゃん。」
弟「いえ、ムスカテールには全然触れてませんし。」


ムスカテールは・・・ →  


弟「がんばろうよ・・・」
俺「もう今日は勘弁してくれよ・・・」



弟子予想
◎カフジプリンス
◎アルバート
▲ファタモルガーナ
▲フェイムゲーム
▲プレストウィック

三連単◎1,2着→▲3着 馬連◎同士



弟「・・・そんなに痛いんだね。」
俺「痛いよぉ・・・」
弟「明日もこんな感じになっちゃうのかな、だこーの小倉大賞典とフェブラリーSは楽しく予想したいよ。」
俺「そうだねぇ、でもそんな簡単に治る感じじゃないんだけど。たかが突き指かもしれないけど、ずっと痛いままなのだ・・・」
弟「一応、処置としてやることはやったんだけどなぁ。そんなに腫れてはいないからヒドくもないと思うけど・・・」
俺「とりあえず冷やしておきます。」
弟「そしてテーピングしておきましょう。早く治るといいね。」


俺「皆もエレベーターには気を付けましょうね。」
弟「普通、エレベーターで気を付けるのは突き指
  じゃないんですけどね・・・」







※早く治ってくれ~・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/02/18 00:43 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(4)

マ゛ーーーーーーーー!

お大事に!
早く治るようハイパワーをお送りします!

レッツゴードンキはフェブラリーSで見たかったですが、京都に行ったので応援します。
まだ稍重の馬場で、ベルルミエール、エフティタート、ウインファビラスとで買いたいと思います。
ダイヤモンドSは、ラブラドライトとサムソンズプライドが気になってます。
サイモントルナーレ、頑張って!
[ 2017/02/18 14:26 ] [ 編集 ]

No title

2/21 遂に弟子さんの追いかけ続けていた
ダコールの引退が決まってしまいましたね。

元気なまま引退を迎える事が出来たのは
決して悲しい出来事ではありませんが。

「悪い見本」もだこーに負けないくらい
息の長い活躍を期待しております。
[ 2017/02/21 18:30 ] [ 編集 ]

まあ色々と大変でしたね。

お師匠さんの突き指、長引いていますね。早く痛みがとれる事を祈っています。ブログの更新が無いと楽しみが減っちゃいますからねぇ。
しかしアレですよね。お師匠さんの餃子をゴチになっている皆さんからは御見舞とか有ったんでしょうか?お師匠さんのゴールドフィンガーが無ければ食する事が出来ない餃子!という有り難みを感じていらっしゃる方がどれだけおられたかという点について、少々興味が有りまする。

さて、ダコールの引退については競馬場で走る姿を見られなくなる事は残念ではありますが、南相馬で乗馬としての次の馬生が決まっている事に安心しています。相馬野馬追での活躍する姿が期待できるかもしれませんね。
ブログでの弟子ちゃんのだこ語が見られる楽しみが無くなるのも残念ではありますが、そこはそれ弟子ちゃんに新たなお気に入りのお馬さんが見つかる事を期待するしか無いですね。とは言え語感の良い馬名を持った馬という条件が付きますからねぇ?
根岸ではマイネルキッツが体験乗馬の時に、天皇賞馬に乗る事が出来るというのでとても人気が高いそうです。ダコールも同じくらい南相馬で愛される事を願っています。
[ 2017/02/22 10:13 ] [ 編集 ]

No title

ダコールお疲れ様!

とうとう引退が決まってしまいましたね…
調べてみたら当歳の時に大怪我で競走馬になるのも危ぶまれたとか

それでもデビュー後は大きな怪我なく引退を迎えてくれました

無事是名馬

この言葉につきると思います

引退後は南相馬市で乗馬になるそうで
穏やかな余生を過ごしてもらいたいです

7年間お疲れさまでした!
[ 2017/02/22 19:03 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1358-68fac96f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。